5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【めざせ】おまえら理研に行きたいか3【上席】

384 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/17(水) 08:38:56
1−1)研究内容の多様性は増やすべきである。
1−2)研究者には発想および組織の面で可能な限りの自由度を与えるべきである。
1−4)科学上の重大発見はどこからでてくるか予想できない。

だから兼任という一風かわった選択肢は残しておくべきだ。
日本中が単一のラボシステムでは自由度も多様性も下がる。

1−3)特に若手は早くから野に放った方が、訓練になる。

師匠についてじっくりラボ経営を修行するのも訓練ではないか?
早くPIになる若手も現実におり、修行の長いPIも同時に作っておくべき。
多様な背景を持つ研究者を取り揃えた方が、研究そのもの多様性は増すはず。

1−5)研究者は様々な分野の研究者と垣根なく交流すべきであり、大きなラボで壁を作ってしまうのは誤り。
1−6)科学史的には、大きな発見の源は小さな研究単位、個人の発見からでてきている。
1−7)科学者はできるだけ少数のことに集中すべきである。

きわめて個人的な偏見である。
昨今の研究はチームでの強力体制の勝利例を示している。そういうテーマもある。
ゲノムプロジェクトも宇宙開発もチーム以外考えられない。個人には向かないテーマもある。
また多数のことを平行して同時進行することで実力を発揮する管理職タイプの研究者も
現実にいるし、そういう形態も日本の研究の多様性を保つためには必要。

175 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)