5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

赤外線透過率の高い液体

1 :名も無きマテリアルさん:04/07/16 19:48
11μmあたりの赤外線透過率が高い液体を探しています。何かないでしょうか?

2 :名も無きマテリアルさん:04/07/16 21:53
LN2, LHe?
質問スレへどうぞ。

3 :名も無きマテリアルさん:04/07/16 21:57
あう、すいません。

4 :名も無きマテリアルさん:04/07/16 23:13
赤外領域の色素レーザーでもつくるつもりかな?
うまく溶媒と色素がなじめばよいが。

5 :1:04/07/17 03:16
いや、レーザーじゃないんだけど。。
まあ用は11μmの赤外の損失ができるだけ少なければいいんですよ。
できれば安いもののほうがいい。

6 :名も無きマテリアルさん:04/07/17 09:52
OH基があると、たぶんダメだろうね。
とすると、極性溶媒なんかも、水分がはいってるだろうから、
これらは不可。

じゃ、非極性溶媒なんかだとどうだろうか? ま、ガソリンなんかでも
数百ppmの水分がはいっているらしいから、
うまく取り除いてやる必要があるかもしれんが。
これらの中に、使いものになる可能性はないかな?

あとは、2のいうような液化ガスの類か!!

7 :1:04/07/17 12:38
液化ガス・・・。取りあつかい厳しいですね。
常温で使いたいので、とりあえず非極性溶媒を探してみます。
しかしこういうの、どっかに表みたくでてないですかね?
物質の電磁波の透過率探すのめちゃくちゃ大変なんですよ。。はぁ。

8 :名も無きマテリアルさん:04/07/17 23:18
多分>>1の考えていることは、液体を使わなくてもアイディアしだいで
代替案で実現できるだろうな。

9 :名も無きマテリアルさん:04/07/17 23:59
素直に考えるとペンタンあたりがよさげ

10 :1:04/07/18 01:18
できれば液体使いたいんですよ。かなり高圧のかかる部位なんで。
中に液体入れとけば押しつぶされることはなくなるので。
固体だといいものがないし、加工に金がかかるし
気体だと伸縮性があるので。

11 :6:04/07/18 10:10
まずは、赤外吸収スペクトルをしらべておくとよいかもよん。
通常、赤外線をいじっている人(リモートセンシング関係者)だと、
11μm帯は大気の窓領域ということを知っています。ただし、
厳密には、水の吸収線が結構あるので・・・・とかなんとかいって、
ガスの吸収線をしらべていくと思います。(場合によっては、
Hi-tranなんかも使う。Hi-tranがなにかは、しらべてちょ!!)

高圧かけるなら、表面張力が小さいため多少取り扱いが面倒かも
しれないけど、ガルデン(フロリナート)なんかはどう? 11μmあたりの
吸収はあるかどうかはわからないけどね

あと、思い出したけど、気液の分界点に11μm帯の赤外を通す窓を
設置するとおもうけど、これって、Geを使う? としたら、やっぱり、水分
少ない方がいいと思いますです。
(Geの酸化物は水溶性だったとおもい升)


3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)