5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【最速】ハヤブサ【時速390km】

1 :名無虫さん:2005/07/15(金) 10:36:54 ID:NW3VeG99
ナショナル・ジオグラフィックで遣ってた、美しすぎて超感動した

2 :名無虫さん:2005/07/15(金) 11:25:51 ID:BXYty/SA


3 :名無虫さん:2005/07/15(金) 12:17:53 ID:OwhNK1WB
速武裂

4 :名無虫さん:2005/07/15(金) 12:18:32 ID:???
4しかわまさし

5 :名無虫さん:2005/07/15(金) 18:45:31 ID:fDRmYSAp
新幹線よりはえーな

6 :偶然装い嫌がらせ・創価学会は悪質で陰険で腹黒い偽善者の集まり:2005/07/15(金) 19:40:30 ID:???
以前はハヤブサが街中や平地の林でよく見られたが最近あまり見かけない。
かわりにチョウゲンボウがよく見られるようになった。
家の庭先でもホバリングしてたし、かなりの街中でもホバリングしてたのには驚いた。
茶色とブルーでヒラヒラしててかわいい鳥だ。
オオタカは以前に至近距離で見たが、悪質なカラスに集られても堂々としていた。
ハヤブサは飛ぶのが速すぎてカラスが煽ろうにもまるで追いつかないw
カラスはせいぜい40km/hしか出ないのに対しハヤブサは70km/h位出ているだろう。
キジバトも飛翔時のシルエットがハヤブサに似ているが林道を飛ぶときは40km/h位
上空に出るとかなりの勢いでグイグイと飛んでいく(70km/h位)
キジバトは青紫なのに対してハヤブサは紺と白のコントラストで頭も大きく
飛び方がパラッパラッと浅くて鋭い羽ばたきをするので区別が付く。
それにひきかえハイタカは街中でも低山地でもよく見かけられるが
狩をする時にはハトやムクドリ等の小鳥を追い、物凄い勢いで林を突き抜けていくのに
見る度にいつもカラスに上空を延々と追われ続けいている。特にオスは成すすべが無い。
空の英雄なのに悲しい話だ。メスではたまに切り返して反撃している。
それにしてもハイタカのオスがムクドリの集団にアタックをかけて逆に追い回されていたのは
本当にショックだった。出来れば見たくない光景だった。



7 :偶然装い嫌がらせ・創価学会は悪質で陰険で腹黒い偽善者の集まり:2005/07/15(金) 19:40:57 ID:???
ノスリは大きな山の麓で旋回ホバリングしているのをよく見かける。
トビよりも羽が短く身軽に滑空し体色は薄い茶色だ。鼠などを狙っているのだろう。
ツミは低山地でよく見られる。薄いコントラストでキジバトよりも小さい程だ。
サシバは低山地から高山帯まで幅広く見られるが低山地に多い。
2対2のカラスとの対決で軽快機敏に羽ばたき切り返し反撃していた。
ミサゴはここ数年で初めて見かけた。真っ白で長い翼が美しく印象的で
池の上空で低空ホバリングし湖面めがけて急降下していった。
それから信楽の山地でハチクマを見かけた。あの寸胴具合は見間違いようが無い。
イヌワシは氷ノ山、扇ノ山では見かけたがトビと大変よく似ていて
至近距離でないと見分けが付かない。トビは青白くて丸いナマケモノのような顔をしているのに対し
イヌワシは嘴の付け根が黄色くかなり厳つい顔つきをしている。
龍神の河沿いで見かけたのは間違いなくイヌワシだろう。
最初はトビだと思って見ていたが、やけにデカくて厳ついなと思ったら。
信州でも高山帯でかなりそれらしいのを見かけたが、どれだけがトビでイヌワシだろう。
生息数でいえば最も多い地域のはずだが、どちらもこげ茶色で羽が長く
イヌワシの幼鳥にも白紋があるので本当にややこしい。尾羽や翼の形状も風の状態で
開き具合・閉じ具合が異なってくるので至近距離でないと本当に分からない。
それからこないだ近所で見た大きくてバタバタ飛ぶ鳥、あのボリュームであの体色となると
オオタカぐらいしか考えられない。サギではないしオオタカの若鳥か。




8 :774RR:2005/08/11(木) 15:05:19 ID:???
オートバイの隼は時速300km

9 :名無虫さん:2005/08/31(水) 12:21:43 ID:1/V2nuiB
鳥の隼は急降下時時速350km

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)