5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■■遺伝子組換え食品は安全■■■

1 :ぴろぴろ:03/01/20 01:24
まったく安全だと思ってます。生徒に説明しても、マスコミの情報に
左右されていて、話になりません。
消毒会社、農薬会社、肥料会社などの策略が成功してしまった観もあります。
とほほ。

306 :農NAME:2005/08/01(月) 00:25:46
>>305
いいサイトありがとう。やはり中国ではまだまだ環境に対する意識が低いって事か。。。


307 :農NAME:2005/08/01(月) 08:21:47
遺伝子組換えは中国だったらあぶないでっすよ。法外で強力兵隊がでるとかあやしい野菜。


308 :農NAME:2005/08/02(火) 08:43:43
>>302

耕作員様は
遺伝子組み換え食品は危険である
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/nougaku/977732274/l50
に出張中。

309 :農NAME:2005/08/02(火) 21:43:06
>>307
藻前はクスリでもやっているのか?あるいはデムパか?

310 :農NAME:2005/08/04(木) 00:12:51
このスレって、デムパ降り注ぐお花畑が点在する中、農水耕作員が右往左往するって感じだよなあ。

311 :農NAME:2005/08/04(木) 12:26:01
安全だよ。組み換え大豆は。

312 :農NAME:2005/08/05(金) 01:04:21
妻に、遺伝子組み換え食品は安全だと言ったけど
どうしても納得してくれなかった。
確かに、世の中に完璧など存在しないのだから
完全に安全だとは言い切れないだろう。
普段から私は科学のウンチクを彼女にたれている。
たいがい彼女は信じるのだが、
この話題に関しては信じてくれなかった。
彼女をそうさせた「不安」はどこから来るのだろうか?

313 :農NAME:2005/08/05(金) 11:18:35
>>312
基本にあるのはGM企業へのウサンクササだろうが、

1.想定外のどんな蛋白が生成されるか詳細不明
2.摂食した動物への検証が不十分(数世代必要)
3.環境汚染を特許で利益に結び付けようとしている

一般的にこんなところかな

314 :農NAME:2005/08/05(金) 11:39:09
>>313
1.どんなタンパクが生成されるかはわかりますよ
2.生成されるタンパクがわかるのだから毒性については検証可能ですよ
3.誤解でしょう。あくまでも特許侵害から防衛するだけです

315 :農NAME:2005/08/05(金) 19:15:49
>>314
GM企業側に立っている人間が、こう簡単に言い切ってしまうから、 かえって
一般人の不安を招いてしまうのです。

1.「人類にとって既に未知の酵素は無い」とおっしゃっているようですねw
2.生成される蛋白の毒性、アレルゲン性、酵素活性を調べる場合、 急性毒性
 だけでなく、世代を重ねた場合の慢性毒性も調べる必要があるとは思われ
 ませんか? 人工胃液や腸液の消化実験だけでは、不安は解消されません。
3.こぼれ種や花粉飛散など自然界への拡散防止策を講じようとしないまま、
 侵害からの防衛を言うのは、本末転倒ではないでしょうか。
 アメリカで自家採種権をめぐって争われているという、GM企業提訴の裁判に
 ついては、どのようにお考えですか?

316 :農NAME:2005/08/07(日) 23:16:31
農薬の方が怖いと思う。

317 :農NAME:2005/08/08(月) 00:02:49
>>315

1. 合成されるタンパクの組成はわかるし、単離も出来るんだから、
未知もクソもないですな。ちゃんと調べられるでしょう。

2. 植物におけるGM由来以外の物質や成分で、同じように世代を
重ねて慢性毒性を検査した例はありますか?また、ある種のタン
パク質が世代を重ねた後になんらかの障害を発生させた例は過
去にありますか?

3. 自家採種を許したら、それこそ莫大な開発費をドブに捨てることに
なるでしょう?著作権侵害でソフト会社や音楽界が受けている損害
を考えてみて。

自家採種権を許すってことは、コピー商品や偽ブランド品を許すことと
同じことですよ?

こぼれ種や花粉飛散については確かにリスクはあるが、過去の
非GM作物で、こぼれ種や花粉飛散によって新種が生まれたり、
生態系が脅かされた例が無いことを考えると、そのリスクは限り
なく小さいと言えませんかね?



318 :農NAME:2005/08/08(月) 00:06:27
>>317
自己レス

念のため

×生態系が脅かされた例が無いこと
○生態系が脅かされた例がほとんど無いこと

に訂正します。

319 :農NAME:2005/08/08(月) 01:07:04
パーシー裁判もジサクジエンで自爆したからなあ。

320 :315:2005/08/08(月) 22:30:14
>>317
1.生体にとって未知なわけですから、遺伝子が異常反応を起こしてから単離したり
 検査しても、間に合わない場合があるのではないでしょうか?
2.GMが自然の営為と同じであると言われたいようですが、同等とは思えないから
 不安なわけです。我々の体内にある細胞のレセプターの機能や種類さえ、未知の
 部分が多いというのに、無闇に食物の遺伝子を変化して大丈夫なのでしょうか。
3.私は開発者の利益より人類の未来、もっと言えば地上の生命の多様性を担保した
 未来の方が大事と考えますが、そのようにお考えにはなりませんか?

>生態系が脅かされた例が無いことを考えると、そのリスクは限りなく小さいと
>言えませんかね?
少なくともヒト以外の生命体が、他の生命にターミネーター遺伝子を組み込もう
などと考えるはずはありませんからw

321 :農NAME:2005/08/08(月) 22:42:13
>>320
1. 生体に入る前に検査するんですが?
2. 導入する遺伝子はもともと自然に存在するものです。また、GMじゃ
なくても遺伝子は様々な要因で変化します。遺伝子の変化を否定しては
進化そのものを否定することになりますよ。
3. たかだかひとつの遺伝子を導入したにすぎないGM作物に人類の
未来や生命の多様性など簡単に脅かされようはずもありません。




322 :農NAME:2005/08/08(月) 23:37:12
>>321
1.生体反応を?
2.ヒトによる遺伝子の恣意的改変は、生物の進化とは言わないと思います。
3.例にあげた米国特許5723765のターミネーターテクノロジー不稔遺伝子
 の花粉の拡散は、種子植物にとって致命的であり、「たかだかひとつの
 遺伝子」と看過できるようなGM技術ではありません。

323 :農NAME:2005/08/09(火) 00:06:48
>>322
1. そうそう。動物実験でね。新規の合成医薬品もそうでしょ?未知の物質
の安全性検査はそうやって行うわけだ。

2. だれもGMを進化とは言っていません。遺伝子の改変を否定することは
進化を否定することだと言っているのです。なぜGMはだけダメで、紫外線や
宇宙線、化学物質や微生物寄生による遺伝子改変はOKなのですか?
生物の変化はこうした要因による遺伝子改変の積み重ねの結果でしょ?

これに比べればGMによるタンパク質の導入など些細な変化でしょ。品種
改良に過ぎない。

3. あなたは看過できないかも知れないが、私は看過できます。w


324 :33:2005/08/09(火) 00:44:32
1.了解。
2.やはり特許がからむ営利事業だからかな。
3.では主観の相違ってことでw
他の人は↓「ターミネータのからくり」どう思いますか?
ttp://www.gaia21.net/org/rafi/terminator-j.html

325 :農NAME:2005/08/09(火) 18:11:50
ターミネーターっていうと無敵なロボット思い出すね^^;

326 :農NAME:2005/08/10(水) 09:30:59
耕作員様のオヤジギャグはおもしろくありませぬ。

327 :農NAME:2005/08/11(木) 23:53:57

●ヽ(´・ω・`)ノ●
●ヽ(・ω・` )ノ●
 ●(ω・`ノ●
  (・`ノ● )
  (●  )●
●ヽ(   )ノ●
 ●(   ´)ノ●
  (   ´ノ●
  ( ノ● )
  ●,´・ω)
●ヽ( ´・ω・)ノ●
●ヽ(´・ω・`)ノ●
●ヽ(・ω・` )ノ●
 ●(ω・`ノ●
  (・`ノ● )
  (●  )●
●ヽ(   )ノ●
 ●(   ´)ノ●
  (   ´ノ●
  ( ノ● )
  ●,´・ω)
●ヽ( ´・ω・)ノ●
●ヽ(´・ω・`)ノ● デオキシリボショボーン

328 :農NAME:2005/08/12(金) 14:33:59
平成15 年12 月19 日に開かれた内閣府食品安全委員会の「遺伝子組換え食品
(種子植物)の安全性評価基準案等に関する意見交換会 議事録」において、意
見陳述人の一人でGMO開発会社のデュポンのバイオテクノロジー部長 
笠井美恵子 氏が面白いことを質問している。

(笠井)導入タンパク質のアレルギー誘発性の評価についてということで、特
に(3)のところで、加熱処理に対して免疫反応性が変化するかどうかを調べ
ることを求めています。
(笠井) ウェスタンブロット法のときに、すでに加熱処理をしますので、いず
れにしてもポリクローナル抗体は、加熱処理してもエピトープのところを認識
しているので、導入タンパク質のアレルギー誘発性の評価という観点からは、
重要な指標とはならないのではないかと思います。
(宇理須) よく分かりました。確かにウェスタンブロットで、電気泳動のと
きは熱処理をして流しますね。しかし、あの熱処理は時間も短くて温度も限ら
れています。それが一つと、電気泳動で流している間にその高次構造はかなり
戻ってきます。加熱処理によって見られるのは、一次構造の変化よりは、むし
ろ高次構造の変化だと思います。電気泳動の事前の処理だけでは不十分だろう。
やはり加熱処理をしたあと、高次構造がどのように変わっているのか、抗原性
がどのように低下しているか、それを見せていただきたいという趣旨で、加熱
処理も入れたと僕は理解しております。

ttp://www.fsc.go.jp/koukan/gmo151219/gijiroku-gmo151219.pdf

ウェスタンブロット法の前処理で加える加熱処理でアレルギー誘発性の評価が
出来るんじゃないかって、どういう素人知識でしょう?この人学位持っていた
と思うけど、いったい何の学位だか?こんな知識でバイオテクノロジーの担当
を名乗って大丈夫かこの会社?

329 :農NAME:2005/08/12(金) 22:19:08
何打このお馬鹿な流れは?

330 :農NAME:2005/08/14(日) 00:09:55
盆休みage

331 :農NAME:2005/08/14(日) 00:12:35
大豆は大丈夫^^

332 :農NAME:2005/08/17(水) 00:26:20
遺伝子組み換えもっと食べよう!

333 :農NAME:2005/08/19(金) 10:26:16
話が全然つづかねーな

334 :農NAME:2005/08/19(金) 12:19:53
>>333
ちみが話をふれ

335 :農NAME:2005/08/19(金) 22:49:37
遺伝子組み換え食品は特定の遺伝子のみを導入しているけれど、
細胞融合によって生まれたオレンジ+カラタチ=オレタチ等は、
どんなDNAになってるか分からないからよっぽど危ないと聞いた。

336 :農NAME:2005/08/20(土) 21:28:41
工作員氏のご帰還か

337 :農NAME:2005/08/21(日) 00:17:12
もうちょっと落ち着いてから認めよう。
10年先か20年先か?
今は危険だがもうでまわっているかもしれない。
注意しながら食べよう。

338 :農NAME:2005/08/23(火) 00:56:08
大豆は大丈夫だろ。いくらなんでももう。

339 :農NAME:2005/08/23(火) 18:15:23
トウモロコシもOK!

340 :農NAME:2005/08/24(水) 09:27:31
何かしらける。

341 :農NAME:2005/08/24(水) 22:14:30
静かになったってことはヴァカ学生のカキコが減ったんか?

342 :農NAME:2005/08/26(金) 08:51:00
■クローン山猫同士に子猫が=米ルイジアナ州
(First kittens for cloned wildcats:8月24日英語版配信分)

【ライブドア・ニュース 08月22日】− AP通信によると、絶滅危惧種のア
フリカヤマネコの雄クローン1匹と雌クローン2匹の間にこのほど、自然生殖
で子猫8匹が生まれた。米ルイジアナ州ニューオーリンズのオーデュボン絶
滅危惧種研究センターによると、これまでマウスなどの実験動物や羊、牛な
どの家畜のクローンの自然生殖はあったが、野生種の動物のクローン同士で
は初めてのケース。雄アフリカヤマネコの“ジャズ”のクローン、“ディトー”
と、雌の“ナンシー”のクローン、“マッジ”と“ケイティ”の間に生まれ
た。

 同センターのベッツィー・ドレッサー部長は、「絶滅危惧種の動物の種の
保存に道が開けた」と述べた。また、同部長は、すでに絶滅した動物の皮膚
を適切に保存すれば、将来、クローン技術による再生や、クローン同士の生
殖も可能になるとしている。同研究センターは、猫類や鳥類のほか、ウンピョ
ウやボンゴアンテロープの種の保存に取り組んでいる。

343 :農NAME:2005/08/27(土) 10:43:33
>>341
単に耕作員様がヴァカンスにお出かけになっただけでは?
日勤教育とか。

344 :農NAME:2005/08/28(日) 19:37:23
TBSのさっきの報道特集で、何かやってたよ

345 :農NAME:2005/08/28(日) 19:57:08
ね、だから遺伝子組み換えはまだきけんがのこってるからもうちょっと待ったこうがいいんだよ。


346 :農NAME:2005/08/28(日) 20:57:22
遺伝子組み換えと進化の課程は速度が違うだけで遺伝子の変化には変わりない。
つまり毒でもないかぎり大丈夫じゃなきゃ弱肉強食は成り立たないと言うことになる

347 :農NAME:2005/08/29(月) 14:32:29
意味不明

348 :農NAME:2005/08/29(月) 15:10:48
つまり人間がDNAをいじっても自然界で長い時間かけた進化も結局同じ事。
害がある訳がない

349 :農NAME:2005/08/29(月) 20:32:43
その通りだね

350 :農NAME:2005/08/30(火) 09:19:31
仮に害があって人間が絶滅したとしても
長い目で見れば「淘汰された」っていうだけ。


351 :農NAME:2005/08/30(火) 09:33:12
害があるかないかより「人間が新しい生き物を作る」事の方がよっぽど問題な気がする。

352 :農NAME:2005/08/30(火) 19:53:11
>>351
それは原始人の考えだよ。人間は発展していかないと!

353 :農NAME:2005/08/30(火) 23:12:08
>>351
だったら犬や猫も問題だよね。

354 :農NAME:2005/08/31(水) 14:32:55
328
外資系は会議ではどんな馬鹿な質問でもしないといけないように教育されている
からこんなこと聞くんだよ。記録が残って恥ずかしいことは知らなかったんだろ
うな。
デュポンもモンサントもまたGMコーンを栽培する申請しているから、どんどん
クレームをつけてやってくれ。
ttp://www.maff.go.jp/www/public/cont/20050830pb_1.html

355 :農NAME:2005/08/31(水) 15:43:39
TVでプロ市民が何処かの大学の試験農場を荒らすのみたけど、
あいつらは、放射線での品種改良は認めてるのか?

プロ市民的には 放射線>被爆する or ぐんくつの音が聞こえる
遺伝子組み換え>くりーん
の方が自然じゃないか?

漏れは、突然変異の表面を見て選別する品種改良よか、何を
弄ったかはっきり解ってる遺伝子組み換えの方が良いと
思うだがな。

89 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)