5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

電気炉による銅合金の溶解

1 :名も無きマテリアルさん:2005/04/12(火) 21:35:18
高周波電気炉を使って還元雰囲気で溶解するにはどうすればよいのでしょうか。
フラックスでしょうか。何かありますか。

2 :名も無きマテリアルさん:2005/04/13(水) 06:48:42
木炭粉末かぶせれ

3 :名も無きマテリアルさん:2005/04/13(水) 12:42:40
いつかぶせるの

4 :名も無きマテリアルさん:2005/04/14(木) 12:23:44
水素ガスながせばいいやん。爆発させないようにね。

5 :名も無きマテリアルさん:2005/04/14(木) 16:20:44
ガス雰囲気を作れるのならアルゴン水素でしょう。
木炭粉末は冷材が溶けてタネ湯ができるまでは効果がない。スタート材料としては電線みたいに比表面積の大きいものじゃなくてブロック状のものを使って溶解速度を早くするのが有効。
その後木炭粉末かぶせても大気溶解では酸素をシコタマ吸収するので、Cu-PとかCu-Caで脱酸するのが吉。

6 :名も無きマテリアルさん:2005/04/15(金) 20:36:30
真鍮では、どうですか?

7 :名も無きマテリアルさん:2005/04/25(月) 16:48:06
真鍮では、Znが先行脱酸元素として作用するから、純銅なんかに比べるとずっと平和。溶解材料、溶解方法によってZnの歩留まりに注意するくらい。あと、溶解中に冷材が円滑に補給されるように留意して、溶湯温度が高くならないように注意。

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)