5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【サボリ流家元】森毅【一刀斉】

1 :1:2005/06/30(木) 15:06:08
と、いうわけで森京大名誉教授について語れ!

2 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:07:49
京大にふさわしいリベラリスト。学校体制への批判的著作多数。
「数学のすすめ」シリーズがエッセイ集としてはオモロイ。

3 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:09:47
器用すぎる多面的な秀才タイプ。浅田彰のお師匠様。専門は関数解析
ということになっているが、研究への愚直な努力に欠け、フィールズ賞
向きの性格ではなかったかもしれない。

4 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:11:18
森は森でも森重文ではないんだよね。

5 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:13:57
数学板的に浅田彰はどんな感じ?

6 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:14:41
個人的な印象は「朝飯食ってるかー」 ただそんだけだけど。

7 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:18:10
数学をメタファーとして文系の連中が使うのに寛容な数学者はこの人
ぐらいだったのではないかと思う。基本的にニューアカは「知の欺瞞」
であったと僕は思う(浅田はともかく、中沢は最悪だった)。

8 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:24:13
浅田彰とか中沢新一とか吉本隆明とか
みんな素人騙しのサギ師だから

こいつら高校数学以上のこと知らん

9 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:27:07
吉本隆明が数学を知ったかぶりしたことなんてあるのか?
浅田と中沢が最悪なのはわかるが。

10 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:31:20
柄谷だって数学に関してはゲーデルの一点張りだしね。
所詮知の欺瞞の集まりだなあ・・・。

11 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:31:52
>>9は団塊オヤジ

12 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:33:22
きゃつらゲーデルの定理こそ数学最高究極の定理とか
思ってんだろ

馬鹿どもが

13 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:36:17
哲ちゃんかぶれはみんなそうだよ。まあ生温く見守ろうや

14 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:38:25
>>12
まあ柄谷はそこまで馬鹿じゃないけれど、まあ彼は一種の神秘主義者なん
だよね。倉田令二朗と森毅にやさしくされて大喜びしていたなあ・・・。
なんで文系の連中は基礎論の連中とだけ仲良くするんだろう。


15 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:41:17
>>14
>なんで文系の連中は基礎論の連中とだけ仲良くするんだろう。

なんだオマエも仲良くしてほしいのか?

16 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:42:37
吉本隆明は無罪!

>>12
> ゲーデルの定理こそ数学最高究極の定理

その通り!

17 :14:2005/06/30(木) 15:43:22
>>15
いや、所詮哲学かぶれの人は基礎論にだけ魅かれて、数学の本体については
知ろうと思わないんだな、と思うだけ。

18 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:44:22
森毅を業績主義的に判定できるヤシいる?
数学者としては見るに耐えないとは思うが。

19 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:44:51
一応哲学的にはプラトン的なイデア説とそれ以外っていう大まかな分け方があるみたい。
で、なぜだか知らんけどイデア説は否定しなくてはいけないとか。哲学のイデア否定と
似たような考えを持ったヒルベルトみたいな数学者の構想が上手く行かなくなったとかで、
それをおもしろおかしく取り上げたらしい。つまり最初からラッセルやヒルベルトを
笑いのネタにするつもりだったけで、数学的な対象や実在についてまともに考えるつもりなんて
これっぽっちもないんだね。

20 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:45:57
http://www.ams.org/mrlookup?s3=mori%2Ctsuyoshi&pg3=ICN&s4=&pg4=TI&s5=&pg5=JOUR&ipage=&fpage=&arg3=&format=mrcit&Search=Search

http://www.ams.org/mrlookup?s3=mori%2Ctuyosi&pg3=ICN&s4=&pg4=TI&s5=&pg5=JOUR&ipage=&fpage=&arg3=&format=mrcit&Search=Search

http://www.ams.org/mrlookup?s3=mori%2Ctuyoshi&pg3=ICN&s4=&pg4=TI&s5=&pg5=JOUR&ipage=&fpage=&arg3=&format=mrcit&Search=Search

これが森毅の数学の全業績です.今のご時世なら崩れ確実です。
彼の教授人事では「こんな業績の無いのを教授にしたらだめだ」
という意見が多く出ましたが、でも結局「こんな教授が居ても
いいだろ」という意見が何故か大勢をしめて人事は通りました。

21 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:45:58
>>17
哲学系の連中は基礎論こそが数学の本質だと信じているからでは?

22 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:46:00
大体森毅がどういう論文を書いたのか、そこが知りたい。

23 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:47:48
テレビ的には20世紀のチノキョジン風の風貌をしてたのがよかったのでは。

24 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:50:27
森センセイは数学者というよりは人生を語る芸人だったと言った方が
適切だと思う。

25 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:51:34
>>21
そういうことだね

26 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:52:08
>>20
秋月康夫が強引に教養に引っ張ったんだとか。
当時、森は広い意味では崩れていたのでは?

27 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:54:18
まあ倉田「雲石斉」令二朗と共に、既存の数学者の型を破った数学者ではあった
と思う。器用すぎる浮気性の秀才タイプなのが玉にキズだったと思うが。今でも
著作は時々読み返している。

28 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 15:58:39
>>20
>Mori, Tuyoshi. The social history of mathematics in modern Japan.
>Translated from the Japanese and with notes by J. Fang. Philos.
>Math. 15/16 (1978/79), 88--105 (1981)

これは何やら不思議な「論文」ですねぇ。翻訳だというのだから原文があるはず。
何なんだろう?

29 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 16:00:05
>>26
そういえば、北大数学科を追い出されて職探しにウロウロしていたら、
秋月康夫の世話で京大教養学部に就職できたんだとか言ってたなあ。
北大を追い出されたのは崩れていたからなんだろうか。


30 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 16:07:45
「現代日本における数学の社会史」・・・どう考えても数学史論文としか
 思えんな。佐々木力あたりが書きそうな・・・。

31 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 16:09:51
>>29
森は東大を出てから、北大の功刀金次郎(だったかな?)だかに拾われて
いたが、そこで対立(論文を書かないからか?)が起きて浪々の身になったのでは?

32 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 16:14:32
>>30
掲載誌も怪しい。「Philosophia Mathematica」だからね。
数学の論文ではありえない!

33 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 16:16:40
結局、森毅が書いたまともな数学論文は3本しかないってことか?

34 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 16:19:50
Mori, Tsuyoshi. Topological vector spaces. (Japanese) Sûgaku 12 1960/1961 210--225.
Amemiya, Ichiro; Mori, Tuyosi. Topological structures in ordered linear spaces.
                J. Math. Soc. Japan 9 (1957), 131--142.
Mori, Tuyosi. On the group structure of Boolean lattices. Proc. Japan. Acad. 32 (1956), 423--425.

35 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 16:20:52
>>33-34
Mori, Tsuyoshi. Topological vector spaces. (Japanese) Sugaku 12 1960/1961 210--225

は論文ではなくて『数学』に載せた総説記事。論文といえるのは

Amemiya, Ichiro; Mori, Tuyos
 Topological structures in ordered linear spaces.
 J. Math. Soc. Japan 9 (1957), 131--142
Mori, Tuyosi
 On the group structure of Boolean lattices. Proc.
 Japan. Acad. 32 (1956), 423--425

の2本のみ。合計15ページですね。

36 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 16:23:40
Proc. Japan. Acad.はレフェリーがない?ので、論文は1本。
しかも共著。

37 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 16:25:51
酷いもんだなあ。サボリにもホドがある・・・。

38 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 16:26:57
佐保利流元祖だけのことはある!

39 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 16:27:36
これで京大教授だからウハウハ

40 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 16:29:08
いまなら崩れ確定ではないか!
うらやましい時代だなwww

41 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 16:32:53
一刀斎の一は論文の本数だったのか。

42 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 16:36:29
論文を一盗載 

43 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 16:37:47
あそうそう、森さんは学位を取ってない。
佐保利流家元の資格は確かにあるな!

44 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 16:38:53
流石に浅田彰の師匠だけのことはあるなw。
労力を最小にしてアカポスを要領良く確保するという・・・w
上野先生を恨んでいる崩れたちが怒るか羨ましがるか。

45 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 16:39:28
ということは崩れではないのかw

46 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 16:41:11
森毅に怒る人はいないだろう。
「アカポスゲットはかくありたい」と思うのみでは?

47 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 16:45:31
書く文章を見れば上野先生を遥かに凌ぐ面白さ。
森先生は論文数競争などは超越しておられます。

48 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 16:50:17
真面目で硬い上野先生よりも、数学芸人を演技する森先生が好感をもたれる
のはやはり人徳の差なのか・・・w。

49 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 17:54:31
上野のどこが真面目なんだよ?

50 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 18:00:03
いや、文章だけが糞真面目w。

51 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 18:26:20
何やら使命感と憂いの溢れるクソ真面目な文章を書くのが上野健爾ならば、
アカデミズムと芸能界をつないだ文章を書いて、肩書きの権威に頼らず
数学芸人としてペンで軽やかに人々の前で踊って見せるのが森毅。


52 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 18:45:02
>>51
そうかなぁ。森毅も肩書きに「数学者」だの「京大名誉教授」だのを
付けて喜んでいるようだが。あれをやめればいいんだが。

53 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 18:51:18
上野の真面目さはうさん臭い。
森のイイカゲンさは本物臭い。

54 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 18:53:49
>>53
上野の真面目さは問題の的をはずしている。森のイイカゲンさは
問題の的をそらすかのように見えて、全て問題の真ん中を射抜いて
いる(「学力低下」問題についての両者のエッセイを比較してみよ)。

55 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 18:58:49
>>51
> 何やら使命感と憂いの溢れるクソ真面目な文章を書くのが上野健爾

と言えば聞こえがいいが
本当は独善的で,結局は自分らの利益を主張しているのが
こいつの老かいかつうす汚いところ

56 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 19:03:08
>>54
>「学力低下」問題についての両者のエッセイを比較してみよ

はい。やってみます。とはいっても、森の発言はどこにあるんだ?
上野はあちこちに書き散らしているが、、、

57 :基礎学力なしでやる:2005/06/30(木) 19:34:12
こんなのあった。

ぼく自身は数学少年だったが、戦争中の本のない時代だったこともあって、
古本屋で数学の本をあさってきて、それを解読しようとした。解読というのは、
それを理解するための基礎学力なしでやるよりないから。
これは案外に有効で、研究者になってからでも、専門書を読むとき、
基礎学力を整えてからでは間に合わぬ。教授になって人事を扱うようになってからは、
公募で論文が送られてきても、その分野の基礎学力は大学院生より劣る。
それを用意しようとすると1年ぐらいかかる。
その分野にくわしい知人に教わりに行くのだが、
彼の判断に従っては人事の自主性に反する。自分で判断するには、
専門以外の分野のことでも、その分野の基礎学力なしで議論できなくては困る。
それで、案外に、新しい視点が生まれたりする。
http://www.manavinet.com/special/0401/no3.html

58 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 19:45:49

 教育者として、森毅と上野健爾では格と器が違いすぎる。

 森毅は学生・同僚・社会人の中に数学的・非数学的友人を幅広く持っても、数学的
権威と配下を持とうとしなかった。思想的にはアンチ・ファシストとしてのリベラ
リストとして非国民数学者を自称していた。彼の著作には右翼・左翼の両翼のファ
シストに対する嘲弄を目的としたエッセイと、学校=軍隊ファシズムへの批判的
エッセイが数多く散見される。

 上野健爾は友人を数学会・出版界の各所に政治人脈的に持ち、数学的権威と学会内
政治力のみを持とうとしている。両者は正反対の位置にある。


59 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 20:02:27
>>58
>非国民数学者
なんですかそれは?

>学校=軍隊ファシズム
といいつつ、森もその一部である京大にいた。ファシストの配下でしょ?

>数多く散見される。
数が多いのか、少ないのか?

60 :58:2005/06/30(木) 20:12:44
>非国民数学者
なんですかそれは?

読んで字の如し。

>学校=軍隊ファシズム
といいつつ、森もその一部である京大にいた。ファシストの配下でしょ?

京大の価値はそもそも非学校的学校、リベラリズムにある。(現在の京大が
限りなく東大化=管理化されつつあるのは、この良さが喪失している証拠。)
旧制三高(=京大教養学部)→東大理学部数学科の森と、熊本の公立高校→
東大理学部数学科出身の上野ではここが違う。

>数多く散見される。
数が多いのか、少ないのか?

数多く、あちこちに見てとることが出来るの意。


61 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 21:32:09
業績より学歴で飯を食っているやつらには興味なし。

62 :132人目の素数さん:2005/06/30(木) 22:50:50
リベラリストといえば聞こえは良いが、傍観してただけだからなあ。

63 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 06:51:16
70年代80年代は傍観することに意味があった時代みたいよ。
冷戦も終ってそんなぬるい態度が意味を持つことはありえん
だろうけど。

64 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 21:12:59
まあ、何だかんだいって超安定してる「京大教授」というポストに居ながら
「カッコイイ」事言ってもしょうがないよな。

65 :132人目の素数さん:2005/07/02(土) 03:49:29
>>64
それももともと露骨にコネで就職したわけだしね。

66 :58:2005/07/02(土) 07:04:25
>>64
崩れというポジションなら「カッコイイ」事を言う資格がある?

67 :132人目の素数さん:2005/07/02(土) 07:17:43
京都左京区・冬景色

作詩・歌:北白川さゆり 1番は元気に 2番はしみじみと

1 「上野」発の謎の組織知ったときから
  この世の闇も 知りました
  誰も知らぬ江戸時代 ほじり返せば
  ヒルツェブルッフに ご挨拶
  「研究しなさい」 邦彦も泣いてます
  俺を慕う和夫(あれ)や力(これ)に 息をかければ
  ああ 「文化」と「教育」 俺のもの

2 ごらんあれが博士課程 北部(きた)の崩れと
  見知らぬ農学部生(ひと)が 指をさす
  汗に黄ばむSGA 涙に濡れて
  「穴子はみ出し丼」 食ってます
  さよなら 健爾 私は崩れます
  せめていつか奨学金 返せますよに
  ああ 京都左京区・冬景色

原典:http://science3.2ch.net/test/read.cgi/math/1114085391/311
メロディー:http://www.biwa.ne.jp/~hat-hino/midtugaru.htm

68 :132人目の素数さん:2005/07/02(土) 07:18:24
数学慕情

1 森毅(もりき)の姿 懐かしい 黄昏の 丸太町
  アカデミズムは 弱いODを どうして 鴨にする
  ニヤけた顔で 数学政治 崩れのつらさ 知りもせず
  西村和雄 鬱陶しい 夕焼の高瀬川
2 遠い日の 恩来の情熱が たたずむ 嵐山
  すべて すべて 上野のことが 断じて 許せない
  佐々木とつるんで 数学政治 崩れのつらさ 知りもせず
  若い日は 二度と帰らない 禿頭の桂川
  和算 ソロバン 数学政治 崩れのつらさ 知りもせず
  若い日は 二度と帰らない 暗闇の出町柳

http://www5f.biglobe.ne.jp/%7Efutakoz/versoj/v-sengokayou/kyotobojo.htm


69 :132人目の素数さん:2005/07/02(土) 07:23:46
最悪なのは西村和雄だよね。それに決まったw

70 :132人目の素数さん:2005/07/02(土) 09:27:42
ところで「家庭教師のトライ」の広告には家庭教師業界NO.1と書いているので、
なにがナンバー・ワンなのか良く見ると、小さい字で「週刊ダイヤモンド」02年7月1日発行
「法人申告所得ランキング」よりと書いてあります。要するに儲けが一番ということです。
「家庭教師のトライ」というのは教師に大学生を採用しているのです。
これでは費用を安く抑えることが出来、儲かるはずです。
勿論大学生のアルバイト教師が悪いということではありません。
しかし、西村和雄先生は今の大学生は学力が低く、算数もろくに出来ないと
主張されていましたのに、「アルバイト大学生の家庭教師のトライ」にひどく肩入れをして、
新聞広告にまで登場されているのは「なんでかなあ・・」「なんでかなあ・・」
と思ってしまいます。お金の魔力には勝てないのでしょうかね。

71 :132人目の素数さん:2005/07/02(土) 11:09:37
>上野先生を恨んでいる崩れたちが怒るか羨ましがるか。

崩れたちよ、上野の実像を暴露せよ!

72 :132人目の素数さん:2005/07/02(土) 14:27:54
万国の崩れプロレタリアートよ、団結せよ!

73 :132人目の素数さん:2005/07/02(土) 14:51:54

崩れ旅立ち

1 廃刊 間近の 「数学の楽しみ」
  過ぎ去りし人の夢を 思うとき  帰らぬ人達 熱い胸をよぎる
  せめて今日から一人きり 旅に出る
  ああ 数学分野に   私は 必要ない 人間
  崩れ 旅立ち 夕焼けに 照らされ
  高校の師がくれた 本を道連れに
2 吉田のはずれに 上野は珠弾き(たまはじき)
  千年 のちの 数学 造るのか  私は今から トラウマを癒すため
  壁にチョークで書くつもり 「さよなら」と
  ああ 数学分野に   私は 必要ない 人間
  崩れ 旅立ち しがらみを 断ち切りに
  父が教えてくれた 定理を道連れに
  ああ 数学分野に   私は 必要ない 人間
  崩れ 旅立ち ましな不幸を さがしに
  佐々木力が著した 駄本 破り捨て

http://www5f.biglobe.ne.jp/%7Efutakoz/versoj/v-folksong/iihitabidati.htm

74 :132人目の素数さん:2005/07/02(土) 17:42:36
このじいさん年幾つよ?

75 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 02:28:52
1928年生まれだから 2005-1928=77.

76 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 03:54:01
>581
日本数学会が「間違い理論」に代数学賞を献上!

藤原一宏氏の業績
>谷山ー志村予想についてのワイルズの結果をヒルベルト・モジュラー形式に拡張することを試み、
>これについても著しい結果を出している。とくに、テーラー・ワイルズの方法を公理化した可換
>環論的手法は強力であり、すでに多くの研究者によて利用されている。藤原氏のこの方面の研究は
>ヒルベルト・モジュラー形式に止まらず、多変数の保型形式の理論に大きな影響を与えつつある。
http://www.math.wani.osaka-u.ac.jp/group/numberth/algebra/daisugakusho.html#fujiwara

【名古屋大学】多元数理科学研究科 [Chapter 8]
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/math/1118836592

77 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 03:55:47
>>76
インチキ論文に賞出しちゃった恥は消えねーな!

>日本数学会さんへ

78 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 03:56:18
へー。引用してる人達は藤原定理の正しさを
自分で確かめたんだ。藤原さんはその人達に
証明ミスの修正の四方を教えて貰いなさいな
(爆)

http://science3.2ch.net/test/read.cgi/math/1118836592/448-482

79 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 03:56:41
>452
黒木玄に見せてやりたいね。

ま、これがお前達の体質だよ。自分のお仲間ならば
そうやって擁護しようとして、それが他分野の事に
なれば間違っている、価値が無いと罵るわけだな。
黒木に乗せられて、同様の他分野批判をした砂利が
偉そうにしてるのが数学という世界だ。

------------

>453
>すぐれたアイディア

というならば、間違えた部分を全て取り去り、すぐれたアイディアの
部分を残した論文を投稿せよ。それでも引用して貰えるといいね(爆

山形浩生の馬鹿にも読ませたいよ。

80 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 03:57:04
>459
ふ〜ん。数学者のダブルスタンダードが透けて見えましたな。
お前達のことは信用しないよ。

>税金泥棒の集団さんへ

------------

>482
◎まとめ

>禿藁の間違い論文を元に、20篇を越す新たな間違い論文が
>生産されましたとさwww

>それが数学ですから…(爆)

81 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 03:58:12
>475
サーストンがこんなものが見えたよ、というプレプリントを書くのです。すると力のある
数学者達がよってたかってそれを証明しようとします。そうやって3次元双曲多様体論が
出来上がって来たのです。

------------

>476
ラカンがこんなものが見えたよ、ということをセミナーで言うのです。すると
力のある精神分析学者、哲学者達がよってたかってそれを証明しようとします。
そうやってポストモダン精神分析が出来上がって来たのです。

82 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 04:03:58
>>36
査読はあると思う

83 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 15:18:26
京大教養部で森毅氏が教授に昇進したとき、「なんであんな奴を教授に
するんや?」という事で、理学部数学教室と教養部の亀裂が決定的にな
ったという話を聞いたことがあるけど、さもありなんという感じ。数学
関係者は学生も含め誰も彼を数学者だとは思ってないが、大学の数学教
師をしながら文化評論家として一家を成した人物と認めている人は少な
くない。評論家活動の中で京大教授という肩書を利用していたうさん臭
さは否めないが、それだけの人だったら京大やめて10数年たった80
歳近いオジイちゃんなんて、いくら京大名誉教授だからと言っても誰も
見向きをしないんじゃないかしら。

84 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 15:22:08
【サイエンス】黒木玄先生(東北大)【・ウォーズ】
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/math/1106568412/

85 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 15:50:34
>>83
でも、森先生は上野先生の書くものより圧倒的にユーモラスで鋭い数学記事を
「数セミ」「数学教室」等々に書いておられましたよ。教養の深さでは相当な
レヴェルだったのではないか。教育論も上野先生よりはるかに柔軟だと思う。

86 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 15:59:13
関孝和他の和算流派だのに関する「文化としての数学」なんて観点
も、下平和夫氏などの数学史家などへの言及も含めて、森先生の方が
遥かに先駆的に数セミに書いていたしね。

87 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 16:33:56
なんだ字面の通りじゃないか
教養と学の違いだ

88 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 16:52:55
>>85
そうです。だから、数学の論文がどうのこうのでケチをつけたり、
数学者じゃないからどうのこうのというのは見当違い。教授昇進
も、独自の文化論を背景にした数学教育論で評価されてのことだ
ったと思う。

89 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 18:22:36
昔の教養部や教育学部、工学部だとあまり業績にうるさく無かったのでは。

90 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 21:43:34
>>89
だって昔の教養部の教員は「研究者」という位置づけじゃなかったし。理学
部の教授から見れば、三高改め京大教養部だから、お前らは(旧制)高校教
師と同じだ。研究なんかどうせ出来やしないから教育一筋でやってろって
感じ。しかし教養部としては研究も少しはやろうということで、理学部に比
べて圧倒的に不利な研究条件の下でいろいろやりくりしていたようだ。こん
な調子だったから、森さんに限らず、森さんと近い世代の教養部の(元)教授
で、一生に論文数本でオシマイなんてのはゴロゴロいたみたいだよ。

91 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 21:56:31
理学部の教授連中の研究がなんぼのもんかね。
昔の帝大の大先生たちを思い返してみなさい。

ガウスやリーマンがどっかにいたのかね。
いわゆる業績で名のある人物がひとりでもいるのかね。
みいんな忘れられた連中だ。研究業績なんかないんだよ。


92 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 21:57:44
でたー。「ガウスに比べれば全員糞」厨。

93 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 21:58:59
>いわゆる業績で名のある人物がひとりでもいるのかね。

高木貞治がいるよ。

94 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 22:14:33
何故教養部が解体されたのか?学位も取らず論文も書かず研究もせず
いい加減な講義に明け暮れ翻訳と駄文で暇を潰し偉そうな事ばかり
言っていたこいつのような連中の巣窟として
政府に目をつけられたからだよ。

95 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 22:16:09
でも結局学力低下に拍車をかけてしまったわけだな。

96 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 22:23:01
業績ないのに数学者の看板でよく出てくるうざいやつ
藤原禿一号
秋山人
浪川裸の大将
森じじい

97 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 22:24:44
業績ある人に話聞いても、多分(数ヲタ以外には)面白い事なんも
しゃべってくれないと思うけどね。

98 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 22:37:19
数学について一般受け(お前も含む)する話は研究と両立できなければ
大学辞めてからにしてよ。
何にもしてない奴がポストを占めていること自体が罪。
このオヤジ俺達の税金でいまだに生活してるんだぜ。
おかしくねーか?

99 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 22:42:05
崩れ博士・PD研究スレッド PART2
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/math/1115731497

100 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 22:46:33
禿一号とは
お茶の水のあのキモい
親の七光りの崩れかい?

101 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 22:56:42
>>98
ピュアだねえ。

102 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 23:13:39
毅は年金生活者。税金泥棒。

103 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 23:48:44
>>102
今のところ、年金は税金を拠出して支給しているわけじゃないよ。


104 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 23:56:14
毅は「俺達が拠出した年金」で生活している。年金泥棒www

105 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 23:56:50
森のおっさんのエッセイ読んだんだけど
ちっともおもしろくない

本人は自分はガチガチの数学オタじゃなくて
文化に造詣が深いんだよ,みたいなスタンスなんだけど

数学についてもそんなに知らないんじゃないかな

106 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 23:59:24
数学について広く知ってる奴はそんなにいないし、
研究するにも役に立たない。知識ではなく数学の
各分野に対する広いセンスなら、研究でなら役に
立つなあ

107 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 01:35:18
各分野に対する広いセンスなんて研究で有用でも稼げない。
森はとりあえず稼いだところが立派。
業績主義を捨てて、拝金主義に向かおう!

108 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 09:20:39
拝金主義に向かう崩れたち(〃▽〃)キャッ☆

109 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 09:29:00
業績が残せず金に群がる崩れたち( ・`ω・´)シャキーン☆

110 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 10:46:00
☆ チン
                   マチクタビレター
        ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・)< 崩れさん、論文まだ〜!?
             \_/⊂ ⊂_)_ \_______
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
        |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:| :|
        |           .|/

111 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 10:47:24
この前投稿したが、リジェクトされた。今書き直している。

112 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 10:47:28
崩れ崩れいってんじゃねーぞ( ゚Д゚)ゴラァ!!

113 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 10:59:53
そーだそーだ崩れって言うなYO!ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

114 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 11:21:28
文化に造詣が深い,とか
視野が広い,とか
いうと聞こえがいいけど
この人はたんに薄ぺらい人なだけに見える
いろんなもん読んでると

旧制の高校・大学エリートの自慢話と昔話ばかりで
辟易する

エリートの存在すべてを否定すべきではないけど
この人はその悪い面の典型例

115 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 11:57:00
俺は正反対だな。エリート教育大反対だけど森さんは好きだな。

116 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 12:00:43
むしろこういう余裕のあるエリートがいなくなった今の日本の大学の方が
問題なんじゃないの?上野さんなんて余裕の無いエリートの典型例じゅない。

117 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 12:02:56
 森先生は書くものどれをとっても余裕に溢れている。
『異説数学者列伝』(蒼樹書房→ちくま文庫)なんてケッサクで
 サイコーですよ。

118 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 12:09:03
書くものが柔らかいんだよね。登校拒否問題にしろオタク問題にしろ、
非常に対応が柔らかい。ひきこもり問題だって「まあええやないの」
という感じで処方箋を述べそうな気がする。

119 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 12:14:16
>>117
その本は出てくる数学者が古過ぎる
現代の(または現役の)人たちを出してくれれば
興味深い読み物になるのだが

120 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 12:18:23
僕的には『ボクの京大物語』(福武書店)がエエカゲンで面白かった。

121 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 12:40:37
>>119
現役・・・上野健爾、浪川幸彦、飯高茂・・・とかかな?

122 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 12:47:47
>>121
ではなくて
ドリーニュ・マニン・ファルティングス・ドリンフェルト
等々

123 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 13:32:04
>>121
強烈ないやみですね

124 :124:2005/07/04(月) 18:57:58
1*2=√4

125 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 19:06:11
>>119
森の責任・・・というよりも、数学史家がそういう数学者に
メスを入れられないから。
高瀬や佐々木じゃ、ドリーニュやマニンを語るだけの数学の
力量がないから仕方ないんだけどね。
逆に、彼らを語れる人は個人的なしがらみがあるから、結局は
故人を語るしかできない。

126 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 21:37:01
事実上、二本で立命館の助教授。ウマーー。
30代の後半のはずだが、、、、。 恐るべき有能ぷり。
こんな敷居の低そうな分野でこの論文数とはねえ。
(そもそも、これって数学?)
F藁先生が偉大にみえてきますな。
http://www.ams.org/mrlookup?s3=akahori%2C+jiro&pg3=ICN&s4=&pg4=TI&s5=&pg5=JOUR&ipage=&fpage=&arg3=&format=mrcit&Search=Search

崩れ博士・PD研究スレッド PART2
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/math/1115731497/860

127 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 04:30:10
>森の責任・・・というよりも、数学史家がそういう数学者に
>メスを入れられないから。
>高瀬や佐々木は、上野たちをを語れるけれども、個人的なしがらみが
>あるから、結局は故人を語るしかできない。

上野・浪川・飯高先生たちが故人になることを期待しませう。

128 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 04:34:49
>>125
故人なのに高木貞治も小平邦彦もまともに語る人が出てこないね。
高木はそろそろ出てもいいはずなのに。なぜ出ないんだろう?
弥永先生が自伝出したね。森さんも自伝に挑戦するといいよ。

129 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 04:38:42
5 名前:彌永昌吉著『若き日の思い出』 :2005/07/05(火) 03:44:28
書き忘れたが、彌永昌吉著『若き日の思い出』はなかなか面白い!

目次
1 両親のこと
2 物心のつくころ
3 数学との出会い
4 東京府立四中への入学
5 一高での生活
6 数学者への道
7 三年間の滞欧
8 帰国後

130 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 08:07:41
イヤナガの人生には語るものないだろ。

131 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 08:27:25
☆ チン
                   マチクタビレター
        ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・)< 森さん、自伝まだ〜!?
             \_/⊂ ⊂_)_ \_______
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
        |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:| :|
        |           .|/

132 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 09:43:05
>>130
何という失礼な!長期安定政権を保持した大ボス弥永先生がいかにして
育ったかというのは十分に興味ある問題だぞ!シュヴァレー、アルチン、
ヴェイユなどとの交流があったからこそ、1955年の国際シンポジウムも
開催できた。あのときに、ヴェイユが来日したことの意義は大きい!谷山
や志村に大きな刺激となった。

133 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 09:54:24
>>132
「谷山豊全集」を読むともう
ヴェイユヴェイユのオンパレードだね

134 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 10:30:35
弥永先生の文章で
京都賞でヴェイユが来日したときに
いっしょに食事して
別れの際にヴェイユに

「この次に会うのはあの世になるだろう」

と言われ,電車の中で深い悲しみにおそわれた
というのがあって,すごく感動した.


135 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 10:32:33
日本数学界の3ボス
 
    正田健次郎、秋月康夫、弥永昌吉

136 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 10:58:00
|⊂⊃;,、
|・∀・)  ダレモイナイ…オドルナラ、イマノウチ!
|⊂ノ
|`J
       ♪  ,,;⊂⊃;,、
     ♪    (・∀・∩)   カッパッパ♪
          【( ⊃ #)    ルンパッパ♪
           し'し'
     ♪    ,,;⊂⊃;,、
       ♪  (∩・∀・)   カッパキザクラ♪
           (# ⊂ )】    カッパッパ♪
           `J`J
       ♪  ,,;⊂⊃;,、
     ♪    (・∀・,,,)   ポンピリピン♪
        ((⊂#((⊂)】    ノンジャッタ♪
           し'し'
           カパァー...
     ♪    ,,;⊂⊃;,、
       ♪  (,,,-∀-)   チョーット♪
        ((と__つつ))  イーキモチー♪

137 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 11:05:06
>>132
そういうのを語ることがないというんじゃないの?

シュヴァレー,ヴェイユ,谷山,志村の業績に比してイヤナガは何?
高木御大の後光で海外大物と接触できて国際集会の場を設けただけだ
ったらそりゃ数学者じゃなくて政治家だ。

138 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 12:10:57
>>134
ヴェイユ一流の嫌味か。「お前とは会う必要もない」って
意味なんじゃん

139 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 15:04:44
なんでそういう風にひねくれて解釈するかなあ・・・w

140 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 15:07:39
ヴェイユと岡が話してるときに秋月が声を掛けたら、
数学者でないものに用はないとヴェイユが言ったのは
有名

141 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 15:09:43
つくづくおめでたい人ですなあ。弥永先生って…

142 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 15:18:30
アナレンには崩れのゴミ論文がイパーイ

143 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 15:29:42
>>140
なんでそのような根も葉もないことを真に受けるのやら。
だれがそのような嘘を捏造するのかの方にむしろ興味がある。

144 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 15:30:44
>>143 秋月乙www

145 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 15:42:28
>>134 >>138
京都賞で来日したころのヴェイユはもう見るからにヨボヨボで
支えが必要で一人では歩けないレベルだった。実際、4年後に死去した。
当時のヴェイユが弥永に「この次に会うのはあの世になるだろう」
といったとすれば、自分の(お互いの?)ヨボヨボぶりを嘆いてのことだろう。
当時のヴェイユには数学者としての優越感に浸る余裕はなかった。
受賞講演のテーマも楕円曲線論の歴史だったし。

146 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 15:48:18
>>137
>数学者じゃなくて政治家だ。
弥永は数学政治家として活躍した人物だけど、それが何か?
岩波数学辞典を編纂したのも基本的には弥永の仕事。

147 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 15:49:43
森が誰か知らんが名誉教授はそんなもんだろ、数学界に限らず。
養老は自分の著書で自分のことをヤブ医者と書いてたし。

それとも数学が自分よりできないのにできる風な雰囲気を嫌ってるわけ?

148 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 15:50:28
>>145
それは分かってる。かつての嫌味たっぷりのヴェイユが
こんなことを言っている、ということが感慨深いのもね

>>143
>だれがそのような嘘を捏造するのか


149 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 16:00:59
今わの際のヴェイユがよぼよぼでほとんど数学界のトピックが
理解できない状況だったからといって,いやながのをっさんがヴェイユの
死期が近いことを悟って哀れみを感じたからといって,いやながの
をっさんが何歳になってもぴんぴんしているからといって,
ヴェイユとをっさんを比べたら世間の目にはをっさんの方がずっと哀れ
です。

150 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 16:03:52
>>134 >>149
>をっさんの方がずっと哀れです。
それで泣けたわけやねw

151 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 16:05:23
>コネも作れない、一発凄い仕事もできないじゃあ
>論文10本一流誌3本崩れで終わっちゃうよ、今は。

崩れ博士・PD研究スレッド PART2
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/math/1115731497/848

152 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 16:06:28
>>151
をっさんと崩れを比べたら、崩れの方がずっと哀れですw

153 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 16:13:09
わあ〜〜。盛り上がってますな。

それはともかく、ヴェイユには「京都賞なんてイラねえ」とか
いってほしかった。わざとらしく選定されたものだから。
それでも、ヴェイユは老体にむち打ってもらいにやってきた。
おそらく、娘に残してやる「遺産」が欲しかったからだろう。
やっぱり、当時のヴェイユは哀れだと思う。

154 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 16:21:25
>>152
時代が違うからねぇ…
「哀れ」の意味合いが違うと思われる。

現代のOD,PD,崩れ
苦労した努力と年月が報われずにろくな就職先が見つからない,という
文字通りの哀れ=悲惨

をっさん
地位と名誉と金はあるが,そこそこ数学に通じている人から見れば
超大物師匠の威を後ろ盾に古今東西の大数学者と友好関係を持ち
威張り散らしているだけで本人にはその権力に見合う業績がない
という憐れみ=冷笑,嘲笑


155 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 16:22:04
>>152
崩れ崩れいってんじゃねーぞ( ゚Д゚)ゴラァ!!


156 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 16:36:56
崩れ博士の方でつか?

157 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 16:41:03
一生涯を通じてヴェイユには挫折というものがただの一度もなかったのか。
ぱくられて死刑宣告受けてもそんなん挫折とはちがうでしょ。
・リセで飛び級連発
・エコールノルマルでもトップ
・22歳でPh.D(超一級博士論文でデビュー)
・その後大論文連発,USAで終身ポスト獲得
・最々晩年はさすがにリタイアしたが,晩年まで活発に研究
・クソ論文無し(全集読んだわけではないのだが。)
・時々趣味で極悪な超難解教科書を出版して全世界の数論学生を崩れさす

しいて言えばフィールズ賞のがしたこととセール,グロタンディーク
などに途中から注目を奪われたことか。

158 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 17:11:35
サミュエル・コールマン著『検証 なぜ日本の科学者は報われないのか』
http://home.hiroshima-u.ac.jp/~nkaoru/Coleman.html

> 「クレジット」とは研究業績とそれによって得られる名声・信用である。
> 科学者はそれを元手にさらなる研究業績(クレジット)を積み上げて
> キャリア・アップを目指す。このサイクルに乗って、巨額の研究費を獲得し、
> 大規模な研究施設で多数の優秀なスタッフを率いてビッグサイエンスの
> リーダーとなる科学者もいるだろう。一方、努力したにもかかわらず、
> ある段階でサイクルから落ちこぼれてしまう科学者もいるだろう。自由な
> 資本市場では、チャンスをいかす才覚と資本が成功の鍵であるのに似て、
> 科学の世界では科学者としての能力と研究業績が成功の鍵である、という
> わけである。そして、クレジットサイクルが健全に機能するには、能力と
> 研究業績以外の要因 - 例えば、慣習、政治(力)、ジェンダー、人種など
> - が関与してはならない。自由な競争という前提条件が損なわれてしまう
> からである。
>
> 日本の科学界では、クレジットサイクルは機能しているだろうか。
> 優秀で勤勉な科学者が多数存在し、アメリカには及ばないにせよ、毎年
> 多額の研究資金が投ぜられている日本の科学が、世界のトップとは言えないと
> 自他ともに認めざるを得ないのは、クレジットサイクルを阻害するさまざまな
> 要因が存在するからだ、というのが著者の分析結果=診断である。
>
> どのような要因がクレジットサイクルの働きを阻害しているのか。科学界を
> 含めて我が国全体の雇用慣行となっている終身雇用と年功序列が、科学者の
> 移動を抑制するとともに組織の硬直化を促しており、また、文部科学省を
> 頂点とする官僚統制と大学の講座制に代表される職階制が、大胆で柔軟な
> 研究の展開を妨げている、と著者は論ずる。これらのいくつかの要因が
> クレジットサイクルを阻害しているために「日本の科学者は報われない」
> ことになってしまうのである。

159 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 17:14:12
>>157
>フィールズ賞のがしたこと

これはまぁ、戦争のせいでしょうね。ヴェイユ(1906-1998)の
受賞のチャンスは1回目(1936年)のみ。2回目は1950年だから40歳を超えていた。
しかし、1936年の時点ではヴェイユはモーデル予想に挑戦中の身で、
評価は低く、遺憾ながらアルフォースとダグラスにさらわれた。

160 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 17:15:33
クレジットサイクルが健全に機能するには、能力と研究業績以外の
要因 - 例えば、慣習、政治(力)、ジェンダー、人種など - が
関与してはならない。自由な競争という前提条件が損なわれてしまう
からである。

161 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 17:24:53
>>154
>威張り散らしている

これは全然違う。弥永は威張るタイプではない!むしろ非常に低姿勢な
印象さえある。天皇のような存在だったかと。天皇にはろくな学問業績
はないが、不思議な権威がある。命令はしなくても周囲がそれと察して
行動する。弥永もそうした存在だった。崩れつつあった佐藤幹夫を発掘・
支援してあそこまでに育てた功績は評価すべきだ。

162 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 17:29:39
>>160
「クレジットサイクルの健全な機能」などは幻想。
「自由な競争」などというのは嘘。そのようなことはありえない。

163 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 17:48:37
なんで数学板の個人スレや崩れスレには
同じコピペが何度も貼り付けられるんだ?


164 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 17:56:57
同じ崩れが常駐してるからだろ。

165 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 18:56:43
もし、崩れがみな2ちゃんから去れば、平和にはなるがつまらなくもなりそう。
常駐崩れの存在が2ちゃんを活性化している気がする。

166 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 21:40:12
アナレンには崩れのゴミ論文がイパーイ

167 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 21:46:23
ゴミが喋るな

168 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 21:47:28
>>167
ヴェイユ乙w

169 :169:2005/07/05(火) 21:47:54
√(169) = 13


170 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 22:02:09
荒しとコピペは2ちゃんの花。
でも、ウザイと思うときもあるから、空気嫁>崩れ

171 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 00:48:57
>>153
あの口の悪いエラそうなおっさんが、こんなヨボヨボのジジイ
になりやがったか。ザマアミロ!と溜飲を下げた数学者って
いなかったのかしら。

172 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 01:11:20
崩れ博士・PD PART3【コネの造りしもの】
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/math/1120573848/

173 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 02:12:22
>>171
しかし、ヴェイユときたら、受賞講演の最後の方で、ワイルズの
仕事(フェルマー予想の解決)をこき下ろしていたぞ。
ヨボヨボになりながらも、闘志は消えていなかったような。

174 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 04:32:25
|⊂⊃;,、
|・∀・)  ダレモイナイ…オドルナラ、イマノウチ!
|⊂ノ
|`J
       ♪  ,,;⊂⊃;,、
     ♪    (・∀・∩)   カッパッパ♪
          【( ⊃ #)    ルンパッパ♪
           し'し'
     ♪    ,,;⊂⊃;,、
       ♪  (∩・∀・)   カッパキザクラ♪
           (# ⊂ )】    カッパッパ♪
           `J`J
       ♪  ,,;⊂⊃;,、
     ♪    (・∀・,,,)   ポンピリピン♪
        ((⊂#((⊂)】    ノンジャッタ♪
           し'し'
           カパァー...
     ♪    ,,;⊂⊃;,、
       ♪  (,,,-∀-)   チョーット♪
        ((と__つつ))  イーキモチー♪

175 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 10:31:26
弥永賞が春季賞・秋季賞に変わった件について

176 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 10:36:45
>>175
それはイヤ永さん本人が自分の名前を冠するのは
やめてほしいという強い希望があったそうだよ

177 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 15:51:46
弥永先生の著作というと・・・

   『幾何学序説』岩波書店
   『現代数学概説1,2』
   『数学者の世界』
   『数の体系』上下、岩波新書
   『Collected Papers of Syokichi Iyanaga』Iwanami Shoten Ltd.

などがすぐに頭に浮かぶ・・・
  

178 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 16:38:51
岩波書店=いやなが書店

179 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 19:09:15
東京商船大学の彌永健一教授の業績は如何に?

180 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 21:01:04
2代に渡って業績なしです。ただし親父の後光で誰が訳してもベストセラー
間違いなし(ただし数学書の世界でね)のセール数論講義を和訳して
はります。よかったね,おぼっちゃん。

181 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 21:06:48
彌永健一教授は浩宮のようなものかw

182 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 21:11:37
あの家系はアンタッチャブルでした。2ちゃんが始まるまでは…


183 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 21:17:16
ベルヌーイ一族みたいにはうまくいかんよ。

184 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 21:28:11
小平先生を叔父に持つなんてスゴイよなあ・・・。日本最強の数学家系
なわけだ、弥永+小平ファミリーは・・・。

185 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 21:35:22

おまえら ブランド志向の オバカギャル みたいだな


186 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 21:35:42
>>184
岩澤 + 伊原 ファミリーもあるよ

187 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 22:07:00

おまえら ブランド志向の オバカギャル みたいだな

気取って下げている その ビニールバッグ

それは、そこのスーパーの買い物袋に ロゴを入れてる

だけなんだよ。


188 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 22:22:20
間の抜けた低脳な書き込みで言われてもねーー。w

189 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 22:33:17
コピペだろ。

190 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 22:41:58
嫌な画ショーは秋季賞創設のために消えた。秋季賞は三輪神保のために
上野が作った。だから秋季賞はおまけ。

191 :132人目の素数さん:2005/07/06(水) 23:05:56
>188

正しくは、「 低 能 」

と、使いこなせないやつは、まさに ・・・

おいらは こんなやつらの 相手はしない象 パオ〜


192 :132人目の素数さん:2005/07/07(木) 01:47:19
漏れは兄弟Bコース生。常々、思ってたこと書いちゃいます

The 数学者
給料安い、雑用多い、キモイ
すなわち、人生の負組み代表

193 :132人目の素数さん:2005/07/07(木) 07:17:04
ヴェイユよりセール。セールよりグロタンディーク。グロタンディークよりドリーニュはないな。

194 :132人目の素数さん:2005/07/07(木) 08:33:17
ドリーニュの弟子でいちばん活躍してる人ってだれ?

195 :132人目の素数さん:2005/07/07(木) 09:08:21
>>194
弟子といえば弟子なのはヴォエヴォツキー(Voevodsky)かも。
IASの教授です。

196 :132人目の素数さん:2005/07/07(木) 10:23:13
Deligneは大学で教えてないから正統な弟子は存在しない。

197 :132人目の素数さん:2005/07/07(木) 10:29:30
>>195
あれは弟子というのはとかなり違う
数学的な思想の継承者ではあるけど

198 :132人目の素数さん:2005/07/07(木) 10:34:46
ボボツキーがIASにいたときに見出したのが、どりにゅだという話ではないの?

199 :132人目の素数さん:2005/07/07(木) 12:16:43
Miles Reid氏の指導教官にSwinnerton-Dyerと一緒に名前が並んでいるが、Reid氏だけかな弟子は

200 :132人目の素数さん:2005/07/07(木) 19:04:33
>学会や研究集会で株を上げておくことが大切。
つまり、学会や研究集会でコネを作れと言う訳ですなあ。
研究の良さを知りたきゃ、論文読む方が早いからな

201 :132人目の素数さん:2005/07/07(木) 19:09:08
そもそも IAS で Ph.D は出さないんだろ
だから公式の弟子はいないことになる

202 :132人目の素数さん:2005/07/07(木) 19:12:49
ドリーニュは論文以外の
教科書やサーヴェイやインタビューや
雑文など,いっさい書いていないね

だから,生の声が聞こえてこないというか,
どーいう人かよくわからない

203 :132人目の素数さん:2005/07/07(木) 20:00:53
>>201
IASは学位出せるらしいが、大学院としてつかわれたことはないとのこと。
たぶんこれからもない。

204 :132人目の素数さん:2005/07/07(木) 21:24:36
http://www.mym-hp.com/user-cgi-bin/himabbs/tinies.cgi?room=13579
あげ

205 :132人目の素数さん:2005/07/10(日) 13:17:13
|⊂⊃;,、
|・∀・)  ダレモイナイ…オドルナラ、イマノウチ!
|⊂ノ
|`J
       ♪  ,,;⊂⊃;,、
     ♪    (・∀・∩)   カッパッパ♪
          【( ⊃ #)    ルンパッパ♪
           し'し'
     ♪    ,,;⊂⊃;,、
       ♪  (∩・∀・)   カッパキザクラ♪
           (# ⊂ )】    カッパッパ♪
           `J`J
       ♪  ,,;⊂⊃;,、
     ♪    (・∀・,,,)   ポンピリピン♪
        ((⊂#((⊂)】    ノンジャッタ♪
           し'し'
           カパァー...
     ♪    ,,;⊂⊃;,、
       ♪  (,,,-∀-)   チョーット♪
        ((と__つつ))  イーキモチー♪

206 :132人目の素数さん:2005/07/19(火) 17:21:40
弥永先生の「数の体系」の「数」は「かず」ですか?それとも「すう」ですか?

207 :132人目の素数さん:2005/07/20(水) 02:50:39
「すう」でも「かず」でもいいけど弥永じゃなくて彌永だ。

208 :132人目の素数さん:2005/07/21(木) 01:08:13
「先生! ちゃんと出席をとって成績に反映させてください。
「ほーかほーか。 じゃ、ちゃんと出席してるのに試験ができんかった人は、救いようがない、ってことで落とすよ。
「…。

209 :132人目の素数さん:2005/07/21(木) 01:21:31
ハァハァ

210 :132人目の素数さん:2005/07/21(木) 01:26:40
ハァハァ


211 :132人目の素数さん:2005/08/05(金) 18:49:58
352

212 :132人目の素数さん:2005/08/08(月) 15:43:12
>>176
ほんとか
秋月康夫が死んで遺族が基金を数学会に使って欲しいと言ったから
発展解消したんじゃないの

52 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)