5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

○-○-○-タンパク質やってる人-○-○-○

1 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/16 14:12:24
情報交換しませんか?
おもしろかった論文。
オススメの専門書。
うまくいかない研究。
何でも語ろう。

2 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/16 15:27:25
2ならうれしい。

3 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/16 22:35:07
研究ねぇ・・・ほとんどうまくいきませんが、何か?

4 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/16 23:51:24
4様

5 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/16 23:51:59
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/life/1039524190/l50

ここと合流してもいいのでは?

6 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/17 00:48:14
あまりに範囲が広くて一つのスレにくくる意味があるとは思えんが

7 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/17 04:52:27
綿チンやってる香具師いねえ?

8 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/18 21:16:30
誰かBL-21って大腸菌使ってタンパク大量精製しているヒトいます?
なんか、まったく違う位置(SDS-PAGEの)にバンドができるんだけど・・・
めちゃくちゃ小さくなってるのよね、理論値より。
誰か分かるヒト教えてください!!

9 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/18 21:31:49
プロテアーゼで切れているかストップコドンが入っているんじゃないだろうか?
もしくは途中から翻訳が始まっているとか
ごくまれに違う遺伝子を入れていることもある ばか

10 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/18 21:39:06
シーケンサーで裏取りありです
なのに出てくるタンパクは短い・・・
ちなみにプロテインヒビター入れて処理してます
本気で分からない・・・・

11 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/18 22:26:38
>8
それって20-25 kDaくらいのとこにでるやつ?
どんなタンパク質のときでも発現しないとでてくる。
大量に目的産物ができたときはあまり目立たないのだが。

12 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/18 22:40:31
N末が正しいならC末が切れている(翻訳停止)んじゃない?
C末にhisタグつけて発現させて 精製かウェスタンすれば?
インヒビタ-は働いてないときもあるし

ためしに封入体画分もPAGEしてみて そいつは多分 プロテアーゼにはやられていないはずだから


13 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/18 22:56:29
>>11
えっ!?も、もしかして発現していない時に、絶対にでます?
欲しいのは10.5kDaなんですけど、20-25にもなぜかバンドが・・
しかも、他は6-8kDa付近なんでつ・・・(つ_T )
ちなみにhisトラップカラム後にも20-25はでます?

>>12
サンクス
とりあえず、封入体画分の確認もしてみます


14 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/18 23:04:26
>13
多分出るかも 
シャペロンの一種はニッケルにアフィニティーがあるようで
くっついてきます クロンテックのはコバルトだからくっつかないとか自慢していたような
タンパク精製の本には除き方も書いてあった

もしかして精製したけど違うバンドが除けないとか?
そういうのはよくありますね 非特異的な結合が


15 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/18 23:09:31
>>5 の精製スレと内容がかぶりまくりだな

16 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/18 23:16:06
>>14
あ〜 完全に発現してないようですね(つ_T)
Niカラムで精製してますけど ずっと20-25付近は気になってたんです・・・
なぜかが分からない→とりあいずクロマト使って精製→はいっっ違う
って感じでつ(T_T)
なにかpET系ベクターに組み込んだやつを発現させるのに良い大腸菌ってあります?
とりあえずBL-21は終了ですね・・・

17 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/19 00:09:01
コドンの影響ならRosetta2かな
でもそんなには変わらないよ

フォールディングならOrigamiがよく効くけど

18 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/19 07:33:10
そんな小さいのが発現していないって、少しでも発現しているなら、上にもあったけど、
不溶性画分に行っている可能性は高いね。大腸菌の種類はそんなに影響ないよ。
でも、完全にないってありえん話だ。


19 :16:04/10/19 14:17:06
>>17>>18
レスサンクス
大腸菌にはあまり責任ないようですね
不溶性画分の確認をしたんですがやはり6-8と20-25にバンドが・・・
単なる技術的問題な気がしてきましたよ(つ_T)
タンパク発現温度も色々試したんだけど・・・
みなさんも大体30度で発現させてますよね?

20 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/19 14:50:38
発現だけだったら37度でもいいのでは? 活性がないなら温度を振ります
6-8と20-25のバンドはhis精製でも付いてきてしまうのなら
ウェスタンでは染まりますか?
SDS-PAGEするときに還元剤入れて変性させてみるとか

21 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/19 15:28:34
>>20
ウェスタンはやってませんが活性はみました
欲しいのはあるタンパクの結合ドメインなのでターゲット配列使ってシフトアッセイを
勿論ペケポンでしたが・・・(ーー;)
これから低温発現(25度とかで)やってみるつもりですけどどうなることやら

そういえば結合ドメインだけの発現が難しいなんてことあります?

22 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/19 15:53:54
あんまり景気よく発現させると全部封入体行きにされるような気がする。
IPTG減らすとかも考えた方がいいよ。

23 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/19 16:03:31
シグナル配列がないとうまく可溶化しないはず

24 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/19 16:23:01
>>22
なるほど IPTGは全くノーマークでした
試してみます

>>23
シグナル配列か・・・そこもノーマーク・・・

1個ずつ消化していきますですm(__)mサンクス

25 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/19 21:32:21
>>20
そうでもないよ。もともと封入体に入るタンパク質を可溶化するために温度を
下げて誘導しようってのが出発点だったんだから。

26 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/19 21:55:48
くり返し使用したグルタチオンセファロース4BのGST結合量が減ったように
思います。

再生可能でしょうか?

27 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/19 22:09:50
GSTは分からないですね Hisなら再チャージできますが。
シグナル配列は無くても可溶化するけど
大腸菌は封入体を作りたがる生物と考えた方がいいよ
機嫌を損ねるとあっという間に封入体

私の最近のお気に入りはCell free expression
ちょっと値は張るが ウサギ 小麦 大腸菌
朝PCRして 午後には発現しているからね
大体結果が出ます 最近は小麦が調子いいです

28 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/19 22:35:13
>>26
70%エタノールで洗うと吉。もうやっていたらごめん。

29 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/19 23:04:36
>>28

はい、今度やってみます。
あと、セファロースに結合した還元型グルタチオンが空気酸化している可能性とかありませんかね?

30 :名無しゲノムのクローンさん:04/10/21 23:22:28
おすすめのHPLCカラムを教えてください
Tosoh bioassist
waters sunfireとかの情報希望

31 :名無しゲノムのクローンさん:04/11/24 17:10:35
たんぱくやってる人に質問。
たんぱくの扱いって、結構いい加減でも大丈夫なの?

俺は以前DNA、RNAを扱っていたが、
チップの汚れやチューブの扱いにすっげー気を遣っていた。
たんぱくの奴らは、手袋もせずにいろんなものを扱ってるけど、それでいいの?
いろんなものがコンタミしないの?コンタミしても別に問題ないの??

32 :名無しゲノムのクローンさん:04/11/24 17:50:04
>31
SDS-PAGEするだけなら雑でいいかも知れんが、機能をもたせたまま精製するには
ちゃんと丁寧に実験するのが必須。
コンタミのダメージの受けやすさは
DNA<タンパク<RNA
かと。

33 :31:04/11/24 18:26:02
>>32
うをー、そうだよな、そうだよなぁ。
たんぱく扱うとき、ガラスの洗い物はどれくらいキレイにすればいい?
DNAと同レベルくらいは洗うべき?

今いるラボさ、洗い物は食器と同レベル、
最後にお情け程度にMQWでちょこっとすすいでおしまい。
それでデータの質が悪いとか、再現性出ないとか言ってんだよ。
「実験をもっと丁寧にやったらどうですか」って言いたいんだけど、
たんぱくは核酸とは違うから、扱いはこんなもんでいい、って皆が言うんだよ。
もう心配でさ。

34 :名無しゲノムのクローンさん:04/11/24 18:29:44
タンパクはガラス器具にくっつくしな


35 :名無しゲノムのクローンさん:04/11/24 19:05:43
>>33
タンパクの方がDNAより洗い物は丁寧にしないと。
DNAは水にとけるから水洗いでいいし、オートクレーブすればDNaseは分解するけど、
タンパクの場合、器具に残るから。

前にいたラボでは、素手では触れないような強アルカリの洗剤でごしごし洗って、
流水すすぎを20回以上して、DWで3回以上すすいで、
洗い終わったものは素手で触らない、というのを徹底していたよ。


36 :名無しゲノムのクローンさん:04/11/24 21:06:07
重クロム酸カリウム・硫酸混合液に一晩つけてから、
流水すすぎ20回以上(手袋着用)、
DWすすぎで3回以上(手袋着用)、
専用乾燥機で急速乾燥、
アルミホイルでぐるぐる巻き。



37 :32:04/11/24 22:25:57
うちはそこまではしない。普通に洗剤→水道水15回→MilliQ3回。
あとはタンパク精製専用のガラス器具かディスポを使うようにしている。
あんまりにもデリケートな対象の場合は、おろしたてのやつを自分専用にして、人に使わせない。

38 :名無しゲノムのクローンさん:04/11/24 22:33:13
おいおい、物理的に「キレイ」なことと「酵素学的」にキレイなことの区
別ついてるか?DNAワークで何でもオートクレーブするのは、ヌクレアー
ゼがどこにでもあるからだよ。汗の中とかね。プロテアーゼは定義からし
て不安定(自己消化)だから、バッファーまでオートクレーブなんかはし
ないで使う。器具を良く洗うのは重金属やディタージェントを除くためだ
ろ。「キレイ」にもいろいろあるんだよ。少しは考えて実験しろよ。

39 :名無しゲノムのクローンさん:04/11/24 23:22:13
>>38
ちと待て。

>プロテアーゼは定義からして不安定(自己消化)だから、

これは間違い。そう言うのもあるかも知れないけど、
大概はプロテアーゼは安定ですよ。

40 :名無しゲノムのクローンさん:04/11/25 20:53:21
タンパクやってる奴が全員酵素をやってるとは限らない。

41 :名無しゲノムのクローンさん:04/11/26 08:32:51
ところでDNA仕事の時ってみんな手袋なんてしてるの?うちはRNAでもバッファーでインキュベーションする時以外は手袋なんてしてないよ。例えばNorthernなんかだとしない。それで問題があったことなんてないけど。

42 :名無しゲノムのクローンさん:04/11/26 10:58:40
>>41
まあ、手袋するとコンタミが減るなんて一種の宗教だからな。
防御のために手袋するのは意味があるけど。


43 :名無しゲノムのクローンさん:04/11/26 17:46:58
>>41,42
Northenのメンブレンとかも素手で扱うのですか。ワイルドですね。

44 :名無しゲノムのクローンさん:04/11/26 18:19:08
ピンセットで扱うから、どっちでも変わらないけど。

45 :31:04/12/04 01:22:51
>>35
まずはアルカリ性の洗剤を新たに購入してみたよ。
それくらいは水すすぎしないとヤパーリダメだよなぁ。
レス見て安心した。俺は間違ってない。

>>36
プラスチックはどうしたらいいでつか?


46 :31:04/12/04 01:25:58
すっげー厨房な質問で本当に恐縮なのだが、
ポリクロ・モノクロ抗体はどう保存してる?
俺の今いる研究室さ、ポリクロ抗体を水で薄めて分注して-20℃に入れてんだけど、
(それでポジコンが出なくなったとか言って騒いでる)
薄めずに分注して-20℃の方がいいと思うんだが、どうよ?


47 :名無しゲノムのクローンさん:04/12/04 02:16:48
そのっとおりつうか、水で薄めるか普通?PBSだろ。

長期保存ならー80

48 :名無しゲノムのクローンさん:04/12/04 07:35:22
薄める必要があるなら別だが、普通はそのまま分注して-80にしている。
なるべく濃いままで保存したほうが悪くなりにくいそうな。
BSA入れることもある。

49 :31:04/12/04 11:33:01
>>47
水で薄めて保存はやっぱりヘンだよな??
ラボに今ある試薬はあまり信用しないようにするよ。自分で買うかな。

>>48
なるべく濃いままで凍らせるか、安定剤入れておくのがいいよな。
抗体やたんぱくを扱うのが初めてなので、自分で本読んだりして調べてみたんだが
>>48と同様なことが書いてあった。
ラボの慣習じゃなくて本やおまいらの方を信用するよ。

新ラボへの新規参入は楽じゃないんだな。

50 :名無しタンパク質のリコンビナントさん:04/12/04 15:44:31
一回分を分注して凍らせる。(凍結ー融解を繰り返さない。)
もしくは
グリセロールを入れて凍らないようにする。
もしくは
そのまま冷蔵庫保存。(意外と長持ち)

いずれの場合も、総タンパク濃度が高い方が良い。
(抗体濃度が低ければ、BSAでも何でも入れて、総タンパク濃度を高く。)

51 :名無しゲノムのクローンさん:04/12/05 09:31:31
>>11
その正体はなんですか?

52 :名無しゲノムのクローンさん:04/12/05 11:29:39
おれはグリセロール アジ化ナトリウム入れて冷蔵庫
2年くらい使えてます

53 :名無しゲノムのクローンさん:04/12/09 02:51:31
良スレ予感age

54 :名無しゲノムのクローンさん:04/12/09 11:00:52
ポリクロ→高濃度で保存可能。50%グリセロールで-30 or -80度保存。

モノクロ→抗体自体が高濃度の場合、凝集する可能性大。
     使用量をある程度目安を立てて少量づつ凍結保存

4度保存の時はプロテアーゼが入っていないことを祈る。


55 :名無しタンパク質のリコンビナントさん:04/12/09 15:03:30
4度保存は精製度によりますな。

タンパク質がうじゃうじゃある血清なんかはそのまんま冷凍でいいんだけど、精製を始めたらとことんするか、それとも無難な保存方法を見つけるか。


56 :名無しゲノムのクローンさん:04/12/09 15:31:24
>>54

血清を57度30分処理して補体系プロテアーゼを失活させたら、どうよ?

57 :54:04/12/10 08:14:43
非働化は抗体が失活しないなんて保障はないんじゃなかろうか。
むしろ、熱処理でサヨナラする抗体はザラかと。

EDTA,AEBSFらへんを入れればマイルドにプロテアーゼ処理完了かな。
4度でも少しは安心。

58 :名無しゲノムのクローンさん:04/12/10 23:34:35
今、漏れの下半身からたんぱくが放出された

59 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/03 15:10:39
精製スレって落ちた?
もったいない

60 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/03 15:19:50
>59
立てました。よろしく。

61 :名無しゲノムのクローンさん:05/01/04 18:49:36
>>60 http://science3.2ch.net/test/read.cgi/life/1104733094/



62 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/08(金) 06:12:54
この分野の就職はどうでしょう?いま生物系就職びりの林学をしているんですが枠が2人とかの公務員のために勉強するのもいやなのでこの分野に編入することを決意しました

63 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/09(土) 00:45:46
同じく就職ないよ
有機合成でもやったら?

64 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/21(木) 20:54:30
すっげー厨房な質問で本当に恐縮なのだが、
SDS−PAGEのゲル(ミニゲル)を、使う日の前日に作って
保存する場合って、どうやって保存してる?

65 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/21(木) 21:02:12
>>64
サランラップだ!!
ただし、コームを抜かなければの話な。

66 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/22(金) 01:24:26
大腸菌である蛋白質を発現させようとしています。
この蛋白質は他の発現系なら発現報告があるんですが大腸菌に関してはありません。
同じファミリーの分子に関して大腸菌での発現(封入体)、まき戻しで機能
蛋白質が大量に取れた報告があるのでそれほど苦労しないだろうと思って
ました。条件をふって(温度、IPTG濃度、誘導のタイミング、誘導後の
発現時間)何度か試したんですが、発現量が増えてくれません(この時は
機能蛋白質をそのまま発現させるつもりでした)。どなたか封入体へ大量に
発現させるために必要な情報をお持ちではないですか?今はとにかく封入体へ
大量に発現させる条件を検討しています。

67 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/22(金) 01:31:51
>64,65
コーム抜いても乾かなければ大丈夫だけどね。
ゲルが乾かないように水で浸したキムワイプで包んだ上でラップしとけばOK。
自分はこれで翌日はもちろん数日冷蔵庫に置いてから使った事もあるし(但し
確認レベルのSDS−PAGEね)。あと以前手作りのグラジエントゲルを
よく使っていた頃は同じような感じて(但し水じゃなくてゲル作った時の
バッファーでキムワイプを浸して)1ヶ月ぐらい冷蔵庫に置いてといても
使えたよ。

68 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/22(金) 02:20:19
>>64

セパレイティングゲルのみの上に水いれて、ラップかテープで上を塞いでる。
スタッキングは直前に作ることにしてる。
1日2日なら大丈夫だろうけど、キレイなサンプルスタッキングは
やっぱりキッチリとしたスタッキングゲルとセパレイティングゲルのpHの違いから来るわけで、
スタッキングまで作った状態で放っておくとそこが混ざってしまうだろうから。


69 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/22(金) 03:05:02
>>66
KSI-tag

70 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/22(金) 05:06:13
>>68
でもさ、pHの違いってあんまり関係なくね?

漏れ、れいじーなのでTrisは一種類しか使ってない。

71 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/22(金) 09:06:54
プロテアーゼの機能改変始めました。
よろしくお願い致します。

72 :名無しゲノムのクローンさん:2005/04/23(土) 09:42:12
>>66
gene-10でぐぐれれ。

73 :66:2005/04/23(土) 18:38:13
>72
情報頂いたのにすいません。
この蛋白質は諸事情で融合蛋白質の系を使えないんです。ベクターや大腸菌の種類を
変えたりちょっとコンストラクションの配列を変えたりなどでできないかと考えて
います。今使っているベクターはpQE9(Qiagen)です。

74 :名無しゲノムのクローンさん:2005/05/22(日) 20:16:31
既出・常識かもしれませんが質問させてください。

ある哺乳類ペプチドに対する抗体を作ろうと思っているのですが、特異性等を考慮して、
ニワトリに免役しようかと考えています。

ニワトリ抗体を扱ったことがないのでよく分からないのですが、卵黄中に含まれるIgYというのは
血清中に含まれるIgGとは異なるものなのですか?

血中のIgGが卵黄に移行するとIgYとなる。と書いてあるHPもあったのですが、その場合血清中の
抗体力価と、卵黄中の抗体力価というのは変わらないものなのですか?

また、例えば得られた抗血清を用いてウェスタン等を行おうとした場合、用いる二次抗体は
anti-chick IgGですか? それともanti-chick IgYでしょうか?

教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。

75 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/09(木) 14:37:43
免疫沈降の際、
Protein G sepharoseに非特異的なタンパクが結合しないように
前処理を施そうと思うのですが、
みなさんどんな方法を取ってますか?


76 :名無しゲノムのクローンさん :2005/06/09(木) 15:06:25
>>74
Ig"Y"だろ。卵一個でIgYは大量に取れる。が、CHCl3 extの影響かもしれんが、相対的に血清分画に比べてtiterが低い。Affinity purifyして使えば問題なし。2次抗体は当然IgGでいい。
>>75
ChIPでもない限りprecleanでOK.


77 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/15(水) 02:46:00
>>64
プラスチック製シャーレが入っていた袋に入れてる。コームは抜いて水に浸して冷蔵。
ラップでは包み方が悪いと水が漏れてしまったりする恐れがあるので。資源の無駄にもならないし。


78 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/29(水) 17:24:30
タンパク精製の前の前のスレみれない〜前のもみれない。
そこで質問です。
lysis bufferってなに使ってもいいの?種類があるなら教えて下さい!

79 :名無しゲノムのクローンさん:2005/06/29(水) 23:05:26
>>78
マルチはお止めください。
あと、もう少し自分で勉強してから質問したほうがいい。

ここでそのような質問しても(答える人はいるかもしれないけど)
貴方自身のためになりません。

80 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/01(金) 21:26:30
ある融合たんぱく質(合計で約11kDa)をHisトラップ精製したんですけど
どうもGLoESかなんかのたんぱく質(100kDa以上のがいくつか)がどうしても
くっついてきてしまって離れてくれません
アフィニティーカラムの洗浄をかなりキツクしてもだめでした
しかしタグの種類を変えるだけのマネーがうちにはありませんorz

なんか良いアドバイスあればお願いしますm(__)m

81 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/02(土) 16:21:01
>>80
もし本当にGroELSなら、ATP入りバッファーか10%位のメタノール入りバッファーで洗えば外れるかも。

82 :81:2005/07/02(土) 16:31:13
あ、hisトラップか。目的のタンパクがGroEに付いてる訳じゃないのかな。
塩濃度は十分高い?

83 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/02(土) 18:13:16
>80
ATPアガロースに通す。
でもさ、GroESやGroELって100 kDaもないぞ。Nativeゲルなら別だが。

84 :80:2005/07/02(土) 18:31:53
>81
塩濃度は500mMと1MのNaClで試してみました
ATPはこれから試してみます。

>83
そうなんですよね・・・。Groにしては大きすぎるバンドなので一体なにかが分からなくて
単に予想しているだけなんです。
DnaKで70、GroELで60くらいでしたっけ・・・
なので目的たんぱく質がアグってたり、Groがダイマー組んで目的たんぱく質に結合したり・・・・
なんて考えられないですか?

なんにしてもATPを試してからですね・・・・

85 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/02(土) 19:54:10
普通のSDS−PAGEで見えるならGroEではなく100kの何かでしょう。
S−Sでついてるなんてオチは?

86 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/04(月) 15:18:03
>8〜20
私も同じような実験をしています。
His-tag付きで欲しいものは11.5kDa。発現誘導前、発現誘導後、ソニケーションサップ、ペレットの順でSDS-PAGEをしました。
ものは極少量あるようにも見えますが、ソニケーションペレットに20-25kDaの不思議なバンドがくっきりどかっと見えています。
目の錯覚でもしや発言してないのかなぁ?ウエスタンやるべきですかね?

87 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/04(月) 15:25:49
>>86
それ知ってる。どんなインサートでも出たから大腸菌のクソであることは間違いない。
XちなみにL1-BlueとpQE80Lの組み合わせの12~3kDaタンパクねらいです。

88 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/04(月) 15:26:42
XちなみにL1-Blue→ちなみにXL1-Blue

89 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/04(月) 17:23:03
>86
そうなんですか〜。今、同じようなことをラボでも言われました。ありがとうございます。

11kDa以下のタンパク見たいときってどのくらいの濃度のゲルですかね?
私が愛用しているのは第一化学のPAGミニで15/25ってやつなんですけど、これよりいいのがあっったら教えて下さい!

90 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/04(月) 21:07:31
低分子量ペプチドの分離にはTricineゲルが推奨では?

ヲレ的には尿素入りSDS-PAGEゲルで低分子量ペプチドの分離は十分に
いく。ただし、8kDa以下のペプチドはSDS-PAGEゲルのCBB染色時に
速やかにゲルから拡散で逃げだす傾向にある。

91 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/04(月) 22:51:24
>>89
私は20%ゲルに10%を少しスタッキングした自作ゲルを使って10kDa見てますよ〜
塩濃度濃いやつ使えばキレイにわかれる!!

92 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/05(火) 16:13:33
>>90,91
ありがとうございます。やってみます!
実は自作でゲルを作ったことないんです。


93 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/07(木) 00:27:13
ねぇ、なんでか分かんないですがヒスタグ融合たんぱくを発現させて
カラム通して精製したんですが、SDS流すと目的のたんぱくバンドもある
んですが、なぜか80〜100kDaの間に極太のバンドが3本見えるんです。
これ、なんのたんぱく質か分かる人いたら教えて下さい。
ちなみに目的たんぱくは15kDaです。

よろしくおねがいします

94 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/07(木) 11:45:59
>93
そんなに気になるんだったらMS

95 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/08(金) 12:36:12
Q:これ、なんのたんぱく質か
A:バクテリアのたんぱく質


よく見かけますね。ゲルの上の方に数本のバンド。

96 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/26(火) 02:00:58
natureに出たERへのVCAM1の移行阻害の論文でさ、この化合物って
Sec61と相互作用してチャネルの機能が変化するからVCAMの移行がなくなるって
書いてるんだけど、これって小胞体ストレスにも関係してくると思いますか?
Sec61がVcamのみに働いているとは思えないし、どうなんだろう・・・・

97 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/15(月) 22:52:46
大腸菌でとあるタンパクの過剰発現系を構築したんだけど
SDS-PAGEでもウエスタンでも見えない……ぐは

98 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/16(火) 07:18:16
ベクターを変えろ

99 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/16(火) 12:12:17
低温誘導発現系でやれ。

100 :名無しゲノムのクローンさん:2005/08/25(木) 18:52:35
ttp://www.uploda.org/file/uporg177463.jpg
(´・ω・) カワイソス

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)