5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

脳の量と知能、IQは関係があるか?

1 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/06(水) 21:20:20
一般的に脳の量が多い方が知能が高いと思うのですが・・・
どうでしょうか?議論しましょう。

2 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/06(水) 21:22:40
脳の量
アジア人>白人>>>黒人

IQ
アジア人>白人>>>黒人

3 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/06(水) 21:38:58
IQは知能が高い証拠にはならない。これはパズルを解く才能のようなもので創造力は測れない。
ノーベル賞も取り、20世紀を代表する物理学者の一人であるファインマンのIQは123で、
彼の妹より低かったそうな。(C.サイクス著「ファインマンさんは超天才」より)
DNA研究の父であり、ノーベル賞を受賞したジェームズ・ワトソンは、自らの著書「DNA]で、
自分のIQは122と暴露している。
過去、わかっている範囲内で、歴代ノーベル賞受賞者にIQ140以上はいないという。
http://www1.odn.ne.jp/drinkcat/topic/column/z_tawago/z_chinou.html
アインシュタインのIQが173なんて聞いたことがあるが、これはIQ論者の推測値だろう。
ビネーがIQテストを発明したのは1905年だし、とうに成人していたアインシュタインが
わざわざテストを受けたとは思えない。おそらくはファインマンと同じくらいではないだろうか。
それに、IQは文化依存度が高い。心理学にフリン効果と呼ばれる現象があるが、
先進国の平均IQは世代単位に5〜25上昇している。日本人の平均IQも戦後20ポイントほど
上昇した。これはIQがフィロソフィーで決まる動かぬ証拠であり、あのDNA研究の父
ワトソン教授も支持している。ブータンって日本人にそっくりな顔した仏教国があるが、
そこの平均IQは78しかない。黄色人種で平均IQが高いのは箸文化・儒教文化圏の民族に
限られ、ブータン、カンボジアといった手掴み文化圏の黄色人種のIQ、学業成績は低い。
このことからも文化依存の大きさがわかるだろう。


4 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/06(水) 21:42:42
>>2
脳の量
クロマニヨン>アジア人>白人>>>黒人

IQ
ユダヤ人>近視率60%以上のがり勉アジア人>白人>普通のアジア人>>黒人

5 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/06(水) 21:52:14
>>4

同じ人種で脳の量と知能は相関関係があるという研究があります。
MRI(磁気共鳴装置)で脳の量とIQには40%ほどの中程度の正の相関があったそうです。

もちろん完全に正比例していないので人種差を比べるのは適切ではないが・・・

6 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/06(水) 21:57:46
>>1
人類学者スティーヴン・ワァーンの著書によると、
アメリカで、テレサ・ブレナンという博士が脳の大きい子供(4〜7歳)と
小さい子供の二つのグループを作り、IQ検査をしたが、
有意差は認められなかったという報告があります。
この手の知能検査は何度も世界中で行われているらしいが、いまだにメジャーな
研究者が知能との相関関係を否定するのは重要ではない証拠ですよ。
ttp://www.idac.tohoku.ac.jp/dep/fm/QandA/content/2003/03042.html#Q3

あと、脳の大きさは環境でも変わる。池谷裕二著「記憶力を強くする」よると、
勤続30年以上のタクシー運転手の脳が肥大した最新の研究報告が紹介されています。
高齢者の脳が20%も増えたのだから、幼少時代から英才教育を受けた人の
脳が一般人より肥大していても不思議はないだろう。

7 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/06(水) 22:06:53
岡山大学の森教授が彼の著書「脳100の新知識」で
興味深い話を紹介しています。
CTが普及し始めた1980年頃アメリカの科学誌サイエンスに"
あなたの脳は本当に必要か?"と題する記事が出た。
大学の数学科を出た男性が就職の身体検査で、
頭が普通より大きく水頭症の疑いがあると言われた。
脳外科で精密検査を受けるとやはりそうで、
脳室には脳脊髄液が溜まり大脳の厚さはわずか数mm、
重さは100g以下しか無かった。
この男性の大脳は普通の人の10分の1しかなかったわけです。
こうなると普通は麻痺や知能発育不全、痙攣等を起こすが
検査をすると運動能力も行動も精神状態正常。
IQに至っては126と秀才であることがわかった。
脳は1/10以下でも十分なのか?残りは眠っているのか?
ttp://www.kasoku.net/mag/kasoku.htm

理論的には脳容量とIQは関係ない。

8 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/06(水) 22:10:24
>>5
>MRI(磁気共鳴装置)で脳の量とIQには40%ほどの中程度の正の相関があったそうです。

捏造臭いですね。40%も相関があったら、IQ150以上の人間は人並み外れた
頭でっかち揃いでなければおかしいような気がしますね。数学オリンピックの代表メンバーも
普通の高校生だったし。それに最新の研究で教育環境でもIQや脳容量が変わることが証明され
た以上、多少の相関関係があっても不思議はないような気がします。


9 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/06(水) 22:16:04
脳の大きさは重要ではない。
高等なショウジョウ科であるゴリラの脳は体重の1/300だが、テナガザルは1/28、マカクは1/88。
下等なサル類のほうがゴリラより脳が大きい。霊長類の脳化指数(脳の体重との比率)を比較すると、
テナガザル>人間>ニホンザル>チンパンジー>オランウータン>ゴリラ
だけどミラーテストを始めとする知能検査で報告されている実際の知能は、
人間>チンパンジー>オランウータン>ゴリラ>テナガザル>ニホンザル
つまり、種が接近すると脳の大きさは意味がなくなる。論より証拠。
あの明治の偉大な思想家中江兆民の脳重量は1310gで、日本人の平均より遥かに小さかった。
ノーベル文学賞作家のアナトール・フランスは、生前から頭が小さいので有名で、
彼自身も己の頭が異様に小さい事を気にかけていたらしく、厚みのあるカツラで
誤魔化していたそうだ。

10 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/06(水) 22:27:43
犬には大別して、鼻先の突出した長吻犬種と寸詰まりな顔した短吻犬種があります。
長吻犬種にはコリー、シェパード、ドーベルマン、プードル、柴、パピヨンなどがあります。
短吻犬種には狆、シーズー、パグ、ペキニーズ、チャウチャウ、フレンチブルなどがあります。
以下のように犬の場合、長吻種犬と短吻種犬との区別は素人でも頭蓋の形を見て直ぐ分かります。
ttp://www5a.biglobe.ne.jp/~nobon/zugaiB.jpg
そして、短吻犬種は概して長吻犬種より圧倒的に脳が大きい。
例えば、小型犬キャバリア(キング・チャールズ・スパニエル)は頭が丸く、超大型犬である
ウルフハウンドより遥かに脳が大きい。体重比率から考慮すれば10倍以上は大きいだろう。
ttp://www.custance.org/old/earlyman/fig17.jpg
ブルドックもウルフハウンドより脳が大きい。おそらくは、他の長吻犬種も脳は小さいだろう。
ではキャバリア、ブルドックはウルフハウンドより賢いのか?現実は否である。
ttp://www.h4.dion.ne.jp/~fuyo/IQ.htm
これは、人間も同様に考えなければならない。脳の大きさも単なる体系の違いである。
チャウチャウとドーベルマンの関係みたいなものと考えたほうがいいだろう。

11 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/06(水) 22:28:12
>>8
ソースはカナダの心理学者ラシュトン教授の
人種、進化、行動という本です。
ラシュトンによると巻尺で計った場合でも10-20%のIQの相関がありMRIで
測った正確な脳容量では40%の相関があると主張しています。

ただ知能=脳容量を否定する研究もあります。
例えば自閉症の子供は非常に頭が大きく脳の量が多いがIQはかなり低いそうです。

12 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/06(水) 22:30:07
つうか 容量よりも表面積じゃねえの?(笑)

13 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/06(水) 22:53:55
>>11
>ソースはカナダの心理学者ラシュトン教授の
>人種、進化、行動という本です。

それって10年以上もむかしのトンデモ本でしょう。
嘘臭い点がたくさんあったから盲信しないほうがいい。(例えば歯の成長は日本人が早い)
それに未だにメジャーな研究者が脳と知能の相関を否定するのはなぜですか?

14 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/06(水) 23:04:50
立花隆著の「脳を極める」では、脳重量と知能が比例しない理由を科学的に証明しています。
脳の大きい人間ほど、糖代謝の代謝レベルが低く、脳の小さい人ほど高いそうです。
だから実際には、頭の大きい人も頭の小さい人も同じぐらいの知能になるとか。
これは日本の脳研究の権威たちも認めている。


15 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 00:57:23
最近発見された、ホモ・フロレシエンシス(フロレス島@インドネシア)は、
原人の子孫とされ、1万3千年前ごろまで棲息していて、もしかしたら、
つい最近までいたのではという話があるのだが、このホモ・フロレシエンシス、
発見された、雌と思われる個体の脳容積は、430ccであることがわかった。
身長は1メートル足らずで、チンパンジーなみの脳容量である。
ところが、このホモ・フロレシエンシス、使っていた石器は、ホモ・
サピエンスが、ようやく7万年前ごろからときどき使い初めて、実際には、
5万年前ごろか本格的に作れるようになった、石刃技法の合理的な石器を
もっていたことがわかっている。
石刃技法の石器は、これまで、ホモ・サピエンスと、ネアンデルタール人の
一部(シャテルペロン文化のネアンデルタール人@フランス)が用いた
ことはわかっていたが、ホモ・フロレシエンシスは新しい例となる。

現代人の場合、ピグミーは身長が1メートル50センチ以下だが、脳容積は
普通1000ccを越える。しかし、フロレシエンシスは430ccな
わけだ。これほど小さい頭脳であっても、効率的に使えば、ホモ・サピエンス
なみの能力が発揮できたことがわかる。

脳は大きさじゃないってことだ。じゃあ、なんで効率の悪い脳をここまで
大きくする必要があったのか、そっちのほうが謎だ。

16 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 01:04:00
>(例えば歯の成長は日本人が早い)

そんなことかいてあるの!?
多分中国人と間違えたんだろうな。

それにしても日本人韓国人欧米人にくらべて、
中国人の多数派が歯の抜け替わり年齢が異常に早い(3-4歳から始まる)。
何でだろう?





17 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 01:11:01
>>15

貴方ピグミーを馬鹿にしてませんか?

18 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 01:18:13
>>10
ここは人間の脳の量と知能の関係を議論するスレです。

なお脳の量と犬の関係ですが
チワワまでくるとさすがに馬鹿らしいよ。


19 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 01:23:14
>>17
いや、ピグミーの脳容積ってば、非常にでかいってこと。
身長や体重から考えると、800cc以下でちょうどよさそうだが、
ふつう1000cc 以上あるし。
理由は、ピグミーのみなさんは、10歳前後までは他の現代人
と同じ成長をするから、脳容積は同じくらいで、ただ、ようする
にほかの現代人にはある成長期のスパートがないから背が低い
だけだ、ということになって、その結果、体からすると、異常に
でかい脳をもつ結果になったということは、知っているぞ。

20 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 02:08:08
>>16
歯の萌出年齢が早いのはポリネシア人で、世界標準より1〜2年早い。
しかし、これは著者の話だと原始的な特性じゃなくて戦略の違いだとか。
ソースは「モンゴロイドの道」って本だったと思うけど、

21 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 02:56:32
>>19
すみません。それのソースって何ですか?

22 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 02:57:36
>>21
河合信彦氏のページだと思ったが、違ったかな。

23 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 02:59:12
>>22間違い。河合信和氏のページ。
http://nobukazu-web.hp.infoseek.co.jp/page/news.html

24 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 03:55:28
>>3
きちんと計って123とか122なら充分に高いわけだがwww

25 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 06:24:07
>>23
感謝します。

26 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 06:42:34
>>24
IQの理論的分布
IQ     出現率(%)
140以上   0.6%
120〜139  9.9
110〜119  16.0
90〜109   47.0
80〜89   16.0
70〜79   7.5
50〜69   2.9
49以下   0.1

シャロン・ストーンがIQ160あってメンサに入る資格があるのは本当だそうで、
ハリウッドスターの中ではジーナ・デイビスが既にメンサのメンバーだそうです。
ボブ・サップのIQが130で、サッカーの中田英寿がIQ129だそうです。
IQだけで知能を決めるなら、20世紀屈指の天才物理学者ファインマンより
ボブ・サップやシャロン・ストーンのほうが知能が高いことになってしまいます。
それに知能と脳容積が相関するなら、東大卒の菊川怜、高田万由子とかも頭でっかちで
なければおかしいはずです。

27 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 08:19:58
>>26

だから脳の量とIQには中程度の相関しかないのです。
脳の量が普通の人でもIQが高い人はいますよ。

28 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 09:01:06
>>27
中程度も怪しいね。かなり誇張しているよ。東大生の平均IQが約120だそうだが、
三流高校の平均IQを80と推測すると、約40ポイントも差があることになる。
仮に、学業とIQが関係なかったとしても、知能と脳容積が相関するなら、
超一流高校と三流高校の生徒で、もっと目に見えて差が出なければおかしいはずだ。
歴代のノーベル賞受賞者も数学オリンピックの代表メンバーも人並み外れた
頭でっかちでなければおかしい。それにメジャーな研究者は相関関係を否定している。

29 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 09:02:21

またまた湯田スレか

30 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 13:58:37
岩崎ひろみはIQ154

31 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 16:14:19
超一流高校のIQの平均値は110で三流高校のIQの平均値は90です。

32 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 16:51:37
>>4
IQの平均値
アシュケナージ系ユダヤ人    117
東アジア人(日本人)      106
白人(イギリス人、アメイカ)  100
東南アジア人、中東人、ヒスパニック90
黒人               85

正確にはアシュケナージ系ユダヤ人>>>東アジア人>白人>東南アジア人=中東人=ヒスパニック>>>黒人

となる。

33 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 16:57:36
成人男性平均  1350g〜1400g

ナポレオン三世 1500g  
ビスマルク   1807g
ツルゲーネフ  2012g   
カント     1650g
桂太郎     1600g   
夏目漱石    1425g

34 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 18:03:12
三島由紀夫    1440g
湯川秀樹     1370g
中江兆民     1310g
ブンゼン    1330g
フランツ・ガル 1198g
アナトール・フランス  1017g
ウォルト・ホイットマン 1282g
アインシュタイン    1230g
レーニン     1340g

35 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 18:16:45
日本人より脳が大きいピグミー族の平均IQはいくらなの?


36 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 18:18:48
日本人より脳が大きいピグミー族の平均IQはいくらなの?
あと、クロマニョン、インディアン、ポリネシアン、アフリカ南部の二つの
黒人部族(カフィール人とアマクソサ人)も白人より脳が大きいらしい。
では白人よりIQが高いかというと、そんな統計はどこにもない。

37 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 18:31:45
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%A5%E8%83%BD%E6%8C%87%E6%95%B0
 ↓上記サイトからの引用
IQは、生活環境によって大きく変わるとされている。たとえば1923年の研究では、
イギリスの運河船の上で生活してる子供は、学校出席率は全日数の5%で、両親が
非識字の場合が多い。これらの76人の子供の知能を測ったところ、平均IQは69.6で
あった。なお、4〜6歳では平均IQは90で、12〜22歳では平均IQは60であリ、成長と
ともに知能の伸びが低くなっている。
また、僻地の生活者も平均IQは低いとされる。1932年の研究では、アメリカの
ワシントンD.C.西部のブルーリッジ山脈に住む子供を対象に知能検査をしたところ、
山のふもとの村の子供のIQは76〜118だったが、山間部の子供のIQは60〜84だった。
また運河船の例と同じように、年齢が高いほどIQが低くなっている。
また、離島の児童も平均IQは低いとされる。広島大学の武村一郎らによる1965年の
研究では、瀬戸内海の人口7千人の島の小学生152人に対して田中ビネー知能検査を
実施したところ、男子の平均IQは92、女子の平均IQは80であった。なお、IQ75以下は
22%と著しく多かったが、本土の特殊学級の知的障害児との比較では、知能検査のうち
学習経験に左右される検査問題では、離島のIQ75以下の児童は低年齢で正答率が低く、
高年齢で正答率が高いという特徴があり、一般的な知的障害児とは違いがあった。
この研究グループでは、この現象を「離島性仮性知的障害」と名づけている。

38 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 18:49:25
フリン効果というのをご存知でしょうか?
世代別にIQが上昇しているのです。
原因は不明ですが・・・

39 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 21:59:45
脳のボリュームが増えたとして、お前らはそれがグリオーシスでも喜びそうだなw

40 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/07(木) 22:03:46
>>37

>男子の平均IQは92、女子の平均IQは80であった。

女は馬鹿ということですね。

41 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/08(金) 00:50:48
>>38
もし、IQテストというものが、「近代社会において適応するための
能力のテスト」であるならば、近代化がおこれば、それだけ、IQが
あがるってのはまったく自然なことだし、IQテストがよくできている
ってことにならんかいな。
逆にいえば、近代化とは違う生活をしている人々に対して、IQテスト
をすれば、さんざんな結果になるだろう。
やっぱり、都市生活者なんていうのは、都市生活をするために、選択
された人々だろうっていうのはあると思うけどな。
法律に触れない程度に生活するためにも、社会人としてやらなければ
ならないことは結構たくさんある。事務処理も含めてだね。税金の
問題も、そういうのをさんざんやらされる近代国家の近代的な生活
は、かなり、「それ向き」の人だけを選択するようになっているの
ではないかな。

42 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/08(金) 06:46:28
まとめ
・脳容量は環境で変わる
 ベテランのタクシー運転手の脳が増大していた。
・IQも環境で大きく変わる
 フリン効果にもある通り、日本人の平均IQも戦後20ポイント上がった。
 同じ民族でも僻地の子供は都会の子供より平均IQが目覚しく低い。
・人は脳の4%しか使っていない
 水頭症で普通の10分の1以下の脳容量でIQ126の秀才もいた。
・脳の小さい天才は間違いなく存在する
 アインシュタイン、レーニン、中江兆民は一般人より脳が小さかった。
・IQでは創造力は測れない
 ファインマン、ワトソンのIQは凡庸だった。
・民族の平均IQと脳容量はまるで比例しない
 ピグミー族の脳は日本人より大きい。ユダヤ人の平均IQは日本人より高い。

43 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/08(金) 12:57:40
脳の情報伝達方法は人間と他の動物(猿など)は一緒なのかな?

44 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/08(金) 14:48:44
>>42
年齢を考慮する必要がある。一般的に高齢になると脳細胞がかなり減ります。
アインシュタイは当時としては高齢で76歳で亡くなったわけで
脳が萎縮した可能性もある。20歳のことのアインシュタインは平均並みの脳の量だった可能性もある。
ビスマルクの脳が1600mg、1800mgと変わるのは
年齢を考慮した結果です。

45 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/08(金) 14:55:16
脳の大きい人は無駄にデカいと。
チンコの(ry

46 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/08(金) 15:21:30
>>44
実際に調査した研究者が「普通の老人の脳だった」と言っている。
萎縮の程度も少なかったと発表している。
それに百歩譲って300g萎縮していたとしても、まだ凡人の範疇だぞ。
1500g以上なんて白人でも普通人に14%以上いる。
20世紀最高の頭脳と言われた男が凡人並だったことになる。
因みに、夏目漱石が49歳で死んだときの脳が1425g、
三島由紀夫が40歳で自殺した直後の脳が1440gだったけど、
これなんて日本人じゃ一般人の範疇だよ。

47 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/08(金) 15:38:06
>>46

でも当時の日本人の脳容量が1350gだったことを考えると
夏目漱石の1425g、三島由紀夫の1440gは脳は普通より多いですね。

実際に夏目漱石の脳を解剖した人は天才的な脳と言ったそうですよ。

48 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/08(金) 16:18:50
>>46
神経細胞の密度は並じゃなかったみたいだが。

カラスも脳の量に比べて、かなり知能が高いが、
人間よりも高い神経細胞密度がなせる業らしい。
カラスの頭を今より大きく出来たら、
人間並みの知能を発揮するかもしれん。

49 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/08(金) 17:16:16
カラスは頭が良いですね。

50 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/08(金) 17:50:54
スティーヴン・J. グールド著「人間の測りまちがい―差別の科学史」をお勧めします。
脳の容量も知能指数も、人間の知能を測る尺度とはなり得ない。
この本の中で、死刑にした凶悪犯罪者を解剖した脳からビスマルク顔負けに1800g以上の
大きい脳が続々発見されて、傑出人脳の標本と大差がなかったことに骨相学者が途方に暮れた
笑い話とかかいてあります。

51 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/08(金) 18:27:40
>>50
カテゴリーミステイクを犯している本など見たくもない。

52 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/08(金) 18:29:18
>>50

スティーヴン・J. グールドは確信犯です。
サハラ以南のアフリカ人とアシュケナージ系ユダヤ人に
IQの差はないと主張している。馬鹿げている。
ちなみにスティーヴン・J. グールドはアシュケナージ系ユダヤ人です。


53 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/08(金) 19:55:08
グリンスパンを見てると昔のボス(jewish, nobel prize loreate)を思い出す。
やっぱユダヤ人って頭いいんだろうな。

54 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/08(金) 20:04:41
>>50

スティーヴン・J. グールドは人種にする知能差はあると思っている。
それをないと言い張るから確信犯になる。

55 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/08(金) 20:08:41
>>53

アシュケナージ系ユダヤ人の平均IQは117です。
日本人は105ほどです。アシュケナージ系ユダヤ人は超人的に頭が良いです。

56 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/08(金) 20:10:19
http://www.asyura.com/2003/bd24/msg/445.html

電脳化(サブリメイション)のことでは?
2039年には人間は電脳化(サブリメイション)
コンピュターの中で永遠にいき続ける神になるのだ。
2039年には脳を数値化してコンピュターに模写する。

57 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/08(金) 21:10:11
>>50

貴方にはラシュトンの人種、進化、行動をお勧めします。
脳容量と知能には相関関係があると書かれています。

58 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/08(金) 23:15:43
IQの平均値
アシュケナージ系ユダヤ人 IQ117
サハラ以南の黒人      IQ70


これを環境の要素で説明できる人いますか?

59 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/08(金) 23:43:07
スティーヴン・J. グールドは確信犯です。
彼の主張を信じてはいけません。

60 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 01:16:07
知性と寿命の相関って、あるの?


61 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 01:16:31
>>60

あるのでは。知的障害者は短命だしね。


62 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 01:18:26
実は、生物的には、極東の黄色人種が最も進化していると言える。
日本人や韓国人の脳の容量と、白人の脳の容量と、アフリカ人の脳の容量を比較すると、
この順で優れている。差はわずかであるが、統計的にはっきりと有意の差が出ている。
逆に、体力面で言うと、この逆である。ついでだが、ネアンデルタール人は、
これらのどれよりも体力は優れており、かつ、知力は劣っている。


63 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 01:42:17
IQを信じ過ぎだわな。
IQテスト、受けた事あるだろ。

実はIQテストは受ける回数が増えると点が上がってしまう。
日本人みたいにクイズ好きだったり手先が起用だと、
クイズなんて概念そのものにふれないで生きるのに精いっぱいだった
鉛筆持たずに戦地で育った奴が勝てるはずがない。

でも今知能を客観的にはかるにはそれしかないから、
使っているけど、そのテストそのものがかなり不十分だと思う。

先進国の子供は過去にIQテストかそれに似たものを経験しちゃうので、
どうしても数値は少し高めにでるでしょう。
ユダヤ人が高いのも、小さい時から教育熱心だから、
という要素が一番でかい様に思う。

脳の容積は、多分小さすぎても、大きすぎてもだめで、
最適効率の出せる容積はあるだろう。
でも実際に効率良くneuronを配置できるかどうかのほうが、
IQテストには聞きそう。

64 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 01:58:42
大脳皮質の量がIQに関係すると思います。

65 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 02:00:06
今IQテストを受けたら日本人は韓国人、香港人、
フィンランド人、オランダ人に勝てるだろうか?

66 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 02:22:52
>>62
>実は、生物的には、極東の黄色人種が最も進化していると言える。

これって、某極右サイトからのコピペだろ。こんな恣意的な根拠で同じ人間同士で
「進化している」なんて断言するとは、ナチスと同類だね。自分たちだけが人間と思ってるんだろ。

>日本人や韓国人の脳の容量と、白人の脳の容量と、アフリカ人の脳の容量を比較すると、
>この順で優れている。差はわずかであるが、統計的にはっきりと有意の差が出ている。

黒人の数部族、インディアン、ポリネシアンも白人より脳が大きいがIQでは劣る。
東南アジア人も脳化指数なら日本人より脳が大きそうだが、平均IQは白人より低い。

>逆に、体力面で言うと、この逆である。

短距離走で強い西アフリカ人は長距離で日本人より弱い。逆に長距離走で強い東アフリカ人は
短距離走で日本人に負けてる。アフリカ人と一くくりにすること自体が無知丸出しだ。

>ついでだが、ネアンデルタール人は、
>これらのどれよりも体力は優れており、かつ、知力は劣っている。

ネアンデルタール人は現代人より脳が大きい。そもそも現代人と別系統のネアンデルタール人を
引き合いに出すなど単細胞もいいところ。

67 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 02:29:08
>>57
グールド、ワトソン、ニスベット、リドレーにかかったら、
ラシュトンなんてチンピラだよ。
すぐに結論を急ごうとすること自体がトンデモさんの証拠。

68 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 02:43:22
しきりに、人種対立に持ち込もうとしている奴が一匹いるな。
脳の大きさは、人種差より同じ日本人同士の個人差のほうが圧倒的に大きい。
だが、多くのメジャーな研究者は脳容量は関係ないと主張している。
ttp://www.idac.tohoku.ac.jp/dep/fm/QandA/content/2003/03042.html#Q3

某ハイテク企業に、新しい新入社員が2人入ってきたとする。上司がその2人を見て、
「山田君のほうが鈴木君より頭が大きいから有望にちがいない」なんて考える上司が
日本の企業にいるだろうか?
ちょっと周りの人間を観察してみればわかるけど、関係ないことは一目瞭然ではないか。

69 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 03:25:48
>>68

メジャーな研究者は人種による知能差はないと主張している。

70 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 03:35:00
高校の時の社会の教科書にも人種による
知能や性格の違いはないと書かれていた。

71 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 03:36:07
>>68

山田君と鈴木君に両方にIQテストをして高い方を雇う。

72 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 03:52:28
日本では実際そうじゃねーの、入試という名のIQテスト使って。
少なくとも入社の面接に帽子のサイズはきかれんだろ。

だが、最近テレビ局の買い取りで有名な人みてると・・

73 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 05:17:51
>>70

人権屋の仕業です。

74 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 07:23:44
>「山田君のほうが鈴木君より頭が大きいから有望にちがいない」なんて考える上司が
日本の企業にいるだろうか?

いたら、楽しい。

75 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 09:24:53
禿と知能の関係は…いや、なんでもない。

76 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 12:18:29
>>75

テスト・ザ・ネイションでフサフサが一番IQが高かった。

77 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 14:15:57
>>62
この悪党も、「進化=進歩」と履き違えているな。進化した生物の定義とは?
それは弱肉強食の世界を制覇した種族のことである。
自然界における進化とは、変異と淘汰の繰り返しである。
我々の先祖も、原人や旧人を滅ぼすことで次ぎの進化の扉を開いたのだ。
この観点から考えれば、もっとも進化した人種は白人になってしまう。
我々日本人は、原爆まで落とされて占領されているんだから。
このように、『進化の定義』など本当に恣意的なものなのだよ。
同じホモ・サピエンス同士で進化などという言葉を使って順位づけを
することは、弱肉強食を正当化するのと同じぐらい非道で愚かなことなのだ。
意味がない着目点を強調して優劣の根拠にしようとするところも共通している。
どう詭弁を使ったところで、「私は利己的な人種差別主義者です」と暴露してる
ようなものだ。

78 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 16:00:38
それぞれの国の学力テストの成績=それぞれの国の知能じゃだめなの?

79 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 16:55:49
学力テストが公平かつ人間の知能を広範に測ってれば、それでも良いがな。

80 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 17:08:58
>>78
>それぞれの国の学力テストの成績=それぞれの国の知能じゃだめなの?

これが国の知能の順位かなw
ttp://www.nokai.ne.jp/k-column/img/shiryou15-4.gif

81 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 19:43:48
>>80

科学系の雑誌の売り上げが日本の10倍だからね。

82 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 20:29:00
日本はサイアス(科学朝日)すら休刊になって、まともな科学啓蒙雑誌
すら絶滅危惧種だしなぁ。

83 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 20:59:16
頭のいい人=前頭前野の働きが活発な人ってのはどう?w

84 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 21:27:08
>科学啓蒙雑誌

まあ、朝日にはまともな科学記事かけるひといないし
そんなとこが啓蒙雑誌出しても「こんなもんか」って思われるのがオチだから。

85 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 21:36:05
>>83

オデコを大きい人ですか?白人に多いですね。

86 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 22:33:46
(・A・)ツリ、イクナイ

87 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 00:00:00
>>77
デザイナーベビーは?

88 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 03:08:05
最近では脳容量と知能の関係は関係があるという研究が発表されている。
磁気共鳴撮影(MRI)によるIQとの間に正の相関あるという。
三次元的に推定した脳容量とIQとの相関関係を計算すると中程度の相関が見られるという。
ラシュトンの(人種、進化、行動)より


89 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 03:14:56
>>88
だから、それって10年以上もむかしのトンデモ本です。

90 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 03:15:29
人類学者スティーヴン・ワァーンの著書によると、
アメリカで、テレサ・ブレナンという博士が脳の大きい子供(4〜7歳)と
小さい子供の二つのグループを作り、IQ検査をしたが、
有意差は認められなかったという報告があります。
この手の知能検査は何度も世界中で行われているらしいが、いまだにメジャーな
研究者が知能との相関関係を否定するのは重要ではない証拠ですよ。
ttp://www.idac.tohoku.ac.jp/dep/fm/QandA/content/2003/03042.html#Q3

あと、脳の大きさは環境でも変わる。池谷裕二著「記憶力を強くする」よると、
勤続30年以上のタクシー運転手の脳が肥大した最新の研究報告が紹介されています。
高齢者の脳が20%も増えたのだから、幼少時代から英才教育を受けた人の
脳が一般人より肥大していても不思議はないだろう。

91 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 03:16:24
立花隆著の「脳を極める」では、脳重量と知能が比例しない理由を科学的に証明しています。
脳の大きい人間ほど、糖代謝の代謝レベルが低く、脳の小さい人ほど高いそうです。
だから実際には、頭の大きい人も頭の小さい人も同じぐらいの知能になるとか。
これは日本の脳研究の権威たちも認めている。

92 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 03:22:08
大島清京都大学名誉教授も、一昨年の自著「頭が良くなる脳科学講座」で
脳容量は関係ないと言っている。


93 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 03:25:33
そもそも、IQ自体が頭の良さではないのだがな。単なる特技の一つで。
http://www1.odn.ne.jp/drinkcat/topic/column/z_tawago/z_chinou.html

94 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 03:30:54
このサイトの方の脳容量は1776ccだそうです。
ttp://www.pag1u.net/hajime/datura.html

95 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 04:03:49
知能と寿命は相関するなんて説があるそうだが、
韓国の平均寿命は74歳で、これは黒人国家ジャマイカの75歳より短い。
つまり、韓国とジャマイカで知能差がない証拠になる。

また、過去に犯罪発生率を知能差の証拠にしようとした某インチキ学者がいたが、
OECDの調査だと、台湾の殺人事件は米国より多くスペインの10倍近い。
韓国のレイプ発生件数はイタリアの5倍で、殺人事件もイギリスより多い。
つまり某インチキ学者の説が正しいなら、韓国と台湾はイギリスやイタリアより
知能が低いということになってしまう。

96 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 04:27:22
>>95

各国の環境の要素を考える必要があるな。
でもアメリカで犯罪を多くするのは黒人>>>白人>>>アジア人だ。

97 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 04:57:55
脳の量と知能は関係あります。
自閉症の子供は脳の量が異常に多いでも知能はかなり低い。

98 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 04:59:03
脳の量と知能は関係がないとなぜ言い切れるのか・・・
逆に疑ってしまう・・・

99 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 05:23:51
>>96
>各国の環境の要素を考える必要があるな。
韓国、台湾、中国には死刑制度があるんだよ。麻薬も欧米より入りにくい。

>でもアメリカで犯罪を多くするのは黒人>>>白人>>>アジア人だ。

頭の悪い男だな。小柄なアジア人は白人や黒人の女をレイプできないだろ。白人は銃を持ってるし。
それにアメリカのアジア移民の大部分はIT技術者などの移民が多い。
アメリカは、アジアからの移民を厳しく制限してきたから、低学歴者は移民できない。
移民申請の際、預金通帳等とか提示して生活していくのに困らないだけの経済的裏付けのある
ことを証明しなければならないから、低学歴な中国人や朝鮮人は移民審査でフィルターにかけられ、
移民できるのは高学歴なアジア系の比率が断然高くなるわけだ。だからアメリカのアジア系は
本土よりもIQが高い高学歴者が多い。逆に黒人は奴隷の子孫で、奴隷時代の悪循環をそのまま
引きずっている。しかし、白人の侵略で荒されなかった西アフリカのボボ族、ジュラ族といった
部族社会は犯罪が少ないらしい。日本人が知ったつもりでいるのは黒人本来の文化ではないのだ。

100 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 05:47:43
>>99

アメリカでは黒人の4人に1人は犯罪をやり刑務所に入ります。

101 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 07:36:06
おまいらこの板に居るって事は理系学問マンセーなんだろうけど、
社会の中で置かれた立場だとかが行動に与える影響みたいな事も
少しは考慮できないと恥ずかしいぞ。

102 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 10:34:15
>>98
でかいコンピューターの方が、小さいコンピューターより優れていると言えるのか?
ってことだ。問題は、量ではなく質。

103 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 12:03:28
そもそも黒人を一くくりにすることがおかしい。
黒人同士の遺伝的な違いは結構大きい。白人と黄人の違いより大きい場合もある。
黒人でも背の高さはばらばら。肌の色だけで分類するのは無理がある。




104 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 12:15:31
>>78
科学的リテラシー
http://dataranking.com/table.cgi?LG=j&TP=ed02-2
1 韓国 552
2 日本 550
3 フィンランド 538
4 イギリス 532
5 カナダ 529
6 オーストラリア 528
6 ニュージーランド 528
8 オーストリア 519
9 アイルランド 513
10 スウェーデン 512
11 チェコ 511
12 ノルウェー 500
12 フランス 500
14 アメリカ合衆国 499
15 アイスランド 496
15 スイス 496
15 ハンガリー 496
15 ベルギー 496
19 スペイン 491
20 ドイツ 487
21 ポーランド 483
22 デンマーク 481
23 イタリア 478
24 ギリシャ 461
25 ポルトガル 459
26 ルクセンブルク 443


105 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 15:26:46
>>103

106 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 15:27:58
読解力

http://dataranking.com/table.cgi?LG=j&TP=ed01-1&RG=

1 フィンランド 546
2 カナダ 534
3 ニュージーランド 529
4 オーストラリア 528
5 アイルランド 527
6 韓国 525
7 イギリス 523
8 日本 522
9 スウェーデン 516
10 アイスランド 507
10 オーストリア 507
10 ベルギー 507
13 ノルウェー 505
13 フランス 505
15 アメリカ合衆国 504
16 デンマーク 497
17 スイス 494
18 スペイン 493
19 チェコ 492
20 イタリア 487
21 ドイツ 484
22 ハンガリー 480
23 ポーランド 479
24 ギリシャ 474
25 ポルトガル 470
26 ルクセンブルク 441
27 メキシコ 422


107 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 15:30:18
数学的教養リテラシー

http://dataranking.com/table.cgi?LG=j&TP=ed02-1&RG=

1 日本 557
2 韓国 547
3 ニュージーランド 537
4 フィンランド 536
5 オーストラリア 533
5 カナダ 533
7 イギリス 529
7 スイス 529
9 ベルギー 520
10 フランス 517
11 オーストリア 515
12 アイスランド 514
12 デンマーク 514
14 スウェーデン 510
15 アイルランド 503
16 ノルウェー 499
17 チェコ 498
18 アメリカ合衆国 493
19 ドイツ 490
20 ハンガリー 488
21 スペイン 476
22 ポーランド 470
23 イタリア 457
24 ポルトガル 454
25 ギリシャ 447
26 ルクセンブルク 446
27 メキシコ 387


108 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 16:50:45
それは15歳児の科学的リテラシーだ。15歳の春にほぼ全員に入学試験を課すのは
日本や韓国くらいだ。欧米の子供たちは受験なしで高校へ進学するのだから、日韓が
トップに来るのは当然。しかも東アジア人は早熟だから知的成熟でも欧米人より早い。
大学院までに追いつかれ、社会人で逆転するのだ。東大のレベルはパリ大学より低い。
それが証拠に、OECDが成人の科学的リテラシーを調査したら逆転していた統計がある。
http://www.i-cube.co.jp/mirai/02autumn/suugaku/data/1.gif


109 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 16:51:51
>>104
それは15歳児の科学的リテラシーだ。15歳の春にほぼ全員に入学試験を課すのは
日本や韓国くらいだ。欧米の子供たちは受験なしで高校へ進学するのだから、日韓が
トップに来るのは当然。しかも東アジア人は早熟だから知的成熟でも欧米人より早い。
大学院までに追いつかれ、社会人で逆転するのだ。東大のレベルはパリ大学より低い。
それが証拠に、OECDが成人の科学的リテラシーを調査したら逆転していた統計がある。
http://www.i-cube.co.jp/mirai/02autumn/suugaku/data/1.gif


110 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 16:57:34
>>100
>アメリカでは黒人の4人に1人は犯罪をやり刑務所に入ります。

おまえは読解力がないのか。歴史と環境の違いだと>>99で説明しただろ。

111 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 17:16:05
>>106
読解力でも、塾や受験戦争があって、言語が統一されている国のほうが
本来は有利なはずなのだが。日韓のような単一民族に近い社会より、
欧米のような多民族社会のほうが初頭教育の言語教育は困難だからだ。
特にオランダ、フランスなどは国民の6〜9%はムスリムだが、
連中はアラビア語のコーランばかり読誦して勉強しない。
これで人種の知能差の証拠にするのではご都合主義だね。


112 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 17:37:33
人種の優劣に論点をずらすのはやめろ。水掛け論になるだけだぞ。


113 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 20:16:46
>>108

入試制度も進学率も違うのに、大学同士を比べても国民同士の優劣を比べる上では意味ないだろ?
外国からの入る学生だって欧米だと多いわけだし。
そのリンク先のものは知識の有無を問うものだから、知能の優劣と結びつけるのは無理があるのでは?
PISAのテストは義務教育を覆えた人を対象にした応用力思考力を測る学力テストだから、初等中等教育の優劣は比べられる。
もちろん、遺伝的なものは比べられないだろうけど。
あと、社会人で逆転してるとか言うけど、いろんな調査見ても日本は技術力経済力はトップクラスなわけだが。
技術力で日本を上回ってるといえるのはアメリカぐらいだろ。
もしあなたが言うようにほかの先進諸国が日本人より科学的リテラシーがあるのに、
それが技術力経済力に結びついていないとすると、人材が活用されてないだめな国ってことになるな。
社会人の科学リテラシーが低く、教育予算も少ない日本人に負けるとは、相当おかしい社会なんじゃないか。

>>111

読解力のテストは言語ごとに作っているのでその批判は的外れ。
しかもテストの対象者は義務教育を受けた人。
読解力のテストといっても小論文をかかせるようなものも多く含まれているし、
日本の受験戦争での古文や漢文や熟語の知識は役に立たない。
日本よりGDP比の教育予算が多く、そういう教育に力を入れているはずの欧米が日本を下回るのは、
予算が効率的に使われてない・だめな制度であるか、先天的な要因があるかのどちらかしかないだろう。
それと人種間の知能差の根拠だとはいってない。国家間に知能差があることの根拠だと思う。
その原因が遺伝的なものかそうでないかはわからない。



114 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 21:53:23
>>113
>入試制度も進学率も違うのに、大学同士を比べても国民同士の優劣を比べる上では意味ないだろ?
>外国からの入る学生だって欧米だと多いわけだし。

はぁ? 誰が大学の平均を比較した。

>そのリンク先のものは知識の有無を問うものだから、知能の優劣と結びつけるのは無理があるのでは?

それは>>106を貼ったアホに言ってやれよ。

>技術力で日本を上回ってるといえるのはアメリカぐらいだろ。

以下のニュースを全部読め。
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/shakai/20050314/K2005031206730.html
因みに、日本の自然科学の論文発表数はスイスやスウェーデン、イスラエルの5分の1だ。

115 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/10(日) 22:05:14
世界各国の学者が99年の一年間、SCIに発表した論文数
1位アメリカ(26万8千765、33.22%)、
2位イギリス(7万2千39)、
3位日本(6万8千748)、
4位ドイツ(6万3千63)、
5位フランス(4万5千484)、
6位カナダ(3万2千622)、
7位イタリア(3万1千186)、
8位ロシア(2万1千891)、
9位スペイン(2万927)、
10位中国(1万9千470)
http://www.koreanavi.com/news/headline/20000713-5.html

人口1万人当たりの科学の論文発表数(99年)
1位スイス(1千859)、
2位スェーデン(1千628)、
3位イスラエル(1千515)、
4位デンマーク(1千473)、
5位フィンランド(1千342)、
6位イギリス(1千226)、
7位オランダ(1千180)、
8位カナダ(1千057)、
9位オーストラリア(1千22)、
10位ノルウェー(979)
http://www.koreanavi.com/news/headline/20000713-5.html

116 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/11(月) 00:28:22
>>114

>はぁ? 誰が大学の平均を比較した。

>>108が東大とパリ大学を比較した。

>それは>>106を貼ったアホに言ってやれよ。

念のために言っておくけど、>>109のリンク先が知識を問うもので、>>106のリンク先は応用力を測るテスト。

>以下のニュースを全部読め。

予算確保のための恣意的な調査を真に受けるなよ。
本当にリンク先の記事読んだか?
「緊縮財政の中、例外的に伸びてきた科学技術関係予算にはやっかみもあり、予算削減の論拠にされては大変との思惑からだ。」
「文科省は「日本では大学が論文の7割を書き、研究費は2割しか使っていない。産業界のデータも一緒くたにするのはナンセンス」と反発。大学だけに絞れば、論文の生産効率は「いい勝負」と主張する。」
「岸副会長は「試算の一部が丁寧ではなく、反省点もある。刺激的過ぎたようだ。」

社会人の科学リテラシーが低く、教育予算も少なく、論文発表数が少ない日本人に技術力経済力で負けるとは、相当おかしい社会なんじゃないか。





117 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/11(月) 01:10:17
>>107

数学は5位に落ちましたよ。

118 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/11(月) 01:59:37
>>116
>>108が東大とパリ大学を比較した。

それは頂点の比較で大学の平均ではない。
フランスの人口は日本の半分だから、頂点の比較なら日本のほうが有利だ。

>念のために言っておくけど、>>109のリンク先が知識を問うもので、>>106のリンク先は応用力を測るテス

社会人の知識で負けたら何にもならないだろw 
それに受験も塾もない国の15歳児と比較するのは公平じゃないね。社会通念も違うし。

>社会人の科学リテラシーが低く、教育予算も少なく、論文発表数が少ない日本人に技術力経済力で負けるとは、相当おかしい社会なんじゃないか。

それは過去の貯金で持っているからさ。80年代の日本人は世界一勤勉だった。
それに日本の技術貿易って最近まで赤字だったんだよ。

119 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/11(月) 02:25:02
学業成績や科学技術で知能を比較するアホがいるようだが、どちらも文化依存が大きい。
それに時代の勢いによるところが大きいからナンセンスだね。

20世紀の偉大な数学者を100人選べば、9割以上は白人になるだろう。
その原因を指摘されたら、大概の日本人は時代の勢いや教育の違いに原因を求めようと
するのが普通だろうが、それを言ったら現在の日本の科学技術も東アジアの発展も時代の
勢いじゃないの?、教育の違いじゃないの?ってことになるわけですよ。
因みに、OECD諸国間で労働者一人当たり労働時間は、最短はオランダの1,340時間、
最長は韓国の2,410時間となっています。 韓国はオランダの2倍弱も働いてるわけです。
これこそ時代の勢いです。
ちょっと科学の歴史を勉強すればわかるが、国家の繁栄も知能も生物学的要因とは無関係だ。


120 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/11(月) 03:05:19
>>42
カメだが、ピグミーの脳容積は日本人より大きいって誰が書いた?
日本人の平均よりは200cc以上小さいだろ。
「身体の大きさとの比率で考えると、かなり大きい」ということだ。
身体との比率で考えれば800ccでよいところだが、最低でも
1000ccは越えるし、普通1200cc程度にはなる。
日本人は、1400ccぐらいだろ。

121 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/11(月) 03:14:19
>>119

20世紀の偉大な数学者だったら日本人もかなり多く入ると思うよ。
もしノーベル数学賞があったら日本人は最低でも10人以上は受賞していた。

122 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/11(月) 03:27:50
CNNで、日本の常任理事国入りの是非を投票中。
韓国人とみられる組織投票で、日本が劣勢に立たされています。

YESに投票よろしく。

http://www.cnn.com/2005/WORLD/asiapcf/04/10/china.japan.protest/index.html

123 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/11(月) 03:53:51
>>121
フィールズ賞の受賞数では、
11個アメリカ、7個フランス、6個イギリス(特別賞含む)、5個ロシア、
3個日本、ドイツ、2個ベルギー、1個フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、
イタリア、中国、ウクライナ、ニュージーランド、南アフリカ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E8%B3%9E
計45人でアジア人は4人です。フィールズ賞は4年に一回だから、
ノーベル数学賞があったら日本人は50年で12人だろうが、それでもアジア人と合わせて
10%もいかないよ。まあ、今後はアジア人も増えてくるだろうけどね。
http://www-groups.dcs.st-and.ac.uk/~history/Indexes/1940_1960.html

因みに、日本の数学論文の発表シェアは、世界の5%です。
ttp://shigeki.org/Link/oldlink.html

124 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/11(月) 04:36:38
>>123

日本の科学者はイギリスの5倍います。

125 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/11(月) 19:18:59
日本はハイテクの国です。

126 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/11(月) 19:27:04
日本の科学者にはクレイジーが足りない。




127 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/11(月) 19:37:33
>>124
>日本の科学者はイギリスの5倍います。

それは戦略の違いであり、人種の優劣とは無関係だ。
イギリスの人口は日本の半分だが、弁護士の数は日本の3倍いる。
それに、自然科学の論文発表数では、99年時点でイギリスが多い。>>115
単純比較はできない。

>>125
>日本はハイテクの国です。

日本人と遺伝子がほとんど変わらないブータンやシベリア先住民は
今でも近代化できないでいる。発展途上国は黄色人種のほうが多い。
学業成績や科学技術で人種を比較するのはナンセンスだ。

128 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/11(月) 19:40:08
人類において・・・
>同一種内の脳の大きさは知能とは関係ない(現生人類の健常者でも1000〜2000tの幅がある)
http://nobukazu-web.hp.infoseek.co.jp/page/news.html
人類学の常識です。


129 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/11(月) 22:17:24
>>118
>それは頂点の比較で大学の平均ではない。

>>108の書き方からすると、頂点の大学の比較の証拠として成人の科学知識量の平均を挙げているようだが。
それにフランスが日本より頂点が優秀なのに、経済力技術力で下回っているわけだから、
本当は優秀でないのか、あるいは優秀な人材が生かされてないということになる。

>社会人の知識で負けたら何にもならないだろw 

社会人の知識で勝っていてもそれが技術力経済力に結びついてないなら、意味ないだろ。
日本の子供が優秀だったら、社会通念が違うとか言い出すのに、
フランスの成人のほうが優秀だったら、社会通念を持ち出さないのは、おかしいよな。
>>108のリンク先からいえるのは、フランスのほうが科学の知識量が多いということだけで、知識の応用力とかはわからない。

>それは過去の貯金で持っているからさ。

フランスとかイギリスやドイツのほうが昔から先進国だったわけだから、日本より貯金は多いはずなのに、
日本に技術力経済力で負けている。不思議に思わないのか?

>>117

落ちたはずの日本すら下回っているのが、フランスやドイツなわけだ。日本より教育に金かけてるのに。
日本の子供は勉強する時間が少ないのに、勝っている。

>>119

なんか勘違いしてるようだが、文化依存度が高い指標でも
先天的な知能差が比較できないだけで知能そのものは比較できるはず。
知能差が生物学的要因だとはいってないはずだが。


130 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/11(月) 22:51:49
>>129
>社会人の知識で勝っていてもそれが技術力経済力に結びついてないなら、意味ないだろ。

ヨーロッパの数ヶ国は国民当たりのGDPでは日本より上だよ。フランスも労働時間を考慮すれば
日本より効率がいい。

>日本に技術力経済力で負けている。不思議に思わないのか?

人口当たりの学術論文の発表数では日本より多いと言っただろ。

>日本の子供は勉強する時間が少ないのに、勝っている。

日本は受験のための教育だが、ヨーロッパの子供たちは地方自治体ごとに多様性を
求める教育をやっているからさ。それに勉強する時間なんて信用しないほうがいいよ。
日本人の高校生の近視率は60%を超えてるんだから塾へ行って勉強している証拠だよ。

>先天的な知能差が比較できないだけで知能そのものは比較できるはず。

できないね。タイとベトナムは遺伝子はほとんど変わらないが、学業成績では明暗を分ける。
学業成績は文化依存と時代の勢いが大きい。

131 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/11(月) 22:58:25
15歳児の学力が世界一位のフィンランドなんて、
バリバリのゆとり教育で、夏休みが日本の2倍もあるんだよ。
北欧各国は、だいたい8週間の夏休みがある。高校受験も塾もない。

因みに、高校生の近視率は、台湾84%、香港64%、日本55%、アメリカ25%です。
中国の近視率は70年代に15%だったのが大幅に上昇して現在は50%超えているそうです。


132 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/11(月) 23:08:50
数学論文の世界シェア(ISI社出典)
アメリカ 34.25%
フランス 12.37%
ドイツ   9.91%
イギリス  6.81%
中国    6.13%
日本    5.57%
イタリア  5.51%
カナダ   4.77%
スペイン  4.53%
ロシア   4.37%
イスラエル 2.79%
豪州    2.55%
オランダ  1.65%
韓国    1.52%

133 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/11(月) 23:15:44
>>130を訂正
以下は削除しますw
>できないね。タイとベトナムは遺伝子はほとんど変わらないが、学業成績では明暗を分ける。
>学業成績は文化依存と時代の勢いが大きい。

134 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/11(月) 23:59:20
学力調査で人種の知能を比較するのは適切ではない。
>>104の成績を見てもらえばわかるが、
日本とイギリスの差はわずか12ポイント差だが、
イギリスとルクセンブルクで89ポイントも差がある。
同じゲルマン系の民族同士のほうが大きな差が出ているが、
これが生物学的な要因のはずがない。
これを知能差の根拠にしようと言うのならバカだ。


135 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/12(火) 00:12:40
OECDなどの学力調査に参加した人の成績を、学校単位で得点別に並べてみると、
日本では、真ん中あたりに固まっていて分布して、どの学校も成績は変わりません。
一方、アメリカやドイツは非常に点数の低いところからちょっと高い方まで、
バラバラに分布している。何故か? アメリカにしてもドイツにしても、教育というのは
地方自治体がやるんです。貧乏な町は学校も貧乏です。お金持ちの州や町は、先生の給料を
うんと出すから、成績がいいのです。日本では文部省が半分給料を出していますし、
学習指導要領がありますから、沖縄から北海道まで、どこの学校でもほとんど平均的な
教育を行っているわけです。だから平均が高いんです。

136 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/12(火) 09:32:21
IQの平均値
アシュケナージ系ユダヤ人 IQ117
サハラ以南の黒人      IQ70


これを環境の要素で説明できる人いますか?

137 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/12(火) 09:53:22
ユダヤ人:やる気があった。テストが意味するところを知っていて、頑張った。
黒人:テスト受けに来たら、いくらかお金もらえますよといわれたので、来て受けただけ。
の差じゃね?

138 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/12(火) 10:04:23
アシュケナージ系ユダヤ人 IQ117
科学系のノーベル賞25%受賞

サハラ以南の黒人      IQ70
科学系のノーベル賞0%

139 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/12(火) 20:32:35
>>136>>138
>これを環境の要素で説明できる人いますか?

>>3>>37でほぼ説明できる。ユダヤ人とコンゴ人の赤ん坊を交換して
三世代ほど状態を見れば、ほぼ誤差の範囲のIQ差になるはずだ。
赤ん坊の状態で交換してもその赤ん坊は同じIQにはならない。
ノルウェーで、魚を食べる母親の幼児は食べない母親から育った幼児よりも
IQが数ポイント高いという調査報告もあり妊婦の栄養状態でもIQは変わる。
まあ、平均IQで10ポイント程度の違いなら、知能差はないと
解釈してもいいではないか。

140 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/12(火) 20:33:19
それに、欧米のユダヤ人が極めて特殊な少数民族であることも考慮しないといけない。
少数民族ゆえのモチベーションの高さだ。虐げられた少数民族がモチベーションが高く
その国の平均より傑出することはよく見られる。日本でも、在日コリアンの傑出人
輩出比率は目覚しい。日本最多400勝投手の金田正一、3000本安打の張本勲、
敗戦後の日本人に勇気を与えた力道山や某プロレスラー、ゴッドハンドこと大山倍達、
さらに知的文化でも凄い。日本のビル・ゲイツこと孫正義、天才演出家つかこうへい
フォーブス誌の長者番付常連の重光氏、芥川賞と直木賞は戦後だけで、在日コリアンと
判明しているだけでも8人以上はいる。名前は言わないが、某人気ミュージシャンや芸能人、
某有名企業社長も在日コリアン。日本における在日コリアンの傑出人輩出比率は異常
比率で群を抜いており、それも年々増えている。在日コリアンは日本の0.5%なんだから、
思いつく名前が1人もなくても不思議ではないはずだ。
これはもちろん、在日コリアンが遺伝子レベルで日本人より優秀なわけではないはずで、
フィロソフィーとモチベーションの違いですよ。周りの人間が自分とアイデンティティーが
違うということが独創性をうむのだろう。そして、これはユダヤ人にも通じるところがある。
あと、価値観などの志向の問題もある。アメリカ黒人からペレのような天才サッカー選手が
誕生しないのがいい例で、黒人がスポーツ、ミュージックで強いのも価値志向の問題なのだ。
インド黒人と言われたドラヴィタ人だって無限の天才ラマヌジャンのような大天才が誕生した。
アメリカ黒人からラマヌジャンのような天才が誕生すれば、黒人たちも志向を変えて、後に続く
ものが現れるはずなのだ。

141 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/12(火) 20:54:43
あの世界の王貞治も中国系。父は中国国籍だそうで、
石原都知事の言う、三国人と言われ差別された人たちの子です。
当時、日本に中国系は何%だったのだろうか?0.1%もいないだろう。
あの稀代の大天才が、微々たる中国系から誕生したのは
何を意味するのか? もちろん単なる偶然であるはずがない。
中国人が日本人より野球の才能があるからか?
そんなはずはない。王さんは体も小さいし非力だった。
人口比率からして不自然すぎるし、これは精神的な問題だろう。

142 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/12(火) 22:24:32
テレ朝の、「テスト・ザ・ネイション」でも、京都と沖縄で7ポイントぐらいの差は出たですよね。
去年も、宮崎県と茨城県で6ポイントも平均IQが違ったけど、これをもって宮城県民が茨城県民
より進化してるなんて言い出すバカはいないだろう。
英国の「テスト・ザ・ネイション」では、北アイルランドが最も高かったらしいが、
これももちろん、アイルランドがイングランドより賢いわけじゃないでしょう。そんな根拠はない。
アムステルダムの平均IQがパリより10ポイント以上も高かったなんて統計もある。
アメリカでは、初期のイタリア移民は黒人よりIQが低かったし、北部の黒人は南部の白人よりIQが
高かったなんて統計もある。初期のユダヤ系や中国系も白人と学業成績は変わらなかった。
これらの記録は、民族のIQ差も環境的な要因が大きいことを示しています。
アメリカでアジア系の学業成績の名声が聞かれるようになったのは比較的最近の話で、アメリカの
ベトナム系はこの10年で100%も増加しているが、大部分は技術系の移民なんで、その子供が
平均的に学業熱心でもまったく不思議はないのだ。

143 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/12(火) 22:27:02
訂正
去年も、宮崎県と茨城県で6ポイントも平均IQが違ったけど、これをもって宮崎県民が茨城県民
より進化してるなんて言い出すバカはいないだろう。

144 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/13(水) 00:08:44
>>130

>ヨーロッパの数ヶ国は国民当たりのGDPでは日本より上だよ。

数カ国といっても人口的には小国ばかり。総じて見れば、日本より低い。

>人口当たりの学術論文の発表数では日本より多いと言っただろ。

論文の多さと技術力は別だろ。論文が多いのに、技術力を向上させるのに役立ってないということになる。

>それに勉強する時間なんて信用しないほうがいいよ。

自分の主張に都合の悪い事実は信用しないってことか。

>日本人の高校生の近視率は60%を超えてるんだから塾へ行って勉強している証拠だよ。

近視率と塾に何の関係があるんだよ。
それに塾での勉強時間だって平均的に見れば、むかしほど多くないが。

>>134

なんか根本的に誤読してるようだが、
知能差がある事を指摘するのと知能差が遺伝的な要因で起こると指摘する事とは別だぞ。
俺は国同士には知能差があるといってるだけでそれが生物学的な要因だとは言ってない。
学力調査でもIQテストでも知能その物が比較できないなら、ほかにどういう方法で知能を比較するんだ?
知能を明確に定義し、定量的に計測できないなら、遺伝的な要因が知能に与える影響を論じるのは不可能。

>>141

揚げ足取りですまんが、三国人というのは敗戦国でも戦勝国でもない第三国(=旧植民地)の人のこと。
つまり、台湾人韓国朝鮮人は三国人だが、中国人は三国人ではない。


145 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/13(水) 02:40:27
>>144
>数カ国といっても人口的には小国ばかり。総じて見れば、日本より低い。

ではお前は、科学技術で日本に勝ってるアメリカ、スウェーデン、フィンランド、スイス、イスラエルが
日本国民より知能が高いと認めるのか? フィンランド、オランダなんか15歳の学力でも日本より上だぞ。
人口が少ないと言っても、人口で言ったら黄色人種のほうが圧倒的に多い。しかし成功しているのは
日本以外は人口の少ない国ばかりだ。

>学力調査でもIQテストでも知能その物が比較できないなら、ほかにどういう方法で知能を比較するんだ?

比較してなんになるんだよ。

>論文の多さと技術力は別だろ。

知能にもいろいろあるんだよ。論文が多いということも知能のうちだろ。

>論文が多いのに、技術力を向上させるのに役立ってないということになる。

日本の技術貿易は近年まで赤字だったんだよ。欧米の研究成果を買ってそれを自国の技術に活かすのが
今までのハイテク日本だったんだよ。

146 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/13(水) 02:50:26
>>121
>もしノーベル数学賞があったら日本人は最低でも10人以上は受賞していた。

日本の数学の論文シェアは世界の6%で、これはむかしから変わっていない。
ttp://shigeki.org/Link/oldlink.html
フィールズ賞の受賞数者も過去45人中日本人は3人だから、
もしノーベル数学賞があったら全体の5〜7%日本人が受賞すれば妥当だろう。
ttp://www-groups.dcs.st-and.ac.uk/~history/Indexes/1940_1960.html

147 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/13(水) 03:20:18
知能を測るのはものすごく難しいんだよ。
猿にバナナにしても、
体力差が積み木で階段を組むスピードに影響して、
体力のある猿が利己そうな猿より、早くバナナを取って
しまう事もある。

ましてや人間は体力の他に、やる気だとか、器用さだとか、
ペーパーテストであるIQテストの成績に影響する要素があり過ぎる。

いくらアインシュタインでもやる気ない時にIQテストやると、
点は低くなる。信頼できる平均を出そうとテストを繰り返せば、
テスト慣れのいい奴が、実力より上の点を取り出しちまう。

同じ生活文化の集団では漠然と比較に使えるだろうけど、
違う文化で育つともう駄目かもね。

148 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/13(水) 23:37:39
>>145
>ではお前は、科学技術で日本に勝ってるアメリカ、スウェーデン、フィンランド、スイス、イスラエルが日本国民より知能が高いと認めるのか? フィンランド、オランダなんか15歳の学力でも日本より上だぞ。

学力でも技術力でもIQテストでも上なら、当然日本より知能が上だと認める。
知能に関連している指標の多くで上回っているのに、認めないとしたら、そのほうがおかしい。
それが先天的な要因が大きいのか、後天的な要因が大きいのかはわからないが。
知的障害精神障害に遺伝が関係していたり、
チンパンジーと人の知能差は後天的な要因だけでは説明できなかったりするんだから、
知能に遺伝的要因が関係してると考えるのは自然なこと。
それが脳の量と関係がある釜ではわからないが。

>比較してなんになるんだよ。

ここは知能を比較するスレだろ?
脳の量と知能に関係があるかないかにかかわらず、何らかの方法で知能を比較しないとわからないだろ。

>日本の技術貿易は近年まで赤字だったんだよ。欧米の研究成果を買ってそれを自国の技術に活かすのが 今までのハイテク日本だったんだよ。

そういうのは技術力がないとできないことだよな。
欧米の研究成果を活かす事ができるのは日本だけではないはずなのに、
欧米に日本より技術力の低い国が少なくないのは、研究成果を技術力につなげる制度とか人材が足りてないってことになる。


149 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/16(土) 00:26:22
The Times Higher Education Supplements の発表した世界トップ200大学で東大は、
(総合ランキング) 東京大学・・・12位
(自然科学分野)東京大学・・・7位
(工学・情報工学分野)東京大学・・・7位
(人文科学分野)東京大学・・・9位

世界100位以内の日本の大学(自然科学)
世界順位 大学名
7位 東京大学
15位 京都大学
43位 大阪大学
55位 東京工業大学
57位 東北大学
69位 名古屋大学


150 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/16(土) 02:30:17
>学力でも技術力でもIQテストでも上なら、当然日本より知能が上だと認める。

じゃなんで国力が下なんだ?
本当は能力低いんじゃないか?
テストそのものがあてにならないんじゃないか?

151 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/16(土) 07:09:15
はっきり言って、学力調査は人口が密集している国のほうが圧倒的に有利だ。
例えば、日本国内でも僻地ほど学力、IQが低い傾向がある。
大学進学率では、沖縄は28%、北海道、青森、秋田、岩手も30%そこそこだが、
ベルト地帯の県では50%を超える。
これはヨーロッパも同じで、オランダ、ベルギーといった比較的人口が密集している
国のほうが平均学力が高い傾向がある。
その観点で考えると、日本、韓国、香港、台湾、シンガポールといった国々は欧州より
遥かに人口が密集しているわけで、教育の点では有利なはずなのだ。

152 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/17(日) 20:15:23
脳の重さよりも、神経線維密度や神経細胞密度の方が関係するだろ。
アインシュタインの脳の一部が解析されてたけど、パッと見でわかるくらい、
常人より細胞と繊維の数が多かったぞ。


153 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/17(日) 23:17:27
アインシュタインは前頭葉だかなんだかが常人より十何%か多かったらしいな。

154 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/17(日) 23:41:32
高齢のせいかその天才のせいか、グリアが多いという記事を読んだことがあるよ。

155 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/18(月) 13:15:31
記憶学習の話だけなら、細胞数は関係ない。必要なだけの細胞数で、いかに伝達効率を上げるかがラーニングメモリーには重要。だったはず。
刈り込みとか教師信号とかそんな話だった気がするが、あんま覚えてない。既出でつか?

156 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/18(月) 14:13:08
まあ脳容量以前に、IQ自体が地位・名声との相関関係は低いらしいしね。
あの二重らせんでノーベル賞をとったワトソン博士のIQは122らしいし。
創造力や読解力はIQでは測れないらしい。


157 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/18(月) 14:25:03
脳の容量は、ケルト系よりゲルマン系のほうが大きいと何度か聞いた。
しかし、イギリスで「テスト・ザ・ネイション」をやったら、
ケルト系の北アイルランドがゲルマン系のイングランドより高かったらしい。

158 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/18(月) 14:49:08 ?
喋ってる時が一番頭の良さが分かるね。
コレは持論になっちゃうけど悪態の付ける人は頭が良いと思う。
いわゆる「苦肉」とかね。

159 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/18(月) 19:03:53
苦肉?皮肉じゃなく?
ブラックユーモアってやつかな?
「今日死んだら明日死ななくて済む」みたいな

160 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/20(水) 16:31:37
IQを決定する因子が遺伝か環境かは、
一卵性双生児の一致率でわかります。100に近づくほど高い。

同一人物が二回テストを受ける 87
一緒に育った一卵性双生児   86
別々に育った一卵性双生児   76
一緒に育った二卵性双生児   55
血のつながった兄弟姉妹    47
一緒に暮らす親と子      40
一緒に暮らさない親と子    31
養子として一緒に暮らす子供   0
別々に暮らす赤の他人      0

一緒に育った二卵性双生児より
別々に環境で育った一卵性双生児の方がIQの一致率が高い
のでIQは環境より遺伝が強く関与している証拠です。

親と切りはなった環境でも一卵性双生児はIQの一致率が高いのは事実。
高IQの両親から生まれた子供は、高IQの両親のもとで育つ方が
良い環境で育てられるのでIQがさらに高くなるだろうが
親と切りはなった環境・・・たとえ低IQの血の繋がってない両親の
もとでもそれなりにIQは高くなるはず。

IQは環境の要素よりも遺伝的な要素が大きいです。
よって人種、民族に遺伝的な知能差はあります。

161 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/20(水) 16:41:06
>>160
そのIQってどの知能テストでの話しなんですか。


162 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/20(水) 17:15:15
>>161

ビネーテストです。

163 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/20(水) 20:42:52
>>160
一卵性双生児の知能が似通っているのは、同じ受精卵から発生した
遺伝的に同じ生物だから当然だろう。しかし良く知られているように、
一緒に育った一卵性双生児は環境が同じだからといって同様に成長する
ことはない。なぜなら一卵性の相方の存在が常にあり、その相方との
関係性を築く上で、相手の真似をすることにより自分の行動を決める
こともあるが、お互いに役割分担をして足りない部分を補うこともあり、
成長するにつれて似た部分と異なる部分ができてくる。

だから違う場所で同様の環境を与えられた方が、同一の場所で育つよりも
相手の存在がないので影響を与え合うことがない分だけ似たような成長を
遂げるのではないかということは、想像に難くない。

164 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/22(金) 03:22:37
>>157
アインシュタインの脳は
成人男性の平均重量より12パーセント少なかった

165 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/23(土) 10:57:23
>>150

人口が違うからでは?
スイスとかは一人当たりGDPは日本より上。

166 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/23(土) 16:16:07
アシュケナージ系ユダヤ人 IQ117
科学系のノーベル賞25%受賞

サハラ以南の黒人      IQ70
科学系のノーベル賞0%


167 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/23(土) 16:22:52
湯田の脳は
成人男性の平均重量より120パーセント少なかった


168 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/23(土) 16:27:08
>>167

120パーセント???

169 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/23(土) 16:28:53
虫だから、脳が無いんだよ。

170 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/23(土) 16:39:45
脳容量は体型で簡単に変わる。
小型犬キャバリアは頭が丸く、超大型犬であるウルフハウンドより
遥かに脳が大きい。体重比率から考慮すれば10倍以上は大きいだろう。
ttp://www.custance.org/old/earlyman/fig17.jpg
上図の右側が上からゴリラ、ジャワ原人、現代人で、左側が上から
ウルフハウンド、ブルドック、キャバリアです。
一目瞭然だが、ウルフハウンドとキャバリアの脳容量の差は
ゴリラと人間の差よりも大きい。ブルドックもウルフハウンドより大きい。
ではキャバリアやブルドックはウルフハウンドより賢いのか?
現実は否である。犬種の脳容量と実際の知能はまるで比例しない。
ttp://www.h4.dion.ne.jp/~fuyo/IQ.htm
ボーダーコリーのように頭が小さく賢い犬種もいれば、
パグ、チャウチャウのように頭でっかちな犬種もいる。
これは人間も同様に考えなければならない。
現代人における脳容量の違いも、単なる体型の違いである。

171 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/23(土) 16:53:07
>>166
ユダヤ人が優秀なのは在日コリアンの傑出人輩出比率が高いのと同じ理由であろう。
生物的にユダヤ人が優秀だというのは懐疑的だな。
あとフィロソフィーの違いも考慮しないといけない。

サハラ以南の黒人のIQが低いのも貧困と哲学の違いが最大の原因だ。
初期のイタリア移民は黒人よりIQが低かったし、
中南米では、白人、黒人、黄色人種がほぼ同じIQらしい。

172 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/23(土) 21:44:09
脳が無いからコピペしかできないんだよな。

173 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/24(日) 14:29:32
民族別IQの平均値
アシュケナージ系ユダヤ 117 東アジア人 106 白人 100 黒人  85
このスレの皆様へアシュケナージ系ユダヤのIQは日本人より遥かに高いです。
ユダヤ人は世界一優秀な民族です。
最大値でもアシュケナージ系ユダヤ人>>>日本人です。
アシュケナージ系ユダヤ人の研究者の頭脳に比べたら日本人の頭脳はエテ公並です。
米軍の調査ではアシュケナージ系ユダヤのIQは日本人より遥かに高いです。
現実を見ましょう。アシュケナージ系ユダヤに日本人の頭脳は敵いません。
アシュケナージ系ユダヤの平均IQは117では世界ダントツで一位です。
ユダヤ人は人類の科学、芸術、文学の発展に大きく貢献しておりアメリカのノーベル賞受賞者の
40%近くがユダヤ人です。近年のアメリカの大繁栄にはユダヤ系アメリカ人の影響が大きい証拠です。
アメリカのノーベル賞受賞者の40%がユダヤ系といわれています。
反ユダヤの烙印だけは絶対に避けること。


174 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/24(日) 15:23:51
>>166
>サハラ以南の黒人      IQ70

これには懐疑的だな。IQ70以下って言ったら、精神薄弱児なみだろう。
日本人なら「あ〜う〜」ぐらいしか話せないと思う。
あの西アフリカの黒人たちのマシンガントークを見ていたら、
知能が低いとはとても思えない。ナイジェリアは人口は日本とほぼ同じだが、
民族数は250以上で400種類以上もの言語があるそうな。 1人の人が3,4言語を
使い分けることも珍しくないそうで、これも平均IQが70では不可能だろう。
流布されているリン某の統計にも何かトリックがありそうな気がするな。
統計が真実だとしても、テスト慣れしていないのか、部分的にIQに不向きなのか。

175 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/24(日) 15:25:26
( ゚∀゚)つサヴァン症候群

176 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/24(日) 16:34:42
教育されたチンパンジーの記憶力や判断能力は人間並で、
大学院生5人がスーパーチンパンジーとして知られているアイと競争し、
3人が勝てなかったそうだ。
人間の記憶力は類人猿の代から進化していないのだろうか?
記憶力に関して言えば脳容量は関係ないのだろう。


177 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/24(日) 16:37:43
その点から考えると、チンパンジー並みの脳容量だったホモ・フロレシエンシスが
ネアンデルタール人より賢かった可能性も否定できないだろう。

178 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/24(日) 18:21:25
>民族別IQの平均値
>アシュケナージ系ユダヤ 117 東アジア人 106 白人 100 黒人  85


これは日本人の驕りをたしなめたまでの事。

179 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/24(日) 20:38:44
>>178
おいおい、日本の県単位だって7ポイントぐらいの差はでるんだぜ。
オーストラリアで「テスト・ザ・ネイション」をやったら都会と田舎で
10ポイント以上も違ったらしい。

南部の白人は北部の黒人よりIQが低い。

180 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/25(月) 19:29:48
>>160
遺伝の影響を否定する気はないけど、

>>一緒に育った一卵性双生児   86
>>別々に育った一卵性双生児   76
という違いを見れば明らかに環境の影響「も」受けているわけだ。

それに「別々に育った」というけど、両方の環境にはそれほど極端な差はなかったの
かもしれないよね? 同じ国の別の家庭で育ったとか。
たとえば、片方はイギリス貴族の家で育てられ、片方はアフリカの難民キャンプで
育てられたとか、そういう極端な双子のデータがたくさんあれば、IQの差はもっとずっと
大きくなるんじゃないの? 

だとすれば、この結果から「IQは環境の要素よりも遺伝的な要素が大きい」と言って
しまって良いのか、疑問だ。


181 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/26(火) 11:33:43
優秀な人間が産まれる土壌は、人種ではないです。「アメリカのアジア系が優秀だからアジア系は
知能が高いに違いない」なんて、単細胞な考えを持つ人が現れても不思議ではないだろうが、
少数のマイノリティーが優秀なのはよくある話なのだ。例えば、アメリカのロシア系は億万長者の
輩出率でイギリス系の10倍もある。インド系が管理職に出世する比率は30%を超えるらしい。
だが、平均的なロシア系、インド系がこれほど優秀なわけではない。これはアジア系にも同じこと
が言える。それに、少数のマイノリティーが異常に優秀な現象は、日本国内でも見られる。
在日コリアンの傑出人輩出比率だ。日本最多400勝投手の金田正一、日本最多3000本安打の
張本勲は朝鮮系。敗戦後の日本人に勇気を与えた力道山、ゴッドハンドこと大山倍達もそうだという。
さらに知的文化でも凄い。日本のビル・ゲイツこと孫正義や天才演出家つかこうへい、
フォーブス誌の長者番付常連の重光氏、芥川賞と直木賞は戦後だけで、在日コリアンと
判明しているだけでも8人以上はいる。名前は言わないが、某人気ミュージシャンや芸能人、
某有名企業社長も在日コリアン。日本における在日コリアンの傑出人輩出比率は異常
比率で群を抜いており、それも年々増えている。在日コリアンは日本の0.5%なんだから、
思いつく名前が1人もなくても不思議ではないはずだ。これはもちろん、在日コリアンが遺伝子レベル
で日本人より優秀なわけではないはずで、フィロソフィーとモチベーションの違いですよ。
周りの人間が自分とアイデンティティーが違うということが独創性をうむのだろう。


182 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/26(火) 23:25:13
マイノリティーに優秀な人の比率が多いからといって、先天的遺伝的な影響を否定するのは無理だろう。
知的障害者と一般人の知能差、サルと人間の知能さも環境で決まってるとか思ってるなら別だけど。

183 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/27(水) 00:21:24
遺伝だけで決まると思ってる人も、環境だけで決まると思ってる人もいないでしょ。
ただ、遺伝の影響を考えるにしても、人種間の差よりも人種内の個体差の方が大きいだろうと。
あるいは遺伝的にはほとんど同じと言っていい日本人とコリアンを比較すれば、環境の影響が
よりはっきりと見て取れるだろうという、それだけの話なんじゃないの。

184 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/27(水) 06:40:43
>少数のマイノリティーが異常に優秀な現象は、日本国内でも見られる。
在日コリアンの傑出人輩出比率だ。日本最多400勝投手の金田正一、日本最多3000本安打の
張本勲は朝鮮系。敗戦後の日本人に勇気を与えた力道山、ゴッドハンドこと大山倍達もそうだという。
さらに知的文化でも凄い。日本のビル・ゲイツこと孫正義や天才演出家つかこうへい、
フォーブス誌の長者番付常連の重光氏、芥川賞と直木賞は戦後だけで、在日コリアンと
判明しているだけでも8人以上はいる。名前は言わないが、某人気ミュージシャンや芸能人、
某有名企業社長も在日コリアン。日本における在日コリアンの傑出人輩出比率は異常
比率で群を抜いており、それも年々増えている。

ざっと名前を見てみたところ、IQとは関係ないような・・・・

185 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/27(水) 08:01:45
>少数のマイノリティーが異常に優秀な現象は、日本国内でも見られる。
在日コリアンの傑出人輩出比率だ。

在日コリアンの犯罪率     22.5 倍>>平均の日本人
在日コリアンの生活保護受給率 11.3 倍>>平均の日本人


186 :名無しゲノムのクローンさん :2005/04/27(水) 11:00:21

俺の仮説だが、怒り狂うごとに電気的、化学的ショックで
脳細胞の一部が徐々に破壊されていく。最後に発狂する。
子供の頃から怒りを吹き込む教育をしている国では知的能力
も低く、犯罪者や異常者が続出するのは当然である。
たとえ運動能力や反射神経がすぐれた個体でもモラル面で
破綻をきたす。
だから日本人はそういう者たちと絶対に関わってはいけない。

187 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/27(水) 12:47:32
>>186
コリアンには、生命維持装置として、ブレーカー機能が、脳に
備わっている。
怒りが閾値を超えた場合、すぐにブレーカーを落として、意図的に
脳細胞に過剰な電気信号が流れないようにしている。
このようにして脳細胞が破壊されるのを事前に防いでいるのである。
これは医学用語で火病と呼ばれている。

188 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/27(水) 14:39:10
>>185
何十年前の統計だ?
信頼のおける機関のソースとかあるのか?
右翼のサイトからの引用はやめてよ。

189 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/27(水) 15:05:31
>>184
>ざっと名前を見てみたところ、IQとは関係ないような・・・・

知能・精神力とは関係あるだろう。野球や格闘技も、遺伝子が大差ない民族同士でもモチベーションで
これだけ変わるいい例だろう。


190 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/27(水) 15:31:48
クロマニョン人の脳は日本人より大きかった。


191 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/27(水) 16:46:18
>>190

でも体も大きかったそうですね?

192 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/27(水) 17:26:09
>>191
それを言ったらピグミー族や東南アジア人も体重との比率で
考慮しないといけないだろう。

日本人も明治時代から15cmも背が伸びてるけど、
頭のサイズはたいした変わってないんだよ。


193 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/27(水) 17:38:03
脳の大きさは重要ではない。
高等なショウジョウ科であるゴリラの脳は体重の1/200だが、テナガザルは1/28、マカクは1/88。
下等なサル類のほうがゴリラより脳が大きい。霊長類の脳化指数(脳の体重との比率)を比較すると、
テナガザル>人間>ニホンザル>チンパンジー>オランウータン>ゴリラ
だけどミラーテストを始めとする知能検査で報告されている実際の知能は、
人間>チンパンジー>オランウータン>ゴリラ>テナガザル>ニホンザル
つまり、種が接近すると脳の大きさは重要じゃなくなる。

それが証拠に、世界的に見ても先進国より発展途上国の民族のほうが脳が大きい。

194 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/28(木) 00:01:09
必死だな→>>189

195 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/28(木) 02:02:49
ネアンデルタールは、平均身長が160cmなのに
現代人より遥かに脳が大きかったそうです。
脳容積が1600ccを超える固体もある。
なぜ現代人より脳を大きくしたのでしょうか?
知能を上げるため?
でも実際は石器からして新人ほどの知能ではなかったらしい。
筋肉に使うから?
筋肉で脳が大きくなるならゴリラのほうが筋肉はあるでしょう。

ネアンデルタールの脳はなぜこんなに大きくなったのでしょうか?
この巨大な脳は何に使っていたのでしょうか?

196 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/28(木) 06:43:21
>>184
就職差別があったせいで、よく言えば実力主義、悪く言えば生活を保障されない
やくざな業界に入ったものが多かったというところだろうね。

IQとの関連を言うならば科学者の傑出人を挙げてもらいたいし、朝鮮高校の
偏差値についても論じてもらいたい。

197 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/28(木) 15:24:49
>>196必死だなw

198 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/28(木) 16:39:53
>>195
ネアンデルタール人の脳が大きくなったのは氷河期の寒冷適応が原因だろう。
頭でっかちでずんぐりしているほうが体温が逃げにくい。


199 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/28(木) 17:00:16
すくなくともこういう既知外スレ立てるようなのは脳無し低IQだろう。
どうせあの等質患(ry
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/life/1114343075/l50


200 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/28(木) 19:29:33
>>195

ネアンデルタール人の一部はクロマニヨン人と混血したらしい・・・

201 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/28(木) 22:16:55
>>33
どうも過去の傑出人の脳容積って、捏造臭いところが多いように思う。
ビスマルクが1807gでツルゲーネフが2012gって言うけど、
当人の頭を見てもそんなに大きそうには見えないのだが。

ビスマルク
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Image:Bismarck44.JPG
ツルゲーネフ
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Image:IvanTurgenev.jpeg

時の骨相学者が捏造したと違うか。

202 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/29(金) 01:51:59
>>195
ネアンデルタール人の脳容積は、1700ccを越える場合もある。
身長は、160センチだが、もっとも高い身長のものは、178センチ
くらいある。まあ、平均的にいえば、当時ヨーロッパに進出した、
クロマニョン人(ホモ・サピエンス)とくらべて、身長は10センチ
近く小さかったようだ。

ところが、その時代のクロマニョン人(ホモ・サピエンス)も一般に
脳容積は1600cc程度あった。

ネアンデルタール人は身長は低いのだが、骨の太さと、その骨につい
ていた、痕跡などから考えられる筋肉の量などを考えると身長の
わりに、かなり体重は重く、160センチで85キロとかもっととか
あったようだ。それに対して、南方的なひょろひょろな体格の、
クロマニョン人は、身長はネアンデルタール人よりも10センチ高い
としても、体重は、それほど変わらないか、軽いぐらい。
よって、脳重比では、ネアンデルタール人とクロマニョン人では、それ
ほど変わらない。ほとんど同じ。
現代人は、かなり脳が小さくなっていると同時に、全世界平均をとると
平均身長はかなり小さくなっている。

203 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/30(土) 14:46:24
>>115
素朴な疑問だけどSCIってほぼ全てが欧米誌に限られてるでしょ?
非欧米諸国は不利にならない?

204 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/30(土) 17:22:08
>>195
当然、知能のためだろ。
ネアンデルタール人の知能が劣っていたと考える直接的な証拠はない。
新人に滅ぼされたから新人より知能が低かったという論理は、
白人は有色人種より知能が高いという主張と大差ない。

205 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/04(水) 14:43:08
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1108098838/l50

206 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/05(木) 04:53:00
国立小学校なら塾の事前検査(ビネー式)でIQが140ないと、受けるのを止められます。
受けても受からないという理由で。
ですから、IQが150ぐらいの人は、その辺にゴロゴロいますよ。

207 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/05(木) 06:53:32
人間の脳が膨れた最大の原因は、咀嚼筋肉の退化にある。
以下の図を見ていただきたい。
http://www.custance.org/old/earlyman/fig17.jpg
上図の右側が上からゴリラ、ジャワ原人、現代人で、左側が上から
ウルフハウンド、ブルドック、キャバリアです。
一目瞭然だが、ウルフハウンドとキャバリアの脳容量の差は
ゴリラと人間の差ほどもある。両者に共通しているのは、
咀嚼力の退化と脳の肥大が反比例していることだ。
つまり、「脳が大きくなったから知能が上がった」ではなくて、
頭を締めつけていた咀嚼筋肉が退化したから必然的に脳が膨れたのだ。


208 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/05(木) 06:55:51
以下の写真を見てもらいたいが、ゴリラの咀嚼力はヒョウの3倍はある。
http://www.animalyawns.com/Primates/P0401238.JPG
http://www.animalyawns.com/Primates/TheSilverbackGorillaYawns.jpg
類人猿の最大の攻撃方法は噛みつきだ。もし人間が類人猿と素手で闘争すれば
間違いなく噛み殺されるだろう。だが石や棍棒を武器にすれば互角以上に戦うはずだ。
つまり、猿人以降に武器を使うようになり噛みつきが生存競争で不要になってしまったので
急速に咀嚼力が退化した。頭を締めつけていた咀嚼筋肉が退化したので脳が膨れた。
要するに、「脳が大きくなったから知能が上がった」ではなくて、知能が上がったから
武器を使うようになり、咀嚼力が無用になり、咀嚼筋肉が退化し必然的に脳が膨れたのだ。
そう考えてくると、類人猿並みの脳容積で現代人より知能の高い種族も理論的には
存在しうるということだろうか。チンパンジー並みの脳容積だったホモ・フロレシエンシスが
賢かった説を考えると馬鹿話ではないだろう。

209 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/05(木) 13:16:11
>>204
考古学板で、ネアンデルタールスレッドを主催して、ぼこぼこに
されているのだが、、。
ネアンデルタール人が知能的に劣っていた証拠というのはない。
おっしゃるとおり。
考古学的に立証されているシャテルペロン文化の存在がそれだ。
シャテルペロン文化では、後期旧石器時代になって登場する、石刃
技法が用いられていて、かつ、ペンダントなどの装飾品もでる。しか
し、その文化をもっていたのはホモ・サピエンスではなく、ネアンデ
ルタール人であったことが、立証されている。3万5千年前から3万年
前ごろまでのフランス中部からスペインのほうにかけての狭い領域
で起こった文化だ。当時、ホモ・サピエンス(クロマニョン人)は、
すでにヨーロッパ進出をしていたので、その両者の交流で生まれた文化
と解釈されている。しかしそのホモ・サピエンスもまた、8万年前以前
においては、決して、文化的とはいえなかった。20万年前ごろアフリ
カで成立したホモ・サピエンスが、8万年前ごろまでは、ネアンデルタ
ール人と同様のルヴァロア技法をもつ中期旧石器時代の段階にとどまった
のである。
ヨーロッパに進出したホモ・サピエンス(クロマニョン人)は、後期
旧石器文化段階のオーリニャック文化をもっていたが、この文化の発祥
の地は、ザクロス山系であり、その地はずっと長らく、ネアンデルタール
人の住むところであり、原オーリニャック文化とその地におけるネアンデ
ルタール人のルヴァロアゾ・ムスティエ文化とは連続する。
ということは、少なくともヨーロッパにおいては、現代人的な文化で
ある後期旧石器文化としてのオーリニャック文化は、ネアンデルタール人
とホモ・サピエンスとの共同作業で生まれたというのが、考古学的証拠
からみた、もっとも自然な解釈である。

210 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/12(木) 19:52:27
IQは遺伝か環境か・・・?

答えは簡単です。遺伝です。

同一人物が二回テストを受ける 87
一緒に育った一卵性双生児   86
別々に育った一卵性双生児   76
一緒に育った二卵性双生児   55
血のつながった兄弟姉妹    47
一緒に暮らす親と子      40
一緒に暮らさない親と子    31
養子として一緒に暮らす子供   0
別々に暮らす赤の他人      0

多くの心理学者によると裕福な家庭に低IQで生まれるより
貧しいスラムで高IQで生まれる方がその後の人生をおいて遥かに有利だそうです。

211 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/12(木) 20:15:46
>>210
こんなわけわからんデータ出されてもな。

212 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/12(木) 20:33:36
>>211

一卵性双生児の一致率でわかります。100に近づくほど高い。

同一人物が二回テストを受ける 87
一緒に育った一卵性双生児   86
別々に育った一卵性双生児   76
一緒に育った二卵性双生児   55
血のつながった兄弟姉妹    47
一緒に暮らす親と子      40
一緒に暮らさない親と子    31
養子として一緒に暮らす子供   0
別々に暮らす赤の他人      0


213 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/12(木) 21:32:23
一致率ってなんですか。

214 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/13(金) 09:46:51
ほかに質問できるスレがみあたらなかったので質問します。
角田忠信という研究者が提唱した右脳、左脳っていう言葉ありますよね。
ググっても一般的なサイトがひっかかりすぎてよくわからないのですが、
これってアカデミックな脳研究ではどうみられているのですか?
なにかすごく便利な言葉に思えまして。
もしかしてトンデモなんでしょうか。昨今のゲーム脳とかは叩かれていますよね。
脳研究の事情にくわしいかた、右脳左脳論の正体をおしえてください。
当方、文系です。

215 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/13(金) 12:47:32
IQは知能が高い証拠にはならない。これはパズルを解く才能のようなもので創造力は測れない。
ノーベル賞も取り、20世紀を代表する物理学者の一人であるファインマンのIQは123で、
彼の妹より低かったそうな。(C.サイクス著「ファインマンさんは超天才」より)
DNA研究の父であり、ノーベル賞を受賞したジェームズ・ワトソンは、自らの著書「DNA]で、
自分のIQは122と暴露している。
過去、わかっている範囲内で、歴代ノーベル賞受賞者にIQ140以上はいないという。
http://www1.odn.ne.jp/drinkcat/topic/column/z_tawago/z_chinou.html
それに、IQは文化依存度が高い。心理学にフリン効果と呼ばれる現象があるが、
先進国の平均IQは世代単位に5〜25上昇している。日本人の平均IQも戦後20ポイントほど
上昇した。これはIQがフィロソフィーで決まる動かぬ証拠であり、あのDNA研究の父
ワトソン教授も支持している。ブータンって日本人にそっくりな顔した仏教国があるが、
そこの平均IQは78しかない。黄色人種で平均IQが高いのは箸文化・儒教文化圏の民族に
限られ、ブータン、カンボジアといった手掴み文化圏の黄色人種のIQ、学業成績は低い。
このことからも文化依存の大きさがわかるだろう。


216 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/13(金) 15:46:05
無差別級の格闘技や大相撲で、一般人並の体格で横綱になるのはまず不可能だろう。
だが、脳容積は一般人以下でノーベル賞級の天才は珍しいことではないらしい。
数学オリンピックの代表メンバーは日本人でもトップクラスの数学頭脳の持ち主と言って
過言ではないだろう。だが外見はみな普通の中高生だ。8頭身の子もいれば、頭の小さい子もいる。
ttp://www.imojp.org/
 ↑
世界的数学者であるピーター・フランクルも頭は小さい。

217 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/14(土) 11:24:54
>>210
よくわからんデータだが、この場合の「別々に育った」っていうのは、
片方は「裕福な家庭」で、片方は「貧しいスラム」で育った事例を集め
たってことなの?


218 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/14(土) 15:29:08
片方は低IQで「裕福な家庭」でもう片方は高IQで「貧しいスラム」育った。
後者がその後の人生に置いて遥かに有利。

環境の要素より遺伝が重要です。

219 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/15(日) 22:50:06
話が混乱してるな。
片方は低IQで「裕福な家庭」で、もう片方は高IQで「貧しいスラム」で育った、
っていうのは双子の話とは何の関係もないんだよね? もし遺伝で決まるっていうなら
スラムで育とうが裕福な家で育とうが同じくらいのIQになるはずなんだから。

その後の人生云々も、遺伝と環境の話とは何の関係もないよね?


220 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/18(水) 01:21:01
>>219

双子の場合はスラムで育つよりより裕福な家庭で育つ方がIQは高くなります。
全然別人の場合は豊かな家庭に低IQで生まれるより
貧しいスラムで高IQで生まれた子供の方がその後の人生に遥かに有利です。

221 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/19(木) 19:18:50
ラシュトンの本をトンデモだとして批判しているつもりになっているやつがいるが、
ラシュトンは脳容積に関するデータをサーベイしてるに過ぎないから、まるで反論にならない。
もっとも信用性ある磁気共鳴撮影による脳容積と知能検査との相関は0.4に達し、
ある程度の相関があることは疑えない。

222 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/20(金) 23:28:39
>>220
>双子の場合はスラムで育つよりより裕福な家庭で育つ方がIQは高くなります。
つまり遺伝も環境も重要だという、当たり前の結論に落ち着くわけだ。

>>豊かな家庭に低IQで生まれるより貧しいスラムで高IQで生まれた子供の方が
低IQとか高IQとか、定量的でない議論をされてもね。
豊かな家庭にIQ99で生まれるのと、貧しいスラムでIQ101で生まれるのとをくらべても
後者が有利なの?


223 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/23(月) 18:59:36
>>222
>豊かな家庭にIQ99で生まれるのと、貧しいスラムでIQ101で生まれるのとをくらべても
>後者が有利なの?
その程度では後者が有利とは思えません。
でも10も20もIQが高いと貧しい家庭の方が遥かに有利ですね。

224 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/23(月) 19:00:17
>>221

そうです。同じ人種で脳の量と知能は相関関係があるという研究があります。
MRI(磁気共鳴装置)で脳の量とIQには40%ほどの中程度の正の相関があったそうです。

もちろん完全に正比例していないので人種差を比べるのは適切ではないが・・・


225 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/23(月) 23:20:37
>>223
「10も20もIQが高いと貧しい家庭の方が遥かに有利」っていうけどさ、それも程度問題で、
たとえば世の中には明日食って行くのもやっと、という家庭もあるわけだ。そこで生まれた子供は、
IQが高いから有利とか、そんな悠長なこと言ってる前に餓死してしまうことだってある。
そりゃIQが低いよりは高い方が統計的には有利だろうけど、それは、貧富の差や、体力の差や、
美醜や、性格や、運や、その他もろもろ、数あるファクタの一つにすぎないんじゃないの?
貧富の差よりもIQの影響が大きいとか、その手の議論は、比べられないものを無理矢理に比べて
いるように聞こえるんだけど。


226 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/25(水) 03:17:33
確定しているこのランキングを参考に♪
=学歴社会的・総合評価=

           ■■■難関私立大学 最新格付け 2006■■■


1位 : 慶応大・・・私学最古の歴史と伝統を誇るが、学生の気質は、案外ぱっとしない人が多い。
2位 : 早稲田・・・「私学の雄」を謳うが、色々「下品」な話題が挙がる。蔑称「スーフリ大学」。
3位 : 上智大・・・受験界では「早慶上智」と言われるが、男子受験生には不人気の国際派大学。
4位 : 明治大・・・早稲田と法政を「永遠のライバル」視する、各スポーツ種目の強豪校。御茶ノ水を聖地とする。

5位 : 同志社・・・新島襄が創立し、関西私大の雄を自認する。最近は「振り向けばリッツ」の焦り。「西の立教」。
6位 : ICU  ・・・クリスチャン念願の末に創立され、三鷹にある外国スタイルの大学。過大評価されやすい。
7位 : 立教大・・・天下の「東京六大学ブランド」ホルダーで、米国聖公会宣教師の私塾が起源。 池袋校舎は人気。
8位 : 法政大・・・日本最古の法律学校が前身で、政財界に多数の人材を輩出。元バンカラ系・人種の坩堝的な大学。

9位 : 理科大・・・創立125年を誇る理系私大の雄。歴史はあるが、存在感が薄い。理系学生限定に高評価。
10位 : 立命館・・・「偏差値操作」で悪評高くも、受験生は急増。関西私大トップを目指す。通称「西の法政」。
11位 : 中央大・・・「伝統の法学部」は上智に並ぶが、他学部は不調。「資格実績の高さ」を売る、多摩の森大学。
12位 : 青学大・・・女子受験生(限定)に絶大な「ブランド」を誇るが、実績に難あり。明治学院の姉御的存在。

13位 : 学習院・・・「皇室御用達」のみが看板の、小規模な学校。「武蔵」「成蹊」「成城」とつるむ。
14位 : 関学大・・・最近凋落著しく、首都圏では「西の関東学院」とも…。 今も昔も人気は関西限定。
15位 : 関西大・・・「法科の関大」でそれなりに評価が高く、大阪私大の雄。「難関私大最後の牙城」。
========= ========= ======== ======== =========

その他


227 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/25(水) 11:51:34
脳容量とIQに相関関係があってもまったく不思議はないのです。

脳は幼少期の頃、とくに10歳くらいまでに急速に発達します。脳の重さは8歳で大人の
90%近くなりますし、また、神経回路も幼少の頃に豊かに発達します。したがって、
幼少の頃の環境と教育はとても大切です。たとえば、幼少期の栄養が不良だけでも、脳の
神経回路はよく発達せず、知能指数IQもぐんと下がってしまいます。もちろん環境も重要
です。ネズミの実験で、遺伝的には同一の個体を異なった環境で育てると、脳の重さや
知能がかなり変わってしまうという有名なデータがあります。豊かな環境で育てると、脳
はより大きく,知能もよくなるのです。
当然のことながら、これは人間にも同じことが言えるのです。健全なエリートの家庭で
賢脳食と英才教育で育った子は脳も大きくIQも高く、母親が商売女で不栄養な粉ミルクで
育った子は間違いなく脳が小さくIQも低いはずなのです。

228 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/25(水) 11:54:50
脳重量とIQの相関関係について
ttp://www.pri.kyoto-u.ac.jp/brain/brain/09/index-09.html


229 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/25(水) 20:07:46
生物板のみなさん、同じ遺伝子を持ったねずみが、環境の違いで脳容積に違いが出たという論文ってほんとうなんですか?
誰の研究でどの雑誌にのったものなんでしょうか?
真実なら相当のビッグニュースのハズだが。

230 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/25(水) 20:16:28
MRIで測定した脳容量とIQには40%程度の中程度の相関があります。

231 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/25(水) 20:23:39
知能検査の歴史は有害な歴史です。
多くの研究者は黒人や女性は劣っていると考えている。

232 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/25(水) 20:28:55
>>230
同県関係を%であらわすと、君の知能の低さが立証されてハズカシイよ。

233 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/25(水) 20:30:17
>>230
相関関係を%であらわすと、君の知能の低さが立証されてハズカシイよ。


234 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/25(水) 21:09:51
>>231

同意です。人間の測り間違いでグールドも述べている。

235 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/25(水) 21:47:47
知能検査や行動遺伝学を否定する者は、地動説や進化論を否定する人間と同類。
キリスト教が人権教に変わっただけ。

236 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/26(木) 04:05:29
まあ遺伝学そのものを否定するのはボケだが
遺伝学を学びながら適当なカテゴリーの黒人とかを安易に設定する奴も単にアホ
IQなんて未熟な基準を信奉しすぎるのもバカ

ただダーウィニストが未来を切り開くのは自明
反対してる連中は刺身のつま

237 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/26(木) 20:59:28
>>236
>IQなんて未熟な基準を信奉しすぎるのもバカ
知性を測るより成熟した基準ってなんなの?


238 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/28(土) 13:32:53
>>237

学力です。

239 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/31(火) 19:03:29
>>237
学力は学んだカリキュラムの影響を露骨に受けるからダメ。
素質を測るという意味ではIQのほうがまだまし。
実際IQのほうが遺伝で決定されている率が高い。

240 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/31(火) 19:06:28
何が分かればいいのさ?

ホリエモンと田中耕一、どっちの方を上なんだい?
そしてその評価は本当に正しいのか? どうやって検証すりゃいいんだね?

241 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/31(火) 19:11:34
>>229
環境によって生物の成長が異なるのは当たり前のことだと思うが?


242 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/01(水) 18:47:38
>>240
ホリエモンと田中浩一を比較しても意味はないが、
人種別のIQ差を比較するのは意味がある。
なぜなら、ある人種が平均的に劣っているのは環境のせいなのか遺伝のせいなのかを分析する必要があるからだ。
もし遺伝的な理由なら、アファーマティブアクションは無意味である。
また劣った人種の国が先進地域になることもあり得ないという点で、世界経済の予測にもつながる。

243 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/01(水) 23:55:37
紀元前4、5千年ころに知能テストをやっていたら、
エジプト人や中国人がもっとも優れた民族だという
結果がでていただろうね。


244 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/02(木) 13:04:52
>>243
テストの内容にもよるね。
迷路テストやコース立方体テストなら必ずしも文明国の人間が優秀というわけでもなさそうだ。

245 :名無しゲノムのクローンさん :2005/06/02(木) 15:21:22
>>243 実に愚か意見だ
知能は個人的能力である。昔の文明でも同じ。
しかも今と昔では人種が同じとは限らない。
今のシナ人をすべて集めても、ダビンチやアインシュタインの
創造力に及ばない。

246 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/02(木) 17:12:52
>>242

ベルカーブ?

247 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/02(木) 18:04:09
アファーマティブアクション(差別撤廃処置)で
黒人やヒスパニックは成績がアジア人より悪くても大学に入学できる。

アメリカは変な政策を実施していますね。

248 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/02(木) 18:18:42
>>247
密かに、日本の国立大学に朝鮮人特別枠があった事を、最近知った俺 OTL

これって、大学入学資格がなくても、なぜか大学に入学しているって事だよな?

249 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/02(木) 22:23:21
>>245
君の日本語は変なので何を言いたいのかよくわからないんだけど、
>知能は個人的能力である。昔の文明でも同じ。
というのは、古代エジプト人や古代中国人のような素晴らしい文明を築いた民族
であっても、文明とは無縁の生活をしていた人びとと比べて知能が高かったわけ
ではないと、そう言いたいのだろうか?


250 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/03(金) 02:48:51
>>249

そうですよ。

251 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/03(金) 02:49:43
アメリカでは差別撤廃処置で黒人は成績が芳しくなくても大学に余裕で入学できます。

252 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/03(金) 08:44:46
>>250
だとすると、現在先進国で生活している人びとも、後発国、最貧国でくらしている
ひとびとと比べて知能が高いとは言えない、ということになるね?


253 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/03(金) 19:08:17
>>252
そのとおり。
実際人物画知能検査では、エスキモーはアメリカ市民よりはるかに成績がよい。

254 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/03(金) 19:43:17


255 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/03(金) 21:08:58
キャッテル知能検査だと中国人より西洋人のほうが成績がいいらしい。

256 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/04(土) 10:05:47
つまり知能を測る指標はたくさんあって、どの民族が良い成績をとるかは、
どういう検査をするかによって変わるということだね。

しかしその差は遺伝よりも、うまれたあとの生活の中で、どういう脳の使い方が
要求されてきたかという、後天的な要素の方が大きいんじゃないかという気が
するんだが、どうなんだろうね。


257 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/05(日) 16:47:02
知能や才能は確かに個性がある。
ただし、後天的要素が強いモラルや民度は国家単位で大きな差がある。
前のレスに書かれていたように、憎しみや憎悪を幼稚園から教育している
ような周辺国の者は世界的な基準で糞以下の存在である。

258 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/05(日) 20:50:46
しかもモンゴルの圧制やチベットの虐殺とかは教えないんだよね
自分らに(というか党に)都合のよい教育してるだけだしね

259 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/05(日) 20:59:43
あれってごく一部の党の幹部だけがいい目をみていて、
他のひとたち、とくに農民と離農した労働階級の人たちが
やすくこき使われている体制なんだよね。
世界的に見てどれくらい不公平か、もっとちゃんと
日本の教科書にも書くべきなんだよ。

260 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/06(月) 10:26:46
>>257
>憎しみや憎悪を幼稚園から教育している
日本でも60年ほど前までは子供の頃から「鬼畜米英」とか教え込んで
いたわけだが、当時の日本国民は民度が低く、糞以下の存在だったと
>>257は考えているのであろうか?


261 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/06(月) 12:41:24
>>260 戦時中の数年間だけでしょう。戦争中はどこの国でもやってる。
平和なときに何10年もやっている国民が異常だということではないのかい。

262 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/06(月) 13:22:30
俺は川島先生を信じる。

263 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/06(月) 22:22:58
>>261
戦後、日本は「平和」だったかもしれないが、近隣諸国は、とうてい平和とは言えない
状態だったよね。


264 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/07(火) 12:04:45
>263   戦後、近隣国が日本と戦争していたとは思えないんだがな。
反日妄想の中ではそうかもしれんが、話のすり替えは止めたほうがいい。

265 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/07(火) 18:52:21
なんか>>257あたりから話がずれてるな。嫌韓厨、嫌中厨はどこにでも湧いてくるから始末に負えない。はやく巣に帰ってくれ。


266 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/13(月) 14:42:41
MRIで測定した脳容量とIQには40%程度の中程度の相関があります。

267 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/13(月) 16:11:34
つ iqtest.dk

おいら128だった。

268 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/14(火) 20:19:17
脳の量の知能には相関関係はない。

269 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/15(水) 00:13:02
みんなttp://iqtest.dkやってIQ報告してヨン

270 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/15(水) 14:05:46
>>269

20分ほどやって135だった。

271 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/15(水) 19:22:04
>>270
まぢで? Mensaレベルじゃん。いいなあ。

272 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/15(水) 19:24:19
小学校の時149だったけど、いまでもそのぐらい出るか不安

273 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/15(水) 19:33:17
>>268
脳容積と知能には0.4の相関関係がある。
この結果は揺るがない。

274 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/15(水) 19:38:22
>>273
それは微妙な相関だね。どうとらえりゃええんさ?

275 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/15(水) 19:45:54
関係ないと思うが
同級生で頭の小さいやつが東大行ったし。
それも兄弟で

276 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/15(水) 20:56:51
>>275

それは例外だろう?

277 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/16(木) 08:30:47
俺は川島先生を信じる。

278 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/16(木) 12:11:41
世界でもっとも脳が大きい民族は、南米先住民のフエゴ族だとか。
確かに、南米インディオは超短頭だし脳は大きそうだ。

南アフリカのコーサ族(ネルソン・マンデラ氏の出身部族)の男性は黒人なのに、
平均の脳容積が1570ccあるそうです。(ストリンガー著「出アフリカ記」より)
黒人部族にもいろいろいるんですね。


279 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/16(木) 16:11:40 ?#
脳の表面積∽大脳新皮質の量∽IQ

280 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/16(木) 16:35:02
神経細胞の密度も重要だろ。
アインシュタインの大脳新皮質は、常人より薄かった、
つまり量は少なかったと思われるが、そのおかげで神経細胞の密度は高くなっていたというし。
(まぁ、数学に関連するなんたら部位は普通に大きかったらしいが。)
カラスの知能の高さも、人間以上の神経細胞の密度のおかげ。
確かに同じ細胞の密度なら量が多いほうがIQは高くなりそうなものだが、
実際には細胞の数は脳の大きさに関わらず、大体一定くらいで、脳が大きくなれば、
その分密度は下がってしまうんじゃないだろうか?
ホモサピエンスという種としては、数万年前から比べて徐々に脳が小さくなってるらしいが、
おそらくそれも密度と大きさのバランス取りの結果じゃないのかと思う。

281 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/16(木) 21:18:42
クジラは脳が大きいけどイルカと同じ知能だしな
やはり密度の問題だな
高性能で小さい電気製品は高いのと同じか

282 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/17(金) 11:14:41 ?#
密度×容積∝神経細胞の数∝IQ
ということでOK?

283 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/17(金) 18:05:27
MRIでの脳容量とIQには40%程度の相関がある。

284 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/17(金) 21:09:38
>>283
怪しい・・・池沼を含めてないだろうね?
それだと後頭部絶壁の日本人のIQが低くなってしまう

285 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/17(金) 22:00:28
>>284
283ではないが、基本的に複数の研究が一致して出した数値だから、信用できる。
使用した標本は、普通の人間だそうだ。つまり平均的知能と、平均的な分散を示す標本だ。
だから、池沼を含めているだのいないだのと言った問題は存在しない。
また、日本人の脳容積は欧州白人と同じくらいだから、IQが低いということにはなるまい。

286 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/17(金) 22:57:41
>>280ホモサピエンスという種としては、数万年前から比べて徐々に脳が小さくなってるらしいが・・・

素直に、ホモサピエンスという種は数万年前に進化の頂点に達し、それ以降次第に退化していると結論しては?

287 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/18(土) 18:07:51
>>286
数万年前つーことはないだろう。
ただ、1万年前(間氷期の始まりごろ)から食料環境が劇的に改善され
進化的な淘汰圧が緩和されたのは確かで、人類は多様化および自己淘汰を始めた。
そのときから、IQという観点では進化の頂点を迎えたのかもしれない。

少なくとも、情報伝達・記述のための言語体系を作り上げる能力を持つ
現代人はいないか、いたとしてもホンの一握りに過ぎないだろうが、
太古の人はそれを成し遂げてきたわけだから。

288 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/21(火) 19:21:48
おれは、未開社会の人間は抽象的なルールに関する知識が乏しい分、
具体的な知識を大量に必要としたのだと思うよ。
クロマニヨン人はそのでかい頭の中に、たくさんの生活の知恵を詰め込んだものと思われ。
実際、過酷な狩猟採集社会では、現代の「境界線」級以下の人間は生きていけなかっただろう。

289 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/21(火) 19:47:40
抽象的なルールに関する知識は乏しくないと思う。
具体的なものを抽象化する能力は、もともと頭脳に組み込まれている、
と思う。昔は淘汰がきつかった分、今より能力の優れたものの割合は
高かったのではないだろうか。

290 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/21(火) 20:04:45
そうだな、特にクロマニヨン人は寒冷地に住んでいたから、よほど身体壮健、頭脳明晰でなければ生き残れなかったろう。

291 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/21(火) 21:52:35
http://www.moriyama.com/netscience/

292 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/21(火) 23:29:49
脳の容積による知能差なんてのは、よっぽど顕著な違いが
なけりゃ、そう顕著に表面化しないんじゃないか?
たとえばヒトのアタマの善し悪しなんてのは、ハードウェア
よりも、むしろソフトウェアの違いが大きいと思う。
ハード面の性能差なんて、最新PCと2〜3年前の型落ちPC
ほどもあるモンじゃなかろ。

293 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/22(水) 11:20:01
>>292
その意見には否定的だ。

294 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/22(水) 12:23:51
猿人から現代人を見るまでも無く当然大有りでしょ。
ただし、IQ、学力レベルは脳もしくは大脳新皮質に限っても非常に限定的能力なんで大差がないどころか小さい方が伝達速度が速くて良い?
いわゆる人間的「器」、総合的能力はどうしても大きさに比例かもな。


295 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/22(水) 19:14:35
>>289
そうかなあ。
「法則的認識」は現代になればなるほど発達すると思うよ。
なかんずく学校教育の影響が多い。
たとえば、前近代の「職人の智恵」は、とても優れているが、
基本的に因果関係を考えない経験的知識の積み重ねであるから、伝統を離れたことはまず出来なかった。
寺院建築なんて、宮大工の優れた仕事だけど、現代の目から見ればそれも型にはまっている。
今なら、ちょっと建築工学を学んだ学生なら、もっと多様な建築設計が出来るだろう。

296 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/22(水) 19:36:53
>>295
現在の技術を持ってすれば、1000年耐久しうる五重塔の建造も簡単であると?
その意見には否定的だ。

297 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/22(水) 20:41:24
猿人と現代人の脳容積の差
約500ccと約1500cc←顕著な差

現代人間の個体差って、こんなのに比べりゃ微々たるモンじゃない?

計算力とか記憶力とかは十分あっても、ものの考え方が
ちぐはぐだったりってのは、たぶんハード性能とは別の
モンダイが大きいんだと思う。
ところで「その意見には否定的だ」って、どっかで流行ってるのか?


298 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/22(水) 21:20:10
>>296
そうじゃなくってさ。
昔の人の知識はなぜそうなるのかを考えない経験的な事実の集大成であって、工学的に体系化されていないって事。
だから非常に型にはまっている。
前近代は近代に比べ変化に乏しい。
況や石器時代はクロマニヨンといえども何万年にも渉って同じ生活を繰り返した。
これは自然を法則的にとらえ、それを改良するという意識がなかったことの現れ。

299 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/23(木) 00:28:09
>>296
昔建築された数々の建物の中で、
たまたま優れた構造だから今まで残ってたというだけで、
昔の技術が今より上だったわけじゃない。
糞みたいな建築物は崩れ去ってもう残ってない。
平均取れば、確実に今の方が上だろう。

300 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/23(木) 10:49:29
>>298
た ま た ま  知識を体系化したヒトがいて、
それをあなた方は 暗記 した。
それでチエが付いたような気分になった。
古代人の知識と差があるのだろうか。
現代は知識の集積が既にあり、加えて人口もふえたので
知識が失われにくくなったのに過ぎないのではあるまいか。

>>299
平均をとることにどんな意味が?

301 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/23(木) 11:32:58
IQ200の天才児が飛び級で大学入学とかたまにあるけど、
例えば10歳でIQ200だと、その子は20歳程度の知能ということだから
よくよく考えてみると大したことないんだよね。

逆にIQはごく平凡な10才児が飛び級で大学に入ったりしたら
物凄い天才なのかもしれないけど。

302 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/23(木) 12:54:25
いみわかんない

303 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/23(木) 18:02:18
>>301
意味不明です。

304 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/23(木) 20:31:25
80歳の知能を持った40歳なんてのはどうだ。


305 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/23(木) 22:09:02
>>304
年齢でIQを推定するのは15歳くらいまでです。
大人のIQのもとめ方は自分の知能検査の得点÷知能検査の平均点×100

306 :(ノ∀`) アチャー:2005/06/23(木) 22:17:01
そもそも、頭の良さって何だろうと思ったおいら。
多分、勉強って観念だけだとIQはあんまり意味ない気がする。
親類の叔母さんはIQ昔はかったら80だった。
でも、学校での成績は一〜二番だったそうです。
(その後の進学も結構いい場所いったらしい)
ちなみにオイラのIQは108でふ。
でも、中学と小学の成績はかなり↓でした。
何でだろ?(オイラが怠け者はキニシナw)

307 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/23(木) 22:33:20
あのさ〜いいところに進学できたらそれって頭いいんか?


308 :(ノ∀`) アチャー:2005/06/23(木) 22:41:17
だから「勉強」って観念だよw
おいらが言いたいのは「勉強できるかどうかはIQ関係ないかも?」
ってくらいのもんだからw

309 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/23(木) 22:46:40
ゴリラの脳容積は体重の約500分の1

体重当たりの脳容積は・・・
 テナガザル>ヨザル>アカゲザル>人間>ヒヒ>チンパンジー>オランウータン>ゴリラ

実際の知能は・・・
 人間>チンパンジー>オランウータン>ゴリラ>テナガザル>ヒヒ>アカゲザル>ヨザル


310 :(ノ∀`) アチャー:2005/06/23(木) 22:50:00
スミマセン_| ̄|○間違って下げしもうた・・・_| ̄|○

これだけだと何なので余談w
オイラの従兄弟(↑で例にした母方の叔母の息子じゃ無く父方w)の兄者は、
IQ高くて成績も良かったらしい。でも、今はニートで廃人・・・・。
(知り合いにはIQ低くて馬鹿な駄目雄ちゃんもいるけどね)
う〜ん勝手に悩むおいらw

311 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/24(金) 12:15:30
IQが高いっていうと何か特別なことのような気がするけど、
計算ドリルを解くのが速いっていうのと何が違うの?

312 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/24(金) 12:19:35
>>311
物事の特徴のとらえ方や発想の仕方を測るものだと理解してるが
ちがうのか?

313 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/24(金) 15:04:16
IQと一番関連性の高いのが学業成績と言われてるけどな。(米国では)
良い学校へ入る率とか良い成績を取る率がIQとの関連性が高いとされてる。
新発見をするとか新しい創造をするとか社会的に成功するとかは関連性が低い。


314 :名無しゲノムのクローンさん :2005/06/25(土) 10:40:46
   IQテストのシステムと内容から判断すれば明らかだ。
IQは事務処理に向いているが、創造性やモラルとは完全に無関係。
教授や大臣などは個人としての業績や実績で選ぶべきだが、今は
人脈とまとめ役の巣になっている。下支えする有能な人材がいれば
屑が頭でも通用するが、ほとんどいなくなったなあ。他人を利用する
ことしか考えていないのが多すぎる。

315 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/25(土) 11:00:01
本日放映のTV特番のタイトルが「ジュラシックコード」。
これっておかしくない?

だってジュラ紀には既に恐竜と哺乳類ははっきりと独立していたのだから。
副題が「人類700万年 脳の進化と封印された脳内恐竜の謎〜」
となっているけど、完全にダウトだな。


316 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/26(日) 01:31:44
森昭胤氏著「脳100の新知識」によると、
高名な医学博士であった大沢岳太郎の脳重量は1310g。
そのほか歴史的な傑出人の脳重量
三島由紀夫 1440g
夏目漱石  1425g
湯川秀樹 1370g
中江兆民 1310g
ブンゼン 1330g
フランツ・ガル 1198g
アナトール・フランス 1017g
ウォルト・ホイットマン 1282g
アインシュタイン 1230g
レーニン 1340g

317 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/26(日) 01:32:07
脳の老化は個人差が激しくて、かつ健康水準によってずいぶん違います。完全に健康で、
糖尿、血圧など、老人性疾患の危険因子が何もない人は、脳の萎縮がほとんど起こりません。
80歳を過ぎても5%程度です。この間、脳細胞は死んで減っているはずですが、
糖代謝の総量でみると、健康な人は20歳から70歳までほとんど変わりません。
これは何を意味するかというと、脳細胞が死んで脱落しても、樹状突起の長さがのびたり、
シナプスが増えたりして、脳細胞の数の減少を補っているのだと考えられます。脳の可塑性に
よる脳機能の再生発達というプロセスは一生続くわけです。(立花隆著「脳を究める」より)

318 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/26(日) 02:25:06
>>306
IQテストは訓練次第で点数を上げられるものだから、
本当の能力を反映してる保証はない。
IQテストの答え方を知らないと、過小評価されることもある。

319 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/26(日) 12:09:48
脳の量は経済の世界では金のようなもの。
大金や遺産を持っていてもほとんど使わずに死んだ奴もいれば、
少ない金をうまく使って一生楽しんだ奴もいる。

320 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/28(火) 05:38:22
日本が生んだ天才博物学者、南方熊楠の脳は約1200グラムで、日本人の平均以下だったそうだ。
75歳で死んだが、その脳は実に若々しく萎縮がほとんどなかったという。
南方熊楠といえば、星座、粘菌、十二支の研究で輝かしい業績を残したほか、語学も堪能で、
英語はもちろん十八カ国語を通訳なしで話したという天才的頭脳の持ち主だった。
語学や生物学、博物学に脳容積は関係ないのだろうか?

321 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/28(火) 07:24:52
容積じゃなくて脳神経の複雑さが問題じゃねーの?
脳容積が少ない方が神経が行き渡るし、容積少ない方が発達に有利な気がする。
湯川秀樹の半生期を読んだが、教科書で習う前に理論を自分で見つけてたらしい。

322 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/28(火) 07:35:43
伝達物質の受容体の発現量じゃないの?
グーグルマウスだっけ、プリンストンの。

323 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/28(火) 08:03:50
その受容体はどうやったら増えるんだ?
漱石の脳は東大に保存してあるけど誰も研究できないだろうな…

324 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/28(火) 19:03:37
>>300
だからさあ、あんたのように昔も今も抽象的思考は同じように発達していたというふうに仮定すると、
じゃあ、なんて昔の人は何万年にも渉って、技術を改善しようとしなかったの?と言う問いに答えられない。
やっぱり事実から抽象化された法則を導き出す力は現代人の方が格段に訓練されている。
だからこそ変化の激しい現代でも適応して生きていけるのだろう。

325 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/28(火) 19:06:51
ぶっちゃけ、クロマニヨンには
リンゴの5個と、ミカンの5個に、おなじ5という抽象化された概念があったかどうか疑わしい。
もしかすると数字の概念すらなかったかもしれない。
現代でさえ、未開部族には数字の概念がない民族がいるくらいだから。

326 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/29(水) 06:36:06
湯川秀樹の脳容積は1370gで、日本人の平均以下だった。
これを言ったら、「老化で萎縮したのさ」と反論が返って来るだろう。
だが>>317で言ってるように、すべての老人の脳が同様に萎縮するわけではない。
老人性疾患のない人は、脳の萎縮がほとんど起こらない。では湯川秀樹はどうか?
湯川博士は74歳で死んだが、死ぬ直前まで執筆活動を続けていたのだ。
俺も博士が死ぬ直前に執筆した「自己発見」を読んだことがあるが、
ボケ老人の文章ではなかった。
メジャーな研究者が小さい脳の代表に湯川博士を引き合いに出すが、
萎縮した脳なら参考にはしないだろう。

327 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/29(水) 18:21:30
>>324
訓練されてるのは認めるよ。
しかし、ベースにある能力とは別の問題じゃないか?

328 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/29(水) 19:56:54
言語で伝達される抽象概念は、一旦獲得されれば容易に
次世代に伝達される。いまの日本人はたいてい九九を覚
えてるが、九九を「発見」したヒトっていないだろう。
現代は、かなりいろんな概念とか知識が出そろっている
から、その先のモンダイを考える事ができる。
パソコンを作らなかった紀元前の人間よりも現代人のほ
うがアタマがいいというワケではないのと同じで、クロ
マニヨンが持ってなかった概念を持ってる現代人はアタ
マがいいというのも幻想。原人・猿人になると、脳容積
の圧倒的な違いがあるから、知能差についてもハッキリ
と推測できるが。

329 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/29(水) 22:38:52
でもオレは九九は自分で発見したけどね

330 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/30(木) 00:23:38
>>328
3000-4000年前の中国には現存するあらゆる思想がすでに生まれていた。
現代人が発想しうる思想で、当時を越えているものはあるだろうか。
一方で技術は前知の積み上げができるので、当時より発達している面はある。
だからといって、思考が発達したというわけではない。
当時の科学技術も、様々な制約から現在のような緻密さはないにせよ、
現代に通じる極めて高度なレベルを持っていたのだ。

現代の人類はむしろ能力を低下させ始めているかもしれない。

331 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/30(木) 20:52:42
昔の文章読んで、現代人がこういう思想は昔からあったと考えてるだけで、
実は当時はそんなこと考えられてなかったりしてw。

332 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/30(木) 21:03:45
MRIでの脳容量とIQには40%程度の相関がある。


333 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/30(木) 21:04:28
なんでおんなじこと何回も言ってるの?池沼w?

334 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/01(金) 02:50:21
昔みたいな簡単な発見は
例えば公式なんかは
計算上偶然生まれたものが大半。

今の現代人に発見しろと言っても
故人と同じ歳になる前に
現存する公式を既にいくつも、暗記してるから無理な話。

現代人の脳力が退化したなんて
中学生の作文にも稀だよな〜。

335 :zion-ad:2005/07/01(金) 05:03:16
>>334
それができるかもしれん。ようは、暗記してなければいい。
生物学では対照実験というのを重要視するらしいね。

物理学ではどうなのか。それを俺は問うた。(実際は、あとになってからだが。)

列車が等速直線運動している。ニュートンの世界ならなんの問題もない。
だが、光速度一定の世界ではどうなるであろうか。

丘の上から、A駅からB駅へ真っ直ぐ延びる線路。直線軌道に見える。

丘の上というのを、座標上の1点にしてみよう。
A駅からB駅間線路、直線軌道は三角形の底辺。

三角形の頂点である丘の上から、直線軌道に見える三角形底辺に線を降ろす。
最短は垂線だよね。それ以外の各部に降ろす。あらら、

長さが違うじゃん。

336 :zion-ad:2005/07/01(金) 05:04:15
特殊相対性理論。マイケルソン&モーレーの実験も同様なんだが、
わかりやすい突破口として、まずは、同時性破綻があるのかないのか。
そのときの座標の描き方から問い直す。

生物学が、物理学のトンデモを修正するときが来た。
生物学的発想が、物理学を書き換える。

光子が線路軌道上の各点から丘の上に辿り着いたなら、旅をし辿り着いたなら、
実験環境を同じにする為に、丘の上から等距離に線路軌道を描くべきではないのかね。

線路軌道上の光子群が、軌道上各点の時間を同期、同じにする為には。
このとき、線路軌道上を出発、旅立った光子群が、同時に丘の上に到着する。


ま、ここは生物学板なので、まずは、物理学者がいかなるトンデモに引っ掛かってたか、
それとも、この俺が、ただのアホなのか。

まずは、初心者用の特殊相対性理論の絵図でも見てきてください。
本論は数学板でやっておりますので。

337 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/01(金) 05:43:26
クジラが一番頭が良い事になるが、いいんだな?

338 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/01(金) 11:35:08
>>337
脳の量っつっても容積を指してるとは限らない罠。
有効細胞数シナプス数も考慮せねば。

あと、デカい脳では伝達に時間がかかって不便なのかも。

339 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/01(金) 17:24:41
人種の脳容量は気候で決まる説がある。正比例するわけではないが、かなりの相関関係がある。
実際に、炎天下に住んでる民族は脳が小さい傾向がある。
アレンの法則で手足が短くずんぐりすると、体型を決める遺伝子は相関するので頭も大きくなる。
現にずんぐりした体型のブルドックは一般の犬種より頭が大きく脳も大きい。
それに寒冷適応した民族は副鼻腔が発達する。特に日本人は上顎洞が発達し、
顔が上下前後に膨らんだので、入れ物が大きくなり必然的に脳も大きくなったと
解釈することもできる。日本人が頭がよいとしたら、それは脳容積とは無関係で別の要因だろう。

340 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/01(金) 19:11:11
ネアンデルタール人が現代人より脳が大きかったのも、
寒冷適応でずんぐりした体型になったためだろうな。

341 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/03(日) 11:26:29
いや、おれは現代人がクロマニヨンより頭がいいとは思っていないよ。
しかし現代人は間違いなく抽象的思考が発達している。
なぜならレーヴンテスト
http://www.iqtest.dk/testEnglish.swf
このテストが近年飛躍的に向上しているからだ。
およそ50前は今の精白なみのスコアかとれなかった。
クロマニヨンにこのテストをやらせても悲惨な成績しかとれないだろう。
ようは、抽象的思考は文化的産物なのだ。
クロマニヨン人の頭がでかいのは、我々にとって非常に簡単なことでも、
抽象的思考が発達しないゆえ非常に脳をつかったためだろう。
抽象的思考が発達すれば、思考は非常に効率的になり具体的知識は少量ですむからだ。

342 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/05(火) 01:37:52
◇ IQが低い?

昨日のメルマガで、「郵政民営化ってそうだったんだ通信」という折込チラシの不正契約疑惑
をお知らせいたしました。そのチラシの企画案の2ページ目を見ていただきたいのです。
(昨日サイトに載せた資料では、p.7です。)
http://www.tetsu-chan.com/05-0622yuusei_rijikai2.pdf

「B層にフォーカスした、徹底したラーニングプロモーションが
必要だと考える。」とあります。

表では、IQ(知能指数)が縦軸にとられています。
B層は、IQが低い層に位置づけられています。

B「小泉内閣支持基盤

  ・主婦層&子供を中心
  ・シルバー層

  具体的なことはわからないが、
  小泉総理のキャラクターを支持する層
  内閣閣僚を支持する層」

「スリード社」で簡単検索
http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_logout.cgi?SESSION=22583
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/ms/1119412117/l50


343 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/05(火) 03:02:16
表面積と容量をどうかした比率が知能ってニュートンに書いてあった
それによると
イルカ>人>オラウータン>チンパンジー


344 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/10(日) 16:59:28
スティーヴン・J. グールドは確信犯です。
サハラ以南のアフリカ人とアシュケナージ系ユダヤ人に
IQの差はないと主張している。馬鹿げている。
ちなみにスティーヴン・J. グールドはアシュケナージ系ユダヤ人です。

345 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/11(月) 08:39:03
>>344
おいおい、IQの差があったら、人種ごとに補正しなきゃならんだろうに(w
IQ80のおまえは何民族かに関係なくIQ80だ。(w

346 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/13(水) 11:02:48
ユダヤ人の IQ は日本人より遥かに高いです。
アシュケナージ系ユダヤ人の平均 IQ は117で世界最高です。
アシュケナージ系ユダヤ人に嫉妬しないでください。( ´,_ゝ`#)プッ

民族別 IQ の平均値

アシュケナージ系ユダヤ人
105-130 (言語知能が優位)

東アジア人 (中国人, 日本人, 韓国人)
100-110 (空間知能が優位)

白人
95-100

その他 (アラブ人、南アジア人、ヒスパニック)
85-90

アメリカの黒人 (25%白人が混血)
80-90 (言語知能が優位)

アフリカ人
70-75

オーストラリアン・アボリジニ
65

IQ は
アシュケナージ系ユダヤ人>>東アジア人>白人>>>ヒスパニック≒アラブ人=東南アジア人>>>黒人>>アボリジニ


347 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/13(水) 11:03:10
ところで・・・ユダヤ人の解説をしたいと思います。


ヨーロッパ、特にドイツ東欧のユダヤ人をアシュケナージ系ユダヤといいます。
2000年間の激しい差別で知能の低いユダヤ人は淘汰されました。
賢いユダヤ人は金貸し、医者などの専門職で生きていきました。
こうしてユダヤ人は世界最高の頭脳を持つ民族になりました。

このスレの皆様にはベルカーブという本をお勧めします。1994年秋にベルカールという本が出版されました。
この本の著者は人種別にIQは遺伝するという主張をして
IQの低さゆえに社会の底辺にする人は救済不可能を判断し社会福祉などを撤廃するように求めました。
当然全米で大騒ぎになりましたが・・・この本で黒人のIQは白人のそれと比べて約15ポイントほど低いそうです。
さらに著者は驚くべきことを記しています。我々東アジア人のIQは白人より6ポインほど高く、
アシュケナージ系ユダヤ人のIQはアジア人より10ポイント以上高いと主張しています。

アシュケナージ系ユダヤ人のIQはあらゆる民族中で最も高い。


348 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/13(水) 11:06:24
アメリカのノーベル賞受賞者の40%はユダヤ人です。

アメリカの理系の大学院生の20〜30%もユダヤ系です。
彼らがアメリカの科学技術の担い手なんですよ。
彼らが日本国籍を取得してくれたら素晴らしいと思います。

さらに付け加えますとIQで人種以外に男女の差があります。
これはタブーとされていましたが、最近IQを測るテスト・ザ・ネイション
などでもお解かりのように平均して男性のIQは女性より3〜5ポイントほど高いようです。

さらに男性はIQはバラつき激しいです。
ノーベル賞を取るような超人的な頭脳の持ち主が男性が圧倒的多く
また知的障害の浮浪者も男性が圧倒的に多いです。

女性はIQが平均に集中しています。超人的な頭脳の持ち主は女性は少ないですが、
知的障害者の浮浪者も少ないです。



349 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/13(水) 18:47:52
知能テストそのものは、環境の変化を受けやすい。
1920年代には、アメリカの白人でも、北欧系と南欧系で15ポイント以上の差があった。
日本でも1950〜60年代にはB式知能検査で都市と郡部で1シグマ以上の差があった。
また、IQテストそのものの出来が50年で15ポイント以上も上昇している事が知られている。
ユダヤ人が平均知能が高いというのはかなり古いデータで、
ユダヤ人が全員都市民であることを考えれば、むしろ当然である。
イスラエルのように農民もいるユダヤ人では平均IQ94にすぎない。

350 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/13(水) 18:54:40
>>349

あの統計と取った人は反ユダヤな感じがします。

351 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/13(水) 18:59:49
>>350
なんだよその「感じがします」ってのは。
医者いけよw

352 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/13(水) 20:12:27
アインシュタインは前頭前野におけるグリア細胞の割合が高いから。。ウンヌンカンヌン
とウチの教授さんが言ってましたがどう思います?
確かに、シナプス形成に関与することは事実ですし、多少支持してますが


353 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/14(木) 10:37:22
脳の大きさの民族ランキング(ジョナサン・マークス著「98%チンパンジー」より)

大きい:ハワイ、モンゴル、フランス、南アフリカ、ティエラ・デル・フエゴの先住民の一部
中程度:朝鮮半島、ノルウェー、ハワイ、東アフリカの先住民の一部
小さい:シチリア島、ペルー、インド、東アフリカの一部


354 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/14(木) 10:52:05
同じアフリカ人でも、南アフリカと東アフリカの部族では脳の大きさがまったく違うらしい。
特に、南アフリカの数部族は朝鮮人より脳が大きいらしい。と言うことは、黒人の平均IQが
低いのと脳容積とはまったく無関係と言うことになるのだ。アフリカの原住民の平均IQが
低い要因は、ヨウ素欠乏症とか乳児期の栄養不足、あるいは二次元的な表現に目が慣れていない
などの生活習慣に求めたほうが適切であろう。


355 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/14(木) 15:21:13
>>354
アフリカ人は栄養不足で不衛生な状態で育ったからIQが低いのだ。。
でもなぜ栄養不足で不衛生な状態で育つの?

それは栄養不足で不衛生な状態で育ったからIQが低いからだ。
馬の前に馬車を置くような議論はしないように・・・


356 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/14(木) 17:31:26
>>355
なに寝ぼけたことを言ってるんだこの香具師はw

357 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/14(木) 17:39:06
>>354
先に科学を発達させて宇宙まで飛び出していったのは白人たちのほうだ。
歴史上の偉大な科学者、数学者は9割はコーカソイド側だろう。
これを白人優越の根拠にすれば、大概の日本人は必死になって環境の違いに
要因を求めようとするだろう。「馬の前に馬車を置くな」とはとんだ
ご都合主義だ。

358 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/14(木) 17:39:37
>>355
先に科学を発達させて宇宙まで飛び出していったのは白人たちのほうだ。
歴史上の偉大な科学者、数学者は9割はコーカソイドだろう。
これを白人優越の根拠にすれば、大概の日本人は必死になって環境の違いに
要因を求めようとするだろう。「馬の前に馬車を置くな」とはとんだ
ご都合主義だ。


359 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/14(木) 18:01:14
>>357
>これを白人優越の根拠にすれば、大概の日本人は必死になって環境の違いに

いいえ。遺伝的要因が強いと思います。
日本人は偏差値馬鹿です。猿真似ばかりで想像力が全く欠けています。
白人が宇宙に行ったのは知能というより素晴らしい想像力です。
日本人と白人ではドーパミンをという神経伝達物質の働きが違います。
日本人は臆病で白人は野心的です。偉大な業績を上げた科学者の多くが白人なのは
野心的で素晴らしい想像力があるからです。

現在不老不死の研究を行っているベンチャー企業がアメリカにはあります。
日本人には考えられない想像力です。

360 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/14(木) 18:08:59
知能ってのは、能力というよりむしろ性格だからな。
日本人は純粋の知能自体を見れば低く無いが、
全く持って知的でない態度をとっている人間が多すぎる。

361 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/14(木) 19:04:22
白人って強い、かっこいい、頭いい、すべての面で黄色人種より優れていると思う。
まず、戦車も飛行機も核兵器も全部白人が発明したし、背が高いし鼻も高いし、いろんなもの発明する。
黄色人種は、白人の真似しかできないし、精神の国とか日本が言われてたときもあったけど今ではとてもそうとは思えない。
車がすごいって言われてるけど家電製品みたいな車ばっかで売ることしか考えてないと思う。


362 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/14(木) 19:38:49
>>352
damasareteruYO

363 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/15(金) 03:45:04
ちなみにIQの高さは日本人より韓国人の方が上ですwwやはり日本のクズ供はIQが低い分だけ知性が足りんねww
韓国人よりIQの低い低脳な日本人wwwやはり日本のクソ豚供を見ればいかにIQの低い下劣な猿かがよくわかるwwwwww
韓国人のIQ>>>>>>>>>日本人のIQwwww

IQの低いクソ日本人wwwwwwwwwwwwwwm9(^Д^)プギャー

364 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/15(金) 11:29:17
>>363
IQは
アシュケナージ系ユダヤ人>>>超えられない壁>>>日本人=韓国人

アシュケナージ系ユダヤ人のIQに比べれば日本人も韓国人もエテ公並です。

365 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/15(金) 12:03:35
このスレの皆様にはベルカーブという本をお勧めします。1994年秋にベルカールという本が出版されました。
この本の著者は人種別にIQは遺伝するという主張をして
IQの低さゆえに社会の底辺にする人は救済不可能を判断し社会福祉などを撤廃するように求めました。
当然全米で大騒ぎになりましたが・・・この本で黒人のIQは白人のそれと比べて約15ポイントほど低いそうです。
さらに著者は驚くべきことを記しています。我々東アジア人のIQは白人より6ポインほど高く、
アシュケナージ系ユダヤ人のIQはアジア人より10ポイント以上高いと主張しています。

アシュケナージ系ユダヤ人のIQはあらゆる民族中で最も高い。

アメリカのノーベル賞受賞者の40%はユダヤ人です。

366 :屁理屈屋:2005/07/15(金) 17:10:28
知能は脳の大きさではなく情報伝達の効率性です。
大きさで言うなら個人差はそれほど大きくないのでは?
大脳の発達はイルカのほうが優秀なはず…

367 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/15(金) 17:19:15
アメリカでは、初期のユダヤ移民は普通の白人と平均IQは変わらなかった。
イスラエルのユダヤ移民はアメリカ白人より平均IQが低い。IQは環境で大きく変わる。
戦後のオランダは10年ごとに平均IQが7ポイント上がってる。

368 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/15(金) 17:22:55
>>365
>このスレの皆様にはベルカーブという本をお勧めします。

リチャード・E・ニスベット著の『木を見る西洋人 森を見る東洋人』という本で、
ベルカーブについてきっぱり反証している。IQとは文化依存的なものだ。


369 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/15(金) 17:31:57
フリン効果といって先進国の平均IQは世代単位に上昇しているが、これは産業国家に顕著に現れる。
特に香港、シンガポールのような僻地が少ない都市型国家ほど目覚しい。
同じ白人の国でも田舎の多い農業国ほど平均IQが低い傾向があり、人口の密集した工業国ほど
高い傾向があるのだ。これらの現象もIQが環境で大きく変わる動かぬ証拠なのだ。


370 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/15(金) 17:53:18
人種の脳の大きさは、出身地の気候によって大きく左右される。脳の大きさと人種の知能の関係を
究明しようといくら努力しても、気候の要素を排除できなければ、おそらくそれは徒労に終わるだろう。
アレンの法則にあるように、寒冷地に適応した種族は手足が短くズングリした体型になる。
ズングリした体型になると頭も大きくなる。ネアンデルタール人がよい例だが、実際に寒冷適応した
ネアンデルタール人は現代人より脳が大きかった。
アフリカ人も、10万年前のエチオピア人は現代の黒人より脳が大きかったが、これは氷河期の
終焉など気候の変動と関係があるのではないだろうか。


371 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/15(金) 18:44:27
>>365
アメリカの黒人と白人は置かれている環境が全く違うから、
15ポイントの差は環境の差とみてまちがいない。
なぜなら、同じ白人でさえ、50年前と現代とで15ポイントの差があるからである。
IQテストは環境の影響を強く受ける。
したがって集団のIQの差を遺伝の差と考えるのはナンセンス。

372 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/15(金) 18:46:21
>>364>>365
イスラエルのIQは94にすぎない。
これは最新のデータである。

373 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/15(金) 18:58:13
>>372

リチャード・リンは反ユダヤです。

374 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/15(金) 19:10:00
>>373
残念でした。
リチャードリンがデータを調べたのではありません(笑い)
あとリチャードリンが反ユダヤであるという根拠は?
最近イスラエルの国際学力コンテストの順位が平凡である件ついてはどうよ?
ユダヤ人が遺伝的に優秀であるという説には全く根拠がない。

375 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/15(金) 19:19:04
要するに、IQテストのごとき環境の影響を受けすぎるテストで民族の遺伝差がわかると考えること自体がナンセンス。
じっさい、田中寛一によると1936年に田中B式知能検査で世界の諸民族の知能を計測したところ、
アメリカ白人を100としたとき東京の子供は115に達すること発見した。
このデータによると世界でもっとも優秀なのは東京の子供ということになるw
もちろんナンセンスであるがww

376 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/15(金) 20:03:06
364 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2005/07/15(金) 11:29:17
>>363
IQは
アシュケナージ系ユダヤ人>>>超えられない壁>>>韓国人>日本人

377 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/15(金) 20:46:42
374 名前:名無しゲノムのクローンさん :2005/07/15(金) 19:10:00
>>373
残念でした。
リチャードリンがデータを調べたのではありません(笑い)
あとリチャードリンが反ユダヤであるという根拠は?
最近イスラエルの国際学力コンテストの順位が平凡である件ついてはどうよ?
ユダヤ人が遺伝的に優秀であるという説には全く根拠がない。


375 名前:名無しゲノムのクローンさん :2005/07/15(金) 19:19:04
要するに、IQテストのごとき環境の影響を受けすぎるテストで民族の遺伝差がわかると考えること自体がナンセンス。
じっさい、田中寛一によると1936年に田中B式知能検査で世界の諸民族の知能を計測したところ、
アメリカ白人を100としたとき東京の子供は115に達すること発見した。
このデータによると世界でもっとも優秀なのは東京の子供ということになるw
もちろんナンセンスであるがww

378 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 09:05:56
>>377

>ユダヤ人が遺伝的に優秀であるという説には全く根拠がない。

アメリカ人口の2%と占めるに過ぎないアシュケナージ系ユダヤ人
でも科学系大学生の20-30%、ノーベル賞の40%を受賞している。フィールズ賞の30%。
ユダヤ人が遺伝的に優秀な証拠です。

379 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 09:18:20
>>377
ユダヤ人って他民族より努力家なだけだよ。俺実際にいろんなユダヤ人知ってるんだけど。
地方の人より都会の人が東大にいっぱい入るのと同じ。

380 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 09:24:44
>>379

いや遺伝的に知能が高いと思う。

381 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 09:26:12
ユダヤ人の IQ は日本人より遥かに高いです。
アシュケナージ系ユダヤ人の平均 IQ は117で世界最高です。
アシュケナージ系ユダヤ人に嫉妬しないでください。( ´,_ゝ`#)プッ

民族別 IQ の平均値

アシュケナージ系ユダヤ人
105-130 (言語知能が優位)

東アジア人 (中国人, 日本人, 韓国人)
100-110 (空間知能が優位)

白人
95-100

その他 (アラブ人、南アジア人、ヒスパニック)
85-90

アメリカの黒人 (25%白人が混血)
80-90 (言語知能が優位)

アフリカ人
70-75

オーストラリアン・アボリジニ
65

IQ は
アシュケナージ系ユダヤ人>>東アジア人>白人>>>ヒスパニック≒アラブ人=東南アジア人>>>黒人>>アボリジニ


382 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 09:26:55
民族別 IQ の平均値
アシュケナージ系ユダヤ人 115〜117
日本人 105〜107
白人 95〜100
黒人 80〜90

このスレの皆様へ
アシュケナージ系ユダヤ人の IQ は日本人より遥かに高いです。
ユダヤ人は世界一優秀な民族です。

最大値でも アシュケナージ系ユダヤ人>>>日本人 です。
アシュケナージ系ユダヤ人の研究者の頭脳に比べたら日本人の頭脳はエテ公並です。
米軍の調査ではアシュケナージ系ユダヤ人の IQ は日本人より遥かに高いです。
現実を見ましょうか・・・
アシュケナージ系ユダヤ人に日本人の頭脳は敵いません。
アシュケナージ系ユダヤ人の平均 IQ は117でダントツで世界1位です。

ユダヤ人は人類の科学、芸術、文学の発展に大きく貢献しており、米国のノーベル賞受賞者の
40%近くがユダヤ人です。近年の米国の大繁栄にはユダヤ系米国人の影響が大きい証拠です。

米国のノーベル賞受賞者の40%がユダヤ系といわれています。
反ユダヤの烙印だけは絶対に避けること。そしてユダヤ人に日本国籍を取ってくれるように働きかけること。


383 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 09:27:23
努力が持続するというのはおそらく遺伝的形質だろうとおもう。
それと、努力している人をバカにしないというのは民族的美徳だと思う。
いまの日本の中学校・高校は、まじめに勉強していると
「ガリ勉クン(死語)」とバカにする。
努力しないことがかっこいいという雰囲気になっている。
韓国は徴兵制がいきているせいもあって、努力が美徳になっている。
日本と韓国の絶対的な差は、日本の中高生のぬるさだとおもう。




ゆとり教育のせいで、日本国民は韓民族より劣る存在になりつつあるわけ。

384 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 09:28:37
>>1
脳重は高い知能の一つの要因に過ぎません。
むしろ配線構造の良し悪しの方が大きく影響する様な気がします。

385 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 09:45:42
>>384

同意です。

386 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 10:51:18
創造的かどうかが
問題なんだよ

例えば中国人や朝鮮のほとんどには
新しい理念を創造する頭がない
経済学や物理学や小説や数学や芸能音楽において
チョンなんか何ひとつ創造できない
ただ、縄で縛られて強制労働させられると
馬みたいに反復作業を続けるだけ
これが おまえらがここで例示しているIQだw

紙や火薬を発明したのは中国人だ、などと
数千億に一回の偶然にこだわるなよ馬鹿
中国チャンコロのほぼ全員は家畜程度
そういう文明しか築けなかった

387 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 11:22:07
386は創造的らしいから、創造性にない我々に「創造性のない
紋切型のアジ文章」の例を示してくれているに違いない。

388 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 12:57:24
>> 数千億に一回の偶然にこだわるなよ馬鹿

はは 天天素を発明したぞ
日本人を殺すテロ食品だぞ

389 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 12:58:04
他人のものを真似してもそれをとりしまる法律がないから、
誰も独創的なことをしなくなってしまった。

390 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 13:37:26

ここにいる奴等はどいつもこいつも馬鹿ばっかり。

お前ら馬鹿のためにすんごく簡素に言葉をまとめてやるよ。

いいか?「思考能力が高かろうが低かろうが東大には行ける。」努力すれば元もとの

知能が低くても結果は嘘をつかんということだ。解ったか馬鹿共!

悔しかったらお前らもっと勉強しろ!

あと余談だけど、ユダヤ人の方が知能が高いとか言ってる馬鹿へ一言。
日本人の知能は世界基準で見ても相当優秀なほうの類。努力もせずに上ばかり見てもキリが無い。

391 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 13:48:06
A:独創性のある日本人
B:独創性のない日本人
C:独創性のあるユダヤ人
D:独創性のないユダヤ人
E:独創性のある中国人
F:独創性のない中国人
ACEを「仲間(1)」、BDFを「仲間(2)」とする。

で、ここは「仲間(2)」のうちのBの集う場か?

392 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 13:49:43
現に日本人より頭のいいはずのユダヤ人より戦後努力を惜しまず営んできた
日本人達の方が遥かに良い生活をしている。

他板の他スレでもIQ関係の話題がでると必ずユダヤ人の話が出るけど
日本人の頭脳だってかなり優秀だぜ?
それとも馬鹿なアメ公に生まれないと日本人の優秀さがワカランか?

393 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 14:01:45
アタマのよいユダヤ人も、アタマのよいアメリカ人も、アタマ
のよい中国人もいる。同様に、当然アタマのよい日本人いるわ
けだが、喪前のことではない。

394 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 14:51:57
>>393
頭悪そう・・・。

395 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 16:26:12
つーか、ユダヤユダヤ言ってるが良く見ると、
日本人は世界で2番の知能を誇る民族だと自慢してるようにも見えるよなw。

396 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 16:29:55
>>394
ヒトより自分の心配しろよ。

397 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 17:33:50
ちなみにIQの高さは日本人より韓国人の方が上ですwwやはり日本のクズ供はIQが低い分だけ知性が足りんねww
韓国人よりIQの低い低脳な日本人wwwやはり日本のクソ豚供を見ればいかにIQの低い下劣な猿かがよくわかるwwwwww
韓国人のIQ>>>>>>>>>日本人のIQwwww

IQの低いクソ日本人wwwwwwwwwwwwwwm9(^Д^)プギャー

398 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 18:07:52
きっと彼は白人コンプレックスを持っててユダヤ人よりIQが低くても白人より高いって言いたいんだよ

399 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 20:09:29

高IQの俺には>>397の策謀が容易に読み取れる。
>>397はチョンのフリしてみんなに相手にしてもらいたいっておもってんだろ???
俺には全部お見通しなんだよ!!!!!!!

お前こそIQの低いクソ日本人だろ?wwwwwwwwwwwwwwm9(^Д^)プギャー




400 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 21:42:05
うわぁ〜・・・わざわざ判りきってることを俺には全部お見通しなんだよ!!!なんていう>>399の方がずっと痛く見える・・・

401 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 21:44:59
みんながツッコミたくててウズウズしてることを平然と言う>>400は痛すぎ。

402 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/16(土) 21:58:34
みんながツッコミたくててウズウズしてることを平然と言う

(´・ω・`)?みんながツッコミたがってたんなら平然と言ったっていいやん

403 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/17(日) 01:56:51
ヒント:399=401

404 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/17(日) 11:36:45
ユダヤ人の知能に関して、唯一学術論文を引用しているのはこれである以上。
説得力があるのはこのカキコミだけ。

374 名前:名無しゲノムのクローンさん :2005/07/15(金) 19:10:00
>>373
残念でした。
リチャードリンがデータを調べたのではありません(笑い)
あとリチャードリンが反ユダヤであるという根拠は?
最近イスラエルの国際学力コンテストの順位が平凡である件ついてはどうよ?
ユダヤ人が遺伝的に優秀であるという説には全く根拠がない。


375 名前:名無しゲノムのクローンさん :2005/07/15(金) 19:19:04
要するに、IQテストのごとき環境の影響を受けすぎるテストで民族の遺伝差がわかると考えること自体がナンセンス。
じっさい、田中寛一によると1936年に田中B式知能検査で世界の諸民族の知能を計測したところ、
アメリカ白人を100としたとき東京の子供は115に達すること発見した。
このデータによると世界でもっとも優秀なのは東京の子供ということになるw
もちろんナンセンスであるがww


405 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/18(月) 04:16:21
>>404

ユダヤ人は遺伝的に知能が高いです。

406 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/18(月) 15:08:02
ユダヤ人は遺伝的に知能が高いこれは常識です。

407 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/18(月) 15:52:29
つまり、ユダヤ人を除いたら、欧米人のIQはもっと低いと言うこと?

408 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/18(月) 17:13:44
ユダヤ人の知能に関して、唯一学術論文を引用しているのはこれである以上。
説得力があるのはこのカキコミだけ。

374 名前:名無しゲノムのクローンさん :2005/07/15(金) 19:10:00
>>373
残念でした。
リチャードリンがデータを調べたのではありません(笑い)
あとリチャードリンが反ユダヤであるという根拠は?
最近イスラエルの国際学力コンテストの順位が平凡である件ついてはどうよ?
ユダヤ人が遺伝的に優秀であるという説には全く根拠がない。


375 名前:名無しゲノムのクローンさん :2005/07/15(金) 19:19:04
要するに、IQテストのごとき環境の影響を受けすぎるテストで民族の遺伝差がわかると考えること自体がナンセンス。
じっさい、田中寛一によると1936年に田中B式知能検査で世界の諸民族の知能を計測したところ、
アメリカ白人を100としたとき東京の子供は115に達すること発見した。
このデータによると世界でもっとも優秀なのは東京の子供ということになるw
もちろんナンセンスであるがww


409 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/18(月) 17:16:29
349 :名無しゲノムのクローンさん :2005/07/13(水) 18:47:52
知能テストそのものは、環境の変化を受けやすい。
1920年代には、アメリカの白人でも、北欧系と南欧系で15ポイント以上の差があった。
日本でも1950〜60年代にはB式知能検査で都市と郡部で1シグマ以上の差があった。
また、IQテストそのものの出来が50年で15ポイント以上も上昇している事が知られている。
ユダヤ人が平均知能が高いというのはかなり古いデータで、
ユダヤ人が全員都市民であることを考えれば、むしろ当然である。
イスラエルのように農民もいるユダヤ人では平均IQ94にすぎない。


410 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/18(月) 17:22:49
要するに、知能の遺伝差をはかりたいなら、少なくとも産業構造など環境を同じ条件に統制しないと話にならない。
個々は一応生物板だから、こんなの科学の常識だろう。
イスラエル(GDP16000ドル)平均IQ94
スペイン(GDP16000ドル)平均IQ96
韓国(GDP10000ドル)平均IQ107
これが現実(笑)

411 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/18(月) 17:28:52
ことなる環境にそだった人間のIQを比較して遺伝差を結論するのは、
ことなる肥沃度の畑に育った作物のできがらをくらべて遺伝差を云々するようなもの。
IQテストが環境の影響をもろに受けることは、その時代差を見れば歴然としている。
ユダはバカとしか言いようがない。

412 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/18(月) 18:38:22
韓国高いんだねww

413 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/18(月) 22:04:51
ちなみにIQの高さは日本人より韓国人の方が上ですwwやはり日本のクズ供はIQが低い分だけ知性が足りんねww
韓国人よりIQの低い低脳な日本人wwwやはり日本のクソ豚供を見ればいかにIQの低い下劣な猿かがよくわかるwwwwww
韓国人のIQ>>>>>>>>>日本人のIQwwww

IQの低いクソ日本人wwwwwwwwwwwwwwm9(^Д^)プギャー


414 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/18(月) 22:12:40
韓国は学力テストもだが、ごく一部の上層部しかテストに参加させないからな。
公平な結果ではない。

415 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/19(火) 02:25:48
>>414

韓国は学力テストもだが、ごく一部の上層部しかテストに参加させないからな。

ソースは?

416 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/19(火) 08:30:57
確か韓国が日本よりIQが高いっても1しか違わなかったはず、その程度でどうのこうの言う時点で9(^Д^)プギャー

417 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/19(火) 21:33:26
アシュケナージ系ユダヤ人のIQに比べれば日本人も韓国人もエテ公並なのは周知の事実・・・
ユダヤ人の IQ は日本人より遥かに高いです。
アシュケナージ系ユダヤ人の平均 IQ は117で世界最高です。
アシュケナージ系ユダヤ人に嫉妬しないでください。( ´,_ゝ`#)プッ

民族別 IQ の平均値

アシュケナージ系ユダヤ人
105-130 (言語知能が優位)

東アジア人 (中国人, 日本人, 韓国人)
100-110 (空間知能が優位)

白人
95-100

その他 (アラブ人、南アジア人、ヒスパニック)
85-90

アメリカの黒人 (25%白人が混血)
80-90 (言語知能が優位)

アフリカ人
70-75

オーストラリアン・アボリジニ
65

IQ は
アシュケナージ系ユダヤ人>>東アジア人>白人>>>ヒスパニック≒アラブ人=東南アジア人>>>黒人>>アボリジニ


418 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/19(火) 21:58:32
>>417
>>398

419 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/19(火) 22:22:56
349 :名無しゲノムのクローンさん :2005/07/13(水) 18:47:52
知能テストそのものは、環境の変化を受けやすい。
1920年代には、アメリカの白人でも、北欧系と南欧系で15ポイント以上の差があった。
日本でも1950〜60年代にはB式知能検査で都市と郡部で1シグマ以上の差があった。
また、IQテストそのものの出来が50年で15ポイント以上も上昇している事が知られている。
ユダヤ人が平均知能が高いというのはかなり古いデータで、
ユダヤ人が全員都市民であることを考えれば、むしろ当然である。
イスラエルのように農民もいるユダヤ人では平均IQ94にすぎない

420 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/20(水) 06:07:13
>>419

リチャード・リンは反ユダヤです。
アシュケナージ系ユダヤ人のノーベル賞受賞率は25%
フィールズ賞は30%
現実の統計がある。アシュケナージ系ユダヤ人は世界最良の頭脳を持っています。

421 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/20(水) 06:54:19
きっと彼は白人コンプレックスを持っててユダヤ人よりIQが低くても白人より高いって言いたいんだよ

422 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/20(水) 07:02:09
アシュケナージ系ユダヤ人のIQに比べれば日本人も韓国人もエテ公並なのは周知の事実・・・


423 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/20(水) 13:22:29
韓国人のIQ>>>>>>>>>日本人のIQ

424 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/20(水) 18:01:25
>>423
アシュケナージ系ユダヤ人のIQ>>>>>>>>>>>>韓国人>日本人

425 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/20(水) 18:05:47
>>423
アシュケナージ系ユダヤ人の平均IQは117です。
アジア人の平均IQは106
白人の平均IQは100
ヒスパニックの平均IQ89
黒人の平均IQは85
http://home.comcast.net/~neoeugenics/smartpie.gif

アシュケナージ系ユダヤ人のIQ>>>>>>>>>>>>韓国人>日本人


426 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/20(水) 18:06:29
ユダヤ人の IQ は日本人より遥かに高いです。
アシュケナージ系ユダヤ人の平均 IQ は117で世界最高です。
アシュケナージ系ユダヤ人に嫉妬しないでください。( ´,_ゝ`#)プッ

民族別 IQ の平均値

アシュケナージ系ユダヤ人
105-130 (言語知能が優位)

東アジア人 (中国人, 日本人, 韓国人)
100-110 (空間知能が優位)

白人
95-100

その他 (アラブ人、南アジア人、ヒスパニック)
85-90

アメリカの黒人 (25%白人が混血)
80-90 (言語知能が優位)

アフリカ人
70-75

オーストラリアン・アボリジニ
65

IQ は
アシュケナージ系ユダヤ人>>東アジア人>白人>>>ヒスパニック≒アラブ人=東南アジア人>>>黒人>>アボリジニ


427 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/20(水) 18:34:00
349 :名無しゲノムのクローンさん :2005/07/13(水) 18:47:52
知能テストそのものは、環境の変化を受けやすい。
1920年代には、アメリカの白人でも、北欧系と南欧系で15ポイント以上の差があった。
日本でも1950〜60年代にはB式知能検査で都市と郡部で1シグマ以上の差があった。
また、IQテストそのものの出来が50年で15ポイント以上も上昇している事が知られている。
ユダヤ人が平均知能が高いというのはかなり古いデータで、
ユダヤ人が全員都市民であることを考えれば、むしろ当然である。
イスラエルのように農民もいるユダヤ人では平均IQ94にすぎない

428 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/20(水) 18:39:05
>リチャード・リンは反ユダヤです。
根拠は?
>アシュケナージ系ユダヤ人のノーベル賞受賞率は25%
>フィールズ賞は30%
>現実の統計がある。
そんな統計なんてありませんww
反ユダヤ、親ユダヤともに、昔から自分の都合のいいようにキリスト教徒白人をかってにユダヤ認定する例が多いのでその種のデータは全く信用できない。
信用できるのはイスラエルの学業成績、IQが平凡であるという紛れもない事実。

429 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/20(水) 20:13:35
いつのまにやらバカスレになっとるな。

430 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/20(水) 22:07:21
民族別 IQ の平均値
アシュケナージ系ユダヤ人 115〜117
日本人 105〜107
白人 95〜100
黒人 80〜90

このスレの皆様へ
アシュケナージ系ユダヤ人の IQ は日本人より遥かに高いです。
ユダヤ人は世界一優秀な民族です。

最大値でも アシュケナージ系ユダヤ人>>>日本人 です。
アシュケナージ系ユダヤ人の研究者の頭脳に比べたら日本人の頭脳はエテ公並です。
米軍の調査ではアシュケナージ系ユダヤ人の IQ は日本人より遥かに高いです。
現実を見ましょうか・・・
アシュケナージ系ユダヤ人に日本人の頭脳は敵いません。
アシュケナージ系ユダヤ人の平均 IQ は117でダントツで世界1位です。

ユダヤ人は人類の科学、芸術、文学の発展に大きく貢献しており、米国のノーベル賞受賞者の
40%近くがユダヤ人です。近年の米国の大繁栄にはユダヤ系米国人の影響が大きい証拠です。

米国のノーベル賞受賞者の40%がユダヤ系といわれています。
反ユダヤの烙印だけは絶対に避けること。そしてユダヤ人に日本国籍を取ってくれるように働きかけること。


431 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/20(水) 22:26:29
ちなみにIQの高さは日本人より韓国人の方が上ですwwやはり日本のクズ供はIQが低い分だけ知性が足りんねww
韓国人よりIQの低い低脳な日本人wwwやはり日本のクソ豚供を見ればいかにIQの低い下劣な猿かがよくわかるwwwwww
韓国人のIQ>>>>>>>>>日本人のIQwwww

IQの低いクソ日本人wwwwwwwwwwwwwwm9(^Д^)プギャー



432 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/21(木) 00:59:49
>>431
アフォ?アシュケナージ系ユダヤ人のIQは世界最高です。
韓国人も日本人もアシュケナージ系ユダヤ人の頭脳から比べたらエテ公並です。
アシュケナージ系ユダヤ人のIQ>>>>>>>>>>>>韓国人と日本人のIQ


433 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/21(木) 01:02:57
>>431
あはは( ´,_ゝ`)プッ

その知性の低い猿に韓国は併合されたね。完膚なきまで蹂躙されたね?
朝鮮人は猿より劣等ですね。ゴキブリ並ですね。冷笑。

434 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/21(木) 01:04:12
>>431

チョンは帰れよ。下等な猿の国に寄生して・・・

435 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/21(木) 01:04:47
http://home.comcast.net/~neoeugenics/smartpie.gif



民族別IQの平均値
アシュケナージ系ユダヤ 117
東アジア人 106
白人 100
ヒスパニック 89
黒人  85

これで分かるようにユダヤ人とアジア人はIQ85以下はほとんどいません。
IQ85以下では白人とヒスパニックと黒人が大多数を占めています。

人口に比べて特に黒人とヒスパニックの比率が多いです。

逆にIQ115以上の民族はユダヤ人とアジア人が多く、特にIQ130以上のアメリカ人の17%はユダヤ人です。

436 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/21(木) 01:13:52
ÅÅÅ     
 (´ー`)<sage 
 (   ) 
  | | |
(___)__)

詳細はモナー板「モナ王誕生。」のスレにて。




437 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/21(木) 02:16:10
なんか限りなくループしてるね

438 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/21(木) 02:56:30
>>432
ハイハイわざわざユダヤ人まで持ち出して必死ですね( ´,_ゝ`)wwwwそんなことをしても韓国人のIQ>>>>(超えられない谷と壁)>>>>>日本人のIQwwww
が変わることはありませんからwwww

>>433>>434
IQの低い日本人必死だなwww

439 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/21(木) 04:49:36
↓ここでユダヤ至上主義者登場

440 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/21(木) 09:33:05
小脳なくても生存可能=遺伝子変異マウスで発見−京大助手ら
 遺伝子操作実験の過程で偶然生まれた小脳がないマウスを繁殖させたところ、
いずれも運動失調状態だったものの、約2年の寿命を全うできることが分かった。
京都大大学院医学系研究科の星野幹雄助手らが21日付の米科学誌ニューロンに発表した。
 哺乳(ほにゅう)類ではこれまで、小脳は生存に不可欠と考えられていたが、
他の臓器に障害がなく、水や餌に不自由しない条件なら、生存できることが分かった。 
(時事通信) - 7月21日6時3分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050721-00000013-jij-soci


441 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/21(木) 09:53:19
すごいな。脳ってどこまで削れるんだろう?
知り合いの兄者が麻酔科の医師なんだけど、以前、事故で脳の半分を失った白人の患者ってのがいたんだって。
家族は脳を失う前と性格が変わったって言うけど「英語だから良くわからなかった」
っていう素敵な笑い話を提供してくれました。

442 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/21(木) 14:20:58
>>438

素朴な疑問・・・
なんでIQの高い韓国人はIQの低い日本人に植民地にされたの?
完膚なきまで蹂躙されたの?韓国人の方がIQが高いのに・・・

443 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/21(木) 14:53:47
普通に頭のよさってのは知能と比例するもんでもないからだろ
今現在ギネスで認定されてる、世界で最も知能の高い女性は(確か200だったはず)プーだって聞いたぞ。本人は働きたがったが
何かどこの会社も彼女を雇い入れたがらなかったとか・・・理由はよくしらんけど

それに知能の優劣だけで蹂躙とか言い出したら、ユダヤの言う資料を元にすれば過去東南アジアにおいて白人が東南アジアに
一大植民地帝国を展開したのは何だったんだ?っていうことになる


444 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/21(木) 17:48:44
IQ=精神年齢(知能年齢)÷実際年齢×100のことだろ、つまり小学一年生でIQ180ってのは単に中学3年生並の
頭脳ってだけで大抵は年齢を重ねると一般と変わらない値に落ち着くらしいし

前に桝添がTVで言ってたが大体中学ぐらいまでは日本人や韓国人の方が肉体的にも知能的にも白人より勝っているらしいが
(実際身長もそれぐらいまでは日本人の方が高いらしい)高校までに追いつかれて大学に入るころには圧倒されてしまうとか
いわば日本人は早熟型で白人は大器晩成型ってことになるんかな

それより桝添が東大の法学部をトップで卒業したってことに驚いたな

445 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/21(木) 18:19:19
>>444
ネオテニー的にぎゃくじゃないそれ?

446 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/21(木) 18:53:23
上のこと?ネオテニーって子供の特徴が持続されることだよね、ネオテニーとはあまり関係ないような
子供の頃の天才って大抵の場合超早熟ってだけで、普通の青年でももしそのまま10歳若返れば
IQが100増えるだけってことだし

447 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/21(木) 18:56:34
>>445
ネオテニー理論自体が穴だらけ、こじつけ、矛盾だらけだ。
学業でもスポーツでも、日本人が早熟型で白人が大器晩成型という結果になっている。
アメリカの子どもは平均的に8〜9歳になって文章が読めるようになるというから、
日本と比べるとずいぶん遅い文字の習得だ。
実際に、9歳児の学力を調査すると日米で雲泥に差があるが、大学院までに追い上げられる。
白人のほうが早熟なら、大学院のレベルは小学生よりずっと開いてなければならないはずだ。
スポーツもしかりで、リトルリーグの世界大会では東アジア勢が圧倒的に強い。
高校野球も日本が強いが、大学野球でアメリカに追いつかれプロ野球で逆転されるのが
むかしからのパターンだ。結果的には、日本人のほうが早熟型になっている。
松坂大輔は高卒で最多勝になっているが、MLBでは考えられないことだ。


448 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/21(木) 19:51:20
早熟と晩成の差は能力よりむしろ文化の問題だと思う。


449 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/21(木) 20:34:30
>>448
だったらIQも文化の問題だろうな。

450 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/21(木) 20:42:57
アメリカ人は身長も20過ぎてからも伸びるからな。遺伝的な問題かと。
中学高校くらいだと日本人と変わらん。

451 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/21(木) 20:58:39
>リチャード・リンは反ユダヤです。
根拠は?
>アシュケナージ系ユダヤ人のノーベル賞受賞率は25%
>フィールズ賞は30%
>現実の統計がある。
そんな統計なんてありませんww
反ユダヤ、親ユダヤともに、昔から自分の都合のいいようにキリスト教徒白人をかってにユダヤ認定する例が多いのでその種のデータは全く信用できない。
信用できるのはイスラエルの学業成績、IQが平凡であるという紛れもない事実。




452 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/21(木) 21:02:21
おれもラシュトンの「モンゴロイドがもっとも晩熟説」は真っ赤なウソだと思う。
どうみてももっとも晩熟なのは白人だろう。
知性も肉体も、遅くまで成長がつづく。
よく、高校までは日本人の方が学業成績が優秀だが、大学になると抜かされるというのは、
この事実を語ったもの。
日本人のIQが白人より優れているというのは、いずれも子供のデータで、
大人では必ずしもそうではない。

453 :エロ本&DVD屋:2005/07/21(木) 21:25:03
いまどきこんな問題でスレ立つんだw

454 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/21(木) 21:35:27
シワではないのですか?

455 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/22(金) 00:08:52
神経細胞の密度ではないのですか?

456 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/22(金) 09:52:43
>>443

簡単ですよ。白人の方が東南アジア人よりIQが高いからです。

457 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/22(金) 10:24:34
>>452
ラシュトンは歯の成長の早さ、ペニスの長さ、多胎児の数、犯罪発生率などを根拠に
人種を比較しているが、これらは知能とはまったく関係がないことだ。
イヌと比較してみるとよくわかる。例えば、身体の成長は大型犬のほうが早い。
歯の成長は、コリーのような口の長い長吻の犬種ほど歯の成長は早く、ブルドックのような
寸詰まりな顔した短吻の犬種は遅い。要するに歯のはえるスペースが確保しにくいためらしい。
ペニスの長さも犬種によって大きく違うが、知能とは関係がない。多胎児の数も大型犬ほど多い。
グレートデーンのような大型犬は一度に10匹以上の小犬を産むが、チワワは1〜2匹しか産まない。
要するに胎盤の大きさと大きく相関するためらしく、これももちろん知能とはまったく関係ない。
人を襲う確立も大型犬ほど人を噛むが、小型犬は傷害事件が少ない。つまり、どれもこれも知能とは
まったく関係がない悪質な「こじつけ」なのだ。なにより、非常に変化しやすい部分ばかりなのだ。
因みに、人種の歯の成長の統計も研究者によってかなり違う。ラシュトンの論文では永久歯の萌出年齢は
モンゴロイドが一番遅いように書いてあるが、藤田恒太郎東大名誉教授の著書「歯の話」では日本人の
ほうがヨーロッパ人より早熟だった。もっとも成長の早さは戦略の違いであり原始的な証拠ではない。
海のモンゴロイドであるポリネシア人は歯の萌出年齢が世界標準より1〜2年早いらしいし、
ネアンデルタールも直接の祖先であるホモ・ハイデルベルゲンシスより早熟に進化していた。

458 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/22(金) 12:51:59
ラシュトンはMRIで得られた脳容量とIQに
40%程度の正の相関があると主張しています。

459 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/22(金) 13:19:15
>>456
紅茶戦争でボロボロにさえた中国は?まあ韓国は眼中になかったとしてw
太平洋戦争で惨敗した日本はww?まさかボタモチの中国が大戦の戦勝国だと思ってないだろうな
そういえばユダヤも蹂躙されてきた民族だったな、まあこれはキリスト殺害を肯定した国として
迫害されてきたわけだが・・・

で?日本より知能指数の高い韓国が日本に植民地化されたわけはwww

460 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/22(金) 14:12:27
>>458
それは人種の比較には適用できない。
同じ民族で比例しない事象を人種に適用するのは卑怯者の論理だ。
つまりラシュトンは卑怯者なのだ。

461 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/22(金) 14:22:34
>>458
少なくとも頭のサイズとIQの相関関係は薄い。
巻尺で計ったサイズとIQに相関関係があるなら、
100年前の骨相学者が証明しているだろう。
MRIでスキャンした容量とIQに相関があるのは、
胎児期、乳児時期の栄養状態など環境の違いも否定できない。
IQも脳容積も環境で変わるからだ。


462 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/22(金) 14:37:44
ラシュトン批判については、クリス・ストリンガー著「出アフリカ記」が痛快だよ。
人類学の第一人者が痛烈に批判している。

463 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/23(土) 19:42:30
ラシュトンはMRIで得られた脳容量とIQに
40%程度の正の相関があると主張しています。


464 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/24(日) 06:42:21
>>463
少なくとも頭のサイズとIQの相関関係は薄い。
巻尺で計ったサイズとIQに相関関係があるなら、
100年前の骨相学者が証明しているだろう。
MRIでスキャンした容量とIQに相関があるのは、
胎児期、乳児時期の栄養状態など環境の違いも否定できない。
IQも脳容積も環境で変わるからだ。

465 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/24(日) 06:56:33
ラシュトンのヴォケは、ポリネシアンやインディアンの数部族も白人より脳が大きいのに
平均IQが黒人並である事実を無視している。日本人のほうが初潮年齢が早い事実を無視している。


466 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/24(日) 07:31:54
東アジアでIQが高いのは、近視率60%以上の近眼社会だけだよ。


467 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/24(日) 09:16:09
アインシュタイン博士や湯川秀樹博士の脳重量は一般人より軽かった。
20世紀最大の頭脳が一般人より軽かったのだ。
これを言ったら、老化で萎縮したのさと言い出すバカが出てくるだろうが、
全ての人間が平均的に萎縮するわけじゃない。老人性疾患のない人間は
80歳を超えても萎縮は5%程度だ。特に湯川博士は死ぬ直前まで執筆活動を
続けており、ボケ老人になって死んだわけではないのだ。
第一、脳研究の専門家が萎縮も考慮せずに小さい脳の例にあげるはずがないだろう。


468 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/24(日) 09:35:12
アインシュタインが学習障害だったって信じられない 天才なのに
坂本竜馬も学習障害らしいし アンデルセンもそうなんでしょ

469 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/24(日) 10:11:50
アインシュタインとかその手の天才をIQとかで語ろうってのが間違いだろ
そもそもIQって知能障害かどうかを見極めるテストだったんわけでしょ。


470 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/24(日) 14:54:22
脳が大きければ頭がいいなんて誰が考えた?

471 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/24(日) 15:24:05
「脳の大きければ知能も高い」
これは非常に大雑把なハナシとしては間違いじゃないワケ
ですよ。たとえば500gの脳を持ってるのと1400gの脳を
持ってる場合を比べれば、やはり1400gの方がアタマは良
いといえる。しかし、ヒトに限定した場合、たとえばIQ90
の人間は、脳の大きさがIQ180の人間の半分かというと、そ
んなコトはない。大きい方が知能も高い「傾向がある」とい
うコトは言えるかも知れんが、脳の大小と知能の高低が逆転
してる場合だって珍しくはない(40%程度の相関であれば)
ということ。で、実際の「アタマのよさ」というのは、脳と
いう「ハードウエア」の大小より、そこに載っかっている「
ソフトウエア」への依存の方が大きい。
ハードウエアのスペックとしてヒトの個体差を見ても、ファ
ミコンとプレステほどの差は無い。プレステという同一規格
の中で、よくできたゲームもあれば、いわゆるクソゲーもあ
るのと、まあ同じようなコトだろう。

472 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/24(日) 15:47:58
>>471
ソフトウェアが何を示しているのかわかりません

473 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/24(日) 15:51:01
環境や経験によって後天的に獲得した知識や行動・思考様式、
文化など。

474 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/24(日) 15:53:43
別の表現をすれば、ニューロンの絶対数ではなく、ニューロン
が形成するネットワークかな。ソフトウエアに該当するのは。

475 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/24(日) 18:46:15
精神科医に聞いたら脳の量と知能には関係があると言っていたよ。

476 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/24(日) 19:38:51
「関係ない」というハナシがどっかで出てたのか?

477 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/24(日) 21:27:40
185cmを超えるような大男で、頭のいい人ってあんまりいないような気がするから、やっぱほとんど関係ないんじゃない?


478 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/24(日) 21:30:00
ような気がするてのはナンだ?
確かに自分のまわりを見た限りで「185cmを超えるような大男」
自体は、あんまりいない「ような気がする」けどね。

479 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/24(日) 21:30:48
賢いレスラーや力士みたことある?
俺はジャンボ鶴田しか知らん


480 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/24(日) 21:38:49
レスラーや力士が「賢いかどうか」は知らん。少なくとも
試合を見てもそういうコトはわからん。が、体が大きい方
がなりやすい職業ではあるだろう。だからレスラーや力士
に体の大きい人間が多いのは当然として、体は大きいがレ
スラーにならずに学者になったような人間は、リング上に
現れる事はない。
そもそも、レスラーや力士は「脳が大きい」というハナシは
どこから出てきたのだ?

481 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/24(日) 23:10:10
脳のおおきさと知能には0.4の相関がある。
これはもちろんラシュトンが主張したのではなく、
複数の研究データの結果に過ぎない。
むしろ人種ごとの平均脳容積のデータが全く当てにならない。
たとえば、鈴木尚によると日本人の脳容積は1551.8ccだそうだが、(『日本人の骨』岩波書店)
おなじ本の中で現代人の頭蓋計測値からピアソンの公式で脳容積をだすと1379ccになってしまう。
こんな長子だから、民族ごとの平均脳容積データなどまったくあてにならず、
事実研究者でまちまちである。
こんなデータでなにがしか結論を出すのは間違い。

482 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/24(日) 23:11:04
もちろん現代人とは現代日本人の事ね。

483 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/24(日) 23:12:37
もちろん現代人とは現代日本人男性の事ね。

484 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/25(月) 00:52:51
なんとなく昔の日本人の方が頭の大きい印象があるな
これは単に現代人の身長が伸びただけかな?

485 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/25(月) 01:52:38
>>484
日本人の身長は、この100年で15cmものびたけど、
頭の大きさはほとんど変わっていないのだ。

486 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/25(月) 05:31:08
脳の容積で知能は変わるのは動物の種類のレベルで比較して明らかですよね。
なので同じ脳の容積の人達の平均を比べていくとおそらく、
容積の多い平均ほど知能は高くなると思います。
ですが、
人間レベルほど大きくなり機能も多くなると他の知能の要素の方が強いもの、
影響の大きいものとなるので、
平均ではなく個人で比較すると容積の差は知能を比べる事について大きい差にはならないのではないかと思います。

487 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/25(月) 08:55:58
同一人種の脳のおおきさと知能には0.4の相関がある。



488 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/25(月) 14:15:32
その0.4の相関とやらは、どの程度の相関なんだ?
朝ごはんを食べる人と食べない人で成績比べたら、食べる人の方が高かったくらいの相関?

489 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/25(月) 18:33:32
>>488
脳のMRI画像とIQには40%程度ほどの正の相関があります。
脳のMRI画像で測った脳容量で誤差15ポイントくらいでIQを推定できます。

490 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/25(月) 19:13:25
>>489
うそつけ。0.4の相関なら、
IQのうち、頭の大きさの要因は16%にすぎないということになる。

491 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/25(月) 23:36:25
あれだよ
IQが低いと親にぶんなぐられる家庭

IQなんて新手のクロスワードパズルだと思っている家庭

どちらのほうが 知的な家庭で どちらの家庭の子供のほうが高いポイントを取りそうなのか
考えてみたらどうか?

492 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/26(火) 09:19:27
0.4の相関のグラフを見てみたが、あんまり関係ないようにしか見えないw。
朝食と成績の関係より相関ねーんじゃね?

493 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/26(火) 16:51:59
必死だなw

494 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/26(火) 17:38:31
>>493
とうとう自己紹介まで始めやがったwwww
ホンと必死ですねwww

495 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/26(火) 18:39:04
どっちゃでもええよ。
俺の頭はデカイし。
でも賢くないし。
いまさら
頭が小さくなるわけでもないし。
賢くなるわけでもないし。
女にモテる用になるわけでもないし。。。

496 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/27(水) 02:57:55
。・゚・(ノД`)・゚・。

497 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/27(水) 03:25:21
脳のMRI画像とIQには40%程度ほどの正の相関があります。
脳のMRI画像で測った脳容量で誤差15ポイントくらいでIQを推定できます。


498 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/27(水) 03:43:36
ではアインシュタインやレーニン、湯川秀樹のIQは一般人以下だな。

499 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/27(水) 03:51:20
>>96
>各国の環境の要素を考える必要があるな。
>でもアメリカで犯罪を多くするのは黒人>>>白人>>>アジア人だ。

日本国内で犯罪を多くするのは中国人>>>>韓国人>>>>白人だ。


500 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/28(木) 13:44:44
>>498

高齢で脳が萎縮した可能性がある。それに40%程度の相関です

501 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/28(木) 14:09:39
それはそうと、統計うといんだが、40%の相関というのは
相関係数0.4というコトで間違ってない?

502 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/28(木) 14:41:11
>>501

そうです。

503 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/29(金) 19:47:45
>>500
>高齢で脳が萎縮した可能性がある。

専門家が萎縮の程度が少なかったと何度も言ってるだ。ヴォケ!

504 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/29(金) 19:53:34
コピペ
身長は遺伝による影響が大きいのですが(戦前と現代の日本くらい食生活に差があれば別ですが、
だからと言って或る一定量以上を食べても、その人の遺伝的限界に近づいていれば太るだけ)、
直接的な決定因子の中でも特に遺伝による影響が大きいのが骨端軟骨の閉鎖時期です。

骨端軟骨は骨の縦の伸長点で、成長とともに徐々に小さくなり、完全に硬骨化することによって
成長が止まりますが、この硬骨化による閉鎖時期は遺伝により決定されるところが大きいのです。
雑誌「トレーニング・ジャーナル」に、骨端軟骨の閉鎖具合を示す骨年齢(骨年齢が
高い=成長が終わりに近い)を調べた結果が載ったことがありますが、14歳男子で調べると、
12歳〜18歳(骨年齢が18歳というのは、ほぼ成長は止まっており、伸びる余地はありません)
と、開きがあって、しかも、かなりバラバラな分布でした。

つまり、骨年齢は個人差が大きく、実年齢が14歳であっても、骨年齢も14歳付近に固まっている
わけではないのです。そして、その差の原因は、無論、運動や栄養状態にも影響されますが、
遺伝によるものが圧倒的なのです。欧米人が日本人より大きい原因の一つに、人種による
遺伝子の違いで、骨端軟骨の閉鎖に関しては欧米人のほうが遅いということがあります。
日本人男性は15〜6歳くらいでほぼ閉じる人が多いのに対して、欧米人男性では18歳以上が多く、
比較的遅くまで伸び続ける人が多いのです。

日本人男性は15〜6歳くらいでほぼ閉じる人が多いのに対して、欧米人男性では18歳以上が多く、
比較的遅くまで伸び続ける人が多いのです。

日本人男性は15〜6歳くらいでほぼ閉じる人が多いのに対して、欧米人男性では18歳以上が多く、
比較的遅くまで伸び続ける人が多いのです。

505 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/29(金) 19:59:10
ラシュトンはインチキ野郎だな。

506 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/30(土) 03:19:46
今更だけど、「頭がいい」の定義にも依ると思う。
並外れた記憶力、思考力が必要なプロ囲碁棋士、プロ将棋棋士の頭の大きさは
おいらにはどうみても大きく見える。顔が大きいのではなく、頭が大きい。
彼らがIQテストをすると平均よりも高い点数を取るとは思うが
その点数と平均の点数の比は、彼らの囲碁・将棋の能力と一般人の能力の比ほどは開かないだろう。

アインシュタインは残されたメモ等からIQは200とも180とも云われているが
彼が生きている時にIQテストを受けたとして、そのような点を取ったかどうかは甚だ疑問だ。
頭の回転が速い、直感が優れている事と、偉大な業績を残すような深い洞察・思考は別の物ではないか。
とはいえ、これらの要素は重なる部分も多いはずで、アインシュタインの頭の回転が速くない、直感が優れていないという主張では、全くない。

反対に、面白い事を即座に言ってのけるお笑い芸人は頭の回転は速いだろうが、深い洞察・思考が出来るかは
甚だ疑問である。この場合の要素の関係は包含しないのではないか。

以上の事は自分の経験上、そう感じている物であって、違う考えの人もまたいると思う。
どしどし意見交換をしませう。



507 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/30(土) 12:34:30
さっき、なんとなく読みそびれていた日経サイエンス八月号読んでたんだが
アインシュタインは言語ではなく映像で思考していたようだ。
言語能力だけとれば知能テストの得点は低かったろう。

八月号は男と女の脳には違いがあるという話で、面白かった。
ちなみに当方女。

508 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/30(土) 16:49:23
>>503
アインシュタインや湯川はその年にしてはむしろ重いと言うべきだ。
アインシュタイン湯川の脳容積は普通の人より大きかったといえる。

509 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/30(土) 16:57:06
残されたメモや伝記ではIQは計測できない。
たしかに昔そういう「研究」があったが、今では物笑いの種である。
実際IQ170や180などという数字は成人ではまず出ない。
そのようなひとが存在すればロースクールの適性検査で満点「以外の」の点数を取ることは統計学的にあり得ない。
成人の知能指数180とはそれほどまでにすさまじいもので、つまりほぼ存在しないと言い切れる。
過去の偉人がかりに知能テストを受けたとしても、もちろんそんな数値をとれるはずもなく、
現実には120〜140の間にほぼ収まると思われる。
社会的に成功した現代人のIQを計測すると実際その程度の数値を示す。

510 :ユダ ◆o3FO2oJm9Q :2005/07/30(土) 20:48:29
専門学校を卒業して再受験ですが、薬学部を目指しています。
親は有難い事に塾と予備校に通わせてくれます。

あとは俺が勉強するだけだ。


511 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/31(日) 01:34:27
勉強さぼって落第するに1000ウォン

512 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/31(日) 09:14:27
薬学がんばれよ。
ただ入るだけで気力使い果たさないように。
漏れは薬学じゃないけど大学の同じ敷地内に薬学部の校舎があって、入学後脱落していった学生を大量に知ってる。
ディズニーランドのバイトに夢中になって退学。ゲームにはまりすぎて退学。三浪して無理して入ったはいいがやはり授業についていけず留年。
かわいそうなところでは、事故でしばらく登校できなくなったため授業日数が足りず留年ってのも。
”実験で前髪を焦がす”はデフォルト。

513 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/01(月) 02:52:23
民族の脳の大きさは、出身地の気候で決まる。
世界でもっとも脳の大きい民族は、南米フエゴ島の先住民フエゴ人だそうだが、
フエゴ人の住むフエゴ島は南極大陸と目と鼻の先なので酷寒の地だ。
酷寒に住む動物は、「アレンの法則」に従って手足が短く体が丸くなる。
体が丸くなれば、体型を形作る遺伝子は相関し合うから頭も丸く大きくなる。
実際に、ズングリした体型のブルドックは頭も大きいし、脳も一般の犬種より大きい。
逆に、炎天下に住むアフリカ人やインド人は手足が細長く頭も前後に細長い。
つまり、世界の人種民族の外見的形態の違いは、進化の優劣云々の問題ではなく、
環境の違いでほとんど説明ができるわけだ。
それが証拠に、日本人は白人より歯冠部が大きい。ヨーロッパ人種でもっとも大柄な
オランダ人でも歯冠は日本人より細く小さい。つまり、日本人は脳が大きいと言うより、
頭蓋骨自体が大きいのだ。脳が進化したのではなく、単に寒冷適応で体型が変わっただけだ。


514 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/01(月) 02:53:20
>>508
検証した専門家が普通の老人の脳だったと証言しています。

515 :ユダ ◆o3FO2oJm9Q :2005/08/01(月) 03:45:30
>>514

大雑把に平均して脳の量が多い人はIQが高い傾向がある。

516 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/01(月) 04:14:59
16万年前のアフリカ人は、脳容積が1450ccあったんですよ。
つまり、現代のアフリカ人より遥かに脳が大きかった。これはいったい何を意味するのか?
氷河期が終わり、気温が高くなったことが原因ではないのか?

現代の南米でも、赤道近くのインディオは脳が小さいが、南極近くのフエゴ人は脳が大きいし、
オーストラリア・アボリジニは脳が小さいが、南極近くのタスマニア・アボリジニ人は脳が大きい
といったぐあいに、脳の大きさと気候は大きく相関しているのだ。


517 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/01(月) 04:19:44
つまり、脳の大きさは進化の優劣云々の問題ではなく、
気候で体型が変わったことが最大の要因なのだ。
寒い気候に住む動物はアレンの法則に従って体型がズングリ丸くなる。
体型がズングリすると、頭も大きく丸くなる。
実際に、ズングリした体型のブルドックは他の犬種より脳が大きいが、
だからと言ってブルドックが他の犬種より優越しているわけじゃない。
これは人種も同様に考えなければならない。全て自然環境適応の違いである。


518 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/01(月) 04:31:09
炎天下に住むインド人は世界でもっとも脳が小さいらしい。
だが21世紀はインドの頭脳が世界をリードすると言われるほど、
インドの躍進が目覚しい。実際に、アメリカのアジア系移民では、
マネージャークラスまで出世する比率がもっとも高いらしい。
アメリカでは医者の3割はインド系だという。


519 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/01(月) 04:33:59
>>515
どうでもいいが2ちゃんなんかやってていいんか( ´_ゝ`)

520 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/01(月) 06:01:59
この「南米フエゴ島の先住民フエゴ人」の体型が実際に日本人よりもずんぐりしているのか
見ものだ。
モンゴル人は寒冷地適応してズングリしているという人がいるが、朝青龍や旭天鵬は
日本人よりも手足が長い。
日本人が幼児体型なのは別の理由があるのですよ。

521 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/01(月) 13:55:44
そ、その理由とは…(ゴクリ)…

522 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/01(月) 18:11:42
そういえば日本人は昔野菜ばっか食べてたから欧米人に比べて腸が長いそうだ
それがずんぐりむっくりの胴長幼児体系を生んだんじゃね

523 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/01(月) 19:00:37
つうか、人種別脳容積のデータには信用できないものが多い。
たとえば日本人男性の平均容積は鈴木尚東大教授によると1551.8ccと世界でも大頭だが、
同じ本の中で示されている頭蓋サイズからピアソンの公式で算出すると1379ccと一転して小振りな脳である。
ほかの民族もにたり寄ったりだと想う。
脳容積の差で人種ごとの知能差がある可能性はあるが、データは十分ではないし、
いわんや環境の影響を受けるIQテストでは分からない。


524 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/03(水) 21:28:55
イスラエルは、人口あたりの科学技術系大学の卒業生は日本の4倍、
研究技術者一人当たりの論文発表数は5倍というハイテク王国です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/439661103X/qid=1073978728/sr=1-10/ref=sr_1_2_10/249-7710489-0433155

やっぱりアシュケナージ系ユダヤ人の研究者から見れば日本人研究者の頭脳はエテ公並みなんだよ( ´,_ゝ`)プッ

民族別IQの平均値
アシュケナージユダヤ         117
東アジア人 (日本人,韓国人)      106
白人 (アメリカ)             100
白人 (イギリス)             100
ヒスパニック (アメリカ)        89
黒人(白人との混血のアメリカの黒人) 85
黒人(サハラ以南の純粋な黒人)    70

このスレの皆様へアシュケナージユダヤ人のIQは日本人より遥かに高い。
アシュケナージユダヤ人研究者の頭脳から見れば日本人研究者の頭脳はエテ公並みです( ´,_ゝ`)プッ


525 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/03(水) 22:05:05
研究者のデータじゃないじゃんw。
研究者について言及したいなら、研究者だけのデータ持ってこい!
いや、さらに差が広がりそうでもあるがw。わからんぞ。

526 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/03(水) 22:05:50
あ、>>525はIQについてな。

527 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/03(水) 22:08:13
>>526

アメリカのノーベル賞受賞者の40%はユダヤ人です。
民族別IQの平均値
アシュケナージ系ユダヤ 117
東アジア人 106
白人 100
ヒスパニック 89
黒人  85

二重らせんの発見したワトソンの本でもIQはこれと同じ順位になっています。

ソース↓
http://home.comcast.net/~neoeugenics/smartpie.gif


528 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/03(水) 22:10:35
いや、研究者限定のIQを知りたいんだが。無いのか?
一般人の平均より低かったりしたら面白いなぁとか思ったりしてw。

529 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/03(水) 22:19:00
それはないだろ

530 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/03(水) 22:40:23
>>527
なんだよそのソースは?
ワトソンとまるで関係のないレイシストのHPじゃん。
ばかじゃないの?
アメリカ人の40%がユダヤ人って、別の人間は20%っていってるぞw
真相は、もちろん、どってちもでたらめwww
ちょっと活躍した白人を片っ端からユダヤ人認定しているに過ぎないw


531 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/04(木) 00:03:33
すくなくとも、老人の痴呆にはあてはりそう

532 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/05(金) 12:22:24
ソース↓
http://home.comcast.net/~neoeugenics/smartpie.gif


533 :ソース:2005/08/05(金) 13:33:29
http://www.bulldog.co.jp/ 日本の標準
http://www.otafuku.co.jp/ お好み
http://www.takahashisauce.com/ オリジナル
http://www.source.co.jp/ 専門会社
http://oss.mri.co.jp/ 政府とソース
http://e-words.jp/w/E382AAE383BCE38397E383B3E382BDE383BCE382B9.html 空いたソース

http://www.sourcenext.com/ 次

534 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/05(金) 20:26:43
信頼できない韓国人からの情報によると
アメリカでノーベル賞をもらった東洋人はすべて
韓国の血を引いているそうだ

535 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/06(土) 00:37:46
>>534
世界中の正半在社の全ても勧告の地を敷いてるらしいよ。

536 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/06(土) 10:03:59
>>520
>モンゴル人は寒冷地適応してズングリしているという人がいるが、朝青龍や旭天鵬は
>日本人よりも手足が長い。

脳みそ腐ってると違うか? 手足が長いから日本へ来て力士として成功しているんですよ。
相撲とり2人だけで決めるのはバカ。

>日本人が幼児体型なのは別の理由があるのですよ。

日本人は白人より歯冠が大きいし頬骨が大きく大顔だから幼児体型とはいえない。


537 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/06(土) 10:10:46
日本人の大きい歯、張り出した頬骨(上顎洞)、早い性成熟は寒冷適応の結果と解釈できるが、
幼形化と呼ぶには致命的なバグである。


538 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/06(土) 17:04:00
ラシュトン脳の量と知能は関係があると言っていたよ。

539 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/06(土) 17:11:13
行動の多様性と知能は関係あると思う。
いつも同じことを繰り返してる人は知能が低い。


540 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/06(土) 18:02:19
>>538
おまえ日本語がへんだぞ。

541 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/06(土) 18:20:45
>>538
ラシュトンみたいなチンピラがどうしたって?

542 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/06(土) 18:30:37
脳の大きさと知能は関係あるだろうけど
人間の脳の大きさの幅はそんなに大きくないから
大きさ以外の要因の方が多そうだ
大学教授とホームレスは頭の大きさじゃ区別つかないとおもうよ

543 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/06(土) 19:42:05
岡山大学の森昭胤教授が彼の著書「脳100の新知識」で
興味深い話を紹介しています。
CTが普及し始めた1980年頃アメリカの科学誌サイエンスに
"あなたの脳は本当に必要か?"と題する記事が出た。
大学の数学科を出た男性が就職の身体検査で、
頭が普通より大きく水頭症の疑いがあると言われた。
脳外科で精密検査を受けるとやはりそうで、
脳室には脳脊髄液が溜まり大脳の厚さはわずか数mm、
重さは100g以下しか無かった。
この男性の大脳は普通の人の10分の1しかなかったわけです。
こうなると普通は麻痺や知能発育不全、痙攣等を起こすが
検査をすると運動能力も行動も精神状態正常。
IQに至っては126と秀才であることがわかった。
(大学では数学賞も受賞したそうです)
脳は1/10以下でも十分なのか?残りは眠っているのか?
ttp://www.kasoku.net/mag/kasoku.htm
この話は池谷裕二著「進化しすぎた脳」でも引用されている。

544 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/06(土) 20:08:51
頭の水平周と知能には0.1〜0.2の創刊しかなかった。
しかしより正確な脳の測定法が開発されれば、この創刊はもっとあがるだろうといわれた。
磁気測定により、脳の大きさと知能には0.4の相関があることがあきらかとなった。
大脳皮質の量と知能にはおそらく0.6〜0.7の相関があるだろう。
脳神経の数と知能には年齢を統制すれば0.7〜0.8の相関があるだろう。
ニューロンネットワークの延長距離と知能にも0.7〜0.8の相関があるだろう。

545 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/06(土) 20:12:13
>>543
その話は疑われてるみたいだよ。
右脳左脳の片方を幼児に欠いた人間が正常に育った例は知ってるが。

546 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/06(土) 20:29:45
>>545
>その話は疑われてるみたいだよ。

ソースは?


547 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/06(土) 20:47:12
日本人の歯冠モデュルスは白人より大きいし顔も大きい。
つまり、脳が発達したのではなくて、頭蓋骨自体が大きいのだ。


548 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/06(土) 22:51:12
>>547
鈴木尚のデータ見ると、日本人の頭蓋骨は白人より小ぶりだよ。
日本人の脳が大きいとか重いとかいう説はヨタだとおもう。

549 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/06(土) 22:54:29
>>546
論文発表者以外誰もその人を特定できない。
つまり追試ができない。
これは科学のデータとしては信用できないといってよい。
右脳左脳を欠く人のデータは世界中で報告されており、
これは子供の脳の可塑性、右脳左脳の補完性から説明されている。

550 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/06(土) 23:42:30
>>549
だからソースは?

551 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/07(日) 00:07:33
>>550
学会の総論ww


552 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/07(日) 00:21:54
つーか、そんな奴がいるというなら、まずいるという明確なソースを示すのが先だろうにw。

553 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/07(日) 00:35:44
最近も半田異性の捏造事件が発覚したが、
基本的に科学の世界では、誰も検証できない個例は価値がない。
実際発表された論文があとでとり下げられる例はいくらもある。
症例からすると水頭無脳症に近い例だとおもうが、
水頭無脳症のサイトでもそんな例はまったく引用されていない。
学会で信用されていないためである。

554 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/07(日) 00:40:02
わずかに
アンドリュー君(6歳)の例が挙げられているだけである。
これとて、「こんなに脳がないのに歩ける」というまれな例として報告されているのである。
>>543の例が信用されるのなら、当然あげられてしかるべきなのに、まったく触れらてもいない。
信用されていない証拠である。


555 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/07(日) 03:20:02
>>551>>552
>学会の総論

それは完全な詭弁だよ。学会の総論ならメジャーな研究者たちが著書で紹介するはずがないだろ。
こちらは著書名まで紹介しているのに、おまえは自分の妄想を並べてるだけだ。

556 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/07(日) 03:21:17
この話は池谷裕二著「進化しすぎた脳」でも引用されている。


557 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/07(日) 03:25:40
脳容積とIQの相関だって、日本の脳研究の第一人者
川島隆太教授が否定している。

558 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/07(日) 03:32:04
>>551
>学会の総論

ソースも出さずに、自分の意見を学会の総論と言うのは擬似科学者の詭弁だ。
>>543の例はメジャーな脳研究者が何人も紹介している。


559 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/07(日) 04:36:41
>>555
気に入らない情報には目をつぶって
捏造と言うのはトンデモさんの常ですよ。


560 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/07(日) 05:15:16
一回雑誌に載れば真実だって言うなら、どんなトンデモ理論でも成立するわなw。
一般向けの本には厳密でなくても面白い話は書くだろうし。

561 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/07(日) 11:35:32
>>560
全面的に同意。おぬしは学会の事情がよくわかってる。
>一般向けの本には厳密でなくても面白い話は書くだろうし。
そのとおり。
川島や池谷などマスコミで知られた人間は一般受けしそうな話を好んで書くもの。
彼らのいってることは驚くほどいい加減だよ。
川島などIQは社会的成功に関係ないなどとはっきりうそを言っている。
>>555は脳に関する通俗本を読んで、「人間は4%しか脳を使っていない」とか「知能指数は社会的成功と関係ない」とか書いてあるのを読んで
元気ずけられている素人。


562 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/07(日) 12:15:19
×元気ずけられている
○元気づけられている

563 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/07(日) 23:10:52
>>514
アインシュタインや湯川の脳は同じ年齢の人と比べれば、明らかに重い。
あんたは自分に都合のいい話だけを取り上げてる。
アインシュタインの脳は顕微鏡で調べたら普通の人より脳細胞がぎっしり詰まってたっていうじゃないか。


564 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/07(日) 23:12:13
アインシュタインの脳は外見の構造もかなり変わってるよ。
「普通の老人の脳」とはかなり違う。


565 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/07(日) 23:21:06
ソースプリーズ

566 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/07(日) 23:26:19
世の中には“天才”といわれる人たちがいる。
例えば相対性理論で有名なアルバート・アインシュタイン、
白熱電球を発明したトーマス・エジソン、ガリレオ式望遠鏡を発明したガリレオ・ガリレイ、
電話を発明したグラハム・ベル・・・などである。
この天才といわれる人の脳は我々と何が違うのであろうか。
カルフォルニア大学バークレー校大脳生理学マリアン・C・ダイヤモンド博士が
アインシュタイン博士の脳の解剖分析をしている。
このアインシュタインの脳は彼の検死を担当した関係者から脳を入手した。
厚さ20ミクロンにスライスし、特殊な染料で染め、特殊顕微鏡で分析をする。
その結果、アインシュタインの脳は一般の人の脳より、
神経細胞を結ぶ軸索が数多く複雑に張りめぐっていた。
天才の脳は、神経細胞同士の連絡が非常に密になっているので、
ある考えと別の考えを組み合わせ、できるだけ新しいものを作り出せるのだ。
一般の人の脳は、AからBへの道筋がないため、新しい発想が生まれてこない。
この神経細胞ネットワークが、天才を生み出すカギであったのだ

567 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/07(日) 23:31:24
『東京大学公開講座 ヒト 人 人間』にも、
アインシュタインの脳の構造がかなり変わっていることが記述されている。
>>514が、いかに自分に都合のいい話だけをでっち上げてるかがっわかる。


568 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/07(日) 23:33:48
脳神経細胞の数やニューロンネットワークの複雑さで、
人間の頭のよさはかなりの程度説明できるだろう。


569 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/07(日) 23:38:15
大脳新皮質の量とIQには、かなり高い相関が得られるだろう。
皮質の量は磁気測定で算出できる。
いまこの研究をやれば、オリジナル性がある。

570 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/08(月) 06:15:51
>>548
>鈴木尚のデータ見ると、日本人の頭蓋骨は白人より小ぶりだよ。

その本の名前教えてくれませんか?


571 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/08(月) 16:44:15
「脳細胞」って具体的になんだよバカ
相関が##「%」「脳細胞」でお前の理系オンチさがわかるんだよ
お前正直文系だろ

572 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/08(月) 17:29:45
まあ今回の法案廃案がいかに危険な事かを知るためには、
とりあえず

「特定郵便局長 逮捕」

とgoogleで検索してみる事から始めるべきだな。




573 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/08(月) 17:51:24
次の選挙で落選させなければならない議員のリスト

自民党 河野洋平 神奈川17区 - 売国奴。中国の飼い犬。日朝友好議連所属。
自民党 野田毅 比例九州 ----- 売国奴。中国の飼い犬。外国人参政権推進。日朝友好議連所属。
自民党 加藤紘一 山形3区 ---- 売国奴。中国の飼い犬。
自民党 古賀誠 福岡7区 ------ 野中の子分。人権擁護法案推進。
自民党 野田聖子 岐阜1区 ---- 古賀の子分。人権擁護法案推進。
自民党 二階俊博 和歌山3区 -- 売国奴。中国の飼い犬。人権擁護法案推進。江沢民の石碑建立。
公明党の議員全員 ----------- 反日売国奴。中韓の手先。全員、池田大作の弟子。人権擁護法案、外国人参政権推進。
                    伝統的な日本をぶち壊して日本人全員を層化信者にすことが最終目的。
民主党 石井一 兵庫1区 ------ 人権擁護法案、外国人参政権推進。有本恵子さんのご両親について「あれはバカだから」
                    「人の恩が分からない恩知らず」と発言。
民主党 石毛^子 ------------ 人権擁護法案、外国人参政権推進。朝鮮総連のスパイ。朝鮮総連主催の反日集会に参加。
民主党 稲見哲男 大阪5区 ---- 人権擁護法案、外国人参政権推進。
民主党 岩國哲人 神奈川8区 -- 外国人参政権推進。北朝鮮とつながりのある大阪経済法科大学で、客員教授として
                    報酬を受けていた8人の国会議員の1人。
民主党 岡田克也 三重3区 ---- 人権擁護法案、外国人参政権推進。
民主党 首藤信彦 神奈川7区 -- 人権擁護法案、外国人参政権推進。北朝鮮への経済制裁に反対。
民主党 仙谷由人 徳島1区 ---- 人権擁護法案、外国人参政権推進。
民主党 横路孝弘 北海道1区 -- 日朝友好議連所属。有本恵子さんからの手紙を無視。
民主党 岡崎トミ子 参議院 --- 韓国で反日デモに参加。
社民党の議員全員 ----------- 反日売国奴。北朝鮮のスパイ。



574 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/08(月) 18:33:23
>>571
タイプミス揚げ足取りうざい。
つーか、どこに%なんて使ってるんだよ?

575 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/08(月) 19:19:49
>>570
『日本人の骨』と思われ。

576 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/08(月) 19:53:29
>>575
ありがとう

577 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/08(月) 20:02:07
333 名前:出土地不明 :2005/08/08(月) 19:27:33 ID:MQTr43SV
たぶんクロマニヨン人のほうが体格の強健さや、敏捷性を必要とする生活をしてたのだろう。
体格や敏捷性は、知能指数と正の相関があり、したがって頭も大きかったのだろう。
クロマニヨンは、現代人よりも多数のニューロンを持っていたのである。
また、未開社会の調査では、敵をたくさん殺した人間のほうが、妻や子供をたくさん持つ傾向があったという。
敵を殺すには、それなりの機敏さが必要である。
すなわち、未開社会のほうが、優秀な人間を残そうとする淘汰圧が働いていたと思われる。
農耕社会以降、とろい人間でもそれなりに生きていけるようになった。
現代社会では、優秀な人間が社会的に成功しやすいが、必ずしもたくさんの子孫を持っているわけではない。
たくさんの子孫を作るのは、むしろドキュソである。
よって人類の脳の縮小はとまらない思う。


578 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/09(火) 16:32:03
>>574
簡単な検索能力さえ有さないNoたりんがインターネットを閲覧するな。

579 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/10(水) 02:09:10
右脳で高速な計算処理が行える事が分かったらしいですよ。
例えば将棋の羽生なんかが典型的ですね。
天才科学者などもおそらくそのタイプでしょうね。

580 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/10(水) 15:08:52
2000グラム以上の大きい脳は白人から多く発見されているが、
日本人で聞いたことがない。なぜだろう?


581 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/10(水) 15:09:45
>>580

IQの最大値が白人だからでは?

582 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/10(水) 15:11:07
日本人は膣口が小さいから、1700gぐらいが限界で
それ以上大きい脳は産めないと聞いたことがあるが、事実だろうか?

583 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/10(水) 19:03:57
>>578
ヒャッホウ
正真正銘の基地外に出くわしたよ、お前のことだww
はあ?検索能力?ww
だから>>561のどの文章が相関関係を%で示してるって言うんだよ。
指摘してみろや。このバカwww
一度診てもらえ。この基地外ww

584 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/10(水) 19:05:12
>>578
ヒャッホウ
正真正銘の基地外に出くわしたよ、お前のことだww
はあ?検索能力?ww
だから>>563のどの文章が相関関係を%で示してるって言うんだよ。
指摘してみろや。このバカwww
一度診てもらえ。この基地外ww


585 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/10(水) 19:20:04
↑ハナシの前後関係は知らんがコイツは基地外。

586 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/11(木) 15:48:47
何か火病ってる奴がいるな。
韓国人か?

587 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/11(木) 16:39:03
>>583はスレッド全表示ができないと思われ

588 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/14(日) 02:02:38
ユダヤ人になりたい


589 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/15(月) 01:11:06
【将棋・そろばんに見る右脳の働きと潜在能力】

対局中の羽生善治の脳波を測定する実験が行われた際、右脳が活発に働いており、他のプロ棋士も同様だった。
それに対して、アマは左脳。
また、そろばん日本一の人の脳波を測定した際にも、左脳はほとんど使われておらず、右脳で計算している事が分かった。
以上のデータから、右脳で高度な計算処理が行われるという結論を得た。

要するに、左脳で処理し切れなくなった計算を右脳に委ねるという事ですな。
天才科学者などもおそらくこのタイプでしょう。

590 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/15(月) 06:03:11
>>575
それって、40年以上も前の本だよね。


591 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/15(月) 07:28:37
脳の大きさはさほど問題ではない、が、、、、

バカアホ呼ばわりが日常の2ちゃんねるの諸君っ、、、
君が生物学者として、世界に出たいなら、柿の下記のwebを見よ、お笑いで
済まされるか、屁理屈と哲学を混同して教えられたニホンジン諸君、ご覧アレ。
猿の脳と人間の脳を追求すれば、ノーベル賞も夢ではないぞーっ。
http://www1.ryucom.ne.jp/papa/shinkaron.htm


592 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/15(月) 07:37:25
>>591
人間は猿から進化した、と、まあ、世界の常識だが、はたして人間は猿から進化したのか。


593 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/15(月) 07:41:49
脳の質と量と知能とIQとその生き物の環境等々、猿と人間を対比させればより理解し易いであろう。
猿の脳と人間の脳を追求すれば、ノーベル賞も夢ではないぞーっ。
http://www1.ryucom.ne.jp/papa/shinkaron.htm


594 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/15(月) 07:45:14
>>590
白人、頭でかくて親知らず腫れねーよ
現代っ子は頭小さくて親知らず自体がないし
探せば新しい本ありまくりじゃないの

595 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/15(月) 07:46:28
>>593
地球上、現在の世界で、猿に似たものはたくさんいるが、、、なぜ、
人間に似たものが居ないか、、、君が有名になりたいなら、
考えて見ろ、この不思議、卒論に書けるだろう。


596 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/15(月) 07:50:31
>>595のことは下のHPに、

猿の脳と人間の脳を追求すれば、ノーベル賞も夢ではないぞーっ。
http://www1.ryucom.ne.jp/papa/shinkaron.htm


597 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/18(木) 06:01:42
人間の脳は1割しか使われてないと言いますが、動物は何割ぐらいなんでしょうか?

598 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/28(日) 08:30:17
アシュケナージ系ユダヤ人のIQに比べれば日本人も韓国人もエテ公並なのは周知の事実・・・
ユダヤ人の IQ は日本人より遥かに高いです。
アシュケナージ系ユダヤ人の平均 IQ は117で世界最高です。
アシュケナージ系ユダヤ人に嫉妬しないでください。( ´,_ゝ`#)プッ

民族別 IQ の平均値

アシュケナージ系ユダヤ人
105-130 (言語知能が優位)

東アジア人 (中国人, 日本人, 韓国人)
100-110 (空間知能が優位)

白人
95-100

その他 (アラブ人、南アジア人、ヒスパニック)
85-90

アメリカの黒人 (25%白人が混血)
80-90 (言語知能が優位)

アフリカ人
70-75

オーストラリアン・アボリジニ
65

IQ は
アシュケナージ系ユダヤ人>>東アジア人>白人>>>ヒスパニック≒アラブ人=東南アジア人>>>黒人>>アボリジニ


599 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/28(日) 18:54:45
同じ人種で脳の量と知能は相関関係があるという研究があります。
MRI(磁気共鳴装置)で脳の量とIQには40%ほどの中程度の正の相関があったそうです。


600 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/29(月) 00:20:16
>>599
先生、60%は関係ないのですか。

601 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/29(月) 00:51:01
591 :名無しゲノムのクローンさん :2005/08/15(月) 07:28:37
脳の大きさはさほど問題ではない、が、、、、

バカアホ呼ばわりが日常の2ちゃんねるの諸君っ、、、
君が生物学者として、世界に出たいなら、柿の下記のwebを見よ、お笑いで
済まされるか、屁理屈と哲学を混同して教えられたニホンジン諸君、ご覧アレ。
猿の脳と人間の脳を追求すれば、ノーベル賞も夢ではないぞーっ。
http://www1.ryucom.ne.jp/papa/shinkaron.htm


592 :名無しゲノムのクローンさん :2005/08/15(月) 07:37:25
>>591
人間は猿から進化した、と、まあ、世界の常識だが、はたして人間は猿から進化したのか。


593 :名無しゲノムのクローンさん :2005/08/15(月) 07:41:49
脳の質と量と知能とIQとその生き物の環境等々、猿と人間を対比させればより理解し易いであろう。
猿の脳と人間の脳を追求すれば、ノーベル賞も夢ではないぞーっ。
http://www1.ryucom.ne.jp/papa/shinkaron.htm


223 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)