5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

微分方程式

1 :困っています:2005/05/14(土) 14:14:05
微分方程式dx/dt=-μx+αと、dx/dt=4-X`(`=2)の解き方を教えて下さい(>_<)

2 :1:2005/05/14(土) 14:24:15
すいません、自己解決しました

3 :1:2005/05/14(土) 14:29:34
相互リンクです <>;

微分
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/math/1116047672/

4 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 16:02:17
4国

5 :Nanashi_et_al.:2005/05/14(土) 18:16:53
5穀

6 :Nanashi_et_al.:2005/05/15(日) 21:45:39
これから微分方程式を語っていけば良いのか?このスレ。

7 :Nanashi_et_al.:2005/05/16(月) 02:54:23
そうです(>_<)

8 :Nanashi_et_al.:2005/05/16(月) 18:37:42
微分方程式って何?どんなの?教えて。

9 :Nanashi_et_al.:2005/05/16(月) 18:57:37
>>1
削除依頼だしとけよ!!!

10 :Nanashi_et_al.:2005/05/16(月) 20:51:53
たまーに質問であがってきそうなスレが誕生したなw

11 :Nanashi_et_al.:2005/05/16(月) 21:00:40
ライプニッツ詠め
それで全て解決
あと応用

12 :Nanashi_et_al.:2005/05/16(月) 21:08:16
定数変化法で全て解けるって言うのは本当ですか?!

13 :Nanashi_et_al.:2005/05/17(火) 16:19:09
じゃあおまえ定数変化法で微分方程式を全部解いてみろよ。

14 :Nanashi_et_al.:2005/06/21(火) 13:03:45
この意味わかる人教えてください。

P(φ)φは肯定的(またはφ∈P).
公理1.P(φ).P(ψ)⊃P(φ.ψ)^1.(注1.任意の数の連言)
公理2.P(φ)∨P(〜φ)^2.(注2.排他的選言)
定義1.G(x)≡(φ)[P(φ)⊃φ(x)](神)
定義2.φEss.x≡(φ)[ψ(x)⊃N(y)[φ(y)⊃ψ(y)]].(xの本質)^3
(注3.xの任意の二つの本質は必然的に同値である)
p⊃_{N} q=N (p⊃q).必然性
公理3.P(φ)⊃NP(φ)〜P(φ)⊃N〜P(φ)性質の本性より導かれる。
定理.G(x)⊃G Ess.x.
定義.E(x)≡(φ)[φ Ess x⊃N(∃x)φ(x)].(必然的存在)
公理4.P(E).
定理.G(x)⊃N(∃y)G(y),
ゆえに(∃x)G(x)⊃N(∃y)G(y);
ゆえにM(∃x)G(x)⊃MN(∃y)G(y).(M=可能性)
M(∃x)G(x)⊃N(∃y)G(y).
M(∃x)G(x)は、肯定的な性質すべてを含む体系が両立可能であることを意味する。なぜなら、
公理5.P(φ).φ⊃_N ψ:⊃P(ψ)、よって
x=xは肯定的
x≠xは否定的。
しかし、もし肯定的性質の体系Sが両立可能でなければ、(肯定的)
性質sの総和は x≠xになる。
肯定的とは、(世界の偶然的構造から独立した)倫理的美学的な意味における肯定性を意味する。
このときに限って、公理は真である。
それは「私性」(あるいは私性を含むこと)に対する純粋な「属性」^4(注4.つまり、基本的性質の標準選言形は否定形要素を含まない)を指すだろう。
この解釈に基づくと、さらに単純な証明を与えることができる。

φが肯定的ならば、(x)N〜φ(x)ではない。
さもなければ、φ(x)⊃_N x≠x;
よって x≠xは肯定的、つまりx=xは否定的になり、肯定的性質の存在を示す公理5と矛盾する。

15 :Nanashi_et_al.:2005/06/21(火) 13:48:35
で、このスレ何に使うよ

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)