5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

農薬を減らすと何故米はうまくなる?

59 :農NAME:02/06/24 23:28
化学肥料を多投すれば確かに米はまずくなります。 特に多収を狙って穂肥食わせ過ぎるとかなり味は落ちますね。
これはタンパク含量の差として分析できますね。 食味分析でも使いますし。
また地力のある土地で作ると、少々減肥したくらいでは味は悪いですね。

しかし、有機栽培では堆肥や有機質肥料を使うので、いつまでも窒素成分が効きやすい。 その結果食味は落ちるという事が起きます。
このへんの特性を理解して作りこなせば食味の低下は避けられますが、「有機質肥料をやればよい」式の有機栽培では期待しない方がいいでしょう。

有機栽培の場合、なるべく病虫害が少なくなるように時期を選んでいるから、そのぶん気候的に食味が落ちにくい面はあるでしょう。

私の場合唯一の経験ですが、ほぼ同一に近い条件のほ場で同時期に栽培した慣行栽培と有機栽培(栽培者が自称してます)の米を食味調査で食べ比べましたが、大きな差は感じませんでした。
二重盲検試験まではしていないですが、どちらがどの米かは知らされていませんでしたし、集計結果も大差なかったと記憶しています。
農薬を減らすと米がうまいというのは観念的な思いこみで、実際の所は栽培時期が違うとか他の要因が入り込む余地が大きいので単純な比較では意義が薄いと感じます。

ほかにも米のうまみにはMgが関与していると言いますし、燥調整や炊き方など多くの条件が絡むので、一概に説明するところに無理があるのですが、あえて体験と意見を書いてみました。

# 私の住んでいる地方にも「うまい米」がとれる地域があります。 ここで作られた米は確かにうまいです。
#米の食味は水によって違うと言いますけど、その意味するところは体感的によくわかります。


60 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)