5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

山口人生〜ストリートダンスの連中に絡まれるの巻 Part21

1 :132人目の素数さん:2005/05/11(水) 04:36:03
参拝先:大神帝山口大先生超教授のサイトIII
http://www.int2.info/news1.htm

前スレ:山口人生 〜超無職、失意の実家帰り〜 Part20
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/math/1113806284/

過去スレ、関連スレは>>2-5あたりで。

789 :まね猿:2005/05/26(木) 00:29:11
ヤマジンさん、あなたの証明は傍からこんな風に見えるというたとえを書きます。


ワイルスは間違っていた。

プロの研究者達の中には、この主張を、未だに納得できない連中が大勢いるらしいのです。
刷り込みは恐ろしいですね。
最初に見た存在を、親と思い込む鳥猿の哀しい習性でしょう。
脳が下等に出来上がっているのですから、どうしようもありません。
まず、A^n+B^n=c^n の式をよく見てください。
nが3回も出てきます。これでは具合よくありません。
例えば、A^x+b^y=c^z の式を見てみましょう。この方が自然ではありませんか?

これにより、“ワイルスの証明は間違い”という主張の意味が、より明晰になるでしょう。
ビジネス系の皆さんは、今回も、我慢してください。
(最後に、少しだけ、ビジネス情報を流します。)
但し、何を言ってるのか把握できたら、自分の知力は、かなりのものだと自負できますよ。
知力測定すれば、2.0以上になるはずです。
腰弁教授を超えるということです。
だって、その道のプロ(予備軍)が、前回までの記事で、未だに理解できないのですから。
では、始まり始まりー。


790 :まね猿:2005/05/26(木) 00:30:20
まず、導入部として、次の事実確認から。
私の採用した等式、A^x+b^y=c^z の定義は、世界標準定義です。
更に、私が言う、“素朴整数理論”とは、“現時点における世界標準の整数理論”のことです。
これらは、数学研究所が難問設定した際に使用した諸定義と同一です。
つまり、難問の解説をフェルマーが書いたのですから、フェルマーの定義と同一ということです。
ということはです、私とワイルスの意見が違う場合、どちらかが間違っていることになります。
具体的に言えば、ワイルスの定理の証明です。
両者の言い分が、並立するなんてことは、絶対に有り得ません。
但し、こと定義に関する限り、両者は完全に一致しています。
ここのところ、大丈夫ですね。
定義が一致してないと、主張の相違・優劣は比較議論できないということです。
最初に、この点を強調しておきます。
 
ところで、ここが一番重要な点ですが、私は、新しい等式 A^x+b^y=c^z なるものを構築しました。
これは、素朴整数理論とは、全然、別の理論です。
アルゴリズム論を土台にして、整数論を包み込む理論という位置付けになります。
大雑把に言えば、
「私の等式を x=y=z に特化したものがフェルマーの等式」
です。
けれども、(私の等式は厳密な理論なのですが、)フェルマーの等式は漠然とした等式なのです。
従来の整数論の研究者から見れば、多分、この指摘が、一番、理解できない点でしょう。

この漠然性は、左辺にも右辺にもnがあることから不可避なのです。
この漠然性を持った等式からは、どんな結果を出そうとも無意味だったといえます。

以上、これによってワイルスが間違っていたことを示しました。
これでもう、誰も逆らえないでしょう。


791 :まね猿:2005/05/26(木) 00:30:39

山口先生の証明は、いつもこういう風に見えます。
(1)グダグダ余計なことは多いけど、肝心のことは避けて書かないし
(2)定義が違うものを同じと主張したり
(3)従来の定義に問題があるといいながら、理由を書かないし
(4)単に無理解から初歩的な間違いを沢山書くし

傍から見るとこう見えるという例えでした。
とにかく、証明に意味のある部分が少なすぎ。


290 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)