5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

絶滅・絶滅危惧種スレ

1 :名無虫さん:04/11/22 14:29:58 ID:SRj+dLvs
絶滅してしまった動物、絶滅してしまいそうな動物について
話し合いましょう

2 :名無虫さん:04/11/22 15:47:26 ID:KxDrw+K2
おまんこ女学院('A`)

3 :名無虫さん:04/11/25 06:28:02 ID:iVJ5klek
3といったら、三沢さん!

4 :名無虫さん:04/11/25 06:37:16 ID:iVJ5klek
マジメな話、ニホンカワウソはまだ生きているのか??
レッドデータブックで絶滅種と認定されたとか。
ここ10年ほど、目撃された情報がないみたいだけど。
7、8頭ほど、生き残っているという説もあるみたいだし。。。
ホントの事なんか、知ってる人が簡単にいるわけないよな。
生きていても、トップシークレットだろうしな……。

5 :名無虫さん:04/11/25 15:28:22 ID:???
今まで聞いた中で一番悲しくなったのはステラー大海牛かな あとドードー
絶滅種についての本を何冊か読んだけどハワイのミツスイが
10数種のうち8種類も失われたのは返す返すも残念すぎる
オレンジヒキガエルがたった一年で消滅したのは謎

6 :名無虫さん:04/11/26 08:46:37 ID:???
俺が悲しいのはモアやグリプトドン、メガテリウムだな。
みんな食いつくしやがって。
こいつらが健在なら動物園がもっと楽しめたのに。

7 :ハリバッタ:04/11/28 12:54:09 ID:iTSxM0H0
フクロオオカミとかブーラミスとか。
そして,ブーラミスはスキー場の近くの小屋の台所
で見つかったのが最後だとか?

8 :名無虫さん:04/11/28 13:31:53 ID:Np1SJQh4
>>4
かわうそなら、今は山田と名前を変えて生きているよ。雌はお金持ちの
メイドになってる。

9 :ハリバッタ:04/11/28 17:55:39 ID:IrT7WDVC
イリオモテヤマネコもそうだがツシマヤマネコ
も危ないんだと。オレンジヒキガエルは1989年
以来見つかっていない。


10 :名無虫さん:04/11/28 19:31:42 ID:fodwR3fp
うちの近所にライオンタマリンやワタボウシタマリンなどを
たくさん飼って(道行く人がケージを覗けるように
わざわざディスプレイして)いる家があるんだけど、
CITESの付属書Iに掲載されてる動物って、商取引しちゃ
いけないんですよね?
飼ってるってことは、どこかからか入手したんだと思うので、
どこかにチクりたいんだけど、どうすればいいの?
警察に電話すればいいの?
通報に適当な機関があったら教えて下さい。

11 :名無虫さん:04/11/28 20:47:27 ID:???
>>10
税関かK札。

ちなみに附属書T掲載種でも飼育繁殖した個体なら例外的に附属書U掲載種として扱われるよ。
附属書U掲載種の場合は輸出国の該当機関の許可が必要になるけど商業取引は禁止されていない。
それとCITESで規制されるのは国際取引だから日本が批准する以前に輸入された個体の国内取引も禁止されていない気がする。
日本のCITES批准は1980年だがな。

12 :名無虫さん:04/11/28 21:03:31 ID:XczNM0AC
CITES Iでもアジアアロワナとかリクガメ類はそれなりに流通してるよ。

13 :名無虫さん:04/11/28 21:46:31 ID:hipIq/Of
NHKで小原氏降臨age

14 :名無虫さん:04/11/28 22:24:34 ID:o1ykyOxg
>>6
そういや恐竜土偶ってあれぜったいメガテリウムだとおもう。
飼いならして乗ってたんだろ。

恐竜だとしたら・・・喰われてるだろ!


15 :名無虫さん:04/11/28 22:34:01 ID:QEXJhD0X
>>11
>>CITESで規制されるのは国際取引
カナダではどこの土産物屋でも規制対象動物(アザラシとか)の
毛皮製品を売っている。それらにはみな一様に「外国へは持ち出
せない」という意味の英文が記されてる。

でも日本人しか行かないOKギフトショップでもたくさん扱って
いるのはなぜだろう。

16 :ハリバッタ:04/11/28 22:40:36 ID:6lBf8mH1
メガテリウムはオオナマケモノの事ですよね。
インドテリウムなんてのは身長が8mあって
今のアミメキリンを3mくらい上回るとか?


17 :ハリバッタ:04/11/28 22:47:18 ID:6lBf8mH1
メガテリウムはオオナマケモノの事ですよね。
インドテリウムなんてのは身長が8mあって
今のアミメキリンを3mくらい上回るとか?


18 :名無虫さん:04/11/29 00:06:36 ID:unPQ6ot9
>>11
コメントありがとうございます。

そっかぁ。飼育繁殖した個体だとしたら、問題に
ならないわけですね。
だとすると、通報前に「お宅、それ、どこで入手
しました?」なんて、下調べしなきゃいけないのね。
密輸の証拠もないのに「猿がいる」ってだけで
調べに行ってくれるほど、警察は暇じゃないよね。
でも素人の私が「ちょっと、それどこで買ったの?」って
訊いたって、答えが嘘かホントかなんてわかるはず
ないんだけど・・・。困ったな。
とりあえず、警察に相談してみます。

#ワタボウシタマリン(パンシェ)って、数年前にどこかで
盗難されてオークションに出されたという事件があった
ような気がする。

19 :11:04/11/29 01:03:28 ID:???
>>18
1980年以前に輸入された個体の子孫ってのもCITESにはひっかからない。
他法規にかかるかどうかは知らんけど。
自分も飼ってみたいんんすけど入手経路は?って聞けば良いかと。
うちのあげるよって言われたら飼う以上出所知っておきたいって返せばおk

20 :名無虫さん:04/11/29 09:05:47 ID:???
>>17
インドリコテリウムか。
でも現生のキリンだって良く考えたら
かなり化け物じみた動物だよ。
実物見るとあまりのデカさに感動する。
まだあんな動物が生き残ってる事に嬉しくなるよ。

21 :ハリバッタ:04/11/29 10:00:05 ID:lKmY2NSK
>20
インドコテリウムだったか間違えてコを抜かして書いてた。
マサイキリンだとかアミメキリンも体高3.5mで頭まで
入れると5mくらいなるからね。確かに化け物サイズ。

22 :名無虫さん:04/11/30 13:22:42 ID:???
>6
悲しいつったらオオウミガラスだな。ひどいの一言に尽きる。

23 :ハリバッタ:04/11/30 17:20:30 ID:s+wZ60PM
リョコウバトとかも絶滅したな〜。ミヤコショウビンとかも。
ブルーバックやクアッガもステラーカイギョウも絶滅してるですね。





24 :ハリバッタ:04/11/30 17:21:06 ID:s+wZ60PM
リョコウバトとかも絶滅したな〜。ミヤコショウビンとかも。
ブルーバックやクアッガもステラーカイギョウも絶滅してるですね。





25 :名無虫さん:04/11/30 22:38:44 ID:E/Ojy/fs
オガサワラシジミもやばそうだ

26 :名無虫さん:04/12/05 17:57:52 ID:2c28qIFc
>>4
>レッドデータブックで絶滅種と認定されたとか。
絶滅種の認定は最後の目撃から50年たってからする事になってるはずだが。
ニホンカワウソはせいぜい30年位じゃないの。
ニホンアシカも昔は絶滅種だったけど、韓国で30年位前に捕獲例が
あるのが分かって、現在では絶滅種のリストから外したくらいだし。

27 :名無虫さん:04/12/05 22:40:18 ID:+wDH8diX
>>24
ミヤコショウビンは標本を東京へ運ぶ過程でグアム島産の鳥類と
ごた混ぜにされた。しかもその標本が整理され、種認定されたの
はその数十年後。

また実際に姿形がグアム島産のカワセミ(こちらも今は絶滅危惧
種だが)に酷似しているので、現在は存在自体が疑問視されてる。

DNA鑑定とかすればいいのにな。

28 :名無虫さん:04/12/05 22:55:11 ID:qHkhiqmL
ミヤコショウビンと言えば、ほんの数年前まではよほどの鳥類マニアでもなきゃ知らなかったろうに、今や食玩ブームのおかげでずいぶん有名になったよな・・・

29 :名無虫さん:04/12/06 02:10:20 ID:jp6ShaCQ
えなりかずき

30 :名無虫さん:04/12/06 10:18:07 ID:bzDR6k46
来週のCBSドキュメントでスマトラサイのリポートやるよ!!
貴重な一角犀の動画てんこ盛りだよ(多分)。

犀専用スレッドに書き込もうと思ってきたけど無いみたいだから
ここ書いちゃった。ごめんよ。 

31 :名無虫さん:04/12/06 12:12:04 ID:???
>スマトラサイのリポートやるよ!!
貴重な一角犀の動画てんこ盛りだよ(多分)。

スマトラって二本だったような
ジャワサイか?

32 :ハリバッタ:04/12/06 18:16:18 ID:+CqSTYUy
なるほど,ミヤコショウビンはグアム島の鳥とごた混ぜにされたのか。
今生きてるアカショウビンは危ないのかな。あの鳥は綺麗だな。

33 :名無虫さん:04/12/06 18:23:31 ID:???
>28
そんなマイナーな生物じゃなかったような・・・?

34 :名無虫さん:04/12/07 08:18:17 ID:+/fBSMZo
>>32
アカショウビン、石垣島ではけっこう見るよ。

沖縄では実はハブが絶滅を危惧されるほど数を減らして
いるらしい。でもずっと昔から嫌われているので、誰も
保護しようなんて言い出さない。

あと、沖縄では絶滅危惧I類に属するウミガメを料理し
て出す店がいまもあるらしい。

35 :名無虫さん:04/12/07 08:33:17 ID:1n5hIPhG
沖縄ではその他、稀少種のヤシガニの料理、オカヤドカリ稀少2種の捕獲販売。
買取り業者がその後オークションへ出品、高価販売など、まさにやりたい放題。

36 :名無虫さん:04/12/07 11:25:07 ID:LMg/NyjK
リョコウバト、モア、ドードー
などをはじめて知ったのはドラえもんだったな。
他にもツチノコ、ネッシー、ニホンオオカミも
出てきたし藤子不二雄も好きだったんだろうな。
恐竜の本まで出してたから。

37 :アブラソコムツ:04/12/07 14:50:51 ID:QmFVapVT
へっ?恐竜の本を出したの? ド−ド−を最初に知ったのはどっかの人じゃないの?

38 :アブラソコムツ:04/12/07 14:55:54 ID:QmFVapVT
ヤシガ二と言えば、沖縄にヤシガニラーメンと言う食べ物もあるし、レストラン料理にされてかわいそうだな.まさに遣りたい放題。


39 :名無虫さん:04/12/07 14:58:43 ID:???
>>36が知ったのはドラえもんでって事だろ
つーか日本語おかしくないか?

40 :?n???o?b?^:04/12/07 17:26:40 ID:ViWHMjAh
>37
ドードーは1681年に絶滅してるよ。
ちなみにミヤコショウビンは1887年,リョコウバトは1914年
カロライナインコ1914年,ジャイアントモアが17世紀には滅んでる。
さらにオオウミガラスは1844年,エピオルニスが1649年に滅んでる。


41 :ハリバッタ:04/12/07 17:32:58 ID:ViWHMjAh
ハンドルネーム入れるに忘れてた。すみません。

42 :名無虫さん:04/12/07 22:46:08 ID:???
 あれだけ連日世間を騒がせた環境ホルモン問題、その大元になった
環境省のSPEED98リストがひっそりと幕引きです。農薬はとっても
迷惑しました。リストで騒いだのと同じだけリストが無くなることで
騒いでもらいたいもんです。県や農協によってはSPEED98リストに
載っていることを理由に基準や暦から外したところもあるやに思います。
正しく直すべきでしょう。

http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/env/news/20041130k0000e040040000c.html
環境ホルモン:67物質のリスト廃止 環境省


43 :名無虫さん:04/12/08 00:20:24 ID:b+apqrFq
>40
ドードーが一般向けの図書に登場したのは、ルイスキャロルの
不思議の国のアリスから。

でもそれ以前にもう絶滅しており、まともな標本すら無かった。
現在まで残っているのはケンブリッジ大学だったかが保管して
いる頭骨の一部と僅かな羽毛のみ。

「アリス」ではグリフィンと一緒に登場する。すでに想像上の
生物と思われてたらしい。

44 :名無虫さん:04/12/08 15:50:11 ID:???
>>43
骨格だけならもっと発見されているはず。
川の州の土中に堆積したものを大量に発見したとかで。

ドードーは一体どんな鳥の仲間なのかも長年論議されてたらしい。
あまりに祖先からかけ離れた姿となっていた為に色々な説が
出されていたが、結論としてはハトの仲間だったそうだ。

45 :ハリバッタ:04/12/08 17:39:26 ID:bIqRXzVF
絵でよく見るドードーはふじ紫色だけどあれって本当なのかな?


46 :EX:04/12/08 18:34:39 ID:???
動植物もたしかに多くが絶滅の危機に瀕しているが
やはり今、被害甚大なのは植物だ。

環境が変化しても地に根を下ろしている植物では耐えれなければ死しかない。
日本にいる植物だけで900種がRDBにのってる。
植物が減れば、当然動物や微生物も消えるしかないわな。

47 :EX:04/12/08 18:36:00 ID:???
あっ動植物でなくて、動物昆虫だった orz

48 :名無虫さん:04/12/09 21:15:49 ID:TOq9uR6l
タスマニアタイガーの絶滅ほど聞いてて悲しみと怒りが込み上げてくるものは無い。
当時家畜を襲う害獣として政府から懸賞金がかけられ、片っ端から駆除・捕獲され、
遂に野生のものは最後の一頭までもが銃で撃ち殺された。
残った動物園の数頭も、それらが死ぬと絶滅と解っていながら繁殖の試みすらされなかった。
しかも当時の学者達は一つの種を滅ぼしたことに対し何の罪の意識も持っていなかったという。
何たる大馬鹿野郎達だ!!

49 :EX:04/12/10 00:09:04 ID:vQMxbUqg
>>48
今まさにツキノワグマが同じような状況にあるんだけどね。
既に九州では絶滅、四国も数十頭いるかいないか・・・
最後の砦だった東北もクマ騒動で壊滅的に減っているよ。

50 :名無虫さん:04/12/11 02:16:46 ID:QcsLmro1
>>48
タスマニアは原住民(タスマニアン・アボリジニ)も白人に
絶滅させられているからな。それも「狩猟の獲物」として。

最期のタスマニアン・アボリジニは、死後にその皮を剥がれ、
彼を研究していた人類学者はその皮で財布をつくって、自慢
げに友人たちに見せびらかしていたそうな。

51 :名無虫さん:04/12/11 02:28:19 ID:???
>>43
ドードーって馬鹿の意味だったよね。たしか。
ほもの40歳糖尿のニートが主人公の漫画で松田洋子の「薫の秘話」にあったような・・・

52 :名無虫さん:04/12/11 23:24:53 ID:YhlyGyX1
あまり話題にもならず、気にも留められない日本の絶滅危惧動物。
それはトカゲ。

三宅、八丈島などのオカダトカゲ個体群、座間味などの沖縄地方固有種の個体群、悪石島のニホントカゲ個体群など、いずれも絶滅の危機に瀕していたり、島によっては既に絶滅してしまっている。
いずれも原因はネズミ駆除の名目で持ち込まれたイタチ。

特に既に絶滅した悪石島のは、単なる地域個体群ではなく、固有の亜種ないし種であった可能性が高いらしい。
にも関わらず、現在では標本すら残っていないため、直接解明することは不可能で、その正体は永遠の謎。

何とかこういう有害移入動物を駆除できないのだろうか・・・?

53 :名無虫さん:04/12/12 00:14:11 ID:???
話題にもなってるし気にも留められてると思うが。

54 :名無虫さん:04/12/12 01:00:39 ID:HOymmW8g
>>52
陸棲貝類、つまりカタツムリもな。小笠原や沖縄など、離島は陸棲貝類
固有種の宝庫。米軍占領下でアフリカマイマイが蔓延し大打撃を受ける。

ハワイ諸島など、同じくアフリカマイマイに悩まされた離島では、その
後よく考えもせずヒタチオビガイ等の肉食性貝類を導入したお蔭で固有
種が全滅。つまりは、ハブ退治にマングースを導入したのと同じ現象が
起きたわけだ。

沖縄や小笠原にヒタチオビガイを導入したかどうかは聞いていないが、
小笠原の固有カタツムリはかなり危ないと聞いている。

55 :名無虫さん:04/12/12 12:53:22 ID:Tbwm4KS+
何言っても今の時点ではムダなんだろうなって思う。
獲る側にいる人間は最後の一頭まで獲ることしか頭にない。
自分がそれで生活しているってのを大義名分にしてね。
種が滅びようが知ったこっちゃない、そんな思考そのものが初めからないから。
とあるサイトの掲示板でこのことに関する議論があって、面白く見させて
もらったけれど、感想は前述のとおり。
人間は優れた存在であり、その人間が行う産業活動の影響を受けて圧迫、
絶滅していく種があってもなんら問題はなく、その程度で絶滅していく種には
初めから未来などないのだそうだ。
人為的要因による種の絶滅の責任を問うこと自体、保護論者の思い上がりであり、
奢りであると。
はたしてどちらが思い上がり、奢っているのだろうね(笑)

56 :名無虫さん:04/12/12 15:36:16 ID:GDfzU0F4
白人が絶滅させた種は、アジア人の100倍
なんで白人は狩り尽くそうとするのかね?その癖、鯨ヒステリー

57 :ハリバッタ:04/12/12 15:38:43 ID:S7VUIzKk
>34
ありがとうございます。安心しました。ミヤコショウビンが絶滅して
同じ仲間のアカショウビンまで危機的状況だと思ってましたから。
でもハブが嫌いの理由で保護しないのは頂けないですよね。

58 :名無虫さん:04/12/12 23:13:26 ID:PNzaRzb4
ヨウスコウワニとマチカネワニ、中国の鰐2種。ヨウスコウワニ、アリゲーター
でおとなしく貝を食べる、冬眠でき、揚子江辺りにずっと居る、今はとても少ない
マチカネワニ、日本での化石で知られるワニ、クロコダイルの1種。7・5mと
大きい、性格は凶暴、虎を裂き人を呑むと言う、寒冷期の度に分布を変えた。
漢字で龍蛟鰐と書くのはこの種、宋の頃の骨が出ている、明の頃広東の者が駆除
されて絶滅したらしい。青木良輔「ワニと龍」平凡社文庫091に詳しい。

59 :名無虫さん:04/12/12 23:31:14 ID:t16tj8h5
ミヤコショウビンってのは、島の固有種だったのかどうかわからないのでは。


60 :名無虫さん:04/12/12 23:36:50 ID:u4kn9EU7
>>56
狩りつくそうとしてる白人と保護しようとしてる白人は別人だから。
それに鯨やイルカに関しては彼らの見解の方がまとも。

61 :名無虫さん:04/12/13 02:08:17 ID:qHPSOKts
>>60
それはウソ。クジラやイルカの科学的な生態データは調査捕鯨まで行っ
ている日本が一番詳細なそれを握っている。

クジラで絶滅が危惧されているのはシロナガスクジラなど、今は反捕鯨
国となっているアメリカなどが盛んに捕った大型種のみで、日本が商業
捕鯨の対象として挙げているミンククジラはむしろ増えすぎている。

その増えすぎたミンククジラがシロナガスのエサを横取りしているから、
いつまで経ってもシロナガスが増えないのだが、反捕鯨国はそういった
科学的調査で明らかにされた事実に関して全く無視を決め込んでいる。

あと白人といってもノルウェーやアイスランドは別で、バイキング以来
の捕鯨の伝統があり、食文化もあるので商業捕鯨を再開したがっている。
ノルウェーに至ってはIWC加盟反捕鯨国のあまりの頑迷さと無理解に
腹を立て、一時期IWCを脱退したことすらある。

62 :名無し虫さん:04/12/13 16:05:34 ID:H0k8HgKW
>61
ミンククジラが増えすぎたはウソ。元々、減り始める前のデータがないもの。

63 :名無虫さん:04/12/13 16:39:15 ID:msN7Vhg3
>>61
君は、捕鯨が当然という立場で論じてるだけだね。

64 :ハリバッタ:04/12/13 17:13:32 ID:m6m8GpIH
>59
なるほど,そうかもしれませんね。

65 :名無虫さん:04/12/13 21:15:16 ID:WmJZALSz
アングロ・サクソン入植の歴史が動物絶滅の歴史と言っても過言ではない。
頭がいい鯨やイルカは保護しろ、頭が悪い有袋類は絶滅しても構わんという考えは、その延長線上に人種差別の思想がある。

66 :名無虫さん:04/12/13 22:54:24 ID:msN7Vhg3
だからといって、公平を期すために、保護できるものを
わざと絶滅の方向へ向かわせるのはいかがなものか。

67 :名無虫さん:04/12/13 23:41:13 ID:???
ミンククジラの現在の個体数は本格的な捕鯨をおこなっても問題ない程度だと思うし、
捕鯨したい人間が数に気をつけながらやるならいいんじゃないすかね、ってのが日本の意見でしょ。
問題なのは日本の海洋調査能力が世界一なのに、反対国の反論の論拠があまりにも子供じみてる事だと思うが。

68 :名無虫さん:04/12/14 00:15:06 ID:5YcoLWEv
そう言えばIWCって海のない国も参加してるんだっけ?
ふざけた話だわな・・・

69 :名無虫さん:04/12/14 00:19:55 ID:???
オオウミガラスやドードー、リョコウバトを絶滅に追いやった毛唐どもが
何を偉そうに、ということですわな。

70 :名無虫さん:04/12/14 00:21:28 ID:etmMwpYN
じゃあ「ミンククジラだけ取らせてくれ」という方向で行けばどうかな。
日本側は食うのが日本の文化だから、イルカもクジラもどんどん
殺して食っていいんだ、という論調だから向こうも呆れるし
頑なになる。

71 :名無虫さん:04/12/14 08:54:33 ID:???
>>69
アメリカバイソンなんていうあんな大きな動物を、
6千万から50頭ばかしに減らしたのも毛等のなせる業だ。
奇跡的に絶滅は免れたが。


72 :アングロサクソン:04/12/14 10:17:56 ID:???
アジア人種は人間とサルの中間に属する下等動物だから原爆の実験台にゃ丁度いいや

73 :名無虫さん:04/12/14 15:01:49 ID:???
>>68
反対国側が数集めのためにそんな事やって、
日本もぶち切れてモンゴル参加させたんだっけ。

>>70
そういう方向で攻めてる。
なんにせよ聞く耳持たれてないけど。

74 :名無虫さん:04/12/14 19:43:39 ID:zybYZSAx
>>67
で、IWCの調査で、年間捕獲可能頭数が2000頭ってはじき出されたんだけどね。
 
これ全部日本だけに獲らせろって言って納得する加盟国があると思う?w

百歩譲ってミンクの捕鯨が認められたとしても、ここまでクジラの敵って印象
持たれた日本を参加させる気はないよ。他の加盟国に獲らせて高値で売りつけ
させるか、金で頭数枠の売買するかのどちらかだろう。
シエラ号事件なんてバカなことやらかした国だもん、信用ないの当たり前。
マグロでもおなじことやらかしてるし。
毛等なんて言う資格はないよ。今までの日本の遠洋漁業のほうがよほどえげつない。
だからどんどん追い出されてるの。

75 :名無虫さん:04/12/14 19:45:53 ID:etmMwpYN
そうだね。

76 :名無虫さん:04/12/14 22:46:36 ID:???
はいはいそうだね。

77 :名無虫さん:04/12/14 23:42:54 ID:sr/hr5p5
>69
ペンギン penguin という単語が元々この鳥(オオウミ
ガラス)を指す言葉だったことは意外と知られてない。
棍棒1本で絶滅させられたのは、なんとも哀れだわな。

リョコウバトの末路はブタのエサだし。

78 :名無虫さん:04/12/15 03:01:03 ID:/6jOpQ2Q
>>67
捕鯨の論争は保護を建前に実際は金が回ってるからね
日本は「食文化だから」「クジラは他生物への負荷が大きいから間引く必要がある」といってるけど
ようは市場があるから獲りたいんだよね。
逆に捕鯨反対国は「愛護」を掲げててこれだけきくと「子供じみた」て思うかもしれないけど
よくみると既に市場がなくなってしまった国ばかり・・・
捕鯨に対して「国益になる日本」と「無価値の他国」
これじゃ議論しても折り合いがつかない罠。


まぁダイオキシン等の含有量がどんどん増えてるから、既に食料にはできなくなりつつあるし
市場がなくなれば手のひら翻して保護にまわるみたいだけどね。

79 :名無虫さん:04/12/15 04:47:13 ID:1vNPiYnU
>>42
スレ違いのコピペだろうけど、こういうのは余分にやるぐらいで
ちょうどいいんだよ。しかも、リストが幕引きじゃないじゃない。
新たにリストを作り直すんでしょ。また新たにリストアップされたらどうするのさw


80 :名無虫さん:04/12/15 04:56:58 ID:???
>>61
> クジラで絶滅が危惧されているのはシロナガスクジラなど、今は反捕鯨
> 国となっているアメリカなどが盛んに捕った大型種のみで、日本が商業
> 捕鯨の対象として挙げているミンククジラはむしろ増えすぎている。

日本もナガス、マッコウともにいくらも獲ったんじゃないの?
大洋漁業のオーナーが野球のチーム持っていたころ、
ナガス一頭獲ればチームが一年運営できると言ったとか言わないとか。

ミンクはそれ以外に獲れない現状だから獲っているだけで
ナガスに比べて味は落ちるとも聞くし。

何にしても「アメリカが盛んに獲ったから減ったシロナガス」というニュアンスで
書くのはフェアじゃないと思うな。日本も獲ったことには違いないんだから。

81 :名無虫さん:04/12/15 05:09:08 ID:???
>>78
マーケットから言えば鯨が復活したところで、海老蟹、鰹鮪、鮭鱒あたりの
比じゃないし、どってことないだろうね。

捕鯨論争でやたらに孤立してまで日本(農水省)が頑張っちゃうのは、
鯨の譲歩が突破口みたいになって
CITESに食用魚類がリスト化されたらえらいことだって危惧があるからじゃないの?
論理的な試金石・防波堤として捉えられている面があるんだと思うよ。
漁業関係者にはね。

それを国内的には、固有の文化保持という視点で国民の支持を得ようとする
面もあるみたいだけど。そのあたりは嘘じゃないかもしれないけど、
方便って印象もあるね。

82 :名無虫さん:04/12/15 08:03:32 ID:mcIMk6dm
>>61
シロナガス鯨を乱獲したのは日本人だよ。
欧米人が乱獲したのは、鯨脳油を持つ抹香鯨。
その他の鯨は、石油以前の油の代用にはなりえなかった。
しかしこの種は数が多く、有史以来絶滅に瀕した事は一度もない。
鯨の減少に関しては、やはり日本がその責を負わなければならない。

83 :名無虫さん:04/12/15 16:18:40 ID:CM08XlU1
>>82
絶滅に瀕した事はないというけどさ。
クジラみたいな大型回遊哺乳類の頭数調査なんて現実不可能だぜ?
個体数は学者によってバラバラだしそのうちの誰かが「個体数に問題なし」といったって
参考程度にしかならない、「一度もない」なんて断定でいうべきじゃないと思われ。


まぁだからといって日本の責任が弱まるわけでないのは当然だけどな。

84 :82:04/12/15 16:47:04 ID:???
>>83
お説ごもっともです。
科学的に書き直します。

『19世紀に欧米人が狩猟していた抹香鯨は現在では絶滅に瀕しては
いない。従って現在のシロナガス鯨やナガス鯨等、希少になって
しまった食用鯨の責任の所在は我々日本人に有り、欧米人も同責との
論理は通用しない。
ただし鰯鯨やミンク鯨のように数の多い鯨の
捕鯨の是非は真剣に討論されるべきだと思います。』


85 :名無虫さん:04/12/15 17:18:28 ID:???
文章の良し悪しだけなら中高生レベルだな。
生物名をカタカナ表記しないで何が科学的か。
とかいってみる。内容云々は知らん。

86 :名無虫さん:04/12/15 17:27:25 ID:???
最低レベルの揚げ足取りだなw

87 :名無虫さん:04/12/15 20:01:10 ID:???
ステラー大海牛をあっというまに狩り尽くした連中が
日本の捕鯨をどうこう言えるのか

88 :名無虫さん:04/12/15 20:13:38 ID:???
その反省に立っているのだと言えばノープロブレム。
実際にそういう面もあるだろう。
>>87みたいに言ってしまうと正常な議論の放棄になり、
発展性は皆無になってしまう。

89 :名無虫さん:04/12/15 23:03:00 ID:jI8b06HH
>>87 日本人が鳥島で何やったか知ってる? それと全く同じことをアホウドリ
に対してしたんだよ? ニホンオオカミには懸賞までつけて絶滅したんだよ。
彼らは確かにたくさんの生き物を絶滅に追い込んだけれど、そこから学んだことを
生かして今は一般市民レベルで生物保護の意識が高い。
生物保護というのは貧富、社会的地位に関係なく、おのおのの心と知識のゆとり
から生まれる意識だと思う。
生き物を見れば金に換算して金銭的価値でしかその生き物の存在価値を計れない
人間は情けないと思う。
とある捕鯨再開論者の著作のなかに、シロナガス一頭の金銭的価値がたしか
2000万であり、この資源をむだに自然死させるのは実にもったいないと書かれて
いたが、こういう人たちにとってはクジラとは泳ぐ札束にしか見えてないらしい。
2000万あったらシロナガスは作れるのだろうか。
月まで届くほど札束積んでも、クジラ一頭は作れるわけないのだが。

90 :名無虫さん:04/12/15 23:12:17 ID:???
>89
金に換算するのと関係してるかは分からないが、「人間にとって価値があるかどうか」
といった観点からの方が保護活動が理解されやすいってのはあるな
それもちょっと違うと思うが

91 :名無虫さん:04/12/16 00:10:45 ID:2UewC84R
>>81
書き込みを見て、改めてワシントン条約締結国会議の議題内容見ると
確かにシンクロしてるな。 日本は 1997 年以降毎回鯨類2種(ミン
ククジラ、ニタリクジラ)の附属書IIへの移行提案を発議して、毎回
見事に否決されてる。

オレは農水省がやたら吠えまくるのは、てっきり 1988 年の捕鯨外交
で大失敗をやらかして、結果としてアメリカに騙しに近い手口で商業
捕鯨の権利も合衆国経済水域内での漁業権もまき上げられたせいから
か、と思ってた。

現在も毎年 100 種以上もの新種が発見される魚類がリスト化される
ことはまずないだろうと思ってたら、サメ類を附属書に掲載すること
が 2002 年にすでに決議されたらしい。ホオジロザメやジンベイザメ、
タツノオトシゴが絶滅に瀕しているそうだ。あまり実感湧かないが。

ちなみに日本は上記の鯨類2種と共に留保してるらしい。

92 :名無虫さん:04/12/16 01:40:53 ID:r7Jme9au
>>90
保護活動の意義について生物倫理やランドエシックを並べ立てて懇切丁寧に説明するより
「もうかる上に自然も守れる。」といった方が大衆には納得できるし分かりやすいもんな。

皆が保護活動の意義を正しく理解するためにも義務教育と連携してほしいよ。
とりあえず理科の授業を「物理・化学」「生物・環境」の2つにわけて欲しい。

93 :名無虫さん:04/12/16 01:41:11 ID:???
商業用の国境(200浬)をまたいで回遊するタイプの魚類については、
サイテスではなく、生息水域に根ざした専門保存管理機関
(ミナミマグロ保存管理委員会とか)で管理すべきだというのが
日本の主張の根源だろね。だからIWCに居続けてるみたいだし、
IWCでの決議に神経質になるんじゃないかな。
もちろん適正管理すれば持続的に漁獲可能だという前提があるわけだけど。

94 :名無虫さん:04/12/18 10:51:07 ID:7q5I2cnr
今、タガメやゲンゴロウもヤバい状況なんだってね。
あんなもの昔は近所の池に腐るほどいたんだけどなぁ

95 :ハリバッタ:04/12/18 12:44:48 ID:F1DLdwV0
シャープゲンゴロウモドキとかヤバイらしいです。


96 :名無虫さん:04/12/18 15:34:30 ID:waM+GZ/E
>>89
電気化学の父と呼ばれたマイケル・ファラデーは、当時発見された
ばかりの電磁気学の実験を様様な人の前で行った。

そうした公開実験の後で必ず尋ねられる質問に、「これはいったい
何の役に立つのか」というのがあったのだが、彼は相手が女性の場
合、「赤んぼうは何の役に立つか、ご存知ですか」と、やり返した。
政治家の場合は「お気づきにならないのですか。将来、これから税
金が取れるのですよ」とも。

保護活動家にもファラデーレベルのウイットを持ってもらいたいも
のだ。自分たちを、さも神の代理人の如く一段高いレベルにおいて、
自然保護に対して無理解な人々を見下すような態度を取っているの
では、保護活動の意義が理解されるのは難しいだろうな。

97 :名無虫さん:04/12/19 02:49:09 ID:???
>>96
>「赤んぼうは何の役に立つか、ご存知ですか」
>「お気づきにならないのですか。将来、これから税 金が取れるのですよ」
本当に彼がそういう発言をしたかは疑問視する人もいるらしいけどね

混ぜっ返しスマソsage

98 :名無虫さん:04/12/22 01:44:59 ID:gpCb7Sau
>>96
ウィットをもっていようがいまいが、金や実利でしか
ものを見れない人種に対して見下してることには変わりない。

99 :名無虫さん:04/12/23 03:54:12 ID:DY9Xrbq1
【国際】ホオジロザメの規制 受入拒否 ワシントン条約会議で−水産庁
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1103717504/

100 :名無虫さん:04/12/25 17:34:56 ID:???
心と知識のゆとりは、貧富や
社会的地位と大いに関係あるだろ。

自然保護に消極的、理解に乏しい

金と実利重視

もうアホウドリかと。

101 :名無虫さん:04/12/25 20:11:39 ID:BVKg3B6n
水産庁はほんとにヒステリーだな。
夜郎自大に国難とか思ってんじゃないか?
アホらし。
ホオジロは少なくない、絶滅に瀕してない、って反証上げて
納得させりゃいいじゃん。規制したい連中はそれを揃えたんだろうしさ。
受け入れ拒否なんて駄々こねてるみたいで見苦しいわ。

102 :名無虫さん:05/01/05 03:16:26 ID:???
今や捕鯨賛成側も反対側も互いの利権が絡んでいますからね。
仮に鯨の頭数が10倍に増えたって反対国は反対のままでしょう。(またはデータを信用しない)



103 :柱犬:05/01/07 19:55:49 ID:1AJ2yydS
>>48
タスマニアタイガーやのうてタスマニアオオカミ(フクロオオカミ)やろ。
タスマニアタイガーは空想動物やん。
>>52
確かにそうやがカエルのほうが減っていることが知られてないやん。

104 :名無虫さん:05/01/07 23:56:20 ID:???
釣りか?

105 :名無虫さん:05/01/08 15:08:23 ID:EM1mBLYz
えらく激しい釣りだなあ。

106 :柱犬:05/01/12 20:57:30 ID:qzfZ+tE6

    /∵∴∵∴\
   /∵∴∵∴∵∴\
  /∵∴∴,(・)(・)∴| >>104-105
  |∵∵/   ○ \|
  |∵ /  三 | 三 |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |∵ |   __|__  | < うるせー馬鹿!
   \|   \_/ /  \_____
      \____/



107 :名無虫さん:05/01/12 21:24:49 ID:???
ゴリラの学名は「ゴリラ・ゴリラ」(BYトリビアの泉)
って、逆に学名がゴリラ・ゴリラだから英語→日本語でも
ゴリラと呼ぶんではないの?

108 :名無虫さん:05/01/13 18:43:34 ID:???
その場合は種名・種小名が同じで「ゴリラ」を二回繰り返してるところがトリビアなんじゃねーの?
ゴリラはどうだかしらないけど通称名や現地語から学名がとられる事は結構あるし。

109 :名無虫さん:05/01/16 17:08:48 ID:???
4リラ−1リラ


110 :名無虫さん:05/01/23 21:07:30 ID:???

絶滅しそうな種は運命だ。絶滅してしまえ。それが自然の法則。延命は神に逆らう。

111 :名無虫さん:05/01/23 22:10:38 ID:???
人間が絶滅に追い込んでいる場合もあるわけだが

112 :名無虫さん:05/01/24 22:46:25 ID:???
だから問題なんだよな
確かにこの場合は自然でもなんでもないと思うよ

113 :名無虫さん:05/01/25 01:26:21 ID:???
>>110みたいな考えが横行してるうちは、どんなに保護しようとしても近隣住民の理解を得るのは難しいだろうな
年間4万種絶滅している今の状態が自然の法則なのか教えてもらいたいものだよ。
過去5度起きた大量絶滅のどれよりも異常に早く進行してるってのにさ。

114 :名無虫さん:05/01/25 19:45:03 ID:b7ffqI4U
↑ そんなこと言っても、>>110にはそんな文章は理解できないので無理であります!
多分>>110は虫垂炎になっても、交通事故に遭っても、病院には行かないのであります。
それで死ぬのも>>110の運命であります。延命は神に逆らうからであります。
まさか間違っても>>110は、「人間の場合は違うだろ」などとは言わないであります!
彼は「延命は神に逆らう」と高らかに宣言しているからであります!

       そうだよなw

115 :名無虫さん:05/01/25 19:54:22 ID:???
人間だって生物の一種に過ぎない
自然が作り上げた進化の一過程で生まれた人類もまた自然の産物
原発と蟻塚に根本的な違いはないよ

ただ、乱獲や乱開発で他の種を追いやるのも自然なら
逆にそれを阻止し、環境を守ろうとするのもまた自然

どっちが正しいかはともかく、どっちが自然かは決まってる
「どっちも」だ

116 :名無虫さん:05/01/25 22:12:22 ID:???
「自ずから然る」ちゅうんじゃ、なんでもありじゃない。

117 :名無虫さん:05/01/26 02:08:59 ID:???
自然の語源である「為ス無クシテ自ラ然ラシムル道」という老子の言葉を訳すと、
「何かしなくてもそれ自身でそうあるもの」となる。
これは「(人間が理性で)何かしなくても・・・」という意味であると考えられ、
人間が理性でする事は自然の範囲外であるという前提が窺える。
とか小さい詭弁を弄してみる。

118 :名無虫さん:05/01/26 23:07:29 ID:???
老子もまた人の子なり

要するにだね、進化論が広く知られて「ヒトはかつて猿だった」が常識となった今
「不自然である」という論に対してはいくらでも逃げ道があると、そーゆー話

119 :名無虫さん:05/01/28 17:42:56 ID:???
>>113
オマエ典型的な馬鹿だな。>>115さんの名文を百万回読んでおけ。

核戦争で人類が滅ぶのとライオンが草食動物を狩る事に違いがあるとでも思っているのか?

人間が全て悪いという驕り高ぶった考えが自然保護を屈折させる。

そんなお前らにとって「動物保護」は自己満足、オナニーなんだよ。

理屈や真理じゃなく「自分が気持ちいいだけ」なんだよ。馬鹿が。


120 :名無虫さん:05/01/28 19:18:17 ID:???
>>119
なんだか君は、
奢り高ぶった考えや自己満足オナニーをすることと
ライオンが草食動物を狩る事に違いがあると思っているようだね

121 :名無虫さん:05/01/28 20:38:31 ID:???
いや、食欲と性欲は明らかに相違するだろ。

122 :名無虫さん:05/01/28 22:24:52 ID:???
>119
>核戦争で〜

違うんじゃない?

123 :名無虫さん:05/01/28 23:35:26 ID:???
>>121
目的や性質、規模、周囲に与える影響等を全て度外視すれば
生物の行為または習性の一つ、という点で同じ

もちろん度外視しなければ明らかに相違する
その場合、核戦争とライオンの狩りも明らかに相違する


124 :115:05/01/29 01:00:46 ID:???
>>119
今後10億年以上はつづく地球の歴史の中で何が滅ぼうが栄えようが問題はない
蟻塚もビルも同じ、それは指摘されるまでもなく重々承知している。

じゃっだから勝手に滅ばせれば良いってことか?
地球科学レベルで考えれば問題ないだろって?
そんなスパンで考えてたら人間生活凡てにおいて何にもできないじゃないか
あと動物保護じゃなくて本来は自然保護ね。
この差は凄く重要だから、なんで重要かは自分で調べてくれ。

125 :名無虫さん:05/01/29 10:52:31 ID:???
そんなに字面にこだわるなら
動物保護でも自然保護でもなくて環境保全だわな。

126 :名無虫さん:05/01/29 19:35:15 ID:Mw01WYfx
>>119は自分の書き込みそのものがオナニーだってことには気がつかんのか?w
こういう理屈にもならんような文章を書く、人間至上主義の人に聞いてみたいんだが、
人間ってのは地球上で人間だけで進化してきたと思ってるのか?
無数の種の発生と淘汰を経た末に、生態系が構築されて、その中で奇蹟に近い
確率で私たちは存在し、その生態系の柔軟さがどれほどのものなのかは誰にも
予測ができず、故に危機感を抱くわけだが。生態系の中の一員として。

ガリバー旅行記の中で、巨人国の王様はガリバーになんと語ったか、
読んだことがあるかな?

127 :名無虫さん:05/01/29 19:43:55 ID:???
こだわるべきは目的だと思うがね
動物保護でも自然保護でも環境保全でも
何のためにやるのかってことよ

「息子にも生きたトキを見せてやりたかった」
「ひ孫の世代にも生きた象を見せてやりたい」
そんなモンで十分じゃねーか?

128 :名無虫さん:05/01/29 21:19:15 ID:???
目的がやすっぽいな。
トキやゾウを子孫が見れれば良いかっつうとそうでもないだろ。
珍しい生物や人気のある生物にしか目が行ってないうちは
効果的な保全は難しいと思うが。

129 :名無虫さん:05/01/29 21:57:47 ID:???
紀元後以来各時代の生物絶滅と、それに対する社会や知識人の反応、
場合によっては経済への影響など、もう1度振り返ってみよう

生物絶滅が経済に影響する例も一応幾つかあったか?

1000年前は動物保護なんて狩猟のため王侯貴族が囲い込んだ森林とかで、
狩る獲物がいなくならないように保護したのが始まりという程度か
まあそれのお陰で野生のシフゾウとかは保護されていたが

生活に余裕があって強権を持つ人がいない僻地では、ステラーカイギュウなんて
20年程で滅んでしまった
オオウミガラスも然り。
海鳥や海獣などは油たっぷりだから、商業的にもある程度採算が取れ、また船乗りの食料や
照明燃料なんかにも使われてあっという間に滅んだり激減した例がいくつもある

しかし「計画的に捕獲していたら滅びずに済んだものを、やたら取りまくって滅ぼしてしまい
その後油脂源として有用なこの種がいなくなってしまった」と滅んだ後に悔やんだ例が
欧米では何度も繰り返されたのだろう。
更に「一見関係ないように見えるこの種が滅んだせいで、他の種の個体数安定性も悪くなってしまった」とか
(VBAで種競争、種競合シミュでも作ってくれ)

これに都会のあまり教育受けていないがまあ各種情報は受け入れられる程度の大衆の感情煽って
動物愛護も混ぜてしまった動物保護の概念が、かなり大雑把に出来ているというのが現状か。

・・・で、自分さえ良ければ何も気にしないという発想の強い中国人やロシア人が
国際的に発言力を強めてきた21世紀、彼らにこの辺の事情をどう納得させるか?
(社会主義時代のソ連の方がこの辺をまだ納得してくれたかも知れない)

130 :名無虫さん:05/01/30 01:04:22 ID:???
>>128
ご大層すぎるモン掲げても一般市民はついてこんて
わかりやすいモンで涙腺つっついて、とりあえず金出させるんだよ
セカチューの大ヒットとか見てみれ

実際に何やるかは専門家に任せてさ
生態系を、一部じゃなく全体で考えられる人に

131 :名無虫さん:05/01/30 07:57:48 ID:???
>>130
一般市民がついてこないから問題なんじゃないの?
極論で言えば全人口が「生態系を、一部じゃなく全体で考えられる人」でないと。
一番手っ取り早いのは宗教教育か洗脳って罠だがw

132 :名無虫さん:05/01/30 13:47:48 ID:???
環境保全、保護に熱心な国ってのは多くが環境破壊国だがな。

133 :名無虫さん:05/01/30 16:09:59 ID:???
程度と時期に違いこそあれ全ての国は環境破壊すんでねぇの。

134 :名無虫さん:05/01/30 16:43:29 ID:???
そうじゃなくて過去の反動から来る環境保護のこと。
欧米人の捕鯨アレルギーとかな。
科学的なデータも糞も無い言いがかりにはただただ唖然。

135 :名無虫さん:05/01/30 17:30:55 ID:???

でも、やっぱりクジラは食いたいな。だって美味いもん。



136 :名無虫さん:05/01/30 17:56:12 ID:e3v1nWX4
「美味いものを食って何が悪い」って態度じゃあ、逆効果だな。

137 :名無虫さん:05/01/30 18:41:11 ID:???
だれがそんな事言ったんだよ。また脳内か?

だいたい捕鯨反対してる連中は畜産業者とかが
スポンサーしてる似非保護団体が多いぞ。
網ぶっ壊したり船に体当たりする連中は特にな。

138 :名無虫さん:05/01/30 19:57:42 ID:???
【地政学名言集】

一、目的は自国の生存と発展だけ
二、手段は選ばない
三、油断しない
四、徹底的に人が悪い考えに絶つ
五、科学技術の発達を考慮する
六、「優れた陸軍大国が同時に海軍大国を兼ねることはできない(その逆も然り)」
七、隣接する国は互いに敵対する。
八、友好,理解を真に受けない
九、敵の敵は戦術的な味方である。
十、敵対していても、平和な関係を作ることはできる。
十一、国際関係は、善悪でなく損得で考える。
十二、国際関係は利用できるか、利用されていないかで考える。
十三、国際関係を2国間だけでなく,多国間的に考える。

十一、国際関係は、善悪でなく損得で考える。
が近い話なのかな。

しかし直接利益を生み出すわけでない環境保護関連で、この手の話を表に持ってくると
話が成り立たなくなってしまうのが困る。
かくして農学、環境系は電波サヨクの巣窟になってしまった

139 :名無虫さん:05/01/30 20:10:37 ID:wUpaxxO3
破壊しっぱなしでまだこれから破壊を続けようって国よりははるかにマシだ。
捕鯨を続けようって言ってる連中も言ってることはトンデモに近い。
「来るべき食料危機に向けて捕鯨技術は確保しておかなければならない」
ほかにもっとやることがあるだろw
「クジラ資源は鯨種によっては十分に回復しており、この資源をムダに
するのはもったいない」
回復っていつの頃に比べての話なんだ? ムダってクジラにだって自由に
生きる権利ぐらいあるだろうw

ミドリ豆がデタラメなのは認めるが、廃棄物の海洋投棄を一番やっているのは
漁業関係者だぞ。
魚網なんか古くなるとそのまま流したりしてる。

140 :名無虫さん:05/01/30 20:44:28 ID:???
( ´_ゝ`)アッソ

141 :名無虫さん:05/01/31 17:44:09 ID:???

美味いもんは美味い。絶滅しよーが知ったこっちゃないわい。

クジラも海がめ卵スープもよだれが出るワイ。

おまえら、食いたくないか?我慢は身体に毒だで。



142 :名無虫さん:05/01/31 22:56:40 ID:???
うむ
孫にも、そのまた孫にも食わせてやりたい

143 :名無虫さん:05/02/01 11:48:31 ID:???
体に毒なほど我慢が必要でも無いよな
何を食べたいとかじゃなく、何か食べたいってなら分かるけど

144 :名無虫さん:05/02/01 12:39:27 ID:???
クジラもウミガメも食わなけりゃ食料が足りない、死ぬ、
という危機が生じなければわざわざ食うほどのモンでもないな。

ただ、食いたいという人には食えるようにしてあげたい。
エンデンジャード・スピーシーズ・イーティング・アクツでもつくって
宇宙旅行にいけるぐらいのお金を保護と利用の研究に出してくれたら
一年間いつでも、食べたいときにその名義人だけは1日上限1ポンド
までなら食べられるとか。

145 :名無虫さん:05/02/02 16:17:28 ID:???
>>139
権利が発生するのは義務を全うできる人間だけだ。
義務の存在しない野生動物に権利は発生しない。
それに今まで鯨を危機的な状況に追い詰めたのは欧米人だ。
それは連中の捕獲数が多すぎたことが問題。

146 :139:05/02/02 20:04:43 ID:SvN33gPy
あのさw 
聞くけど君の言う「義務」ってなんだ? 具体的に説明してみw
人間が誰に対して果たす「義務」なのかもね。
もひとつついでにそれを定めたのが誰なのかも教えてほしいなw

あのね、君は知らないかもしれないけどね。
確かに君の言うとおりクジラの個体数を激減させたのは欧米人も
大いに関与してるけど、日本も相当関与してるの。
捕鯨オリンピックで一位取って、それがステイタスだった時代があったの。
鯨油やヒゲ目的だけだった英米に比べて、捨てるとこなく全身利用して
「食べるため」に捕鯨を行ったわが国は間違っていたとは思わないし、
それで国がかなりの部分救われていたことは事実。
でも、もう産業として捕鯨できるほどの個体数ではないし、
国際世論がそれを許さないのも事実。
アラスカのイヌイットみたいに、手投げのモリとカヤックだけの
「生存のための古式捕鯨」なら認めてくれるかもしれないが。

この地球に生まれる全ての生命はみな自由に生きる権利があり、
死ぬ義務を負ってる。その生殺与奪権は誰のものでもない。
人間はかってに陸や海に線を引き、所有権を主張し、殺しているだけ。

147 :名無虫さん:05/02/02 20:13:44 ID:???
>>146
>この地球に生まれる全ての生命はみな自由に生きる権利があり、
>死ぬ義務を負ってる。その生殺与奪権は誰のものでもない。

そして自由に捕食する権利もある。それにより切磋琢磨して進化していく
耐え切れずに脱落する自由もある。



148 :名無虫さん:05/02/02 20:21:50 ID:???
イタイ

149 :名無虫さん:05/02/02 20:31:15 ID:PzvygmC5
http://www.37vote.net/etc/1107336644/
嫌いな国のランキング投票です
よかったらあなたも一票入れてください
失礼しました

150 :139:05/02/02 22:41:48 ID:SvN33gPy
>>147
その通り。
でもその自由に捕食する権利は、本来は自分が命を架けてわが身の
危険を冒して戦うものにしか許されないと思うが。
私は捕鯨は全面反対ではないし、食いたい人は食えばいいと思う。
ただ、クジラ食わせろって叫んでいる人は、現実に自分でクジラ
突いて、解体して食うことが出来るのかね?
それが出来るなら、私は人間としてその人を尊敬し、敬意を払うよ。
生き物を自分の手を汚して殺し、業を背負って生きていく人を見ると、
皿に乗った調理された肉しか知らない人が何を言っても薄っぺらい
たわごとにしか聞こえないんだな。
試しに、ニワトリでもいいから、自分で〆てみてごらん。

151 :名無虫さん:05/02/02 23:34:08 ID:???
業だとかなんだとか宗教臭くてかなわんな。
生き物を食うために殺す事が業だなんてほんとキモイとしか言い様が無い。
皿の上の飯食ってのたくってんのはおまえだって一緒だろ。

152 :名無虫さん:05/02/02 23:47:13 ID:???
>>150
それ言ったら殆どの日本人は肉が食えなくならない?

>皿に乗った調理された肉しか知らない人が何を言っても薄っぺらい たわごとにしか聞こえないんだな。
薄っぺらい言葉を数で通したような規制は無くすべきですね。


153 :名無虫さん:05/02/03 00:45:26 ID:???
権利だ業だいうのは人間での話だろ。
信賞必罰が必要なのは2つの立場どちらも貴いとする場合のみ。
野生生物的にいえば貴いのは自分だけ。
規格外の事に無理矢理概念を当てはめてみても下らない机上論にしかならないよ。

154 :名無虫さん:05/02/03 09:56:58 ID:???
情けは人のためならず。
人という種が生き残るために環境保全を必要としている。
へんちくりんな感情論をいれずに語りなさい。

155 :名無虫さん:05/02/03 12:50:57 ID:???
>人という〜
その方が分かりやすいからそうしてるだけってところもあるけどな

156 :名無虫さん:05/02/03 14:36:59 ID:???
むしろ鶏を〆てもいいよなんて言われたら率先して名乗り出たい。
命を奪い自らの体に取り込むという一連の動作を体験してみたい。

157 :名無虫さん:05/02/03 17:35:26 ID:???
一度祖父が私の目の前で鶏の首をいきなり切り落とし吊るし
したたる血をコップについで酒でわって飲んでた。

祖母は猫がとってきたスズメを羽を毟って茹で上げた。
どちらも美味かったが、あれを思い出すととても食い物を捨てれない・・・

158 :名無虫さん:05/02/03 21:37:56 ID:???
>>150
女王アリに「自分でエサ捕れ」って言ってやってください


なんてね

ヒトという生き物はね、他者にエサを捕らせるというシステムを
進化の末に獲得している種なのですよ

159 :名無虫さん:05/02/03 21:59:36 ID:???
>>115
自分が生き残るためには人間社会が必要で、人間社会が存続するためには人間以外の生物が必要で、人間以外の生物が生き残るには環境保全が必要だってのが本当の所なのでは?突き詰めるとニヒリズムとかなしに環境保全は自分のためなんだよ、

・・・って事を「情けは他人(ひと)のためならず」って
一言で言ってるわけだが。

160 :名無虫さん:05/02/04 00:02:31 ID:???
手段を目的にしてしまうのって楽だよね
考えなくて済むから

161 :名無虫さん:05/02/05 05:34:49 ID:???
環境保全って手段にも目的にもなり得るが。
むしろ、目的を手段視して、
するべきでないから何もしないと居直る方が楽だ。

162 :名無虫さん:05/02/05 18:51:52 ID:???
何もしないより単純反復作業に従事する方が楽
ってこともあるよ

163 :名無虫さん:05/02/20 17:14:40 ID:???
今日は何種ぜつめつしたかな
トラとか今何頭いるとかTVで言うときあるけど5年十年前に比べて確実に発表数減った希ガス
ほとんどの人は動物園にいるから絶滅して無いじゃんくらいの意識だしね

164 :名無虫さん:05/02/27 11:00:30 ID:+xNSm1JV
>>43
甕レスするのもあれだがロンドンの自然史博物館に標本あるし。

165 :名無虫さん:05/02/27 17:19:51 ID:???
絶滅動物の図鑑を見る度に、もっと早くうまれたかったと思う。

166 :名無虫さん:05/03/04 20:34:31 ID:nVrkuZ3q
人間が3億人くらいになればいいのにね。

167 :名無虫さん:2005/03/21(月) 20:17:45 ID:JwTR2/dO
       

168 :名無虫さん:2005/03/21(月) 20:48:23 ID:zrZMKIfw
未開拓の僻地の森とかに、未確認の類人袁ているとおもいますか?

169 :名無虫さん:2005/03/21(月) 22:25:12 ID:eLaHHyFy
>>164
あれはオレも見たよ。考えるに、鶏の羽などを使った複製と思った
が下記のHPにもそのように記してあるね。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~KA-ZU/09.html

本などを読む限り、現存する標本はオックスフォード大に残された
頭部の一部と僅かな羽毛だけ。同じサイトのこのページにも記して
ある。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~KA-ZU/07.html


170 :名無虫さん:2005/04/02(土) 15:32:56 ID:???
●一番お得な解約方法●
・フリーダイヤル0120-151515(午前9:00〜午後10:00/土・日、祝日も受付)に電話する。
・アナウンス「該当する番号を押して下さい」と流れるので、受信料等の「1」を押す
・最近は繋がりにくいがマターリ待つ。オペレーターのおねいさんに繋がる(#´Д`#)
・解約したいと伝えると、理由を聞いてくるので「テレビが壊れた」旨伝える。
  (いつ壊れたか?他に受信機はないか? 購入、修理の予定は無いかと聞いてくる)
  (過去の場合は、さかのぼって料金が返金される!)
・お客さま番号(放送受信料領収書のはがき参照)、住所、電話番号を確認してくるので答える。
・確認が出来たら、書類を送付するので期日までに郵送する旨説明してくる。
  (この時に現在の支払い状況も確認されると思います。)
・送付された放送受信機廃止届を郵送する。(送付期限厳守!) 
             ↓
  放送受信機廃止届がNHKに到着した時点で晴れて解約完了です(・∀・) 

・この場合は、支払過多の料金が戻ってきます。
 例えば10月支払月で1年払い契約の場合、申し出があった今月の分から 9月までの5ヵ月分が、
 引き落とし口座に入金されます。
 入金があるのは、廃止届が届いてから約1ヶ月後だそうです。

※最近はオペレータも簡単に解約させないようにもっていくケースが報告されていまつ。
  心配ご無用!自信を持って毅然とした態度で「撤去した!」と言うだけでOK.
  それ以外のことは言うべからず。何を言われても「撤去した!」これだけで済みます。




171 :チビAyu♪:2005/06/27(月) 18:01:18 ID:???
ぁのぉ、海がめ(アカウミガメetc・・・)の絶滅の理由しらないかなぁ??





172 :りんGo:2005/06/27(月) 20:13:03 ID:bD9x7VMb
初カキコです。あの絶滅危惧の動物を教えてください;;

173 :名無虫さん:2005/06/27(月) 22:51:52 ID:???
┐(´ー`)┌

174 :ぜふ:2005/07/04(月) 04:32:07 ID:???
>>171
絶滅はしていませんが、
アカウミガメ、タイマイなどの減少の原因は恐らく、
開発による産卵場となる砂浜の減少、環境悪化、砂の侵食・流出
定置網、刺し網などの漁業による混獲死
温暖化などの気候の変動による影響
などだそうです。

175 :毀鏤騰:2005/07/24(日) 18:04:48 ID:d+QfVp05
初めてのカキコです。よろ
絶滅危惧種って、メダカとか、ツキノワグマとか、いろいろいますよね。
なかでも、トキは絶滅したのがニュースで流れたのには、驚きました。


176 :名無虫さん:2005/07/27(水) 22:22:10 ID:nxAiylHf
花のなかに住んでいるという、小さな動物の名前を知りたいのです。
どなたかご存じではないでしょうか。お教え下さいませんでしょうか。
その動物は、確か、絶滅を危惧されている…のだったと思うのです。

177 :名無虫さん:2005/07/28(木) 00:58:26 ID:???
>花のなかに住んでいるという、小さな動物
>その動物は、確か、絶滅を危惧されている

そもそも「動物」が住めるような花というが、
体長10cm以上の動物が住めるような大きな花はあまり多くない
あってもすぐ枯れる。枯れそうになるたびにそんな大きな花を
見つけるために移動しなくてはならない

小さな昆虫で、花に潜り込んで暮らし、花の蜜や花粉がなくなると
飛んで移動するのとかはいくらでもいる。
しかし「動物」が哺乳類限定なのか、鳥や爬虫類など脊椎動物全般か、
それとも無脊椎動物も含めた動物界全般か分からん

とにかく脊椎動物全部にして、絶滅危惧種とすると
フクロアリクイは花に住んでいるわけではないが、シロアリを食べる以外に
花の蜜を良く舐める。

鳥で、ニュージーランドのイワサザイは花壇の茂みの中に潜っているらしい
数種いるが、1種は絶滅してしまった

無脊椎動物で昆虫だが、ニュージーランドのウェタ(=オバケハネナシオオコオロギ)
はヨーロッパから持ち込まれたハリエニシダの茂みに潜っている。お陰で
捕食される率が下がり、絶滅を免れている(この種はグロテスクゆえ検索する時は注意)
____________________________________________________________________

妖精がどうたらとか、メルヘン系の人ならちょっと回答できない

178 :176:2005/07/28(木) 21:12:13 ID:???
>>177
10cmよりも小さいほ乳類…だったと思うのです。
(説明不足でした。すみません。)
「と思う」というのは、いつか読んだ本の内容を、うろ覚えだからです。
その本には、変わった動物がいろいろと紹介されていて、
かつ、実在の動物の本でした。…と、記憶しています。

思いつく限りのキーワードで、あれこれと
ぐぐってみましたが、ちらともひっかかってきませんでした。
本の名も著者も覚えておらず、いかんともしがたく、
それでここでお尋ねしてみました。

すみません。ありがとうございました。

179 :名無虫さん:2005/07/28(木) 22:42:51 ID:8C1xNhLd
白人が絶滅に追いやった種は有色人種の1000倍

家畜を飼う為、ハンティングと野蛮過ぎるね

180 :名無虫さん:2005/07/28(木) 23:47:00 ID:???
>178
フクロミツスイかも、と言ってみる

181 :176:2005/07/29(金) 01:51:52 ID:???
>>180
うわぁあ〜!
わたしが探していたのは、それみたいです。
どうもありがとうございます。
感激。うれしい。

花のなかに住んでいる、というのが、
いきすぎた表現だったようですね。
わたしが見た本には、そうあったのです。

177さん、180さん、ありがとうございました。感謝いたします。

182 :名無虫さん:2005/08/03(水) 06:33:26 ID:wZBF8rpY
ホモテリウムはなぜ絶滅したのだろう?
アフリカ、ユーラシアから北アメリカまで分布を広げてることからも明らかなように、
かなり成功した種だった。マンモスの子供を盗むほど狡猾だった。

そしてなぜホモテリウムという名前なのだろう。


183 :名無虫さん:2005/08/03(水) 12:40:09 ID:???
ヘテロで無くホモなのか

184 :電車男:2005/08/08(月) 19:52:56 ID:QDDc3f84
トキは悲しいな

185 :名無虫さん:2005/08/08(月) 21:03:50 ID:???
自殺だもんな

つーかその名前、氏ね

186 :名無虫さん:2005/08/08(月) 22:45:10 ID:cXjIApMl
>>179
>白人が絶滅に追いやった種は有色人種の1000倍

なぜそんなことがおまえにわかる。むかしはアジア、アメリカ大陸にも
たくさんの動物がいたんだぞ。
メガテリウムもマンモスも黄色人種が絶滅させた可能性が高い。

187 :名無虫さん:2005/08/08(月) 22:49:47 ID:???
何で必死なんだよ。

188 :名無虫さん:2005/08/09(火) 02:32:15 ID:ETL9Geos
リアルタイム世論調査:ズバリ!!郵政民営化、賛成?反対?
http://enquete.nechira.com/?mode=vote&vno=24c9bdc2ea1123502940

リアルタイム世論調査:解散で貴方はどの政党に投票するの?
http://enquete.nechira.com/?mode=vote&vno=24c9bdc2ea1123476749

リアルタイム世論調査:郵政民営化騒動であなたの支持政党は?
http://enquete.nechira.com/?mode=vote&vno=24c9bdc2ea1123509577

リアルタイム世論調査:郵政法案 反対した議員って・・・
http://enquete.nechira.com/?mode=vote&vno=24c9bdc2ea1123489462



189 :名無虫さん:2005/08/28(日) 17:16:42 ID:???
『絶滅した動物』で検索したらこのサイトに辿り着いた。

http://www.geocities.jp/zetumetu2005/nendai.htm

絶滅した理由って全部人間が関わっているんだね。
しかもくだらない理由殺したりして。



57 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)