5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

三村護に翻訳させない会

1 :132人目の素数さん:2005/05/22(日) 12:20:50
を結成したいと思うのですが、
いかがでしょうか?

2 :132人目の素数さん:2005/05/22(日) 12:31:20
2

3 :132人目の素数さん:2005/05/22(日) 12:35:06
3

4 :132人目の素数さん:2005/05/22(日) 12:36:55
4

5 :132人目の素数さん:2005/05/22(日) 12:37:53
5

6 :132人目の素数さん:2005/05/22(日) 12:47:12
6

7 :132人目の素数さん:2005/05/22(日) 12:52:03
7

8 :132人目の素数さん:2005/05/22(日) 13:01:57
8

9 :132人目の素数さん:2005/05/22(日) 13:07:35
9

10 :132人目の素数さん:2005/05/22(日) 13:25:31
彼の訳のどこが不満なんだ?
原著を読めばいいだけのことだと思うが。

11 :132人目の素数さん:2005/05/22(日) 13:31:05
(´・∀・`)ヘー

12 :132人目の素数さん:2005/05/22(日) 13:32:34

33 :∃nglishSuperStar ◆8abJUqL00s :2005/05/22(日) 06:18:37
>>29
そこだ。学部ノートを理解するためには学部になければならないだろう。
オレは数学ができるというほどできるわけでもないが、それでも”学部ノートの類”を理解するくらいの力はある。
しかし同じことを日本語の数学界に属していない人間ができるかというとそれは違う。
オレが英語圏に感動したの「何にも属してないやつでも1からわかるように書かれている」というその親切さだった。
オレが幼い頃教師に「この数学の答えはどうしてこうなるの?」尋ねても厳密な答えが返ってこなかった。
かといって、難解な数学の公式集をよんで自力でわかるほどの天才であるはずもなかった。
それが、英語の数学界ではちゃんと実現されているんだよ。英語のネットには幼稚園から初めて、
大学学部課程まで、それ以上まで独学できるだけの知識が全部ある。それがいい。
オレのその感覚って、個人的なものだけど、わかるやつには共感できると思う。
それを否定できないだろ。残念ながら、日本のネットには確かにそれはないんだからな。

>>30
数学ができる人間は必ず英語も出来る。やり方が伝わってないだけ。
もしわからないようなら、日本語で学ぶ英語を一端捨ててみな。
数学と同じ方法で、1から学べる。英文法なんて、公式を理解よりは簡単な構造なんだよ
日本語の英語教師のいうことなんて気にするな。

>>31
”金かけなきゃなにかを成し遂げられないのなら、 それは一流じゃないってことなんじゃ。”
日本や韓国、中国の人はこの論法を良く使うようだな。”〜じゃないなら一流じゃない。”
しかしこれは、まったく論理的にも数学的に通らない。根拠のない煽りにすぎない。
日本の数学システムが優れていることも論証できていない。
そういう感覚でやってるやつは、いっちゃ悪いがクズだ。証明できない主張なんてな。

  ようはこの流れ。

13 :132人目の素数さん:2005/05/22(日) 19:02:42
蟹江よりマシ

14 :EnglishSuperStar ◆txdWhFZpeE :2005/05/22(日) 19:45:22
>>12
お前になにがわかるというのか

15 :132人目の素数さん:2005/05/22(日) 19:50:28
数学書の翻訳なんぞ不要だよ
それよりも洋書にしろ日本書にしろ
高過ぎるのが問題

pdf なり dvi なりにして
無料か格安でデータで公開しろよ
流通コストと製本コストがはぶけるんだから

16 :132人目の素数さん:2005/05/22(日) 19:53:59
>洋書にしろ日本書にしろ

洋書にしろ和書にしろ

17 :132人目の素数さん:2005/05/22(日) 20:05:00
特殊関数の洋書は75ドルもしていた。講師の院生がかわんでええと
いっていた。板書で終わった。米のぼう大学の話。20ドル越えたら
暴利です。

18 :132人目の素数さん:2005/05/23(月) 12:27:17
不買運動すればいいじゃん!?
新刊(?)の「位相幾何学講義?」は
彼の訳としては珍しくよみやすいものに仕上がっていた。
ドイツ語だったからか,それとも数多くの下役があったからか?


19 :132人目の素数さん:2005/05/25(水) 10:34:55
>>18
大学院で幾何を専攻しているものとして、
幾何を本気でやってる人は自然と買わないようになってると思う。
その意味では実害は少ないかもしれないけど、三村護が翻訳することで、
ちゃんと訳してくれる人(日本語の本として読める文をかける人)が
まともな訳の本を出してくれる機会を奪っていることがちょっとね・・・
出版社も「三村護訳」で出すことの(商売上の)デメリットを考えた方がいいと思う。
大学でも、三村の訳なら絶対に買わないって人、結構多いし。


20 :132人目の素数さん:2005/05/26(木) 05:34:40
具体的に三村がどんな誤訳をしているのか
説明してくれ

21 :基礎資料:三村護の訳書:2005/05/26(木) 08:19:35
数学=創造された宇宙(スタイン)三村護・三辺ユリ子共訳(上・下)紀伊国屋書店1977
不確実性の数学(クライン)三村護・入江晴栄訳(上・下)紀伊国屋書店1984
微分位相幾何学(Guilleminほか)三村護訳 現代数学社1998
無限の彼方へ(マオール)三村護・入江晴栄訳 現代数学社1989
数学点描(シェーンベルグ)三村護訳 近代科学社1989
ホモトピー論(Fomenkoほか)三村護訳編 共立出版1989
幾何学講義(Rees)三村護訳 共立出版1992
ホモトピー論(フー)三村護訳 現代数学社1994
曲面と3次元多様体を視る(ウィークス)三村護・入江晴栄訳 現代数学社1996
微分幾何学とトポロジー(Fomenko)三村護訳 共立出版1996
微分形式と代数トポロジー(ボットほか)三村護訳 シュプリンガー1996
代数的位相幾何学入門(フルトン)三村護訳(上・下) シュプリンガー2000
ファイバー束(フーズモラー)三村護訳 シュプリンガー2002
位相幾何学講義(ザイフェルトほか)三村護訳 シュプリンガー2004

22 :132人目の素数さん:2005/05/26(木) 08:44:05
>>21
三村君、最近はもっぱらシュプリンガーの専属「翻訳マシーン」になってるね。
しかも、その「マシーン」が欠陥品だというわけだね。
シュプリンガーもまた欠陥品だからしかたないか。
そういえば、伊原君のつまらん「自慢式説教本」を出してましたね。
あれは「晩節汚し本」でもあるが、タイトルがまた最悪。
偉い先生の出す本ではないよ、あれは。

23 :132人目の素数さん:2005/05/27(金) 10:27:57
>>20
誤訳というより、超直訳。
数学辞典と英和辞典があれば普通の大学受験生(理系に限らず)
なら十分に出来そうなレベルの文章。
原書では「分かって欲しい」という感じのところも、
三村マジックにかかると文章構造を把握するのに一苦労。
今は訳本と原書の両方を持ってる訳じゃないから具体例は書けないけど、
幾何の人(で三村護以外)に評判を聞けばいい評価は聞かないと思う。


24 :132人目の素数さん:2005/05/27(金) 10:55:52
>>23
Yahoo!翻訳でやってんじゃないかという説がある

25 :132人目の素数さん:2005/06/14(火) 13:51:01
>>23
まさに、「三村マジック」の名に相応しい訳ですね、彼のものは!
何たって、徹底的に彼の訳文を読み解いていくと、原文そのものが
頭の中で立ち上がってきて、それを元に文意を確認する羽目になるんですから。

26 :132人目の素数さん:2005/06/14(火) 14:01:48
みなさん知らないんですか?
三村はメイクミラクルする男ですよ

27 :132人目の素数さん:2005/06/14(火) 14:30:45
この人のか知らないが、翻訳版だと誤植が直っていたり、古いのだと特に
原書と違ってTeX打ちになってたりして読みやすかったりする場合もある。
あと親切な訳注がついてたり。

28 :スパンコール長十郎:2005/07/01(金) 14:50:05
三村訳本摑まされた後遺症で、
シュプリンガーの邦訳本は買う気が起きない!
(シャハレビッチの「代数学…」も、あまり良くない!)

29 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 16:52:11
シュプリンガーは自分の所(本社?)の本の訳本を出すことで
著作権を節約することも多いね。三村以外にも蟹江という翻訳マシーン
がいるよね。この人の翻訳には問題はないの?スレ違いだけど。

古典力学の数学的方法 / アーノルド著 安藤韶一, 蟹江幸博, 丹羽敏雄訳 岩波書店, 1980
カタストロフ理論 / アーノルド著 蟹江幸博訳 現代数学社, 1985
解析教程 / ハイラー, ワナー著 蟹江幸博訳 上・下 シュプリンガー東京, 1997
微分トポロジー講義 / ミルナー著 蟹江幸博訳 シュプリンガー, 1998
数学名所案内 / トス著 蟹江幸博訳 上・下 シュプリンガー・フェアラーク東京, 1999
数理解析のパイオニアたち / アーノルド著 蟹江幸博訳 シュプリンガー東京, 1999
数論の3つの真珠 / ヒンチン著 蟹江幸博訳・解説 日本評論社, 2000
代数学とは何か / シャファレヴィッチ著 蟹江幸博訳 シュプリンガー東京, 2001
天書の証明 / アイグナー, ツィーグラー著 蟹江幸博訳 シュプリンガー東京, 2002
黄金分割 / ヴァルサー著 蟹江幸博訳 日本評論社, 2002
シンメトリー / ヴァルサー著 蟹江幸博訳 日本評論社, 2003
古典群 / ワイル著 蟹江幸博訳 シュプリンガー東京, 2004

30 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 16:59:10
そこまで読みにくいと思ったことは無いような.
一寸十字架マークがアレだけど.
というか蟹江さんの場合は,ロシア語を訳せる
関係で,というのもありそうなんだが.

ときに,誰か悪訳の例を引用してくれないだろうか.

31 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 17:06:44
訳本でかせい出んなー!!!

32 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 17:10:44
>>29
アーノルドのものの翻訳は悪くなかったような

33 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 17:18:08
しかし俺は数学の専門書で
翻訳の良し悪しなんて
ほとんど気にならないけどなあ

みんなよく見てるな
原文と比較でもしてんのか?

34 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 17:24:17
>>33
意味の通らない訳文に出会うと原文を参照することが多い。
そうすると、多くの場合、誤訳だと確認できる。

35 :30:2005/07/01(金) 17:29:29
>>33
俺はあまりしてない.
まあ,Smullyanの翻訳がまずいと思ったことはあるが.

36 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 17:53:04
日本語として筋が通り、数学的な嘘がなければ、誤訳かどうかは
わからならない。三村の場合は日本語として破綻しているのでバレる。

37 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 17:56:55
>>36
> 三村の場合は日本語として破綻している

そりゃ外国語力とか数学力以前の話で
日本語力の問題だな

数学以前に国語が大事

という藤原正彦の主張が実証されたな
もっとも若者でなく老人の学力低下だが

38 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 18:25:42
意外と英語の論文とかはまともかもね
あるいは出来の悪いアルバイトに訳させているとか

39 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 18:50:12
アーノルドの訳を見ると、蟹江さんは物理をまったく知らない人
なんだなあというのが分かる。

40 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 18:55:53
どこかではエプシロンボルトだし

41 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 19:02:55
編集屋をスルーさせるくらい解読不能な文字という事か。

42 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 19:10:07
編集者の校正になんかまったく期待できない
編集者は膨大の量の原稿をあつかっているから
いちいち内容の細部や誤字なんて見ていられない
見ているのは主に体裁

43 :132人目の素数さん:2005/07/01(金) 19:22:39
エプシロンボルトってeVのこと?

数学の本はおかしなことに,誤植が
多少増えるだけで読むのにかかる時間が
倍増するからなwww

44 :テスト期間中高2:2005/07/01(金) 19:26:27
x2+2x-1を複素数の範囲で因数分解せよ。
って問題なんですケド・・・



45 :テスト期間中高2:2005/07/01(金) 19:28:35
自己解決しました(><)

46 :132人目の素数さん:2005/07/03(日) 13:07:33
>>36
訳者後書はこなれた文章なので、彼の場合、
英語を読むと、悪しき学生時代の「英文解釈」の時にしか通用しない
奇妙な日本語に化してしまう、というところではないのかなあ?
>>42
あそこの編集者は、担当部門に関する基礎知識ももっていない。
よって、校閲は無理! (手伝いで原稿チェックしたことあるが、
ここぞとばかり赤入れすぎて、訳者の逆鱗に触れたことがある。)

47 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 15:06:48
>>43  正確には
http://133.67.72.110/~kanie/tosm/bnalge/err_cor.htm

48 :132人目の素数さん:2005/07/04(月) 20:09:31
イプシロンボルトはちょっと酷いなあ

49 :132人目の素数さん:2005/07/05(火) 12:51:25
どうやってそんなこと書けるか想像もつかない

50 :132人目の素数さん:2005/07/11(月) 14:51:17
>>30>というか蟹江さんの場合は,ロシア語を訳せる
>関係で,というのもありそうなんだが.
ろしあごだとごやくがばれにくい
>>39蟹江さんは物理をまったく知らない人
>なんだなあというのが分かる。
えいごをやくしてしまったのですうがくもえいごもしらないことがばれた


51 :132人目の素数さん:2005/07/11(月) 17:10:50
エプシロンボルトていどのまちがいで
うだうだいわれてもな

君たち本1冊訳してごらん
こんなまちがい程度じゃ済まないから

いくら注意深く訳そうとも
それこそおびただしいまちがいが出てくる

52 :132人目の素数さん:2005/07/11(月) 17:38:58
>君たち本1冊訳してごらん
>こんなまちがい程度じゃ済まないから

はじめから粗雑をめざしてるかにえさん登場

>いくら注意深く訳そうとも
ちゃんと訳してからえらそうなこといえよ



53 :132人目の素数さん:2005/07/11(月) 17:44:27
>>52
は? 馬鹿かおまえは

たとえば300ページの本を
誤字なしで訳すことは誰にとっても
ほとんど不可能に近いといってるんだよ

むろん俺にもできんといってる

54 :132人目の素数さん:2005/07/11(月) 17:50:24
誤字と誤訳を混同するアホ

55 :132人目の素数さん:2005/07/11(月) 17:52:13
>俺にも
プッ おまえ何様

56 :132人目の素数さん:2005/07/11(月) 17:52:49
>>54
誤字でも誤訳でもいいけど
本1冊で何万ワードあると思ってるんだ?
それを一字一句正しく訳すことになんの意味があるんだ?

それこそ円周率を何万ケタ暗記して得意になってる
イタいおやじといっしょだろ

57 :132人目の素数さん:2005/07/11(月) 17:54:58
良心があれば紙くずのような
翻訳をだすことは
誰にとっても
ほとんど不可能に近い

58 :132人目の素数さん:2005/07/11(月) 18:01:59
51=53=56
これがほんもののかにえかあ

59 :132人目の素数さん:2005/07/11(月) 18:07:52
>56はなにを得意になってるのでしょうか?

60 :蟹江:2005/07/11(月) 18:09:00
>>57
良心がどうした!
俺にはそんなものはない!
誤訳誤訳と騒ぐ愚か者どもめが!
全体で数箇所のミスなど何の問題もない!

61 :蟹江本人:2005/07/11(月) 18:12:56
良心がどうした!
俺にはそんなものはない!
誤訳誤訳と騒ぐ愚か者どもめが!
全体で数万箇所のミスなど何の問題もない!


62 :132人目の素数さん:2005/07/11(月) 18:22:40
結論
誤訳くらいじゃ死なないんだからやったもんがち
くやしかったら印税生活やってみな
って

63 :三村:2005/07/11(月) 18:25:22
>>62
君、いいこというじゃないか。
もっとも、ぼくなどは、真心をこめて翻訳にあたっているので
誤訳があろうはずもないが。

64 :根上:2005/07/11(月) 18:31:38
三村先生と蟹江先生ばかりが話題になっているようだが、
ぼくも良心的な翻訳者としてはちっとは有名なはずだがな。
シュプリンガー・フェアラーク東京が誇る良心的翻訳マシーン
根上生也を忘れないでくれたまい!
http://www.ngm.edhs.ynu.ac.jp/negami/index0.html

65 :132人目の素数さん:2005/07/11(月) 18:34:13
>>62>>63
そうだよね
ヒドイ翻訳だしたって
誰かは知らずに買うんだし
仮にマイナーなところの
書評で指摘されても
そんなのすぐ忘れられるよ
俺?敢えて名前は伏せるけど

66 :根上:2005/07/11(月) 18:40:23
>>65
これ、ぼくが書いたんじゃないからね。

67 :132人目の素数さん:2005/07/11(月) 18:43:05
>>66
なるほど根上君は
三村や蟹江とは一線を画して欲しいと言っているんだな

68 :根上:2005/07/11(月) 18:47:23
そうそう。あんないいかげんな連中に翻訳させる本があったら、
ぼくにまわしてくれたまい!ここだけの話だけど。

69 :132人目の素数さん:2005/07/11(月) 18:51:04
いま「三村護」でぐぐってびっくり!
トップがこのスレだった!!

70 :132人目の素数さん:2005/07/11(月) 18:54:23
>>69
あたりめーだろ馬鹿
ここ以外に三村を濃密にかたってるとこがあるか?

逆にいえば Google の PageRank がいかに
正確に内容を把握しているかということだよ

71 :132人目の素数さん:2005/07/12(火) 05:50:30
「イプシロンボルト」でぐぐると、このスレがでた!

72 :132人目の素数さん:2005/07/12(火) 15:12:42
翻訳作法

意味なんかわからなくてもただ訳せ==納期に間に合わせんといかん
推敲しなくていいからだらだら書け==本の値段があがって印税増える
用語は適当にでっちあげろ==誰も気づかぬ
訳者あとがきだけは立派そうにかけ=そこだけ読んで買う奴がいる
読んでわかったところには訳注をつけろ=親切そうにみえる
ラテン語でもなんでも知ったかぶりをしろ=ワカラン奴はだまされる

73 :132人目の素数さん:2005/07/12(火) 17:30:36
ここに出てきた三村先生蟹江先生は、
好田順治先生と比べて
どのレベルなんでしょうか。

74 :132人目の素数さん:2005/07/12(火) 17:38:46
>>73
好田は馬鹿な哲屑
問題外

75 :132人目の素数さん:2005/07/12(火) 17:43:40
>>74
でも数学の本だって沢山沢山訳してるよ。
病気の自覚のないところはよく似ているんじゃないかな。
出版社に苦情はいかないのだろうか。

76 :132人目の素数さん:2005/07/12(火) 18:02:12
>>75
だから哲クズどもが
数学に関して勘違いしちゃってんのが
たくさんいるだろう?
その中の一人

この前,ヒルベルトをテーマにした本だしてたが
最悪のクズだった

77 :132人目の素数さん:2005/07/12(火) 18:20:45
数学の中にも
>数学に関して勘違いしちゃってんのが
>たくさんいる
けど

78 :132人目の素数さん:2005/07/12(火) 18:37:06
>>77
だまれよ哲豚
事実いわれてムキになってんじゃねえよ
死ねよ

79 :132人目の素数さん:2005/07/12(火) 18:37:23
>>76
ヒルベルトの本って翻訳なの?
それとも本人が書いた?
ああっ 好田順治って京大理学部数学科卒だって!!
三村蟹江とおんなじじゃん。

80 :132人目の素数さん:2005/07/12(火) 18:39:16
>>79
あれは翻訳
原書からしてクソだった
原著者も馬鹿な哲ゴミ

81 :132人目の素数さん:2005/07/12(火) 18:39:26
>事実いわれてムキになってんじゃねえよ
そのままあんたにお返ししようね

82 :132人目の素数さん:2005/07/12(火) 18:41:41
数豚ってのもいるけど
体型で言ったらあの人だな

83 :132人目の素数さん:2005/07/12(火) 18:44:43
>>80
まあゴミがゴミを訳すのは害がなくていいよ。
ゴミが立派な本をゴミのようにするのが
このスレのテーマというわけよね。

84 :132人目の素数さん:2005/07/12(火) 18:45:06
不思議と数学者にデブは少ないな
ちょっと思いつかない

なんでだろ?

85 :132人目の素数さん:2005/07/12(火) 18:48:46
〜はだかのぶたがいる すぶた

86 :132人目の素数さん:2005/07/12(火) 18:49:47
>>83
大ありだよ
馬鹿な本がまちがって買われて
いい本が売れる機会が1回減る

犯罪的

87 :132人目の素数さん:2005/07/12(火) 18:53:04
京大理学部数学科は
>>86>犯罪的
なのか

88 :132人目の素数さん:2005/07/12(火) 18:58:06
日本の数学者のなかで一番体重の重いのは誰?
どうやったら調べられる?

89 :132人目の素数さん:2005/07/12(火) 19:11:19
>数学者にデブは少ない
そうなのか

90 :132人目の素数さん:2005/07/12(火) 19:30:35
グレイさんの書いたヒルベルトの本はいい本だ。
翻訳が悪いんだよ。あの翻訳者は害虫だね。

91 :132人目の素数さん:2005/07/12(火) 20:43:38
>デブに数学者は少ない


92 :132人目の素数さん:2005/07/12(火) 20:55:54
>>90
いや原書もクソだった
どっかに書いてあることを切り張りしただけで
ぜんぜんオリジナルの情報とか考え方がまったくない
表面でしか数学がわかったない人

93 :132人目の素数さん:2005/07/13(水) 15:21:16
翻訳の秘訣

1 ともかく訳せ 誤訳だって誰かが指摘してくれればもうけもの
プライドなんかかなぐり捨てて 誰か教えてって HP でちょっと書けば
それだけで良心的だと思ってくれる 一石二鳥
教えたがり君に教えてもらえる なんとも楽な商売だ

2 ともかく訳せ 後ろを振り向くな できたものは誰かに読ませろ
まともに読んでくれなくても俺のせいじゃない 訳者あとがきで謝辞を
書けば責任転嫁だって可能だぜ 俺には次のやっつけ仕事が待っている

3 ともかく訳せ 今は翻訳が俺の商売だ 評判が落ちても次の副業に
乗り換えればいい 何しろ大学教授なんだから有り難がってくれる奴は
掃いて捨てるほどいるぜ 安月給だけで生きるなんて俺の性にはあわないぜ

4 ともかく訳せ 翻訳に飽きたら それを資本に切り貼りで
教科書が書ける なにしろファイルはあるんだから チョチョイと
割り振っていっちょあがり 定年が来ても印税生活 何の不安もないぜ
一粒で三度おいしい翻訳稼業

94 :132人目の素数さん:2005/07/13(水) 16:20:42
翻訳でもないのにヒドイ本はどこに文句を言ったらいいと思いますか
そういう本の情報あつめたら役に立ちませんか
翻訳もいれてもいいですが

95 :132人目の素数さん:2005/07/14(木) 14:39:05
ねえ、三村って太ってるの?
好田って見たことある人いる?

96 :132人目の素数さん:2005/07/15(金) 14:50:23
河合塾によるとすごいぞ

三村 護

岡山大学
理学部数学科◎トポロジー
日本のホモトピー論におけるスーパースターである戸田宏氏の後継者とよばれた人。 


97 :132人目の素数さん:2005/07/19(火) 13:01:07
よばれただけかい しかも後継者

98 :132人目の素数さん:2005/07/19(火) 19:29:11
好田順治の傑出した最悪翻訳本は『ゲーデル 未刊哲学論稿』(青土社)でしょうな。
これはなぜリコールされないのかと話題になったほどの酷さ。

99 :132人目の素数さん:2005/07/19(火) 20:44:02
電子翻訳で手を抜いたのですか

100 :132人目の素数さん:2005/07/20(水) 16:26:27
ひどい翻訳でも出たらどうしようもない
出版社も翻訳者も良心が痛むまえに金のことを考えてしまうわな

101 :132人目の素数さん:2005/07/20(水) 16:29:16
>>98
青土社とかみすずとかの数学ものって
勘違いしちゃってるのが多いから
著者もブンケー相手だと思ってけっこうなめてる

佐々木力とかがいい例

102 :132人目の素数さん:2005/07/20(水) 16:45:29
吉永良正も京大数学卒
フリーのライターだったがいつの間にか
大学に勤めてる
数こなしていると強いね何でも
実績になってしまうんだろう

103 :132人目の素数さん:2005/07/20(水) 16:50:07
>>102
そーいえば吉永がみすずから
パスカルが偉いとかなんとかいう内容の本を
最近,出したね

またもやブンケーだまし

この手の連中は最近の数学者の仕事はわからないもんだから
結局
デカルトまんせー
パスカルまんせー
ライプニッツまんせー
と馬鹿の一つ覚えのようにやるだけ

またミスって大恥かかなきゃいいけどね

104 :132人目の素数さん:2005/07/20(水) 17:04:12
以下 あまぞんの紹介   いんちくせー

『パンセ』数学的思考理想の教室
吉永 良正 (著)

出版社 / 著者からの内容紹介
パスカルの言葉は知っているだろう。
「人間は考える葦である」とか
「この無限の空間の永遠の沈黙がわたしをおびえさせる」とか。
ふだんは、モラリストやキリスト者としての面ばかり語られる
パスカル。だがその思想は、徹頭徹尾、
数学的思考をベースにしている。
『パンセ』から最新の宇宙論やフラクタルへ。理科系の哲学入門。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
吉永 良正
1953年生まれ。大東文化大学助教授。専門は哲学。
日本におけるサイエンス・ライターの草分け的存在であり、
著作活動は数学、生命科学、宇宙論、複雑系など多岐にわたる。
『数学・まだこんなことがわからない』
で第七回講談社出版文化賞科学文化賞を受賞。
最近の研究テーマは数学概念を介した哲学と数学の交渉/没交渉の歴史
とその再解釈




105 :132人目の素数さん:2005/07/20(水) 17:12:39
吉永の佐々木化について

106 :132人目の素数さん:2005/07/21(木) 13:27:46
みみず書房

107 :132人目の素数さん:2005/07/21(木) 15:08:49
>>104
>吉永 良正
>著作活動は数学、生命科学、宇宙論、複雑系など多岐にわたる。

裏を返せば何も知らない,もしくは
知ったかぶりであるということでしょ

108 :132人目の素数さん:2005/07/21(木) 15:38:22
>>107
フリーのライターはそうでもしなけりゃ
飯が食えないってことだろうが
それがいつの間にか大学におさまっちょるから
すごいよね

余技だかなんだかの翻訳でこづかいかせぎする
大学のせんせいとは迫力が違うかも


109 :三村・蟹江:2005/07/21(木) 18:55:10
>>108
呼んだ?

110 :132人目の素数さん:2005/07/21(木) 18:58:20
高瀬の翻訳ってどうなの マトモ? 
原文がラテン語だからワカラン?

111 :132人目の素数さん:2005/07/21(木) 20:36:00
グーグル翻訳かけたら?

112 :132人目の素数さん:2005/07/22(金) 16:11:30
羅典語もできるの?

113 :132人目の素数さん:2005/07/25(月) 17:16:28
chain rule の訳語をわざわざ くさりそく(腐り足) とつくる
必要があるだろうか
連鎖律ってことばもしらないのだろうか

これは某有名解析教程の訳注

114 :132人目の素数さん:2005/07/25(月) 17:25:45
まあそう言うな。間違いじゃないし。分かればいい。
翻訳のケチというのはつけようと思えばきりが無い。

115 :132人目の素数さん:2005/07/25(月) 17:31:51
>>114
あの訳注は訳者の実力をものがたっていておもしろい
訳注を書いてわざわざぼろを出すのはMか能天気か

116 :132人目の素数さん:2005/07/25(月) 18:16:35
>>114
ありゃ またもや かにえ先生ご本人の登場ですか

117 :132人目の素数さん:2005/07/26(火) 17:40:45
かにえ こんなところで うろうろしてないで 自分のHP更新しろよ

118 :132人目の素数さん:2005/07/26(火) 17:46:42
>>117
翻訳に忙しくてその暇ないわ!
いや、それにしても、三村の翻訳はくだらないな。
翻訳なら蟹江、蟹江をどうかよろしく!

119 :132人目の素数さん:2005/07/26(火) 19:23:36
中国語訳から用語借りたらいいのに

120 :132人目の素数さん:2005/07/27(水) 12:51:03
中国語訳は音訳も多いし

121 :132人目の素数さん:2005/07/27(水) 13:15:41
三村氏の訳のザイフェルト・トレルファルの位相幾何の本を持ってるが
あの直訳調にはまいるな。頭にすんなり入ってこない文章が多い。


122 :132人目の素数さん:2005/07/27(水) 13:19:17
あの本は絵を見るためにあるんで
残りの字は模様だと思え

123 :132人目の素数さん:2005/07/27(水) 13:33:52
三村護に翻訳させない会の会則を作りましょう

会長は蟹江先生にお願いしましょう

124 :132人目の素数さん:2005/07/27(水) 14:28:04
>>123
なりたいのは山々ですが ほん...に忙しいので
ご辞退いたします  かに

125 :132人目の素数さん:2005/07/28(木) 13:41:13
>>98
お目が高い!
そこいらの大学生並の訳文に、読んでてぶっ飛んだ!

126 :132人目の素数さん:2005/07/28(木) 13:49:39
青土とか みすず は数学のことを
勘違いしてるフシがあるからね

ノーバート・ウィーナーの本だけは良かったけど

127 :132人目の素数さん:2005/07/28(木) 15:15:39
>>125
大学生並ということは大学受験生よりひどいのか
受験生はともかく直訳することができる
大学生になったら単語も忘れてしまうから辞書を引いて
意味も考えずそのまま写す

128 :132人目の素数さん:2005/07/28(木) 15:17:11
>>126
シュプリンガーは勘違いしてないのか

129 :132人目の素数さん:2005/07/28(木) 17:14:28
多分勘違いっつうのは
数学のことを哲学の一分野だとか
数学の本を意味が分からなくてもとにかく持ってさえいれば
オサレだとかそういうこといってるんでしょ

130 :132人目の素数さん:2005/07/28(木) 20:09:50
一時のニューアカか?
そんなの今でも生き残ってるのかい?
赤土 とか みみず とか には

131 :132人目の素数さん:2005/07/28(木) 21:03:10
今ではみすずから数学書なんて殆ど出ないかと

132 :132人目の素数さん:2005/07/28(木) 21:05:17
みすず からでは
フリーマン・ダイソンもよかった

133 :132人目の素数さん:2005/07/28(木) 21:53:55
皇帝の新しい心は訳はよかったような

134 :132人目の素数さん:2005/07/29(金) 22:25:04
心の影は普通

135 :132人目の素数さん:2005/08/01(月) 16:37:58
数学会の出版賞に三村蟹江好田を推薦 2ch

136 :132人目の素数さん:2005/08/02(火) 14:41:19
ダイソンって掃除機?

137 :132人目の素数さん:2005/08/02(火) 16:48:51
>>90>>92
そのグレイって
 リーマンからポアンカレにいたる 線形微分方程式と群論
の著者と同じ?

138 :132人目の素数さん:2005/08/03(水) 18:25:39
かも

139 :132人目の素数さん:2005/08/04(木) 08:58:20
(Fibre bundles) Husemoller iizo!!!

140 :132人目の素数さん:2005/08/04(木) 17:32:56
>>139
翻訳のことを言ってるの?

141 :132人目の素数さん:2005/08/05(金) 18:00:39
6:00

142 :132人目の素数さん:2005/08/05(金) 18:18:04
18:18

143 :132人目の素数さん:2005/08/07(日) 11:36:24
>>139 その本は例外的に翻訳がまともだった。
本人が訳したんだろう。

144 :132人目の素数さん:2005/08/08(月) 15:21:48
>>143
本人って Husemoller か!!

145 :132人目の素数さん:2005/08/09(火) 15:55:03
15:55

146 :132人目の素数さん:2005/08/22(月) 15:09:14
>>139
翻訳本のことを言っているのなら、
貴方の日本語の感覚は間違いなく狂っている!
(いったいどの部分を読めば、そう断言できるの?)

147 :132人目の素数さん:2005/08/23(火) 15:31:10
だって

148 :132人目の素数さん:2005/08/23(火) 15:33:31
例えばどのあたりが日本語としておかしいのか例をあげてくれると
嬉しい

149 :132人目の素数さん:2005/08/23(火) 16:01:12
だって


150 :132人目の素数さん:2005/08/24(水) 17:47:41
>>144
が言うように訳者は日本人じゃないんだから
仕方がないんじゃないか

151 :132人目の素数さん:2005/08/24(水) 17:51:11
はあ?

152 :132人目の素数さん:2005/08/24(水) 18:05:54
>>151
だから本人が訳したんだろ

153 :132人目の素数さん:2005/08/24(水) 18:08:06
>>152

本人ってHusemollerが日本語に訳した?

154 :132人目の素数さん:2005/08/24(水) 18:11:58
>>153
本人って 他に誰が
訳者本人ってことは文法上あり得ないな

わざとそう解釈してやらないと面白くないじゃん


155 :132人目の素数さん:2005/08/24(水) 18:15:26
まぎらわしいこと言うなよ
仮にHusemollerが日本語ペラペラだったらどうする?
有り得ない話じゃない

156 :132人目の素数さん:2005/08/24(水) 18:21:37
>仮にHusemollerが日本語ペラペラだったらどうする?

そりゃ 本人に訳してもらうのがいいわな

157 :132人目の素数さん:2005/08/24(水) 18:24:19
だから、まぎらわしいこと言うなってんだよ、このタコ

158 :132人目の素数さん:2005/08/24(水) 18:41:40
>>157
そんなこともわからないようじゃ
なんにもできないよ
この田舎者が

ここをどこだとおもってんだ



159 :132人目の素数さん:2005/08/24(水) 18:43:56
Husemollerが日本語ペラペラかどうかなんてわかるかよ、このアポすけ

160 :132人目の素数さん:2005/08/24(水) 18:49:06
>>159
はいはい そうですね 
わかるまで立ってなさい

161 :Husemoller:2005/08/24(水) 19:02:27
わたすはぬほんごへらへらなんだけど。何か?

162 :132人目の素数さん:2005/08/26(金) 11:14:05
あの直訳にはまいるよな。何々がこれこれを持つとか。
文法の公式に当てはめて訳してんだろうな。
as soon as を、するや否や、とか。
それと辞書にある単語の訳を文脈を無視してそのまま使うとか。
英語の単語と日本語の単語に1対1の対応があると思ってんだろうな。
言語観が超単純。だから、あんなに何冊もスラスラ訳せる。
編集者、なんとかしろよ、ゴルァ

163 :132人目の素数さん:2005/08/26(金) 14:59:08
>>162
だからぁ〜 編集者は何にもしないの って

原稿をありがたくいただければ充分
最低限の形式をかっこよさそうに整えれば
本屋に並んだ時点でもう勝ち
値段はなんとか採算がとれるように設定するからね
こんなスレをつくっても誰かが買うんだよ

164 :132人目の素数さん:2005/08/26(金) 15:05:09
それじゃ編集者じゃないだろ

165 :132人目の素数さん:2005/08/26(金) 15:38:58
>>164
あなた そんなに良心的でいいんですか
生きにくいでしょ この世の中

166 :132人目の素数さん:2005/08/26(金) 15:48:24
別に。まあ数学書の出版でうまい汁を吸おうと思うxxもいないだろうがw
老婆心でいうと正直は愚者(まあ99%の人間だ)の最善の方策といってな。
さかしらに策をろうすると墓穴をほるのがおち。

167 :132人目の素数さん:2005/08/26(金) 15:56:44
>うまい汁を吸おうと思うxxもいないだろうがw
あなた208?

168 :132人目の素数さん:2005/08/26(金) 16:49:07
>言語観が超単純。
そういう奴多いね
しかもそれこそが正しいと思ってるんだ

169 :132人目の素数さん:2005/08/27(土) 08:21:26
理系の専門書じゃなくて文学書とかだったら
もうすこしこなれた訳文に直してくれる人が訳者に採用されるはずなんだがな
まあ数学の本なんて序文とかを除けば定型文の集まりなんだから
それほど訳文に関わっても意味が無いというのも一理あるな

基本的に専門書の執筆方針や翻訳の文体に
編集者が口を出すのはまずいかと

170 :132人目の素数さん:2005/08/27(土) 08:23:56
>>166
老婆心と言うが他スレのせいで>>166みたいなレスには
最近悪意しか感じ取れなくなってしまったんだが、、

お前もしかしてEGAの翻訳に翻訳の必要性が無いとか要らぬ
難癖付けてた奴じゃないだろうな

171 :132人目の素数さん:2005/08/29(月) 11:18:48
>>170

スレ違い。他スレの恨みをここで持ち出すことはないだろw

172 :132人目の素数さん:2005/08/29(月) 11:22:51
>基本的に専門書の執筆方針や翻訳の文体に
>編集者が口を出すのはまずいかと

あんた何言ってるの?
誰も文体の話をしてるわけではない。
直訳というのは文体以前の問題だろう。

173 :132人目の素数さん:2005/08/29(月) 14:14:52
内井惣七先生は、直訳でなければ学術的使用にたえない
と主張していますよ。

174 :132人目の素数さん:2005/08/29(月) 14:24:06
内井惣七は直訳主義者なの

175 :132人目の素数さん:2005/08/29(月) 15:02:27
そうです

176 :132人目の素数さん:2005/08/29(月) 15:06:18
そういう人間が昔の岩波の哲学書などを訳したんだろうな。
やたらに難解ないかにも高尚な哲学でございというような。
そういう難解な訳は本人もよく分かってない証拠。
翻訳を読んでよくわからなっかたら、それはほぼ訳者が悪い。
誤訳の可能性大。

177 :132人目の素数さん:2005/08/29(月) 15:16:37
直訳だっていう言い訳を用意するのは読めていないってことでしょ?

178 :132人目の素数さん:2005/08/29(月) 15:44:00
受験時代の癖がそのままってのもな
それが通用するのはおかしいんじゃないか

179 :132人目の素数さん:2005/08/30(火) 02:36:23
酷い酷いと言われても書店で立ち読みしてそう酷いとも感じなかったんだが、、
具体的にどういうことを問題視しているのかがよく分からない

180 :132人目の素数さん:2005/08/30(火) 02:37:12
直訳調だというのは文体の問題と言えるかと、、
海外文学の翻訳とかそうでしょ?

181 :132人目の素数さん:2005/08/30(火) 09:27:55
早い話がわかりにくいんだよ。頭にすんなり入ってこない文章なの。
当然だろ、英語の単語を辞書から拾って文法の規則に機械的に当てはめれば
そうなる。

182 :132人目の素数さん:2005/08/30(火) 09:35:59
>>180
>海外文学の翻訳とかそうでしょ?

そういうのは2流の翻訳者。翻訳っていうのは普通の人間が思っている以上に
遥かに難しいんだよ。優秀な翻訳者ほど翻訳の難しさを知っている。
2流の翻訳者(これが実は非常に多い)はこれが分かっていない。いわゆる怖いもの
知らずってやつ。

183 :146:2005/08/31(水) 13:26:32
>>148
「ファイバー束」第2章の冒頭部分など如何でしょうか?

「束はまさに特別な圏の対象とみなした写像である。これは
ベクトル束およびファイバー束のより複雑な概念に対して基礎に
ある構造である。本章では、次の二つの章で解説する束のさらなる
構造につながる方法で束の圏を考察する。〜」
 初読で理解できる訳文とはとても思えません。

184 :132人目の素数さん:2005/08/31(水) 13:32:40
うーん、まあ確かに、、

つうか受験英語でも理解できない直訳で訳せとは言われないよ

185 :名無し募集中。。。:2005/08/31(水) 13:51:52
別役先生が生きていたらさぞ嘆いていたことよのう

186 :名無し募集中。。。:2005/08/31(水) 13:52:37
>>185
別役→別宮

187 :146:2005/08/31(水) 13:57:51
>>183 の訳文部分の原文を誰か
ここに記してもらえませんか?

188 :132人目の素数さん:2005/08/31(水) 14:02:46
>>185-186
別宮先生はペーターのルネッサンスの訳でも有名ですね。
尊敬申し上げていました。
いつお亡くなりになったのでしょうか?


189 :132人目の素数さん:2005/08/31(水) 16:57:11
>>188
そうだよな
「追悼別宮貞徳」でぐぐってもでてこないところをみると
存命じゃないのか
>>185は勝手に殺したのか?


190 :132人目の素数さん:2005/08/31(水) 17:03:23
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/listmania/list-browse/-/OJ6ME52V0ROK/250-4515036-8645862

191 :名無し募集中。。。:2005/08/31(水) 17:17:39
ごめん、まだ元気かもしれん
いつだったか「体調崩して連載休んでる」というのをどこかで見て
もう今頃は死んでるはずと勝手に考えてしまってたのかも
すまんこ、ベック

192 :132人目の素数さん:2005/08/31(水) 17:36:30
べっく
っていくつくらいなの?
しんでもおかしくないくらいのとしなの?

40 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)