5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

どうすりゃ天才になれるんですか?

1 :オーバーテクナナシー:01/09/01 02:40 ID:W.JutJCE
世の中には天才と呼ばれる人がいますね。
アインシュタイン、モーツァルト、エジソン、ヒトラーなどなど。。。
彼等は同じ人間でありながら、ある分野で卓越した能力を持っています。
私も天才になって歴史に名を残したいんですがどうしたらいいですか?
大学はマーチレベルで、興味のある分野は社会階層に関する分野ですが、
特にこれといって、頭がいいわけでもないし、スポーツが出来るわけでもないし、
夢もない。
しかし天才になって後世に語り継がれたいのです。
どうか方法を教えてくださいマジレス希望。

2 :オーバーテクナナシー:01/09/01 02:44 ID:KQv6TaFE
まず、生まれつき備わってる才能を見つけ出すこと
そして上手く開拓できれば天才と呼ばれるだろう
期待してるよ

3 :オーバーテクナナシー:01/09/01 02:48 ID:gKFzfq2E
その前にお前の立てたスレがマジなのかどうかが
疑わしいんだが。本気ならいっぺん氏んだ方がよいと思われ。

4 :オーバーテクナナシー:01/09/01 03:57 ID:X07oC5k2
一般人と違った閃きと目の付け所が必要。
それにはまず何事も経験。

タイムマシンかワープエンジンでも作れ。

5 :オーバーテクナナシー:01/09/01 04:01 ID:mEOZgFOY
天才って天性のもんじゃない?
だからいくら経験をつんでも天才とまではいかないんじゃないかな?

6 :4:01/09/01 04:07 ID:X07oC5k2
>>5
そうだな。
経験を積んでマジメに考えるのは
どこまで行っても「秀才」にすぎないな。

「天才」は基地外と紙一重、か。


『天才クイズ』で優勝するのも可。
(東海地方限定)

7 :オーバーテクナナシー:01/09/01 04:13 ID:mEOZgFOY
アスペルガー症候群と天才ってやっぱり関係あるのかな?
歴史上で天才って呼ばれてる人はこの症状が多いって言われてるよね。

8 :オーバーテクナナシー:01/09/01 06:20 ID:9yVfUcF.
もうそこまで成長したら天才にはなれない。
自分の息子に0歳から英才教育。
ただし内容は一つの分野に絞り他は捨てる。
そうこうして5歳くらいになれば立派な天才になっている。

9 :オーバーテクナナシー:01/09/01 06:24 ID:9yVfUcF.
自分の脳を拡張するってのはどうよ?
脳完全互換の記憶領域を組み込んだり、
脳完全互換の計算機を組み込んだり
そして他の天才と呼ばれる奴らの記憶を自分の記憶に入れる。

あ、そうだ。
いろんな人の脳をつないで一つにするってのは?

10 :天才に成る人:01/09/01 06:52 ID:8E1cTEuw
まず「天才になれない」という前提を取り払う。
「なれないかも?」では成れない。
「成れるとすれば、、、、その方法は」そうして私は天才になる。

11 :サイバーヒッキー:01/09/01 09:11 ID:VyoS4jHo
目指してなれるものではないから「天与の才」って言うんだよ。
それでも天才になりたいって言うんなら、母集団を減らさなくては
いけないことになる。実際、過去の専制権力者は、
- 歴史を抹消する/書き換える
- 自分以外の人間が自由に行動できないようにする
- 自分より優秀な人間(民族)を抹殺する
てなことをして、本当に母集団(歴史上に「存在した」人類の数)を
減らそうたわけだ。
そういう犯罪的行動を除くとするならば、お勧めなのは、一切の情報を
経って自分の殻に閉じこもってしまうという手法。
これなら母集団1なので、確実に自分が最高の存在になれる。
他者の存在は、サイバー技術によって補完する。(cf.Matrix...)
万能の支配者であり、世界の創造者であり、歴史の伝承者。ある意味
死さえも超越できるかもしれない存在。
さあ、VR研究の天馬博士を目指せ!

12 :オーバーテクナナシー:01/09/01 09:12 ID:W7xLz0bg
天才は神の操り人形です、従って本人に自覚はありません。

13 :サイバーヒッキー:01/09/01 09:24 ID:/z4B1buE
逆も成り立ちそうですね。
本人に自覚がある場合は天才ではない。

14 :???:01/09/01 11:27 ID:lmxeVTA6
生物板に載ってたんだが近親相姦をつずけた家系同士を結婚させると
F1になって天才が生まれるんだって。

15 :オーバーテクナナシー:01/09/01 11:32 ID:mO/q.VrA
ある一つの目標に対して、多くの人が同じ様な道を選んで達成への努力をしてる。
そちらは他人にお任せして、自分は誰も通った事のない、より近く面白そうな方向を探してみる。
必死で探し続けて、見つかったら行き倒れ覚悟で道を切り拓いてみる。あとは努力と能力、運次第。
成功すれば天才的だともてはやされ、失敗すれば野垂れ死んで誰も気づかない(笑

16 :オーバーテクナナシー:01/09/01 12:21 ID:.u52ICP2
俺はアスペルガーだけど、バカ親に振り回されてキチガイ人生。
虐めと学習障害の影響で高校中退、同級生や親には知恵遅れと思われる。
そして現在はヒッキー。学力は中卒並み。実際知恵遅れだね。
抑鬱で頭もまわらないし最近は痴呆の症状も出ている。体力もない。
今ここで親が死んで遺産が入り自由の身になったとしても、
もう社会復帰も再教育も受け付けないだろうな。

こんな俺でも小学校くらいまではテストは学年上位クラス、
記憶力も理解力も良く、なにより洞察力に優れ神童と言われたよ。
ただ、アスペルガー症の常で能力特性は何でもソツなくこなせる
秀才タイプではなく、一つかそれに近接した分野にだけ突出した
文字どおりの天才タイプなんだよ。あとは人並みか、それ以下。
俺は得意分野以外は人並みの下、それと社交性と運動神経は
致命的に欠けていた。

そんな俺に、バカ親は俺に天才よりも秀才であることを望んだ。
あるいは、俺が興味を示した分野を親は気に入らなかった。
結果、出た杭は打たれ、あとは何一つ人並みにはこなせない
社会の落伍者が出来上がり。

子供の特性を理解できない、する気がない親にかかれば、
どんな可能性や能力を持った子でも廃人になる。
人ひとり発狂させるなんて簡単だよ。飼い殺しにすれば良いだけだ。
それだけで勝手に気を病んで自滅していくからね。
親子という絶対的な関係で抵抗力も判断力もない子供のうちに
子の能力を伸ばせるのは親だけだし、潰すのも親だ。

アスペルガーというカテゴリーが医学的に成立したのは
せいぜいここ5年かそこいらの事で、当時は精神科医でさえ
俺のような人間をどう処遇すれば良いかなど知り得なかったのだが、
それでも俺は監視や環境の変化に対する感受性が強すぎ動揺し、
逆に安定した環境で興味を持った分野を好きに勉強させていれば
勝手にスキルを獲得してゆく性質を持っていたし、
俺自身がそう望み訴え、教師の中にはそれを理解して
(アスペルガー症候群という症状が確定したのは最近でも
俺のような奴は学年に一人か二人は必ずいる程度の変わり者だから)
親に教育方針の見直しをすすめる者もいた。
その可能性を全て蹴ったのは俺の親だからね。

俺が手に入れられたかもしれない人生を補填しろとは言わないが、
俺の人生を失敗させるに十分な過干渉と初期教育の失敗を
親に償わせる権利は、俺はあると思うよ。

今はただ、親が老いて自力では生きられなくなるのが楽しみだ。
それまで俺も生きて、少しでも奴等に損害を与え続けてやるさ。
俺が生き続け、奴等の目の前で生き恥を曝し続ける事こそが、
俺のせめてもの復讐だ。

やがて老いて動けなくなったその枕元で、親が俺に行った仕打ちとその結果、
親の罪状とその俺なりの断罪の結果を、もうやめてくれと懇願するまで
聞かせてやるのが俺の夢だ。もちろん、頼まれても止めない。
何度も、何度も、それこそ夢に出るまで繰り返し語って聞かせ、
一人の人間の人生を壊した事を悔いながら墓場まで行ってもらう。

その後俺は外洋船にでも乗って身投げするさ。
これなら遺体の処分で誰の手を煩わせる事もなく自然に還れるだろう。
そして奴等の墓は、守る者も尋ねる者もなく荒れ果てる。
荒廃した墓こそ奴等に相応しい終の棲家だ。

17 :せんべい:01/09/01 12:40 ID:yA4iG9mo
>16
君は”平気で嘘をつく人たち”と言う本を知っているかね?
それを読めば君がいかにましな人生だったか痛感するよ。

18 :オーバーテクナナシー:01/09/01 12:54 ID:.u52ICP2
その本は買ったよ。だが読んだことがない。
バカ親が俺から奪って読み、そしてよりにもよって
自分のまわりは嘘つきばかりで自分はこんなに正直に生きなのに、と
勝手に悲劇の主人公になった気にさせた本なのでね。

まあ、俺はつまりそういう親の子というわけだ。

その本は読んでいないが、その本がアダルトチルドレンや
ボーダーラインのメンタリティを一般向けに解説した本であることは知っているよ。

いかに優れた本でも、読む人間がそれを理解できなければ意味がない。
その本の日本語訳が出た時、実は俺は密かに期待していた。
これを読ませれば親が自分の歪んだ性質を理解し、周囲に与え続けてきた
影響を認識し態度を改めるのではないかと。

結局、本や論というものの限界を俺は目の当たりにした。
聞く耳を持たない者、都合の良いものしか受け容れない者は無敵だ。

19 :せんべい:01/09/01 13:09 ID:qW3fCSQA
だからおまえが読めっての。
あれは解説本なんかじゃない。
親が子供の人格を壊して行く妻が夫の人格を壊して行くのを
精神分析医が観察してるほんなんだよ。
悪人の精神構造についても分析してる。

20 :名無しさん@もね:01/09/01 13:49 ID:mO/q.VrA
>>16
上手くいかないことを全て他人のせいにする精神状態に問題があると思われ。
出る杭は打たれるし、伸ばす環境づくりも重要。でも、打たれてへこんだままの程度なら、
例え良い環境にあっても、いずれは挫折。親が障害なら自立して自分を伸ばせばいい。
上を見ればキリがないが、下を見てもキリがないからいいんじゃない(無責任)。

21 :オーバーテクナナシー:01/09/01 14:36 ID:.u52ICP2
>>20
それは病に至る環境を知らない幸せな人間だから言える台詞だね。
>>16>>18はネタ半分本音半分と思うが、
病んでしまった人間にまず必要なものは、保護と休息。

22 :オーバーテクナナシー:01/09/01 14:38 ID:.u52ICP2
×>>16>>18はネタ半分本音半分と思うが、
>>16>>18はネタ半分本音半分なのだが、

23 :オーバーテクナナシー:01/09/01 14:44 ID:.u52ICP2
ついでに言えば、打たれてへこんだまま回復力のなくなる状態が、抑鬱。

よくゴムボールに例えられるね。
床に叩きつけられた程度では、何度でも跳ね返り元の形に戻れるが、
万力で長い間締め付けられた後では、開放されても自力では戻れない。

自力で戻れない状態の人間に、自力で戻れないから病気になるのだ
と言い放つのは、落伍者は死ねと言うことと同義だ。
しかし、誰もが善意でよくそう言うよ。俺も言われたよ。「がんばれ」とね。
まだ友と呼べる存在がいた頃の話だけどな。

24 :オーバーテクナナシー:01/09/01 14:46 ID:.u52ICP2
そして善意さえもがストレスになり、さらに最大のストレス源から開放されず、
気づいた時には逃げ出す力もなくなっていた哀れな奴の怨み節って事さ。

本題からは大きく逸れてしまったので、俺はこのへんで去るよ。
嫌なものを見せて悪かったな。

25 :オーバーカオナナシー:01/09/01 14:50 ID:vpRcrthw
天才になる方法は知らないけど、
IQを異常に高くする手術ならあるよ。

ただし寿命が極端に縮むという副作用あり
太く短く逝きたいかたにオススメ

26 :オーバーカオナナシー:01/09/01 15:12 ID:aeGK2CBY
美しいエゴみっけ

27 :せんべい:01/09/01 18:04 ID:ciQZplrk
>>25
IQを異常に高くする手術?
初めて聞いた。
ソース希望。

28 :オーバーテクナナシー:01/09/01 18:06 ID:ciQZplrk
あげ

29 ::01/09/01 18:08 ID:7ND7oyj6
天才的バカとか天才的勘違いとかそっち方面に進んでみたら?>1

30 :オーバーテクナナシー:01/09/01 18:49 ID:w/jYrsdI
>>29
天才バカボンか(w

31 :オーバーテクナナシー:01/09/01 22:54 ID:v3cSiNtw
どこぞの保育所がIQを高める教育を行っていると言った内容をTVで
放送していたけど、どう考えてもアレはIQテストにうまくなる教育
だったな。

32 :どむ:01/09/01 23:09 ID:O6dfTvsU
>>31
IQって本当の能力をあらわしているわけではないんでしょ?

>>1
>頭がいいわけでもないし、スポーツが出来るわけでもないし
>しかし天才になって後世に語り継がれたいのです。
これは無理だろう。後半だけなら、犯罪っていう手があるんだけど。

33 :去りゆく夏厨:01/09/02 00:15 ID:68TVpC3c
しかしなんだな。
16の様な人間は、他者から見るとうんこの様な人生だな。
自分の人生の失敗を他人のせいにするわけだ。あーキモイ。

34 :オーバーテクナナシー:01/09/02 00:29 ID:JDF74zD6
ここには居ないな、天才。匂いで分かる。

35 : :01/09/02 02:04 ID:zFuMFqG.
1日3色頭脳パン。

36 :オーバーテクナナシー:01/09/02 06:44 ID:MOktYnzE
天才の条件はその時代の流れとその人の資質!

37 : :01/09/02 10:10 ID:y2JDZj3M
凡人が天才を語っているところが凡人たる理由。

38 :名無しさん@もね:01/09/02 18:17 ID:S1H2U/Gw
天才とはなにか判る人が居たら教えてくれ(笑)
おいらにゃ他人の勝手な評価としか思えん。

39 :オーバーテクナナシー:01/09/02 21:16 ID:TDUDK/is
会えばわかります、100人が100人とも天才と認める人。
なのでめったに居ないんです。

40 :星 啓介:01/09/03 20:11 ID:DE.vK/0E

はじめまして。

天才になる方法はないか、という記事を見ました。

正直に言ってしまうと、天才になる方法はあります。

神経細胞がもっとも必要としている栄養があるのです。

言ってしまえば、カルシウムです。

脳は神経細胞の塊で 一般にカルシウム不足 ですから、

天才になるには、カルシウムを多量に摂取することです。

問題があるとすれば、私が天才か? という点ですね。

では。

41 :オーバーテクナナシー:01/09/03 20:18 ID:/9DkFD6w
天才って言ってもあくまで相対的なものです
いますぐアフリカのブッシュマンかピグミー族の元へ
逝って下さい。スグそう言われます

42 :どむ:01/09/03 23:05 ID:nfBrB0yg
>>41
そういうとこへ行くと、神と崇められる可能性がある一方で、即座に
殺されるかもよ。

43 :子犬:01/09/04 13:09 ID:wQNv6TwQ
>16
>子供の特性を理解できない、する気がない親にかかれば、
>どんな可能性や能力を持った子でも廃人になる。
>人ひとり発狂させるなんて簡単だよ。飼い殺しにすれば良いだけだ。
>それだけで勝手に気を病んで自滅していくからね。
>親子という絶対的な関係で抵抗力も判断力もない子供のうちに
>子の能力を伸ばせるのは親だけだし、潰すのも親だ。
子供のころは親の影響が大なのは事実。
親が間違った教育や放任をするのは多々あること。
結果論で言えば、あなたが親に対して恨むことをしなくなった時
はじめて自立したことになる。
あなたの境遇はあなただけの境遇であり、悩むことが意義あることに気が付きなさい。

44 :子犬:01/09/04 23:21 ID:S5KhgJLU
人間だから悩むんであって
子犬なら
ご飯が食えないことと
御散歩に連れてってくれないこと意外
悩まないのが残念だワン。

45 :Rmj:01/09/04 23:49 ID:w6fQ/O4w
天才と言われている人は、凡人とそんなに違うの?
出て来た結果ははっきりと違うけど、頭の中身は多分凡人と対して違わない。

自分の性格に向いていて、それが尋常でないくらい好きだから
人から天才と呼ばれるくらいの結果が出てるんじゃないの?

アインシュタインのどの辺が普通の人と違うの?
式を瞬時に間違えなく暗算できた人みたいに考えるのは違うと思う。
あの人、すごく不器用な人だよ。ホーキング博士だってエジソンだってそう。
スタートレックのデータ少佐みたいな人物像は思い込みだよ。

『天才と凡人は、紙一重』

46 :オーバーテクナナシー:01/09/05 01:56 ID:ac6Uilqw
天才の条件

人々から愛され尊敬される人...

ヒトラーに関してはちょっち問題がありますが、その手のシンパから
絶大なる支持を受けたという事で...

47 :Rmj:01/09/05 02:32 ID:dmGsE0tM
>> 46 様
>天才の条件
>人々から愛され尊敬される人...

うん、まあこれなら分かる気がする。これなら、僕もなりたいよ。

凄い事した人の話しをしていて、”所詮、俺達凡人なんかじゃさぁ...”
みたいに言われんのってなぜか結構頭に来るんですよ。

『天才は、周りの人がすぐピンとくる場合とそうでない場合がある』

48 :オーバーテクナナシー:01/09/05 04:08 ID:12kngDBY
それじゃ凡人?

49 :  :01/09/05 04:16 ID:gN/a5nQs
アインシュタインの脳と凡人の脳はまるきり違うらしいよ。
ニューロンの数が倍ほど違う。>45
天才っているんだよ。

50 :オーバーテクナナシー:01/09/05 04:27 ID:12kngDBY
ネットワークだけじゃなくて
ニューロンの数も違うの?
どうやったらニューロン増やせる?

51 :Rmj:01/09/05 05:01 ID:dmGsE0tM
>> 49 様
>アインシュタインの脳と凡人の脳はまるきり違うらしいよ。
>ニューロンの数が倍ほど違う。>45

ちょっとそれは信じ難いなぁ。2倍でしょ。いくらなんでもという気がするんですけど。
まるっきり違うというのもどんな意味なのか気になります。
脳の構造がまるっきり違うはずは無いんだが。

でも、そんな説明をしているサイトがあれば見てみたいです。
知ってたらよろしく。

52 :名無しサム:01/09/05 08:07 ID:PZQCRwLk
アインシュタインの頭蓋骨が損傷してた故に
脳が常人よりも大きくなったと聞いたのだが

53 :オーバーテクナナシー:01/09/05 10:44 ID:7hBqIAB.
つか、ソース示せや。>45
アインシュタインの脳切ってニューロン数数えた論文とかある筈だろ。

54 :オーバーテクナナシー:01/09/05 13:01 ID:g.toE8VU
アインシュタインの脳を分析−−頭頂葉下部が発達
http://www.mainichi.co.jp/eye/school/news/99/06/j23-4.html

55 :Rmj:01/09/05 13:33 ID:dmGsE0tM
ニューロンの数が違うとは書いてないね。
ニューロンの数が2倍だとしたら、脳の大きさも2倍じゃないとね。
脳の大きさは、むしろ普通の人より小さいと書いてある。

でも普通の人の脳とは違うとも書いてある。

その差異が知性にはっきりと関係があるのかどうかの根拠はあるの?
理由は分からないが天才の脳は調べるとみんなそうなっている、とかさ。

56 :オーバーテクナナシー:01/09/05 17:16 ID:g.toE8VU
天才とか脳とかをキーワードに検索するといろいろ資料が出てくるよ
作為的なのもあるけど

57 :45:01/09/05 17:45 ID:ah4W8ar.
3歳の時ぐらいに普通の人はだんだん神経回路が整理されて良く使う通り道が残ってあとは消えてゆくのだが、
アインシュタインの場合はそれがあまりなく、そのまま残ったので普通の人より伝達経路が多かったとどこかで聞いた。
だからいろいろな考え方や発想ができるそうだよ。

58 :Rmj:01/09/05 18:29 ID:RlFEsjvY
45は僕なんですが、この際譲ります。

>普通の人より伝達経路が多かったとどこかで聞いた

それってニューロンではなくシナプスの結合のことでは?
ニューロン間のシナプスの結合なんて誰でも発達するんじゃない?
アインシュタインの脳が普通とは少し違うのはわかったけど、
それって先天的な要素だったの?誰の脳でも普通とは少しは違うんじゃないの。
筋肉と同じだよ。鍛えられる部分だから。

『はたしてアインシュタインは、生まれながらにして超人だったのか?』

59 :オーバーテクナナシー:01/09/05 20:47 ID:S76usaKM
立命の星、それが田中洸人
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/3422

60 :オーバーテクナナシー:01/09/05 23:53 ID:7YbZWKfE
一度記憶喪失になって、1ヶ月ぐらいして回復したら、以前はすっかり忘れていたような
3歳以前の記憶まで鮮明によみがえった、という話を聞いたことがある。
脳の神経回路が一部破損して、それからバイパス回路みたいのができて
回復する際に必要以上に回復してしまったのだろうか。

そのかわり、意識があったはずの、事故直後からしばらく(記憶喪失期間)の記憶が
失われていたそうな。
脳のカレントディレクトリを指し示すPATHを書き替えたみたいな事だろうか。

61 :オーバーテクナナシー:01/09/06 02:07 ID:1owZqrWI
複数の人格は同時に出現できない

62 :オーバーテクナナシー:01/09/06 07:23 ID:A2kFf5JI
味の素を脳に注射!

63 :子犬:01/09/06 12:55 ID:MCbVCJ5g
>1
どうすれば天才になれるか?
それは、天才の行動をよく観察することだ。
例えばキョジンの長島カントクの例を考えてみたまえ。
彼は直感が鋭く発想が常人には到達できない領域にいるといえる。
今年の優勝が困難なのは、選手がそれについてこれないとこにあるんだ。
人から聞いた噂によると
the player(ザ プレイヤー)をテヘ プレイヤーとか言ったということだが
これなんか天才的な発想だと思うが
>1には理解できないだろうなぁ。

64 :かおりん:01/09/07 15:13
老人性欝の○辰男逝ってよし。
人の人生の大切さを無にするな。
人の人生というものが何かをみんな勉強する必要がある。

65 :オーバーテクナナシー:01/09/07 16:10
誰でも簡単に天才になれます、次ぎの事をしてください。
今まで誰も考えた事が無く、その考えの発表後その分野の常識が変わってしまうような
考え(論文)を発表して下さい。こうすれば貴方はもう天才ですよ
ね簡単でしょう。

66 :オーバーテクナナシー:01/09/07 19:59
天才になりたいって言ってる時点で無理だね
天才の天才たる由縁の一つに
寝る間も惜しんで努力を惜しまなかった事にあるのだから。

67 :子犬:01/09/07 21:12
あと大事なことは
ひとつの分野に集中できる環境が必要である。

その環境を導くことができるのが天才であり
凡人には集中できる環境がない。

68 :オーバーテクナナシー:01/09/08 13:35
アインシュたいん
http://members.tripod.co.jp/uragazou/kikeiji/02/10.gif

69 :オーバーテクナナシー:01/09/08 14:01
>>1
>天才になって語り継がれたい

まず、その考え方が天才らしくない。
天才は自分がどう見えているかなんてことは気にせず
やりたいようにやることで、自分の内なるものを噴出させるんだよ。

70 :オーバーテクナナシー:01/09/08 14:29
うそっぽい

71 :子犬:01/09/08 18:40
今日TVでやってたけど
犬のほうが天才かもね。
御主人様の帰りを予知するからね。

やはり天才には予知能力があるかもしれない。
予知夢で導かれて大発見とかする天才が多いと聞く。

72 :へび:01/09/09 08:06
わたしゃ、こんなことばっかりいっててまわりから変人扱いされているので
すが、例えばわたしの場合、すべて進むべき方向に進んでいるとしか思えな
いのです。いや、そのつまり人間万事塞翁が馬ということを、いつも考えて
いるのですが、つまり一時の出来事によって気持ちを浮かれさせたり、沈ん
だりとせず、いつも心を穏やかにして生きていたいのですね。それが例えば
私が今死んだとしてもその後に続きがあるわけじゃぁないですか。だから、
生きていた時のわたしのおこないも様々な事に波紋のようにひろがって、
どんどん、人々の心に影響をもたらすかもしれない、もたらしているだろう
と信じるようにとしているのです。だから、なにが正しくてなにが間違って
いる事か、というよりもなにをすれば人々がうれしくなって、なにをすれば
人々が悲しむ事かというふうにいつも考えているのです。わたしも余裕がな
くてむしゃくしゃしてる時もあるのですが、人々から愛されたいと願うなら
やはり人々を無条件に愛する事がいいのではないだろうかと思います。その
為には、自分の精神と宇宙という空間の境目がないよう想像する事なんだろ
うか、そして人々も他の生き物もやはりそうだと感じてそうすると、全てが
一つの精神の固まりだと考えて無意識の波によって動いているのだろうと、
イメージできるようになる事だろうか。。。なんだか、説明できません。
説明できないので申し訳ないのですが、わたしの中で結果は出ていて、つまり
    無意識=無我の精神
  自分の運命=自分の無意識
  自分の精神=全体の精神
というふうにしか今のところ表現できません。これは別に全て正しいとも
思っているわけでもなく、ただ自分が死ぬ時わらって死ねるようにと、誰の
ことも恨まずに死ねるようにと思案したところ、今はこのような考えに落ち着
いていたというだけなので、とにかく下らない虚栄心にとらわれて、真実を
から目を背けているよりは合理的に生きるべきではないかと思いますね。

偉そうな事かいてしまいましたが、何方も見下すものでも攻撃するつもりも
ないのでどうか、聞き流して下さい(というのは、こんな話をすると怒りだす
人がいるからなのですが。。。別に皆さんの気分を害したいわけではないので)

ではさようなら。

73 :子犬:01/09/09 17:37
>72
喜怒哀楽は外界への反応であり
人の運命はその人の無意識によって導かれるってこと?
天才には天才の無意識的な力があるということ?

74 :文系空想屋さん:01/09/09 19:14
>1
とりあえず、名スレッドを立てる天才をめざしてみては?

75 :子犬:01/09/10 17:00
やはり長島監督は天才であった。
ヤクルトに3連勝よ。

76 :オーバーテクナナシー:01/09/11 14:11
ひとつ聞きたいのだけど天才と秀才ってやはり違うのだろうか?
言葉は全く違うんだけどね。世の中的に一緒にしてる人が多い気がするが・・・。

77 :カールヴィンソン:01/09/11 19:43
一般的に天才と言われる人は、計算が速く左脳が優れている。

しかし、エジソンやアインシュタインなどは、計算が速くできるから、

発明や物理学の基礎を築いたわけではない。

彼は発想でそれを実現した。それは右脳の働きによる。

右脳を鍛えるには、信じられないかもしれないが、テレビゲームを

した方が一番効果的なのだ。

78 :76です:01/09/11 22:57
ということはゲームヲタ=天才になるのか?だったら俺は凡人でも
いいよ。まさになんとかと紙一重になるな。

79 :オーバーテクナナシー:01/09/12 06:39
違う違うゲーオタは時間をつぎ込んで技術もない
労力の繰り返しで、右脳なんて10%も使ってないよ(w

77で語られてるのはあくまで右脳の発達にはゲームのような
右脳で発想を試行錯誤する行為が好ましいっていうだけで
ゲーオタ!=天才だ。
ゲームやってても突拍子も無い攻略法や安全地帯
時間をかけずに見つけられる人は天才の素質ありって程度だと思うよ。

80 :へび:01/09/12 10:01
>73

>喜怒哀楽は外界への反応
世の中のすべての出来事や存在は必要だから
あるのではないでしょうか。ただ、何に必要
なのかは...もうわかりません。それらを悲しい
と思ったり、嬉しいと思ったりするのは私達が
ただ、人間であるから...というだけだと思います。

>人の運命はその人の無意識によって導かれるってこと?
それだけでなく、全体の精神or無意識によってではないの
だろうか(自問ながら)?

>天才には天才の無意識的な力があるということ?
全体がそういう者をほしがっているのではないのでしょうか。
それで、ただ単にその人がそうなったというだけではないでしょうか。

81 ::01/09/12 12:40
天才ってどんなのを言うの?
頭の回転速い人?
記憶力がいい人?
じっくり考えれる人?
発想力が豊かな人?
こーゆーの、全部長けてる人?
この他にも色々あると思うけど。。。
おれ、馬鹿だから本気で聞いてるだけです。

82 :オーバーテクナナシー:01/09/12 13:37
>>77 ありがとう。ひとつ勉強になったよ

83 :オーバーテクナナシー:01/09/12 17:18
>>1
コリン・ウィルソンでも読んだら?

84 :へび:01/09/12 22:49
疑問なんですが、天才といわれた人たちは、
自分のことを天才だと思って満足できていたのかなぁ。。。

85 :Disca:01/09/13 00:43
>81
発想力が豊かな人?
あとは、努力のみです。
天才エジソンになれます。(エジソンは努力家デスよ

86 :  :01/09/13 03:22
大学いったら発想力なくなるよ。

87 :デイジーデイジー君が好き:01/09/13 05:35
>>1
味の素舐めなよ。

88 :でゆん:01/09/14 19:57
正直言って、「天才」の生まれる余地は減ってますね。
極端な例えですが、ヒトが2人しかいない社会ならば、1/2で天才に
なれる可能性がありますが(残りの1/2が認めてくれないとダメですが)、
今ではずいぶんと人間がたくさんいますからねえ。

教育というものが、一般的ではなければ、その社会的背景を持って、
天才に一歩近づくこともできるでしょうが・・・

日本人に天才が少ない、というような、言われもない書き込みがあちこちの
スレで散見されるのですが、どんなもんなんでしょ?
日本は教育水準が高く、一般的には「おめえ、天才だよ!すげーよー!
尊敬するよ!」と言われるようなことをやっても、あまりすごく見えなかった、
という社会背景があるように感ぜられるのですが・・・

89 :子犬:01/09/22 23:43
>88
文化的背景に影響するのは事実。
偏差値教育=画一化教育 の傾向があった日本では
平均的秀才が認められるだと思う。
最近では、不況の影響もあって
一芸に秀でた人を伸ばす方向がでてきたののはいいことである。

>1
>どうしたら天才になれるか?
を鑑みると、
自分の興味に没頭できる環境(文化的背景も含めて)と
自分の努力と信念が必要であり、そうすることによって
結果が後からついてくるのかもしれない。

90 :かおる:01/10/19 06:26
この天才スレッドは、ためになる。おおよそ的を得た事が記してある。

91 :オーバーテクナナシー:01/10/19 07:31
周りに比べると頭の回転が速いと自覚している方に一つ質問していいですか?
探究心と想像力、どちらが幼い時に頭の回転を速くした事に貢献したと感じますか?

自分の子供ができた時に(自分はもう無理なんで)教育の参考にしたいです。

92 :オーバーテクナナシー:01/10/19 09:27
天才になりたきゃ、自身の脳内世界に篭もってごらん。

93 :オーバーテクナナシー:01/10/19 09:58
確かに>>89の言うように周囲の環境の影響は大きいですね
天才と呼ばれた人は典型的なヒッキーが多いし(藁
そういった社会のお荷物を暖かく見守ってくれる人たちが居て
偶々社会が注目している問題を夢想していた人だけが天才として
表に引きずり出されたケースが多いのではないでしょうか
尤も夢想の仕方も問題ですがね

94 :オーバーテクナナシー:01/10/19 12:56
頭の回転の速さイコール天才なんでしょうかね。
アインシュタインの口癖は「もっとゆっくり話してくれ、
のみこみが遅いんだ」だったと聞くじゃないですか。俗説?

95 :でゆん:01/10/19 23:14
皆さんの考える天才って、たとえば誰ですか?
アインシュタイン、エジソンが既出ですね。

96 :オーバーテクナナシー:01/10/19 23:51
地震とか台風とか

97 :でゆん:01/10/19 23:53
雷、火事、オヤジもか。

98 :かおる:01/10/20 00:00
一般的に天才と呼ばれる人物は、知能指数が高い傾向が、統計で証明されて
いるようです。例外もいますけど。人語を理解するのが不得手なのに、数式
だと人並み外れて早かったりするのは、訓練や慣れ、日常生活の形態が影響
しているのかもしれない。

99 :オーバーテクナナシー:01/10/20 00:46
人類史上天才って一人もいないと思ってみたりする

100 :でゆん:01/10/20 04:14
やっぱり、定義が必要ですよね。

たとえば、成人以降、IQ200以上とか、10万人に一人の能力とか。
特許換算が公平になりますか?
(江戸時代前なら、10万/6億で、天才は6千人てことになります。
今なら6万人か)

・・・私はアベベとか、カールルイスとか、「誰でもやることなのに世界一」って
ことに畏怖を覚えます。

101 :でゆん:01/10/20 04:21
アス‡-の二シさんも、若い頃は天才だと騒がれたそうです。
とりあえず、定義ほしいっす。

102 :でゆん ◆2lLZPJr. :01/10/20 04:27
漏れはテンサイじゃー!
(イコール、オヤジ。地震、雷、火事は責任持てん)

この時間、人口少なそうだから、初トリップしてみる。

103 :オーバーテクナナシー:01/10/21 11:57
>>98
>人語を理解するのが不得手なのに、数式だと人並み外れて早かったりする

…サヴァン症候群とか。。

104 :でゆん ◆TuLSKtIY :01/10/29 20:35
トリップ変更!
102のキーワード、紛失。

105 :オーバーテクナナシー:01/11/23 04:25
サヴァン症候群って?

106 :オーバーテクナナシー:01/11/23 06:07
>105
このあいだ『レインマン』やってたろーに。
ダスティン・ホフマンが演じてた役の病気。社会生活は送れない
が、素数をペラペラ言えたり、床に落ちた楊子の本数を一瞬に
覚え(?)たり、トランプ5セットを出た順に記憶したり、と
人間離れした技を持っているが....でも普通のなんの変哲もない
社会生活は送れないヒトをサヴァンといいます。天才の言ってる
コトが時に理解され難いのもこういう物かもしれませんね。

107 :オーバーテクナナシー:01/11/25 10:08
誰もやらないことや、考えない事をして
成功すれば天才
失敗すれば狂人
ただそれだけのことじゃないの?
成功するか、失敗するかは運しだいってことで。

108 :オーバーテクナナシー:01/11/25 22:27
我思う故に我あり

109 :オーバーテクナナシー:01/11/26 00:55
天才は天才を好むのかな?

110 :オーバーテクナナシー:01/11/26 13:13
天才の作り方

まず何代も近親相姦を続けている家の子を
同じように何代も近親相姦を続けている家の子と結婚させる
するとサラブレッドと同じで雑種強精となり
猪木の体と天才の脳を持ったスーパー赤ちゃんが出来あがる

111 :オーバーテクナナシー:01/11/26 16:07
既出です

112 :オーバーテクナナシー:01/11/26 23:15
>110
っていうか、猪木自身が天才

113 :オーバーテクナナシー:01/11/27 00:42
>>110
ただし天才ができる確率はほんのわずかで、ほとんどは駄作。
素人にはおすすめできない。

114 :オーバーテクナナシー:01/12/07 05:22
>猪木の体
何故に猪木なん?

115 :Dr,:01/12/07 15:51
天才を生むのは環境です。
脳の神経構成は明らかに環境によって左右します。
遺伝的要素は考えられません。なぜならハイゼンベルグやエジソンの子孫は天
才ではなかったからです。
育った環境が彼らとは異なり、同じ感性を持たなかったからです。
『肉体の構成には遺伝的なものが存在することは事実上認められる』と考えて
いる方も多いとは思いますが、よく考えてください。
天才と呼ばれる人間の親は天才を生むような素質を持っていましたか?もって
いません。環境が作るのです。
では自閉症に多いといわれているサヴァン症候群は何か?これは当然のことな
がら、脳の神経構造が疾病によって異常な変化を引き起こしたのでしょう。
その中でアイデンティティを少なからず残ったのがアインシュタインなどの異
常なほどの高いIQを持った天才というわけです。
ヒトラーの場合、大衆の期待による重圧が精神疾患を引き起こし、ある意味天
才的な指揮をとらせたのかもしれません。

116 :オーバーテクナナシー:01/12/07 16:28
サヴァンは自閉ではなくて知恵おくれ。
残った脳の機能を特定の用途に集中させてる。
通常人でも数年訓練すれば大半のサヴァンと同等のこと(暗算とか)は可能なことが実証済み。
(「なぜ彼らは天才的能力を示すのか」を読め。)

117 :オーバーテクナナシー:01/12/07 16:32
一時的に脳の機能が格段に良くなる薬ってないのか?
アメリカあたりで売ってそうだが

118 :?:01/12/09 04:34
天才になりたい?

あなた『無知の知』をご存知?
自分が無知だと思ってりゃ、それを知ってるだけ賢いって事。
つまり、何事にも謙遜になりなさいってこと。
そして、決して自己満足してはいけません。

『人間は考える葦である』

119 :オーバーテクナナシー:01/12/09 04:43
大昔の皇室家系遍歴を思われる>110

120 :オーバーテクナナシー:01/12/09 05:06
近親相姦ってなんでおかしいのが出来るの?
突出した遺伝子が平均化されないから?

121 :オーバーテクナナシー:01/12/09 12:15
ちがう。
遺伝子は1つの形質について2つで1組。父親と母親から1つづつもらってくる。
優性遺伝と劣性遺伝があり、優性遺伝する形質はその遺伝子を片方だけ持っていれば現れるが、
劣勢遺伝する形質は2つともその遺伝子でないと現れない。
例:血液型のA、B、は優性、Oは劣勢。
  その遺伝子型はAA、AO、BB、BO、AB、OO

近親では同じ遺伝子持ってる確率が高い。
交配すればそれが2つそろってしまう。
劣性遺伝形質は遺伝子を持っていても発現しないことがあるので、
それが異常な形質であっても淘汰されずに残る可能性があり
いろんな遺伝的疾患の遺伝子として誰でもいくつかは密かに持っている。
それが近親交配では高確率で発現するという事。

122 :オーバーテクナナシー:01/12/10 02:54
遺伝的欠落がない人間同士がくっつくとそうなるってこと??>121

123 :オーバーテクナナシー:01/12/10 16:16
>122
遺伝子的欠陥が多ければ多いほど、異常な人間が出来やすく、
異常な天才が生まれる可能性も高いという事。

124 :オーバーテクナナシー :01/12/10 19:00
完璧に遺伝子欠落無いもの同士のほうが
異常な人間が出来やすく、異常な天才が
生まれる可能性とやらが出来る確立が高い
と思っていた。

125 :オーバーテクナナシー:01/12/10 19:47
>123
違うんじゃないか?
サラブレッドの場合近親相姦を続けて優秀な者のみ残して駄馬は
子孫を残さない。
こうして劣勢な遺伝子を取り除いていき劣性遺伝子の無い純粋馬
を作り、同様に作った他の純粋馬と混血させたとき
雑種強精により天才馬が産まれる
植物も同様にF1種を作っている
人間も同じだと思う

126 :オーバーテクナナシー:01/12/10 20:43
近親婚による利点と欠点が混同したまま話が展開してる
と思われ

127 :オーバーテクナナシー:01/12/10 21:13
で、簡単に言うとこれ↑上記表現で精一杯簡単な
話なんでしょうけど結局どうしたら天才誕生に
なるんでしょうかね。

128 :オーバーテクナナシー:01/12/10 23:33
>>89 同意
DQNを暖かく受け入れてくれる余裕のある社会環境、又は
無視して放っておいてくれるDQNなんかに関わっている余裕の無い社会環境の
いずれかが必要だと思われ

129 :オーバーテクナナシー:01/12/11 05:37
>125
優秀な遺伝子x優秀な遺伝子=優秀な秀才
異常な遺伝子x異常な遺伝子=異常な天才
じゃない?

130 :オーバーテクナナシー:01/12/11 05:40
ちょっと修正
優秀な遺伝子x優秀な遺伝子=多数の優秀な秀才
異常な遺伝子x異常な遺伝子=多数のキティと、ごくわずかの異常な天才

131 :オーバーテクナナシー:01/12/11 08:50
身長が2メートル以上の長身同士を掛け合わせる事で
高確率に長身の子供を作る事が出来るが、
4メートルを遙かに超える超長身の人間は
突然変異の奇形でしか出来ないということか・・・

132 :オーバーテクナナシー:01/12/11 11:49
天才に関する秀才になれば天才になれるかな

133 :オーバーテクナナシー:01/12/11 11:55
ある人物は天才であるともっともらしく信じさせる秀才

134 :オーバーテクナナシー:01/12/11 13:19
http://www.google.com/search?q=%93%AA%94%5D%83p%83%93&hl=ja&lr=
これで簡単に。。。

135 :オーバーテクナナシー:01/12/11 22:18
遺伝子解析の技術が完全に進歩をとげた結果
優秀な人間だけがこの世に存在しないという
SFのような世界にこの世は成り得る?

136 :オーバーテクナナシー:01/12/11 22:21
>>135
仮にそうなったとしても、その人達の間で優劣は存在する
単に全体の底上げが行われただけ

137 :オーバーテクナナシー:01/12/11 22:46
>>135

ロバート・A・ハイライン『未知の地平線』を読め!

138 :オーバーテクナナシー:01/12/11 22:58
チンパンジー型か
オランウータン型か
なのでしょうか?
最近、後者の人種(?)は「頭のとろい奴」と言われてしまいますね。

139 :オーバーテクナナシー:01/12/11 23:12
天才といえば島田荘司の御手洗シリーズを思い出すな

140 :オーバーテクナナシー:01/12/12 02:00
結局、整理すると、
天才なる由縁1;シナプス結合とかニューロンの発達、新皮質とかの先天的なもの
天才たる由縁2;幼少期の環境
天才たる由縁3;努力と好きなものへの執着心
ってことになりますね。

141 :オーバーテクナナシー:01/12/12 02:17
遺伝子操作で天才は誕生する時代はくる!

142 ::01/12/12 03:59
納豆とか言ってたアメリカの天才少年が。

143 :オーバーテクナナシー:01/12/12 04:18
とりあえず、
ある特定の限られた分野に生活のできうる限りを注ぎ込み、
他の物を捨て去る事が必要。
一般人にはこれがまずできない。

天才と呼ばれる人達が持っている共通項があるとすれば
以上に強い興味&執着心ではなかろうか。
まず、これが無いと一つの事に専心する事は難しい。

特に現代社会では供給過多の誘惑因子が環境を取り巻いているので
相当の意志の強さが要求されると思われる。

144 :オーバーテクナナシー:01/12/12 04:19
以上→異常

145 :オーバーテクナナシー:01/12/12 08:55
>143
アニメオタクのような?
あいつらキモイんですけど・・・

つうか今、日本のアニメ漫画ゲーム業界が
多数の、その方面での天才、秀才を排出して、
世界のトップを独走してるのを考えるとそうかも。

ま、極端に言えば、アインシュタインも数学オタ、
ベートーベンも音楽オタ、本田宗一郎もバイクオタということか・・・
世界を動かしているのはオタ?(笑)

146 :オーバーテクナナシー:01/12/12 09:03
>>145
やべえ、ばれちまった

147 :オーバーテクナナシー:01/12/12 12:54
キモイオタってのは中途半端だからキモイんだよ。
本当になにかをやり通せば、自然とかっこよく見えてくるし世間からも
認められるってもんよ。

148 ::01/12/12 13:59
>147
そうか?
俺は今でこそ年収1千万を超える画家だが、
売れない頃は、暗いだの、キモイだのそりゃあ酷く言われたものだよ。
それが、ちょっとでも売れると手のひらを返したように
みんなが先生扱い・・・

本当になにかをやり通せば、自然とかっこよく見えてくるし世間からも
認められるというのには納得いかないな。
俺はキモイ言われた頃と変わってないのにすばらしい芸術家扱い。
認められなければ今も回りの扱いは同じだったはず。

149 :オーバーテクナナシー:01/12/12 14:19
認められても、それが死後何年もたってからじゃ・・・

150 :オーバーテクナナシー:01/12/12 14:20
>>148 それは言える
やっている方は今も昔もなにも変わっていないつもりなんだけどね
プロXで取り上げられる人達も、当時はいつもどおり無茶な要求を
いつもどおりこなしていただけという人が多い(特に技術系)
我々素人から見れば神業に見える所業を賛美しても
「これが自分の仕事ですから」と給料以外の報酬を受け取らない偉人達
稼ぎの少ない冴えない偏屈親父の本当の姿を一体どれだけの人が理解しているのだろうか

151 :147:01/12/12 14:33
んーと、いい方が悪かった。
世間に認められることと、なにかをやり通すってのは表裏一体。
何かをやりとおしたという事実は、自分が決めるんじゃなくて結局
は世間が決めているということを言いたかった。

世間が認めるまであきらめずにがんばっている人はかっこいい。
148さんはかっこいいです。自分では変わってないとおっしゃって
ますが、そんなことはないと思います。

世間とはなにかという疑問が、自分の中ではまだ解決できないままですが、、

152 :オーバーテクナナシー:01/12/12 14:37
>>148
誰?

153 :オーバーテクナナシー:01/12/12 21:14
>148
オタクって損ですよね、
何かに異常にのめり込んでる人って気持ち悪がられますからね。
イメージだけでバカにする人ってバカにされた人の気持ちとか
どう思ってるのだろう?

154 :オーバーテクナナシー:01/12/12 22:24
芸術家=天才とは限らない

155 :オーバーテクナナシー:01/12/12 22:26
感情論を除外した思考回路のある人

156 :オーバーテクナナシー:01/12/12 22:31
>>152 それは言わない約束じゃないですか
>>148 そのシルエットは・・・まさか!? あのお方・・・(汗

157 :オーバーテクナナシー:01/12/12 22:33
天才となんとかは紙一重

158 :こんな分類でどうよ:01/12/12 22:39
天才=専用機
秀才=汎用機
凡人=普及機

159 :オーバーテクナナシー:01/12/12 23:04
どうしたら天才が誕生するかの主旨からだんだんズレがきてるスレ

160 :オーバーテクナナシー:01/12/13 06:57
まず「天才とはなんぞや」を定義しなと作り方もわからない。

161 :オーバーテクナナシー:01/12/13 07:09
ヲタがキモがられるのは最低限の社会的モラルまでも捨て去るからだろう。多分。
EX:風呂に入らない、年中同じ服、髪ボサボサ髭ボーボー、人と会話しないなど・・・

あと、一般人の理解から程遠いこと(芸術とか)
もしくはカミングアウトしにくい事(エロゲーとか)に興味を持ってしまうと、
共通の話題を求めて、話の会う人達だけでコミュニティを作ってしまうので
さらに一般人と話す機会が減り、より狭い情報しか入って来なくなるため
より一層、一般人と話が合わなくなり、
どんどん溝が深まっていくという悪循環に陥る。

よって、仮に同じ能力を有している人が
天才と呼ばれるか
マッドあるいはヲタと呼ばれるかは
社会性の問題だと思うがどうか?

162 : :01/12/13 08:02
豆腐のカドに頭をぶつけるとなれるらしいぞ。

163 :オーバーテクナナシー:01/12/13 09:29
>EX:風呂に入らない、年中同じ服、髪ボサボサ髭ボーボー、人と会話しないなど
なんだレオナルド・ダ・ビンチのことじゃないか

164 :オーバーテクナナシー:01/12/13 10:45
>161
天才の多くにそのような傾向があると思われ。

165 :オーバーテクナナシー:01/12/13 17:20
天才の多くには精神的疾患がみられる
鬱、自閉、人格分裂、・・・

166 :オーバーテクナナシー:01/12/13 17:40
天才ってドーパミンが分泌されすぎる病気が多かったとか

167 :オーバーテクナナシー:01/12/13 22:31
>ドーパミンが分泌されすぎる病気

それって分裂症です。

168 :>165:01/12/14 00:20
エジソンはどうか知らないがダビンチも
アインシュタインも、芸術家(ダビンチ
もそのほうでもある)でいうピカソも
多少おかしなところがあったらしい
ですからいえてますね。

169 :オーバーテクナナシー:01/12/14 04:38
まともなまんま天才と呼ばれる人って誰がいる?
無論「まとも」と「天才」のレベルにもよるだろうが・・・

まあ、だれであれ叩けば埃の一つも出るだろうが・・・

170 :オーバーテクナナシー:01/12/14 05:56
つ〜か天才にナリタカタラ
こんなトコでカキコんでる場合ぢゃないだろ(^_^;

171 :オーバーテクナナシー:01/12/14 08:46
ここに書き込んでる連中は天才になりたい訳じゃなくて、
どうすりゃ天才になれるんですか?というテーマで討論して遊んでるだけでしょ?

172 :オーバーテクナナシー:01/12/14 10:05
>>168
>多少
多少?記録に残っている良心的解釈されたエピソードでさえ相当なDQN振りなんだが・・・
エジソンなんて空飛ぶ薬事件とか列車放火未遂事件とか起こしておきながら
全く悪びれることがなかった処を見ると真性DQNだったとしか思えない
自分の隣にそんな奴が居たら間違いなく社会の敵だ・・・

173 :>172:01/12/14 11:17
成績はよくなく小学校で中退の彼は何故天才になれたのだろうか?
DQNでももとはといえば頭はよかったということなんでしょうかね。

174 :オーバーテクナナシー:01/12/14 11:55
頭が良いから高学歴という訳では無いよ。
想像力が高すぎたら授業中いろんな事考えて先生の話とか
耳に入らなかったりするだろうし。

学校の勉強は、
己を捨てて時間をかけて、どれだけテストに必要な事頭に詰め込めるかだから。
ある程度の理解力と記憶力は当然必要だけど、
後は根気と持続力の勝負だね。
成績と天才的かどうかはあまり関係ないと思う。

175 :オーバーテクナナシー:01/12/14 12:02
松下幸之助田中角栄その他もろもろ〜・・・は
最終学歴小学校だったようなしかし天才と
いえるかはさておき並大抵ではない業績
残した方々ですがこれのも才能である種の
天才的能力のある人間ともいえるのでは
ないだろうか。

176 :オーバーテクナナシー:01/12/14 12:24
実際、エジソンとか小学校の授業中に授業とは関係ない
何故蒸気船が前に進むのかを必死に考えてておこられたりしてるし・・・

177 :オーバーテクナナシー:01/12/14 12:57
アインシュタインも何度も大学受験に失敗して、しかたないから就職したが、
事務職員やりながら思いついたことを発表したらノーベル賞とっちゃった。
それも人類の歴史を変えるような発見を、1年に3つも。

エジソンの例だと上の方にも出ているアスペルガー症候群の可能性がある。
ただ、成人後はそれこそ松下幸之助なみの実業家になったのだから
(GEと松下電産の比較)現実対処能力がなかったわけでもなさそうだ。

178 :オーバーテクナナシー:01/12/14 19:54
>>171

>>170>>1 へのコメントだYo!たぶん

179 :オーバーテクナナシー:01/12/15 00:19
>177
現実対処能力...
でも実際、労働者泣かせだったみたいよ
自分に厳しく他人にも厳しくってタイプ
エジソン氏の偉業の影に隠れて、あんまり表に出ない話だけどね。

180 :オーバーテクナナシー:01/12/15 00:49
まあ、結局認められたモン勝ちってやつだッ!!!

いっくら一生懸命やっても
アイコラの天才は認められねぇッ!
AVのタイトルを全て覚えていてもだッ!
エロゲーを1万本クリアしてもだッ!
女神さまの台詞を最終話まで全て言えてもだッ!

まあ、トゥナイト位には出れるかも知れんが・・・

181 :オーバーテクナナシー:01/12/15 07:21
ワカータYo!

生まれもって
万人に認められる最大公約数的な分野に異常に強い関心と執着心を持っていて
それを存分に追求できる環境があって
社会性を失わない程度にそれ以外のものを捨てることができる人が
天才になれる!素質を持っている!かも知れない!

まあ、おまえら凡人は2chでもやってなさいってこった。

182 :オーバーテクナナシー:01/12/15 11:44
天才って「神童タイプ」と「狂人タイプ」に大分できそう
万人が認める分野を飛躍的に発展させるタイプと
新しい分野を開拓するタイプ

183 :オーバーテクナナシー:01/12/15 17:28
天才になれるとして
天才になってどうする?
社会貢献って才能の問題か?

184 :オーバーテクナナシー:01/12/16 12:24
遺伝子操作でこの世が天才だけとないりえる
時代は誕生する日はいつくるのか〜〜〜〜

185 :オーバーテクナナシー:01/12/16 12:47
>遺伝子操作でこの世が天才だけ
その世界では凡人でしかないような気が・・・

186 :オーバーテクナナシー:01/12/18 07:51
人間の凡人と同じ知的レベルのチンパンジーがいたとしたら、
そいつはチンパンジー社会の中で天才に見えるんじゃない?

人間社会の中の天才はつまり、人間より進化した存在を先取り
している連中なんだろうね。で、人間社会はそいつらの発想を
教育って形で後世に伝える。世の中は一昔前の天才の考えを真
似する凡人たちで埋め尽くされる、と。そしてまた新しい天才
が現われて、、、以降繰り返し。

この繰り返しが、何のためにおきてるのか、どこに向かってい
るのか、だれか教えてください。それがわかれば天才になれそう!

187 :オーバーテクナナシー:01/12/20 14:18
天才になる方法、結論。
チンパンジーの中でくらす(笑)

188 :オーバーテクナナシー:01/12/28 03:32
運子

189 :オーバーテクナナシー:01/12/28 08:58
そうか!
運子か!
・・・で、それをどうするの?

我慢するの?
食べるの?
調べるの?

190 :うーそーだーよー:01/12/28 13:34
運子とは
まだ存在が確認されていないものの
確立を決定するのに働いているのではないかと言われる素粒子である
所謂、ツキが良い悪いはこの運子の働きによる物ではないかと近年注目を集めている

191 :geniunko:01/12/28 17:19
>>190
ナルホド興味深い考察ですね
わたくし今朝その運子素粒子の4~500c程の集合体を
生成、採取することに成功したのですが
よろしければ人類の文化の発展のためお分けいたしましょうか?

:unko date
size - 482g(4piece)
color - dark brown
smell - Atomic bomb class
taste - unknown

一応データ載せておきます不足等ございましたらお教え下さい
では

192 :オーバーテクナナシー:01/12/28 17:31
>taste - unknown
不備があるためリジェクトされました。
不足データも採取後にもう一度投稿してください。

193 :geniunko:01/12/28 18:49
追加データ

:unko date
size - 482g(4piece)
color - dark brown
smell - Atomic bomb class
taste - e,ex…excellent!

194 :オーバーテクナナシー:01/12/28 18:56
なんかまじめに対応してやらなきゃならないらしい標本があるらしいぞ。
専門家降臨キボンヌ。

195 :オーバーテクナナシー:01/12/28 21:05
>193
colorがdark brownとは…、新たなクォークなのでしょうか。
とすると、smellやtasteは第5、第6のフレイバーですか。
いやー、一体どうやって発生させたんですか?

196 :オーバーテクナナシー:01/12/28 21:09
自分より馬鹿な奴ばかりに囲まれて生きるのはイヤだ。
馬鹿から馬鹿にされたり、馬鹿に説教されたりの毎日・・・。最悪。

よって天才になんぞならない方がよい。
凡人にも理解できる程度の、微妙に頭が良いくらいが吉。

197 :オーバーテクナナシー:01/12/28 21:18
天才になるには、うんこをためずにどんどんすることだ!!!

198 :オーバーテクナナシー:01/12/29 18:12
>>197
ナルホド

199 :オーバーテクナナシー:01/12/29 18:21
力ソチョー買いだめしとかなきゃ(汗

200 :オーバーテクナナシー:01/12/29 18:24
君たち凡人には天才を見分けることは出来ないよ。

裸の王様じゃないが
ぼんくらが天才を見ても
一般より劣る人間だという判断を下すはずだ。

理由はあえて書かないが
人間という生き物は理解できないものに
でくわすと拒絶するのが普通だ・・・。

201 :オーバーテクナナシー:02/03/17 22:40
age

202 :オーバーテクナナシー:02/03/17 23:02
脳を冷却すると、かなり能力が高まると聞いたことがあるんだけど、
どうなんだろう。
首から下をかなり厚着して、冷凍倉庫の中で仕事したら、かなり
天才的な仕事ができるかも。

203 :オーバーテクナナシー:02/03/18 12:04
>202 エジソンベルト?

204 :オーバーテクナナシー:02/03/23 23:37
age

205 :オーバーテクナナシー:02/03/24 23:45
天才は生まれつきのものだから今からなるのはあきらめろ。天才と紙一重、あたりがオススメ。

206 :(*´д`*):02/03/28 20:33
天才って何か欠けてる人のほうが多いんだよ

207 :オーバーテクナナシー:02/03/28 20:51
>202
脳に行く動脈をバイパスして、血液がラジエターを通して冷却した後
脳へ行くようにすればカコ(・∀・)イイ!ぞ

208 : :02/03/29 17:10
俺の目標は地球を破壊することです

209 :みやむ:02/03/29 18:20
にちゃんのどこかのスレで「うんコ食べれば記憶力上がる」って
説明してるやつがいたんですが本当だと思いますか?
なんかうんこ出すと記憶するための物質が排泄されるらしくて・・

210 :オーバーテクナナシー:02/04/05 02:24
 直感像記憶が出来ると暗記科目はOKかもしれないが思考力は育たないから
学歴倒れになるね。おれは学歴もないが。

211 :オーバーテクナナシー:02/04/21 17:38
あげ

212 :オーバーテクナナシー:02/05/02 23:38
age

213 :天才マン:02/05/02 23:39
ちんこまんこ

214 :オーバーテクナナシー:02/05/03 00:03
Z武のようなカラダになる

215 :オーバーテクナナシー:02/05/14 15:31
age

216 :オーバーテクナナシー:02/05/14 16:29
なかなか面白いスレだな。

217 :にら:02/05/18 04:10
天才とか才能ってのは、あってないようなものだとおもいます。
例えばサッカーで初めてリフティングをしたとします。 
多くの人はうまく出来ないでしょうが、それは才能がないんじゃなくて、「コツ」が
つかめてないだけだと思います。上手く出来た人は「コツ」をつかむのがはやかった
だけです。ひとより上手く出来れば自信もつきますし、何より「サッカー」が好き
になり練習が苦ではなくなるでしょう。練習をすれば当然他の人よりサッカーが上
手くなります。 すると他の人は「あいつはサッカーの天才だ」とか言うのです。
何の苦労もなしに天才になれるわけがありません。 できない自分の逃げ道が、
天才や才能と言う言葉だと思います。

218 :オーバーテクナナシー:02/06/27 13:44 ID:gj9k844Z
>>181あたりで答えが出ているのかな。

よく「頭の出来が違う」などと言うが、いわゆるIQの高い人間・低い人間では、
実際に脳に何らかの物理的な違いはあるのだろうか?


219 : :02/06/27 16:42 ID:UltlH0SR
人の3倍くらい努力してそれが世間で認められれば
とりあえずまわりからは天才じゃないの!!
と言われるようになるよ。

それがほんとの天才なのかはわからないけど・・・

220 :オーバーテクナナシー:02/06/27 17:46 ID:EO3lqIZ6
天才は発想力だね、これに限るよ
アルキメデスもあの時代の人間からすれば天才学者だったんだからさ。

221 : :02/06/27 20:27 ID:aCuXO3HI
ドクター中松の頭のよくなるふりかけを
3食欠かさず食してください

222 :オーバーテクナナシー:02/06/27 21:47 ID:E040HScT
天才には「なる」んじゃないよ。
元から天才なんだよ

223 :オーバーテクナナシー:02/06/27 21:58 ID:ZsVduPbJ
>1
天才になるまで死んでは生まれ変わるを繰り返す。

224 :オーバーテクナナシー:02/06/27 22:30 ID:o2occ9CH
自分より馬鹿な奴ばっかりに囲まれて暮らすなんて苦痛だよ。

225 :オーバーテクナナシー:02/06/28 03:39 ID:7CmsQxUh
何千桁の数字の羅列見て一瞬で覚えちゃう人いるでしょ。
あれ、天才なんじゃない?
あんなこと努力とかの域を超えてると思うけど。

アインシュタインとかは業績を残して天才と呼ばれるようになったけど
俺が本当の天才だと思うのは前者。業績に関係なく天才と呼ばれる人たち。

226 :オーバーテクナナシー:02/06/28 04:13 ID:lD8ZZGbA
いっぱいいっぱい努力して、
その上で努力してないフリをする。


227 :オーバーテクナナシー:02/06/28 09:34 ID:2LjLhCDi
普通の人が努力しないと出来ない行動を、努力せずに出来る人。


228 :未来社会のひとつの流通技術、システムだとも感じます。:02/06/28 12:50 ID:bzRqUkNS
長い目で見ても素晴らしいネットワークビジネスの紹介!!
私たちの参加しているネットワークビジネスは 在庫をもつ必要がなく、
製造メーカーの製品を直接広めるものです。
私たちのグループは、製造会社の製品をHPとメールという媒体も活用して、
低価格、高品質なよき製品を広めようという集まりです。
流通コストを消費者に還元して製品を広めるというこのシステムは、
何人かの識者が本などで発言しているのを読んでみると、
人間的かつ将来有効なシステムを創っていける可能性の大きいものだと感じます。
実際、有名な大会社AT&T、GM、マスターカードなども採用しだしています。
興味のある人には、ぜひ参加して一緒にやってみましょう。
以下のホームページでの説明も御覧ください。
http://ailove22.fc2web.com/lpd/index.html
who@luck.ocn.ne.jp

229 :オーバーテクナナシー:02/06/28 13:02 ID:NM1SD1qy
努力を苦痛に感じない才能こそ天才

230 :オーバーテクナナシー:02/06/28 13:32 ID:qye9Wipy
それって、もろヲタの事じゃn バーン

231 :オーバーテクナナシー:02/06/28 19:29 ID:dJsBdEZA
 本当の天才&芸術家は、脳の配線が人とは違う
のではないか?だから、普通の人が真似を出来ない事が出来る
が、実生活には障害になる人がいるのかも知れない。

232 :斉藤 ◆GpSwX8mo :02/06/30 02:55 ID:n7k3KFpV
ども、アーケード板住人の者です。
186の4行目からの流れが、天才と凡人の物語じゃないでしょうか。
>>にらさん 例えば今目の前にある明かりに反応して、素早く手元にあるボタンを押すとします。大半の人は0.2秒以上かかりますが、中には0.1前半で反応しつづける人がいます。これが、凡人が1000000年訓練しても、自分のカではどうにもできないもんすよ。

個人的に学校のクラスでテストをほぼ満点〜満点とる人は沢山いるし、そいつは秀才だと思います。
なんかのスポーツとかが、練習量関係なしに全国レベルの人は、能才だと思います。んで、アインシュタインのような歴史に大きく名を残す人を天才だと思います。アイーンは名を残した分野は、凄い幅広い事だし。長文失礼です。

233 :オーバーテクナナシー:02/09/17 18:30 ID:Ta5CuG6+
 

234 :オーバーテクナナシー:02/09/18 00:28 ID:PafYnI5e
左脳を壊して右脳だけにする。
右脳に十分な血が行くようになって、直感的ひらめきができるようになる。
普通の人は左脳優先。普通の人とは違った感覚になる。
天才と思われる要素もできるであろう。

235 ::02/09/18 01:42 ID:DDV65f7x
別スレに書いたのそのままコピペだけど・・・

天才ってのはもともと何か強烈なコンプレックスを抱いてる。
そのコンプレックスに負けずに努力して、
その結果 常人を逸脱した努力をして、
天才と呼ばれる功績を残す。
何の問題も無い「完璧な人間」だと、努力をせずに態度だけでかくなる。
ペーパーテスト100点なら取れるかもね。

天才になる呪文。

紙よ願わくば七難八苦を与えたまえ。

236 :apmm ◆4SNBZhRM :02/09/18 07:23 ID:NMNk1DAS
>>234
障害と紙一重ですね(w

237 : :02/09/19 19:40 ID:iyphdFXW
もともと才能の無い人は努力してもムダ
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1032403101/l50

科学で人間の全てが知り尽くされた時、ロマンとか夢が打ち砕かれる
時代が到来しちゃうんじゃないの(未知の可能性・潜在能力とか)

238 :オーバーテクナナシー:02/09/19 20:44 ID:YO2TyAT2
人間の遺伝子はみんな99、99%一緒なんでしょ?
こんなに一緒なのに天才とそうでない人の差は一体なんなんだろ

239 :オーバーテクナナシー:02/09/19 22:44 ID:N0f/icsH
99.99%同じ遺伝子とは言うけど。。。
体の器官の配置から細胞の機能からという基本的な
人間の構成要素を形にするだけでもその情報のほとんどって
使われるんじゃない?
のーみそだーのかおだーのといった人間が気にするとこってば
遺伝情報の多くを占めるような気がしちゃうだけのことだろ?

240 :オーバーテクナナシー:02/09/19 23:15 ID:IRG/V2bG
>>238
親の育て方。言い換えると「後天的な才能の違い」。絶対音感みたいなもの。
左脳を使う人間と右脳を使う人間が居て、左脳を使う人間がほとんどである。

今の社会は左脳を使う人間が主であるから、学校の勉強は左脳の学習法に合わせた
学習体勢が取られている(最近少し変わったけど)。
「詰め込めば覚える」という考えの基に今の学習体勢があるから、
ある国では9×9までではなく99×99というかけ算の勉強をさせてるそうな。

学習法は言うなれば「考えるな覚えろ」である。

さらにそこに右脳を使う人間が来ると当然なじめないわけである。
例えば分数のわり算にしても、「なんで分母と分子をひっくり返すの?」という質問に
考えずに覚えた教師が答えられるわけもなく・・・。
「そんな事は良いからひっくり返して考えなさい」と言うしかなくなる。

ほとんどを「感覚や感性」で覚える右脳派は漫画や小説、音楽なんかが向いてるけど、
そういう職業はかなり不安定だから「天才だから良い」ってわけでもないねぇ・・・。
コミュニケーションが苦手だからサラリーマンとか向いてないし。

241 :オーバーテクナナシー:02/09/19 23:18 ID:N0f/icsH
そうねえ。。。例えば1+1=1ってなる場合を
すらっと出してこれるような奴って天才かもとは思った。

242 :オーバーテクナナシー:02/09/20 00:07 ID:+BRL6M/D
ウエアラブルコンピューターを着用し、
めがねをディスプレーにし、
常にインターネットに接続し、
何か問題があるごとにすぐにインターネットで問う、
ようにすれば天才の才能にちかずく。


243 :バイト君:02/09/20 00:25 ID:gUbKEaKt
天才を産む本やら天才になる本やらイパーイでてるよ。

244 :オーバーテクナナシー:02/09/20 20:46 ID:r4SEcIS4
いっぱいいたら天才じゃないんだよ。

245 :オーバーテクナナシー:02/09/21 22:48 ID:MVygFH/M
>>244
それにひらめきも何もないロボットみたいなバカ人種も必要だしね。
実際、曲を作ったり、物語を作ったりする人以外は奴隷みたいなんだよね。
言われた事して、歳が来たら退職して。

漫画のヒーローは全員いわゆる「天才」の素質を持つ人ばっかりなんだろね(;´Д`)

246 :オーバーテクナナシー:02/09/21 22:51 ID:hUhqFb4x
J-PHONEのE-MAILの受信はある程度まではただだか
送信はスカイメールでは文字数が限りがあり8円の
ロングメールでないと用件が伝えれないという仕様に
料金がかさんで困っている方はいませんか?
そんな時にこのページの登場です。
ウェブを使うことにより4円で長文のメールが送れます。
またパソコンからメールを送ることも可能です。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~ira/
使い方は
From:自分のメールアドレス
To:相手のメールアドレス
Subj:件名
Mess:本文
を書いて送信するだけです。

247 :2チャンネルで超有名:02/09/21 22:55 ID:FqYgCgmB
http://tigers-fan.com/~pppnn

女子中高生とHな出会い
  ロリロリ児童とHな?
  2チャンネルで超有名

248 :オーバーテクナナシー:02/09/22 01:31 ID:82mkv3Nc
>>245
天才が必ず少数しかいない以上、人類社会の常態として、
「天才以外の価値が低い」ということはありえないんだよ。


249 :オーバーテクナナシー:02/09/22 17:42 ID:rqHaMaer
少ない物にはプレミアが付いたりしますがね。
でもまぁ>>245で言っている様に、「天才以外」も必要なんだね。
今の社会では天才が出来にくい状態だから天才がちやほやされるだけで。

・・・でも天才だらけになってそれより下がもてはやされる事ってあるんだろか?

250 :オーバーテクナナシー:02/09/22 21:45 ID:ewJZjP/I
>>249
だから、いっぱいいたら天才じゃないんだよ。

251 : :02/09/27 00:58 ID:LxqRvlvc
眠りトンカチで力一杯横っ面をはりたおす・・・

その笑劇で頭の中の歯車が入れ代わって天災の誕生

252 :オーバーテクナナシー:02/09/27 01:36 ID:oEgVDv7J
少なくとも
2ちゃんねるに来てる時点で天才じゃ無いんだから・・・
こんなところで聞く質問じゃないよ。
ここは馬鹿が中途半端な知識を引っ張り出し、あたかも自分が物知りだと勘違いをし、自己満足するとこだよ、とくにココは。


253 :オーバーテクナナシー:02/09/27 12:38 ID:7MqKlFGH
天才と馬鹿は紙一重だ だから俺らは天才! ヤッター

254 :オーバーテクナナシー:02/09/27 15:30 ID:l+/x6S/n
>253
紙一重なのは狂ゲフンゴフン
>249
そんなのがいっぱい居る社会とは即ち  バーン

255 :オーバーテクナナシー:02/09/28 01:09 ID:W8OWR3xH
おいらは人をつまんなくさせる天才だ

256 :オーバーテクナナシー:02/09/28 11:26 ID:Kymtixx1
前提条件:
天才→馬鹿に見える
馬鹿→馬鹿に見える
結論:
馬鹿から天才を導出することは不可能。

257 :オーバーテクナナシーX:02/09/28 18:23 ID:buq6+2HS
魚魚魚〜魚を食べると〜
頭頭頭〜 頭が良くなる〜

258 :apmm ◆4SNBZhRM :02/09/28 19:09 ID:kFfDxhOg
>>257
その歌に騙されるな。
脳の神経細胞の細胞膜を作るDHAと魚に含まれるDHAに
具体的にどう関連性があるのかはわかってない。
むしろ、女性なら微量に含まれる水銀などの蓄積を気にするべき。

259 :オーバーテクナナシー:02/09/28 21:39 ID:uAvoOjVa
そもそも頭良くするには栄養よりも育て方の方が明らかに重要だろうに。
そりゃ栄養取るのも大事だが、結局シナプスの連結具合が良くないと。

そもそもあの「魚売っている所だと良く流れている歌」は客に魚買わせる
為の催眠作用のある歌だ!!歌詞は「頭良くなりてぇ」って思ってる奴ら
騙して買わせる為の手段だ!全て仕組まれた事なんだきっと!!

ちなみに俺はあの歌は嫌いだ!なんか生理的に!!

260 :オーバーテクナナシー:02/09/29 05:31 ID:ZpsITLb3
育て方でどうにかなるのは秀才どまり。

261 :オーバーテクナナシー:02/09/29 12:05 ID:vzyS4AXR
みんな、何言ってるんだ
今時、高コスト高性能一極集中型システムなんて流行らないよ
低コスト低性能処理分散型ネットワークシステムの方がトレンドだろ
つまり、個性的で高性能かもしれないが、DQNで維持コストのかかる天才より
画一的で低性能かもしれないが、協調的で維持コストの安い頭脳奴隷の方が
イイに決まってるだろ

262 :オーバーテクナナシー:02/09/29 12:13 ID:ToASAHLX
人間の祖先も魚類の祖先も大昔は一緒なんだから
天才ってやっぱり努力家だろう。


263 :オーバーテクナナシー:02/09/29 12:15 ID:QOAH0J5U
>>261
どんなに凡才ががんばっても飛び飛びに思いつく天才には勝てねぇな。
「逆転の発想」はひらめきが必要だからある程度高性能じゃないと。
それでその境目が今の天才達なんだろうなたぶん。

264 :オーバーテクナナシー:02/09/29 14:16 ID:w6djOOep
逆転の発想

265 :オーバーテクナナシー:02/09/29 14:56 ID:AsSlve8Z
天才に生まれて悲惨なことと言えば、
今の時代、天才的な人に関する情報が昔よりも、きっと、ずっと豊富で
偉業を成し遂げたりする前に、自分が天才であることに気がついてしまう。
そういう可能性があるということだと思います。
それは自分がもういわゆる普通の人生を歩める可能性が少なくて、
そこから先には勘違いされ続けるだけの人生が待ってるかもしれないという、
孤独に対しての恐怖が常に付きまといます。
これは誰にもわからない孤独です。
上のほうの文章でヲタの話してる人いたけど、彼等は天才ではない。一部を除いて。
人が作り上げたものの中で遊んでいるただの子どもです。
彼等の作り上げたものは概してただの寄せ集めに過ぎないと思います。
そうじゃなくて、天才は繰り出すことができます。
天才には普通の人生は待ってません。悔しいから繰り出しつづけるだけですよ。

266 :オーバーテクナナシー:02/09/29 20:24 ID:QOAH0J5U
天才と秀才の違いが分かってないようなので一応記しておくが、

秀才=知識だけある発想力を持たないバカの長。利き脳が左脳。
   現代の技術の精度を高められるが新しい事は思いつかない。
   見分け方は世間一般に言われている事をよく言う。
   「人間はもうこれ以上進歩しない」とか「人間は弱い」とか。

天才=考えたり発想したりする事を常にやってる人間。利き脳が右脳。
   自分でも気が付かない内に色々考えている。
   見分け方は文字や言葉よりも絵をよく使う。作文がヘタなど。
   比較的左脳を使わないので左(脳)利きからはバカに見える。

それと「天才は1%のひらめきと99%の努力」という言葉をそのまま
取っている人が多いようだけど、発想だけは努力でどうこうなる問題じゃない。
「発想した事を実現する努力」という意味だろう。
名前忘れたけど、かなり昔に垂直型離着陸機を発想した人間が居るけど、実現
出来なかったので記者から面白がられる人間に終わった。後に完成して天才だと分かる。
つまり発想出来ても実現しなきゃバカと言われて終わるんだよね。

だからどんなに努力しても秀才止まり。天才は絶対音感と同じ領域だと思え。
天才になろうと思ってる時点でバカだ。天才はそれなりに苦しんでるんだよ。

267 :オーバーテクナナシー:02/09/29 21:23 ID:wkNymClT
>>266
利き脳って何?


268 :apmm ◆4SNBZhRM :02/09/29 22:08 ID:ZkXS+YIY
なんかアホらしいこと言ってる奴が多いな……
偏見持ちすぎだ。君ら騙されてるだけ。

利き脳が右脳ってだけなら周りでちらほら見かける。
特徴は、早口で一気にしゃべる、感情的な意見が目立つ、ってくらいだ。
ひらめき・発想のメカニズムはそんな単純じゃない、別領域のはなし。
左脳優位でも右脳は鍛えることはできるよ。

269 :オーバーテクナナシー:02/09/29 23:19 ID:QOAH0J5U
>>267
利き手とか利き足とかの親戚

>>268
ひらめき・発想の原理はもう解けてるんだっけ?
詳しく書いてあるページとかあれば教えて欲しいです。

でも確かひらめき・発想は右脳の情報処理能力が大きく関わってたはず。
それに例えば手の右利きは左手を使うことを大人になってから習っても
すぐに忘れてしまったはず。鍛えることが出来たとしてもちょっと無理が
ある気がするんだけど・・・。
俺の周りでも右脳を使う人間がいるけど、顔に感情が出にくい。絵が上手い
ってのが特徴かな。
行動が奇妙ってのもあるけど。

270 :オーバーテクナナシー:02/09/29 23:31 ID:naO5T7va
アインシュタインは記憶することが苦手で、常に考えていた。
ある大学の入学試験に落ちた。
世間はこういう人を頭が悪い人というだろうな。


271 :オーバーテクナナシー:02/09/29 23:46 ID:naO5T7va
天才は社会的適応性を犠牲にして創造活動する人が多い。
社会的適応性とは逆相関する。
適応性のある人と結婚したりすると真価を発揮することが多い。

272 :オーバーテクナナシー :02/09/29 23:48 ID:QP+I3Hf2
天才というのは、人によって捉え方が違うと思うが、
99%の努力と1%のひらめきと運だと思うよ。
あと天才と基地外は紙一重だと思われ

273 :オーバーテクナナシー:02/09/29 23:50 ID:naO5T7va
    IQ(知能指数)普通人=100

アインシュタイン 173、ガリレオ 125
マドンナ 140、ゲーテ 185、大前研一 216
J・F・ケネディ(アメリカ元大統領) 119、東大生の平均 120
レジー・ジャクソン(アメリカ大リーガー)160
シャロン・ストーン(アメリカ女優) 200
シュワルツコフ司令官 170 湾岸戦争

ブッシュ大統領のIQは91でブッシュ父の97と並んでアメリカ史上最も知能指数の低い大統領です
クリントン前大統領のIQは182でブッシュ大統領の丁度2倍でした

山下清 IQ68
 頭の悪い天才もある。


274 :オーバーテクナナシー:02/09/29 23:59 ID:i9cgiCcH
知能指数なんて無意味
天才の天才性を数値化できるわけないじゃん

275 :オーバーテクナナシー:02/09/30 06:23 ID:FqRZMz64
>>273
アインシュタインって知能指数低かったって言われてなかったっけか・・・
何処で調べたのそれ。

276 :オーバーテクナナシー:02/09/30 08:48 ID:OVAF5JvV
>>269
利き脳が右か左かということに何か意味があるの?


277 :オーバーテクナナシー:02/09/30 08:49 ID:OVAF5JvV
>>273
外国の本(邦訳されてるが)を読むと山下清はサヴァンってことになってるが。


278 :オーバーテクナナシー:02/09/30 17:28 ID:FqRZMz64
>>276
右脳と左脳の違いが分かれば意味がある事に気が付くかも?

279 :apmm ◆4SNBZhRM :02/09/30 20:06 ID:Vkotp4yi
>>269
> ひらめき・発想の原理はもう解けてるんだっけ?
> 右脳の情報処理能力が大きく関わってたはず。

具体的にはわかってないです。けれど少なくとも、統計により
利き脳が右脳だからと言って発想力が豊かとは断言できないとわかっています。

> 例えば手の右利きは左手を使うことを大人になってから習ってもすぐに忘れてしまったはず

左手使うことだけが右脳を鍛えるわけじゃありませんよ。
ってか右脳を鍛えれるってのは「左脳優位でもイメージ能力は高められる」という意味です。
右脳自体を鍛えるって意味で考えると変なセミナーに行き着くだろうから注意。


アホらしいと言ったのは、天才をやけに神聖化してる人が多いから。
人、個人は万能じゃないんだから、自分がいくら努力してもできないことでも
できちゃう人がいるのは当たり前なわけで。

天才には普通の人生は待っていないだの、天才はそれなりに苦しんでるだのって、
そりゃあんたらが不器用なだけだろうが。
多少不利ってのはあるけど、苦しいのは天才だからじゃなくて、うまく生きれてないからだよ。
責任転嫁して逃げてるだけじゃ、結局は余計苦しくなるぞ。

280 :彼↓は天才なのでしょうか?:02/09/30 21:04 ID:so9yKkCa
397 :hajato ◆1.MuK0qc :02/09/01 16:14 ID:5DZBRVZ0
君等は“DI”の洗礼を受けるよりは、まず精神科の診察を受けるべきだ。
そういえば、逆に俺に対して精神病院に行け、とか言ってる電波くんも
いたようだけど、残念ながら俺はもう精神病院には行った事があるんだよね。
別に異常があるからとかじゃなくて、ただの検査をしにいったんだけど、
そこで出た診断は、俺の精神は、極端に人より劣った部分があるわけでは
ないけれど、右脳の機能が常人よりも遙かに発達してるという物だったんだよ。
右脳が発達している人間は、自分では簡単に理解できるような事が
普通の人間には到底理解出来ないような事である場合がよくあるんだって。
確かに俺は、昔から人とのコミュニケーションがうまく取れない事がよくあった。
結局俺が友達がいなかったのも、右脳が発達し過ぎているからだったんだよ。
これを聞いて、俺は自分に自身が持てるようになったんだ。
君等も、自分の精神に異常があるという自覚がないのはわかるけど
それでも一度、精神病院には行ってみる事をお勧めするよ。
きっと、何か新しい発見があると思うからね。
それじゃあ、さようなら!

404 :水先案名無い人 :02/09/01 17:04 ID:2SmPSZ+a
スレ違いで申し訳ないんですが、記憶力がよかったり、数学がよく出来たりするんですか?

407 :hajato ◆1.MuK0qc :02/09/02 00:28 ID:MbwbE1QX
>>404
記憶力は多少はいいけど、数学の計算力とかはからっきし。
計算力のような具体的な思考力は、主に左脳が司っている能力だ。
俺の左脳は、極々普通の人間程度の能力しか持ち合わせていないんでね。
それに、右脳の発達は、かえって具体的思考の判断力を鈍らせる事がある。
発達した右脳+普通の右脳では、計算能力とかは全く期待が出来ないんですな(泣

414 :hajato ◆1.MuK0qc :02/09/02 00:58 ID:hcmBZvDx
>>407の訂正
×発達した右脳+普通の右脳では
○発達した右脳+普通の左脳では

281 :オーバーテクナナシー:02/09/30 22:54 ID:FqRZMz64
>>279
>利き脳が右脳だからと言って発想力が豊かとは断言できないとわかっています。

「有利」って言った方が良かったですか。ややこしかったですね。

>天才には普通の人生は待っていないだの、天才はそれなりに苦しんでるだのって、

「それなりに苦しんでいる」と言うのは普通の人と同じ様に苦しんでいるって意味で
「普通より苦しんでいる」という意味合いでは無かとです。
なんか天才がちやほやされるだけと思っている人が多いようなので。

>左手使うことだけが右脳を鍛えるわけじゃありませんよ。

という意味では無くて、「右利きの人間が左手を鍛えるように」という例えです。
今の社会では右手用の物が多く、左手用の道具が少ないのです。
それと同じようにいわゆる天才と呼ばれる人間達に適した環境は多くありません。
右利き基準で箸の持ち方を教えるように、左利きには不利な状況が多い。
だから、わざわざ適してない方を鍛えてもいつか忘れてしまう可能性が高いという
事です。脳の事になると社会的な問題も出てくる可能性がありますし。

>>280
彼は天才じゃないと思いますよ。

282 :オーバーテクナナシー:02/09/30 23:33 ID:QImJisad
能力のないものが天才の働きをするには、他人の10倍ぐらい努力する以外にない。

283 :オーバーテクナナシー:02/10/01 07:49 ID:xMGF6sFg
LOVEが必要なのだよ。
神の愛こそがGIFTなのだよ。諸君
愚か者はGIFTを見つけられず、凡人はGIFTを見つけても活かさない。
天才のみがGIFTを活かし、LOVEをうけるのだ。

284 :apmm ◆4SNBZhRM :02/10/01 18:25 ID:hcRJMaw0
>>281
右脳の理解自体が間違ってますよ。
すでに書いてるように、ひらめき・発想のメカニズムは単純じゃなく、別領域のはなし。
有利・不利とは一概には言えないのです。

絵が上手いのは、
通常は描く対象を無意識に自分の知識と結びつけてその知識を元に描いてしまうが
利き脳が右脳の人やサヴァンの人は、結びつけが行われずに見たまま描ける
って理由により、上手いだけ。

結局は天才って、凄いことしてる人に対して周りがそう呼んでるだけでしょう。
天才と呼ばれてる人の中でもかなり違いがありますから。
例えば、ベートーヴェンの書いた楽譜には無数に書き直しのあとがあるが、
モーツァルトの書いた楽譜には修正どころか創作メモひとつない。

> 「それなりに苦しんでいる」と言うのは普通の人と同じ様に苦しんでいるって意味で

ああなるほど。
かなり同意です。

285 :オーバーテクナナシー:02/10/01 21:38 ID:QpTXyhtc
天才と思われる人の名前をあげてみて。
 

286 :オーバーテクナナシー:02/10/01 21:54 ID:RiKyllD1
>>284
自分にはひらめき・発想の原理に関しては知識が皆無なので・・・。
どこかに無いんですかね?そういうの説明とかしてるHP。

>利き脳が右脳の人やサヴァンの人は、結びつけが行われずに見たまま描ける
う……自分も右脳が利き脳ですが絵があまり上手く描けない(汗
でも確か今までに偉大な発明や発見をした人は右脳を使ってた気がしましたが・・・。

>>285
ハンス・アルバート・アインシュタイン博士。
あの人の発想力とユーモア性、潔さは自分の目標。

287 :オーバーテクナナシー:02/10/01 22:11 ID:4VeCTE+5
エジソンもアインシュタインも不当に神格化されすぎてる気もする。
アインシュタインの量子力学への、エジソンの交流電源への攻撃なんかのエピソード見ると
意外な俗っぽさにギャップを感じる。
いや、天才は俗ではいけないってわけではないんだけどね。

ただ個人的にエジソンはあまり好きじゃない。

288 :オーバーテクナナシーX:02/10/01 22:38 ID:BiYKF6B1
ジミー大西は天才なのか??

289 :オーバーテクナナシー:02/10/02 04:12 ID:aot/cucR
ピカソは天才なのか?

290 :オーバーテクナナシー:02/10/02 05:10 ID:s52YzyDp
日常生活でのアインシュタインは、我が強くて人の話を聞かないオヤジであることは
個人的な付き合いや仕事上の面識があった学者の間では常識。
柔和や高潔はアメリカのマスコミが作り上げた虚像。

291 :オーバーテクナナシー:02/10/02 06:04 ID:Q5zP00+t
レオナルド・ダ・びんちもね

292 :オーバーテクナナシー:02/10/02 07:28 ID:dQt4ie3L
天才児の作り方
http://www.asyura.com/2002/bd20/msg/340.html

293 :オーバーテクナナシー:02/10/02 07:32 ID:dQt4ie3L
>>292
赤ちゃんは全て天才

294 :apmm ◆4SNBZhRM :02/10/02 07:52 ID:y5jJSDvf
>>286
> どこかに無いんですかね?そういうの説明とかしてるHP。

残念ながら無いと思います。
右脳がどう関わっているかってかなり専門的なことですから。

> う……自分も右脳が利き脳ですが絵があまり上手く描けない(汗

それは、自分の知識と結びつけて描いてしまって上手く描けないのではなく、
線の配置とか技術的な問題によってです。小中学校で描く絵くらいのレベルだと
描いてるうちにコツをつかめる人つかめない人って差が大きい。
本格的に絵を学ぶとなると技術的なことに関しては大差はない。

295 :オーバーテクナナシー:02/10/02 07:59 ID:tHPADJaf
一度死んで、もう一度生まれ変わるしかない。

296 :オーバーテクナナシー:02/10/02 08:45 ID:mj/o9r9S
http://members.tripod.co.jp/mbsord/i/


297 :265:02/10/02 15:29 ID:lS2TcRMo
数学が得意といっても、期末試験で常に学年10番以内とかそういうことじゃ
ないんだよ。高校の数学は暗記科目だよ。
式なしで答えが出てくるから常に赤点なんだよ。もう、その都度考えてるの。
試験時間が長ければ長いほど数学、物理、現代文、英語(!)の偏差値がどんどん
上がってくわけさ。その場で消しゴムと消しゴムぶつけたりして公式作ってくのね。
それを先生に指摘されても自分ではうまく説明できないんだよ。
定型問題よりも東大とか京大で出される幾何学的な問題のほうがよく解けるんだよ。
でも文章書いたりするのはすごい苦手で、読書感想文とか書いてみても
文章が頭の中に順を追って出てくるんじゃなくて、バラバラに
飛び出してくるんだよ。編集する能力自体が弱いんだよ。
言葉による会話も同じで編集できないから頭悪く見えるんだと思う。
いいたいことを順に追って話せないからコミュニケーション苦手なのさ。
>>279の「不器用だからって逃げてるだけじゃん」っていうのは、まさに
そのとおりなんだけど、でも天才には出来ないことはたくさんあるんだって。

298 :1th ◆RJEpqjyg :02/10/02 20:16 ID:HgJVDtjS
>>297
あ、自分も同じだ。
数学の問題は、時間が長い全国統一模試のほうがいい点取れるんです。
公式もとめる時間があるから。

文章もばらばらにいっぱい考え付きます。
おんなじですね。

299 :apmm ◆4SNBZhRM :02/10/02 20:57 ID:xzcaUqge
>>297

(;´Д`)

不器用だからって逃げてるなんて言ってないが・・
不器用なことを天才のせいにして逃げるな、と言ってるの。

開き直って今更どうしようもないことを愚痴愚痴言ってて、世の天才すべてが
そう考えてるかのように言ってるのを見ると、腹立つんだ。
何が天才には普通の人生は待っていない、だ(このセリフが一番タチ悪い)
あなたと同じ境遇でも、もっと普通に生きてる天才はいるよ。

300 :1th ◆RJEpqjyg :02/10/02 21:38 ID:HgJVDtjS
ちょっと待った
天才といわれる人がポンポンでてくるような議論だな。

天才とは分野ごとに何十年何百年に一人出ていいほう
ってのが天才だと思うんだけど。

天才の定義は人によって違うみたいね。

301 :・・:02/10/02 22:10 ID:+tWz57XR
http://www.pure-gold.jp/fu-channel/

302 :オーバーテクナナシー:02/10/02 23:39 ID:d45Wrc9K
>>300
天才と実際に世の中に言われるのはごく一部ですが、その才能をもった人間は
小、中学校などには二、三人はいるはずです。

たぶん、定義とする物の違いとして、
1.実際に何かを発明する人間。(蒸気機関とか電球とか)
2.常人より高い才能を持つ人間。(瞬間記憶や絶対音感。絵の才能、音楽の才能等々)
という感じかな・・・。(語弊があるかもしれんけど、これで勘弁して)
とりあえず今の所は2の定義で。

つーか何十年何百年に一人って・・・漫画の読み過ぎ?

>>297
編集する能力が低いわけではなく、言語よりも感覚的な方面が得意な人間が
多いために起こる事だと思います。
自分も、授業の終わりに感想を書かされたりする事があったりするのですが
よくニュアンスやイメージでは浮かぶのですが文章(言葉)にする事が出来ません。
日本人ですが日本語が下手ですし。
瓦をカラテと言ってしまし・・・カラテ割り。「東急」を「東京」って書いちゃうし(涙

天才が編集能力が低い人間ならば、自分の様に三次元形状を記憶する様な能力
も皆無なはずです。そもそも計算自体がヘタなはずでしょう。

303 :1th ◆6KRJEpqjyg :02/10/03 23:24 ID:iGd2P7E3
>>302
自分は1だけが天才だと思ってるみたい。
しかもよっぽどすごくなきゃ天才とは認めないって感覚がある。
ほかより能力があるなんてのは、天才とは思わないから。

とりあえずこのスレは2って事で認識します。

304 :質問:02/10/03 23:28 ID:EizEeVb/
天才の話になるとなぜアンシュタインが人類最高峰ってことになるの?


305 :オーバーテクナナシー:02/10/03 23:41 ID:C22QhbIX
誰もが思ってもいなかったことを考え出した、画期的だった、
ということでアインシュタインだね。


306 :オーバーテクナナシー:02/10/04 00:25 ID:3tTrqmr0
>>304
おそらく、基礎を作り上げたからじゃないかな?
ニコラ・テスラの様な発明家よりも、
アインシュタインをはじめとする発明の素を作り上げる人間の方が
偉いって事になるんじゃないかな?

それでアインシュタインはその「発明の素」をいっぱい作ったと。

307 :304素人:02/10/04 18:20 ID:myf68SQg
具体的に今現在の我々の生活にどんな恩恵をもたらしたか教えて下さい
相対性理論のありがたみがどんな形で受けられるのかとか

308 :妄想技術 ◆OlfqQsnYDI :02/10/04 20:18 ID:OPX+ueeu
発明のもと一杯作ったのは相対論じゃなくて量子論では?

309 :オーバーテクナナシー:02/10/05 00:36 ID:6jRjXDGy
原子力発電所はアインシュタインの功績じゃなかったかな。
というか「アインシュタイン」か「相対性理論」で検索すれば
色々出てくると思うんだけどなぁ。
おそらくかなり間接的な関わりなんだと思うけど。

アインシュタインの科学と生涯
ttp://homepage2.nifty.com/einstein/contents/relativity/contents/relativity.html

310 :オーバーテクナナシー:02/10/06 10:21 ID:1rPsj0qk
掲示板での天才とは?
それはたった一つの書き込みでで500個位のレスをつけることができるやつ
いかに論理力があり最小公約数でレスをつけれるか
(猫とか佐賀系抜きで)

311 : :02/10/07 03:14 ID:1X+IuGU/
age

312 :オーバーテクナナシー:02/10/07 04:06 ID:rd4PgOkw
天才とは近代ヨーロッパ特有の概念であって
現代においては存在し得ない、
と言ってみる。

313 :オーバーテクナナシー:02/10/07 14:14 ID:/4FMfTcb
動物(人間以外)の天才っていますか?
猿とかで・・・
言語、文字などをあみだした原人は
天才になるのかな?
どうですか?

314 :オーバーテクナナシー:02/10/07 15:23 ID:prFF8RQ6
文字などをあみだした原人>>>>>>>>>>>>>>>>>>日本人

315 :オーバーテクナナシー:02/10/07 15:24 ID:prFF8RQ6






316 :オーバーテクナナシー:02/10/07 22:15 ID:kCHTHjs2
英才教育って英語ばっかりやらせんの?

317 :オーバーテクナナシー:02/10/07 23:26 ID:KQwuVkR/
普通の才能の者が10人で1人の天才に勝てる。
普通の才能の者は才能集団に入ってやるんだね。


318 :オーバーテクナナシー:02/10/08 00:30 ID:TBX7tl/A
>>313
名前忘れたけどチンパンジーとかオラウータンに文字や言葉が理解できる
ヤツがいたね。映画にもなったヤツで手話が出来るとか。

319 :オーバーテクナナシー:02/10/09 16:55 ID:wKfvRNNy
妄想は知力だ。
デカルト曰く、自分が年中思索していることを自分よりはるかに聡明なものに
一日で理解させようとしても理解がえられない。
妄想といっても、その妄想を補うため本を読んだりすることもふくめてだけど。

あと考える内容。古代人の神学ばかり頭につめこんでる頭のいい思想家より
それを客観的にみれる人間

320 :オーバーテクナナシー:02/10/09 18:58 ID:RSWwGYdQ
>>319
確かに、天才と凶人の紙一重さは妄想の内容による物だね。
妄想できるくらいの知力があっても、トンデモな内容だと妄想だし、
エレベータが何万キロって速度で動いたら・・・って考えるのも妄想。
だけど後者は相対性理論として今に残ると。

「私は○○星人です」とか「人間は○○に操られていて私は救世主」とか
そういうのも天才かもしれない人間なのね。
育ちの違いって怖いね。

321 : :02/10/10 04:06 ID:60M5Ned6
>あと考える内容。古代人の神学ばかり頭につめこんでる頭のいい思想家より
>それを客観的にみれる人間

客観的に見たらだめだろう 少なくとも昔はね

322 :オーバーテクナナシー:02/10/12 17:54 ID:5MFaoXYo
天才は天才を知る。
天才であることの苦悩は、天才にしかわからない。

323 : :02/10/12 18:27 ID:f8yb8pLj
>>322
概出

324 :オーバーテクナナシー:02/10/13 01:28 ID:8lmVT4K9
凡才も天才も人種である。
何故なら誰が偉くて誰が愚かという事は無いからだ。

325 :サヤン:02/10/13 03:14 ID:NMC3/MWU
>>1
スマートドラッグなど,色々試したら?
>>324
そんな意味が分からない屁理屈こね回していたら,キリが無いと思われる。

326 :オーバーテクナナシー:02/10/13 06:39 ID:qM29iveJ
ある1つの非常識を考えることだ。
その非常識を正当化するような屁理屈を考える。
何十年も考えたら、その非常識を正当化するような論理、真実が見つかる。

327 :オーバーテクナナシー:02/10/13 13:55 ID:v6D9BBON
相矛盾する非常識を二人の人間が同時に発想して、
それを正当化する論理、真実を何十年も考えたら?

328 :オーバーテクナナシー:02/10/13 14:01 ID:Ko3ckUc5
天才は屁理屈を考えない
天才あこがれが屁理屈を考える

329 :NASAしさん:02/10/13 16:47 ID:YMh3r8Ou
IQは相対的な値…
ということは、馬鹿を増やせば天才になれるぞ!

330 :オーバーテクナナシー:02/10/13 17:15 ID:fzPGLbRK
>>329
 それは 日本の文部省が実行してるよ。
 で 彼らの息子は東大にいくと。
 しかし 東大にいっても 世界には通用せず、
 しかも 日本人は馬鹿になりすぎて アボーン寸前。
 あまり いいことはなかったみたいだよ。

331 :オーバーテクナナシー:02/10/13 21:56 ID:8lmVT4K9
ところで、
>>325の言っている所の「屁理屈」がよく分からない・・・。

どの辺が屁理屈だった?

332 :オーバーテクナナシー:02/10/13 23:37 ID:1i2KQQ7j
>どの辺が屁理屈だった?

凡才も天才も人種である。
何故なら誰が偉くて誰が愚かという事は無いからだ。



333 :オーバーテクナナシー:02/10/14 07:37 ID:s/ZHMiNO
>>319
いい妄想僻なら学歴なんて関係ないですか?
つか、優成績とノーベル賞は関係あるのですか?

334 :オーバーテクナナシー:02/10/14 07:49 ID:15SDaVFq
頭が良ければ良い功績が上げられる、はほとんどあたっている。
ただし、
アインシュタインは記憶することが苦手だった。
ただし、
アインシュタインは知能指数が173.
単なる記憶力だけではいけない。


335 :オーバーテクナナシー:02/10/14 14:30 ID:9EF0eNfR
>>1
@ 鼻でスパゲッティを食べる
A 全裸になる
B 逆立ちで町内一周


336 :オーバーテクナナシー:02/10/14 15:10 ID:mh49Vnt3
そういや県境は聞くけど町境ってあるのかなぁ?

337 :オーバーテクナナシー:02/10/14 16:14 ID:MinvHR3Y
>>1
鼻で鼻をほじる

338 :オーバーテクナナシー:02/10/14 23:52 ID:CZ9hAQX7
一般人には理解しがたい絵を描く。→ ダリという天才のように成れる。

339 :オーバーテクナナシー:02/10/15 01:23 ID:IynXr3YC
 天才とは、天から与えられる才能が優れていること。
要は、生まれつき決まっているのだよ。
 だから、どうしたら天才になれるかという問い自体おかしいよ。
もし、現状の能力に不満があるなら、
 @努力して秀才になる
 A天才に生まれ変われるまで繰り返し・・・


340 :オーバーテクナナシー:02/10/15 09:00 ID:hfgTuMyz
>>1
君を天才だと呼んでくれる友達を増やす。

341 :オーバーテクナナシー:02/10/15 22:30 ID:fu9zoKHr
天才のこと、理解しようとして、理解したつもりになって、
相手のこと理解したつもりになって言ったことが、逆に相手のことを
苦しめてしまう。そんなことばかりだと嫌だよ。
功績が云々よりも、本当はその人のことをどれだけまわりが受け入れることが
できたかっていうことが、その人の天才性をより開花させるプロセスに
つながるんじゃないかな。センセーショナルな逸話やIQの話なんかどうでもいい。
天才が生まれえてきたとして、そのひとにとって生きやすい世の中でいることが
重要な気がする。

342 :オーバーテクナナシー:02/10/15 23:25 ID:tmijYiNJ
>>340
>>>1
>君を天才だと呼んでくれる友達を増やす。

そしてひたすら増やしつづける。十分に増えたら君を天才と呼ばない奴を狩ること。

343 :オーバーテクナナシー:02/10/15 23:55 ID:KbCQxsiI
天才でもないのに天才だと言われるのはいやなことだ。

344 :オーバーテクナナシー:02/10/16 00:25 ID:the0/NbA
>>341
「天才とは孤独である」という言葉にある通り、実際に天才というのは周りに受け入れられにくい。
なんでかっていうと、普通の人が知障の人々の中に入っていく様なものだろう。
上の方で「お前らがヘタなだけで普通に生きているヤツはいる」と言っている人もいるが、
その人達がコミュニケーションが上手いだけで下手な人間の方が多い。
でも引きこもりになるほどでも無いけどね。友達の数が周りよりも少ないってくらい。

天才と呼ばれる人間は、いつも見ている方向が違うんだよ。
だからアダムとイブは背中合わせになってたのかもね。

345 :ジンライム:02/10/16 01:15 ID:W6bqZPUT
『アルジャーノンに花束を』ってドラマ、やってますが、
原作を読んでみてください。今、本屋さんで平積みになってると
思います。原作者のダニエル・キイスも言ってますが、
必要以上の知能や教養は人と人との間に楔(くさび)を打ち込む
(障壁を築く)可能性があるように思います。
私もアインシュタインやフォン・ノイマン、現代ではスティーブン・
ウルフラムなどの天才ににあこがれる一人ですが、
彼らの業績の片鱗を味わうことを許される程度の知性を与えられたことを
神に感謝するしだいです。こんなこと書き込むと『いい子ぶってる』とか
思われそうですが、カンベンして下さい。

346 :オーバーテクナナシー:02/10/16 07:57 ID:sbntXfVJ
>>343
天才の定義を定義しなおせばいい。そんなに天才に拘りたいなら(W

347 :オーバーテクナナシー:02/10/16 08:00 ID:sbntXfVJ
>>345
>私もアインシュタインやフォン・ノイマン、現代ではスティーブン・
>ウルフラムなどの天才ににあこがれる一人ですが、
>彼らの業績の片鱗を味わうことを許される程度の知性を与えられたことを
>神に感謝するしだいです。こんなこと書き込むと『いい子ぶってる』とか
>思われそうですが、カンベンして下さい。

なんで上のように書くと「いい子ぶってる」と思わなきゃならないのか?
日本語もちゃんと書けないようなのでカンベンしてあげない。

348 :オーバーテクナナシー:02/10/16 23:23 ID:c+9Bfk6Q

                \ │ /
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< るさんちまんるさんちまん!
                 \_/   \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \( ゚∀゚)< るさんちまんるさんちまん!
るさんちまん〜!   >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /

349 :オーバーテクナナシー:02/10/16 23:34 ID:/rNcaDoJ
>>334
アインシュタインはIQ173だから天才、というように受け取れますが
IQ幾つ以上が天才なのですか?

漏れは130前後らしいのだが。
会社での評価は恐らく「使えねーアフォ」だ。

350 :オーバーテクナナシー:02/10/17 08:43 ID:3DeO9iOU
マジれすするモレ。
まあそのIQテストの結果を信用するとして、130は高い方だろう。
ただよく言われるのはIQテストの結果は現実の社会にうまく適応できるかどうかを示すものではない。
だから君の受けている評価もまたよくあることなのだろう。
値にこだわっている位には気にしてるわけだな?まあこんなもの目安の一つにすぎない罠。
俺はIQ高いんだと思って安心するもよし、それはそれと置いておいて精進するもよし、
俺はIQ高いんだと思って精進するもまたヨシ。

351 :オーバーテクナナシー:02/10/17 10:06 ID:iEC+7lHh
「IQ120の天才児達」って特番が昔あったんだが・・・・。

352 :オーバーテクナナシー:02/10/17 10:16 ID:z1aIRt5b
そんなにいるもんじゃないという意味に「天才」という語を使うならそれでも。

353 :オーバーテクナナシー:02/10/17 11:29 ID:qcXn6Fnb
IQは知能障害者とそうでないかを区別するようなテスト

354 :オーバーテクナナシー:02/10/17 12:11 ID:WpaO4z0Q
天才は天才を知る。
天才であることの苦悩は、天才にしかわからない。


355 :オーバーテクナナシー:02/10/17 12:23 ID:vwE0P+o0
349=351なら「モレを天才と呼びやがれ」ということだな。
130位ならなら割とそこらにいるぞ。モレもその位だがこんなことに時間を費やしてるのが恥ずかしいね。

356 :オーバーテクナナシー:02/10/17 12:23 ID:iEC+7lHh
天才は自分を天才と認める事が少ない。
何故なら周りが全部同じ様に考えたりすると思ってるからだ。

357 :オーバーテクナナシー:02/10/17 12:25 ID:vwE0P+o0
それは誰でも同じこと。飼い猫だってそうだ。

358 :オーバーテクナナシー:02/10/17 12:40 ID:UuYYI2BZ
数学板にこういう寝ぼけたこと言ってるボケナスがいますが,
どう思いますか?

文化としての数学の危機
http://science.2ch.net/test/read.cgi/math/1034669683/


359 :オーバーテクナナシー:02/10/17 12:48 ID:WpaO4z0Q
レイプ被害者の低年齢化がわかる。
13〜19才が全体の41.8%を占めるが,
「初めての性交の動機」の中学女子に「無理矢理」が多いことに合致する。
本文中に性暴力被害研究会調査の加害者は
家族・教師を含む知人(87.7%)という数字があるが,
警察が認知した事件での「面識なし」は75.4%に達している。
いかに告訴数が少ないかがわかる。※警察統計(97年)による
レイプ認知件数の1755件から,
「面識なし」は1323件と類推される。
残り432件を「面識なし」ととらえて,
これを性暴力被害研究会の「見知らぬ人」12.3%に等しいものとして
逆算すると,件数総計は3512件となり,
警察認知の2倍をこえることになる。


360 :オーバーテクナナシー:02/10/17 13:00 ID:vwE0P+o0
天才の次はレイプ犯か。話題が豊富で宜しいことだ。

361 :オーバーテクナナシー:02/10/17 13:06 ID:vwE0P+o0
しかも下品ネタを狙ってageかー。テンサイって大変だ。

362 :オーバーテクナナシー:02/10/17 13:09 ID:vwE0P+o0
>>361
つか異常。

363 :オーバーテクナナシー:02/10/17 15:41 ID:iEC+7lHh
>>355
違う人間だから。
ところでIQテストっていくつもあるの?それとも年齢によって天才と一般とバカの
分け方が違うの?

俺はIQ120が天才か一般かを分ける数値って聞いたが・・・。

364 :オーバーテクナナシー:02/10/23 11:52 ID:DW+WPx3k
つまらない日常を送っていると、ささいな事でも頭に入ってしまう。
そのために自分は頭がいいとかおもったりする奴が多い。
簡単な計算より、新しい道、人、景色を覚えたりするほうが春かに脳の容量をつかう。
毎日違うスポーツをやっても何も身に付かない。

頭がよくなりたんだったら、文字と記号の世界にどっぷりつかるのが良い

365 :オーバーテクナナシー:02/10/23 19:28 ID:2runiMU1
>>364
( ´・∀・`)ヘー

366 :オーバーテクナナシー:02/10/23 21:03 ID:uICWPl0p
春かに脳を使う方法を考えよう。


367 :オーバーテクナナシー:02/10/23 21:07 ID:Ggxg8+BG
>363
IQテスト(知能検査)は同年代の平均に比べて知能が高いか低いか、
を判別するだけなので、知能障害の判定以外にはあんまり使えないっす。
多少早熟でも、成人する頃にはほとんど差がなくなってしまうことが多いし。

368 :未来年表:02/10/24 06:50 ID:ar3PVfV0
米、万能細胞でラットのパーキンソン病治療

 【ワシントン7日=安藤淳】米ハーバード大学などの研究グループはラットを使った動物実験で、受精卵から取り出した胚(はい)性幹細胞(万能細胞)を使い、パーキンソン病の症状を改善させることに成功した。
実験結果は8日発行の米科学アカデミー紀要に発表する。万能細胞は人間のパーキンソン病治療にも応用できるとの見方が有力。
万能細胞を受精卵から取り出す方法は生命倫理上、好ましくないとする意見もあり米国では政府助成を制限しているが、今回の成果は治療研究に弾みをつけそうだ。
 研究グループは、25匹のラットの脳に神経細胞のニューロンを破壊する化学物質を注射し、パーキンソン病と似た状態にした後、類似の実験用ネズミであるマウスの受精卵から取り出した万能細胞1000−2000個を脳に注入。
その結果、14匹がパーキンソン病による異常行動が減り、実際に脳内で万能細胞がニューロンに変わったのを確認した。
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20020108CCCI001808.html

[関連スレ]ES細胞で乙武くんに五体満足は可能か?
http://caramel.2ch.net/test/read.cgi/future/1007331427/

万能細胞を大量培養して、頭に注入してやれば天才になれるかも。

369 :オーバーテクナナシー:02/10/24 12:38 ID:QXgLvAsA
>>368
デムパ系も増えるだろうな。

370 :オーバーテクナナシー:02/10/24 22:22 ID:5t5Ryhb1
デムパがより強烈なデムパになるだけとか。


371 :オーバーテクナナシー:02/10/25 06:02 ID:Te5x+iNE
脳細胞を増やしておいてゲーム脳(Wになるようなセイカツをおくってみる。最強に強まったゲーム脳。

372 :オーバーテクナナシー:02/10/31 03:07 ID:bHqPU1Dt
天才とはついてるやつである

373 :オーバーテクナナシー:02/10/31 19:21 ID:CJ4ujj9Y
何が?

374 :オーバーテクナナシー:02/11/01 05:44 ID:IclJVVjC
天才はそこら辺にいる
どうやら、皆さんは頭がいいことだけが天才だと思っているようだな・・


375 :オーバーテクナナシー:02/11/01 06:15 ID:zipIstEL
相対的であるということは
少数派、
つまり目立てば良いということ。

俺は仲間内では「ナンパの天才」と言われてる。


376 : :02/11/05 06:52 ID:jJude3iq
何の天才になりたいんだろう

377 :オーバーテクナナシー:02/11/21 16:12 ID:Wvrn3k8C
人をよりよく頭よくしたいんだったらTVの再生のスピードを1.2倍くらいにするとかでいい。
短縮して余った時間もつかえるし。
本を学校とかでよますときも、出来るだけはやくよませれば、
聞き手も読み手もすこし頭よくなる。
最終的には世界の人全体の会話の速度があがれば、頭よくなったことになる

378 :オーバーテクナナシー:02/11/21 16:43 ID:SKK3IGlb
企業戦士ってある意味白痴だと思うんだがどうよ

379 :逆転ホームラン:02/11/21 18:33 ID:rhgF7esU
ハンマーと包丁を持って池袋を走れば
てんさいに・・・

380 :オーバーテクナナシー:02/11/22 09:23 ID:ns2tW3zZ
非凡な才能、天才について

http://natto.2ch.net/test/read.cgi/soc/1026476674/

381 :オーバーテクナナシー:02/11/22 09:30 ID:JxD5yjbK
>1
コテハンになってみんなに叩かれたら?


382 :オーバーテクナナシー:02/11/22 14:52 ID:F+JDGuZb
>>375
ナンパの天才か。凄いね。

383 :オーバーテクナナシー:02/11/23 00:07 ID:YeP8U//1
てんさいは忘れた頃にやってくる。

384 :オーバーテクナナシー:02/11/24 13:40 ID:ZmkF4eNo
IQは「知能指数」と訳されるけど正確には「知能成長指数」と呼ぶべきだと思う。
計算方法は、「知能年齢÷実年齢×100」
つまり、知能テストで10歳児が15歳児の平均点を取ったなら、知能が実年齢の150%だから知能指数は150となる。
当然ながら、IQは年齢の経過と共に平均値である100に近づく。
10歳と15歳じゃ知能に相当の違いがあるだろうけど、20歳と25歳でそれほど差があるわけがないから。
だから、成人のIQを計測しても何の意味もない。
でも、「その人が子供のとき、最高でIQいくつだったか」なら、少しは意味があるかも。
IQが極端に低ければ、生まれつきまたは幼児期に、知能に何らかの障害を負ってる可能性があるという傍証になる。

とはいえ・・例えばエジソンは、子供のころ教師の言うことを聞かず空想ばかりしていたらしい。
エジソン少年を現代の方法でIQテストしたら、きわめて低い結果になると思う。
「第一問:犬、猫、魚、馬のうち仲間はずれはどれですか?」
という問題に対して、「確かに魚だけ哺乳類ではないが、それだけで仲間はずれ扱いしていいものなのか・・?」
とか時間いっぱいまで考えてたりして。

仮面ライダー1号はIQ600だそうだが、これはつまり1歳のときに6歳児並、2歳のときに12歳児並、3歳で成人並の知能があったということ。
人間じゃねえな。

385 :オーバーテクナナシー:02/11/24 21:37 ID:jtPwMqYr
あ〜・・・中学生の時から大学で習うような事に関心があった自分は
一体・・・・・。
小学校のときに先生に「IQは高いほうで」とか言われただけだから、
120未満だとは思うんだが・・・。

386 :オーバーテクナナシー:02/11/26 05:55 ID:U2cG/6+f
日本では大学入試センター試験が全国一斉知能テストとして認知されています。
5教科800満点中、700点以上を優、600点以上を良、
500点以上を可、400点以上を不可、400点未満を馬鹿と判定します。

387 :オーバーテクナナシー:02/11/26 08:23 ID:oAWQOALH
子供の頃から、上手に褒めて、何か賢い事をしたら、
さりげなく「あーなるほど」「ほー」「へー」
と褒める。褒める。「きっとお前は賢いんだな」

と、思い込みで天才に…。

388 :Skynet1-wr:02/11/27 00:42 ID:XAkrME3N
>>1 メールよこせ そうしたら そうしてやる

389 :オーバーテクナナシー:02/11/27 01:00 ID:iy416tU+
足に鎖を付けておいて逃げられないようにし、
勉強を怠けたら鞭で引っぱたく。
そうすれば記憶量だけは多くなるだろう。

390 :オーバーテクナナシー:02/11/27 06:09 ID:YLVwvls0
天才ってのは発想力だからなぁ・・・。
つけようと思って付けられる能力じゃねぇなあ・・・。

391 :オーバーテクナナシー:02/11/27 11:20 ID:Kuib0XPh
なに?大切なあきにゃの写真を落とした、なるほど。では君の落とした写真はこの

Aセット 「下着姿で恋人とにゃンにゃンしている写真100枚セット」ですか?それとも
Bセット 「水着姿(スクール水着アンドビキニ含む)の写真100枚セット」ですか?それとも
Cセット 「レオタード、ブルマ、チアガールの体育写真100枚セット」ですか?それとも
Dセット 「制服、私服100枚セット」ですか?

ちなみのおいらの落としたのは Bセットです。

http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/eva/1038360362/l50




392 :YOSHIKI:02/11/28 18:50 ID:C7zWvZ7v
おい、お前ら! 天才に成りたければ
■コンドーム■を使え!
■コンドーム■の使用法はここに掲載してあるぜ!
■コーヒー浣腸■のやり方も、ここに掲載してあるぜ!
http://www12.brinkster.com/uhikaru/a&w.htm

■コンドーム■をした感想は このスレでオレに知らせろよ!
http://music.2ch.net/test/read.cgi/classical/1037874647/l50
+ ....... 0 *+

393 :オーバーテクナナシー:02/11/28 18:53 ID:C7zWvZ7v
>>392
おい、そのことは本当なんだな!
本当に ■コンドーム■ を使うと天才に成れるんだな!


394 :オーバーテクナナシー:02/11/28 19:35 ID:/MBOuRa2

http://fruit.gaiax.com/home/stirring
http://fruit.gaiax.com/home/fibb
http://www.emzshop.com/honpo/
http://www.emzshop.com/stirring/

395 :オーバーテクナナシー:02/11/28 19:43 ID:cpTpt1NG
きな、家の近ぐの吉野家さいったんず吉野家。
したっきゃ、なんだがさ人がっぱいで座らいねーんず。
んで、よぐ見だっきゃ垂れ幕さがってで、ふぇぐごんじゅえん引きって書いじゅーんず。
もうな、ほんずがと、バガがど。
ふぇぐごんじゅえん引きぐらいでいっつも来ね吉野家さくるなじゃよ、ほんずが。
ふぇぐごんじゅえんだよ ふぇぐごんじゅえん。
なんが家のやづみんなきちゅーし。
一家そろっで吉野家な おめでてーじゃ。
「とっちゃ、特盛り頼むじゃ」とかいっちゅーんず。 もう見でらいね。
おめ達や、ねぷた煎餅やるはんでその席空げろって。
吉野家ってのはもっと殺伐としちゅーべぎなんだね。
いづ Uの字カウンターさ向かい合っちゅーやづさやすめらいるがもわがんねー
やすめらいるがふんじゃまがいるが、、そった雰囲気がいいんでねーんずな。
かっちゃわらしだば家さ引っ込んでろ。
で、やっと座るにいいがと思ったっきゃ、となり奴が、つゆだぐけじゃ〜とか言っちゅーんず。
そごでまんだブヂ切れだべさ。
なーよ、つゆだぐだの今時流行らねんだいな、ほんずこの。
なにいい面してつゆだぐけじゃ〜、よ。
吉野家通のわぁがら言わさへりゃ今、吉野屋通での最新流行だっきゃやっぱし、
白、これだねな。
大盛り白ギョク。これが通の頼みがだや。
白ってば白飯だげ。そんかわり肉も汁もなんも入ってね。これや。
で、それさ大盛りギョク(玉子)。これ最強。
だばってこれとば頼むど次がら店員さ目とば付けらいる諸刃の剣。
素人さだっきゃ薦めらいねな。
まぁ、おめみてった素人だば、十万国でめぐねウニでも喰ってろってごったね。


396 :千と千尋の神隠し「春日様」ファンクラブ彦根支部代表:02/11/28 21:54 ID:emA3kGT2
天才になるだと〜
そういうこと考える前に
根性入れて荒神山をうさぎ跳びで10本登って来い!

397 :オーバーテクナナシー:02/11/28 23:43 ID:IH/7AfC1
>>1よ。
世界中の人間を感動させろ。それが天才だ。

398 :オーバーテクナナシー:02/11/29 16:49 ID:OgzmR+AN
俺は恐らく天才なんだろうけど、
今の時代、自分が天才かどうか知るなんてそう簡単にできないから。
まわりの人間が低能すぎて、天才の考えについてけなくてさ。
ハッキリ言うよ。俺は天才として生まれるより馬鹿として生まれたかった。
そうすればもっと気楽に生きることができたのに…。


399 : :02/11/29 17:11 ID:EADdPtHh

http://www.freewebz.com/kotish/cgi-bin/img20021122154429.jpg




400 :オーバーテクナナシー:02/11/29 18:35 ID:vO1X5u/O
>>398
まぁ、ネタなのは分かってるんだが一応釣られてみよう。

世の中には天才か秀才しか居ない。(程度こそあれ)
天才は頭が悪いと誇大妄想系異常者。秀才は頭が悪いとバカ。
天才は頭が良いとバカと言われ、秀才は頭が良いと天才と言われる。(世間一般では
秀才系は企業体に向いている。ロボットが成り代われる仕事に。
天才系はそれ以外に向いている。漫画家、作家、音楽家・・・。

天才とは発想力。秀才とは記憶力。それによってそれぞれが評価される。
天才は秀才の、秀才は天才の同じランクの人間と一番相性が良い。
キリスト教の聖書に出てくるアダムとイブの様に。

とまぁかっこよーく言えば(言ったつもり)こんなもんだ。
つまり、天才でもそうでなくても役目の重要性は変わらないのさね。
まぁ将来出来る仕事くらいは変わってくるか。

それと、天才ってのは自覚できるものだ。君は天才ではない。明らかに。

401 :オーバーテクナナシー:02/11/30 12:58 ID:uLGw6vjO
秀才=勉強して頭賢いひと
天才=勉強せんでも勉強してもすごいひと

402 :山崎渉:03/01/06 16:49 ID:AEHUQQ/N
(^^) 

403 :tohtoshi@message:03/02/03 19:55 ID:rIf2oGTy
天才になるには能力開発をするトレーニングが必要でしよう。
胎児及び幼児教育で有名な七田チャイルドアカデミーの七田眞校長(日本サイ科学会会員)は、長年に渡り右脳教育の実践研究をされており、ESP能力を示す子供達、直観像(右脳記憶)を示す子供達、電光石火の計算力を示す子供達、
波動速読で一冊の専門書(外国語も含む)を数十秒で読む子供達など、奇跡的な能力を発揮する子供達が多く育ち急速に増加していると発表されています。
一方、世界の天才達の内で科学者の83%もの学者が、自分でもよく分からない無意識的な直感に助けられていると主張しています。
つまり、天才達は共通して霊感のような意識に入って仕事をしているのです。
超心理学の研究によれば、人間の霊的な多重多層界に存在する不可視の脳を通して超巨大サイ情報網系は高次元になれば
なる程、そのスピードは光速を越えて加速度的に速まると共に情報量も飛躍的に増えますから、
頭脳で考えることに比べてインスピレーションは閃くようにイメージとして浮かぶわけです。
これを意識の変更状態(変性意識の状態)と呼び、日常と異なる意識状態を意味していますが、その範囲は広くて、
超感覚的な力が働くと云われている催眠状態、瞑想状態、トランス状態、神秘体験のエクスタシーの状態などが含まれます。
この件に関する説明が当HP↓にあります。
http://www.d7.dion.ne.jp/~tohmatsu/

404 :オーバーテクナナシー:03/02/04 02:37 ID:NKmdv1Nq
天才とオーラって関係ないのかな?
勉強とか関係なく頭が切れる人は、ほとんど持ってるよね。
色は人それぞれだけど。

405 :山崎渉:03/03/13 13:17 ID:ANSWyiFf
(^^)

406 :山崎渉:03/04/17 09:55 ID:r+HRdvvH
(^^)

407 :山崎渉:03/04/20 04:31 ID:DZigay1/
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

408 :オーバーテクナナシー:03/05/04 21:07 ID:OpdDdcfS
のびたは天才、射撃でオリンピックにも出られる。
出来杉には無理。

409 :山崎渉:03/05/22 00:29 ID:MoMxCNeV
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

410 :オーバーテクナナシー:03/05/24 06:53 ID:XMdlY6hG
>>384
その問題を考え出したあなたが仲間はずれです。

411 :遊び人の玲さん ◆xdia1GUtho :03/05/24 07:38 ID:GfR0Kynd
人工補助脳システムと一体化して、知的脳力を拡張すれば良い。

紙と鉛筆を用いたデータの集積は、過去の人工補助脳システム。
パソコンとインターネットを用いたものが、現在の人工補助脳システム。
では、近未来の人工補助脳システムとは一体なにか。

シンボリッカーという言葉でこの板を検索すると、答えが見えてくるよっ。

412 :オーバーテクナナシー:03/05/24 10:11 ID:FkZrlUd3
『命をはかりにかけるくらい切羽詰った状況にある』と自己暗示するしかない。
引きこもりだって、無理やり一流企業に就職させられたら、1年たたずになれるって!

413 :オーバーテクナナシー:03/05/24 11:04 ID:jTKzkWf9
ナルホドナー


414 :白ザク:03/05/25 00:42 ID:+So2i19B
愛だよ、愛!
愛に生きる者こそ天才だ!
好きこそものの上手なれってゆうじゃん。


415 :オーバーテクナナシー:03/05/25 04:36 ID:JDtBggoe
天才になると
それだけやることも 増えるよ
賢い人は賢い人なりの悩みも増えるよ
賢いから自分がいかに
バカでなにもできないか
すぐに気づいてしまう
周りから期待もされるよ
応えられる?

芥川さんは自殺したけど・・・



416 :オーバーテクナナシー:03/05/25 07:59 ID:DuxA29if
芥川は天才じゃないがワナビーである自分の名を広めるために自殺した

417 :オーバーテクナナシー:03/05/25 08:01 ID:DuxA29if
>>414
若くして亡くなられたマツモトゲン先生でつか

418 :オーバーテクナナシー:03/05/25 09:20 ID:3kXAy56y
いいですかぁ?
例えばアフリカのサバンナの人たちだったかな?彼らの視力は驚異的だったはずです。
嗅覚も優れていたと思います。彼らが日本にくればそういう部分ではまぎれもなく天才です。
要するにスペシャリストは他の人間から見れば天才なのです。
で天才になりたいとか思っている人たちはその天才が自分達と同じ生活をしながら
ドラえもんのポケットのごとく数々のアイデアを作り出していると思っているのでしょう。
違います。普段から情報収集して常にその事を考えて生活しているのです。
彼らはその分野でのスペシャリストなのです。
じゃぁどうすればそれが出来るか。まず彼らは天才になりたいと思って活動してません。
してたらそれは偽物です。純粋にその物事に興味を持っているからこそ普段の何気ない
情報も深く分析され取捨選択されているのです。
つまり数学の天才になりたければ普段から常にそれを考えて米粒を見てはそれで
何か数学的な面白さはないか考えます。彼らはスペシャリストなのです。しかも
それが苦痛でない。貴方がそれが苦痛で出来ないのならばあなたはその
スペシャリストに向いていないのです。

419 :オーバーテクナナシー:03/05/26 14:17 ID:Vos0ClH4
>>1
天才と通常の人間とは物理的に頭の使い方が違う。
凡人は考えるのに文字と映像を使うが、天才は大体全て映像で思考する
それは何故か?そちらの方が思考スピードが速くなるからだ。
例えば片足を上げてケンケンをしている女の子と言う文字と、実際にその光景が描写してある絵を見比べてみよう
どちらの方が理解するのに時間がかかるか容易に想像がつくはずだ

またもう一つ重要なポイントがある、情報の同列処理だ。
天才は凡人と違いいくつもの思考を同時に出来る。
そう言われて想像できないかも知れない、そこで二つのテレビを想像して欲しい、
そのテレビに別々の番組がやっている所を想像してくれ。それが天才の思考の基本だ。
前述した映像による思考と合わせると爆発的な思考スピードになる。

最後に、通常の人間と天才との間には、明確な脳味噌の違いはない。
確かに多少記憶能力に違いはあるが、それはあくまで、身長や体重の違いと同レベルのものだ。
神秘主義的な考えを捨てて良く聞いて欲しい
脳味噌とはこの世に物理的に存在する身体の器官の一つに過ぎない。
鍛えれば強化され使わなければ劣化するただその程度のものなのだ。

と、なにかの本?(匿名リサーチだっけ?)で読んだ覚えがあります、実際にこの通りかどうかは分かりませんが
参考にしてみて下さい。


420 :山崎渉:03/05/28 14:33 ID:BRKzUTf3
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

421 :オーバーテクナナシー:03/07/20 21:11 ID:a0bHpJpv
「天才になりたい」とはその響きが持つ社会的評価が欲しいということですね?

天才的な才能を持っているのに尊敬されず天才と呼ばれない人はたくさんいます。
「生まれ付いての脳の仕組み」でしかないすごさはただの情報なので一瞬しか
人の心を動かさないからです。

つまり天才とは脳の仕組みなどの情報ではなく人として人の心を動かす人です。
即ち遺伝子や環境が与えた生まれついての脳の仕組みを乗り超えた人のことです。
だれでも絶対できます。頑張ってください。

422 :_:03/07/20 21:33 ID:zcd5VrHX
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

423 :あい:03/07/20 22:20 ID:+Ru4TRYz
*************************************************
低金利時代に★超優良企業への投資★で実質利回り
20%以上。資産形成のお手伝いをします。
(7月で終了です)
http://www002.upp.so-net.ne.jp/yoshi13/ehon/ehon-tousi.html
*************************************************
★独立開業のお手伝いをします。
考えてみたことはありますか?
もっとも理想的なファミリー・ライフスタイルは何か?
在宅で年収1000万円以上の人が200万人。
(米国「Money Magazine」誌調べ)
http://www.ier.ne.jp/aiwave/
*************************************************

424 :オーバーテクナナシー:03/07/20 23:05 ID:F1+55S42
音楽の仕事をやっていると天才かどうかはともかく才能のある奴にはよく出会う。
彼らに共通しているのは得意分野に関して「面倒臭がらない」ということ。
記憶すること、考えること、集中することを面倒臭がらない。
得意分野以外では異常に面倒臭がったりするが。

425 :オーバーテクナナシー:03/07/21 01:35 ID:gbsHG3du
自分の興味のあることには異常に集中力がある。
すべての物事を自分の興味のある分野に当てはめようとする。
世界は自分の興味のあることを中心に回っている。
天才ってこんな感じでしょ?
そこまでできる対象物を見つけないと隠れた才能があったとしても天才には、なれないよ。

426 :オーバーテクナナシー:03/07/21 02:14 ID:+ICTddbU
>天才は大体全て映像で思考する

やっぱり俺は天才だったのか

427 :オーバーテクナナシー:03/07/21 06:16 ID:2Wpp0WV/
天才とよばれてる人たちは努力が大事といってるだろ、考えられん位努力してるんだろう
ピカソは幼少の頃から鳩をスケッチしてたらしい、それこそ尋常じゃない数
エジソンも努力が大事といってるのは有名
鳥山あきら幼少のころから、好きなものを模写しつtづけていたし、プラモ代好きだった。
松井秀喜は数Kmある山道を毎日往復していた

イチローや中田、立浪が非常に練習熱心なのは有名


428 :オーバーテクナナシー:03/07/21 07:17 ID:UDnpX+m6
熱いスレッドだな。

429 :オーバーテクナナシー:03/07/24 19:22 ID:AzEehv95
>>427
それは天才じゃなく秀才ぽよ。

430 :オーバーテクナナシー:03/07/25 14:08 ID:fHdsrmfT
>>384
IQはそう変動するものではない
12歳の時IQ125だったら
大人になってもIQ125前後です。
またIQは70%くらい遺伝できまる。
IQは100が平均で
IQ125以上は優秀 (人口の5%)
IQ75以下が知的障害(人口の5%)

431 :オーバーテクナナシー:03/07/25 14:24 ID:nf1JQZap
【クレジットカードのショッピング枠を現金化!】

クレジットカードで買い物をすると、商品代金の80〜90%のキャッシュバック!!
10万円の買い物をすれば8〜9万円の現金がお手元に!!

■■朝日カード■■
http://www2.pekori.to/~ryu/asahi/


432 :オーバーテクナナシー:03/07/25 17:07 ID:e5JaZ2cR
天才は画家のように生まれつきの才能なんじゃない?

433 :ビッグバン宇宙論は完全に間違いだった!!!!!:03/07/25 19:56 ID:RwZjQnPt
科学者よ、恥を知れ!
ビッグバン宇宙論は完全に間違いだった!
科学の原則を無視した、デタラメのインチキ理論だったのだ。
そして、そのビッグバン宇宙論の世界的な浸透は
アメリカ、ユダヤ・キリスト教勢力による世界支配のための思想的な戦略だったのだ!
また、ビッグバン宇宙論の思想によって戦争が起こり、
貧富の差がひらき、終末的な絶望感が世界に蔓延しているのだ。
ビッグバン宇宙論は世界の平和を揺るがす、悪の元凶となっているのだ。
ビッグバン宇宙論とは、
「宇宙は『無』からビッグバン(大爆発)によって誕生した」という理論である。
この理論は、ユダヤ・キリスト教の創造神話(神が天地を創造した)そのものである。
ビッグバン宇宙論の実態は、科学理論ではなく宗教思想なのである。
『無』は科学的に証明できるものではなく、
そして、『無からの誕生』も科学では証明できるものではないのだ。
ビッグバン宇宙論が科学の正統であるという思想を、世界中の人々に
浸透させる戦略が成功したことにより、ユダヤ・キリスト教勢力の
世界における優位性が確立されていったのだ。(20世紀に)
そして、その思想的支配の最大の例が、アメリカやイギリスによる
イラク戦争なのだ。
ビッグバン宇宙論の浸透により、世界中に終末思想(世界の終わり)が
蔓延してしまっている。
そのことにより、自己中心的、せつな的、短絡的な考え方が
社会に広がっている。
科学的に間違っているビッグバン宇宙論から脱却しなければならない。
そして、宇宙は無限だということを理解しなければならない。
人間は本当の宇宙観、世界観を構築し、
新しい時代に進んでいかなければならないのだ。
ビッグバン宇宙論が世界を支配している限り、平和な世界にはならないのだ。
そのことを科学者は重く受けとめるべきである。
平和を返せ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



434 :オーバーテクナナシー:03/07/27 00:12 ID:z+Qtb50U
天才の敵は宗教であると。フーン

435 :オーバーテクナナシー:03/07/28 08:24 ID:SEt3m/0W
昔、天才について書かれた本を読んだ事がありましたが、それによると

○△□

↑は何かと言うと、○は発想、想像力で、子供の時に誰もが持っている自由な夢を指してます。
□は、世間、一般常識で、大人になるとこれ無しでは生きていけないので、歳をとるとこの部分が増えてくるでしょう。
△は、自由な夢と、一般常識を繋ぐ、考える能力と言うか、
二つを繋ぐために、考えを整理する事を示しています。

一般人は□が大半を占めていて、○が余り無く、
おかしな人や気違いは○が多く、□が少なく、
どれが欠けても天才とは言えないと、そして天才は人々に必要な物を与えるとも書かれてました。
でも天才になっても幸せかと言われれば、それは違うと。いろんな苦労などがあった為にその人の人生は幸せとは言えないとも。



436 :オーバーテクナナシー:03/07/29 18:51 ID:zBIRtJMI
とりあえず山に篭って巷に溢れる情報を遮断しましょう。
そして数学に没頭しましょう。一日14時間くらい。
3年位して頭がアヒャヒャになってきたら、あなたは半人前の数学者です。

437 :_:03/07/29 18:55 ID:33uGUH7h
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

438 :sage:03/07/29 20:15 ID:D57InRE7
天才になる条件
・先生や同級生から、おかしな考えをするという評判をとっている。
・行動が普通の型から逸脱して、標準に沿わない。
・行動にユーモラスや遊び半分の面があって、慎重さに欠ける。
・自制的な面と、衝動的な面を両方持っている。
・不快な体験でも思い出すことが出来る。
・両親にとって、必ずしもお気に入りの子供ではない。

439 :オーバーテクナナシー:03/07/29 21:09 ID:byphWEXl
並外れた能力を示す香具師を天才と呼ぶとして、天才にも色々居る罠。
ゲームに例えるなら、シューティングゲーム型とアドベンチャーゲーム型に
分ける事が出来ると思う。

シューティングゲーム型は、膨大な情報量を一瞬で処理して、適切な解を
出す。受験等のパターンが決まった問題に対して最大の能力を発揮する。
新しい領域の問題に対しては大した能力を発揮できない。

アドベンチャーゲーム型は、複雑な論理の組み合わせから、正しい組み合わせ
をひらめきで選択できる。新しい領域に取り組むとき最大の能力を発揮。
パターンが決まった問題に対しては大した能力が発揮できない。

>>438
漏れは全部当てはまるな(汗

440 :直リン:03/07/29 21:11 ID:rETFQ3zh
http://homepage.mac.com/maki170001/

441 :大衆の見方:03/07/29 22:23 ID:HKzfeFPk
天才を育てるためには順境と逆境がなければならない。
逆境によって人は「なにくそ」という心になる。
順境によって人は何らかの技術知識を身につける。
例えば野口英世。彼は片手の指がやけどで不具になってた。
順境は支援する人がいて大学まで行かせてもらった。

近頃の子は逆境がないのでナニクソという根性が涌かない。
順境は十分にあるので逆境を作ったらどうか。

442 :オーバーテクナナシー:03/07/30 22:14 ID:rMaQSsB+
濡れはもし天才になれたとしても、断るかな。辛そうだし。
横で「凄い、凄い」って言って方がいいな。

443 :_:03/07/30 22:15 ID:1J3yTN3B
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

444 :天才:03/07/30 22:37 ID:mcv4qfmb
天才とは―― 天 才 で は な い 人 である。
つまり、そのような「観念」を超えた場所に進んだ人。

これは誰にでもできる。ただ誰も本気でやろうとできないだけ。
他のことに集中して、そのことを考えてる暇と考える意思が無いだけ。
これを他の影響を無視してでも、一生懸命考えた人は「 天 才 」になる。

そう聞いて「自分が幸せならいいや」って思っちゃう人は天才の称号は無い。

445 :オーバーテクナナシー:03/07/30 23:03 ID:SaRIJ8Ay
>>427
エジソンが言ってたというのは次のセリフか?
「天才とは1%のインスピレーションと99%の努力である」
(ちょい記憶があやふや)

でも、これは間違って伝わったセリフだぞ。
エジソンの言いたかった本当のことは以下のとおり
「99%の努力も1%のインスピレーションが無ければ何の意味もなくなる」

大衆を扇動するのに都合の悪いセリフはねじ曲げられるか、消されてしまうんですね・・・
聖書が原著と大幅に書き換えられたものだと知らない?
「今はまだこの文面を聖書に掲載するのはまずい」
と、原著を手にした後の世代が中身をいじってしまったのよ。
世の中そんなもの。
努力だけでは駄目。
でも、求められているのは従順な奴隷。(日本は特に)
もっと色んな情報を探そうな。

446 :オーバーテクナナシー:03/07/31 02:29 ID:USvYDSRJ
天才の定義がわからんが
読んで字のごとくならなれるもんじゃないよな・・・
まさに天の才としか形容しがたい頭の持ち主なんだろう。
しかし、一般に人に天才と呼ばれる人は、ある種の知的障害を持って、その障害が人にできないことを
可能にするものであり、なおかつその可能とするものが世間に評価を受けるもので
ある極々わずかなケースだしな。


447 :_:03/07/31 02:30 ID:4HxC4PPo
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/2ch.html

448 :オーバーテクナナシー:03/07/31 03:49 ID:ssiyiVPE
>>446
能力を偏差値グラフで表した時に,上位0.00001%位の人をゆうんじゃないの?
まあ,天才になるのは宝くじに当たるのより難しいかもね。

俺は上位0.01%くらいで充分だよ。

449 :大衆の見方:03/07/31 15:15 ID:4SHzLhNl
今は1人の天才より10人の凡人が優れたことをする時代だ。
10人の凡人が手分けして1つの研究に没頭すれば優れた業績を上げられる。

450 :オーバーテクナナシー:03/07/31 15:30 ID:qp9ZFX9v
アダルトDVDが
 最短でご注文いただいた翌日にお届け!
 http://www.dvd-exp.com 開店セール1枚 500円より


451 :オーバーテクナナシー:03/07/31 17:53 ID:LijROU8L
全ての鍵は右脳にあると思うな。

452 :オーバーテクナナシー:03/08/01 01:07 ID:Y/3LiT4G
ドイツの精神医学者クレッチマーによると、
「天才とは、積極的な価値感情を広い範囲の人々の間に、永続的に、しかも希に見るほど強く呼び起こすことの出来る人格である」と書かれてました。

453 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 03:13 ID:wdNNJJwr
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

454 :オーバーテクナナシー:03/08/02 18:19 ID:DWsm9kpQ
>>449
一つのパラダイムや枠の中でしか業績をあげれないのが凡人。
天才は,パラダイムを新たに構築するような成果をあげれる人。

凡人に向くのは,改良型の持続的イノベーションだろ。

455 :オーバーテクナナシー :03/08/15 06:49 ID:9iIMxLXB
ttp://www5a.biglobe.ne.jp/~outfocus/ir-ninshiki/lr-bunrui.htm
ここのサイトによるとシナプス可塑性的左利きに天才が多いそうだ

456 :山崎 渉:03/08/15 18:47 ID:K8BsyPay
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

457 :オーバーテクナナシー:03/08/16 00:29 ID:22y7CtRF
アインシュタイン、モーツァルト、エジソン等が突然変異型左利きだと
いう先天的な身体特徴があるという事は天に選ばれた人なんでしょう。
左手は右脳につながっていると言うし。
生まれた時点でもうすでに天才としての人生が決まっている。
努力なんて関係なく、自然にそうなっていく。
カルヴァンの予定説は正しいのかもしれない。


458 :オーバーテクナナシー:03/08/16 00:42 ID:+4qeffkj
どんなに天才としての先天的な才能を持っていたとしても、
狼少年とかになったら天才にはならんと思うが。

459 :オーバーテクナナシー:03/08/16 01:47 ID:22y7CtRF
そりゃそうなんだけどね。
予定説というのは簡単に言えば人は生まれた時には
運命のシナリオはすでに決まっているという事で
狼少年になる人はそういうシナリオなんだよね。
だからその人は天才になる人じゃないんだよ。

460 :オーバーテクナナシー:03/08/16 08:13 ID:0lEt3Yt9
>ドイツの精神医学者クレッチマー

おもしろい名前だ

461 :テスリアン♪(テスラファンの人の事を言う):03/09/14 21:36 ID:l8n/1Bbw
99のオーバーテクナナシーさんへ
天才はいます!それはニコラ テスラです!!


462 :オーバーテクナナシー:03/09/14 21:39 ID:NDAJv4Sg
http://jbbs.shitaraba.com/study/3313/

463 :オーバーテクナナシー:03/09/15 00:11 ID:HH+aFCCm
天才ならこの問題も解けるはず。

1 ( ) 4 7 1

かっこに入る数字を答えてくれ。

464 :オーバーテクナナシー:03/09/15 02:45 ID:jpPwbw8F
あまり自信ないけど..  1(ー∀ー)4 7 1  これ?

465 :オーバーテクナナシー:03/09/15 03:16 ID:XCxM72Sl
俺は人類最強の男というコピーに引かれ、
人類最強になるためにはどうすればよいのか考えた
人類最強なのだからどんなこともできる
手始めに全裸で姉の部屋にアンゲロ、アンゲロとつぶやきながら飛び込む
タンスをこじ開けブラジャーを腰に巻きパンティーを頭にかぶる
姉が呆然としながら見てくるが人類最強なので気にしない
姉のベッドに潜りこみ「幸せだから!幸せだから!」と絶叫、
姉は無言で部屋から立ち去る
だがまだ最強には不十分、次は妹の部屋にムッシュムッシュと叫びながら飛び込む
妹は着がえをしている最中だったが人類最強なので無視
半裸で逆立ちをしながら
「俺に充電しろ!!俺に充電しろ!!」と絶叫
妹は大泣きで退散、確実に人類最強に近づく
開脚後転でトイレに飛び込み便座を外し首に掛ける
ゾンビの真似をしながら母の部屋に突撃、タンスを開けると一枚の写真発見
死んだ親父が俺を抱いている写真だった
俺は泣いた

466 ::03/09/15 06:05 ID:xNt6mOTP
>>465
天才の反対の愚劣者だね。

467 :オーバーテクナナシー:03/09/15 15:11 ID:YYleeloA
天才になるには左脳の能力を著しく落とせば良い。
傷を付けるとか、どうせなら赤ん坊の時に取ってしまっても良い。

しかしその代わり頭の回転ってのが遅くなる。
一般人よりも遙かに膨大な情報を処理出来るのは確かだが、
どうもそれを言葉に変換する事が難しくなる。
しかも白昼夢とでも言うのか、「想像力」が普通より現実感を帯び、
いわゆる凶人になる場合も多い。

天才から見れば、一般人の方が幸せのように見えると思うがな。

468 :オーバーテクナナシー:03/09/17 02:28 ID:GDRfkVEt
馬鹿を極めれば天才

469 :オーバーテクナナシー:03/09/17 11:18 ID:HZgeh6UI
>>467
回転よりも行動そのものが遅くなる。
言語学もかなり苦手になるから、すべての分野において高い水準を要求されるような
大学の学部は入れい。つまり、医学部は無理。

470 :オーバーテクナナシー:03/09/17 12:22 ID:vRFAlbS7
ハッキリ言って日本などの単一民族国家では日本人の方が黒人よりもずっと立場は上だよ。
貧乏で汚らしく、プログレッシブさに欠け、醜い黒人は日本人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してけど、日本人にかなり彼らは見下されている。
(黒人は日本人には頭があがらないため歌舞伎町などの酔漢相手にペコペコとへつらうのが仕事。
また、黒人女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○円ポッキリですよ?(店に来て)」と客引きをしてる黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそコピペしか貼れない黒人は目障り。

471 :オーバーテクナナシー:03/09/17 19:04 ID:7vD89i8G
コーカソイド、モンゴロイド、ネグロイドを比べると、
武闘でも文学でも歴史でも、モンゴロイド系が一番秀でていたりする。

イギリスとモンゴルが対決した時はモンゴルが圧倒的優位だったし、
最も早くに活版印刷を実現させたのは中国だったし、
それによって直系的な古書が残っている。

ちなみにアメリカは特に発明したモノが無い。
イギリス、ドイツ、日本などから主に輸入して我が物顔で自慢してるだけ。

472 :オーバーテクナナシー:03/09/18 05:49 ID:xKeltVqp
モンゴル人は全人種の中でもかなり体が大きい部類。
チンギス・ハンの時代、大半の人類はまだ馬に直接乗っていなかった。
個別の事象で全体を判断してはいけません。

473 :オーバーテクナナシー:03/09/23 23:49 ID:RRQubpE7
頭蓋骨に穴あける手術受けようぜ

474 ::03/10/01 11:23 ID:/VtyA13Y
一部分だけの才能を肥大化させれば良い。
一部分ではなく全ての能力を大きくさせようとすれば、普通の人間になってしまう。

絵を描く天才といわれた山下清。あの人の知能指数は68.
山下さんに普通の教育させたら、平凡な劣等人になっただろう。
絵を描く才能だけを伸ばしたから天才と言われるようになった。

475 :オーバーテクナナシー:03/10/01 14:43 ID:/HGhHuMa
天才の脳って、普段から極限まで使っていて疲れやすいものなのかな?

476 :オーバーテクナナシー:03/10/01 15:22 ID:/HGhHuMa
天才型の人は睡眠時間が長いと聞いたことがあるけど、実際のところどうなんだろう?

477 :オーバーテクナナシー:03/10/01 20:21 ID:S9pI2l6h
容量が大きいHDDの方がデフラグに時間が掛かるんでしょ。

478 :オーバーテクナナシー:03/10/02 10:06 ID:BESZbiJ1
>>474
レオナルド・ダ・ヴィンチや、スウェーデンボルグのような例もあるが・・・

479 :オーバーテクナナシー:03/10/02 19:08 ID:ZH3SU1fR
DHAを大量摂取しながら、今の自分の脳では考えきれないことを一日中考える

480 :オーバーテクナナシー:03/10/02 20:05 ID:nZaiUSPW
エジソンが天才だなんて思ってる時点で天才を語る資格はないな

481 ::03/10/03 22:55 ID:+qn2wb0a
>>476
ナポレオンは毎日3時間の睡眠。
あんまり寝すぎると水分が不足してきて血液が濃くなり、血の巡りが悪くなる。

482 :オーバーテクナナシー:03/10/03 23:26 ID:7QPkRqcx
天才は、天才になりたいとは考えない。私のように。
天才になりたいと言った時点で、
>>1
は天才になれない。

483 :探求者:03/10/04 00:07 ID:/X71EVr4
>>1やっぱり1段上の神だよ。神業ってあるでしょ。その域までいかなくっちゃ!

484 :オーバーテクナナシー:03/10/04 00:12 ID:OvsxaQNP
確かに天才が天才になりたいとは言わないな。
だが天才になろうとして天才になった人間はいるらしいが。

485 :オーバーテクナナシー:03/10/04 03:39 ID:KXP/RVUk
テレビでしてたけど、うとうとした時って結構いい発想が生まれるんだって。
口にスプーンをくわえて寝て、うとうと状態になったら、口の筋肉が緩んで金属のおわんに落ちるようにセットして眠るらしい。ダリだったかな。

486 :オーバーテクナナシー:03/10/04 07:34 ID:OvsxaQNP
>>485
現実を超過した映像を思い描けるだけであって、
それ相応の技能がないと何の意味もない。

絵画もそうだし、あと分子の六角のヤツ思いついた人もいた。

487 :オーバーテクナナシー:03/10/04 10:51 ID:LWqt3vPc
>>1
簡単だ


        た  く  さ  ん  勉  強  し  ろ!!!!!!!!!!!!!!

488 :オーバーテクナナシー:03/10/04 16:07 ID:KOjuvE16
馬鹿と天才は紙一重と言うからな。
>1は紙一重で天才になれるということだ。まあ、がんばれ。

489 ::03/10/05 18:02 ID:hwY54DKg
現代日本の画一的教育は天才になれる素質のものを凡人にしてしまう。
数学が得意だったら、とことん数学を究めるべきだ。
数学の天才を変人扱いして、画一的教育で凡人にしてしまう。

490 :オーバーテクナナシー:03/10/05 23:47 ID:xBpX/LTb
学校の教育云々ではない。
親の教育が問題だ。

天才が学校によって凡人と化してしまうならば、
六年間皆勤賞の天才が存在する事に矛盾があるからな。

491 :オーバーテクナナシー:03/10/06 03:11 ID:dai0ekNY
共産主義思想と闘おう。スレ違いか。

492 :オーバーテクナナシー:03/10/06 08:25 ID:DSoFv4Lx
天才にとって、学校はママゴト遊びみたいなもんだよ。

493 :オーバーテクナナシー:03/10/14 13:51 ID:Sg9bL8xF
>>1
99%努力することだ。

494 :オーバーテクナナシー:03/10/23 13:17 ID:sjGNzicf
「天ぷら」をうまく揚げる「才能」があるやつが
天才!

495 :オーバーテクナナシー:03/10/25 01:06 ID:tkSKdvKL
点心+根菜=てんさい(新メニュー)

496 :オーバーテクナナシー:03/10/26 14:06 ID:wBeyLO4T
指回し運動をするといいらしいよ

497 :オーバーテクナナシー:03/10/26 14:21 ID:gHlAqzW+
>>1
>天才になって後世に語り継がれたいのです。

自ずからそのように打算的な考え方をした時点でもうすでに
後世に名を残すことはムリなのでは?

まあ、天才は生まれつきだろうから、生まれてしまってはムリなので、
地道に世のため人のためになることを実行しつづけて、運がよければ
世に認められることもあるだろうけど・・・。

もしかして、厨房?



498 :オーバーテクナナシー:03/10/26 19:43 ID:R5zczfeW
アインシュタインは右利きのようです。

499 :494:03/10/26 19:58 ID:lqItNq3V
てんぷらをうまく揚げれるように
練習シル!

500 :(;゚д゚)ァ.... :03/10/26 20:23 ID:O8swd+UM
500(σ ̄ー ̄)σニヤリゲッツ

ズサ━━━━⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!
ズサ━━━━⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!
ズサ━━━━⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!
ズサ━━━━⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!
ズサ━━━━⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!


501 :オーバーテクナナシー:03/10/27 20:58 ID:SocGwM8x
凡人と天才は理解しあえない。


502 :オーバーテクナナシー:03/10/28 08:55 ID:20dn6UC9
天才ってなれるもんじゃなくって
生まれつきってやつだろ?
もし「才能判別機」みたいなんがあって
その人にはどういう職業が向いているか、どういう職をやれば
自分の中の才能が発揮できるかがってのを検査する機械が
あれば進路決めるときとかも楽だなぁ

503 :YOSHIKI:03/10/28 16:22 ID:fVCZobMI
HIDEがあのフーマンチュウ博士だったのか?
そして彼は人工脳でハルマゲドンをおこすのか?
人工脳をめぐる物語。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/1296/sanf.html

★★YOSHIKI様のピアニストを撃て!!★★  

諸君!!
現代世界最高のピアニストで作曲家の
わたくしこと元 X JAPANのYOSHIKI様が
お勧めのピアニストについて熱く語る!
諸君もお勧めのピアニストについても色々書いて
音楽に関する情報を提供しろよ!
ほかにも文学、社会、科学などを熱く語り合おうではないか。
実は私はt.A.T.u.の大ファンだ!
また日本に来てくれよな。
書き込み待ってるぜ。

http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=perform&vi=1046163268&rm=100

■▼■▼■▼■▼■▼■▼■▼■▼■▼■▼■▼■▼■▼■▼■▼■▼

504 :オーバーテクナナシー:03/10/29 06:17 ID:HBMvSfNX
周りのIQを下げていけばIQ95な>>1でも金田一少年並の>>180になれるよん

505 :オーバーテクナナシー:03/10/29 11:20 ID:Q6WGX4+s
ここで聞けば?天才がいっぱいいる・・・と思う(物理版)
http://science.2ch.net/test/read.cgi/sci/1066214188/l50

506 :オーバーテクナナシー:03/10/29 16:00 ID:vcl/BUso
頭を強めにぶつける。電気を流す。 

507 :オーバーテクナナシー:03/10/29 22:42 ID:cNAJr+9K
毎日天才になりたいと強く願う
すると、体質が変わって天才になります
努力する必要はありません。強く願うだけです

508 :オーバーテクナナシー:03/11/05 05:54 ID:sb7Z1QRe
願う、つってもイメージを持ってないと効果は無いような。
目標に進む際、様々な問題に出くわす。そんな時、「天才なら、どう行動するか」と
考え実行すれば、天才になれる…かも。

思うに、天才とは文明の象徴であり、エンターテイナーだと。

509 :オーバーテクナナシー:03/11/26 01:00 ID:xsbqq9dK
>>508
そんなチマチマ考えてるから天才になれないんだよ。
もっとガツーンと行け。そして頭を強めにぶつけて、電気を流せ。

510 :オーバーテクナナシー:03/11/26 22:40 ID:sHJTYwk0
スーパーハッカーって天才じゃなくてもなれる?

511 :オーバーテクナナシー:03/11/29 12:19 ID:GIu9djem
↑お前ならできる

512 :オーバーテクナナシー:03/11/29 14:28 ID:jpawSf/t
>>510
ハッカーになりたいんならともかく、
スーパーハッカーなどといういかがわしいものになろうとするな。

513 :オーバーテクナナシー:03/11/29 17:08 ID:GIu9djem
>>512
スーパーハッカー、ハッカーって何?

514 :オーバーテクナナシー:03/11/29 21:38 ID:uetABlGY
俺はネットハッカーですけど、何か?
ttp://www.jnethack.org/jnethack.html

515 :オーバーテクナナシー:04/01/03 22:28 ID:TCn/1YUr
短い(1単語〜1フレーズ)アナグラムの問題が一瞬で解けるってのは
どういう種類の才能なんだろう?
・・・って板違いか。

516 :オーバーテクナナシー:04/01/03 23:02 ID:MWwiN46U
>>298
受験数学は当てにならないよ。
数学板には受験数学が得意で数学科へ進学
人生あぼーんのヤシが腐るほどいる。

517 :住田君:04/01/07 21:31 ID:DM9wpcBM
つまんないかもしれないけど、
普通が一番幸せだよ。

518 :オーバーテクナナシー:04/01/08 00:42 ID:PXBb2/Ej
>>463


iQ156より

519 :オーバーテクナナシー:04/01/09 00:07 ID:VWTlQgLQ
俺が今の知識と経験をそのまま持って小学4年生の子供になれば、知能指数
200オーバーの神童と呼ばれることだろう。
クラスでは浮きまくってまともに話しの通じる友達も出来ないだろうが。

天才ってのはそういうもんだ。
地球人が自分以外みんな小学4年生だったら生きててつまらんだろ?

520 :オーバーテクナナシー:04/01/09 00:46 ID:ffr6He2m
ドカタのバイトしてみ。

>自分以外みんな小学4年生だったら

そんなかんじだよ。

521 :オーバーテクナナシー:04/01/14 10:14 ID:z0LCf/MC
天才に成りたければ天才になろうと努力することだ。
人が1の勉強をするところを10の勉強をする。
人の10倍知っていることになる。
人と同じことをしていて天才になれるわけがない。

522 :オーバーテクナナシー:04/01/20 17:59 ID:XLI9gXIJ
アニオタの話題が出たけど
天才なんてほとんどはキモイ人間だよ。
端から見ている分には良いけど、身内にはしたいくないタイプ。


ところで、マイケル・ジャクソンは天才だと思うのだがどうか?

523 :オーバーテクナナシー:04/01/21 07:32 ID:uONi0gTa
マイケル・ジャクソンも部分的に天才。
パソコンも部分的に天才。
人は誰でも部分的に優れた能力が有り、部分的に天才。

524 :オーバーテクナナシー:04/01/26 20:42 ID:gn/Ax1Us
天から与えられた才能だから天才なんだよね。
ってことはやっぱり生まれつきの能力がすごい。
激しく既出だが
生まれた後に天才になりたいって言っても無理。
死んでリセットするか。
必死で努力して秀才で我慢するか。

525 :オーバーテクナナシー:04/01/27 01:41 ID:Lu1yu46e
形意拳の尚 雲祥なんかは努力で天才と呼ばれるようになった人だ。
不器用だったんで崩拳の型しか憶えられず、だから何年も崩拳しか
稽古しなかった。

その結果、崩拳だけでどんな相手も倒せるようになっちまったんだから
もう天才と言うしかないだろう。
それとも不器用も才能の内だってか?

526 :オーバーテクナナシー:04/01/27 10:11 ID:GQOu2/BJ
有名人が天才だと思うなかれ。
人にそれぞれ他の者とは異なる能あり。
天運に遇いてこそ能は輝けり。
輝かざるを以て能の無さを嘆くなかれ。
天運を待つうちにこそ能を高めよ。
さすればいつしか天運に遇いて、人是を天才と呼ばん。

527 :オーバーテクナナシー:04/01/29 05:53 ID:yeLw4IgU
>>526
いやまったく。

528 :オーバーテクナナシー:04/02/02 01:16 ID:LmqlAMom
>525
その話、俺も聞いたことがあるよ。好きな話だ。


529 :オーバーテクナナシー:04/02/02 01:34 ID:LmqlAMom
>526
 たしかに、先生の言うとおりなんだとは思うんですが、自分自身の能ってやつがなんなのか、簡単に掴めるものなんですかね。
人間ってそんなに、自分を客観的に評価できるものとは思えませんが。
下手の横好きっていう諺もありますしね。

530 :オーバーテクナナシー:04/02/02 01:34 ID:LmqlAMom
>526
 たしかに、先生の言うとおりなんだとは思うんですが、自分自身の能ってやつがなんなのか、簡単に掴めるものなんですかね。
人間ってそんなに、自分を客観的に評価できるものとは思えませんが。
下手の横好きっていう諺もありますしね。

531 :池田 進:04/02/02 02:25 ID:Vd54ro5L
天才の方達は天才となって世に名を残すなんて考えなかった。

その分自分の研究テーマ一筋に生きた人たちなのである。

この世で不自由しないのは”問題”です。つまり、60億の人間それぞれ
に個々の研究テーマをわりふっても余りありだ。

自分の研究テーマを見つけようじゃないか。

最後に一言・・・”胸算用は裏目に出る”(マーフィーの法則より)


532 :オーバーテクナナシー:04/02/02 09:09 ID:RQuxGIJi
自分の利益のことばかり考えていると、頭はだんだん悪くなります。

533 :オーバーテクナナシー:04/02/02 12:42 ID:jHQ/Y4jk
>>532
禿同

534 :オーバーテクナナシー:04/02/02 18:01 ID:R3BSVUxX
天才っていうか頭のいい奴は、生まれつき決まっていると思うよ。
確立から言ってバカから頭のいい奴が生まれる可能性は低い。
親が東大の家庭は子供も東大っていうパターンが多いし、
「おまえは我が家の落ちこぼれだ!」と言われるような奴でも、
それでも早稲田や慶応ぐらいには行っているし・・。
何のかんの言っても、やっぱ遺伝や家系ってあるよね。
トンビが鷹を産む・・・ってことは稀有だね。


535 :オーバーテクナナシー:04/02/02 20:16 ID:bj1KFhUZ
>>534
東大・早稲田・慶応行ったやつが天才になるのか?
世の天才と言われる人はある意味落ちこぼれが多いのだが。
君は学歴主義かい

536 :オーバーテクナナシー:04/02/03 00:30 ID:Ww4KD/Hu
>>534
そりゃあ効率良くノーミソ使う方法を親から学ぶだけなんだよ。
確率的にゃあ生まれた時はみな平等。
その後の教育次第で落差ができちまうのさ。

537 :オーバーテクナナシー:04/02/03 02:04 ID:INiBLgvO
多少、受験秀才と付き合ったことがあるのだが、なんか「よく憶えたね」
と誉めたやりたい気持ちになるだけだった。
天才って、今までになかったものを作る奴のことだろう。
そんな奴は、どこにいるか分からない。受験秀才の中にも、プータローの
中にも、ほんの時々いるんだろう。
まあ、菊川怜とHikkiの違いって事かな。


538 :オーバーテクナナシー:04/02/04 20:26 ID:YDEf5RtH
天才の敵は無宗教ということもありうる。
ケースバイケースで逆もありうる。
天才なんて相対評価だよ。


539 :オーバーテクナナシー:04/02/04 20:50 ID:Lu1B64zo
青色LEDの中村氏も日本の受験制度を批判していたな

540 :オーバーテクナナシー:04/02/04 20:54 ID:Lu1B64zo
そういえば大昔、優れた人の子供が優れた業績を出す確率は1/3とか言った人が居たらしい
その研究はアヤスィものではあるが、優れた業績を出した人が先天的にアフォな子供を作ることも確率としてはある
人間の場合は生まれた後の教育も大事であるので、優れた親の元で努力せずに育てばそれは人並みになる可能性も高い

541 :オーバーテクナナシー:04/02/04 21:01 ID:huW2T2td
モーツァルトは35年の生涯で600曲もの曲を残し、ピカソは91年の生涯で5万点の絵を描いた。
いわゆる「天才は量をこなす」というのは真実であろう。
努力家であることは天才の必要条件。(十分条件ではない)

つーわけで、まず努力しる。>>1
それでやっとスタートラインに立てる。

542 :オーバーテクナナシー:04/02/04 22:15 ID:Fgr30+1m
うちの近所のじいさんでもう亡くなった人の話ですがもともと読み書きがやっとできる
程度の人で若いころから馬鹿よばわりされてたんですが仕事中(鳶)に落下事故で頭を
強く打って名前も分からないような記憶喪失になってしばらくふらふらしてたんですが
その後また何かで頭を強打して、今度は過去の記憶を取り戻したばかりか急に天皇家の歴史を
研究し、出版すると言い出して図書館通いを始めたり史跡を訪ねたりし始めて人格が完全に
変わってしまいました。
結局志し半ばで亡くなりましたが回りの人はかなり驚きました。
うちのじいさんはその人のことを小さいころから知ってましたがその人が勉強とか探求とか
いうこと関わったのは見たことがないと言ってました。
その人が残した文章が非常に立派だったらしく、家族でさえ、手紙も書いたことなかったのに
とか、こんな漢字を知ってるはずがないとか言っていました。
実際は辞書を引きながら寝る間も惜しんで研究していたといいますが、単に記憶や計算という能力だけでなく
脳のショックで人格まで変わることがあるんですかね?



543 :オーバーテクナナシー:04/02/04 22:16 ID:p/9z+buU
非凡は平凡なり、平凡は非凡なり。

544 :オーバーテクナナシー:04/02/04 23:46 ID:fkEY3fGH
右脳鍛えろ。

545 :(;゚∀゚):04/02/05 04:12 ID:OXGUcnCj
何故、ベストを尽くさないのか・・・

この一言に尽きると思う。

546 :オーバーテクナナシー:04/02/09 21:54 ID:PJ+d97q2
ベストを尽くして荒らし

という椰子もこの世にはいると思われ

547 :オーバーテクナナシー:04/03/09 10:47 ID:HuEiW4fM
>>518
問題の製作者です。答えは正解です。
根拠は?

548 :オーバーテクナナシー:04/03/09 11:18 ID:/ZQWtZeL
天才と擬似天才は違うのだよ。
天才ってのは頭のねじが一本生まれつきぱかーんと外れてて
それが才能と直結して質的変化を起こして成果を生み出す。
擬似天才は人生のとある時期、思春期とか極度の環境の変化とかで
ねじが一時的にぱかーんと外れて
才能と連結して成果を生み出す。才能の質は一般人とさほど大差は無い。
また一時的なものだから、いずれ才能の枯渇という現象に直面して
自殺とかするわけだよ。

狙うなら後者の方だな。DQNになればねじは外れる。

あと、反天才てのもいるけど、これは素人にはお薦め出来ない。
ひとつの事をこつこつと何十年もやって、世間様にバカにされ
報われもせず、記憶もされないけど
後で振り返ってみればその人のやった事が実に重要だったとわかるタイプだ。
この人は端から見ればものスゴイ努力をしてるように映るけど
本人は努力している積もりはないんだな。やるべき事をやってるだけ。


549 :オーバーテクナナシー:04/03/15 23:39 ID:wX8CtBlL
天才とは聖徳太子のことだよ!
十人の人に同時に話をさせ、それを聞いたあと
一人一人に的確な答えをだしたという。

550 :オーバーテクナナシー:04/03/21 01:02 ID:lFZ5rXHT
天才になりたいのは
時間が惜しいからだ
自分の望む全てにおいて天才であれば
人生の全てに満足して
死んでいけるのではないか?
後悔などせずに死んでいけそう


551 :iQ156:04/04/01 23:49 ID:hUqaMYQm
>>547
>天才ならこの問題も解けるはず。
>1 ( ) 4 7 1
>かっこに入る数字を答えてくれ

数の増え方が1,2,3,4,・・・と
なっていってるけど、その数字の1桁目だけ
しか書かれていない。
1,2,4,7,11,・・・ となる。
11は1と表示される。
よって正解は2

数学者みたいなキレイな証明はできないが、
普通に答えを出すだけならこれで十分だろ。
こんな問題はやさしい方だよ。
根拠を聞くところを見ると、難しい問題だと
思っているきがするけど。
それとも、どういう発想をしたのかを聞きたかったのかな。
究極の発想は極めてシンプルになる。
無駄をどれだけ削ぎ落とし、本質を掴めるかがカギかな。

これでいい?

552 :少年A:04/04/03 20:07 ID:UtQl4r63
コピペアフォハケーン(・∀・)>>551

553 :オーバーテクナナシー:04/04/06 14:42 ID:rO+V0WaF
仮に、凡人の私が100年前の世界にタイムスリップしたとして、
その100年前の世界で、100年後(現代)の未来像・知識などを
世界に発信した場合、凡人の私は100年前の世界では
天才扱いされるのでないだろうか?

「天才」が、周りの知識レベルと相関するのであれば、
「自分以外の全人類を阿呆にする」
これが天才になれる方法だと思います。

「馬鹿こそ真理」と説く宗教かなにかを興して、
全世界に布教するのが近道です。

554 :オーバーテクナナシー:04/04/06 14:48 ID:I8L1fT9K
100年だと、理解されずに死ねる可能性が高いよ。
20年か10年が手ごろ。
経済や株の未来予測天才に簡単になれる。

555 :オーバーテクナナシー:04/04/06 15:30 ID:qufQuS4I
天才とは逆だけど、「極端にどんくさい人」を見てると
右脳と左脳の使い方が逆になってると思うことがある。

556 :オーバーテクナナシー:04/04/06 16:56 ID:0Su4o476
現代人が江戸時代に行けばある程度天才に見えるかな?

557 :オーバーテクナナシー:04/04/06 17:02 ID:I8L1fT9K
生活基盤が無いから、変人に見られて、死ねる可能性が高いと思われ。

558 :オーバーテクナナシー:04/04/06 18:40 ID:YaSNG18P
エジソン曰く 99%の努力と1%のヒラメキ。
1%のヒラメキが無ければ努力は無駄になるという事でおk?

559 :iQ156:04/04/07 08:04 ID:9HLwwVVa
>>552
全くコピペでは無いんだが。
読みとれないアフォハケーンw

>>558
世間にはねじ曲がって伝わったみたいだが、
エジソンが本当に言っていた言葉は
「99%の努力も1%のひらめきが無ければ無駄になる」
ということだったらしい。
罪作りなねじ曲げ方をした奴がいたものだ。

560 :オーバーテクナナシー:04/04/07 09:35 ID:SqeYggvo
『π』っていう映画みたけど、凡人の俺にはサパーリですた。
天才が円周率を求めて壊れてくっていう内容ですた。

561 :オーバーテクナナシー:04/04/07 10:02 ID:wjhMoYCQ
君は何を求めて2chに来ているんだ。
2chに期待しすぎるもんじゃない。
2chとは、殺伐とした雰囲気で冷めた目読み流していくものだ。
時にはいつ何時、刺すか刺されるか分からない緊迫感が
コンピュータのスクリーンとキーボードを通して
伝わってくることもあるがな…。

562 :オーバーテクナナシー:04/04/07 18:34 ID:HY/ujA7/
つーかなんでヒトラーなんだ?>>1

563 :オーバーテクナナシー:04/04/08 08:11 ID:Wh7Odc3i
>>1=ナチスの宣伝省に騙されたアホ

ヒトラーはぜんぜん天才じゃないだろ。
ユダヤ人をホロコーストで大量虐殺して、
自分の書いた本を読ませて国民洗脳して。
それが天才なのだ、なんて信じてる>>1
たまにはその節穴EYEで歴史を見てみたらどうだ。

564 :オーバーテクナナシー:04/04/08 09:43 ID:0hHey6TR
>>563

国民を洗脳するのは馬鹿ではできない



565 :オーバーテクナナシー:04/04/15 15:30 ID:PPPRp9dy
天才って世の中で生きるの大変だろ
小学校のうちから、教師の定めた枠からはみ出たら怒られる
ほかの奴らと着眼点が違うと変人扱いされる

どんどん人間歪んで行くよ

566 :寂寥 ◆rKS.l0n2SU :04/04/16 05:36 ID:HVZxDLyi
私、天才を自覚した天才ですが、もう死ぬしかないようです。
誰か助けてください。お願いします。

567 :寂寥 ◆rKS.l0n2SU :04/04/16 05:45 ID:HVZxDLyi
ageときます。宜しく。天才は病名であり罪名です。呪われた私に真の愛を...

568 :寂寥 ◆rKS.l0n2SU :04/04/16 17:10 ID:HVZxDLyi
やはり救いは無いようですね。

569 :オーバーテクナナシー:04/04/16 17:36 ID:WNW2gBeM
↑まずはどういう点で天才なのか主張してみなさい

570 :オーバーテクナナシー:04/04/16 17:43 ID:PIX+A2JQ
>>565
たった一人でも理解者がいれば、実はそんなに歪まないと思う。
天才は、教師よりある部分の洞察力がずっとすぐれてるんだから、
なぜ教師がそうした態度に出るのかわかるんだと思う。
大人が子供を見るのと同じだと思う。まわりがある意味、とても幼く見えているはず。

571 :寂寥 ◆rKS.l0n2SU :04/04/16 18:05 ID:HVZxDLyi
>570
共感します。しかし、その洞察力が苦痛の源泉です。
私は天才を自覚した天才です。と書き込みましたが、冗談ではありません。
大概のことは、直観します。世の中の言語活動は苦痛です。

572 :寂寥 ◆rKS.l0n2SU :04/04/16 18:43 ID:HVZxDLyi
>>569
>↑まずはどういう点で天才なのか主張してみなさい
天才性は主張しうるものでは無いと思います。
いろんな天才性があると思いますが、私の場合は、他者と明らかに違うのは、
実存的な能力だと思います。何十年も掛けてそのような結論にたどりつきました。
両手利き、両脳利きで、どんな学問でもそこそこにはあまり努力せずにこなせます。
しかし、与えられた才能を十分に使わない事に対して、常に罪悪感を感じます。
子供の頃には、読心術的な事も出来ました。心で思う事がその通りになってしまうのです。
こんな恐ろしい事はありませんよ。自分を裏切る事は出来ません。常に監視されている感じです。

573 :オーバーテクナナシー:04/04/17 10:32 ID:YymZst8y
俺は未来を想像することに関して天才だけど
人と関わるのを極端に嫌う傾向があるからだめだな。
今実現してるしてないに関わらず最新の技術は
それを知る以前に既に俺が想像済みのものだった物が腐るほどある。
普通の人間がアイデアや解決策を出すのに何週間・何ヶ月かかるものを
1日でやり遂げる自信がある。

574 :オーバーテクナナシー:04/04/17 11:17 ID:d6cRbowy
>>573

>今実現してるしてないに関わらず最新の技術は
>それを知る以前に既に俺が想像済みのものだった物が腐るほどある。

こんなの誰でもそうでしょ。
そのアイデアを実現するのが最も難しい。

>普通の人間がアイデアや解決策を出すのに何週間・何ヶ月かかるものを
>1日でやり遂げる自信がある。

ググッてるだけでしょ?
じゃないなら具体例を挙げてみて。

575 :オーバーテクナナシー:04/04/17 11:39 ID:kf5NeGe0
自称天才が居る、頭の弱い人がいるスレはここですか?

576 :寂寥 ◆rKS.l0n2SU :04/04/17 12:02 ID:+AoXxQGn
天才は自称でしかあり得ないでしょ。他称なら重篤でない病ですね。

577 :寂寥 ◆rKS.l0n2SU :04/04/18 00:05 ID:yGSoM7/+
>1 どうすりゃ天才になれるんですか?
天才はなるものではない。ならざるをえないもの。

578 :オーバーテクナナシー:04/04/18 16:41 ID:Q7YOCsqa
>>574
お前には返答する気がおきないな。出直して来い。

579 :オーバーテクナナシー:04/04/18 19:33 ID:C4f5WHP8
>>578
要するにハッタリなんだろ?

580 :寂寥 ◆rKS.l0n2SU :04/04/20 13:59 ID:6wo6pGHM
天才とは未来であり、対話をする意志を有しないものは、畢竟全てを失うであろう。


581 :オーバーテクナナシー:04/04/20 14:23 ID:fTWcwDeF
脳みそプロテインみたいなのってないですか?
脳をきたえやすくするみたいなやつ。
プロテインはたんぱく質だってわかってるけど、なんとなくプロテインっぽいやつ

582 :オーバーテクナナシー:04/04/21 16:52 ID:ItOjm5Ue
天才は薄情が多い


583 :オーバーテクナナシー:04/04/21 16:54 ID:ItOjm5Ue
もう一つ天才や、研究者たちは、不潔が多い。
エジソンが言った言葉
「金金と言ってる奴ほど頭が足らない資本主義者だと」
分かりますか?この意味

584 :オーバーテクナナシー:04/04/21 17:37 ID:cOkJxi+z
自称天才の中には中途半端な思い込みが多いな
たとえば>573みたいな奴は
「携帯電話とインターネットを使って大型コンピューターに
アクセスして音声認識、翻訳させれば電訳機になるじゃないか
俺ってなんてアイデアマンなんだろう」
なんて考えたりしているわけだ
でも本当に頭のいい奴は、思いついても
「そんなもの作ったら現在開発中の電訳機が売れなくなって
市場を狭めてしまい会社はリストラ」することになることまで
考えているから思い付いても言わないだけなんだよ

585 :オーバーテクナナシー:04/04/21 19:39 ID:lCZR3hWK
>>584
君が想像した物とも各社が開発に勤しんでる物とも
まったく着眼点の違った翻訳機をたった今想像し終えた。
革命的なアイデアなので書くのはやめとくよ。
イヤホンとそれに繋がる本体という形になるだろうな。
外国人10人と会議する、というような状況でも使えるはずだ。

586 :iQ156:04/05/07 01:32 ID:9HLwwVVa
>>577
それでも聞いてみたいですね。
あなたの頭脳で天才になる方法を挙げるとしたら
どんなものですか?

>>585
あなたにも聞いてみたいです。
天才になる方法を何か思いついたら教えていただけませんか?

587 :オーバーテクナナシー:04/05/09 11:03 ID:Ee3RDdm8
自称天才はもういいから、もっと有益な話をして欲しい
>>425あたりはなるほどと思った。

588 :オーバーテクナナシー:04/05/15 07:33 ID:u5dZi1od
天才とは自称ではなく他人からの評価だろうと思う。
天才は自分を天才とは思わない。なぜならそんなくだらない事にまったく興味が無いからだ。
自称天才はその天才といわれる行動や対象ではなく、「天才と言われる事」に最大に重点を置いている証拠だ。
だから他人から天才と言われようと努力し、時にはハッタリをかます。
努力が実ればある程度は他人を騙せるだろうが本当の天才というか
開拓者は他人とは違う着眼点を持つ変人、キチガイだと思う。
そうでない物事は秀才がこなしてくれる。

589 :オーバーテクナナシー:04/05/19 18:32 ID:cEzUZyl8
結局は薬になるのかも。
筋肉にしても。ブルワーカーとか、アブフレックスとか鍛える素材がでてきたけど、
結局必要だったのは、プロテインとか筋肉増強剤だったじゃん?
普通に鍛えて筋肉つけてもたかがしれてる。脳みそも叱りなんだとおもうぞ

590 :オーバーテクナナシー:04/05/19 19:31 ID:nnSdzZMJ
一般常識を捨て去って
子供のような純粋で豊かな発想力を持つ事だ

とか書いてみるてst

591 :オーバーテクナナシー:04/05/19 21:31 ID:0kMqUwhh
天才ってのはある分野において飛び抜けて優秀な力を
持つ奴のことだろ。
それがあらゆる分野になる奴もいるのかもしれんけど。

ここでは指で触れると1ミクロンだかの機械では
認識できない表面の凹凸を読みとる技をもつ職人を
天才とは呼ばんのか?

592 :オーバーテクナナシー:04/05/19 23:18 ID:rn+C33wy

“天才とは、1%の才能99%の努力である”

トーマス アルバ エジソン Thomas Alva Edison

593 :オーバーテクナナシー:04/05/19 23:44 ID:hFLxAdWv
天才と馬鹿は紙一重

594 :オーバーテクナナシー:04/05/20 23:35 ID:3FsNesBD
>>592
世間にはねじ曲がって伝わったみたいだが、
エジソンが本当に言っていた言葉は
「99%の努力も1%のひらめきが無ければ無駄になる」
ということだったらしい。
罪作りなねじ曲げ方をした奴がいたものだ。


595 :オーバーテクナナシー:04/05/21 19:10 ID:lOsSOglH
その方が夢が持てるからな。

596 :オーバーテクナナシー:04/05/22 14:29 ID:rLtYwxqi
サヴァン症候群の人達を天才というなら
後天的なサヴァン症候群の人もいる。
その人は野球のボールが当たったらそうなったらしいけど、
サヴァン特有のカレンダー計算とかやってたよ。

597 :オーバーテクナナシー:04/05/22 22:29 ID:4yN10j9p
サヴァン症候群ってのは、驚異的な記憶力や計算力だけでなく、
その一方で一般的な人間の生活がおくれないほど、一部分の
能力が欠如してしまう、そういう症状(状態)まで含めて
「サヴァン症候群」というの?


598 :オーバーテクナナシー:04/05/22 22:42 ID:uddWQVS4
あれって超記憶力なんじゃないの? 予め覚えていたのを思い出してるんだと思う、だから先天的なサヴァン症候群の人には規則的に並んだ数字の法則が分からないけどカレンダー計算が出来る(´・ω・`)

599 :オーバーテクナナシー:04/05/22 22:54 ID:+vtINAjS
>>1
ヒトラーは天才じゃありません。精神病です。

600 :オーバーテクナナシー:04/05/22 23:51 ID:QvZ/TM6D
600

601 :オーバーテクナナシー:04/05/23 20:05 ID:Zow6YOx9
 / , ,.-‐i ;::::::-、  !  .;:::::;;;::;、 ; ヽ  ミ  、ヽ、
  〃 ./'i ,,:=:, 、   _ ,:=::.、  .;   ニ  ヾミ、_
  ,!  i l,γ @> ゙:.  .: k @ ミ:、 .i ,:-'   、^ミ=-
  ノ.  !,tゞニ彡'ノ : . ^ミ=ニイ、、  彡ソヘ ヾヽヽ、
/   . レ   /  :. '-、     :,  / ,ソミ:、 〉 )
     | / /ゝ、_ノ..,)ヽ   、 l  i /ヽヾ j λ
     ! ヘノ/ノ川 !.ヘヾ、ミ、 i  :l  ハノ .)ノ人 ヽ、
      !.i^'=ァ〜'T''⌒ナヾヘ !  i /`´
      ヽ、`l  ;  /,/ / ./ノ
        ヾ、i. ;  〃゙  / ,.ノ'´
         ヾゝi_,ノ   ノ/
         ヽ、_,,../゙

602 :オーバーテクナナシー:04/05/29 14:52 ID:0Eq+OvT2
「立体的な構造に物をとらえる」→図形処理 で天才を作るの成功した人って誰?
子供たちみな英才になってるっていうけど。
小さいうちに、立体と図形をたたき込むらしい。「この立体の後ろはどうなってるか」(IQテスト
みたいなやつ)

603 :オーバーテクナナシー:04/05/29 19:09 ID:XY/wptgb
>1
夢も無いのに何の天才になりたいのか?
話はそれからだ

604 :オーバーテクナナシー:04/05/29 19:25 ID:qOWx6KJS
立体図形などで天才にはなれません。
幾何学が得意なこまっしゃくれたガキが育つだけです。
二十歳を超えるころには単なる凡人になります。


605 :オーバーテクナナシー:04/05/31 19:26 ID:P+RvaHDa

自称天才の「寂寥 ◆rKS.l0n2SU 」は、最近見ないがもう天才じゃなくなったのか?

606 :オーバーテクナナシー:04/05/31 19:41 ID:hFd2jZt2
通常の評価では「優秀」程度の成果でも、
悪用すれば「天才」と評価されることもあるな。


607 :オーバーテクナナシー:04/06/27 07:17 ID:CpCm6og1
環境って、かなりあるよ。ユダヤ系、すげーぞ。
アインシュタイン、フロイト、ゲーデル。
日本だったら、「ちゃんと勉強しなさい」
ユダヤ系に共通する教育方針というか、啓蒙というのが
「人と違う事を考えなさい」
和をもって尊しと為すのも悪くはないが、天才という個人が重要視するのは
オリジナリティ→独創への超強い執着心じゃないかと思う。
後は常識はずれのアピール欲と、チャンスを常に伺う姿勢。批判にもめげない心。
がめつさ。


608 :オーバーテクナナシー:04/08/15 17:23 ID:A8EJoLHg
天才とはIQなどで測れるものではなく、常人より一段高いところとつながっている
ものらしい。

609 :オーバーテクナナシー:04/08/15 17:34 ID:cRZXiUpE
何がつながってるの?

610 :オーバーテクナナシー:04/08/15 19:54 ID:A8EJoLHg
あえて言うなら魂になるのかな。

611 :オーバーテクナナシー:04/08/19 17:21 ID:J47CAoUb
いまさらだが>>71
星新一のショートショートに同じようなのがあったぞ
飼い主は猫に愛情を注ぐが
猫から見たら飼い主は「奴隷」としか見られていないって話。
しかもそこに宇宙人がやってきt(ry

要するにもし、動物達にも文化があるというならば(あるそうだけど)
人間よりも高い文化を持っていると思う

人間哀れだな

612 :オーバーテクナナシー:04/08/19 17:35 ID:J47CAoUb
一般的に天才といわれる人

アインシュタイン、エジソン、ヒトラー、エルビスプレスリー、ビージーズ、
アイザックアシモフ、夏目漱石、ひろゆき、星新一、筒井康隆、荒木飛呂彦、
DIO、ブラックジャック、etc...

天才になる方法
1、石仮面をつける→カリスマ性・かっこよさうp、未知の力(スタンド)が芽生える
2、ダイジョーブ博士の肉体手術を受ける→肉体的なものすべてうp
3、みんな、オラに知恵を分けてくれー!→知性うp
4、落ち着け、素数を数えて落ち着くんだ・・・1、2、3、5、7・・・→精神力うp
5、WRRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY!→完了!

613 :オーバーテクナナシー:04/08/19 19:47 ID:cscv229X
普通のことをしていると間違いなく凡人だから
普通じゃないことをしてみるといいよ
善かれ悪しかれ間違いなく普通じゃない発見があるから

614 :オーバーテクナナシー:04/08/21 06:02 ID:RV0rPEoR
えーっと、
どうすりゃ天才になれるかっていうので、私が試した方法をば列挙。
1 逆立ちして複数の暗算を同時にやる。
   あんま効果なかったような。飽きてすぐやめたし。
2 DHA飲んで、逆立ちして、なんか難しい事を考える。
   まあ、効果あるんかも。
3 ピアニストが痴呆になりにくいっという話から、微弱
  な電気ショックパルス機を作り、それを五本の指につけて、
  DHA飲んで黒飴なめて、なんか難しい事をする。
   これはかなり効いた。別に実証テストとかはしてないけど。
   ただ、後で少し感覚的にボーッとなるくらいの代物だった
   ので、三年間で5回くらいしかやってない。痛いから。
   今思うと振動モータの方が良かったな、きっと。
   DHA使ったのは調べりゃ分かる話。黒飴は、糖分が脳に
   対してダイレクトな栄養素だというから。

 今は学習ソフトであの糞しょーもない学校の学習要領を何とかでき
 ないか、プログラム組んだりしてるけどね。

で、結論。頭よくなったかどうかといえば、よくなっただろうけど、
本人が一番やりたがってるものづくりについては、それがほとんど
響いてない。

結局天才ってのは、考えや理想を実現できる、センスの事なんじゃないの?
場面によってどのような選択をするか、どう行動するか、その結果達成でき
る人が天才だろ、きっと。

615 :オーバーテクナナシー:04/08/21 10:03 ID:i5nF+B9G
自分より頭のいい奴を全員殺せばいいんだよ

616 :オーバーテクナナシー:04/08/21 11:03 ID:HzTd5Ezu
>>615
じゃ一先ずおまいは生きてても大丈夫そうだな。

617 :オーバーテクナナシー:04/08/22 15:14 ID:wYAkE+uu
>>612
ひろゆきってネタか?まあパクリ&詐術の天才かもな。

618 :オーバーテクナナシー:04/08/23 05:01 ID:7mvaIVeJ
やりたい事だけをやれ


619 :オーバーテクナナシー:04/08/24 00:50 ID:qx7Qj5/U
>>618
恐らくダメ人間かヒッキーになるだろ

620 :オーバーテクナナシー:04/08/27 03:42 ID:N088tVgJ
日本人って馬鹿ばっかりだな。

621 :オーバーテクナナシー:04/08/27 09:21 ID:mmV7Zzll
自分を見て、他人もそうだと思うなよ。

622 :  ぷぷ!:04/08/27 09:31 ID:mmV7Zzll
  

623 :オーバーテクナナシー:04/08/27 18:14 ID:kw48drQ5
真理に目覚める。

624 :オーバーテクナナシー:04/08/27 18:40 ID:rdypddRI
サバン症候群を人為的に作る。すなわち脳の一部を完全に使わないで、天才になりたいことに没頭する。

625 :オーバーテクナナシー:04/08/29 08:20 ID:RzN5G3np
催眠術師に「あなたは天才あなたは天才」と暗示をかけてもらう。
自分的には天才と思えるから、これ自分的には満足でき、
他人からはアホだと思われ、アホと天才は紙一重と思い込み、
愚民には理解できないことなのだ、と嘆き、それが怒りに変わり、
これ犯罪となって、世の中をめちゃくちゃにするのである、
そこで使った膨大なエネルギーは人の自我の奥底を目覚めさせ、
奇妙な物ができたりして、偶然にも天才となりうる可能が1パーセントあるわけだ。

626 :オーバーテクナナシー:04/08/29 09:15 ID:MFl4AnQJ
私の中にある私を大きく超える何者かに身をゆだねる
彼は何でも知っている私以上に
その声に耳を傾けそれを記せばそれは素晴しい発見だ
世間からは天才と称されるだろう

627 :レイブン:04/08/29 12:04 ID:JJeRmn/o
天才ねぇ
もともと人は、無限の可能性を持っている。
しかし、知的生物特有の物によってその可能性を無駄にしている
常識と洗脳さ。
今までの天才は、何事にもとらわれずに、純粋な発想によって
常識を覆した。
天才の才能は誰にだってある。
しかし、洗脳によって、その道を忘れたに過ぎない。


628 :オーバーテクナナシー:04/08/29 12:17 ID:9SS4xVdp
でもエジソンとかの天才だって立派な親が
いたからこそ天才になれたんじゃない?
今だったら人にヘリウム吸わしたり小屋を燃やしたりするガキはやばいだろ。

629 :オーバーテクナナシー:04/09/03 17:48 ID:7oenXwDE
天才を作り出す方法
親族、血縁関係の近い男女の間から産まれた子供は天才が産まれやすい。ただ俺の知識では理由は知らない。調べれば出てくるんじゃないかな?
しかし、逆に障害児も産まれやすいという道徳的なリスクも存在する。
だから人間含め生命は長い年月を経て障害児を産まれにくくする為に血縁関係に対して性欲を抱かないようなDNAが自然に作り上げられたんだと思う(極稀に例外は有るだろうが・・w)。
本当の天才は超早熟型で親が特に手助けをしなくても自分で勝手に自立していく。
そして幼児時代の環境に影響され興味のある分野を見つけると、それにひたすら没頭する。
凡人が幾ら努力しても秀才にしかなれないのは圧倒的に時間が足りないから。天才は短時間で物事を成し遂げる。
凡人はまず秀才になる為の努力に多大な時間を費やし気づいた頃には大人になっている。または大切な幼児期を秀才になる為の努力で過ごしている。
天才とは産まれていきなり秀才の頭脳を持ち大事な幼少期に自然と天才に進化する基地外だと思う。
新生児(未熟脳)⇒一般的な教育の元で幼児期を経て凡人脳になる。⇒少年期・青年期を経て秀才脳になる(一般に凡人脳のままの人が大多数)⇒膨大な時間が必要な為おそらく天才脳には一生なれない。
新生児(未熟脳)⇒英才教育の元で幼児期を経て秀才脳になる⇒少年期・青年期を経て超秀才脳(仮天才能)になる⇒膨大な努力、または何かのきっかけさえ有れば天才脳になる要素はある。
新生児(秀才脳)⇒幼児期を経て超秀才脳(仮天才脳)になる⇒少年期・青年期を経て天才になる。
もしかしたら産まれてくる新生児の脳にももっと細かいランクがあって色んなパターンがあるのかもしれない。
それと人の成長の過程の中で最も大事な幼児期の期間を長くする事が出来るようになれば天才が沢山出現するようになるはず。
ただ、全てこれらはあくまで自分の考えに基づいての創造なんで実際、正解かどうかは知らない。

630 :オーバーテクナナシー:04/10/12 00:27:10 ID:uCWrVX8Y

天才は人より深く、より深く考え、人より広く、より広く考え、
人より総合的に、より総合的に考えることができる人。
まあ、思考能力の度量じゃないかな?
だから、天才とは、オールマイティでなければならない。
これが基本的条件、これはもう天性しかない。
天才とは才能を発揮するもの、そこらのぼんくらがある日を境に天才に、
成るのです。
けっして天才は作れない、たぶん天才は天才以前に確率でつくられる。

631 :オーバーテクナナシー:04/12/02 13:51:51 ID:8IbGiM3B
age

632 :オーバーテクナナシー:04/12/04 23:02:47 ID:SH0TDgMp
そもそも天才とは「生まれつききわめて素晴らしい才能が備わっている人」のこと。
だからなりたいヤツが凡才なら今からどれだけ凄くなっても秀才でしかない。
まぁ秀才になれれば努力の天才だ。
「生まれつききわめて素晴らしい努力の才能が備わってる人」←天才。
でも結局、努力の天才になれないヤツが凡才なんだから凡才はどれだけ頑張っても凡才だ。
結論:自分の天才っぽい所を如何にして見つけ出して伸ばすかが問題。出来なきゃ凡才やれば天才。

633 :ようやくここまで読んだ...:05/01/29 15:15:11 ID:XooTE05V
このスレは、天才の定義が人それぞれで
話が食い違ったり、具体的な向上方法まで行けてない気がしました。

まず天才の要素を整理してみませんか。

センスとかは話がややこしくなるので、具体的に観測できるもの中心で
考えてみました。 純粋な身体的能力は入れてません。

1.知能面で超早熟        ・・・12歳以下で大学進学など。これが一般的に言う天才?
2.思考が高速          ・・・・会話や理解が速い。所謂「頭がいい」
3.扱える情報が大量      ・・・ジャンルの異なる大量の知識を結びつけるなど
4.優れたひらめき・独創性   ・・・理論・発明
5.優れた感覚/技能       ・・・絵画、職人、スポーツ
6.特定の脳の機能が優秀   ・・・記憶力、イメージ力、暗算など。 サヴァン症候群系。
7.優れた論理的思考      ・・・数学、脳内シミュレーション能力など

634 :オーバーテクナナシー:05/01/29 16:39:31 ID:mXkQQwzh
素質が全てだな
遺伝はあまり関係ない
あとは教育と環境か。

635 :オーバーテクナナシー:05/02/04 00:06:45 ID:80Jrq0y3
「天才」って名前に改名すればよいぞ
戸籍に残るし

636 :四月朔日大助:05/02/09 22:11:14 ID:yuhqFbrr
自分の好きな事をやり続けるってのが一番いい
天才になろうと思わなくていい
アインシュタインやエジソンは好きな事をやってて天才になったんだから

637 :オーバーテクナナシー:05/02/10 01:30:03 ID:fAYoUczx
トレパーネーションどうかな?
マンガの「ホムルンクス」みたいな
ttp://x51.org/x/04/12/1035.php

638 :オーバーテクナナシー:05/02/11 01:03:47 ID:uXmwlZaz
>>573
>俺は未来を想像することに関して天才だけど人と関わるのを極端に嫌う傾向があるからだめだな。
誰も相手にしてくれないから嫌いなんでしょ?
>今実現してるしてないに関わらず最新の技術はそれを知る以前に既に俺が想像済みのものだった物が腐るほどある。
誰でもあるし、それ自体に価値はない。てか想像済みを全部だしてくれ。いくつあるの?俺もバルブトロニック(とゆーかインテークバルブで吸入空気を調節するモノ)をBMWが発表する以前に大学で研究テーマとして出したが小馬鹿にされたよ。おまいさんのも同じレベル。
>普通の人間がアイデアや解決策を出すのに何週間・何ケ月かかるものを1日でやり遂げる自信がある。
自信があるだけで誰も認めてない。なおかつ実際にやった事も試す機会もないと…

639 :オーバーテクナナシー:05/03/04 23:01:13 ID:ON7oi0Hn
天才クイズで全問正解すればいい

640 :オーバーテクナナシー:05/03/04 23:07:51 ID:/JXna8Kd
遺伝子により決まる。
バカがどうあがいても天才にはなれない。
=終了=

641 :オーバーテクナナシー:05/03/05 00:49:44 ID:FogYOv3/
IQ140って天才かな?

642 :オーバーテクナナシー:05/03/05 00:54:12 ID:BDIgYzmJ
ゆうけどテレビでやってんのはインチキだぜ。
150いきましたよぼくは

643 :オーバーテクナナシー:05/03/05 01:27:36 ID:FogYOv3/
いや、塾で計りました。
東大A−S式ってやつ。

テレビのだとヤバ高い数字でた。

644 :オーバーテクナナシー:05/03/05 13:41:06 ID:9+v86Mmr
天才だ 意義なし

645 :オーバーテクナナシー:05/03/05 15:26:43 ID:BDIgYzmJ
その話が本当ならね。

646 :オーバーテクナナシー:05/03/17 23:51:07 ID:/gD0pT1d
「どうすれば歴史に名を残せるか」以前に
「なぜ自分は歴史に名を残したいのか」を考えたほうが有益かと

647 :オーバーテクナナシー:05/03/18 12:45:53 ID:9qQluKIP
頭いい人が天才なのか、努力できる人が天才なのか・・。

648 :オーバーテクナナシー:05/03/18 19:45:31 ID:vQW1zwK1
頭が良く努力できて運がある人が天才。


649 :iQ156:05/03/18 20:25:59 ID:ZZLqzbQD
IQが高くても天才ではないぞ。
人の倍考えて、人より先を考えていたとしても
周りがついてこれなければ浮いてしまうだけ。

それに情報が足りなければ堂々巡りの考えに一人で陥ってる。
IQの数値はあまりあてにはならんぞ。
ま、力を発揮できる場所を確保できるならいいのかもしれんけど。

650 :オーバーテクナナシー:2005/05/06(金) 17:26:07 ID:BIzs1Oxd
IQ140以上が天才と言われる所以は、ノーベル賞の受賞者に今まで140以上の人が
(判っている限りでは)存在しなかったから。
極めて曖昧な根拠だね。

あと、IQの高い人は数学者には向かない。
IQ高い=頭良い、は迷信。

651 :オーバーテクナナシー:2005/05/07(土) 00:17:31 ID:bEKyIV/H
死ね

652 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 14:12:33 ID:iLsF2382
>>287
>エジソンもアインシュタインも不当に神格化されすぎてる気もする。

ドーイ。ディラックやノイマンあたりと比べるとあまり天才って感じしない。
相対論は当時「火中の栗」みたいなもんで、やばいから誰も拾わなかった。
それをアインシュタインが拾えたのは若くて失うものが何もなかったから。
そこらへんの俗物性が昨今の「相対論は間違ってる!」を招来してると思う。

653 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 14:15:11 ID:iLsF2382
「相対論は間違ってる!」ってのは
「アインシュタインが天才ってのは間違ってる!」
って事なんだと思うよ。

654 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 14:38:28 ID:iLsF2382
天才は、何をしたかではなく、
したことの責任をどう負うかにかかってると思う。
自分がしたことの重大さにびっくりして失語症になる(ガウス・ディラック)
とか兵器開発や軍事顧問を買ってでる(ノイマン)とか。

ちなみに量子力学が社会に与えた影響は次の通りである。

量子力学の成立→周期律の説明→金の神秘性剥落→金本位制の崩壊
→世界大恐慌→社会の混乱→ファシズム台頭→世界大戦・冷戦構造
→管理通貨制度

655 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 14:56:18 ID:+wPR89cz
妄想入ってるな

656 :オーバーテクナナシー:2005/05/09(月) 16:19:13 ID:IcllOjIF
たまたま遭遇したチャンスを目ざとくゲットする俗物性(即物性)を
天才とかいっちゃいけない。原石発見ではなく原石研磨にこそ天才が
要求されるのだ。偶然の産物をたいして磨かずに安売りして大衆の
人気者になったところで仕様がないのだ。

657 :オーバーテクナナシー:2005/05/09(月) 22:05:03 ID:QbLxpHwB
(単に)賢い人が秀才。
右脳の境地を見出した人間が天才。

658 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 23:22:35 ID:mZXl5A9v
ちゃんとした科学的予言をしなさい、そして、それが将来証明されれば

  天才

659 :オーバーテクナナシー:2005/06/18(土) 19:56:29 ID:wP0+k/wd
てんさいあげ

660 :オーバーテクナナシー:2005/06/25(土) 19:03:50 ID:QpqHcBhg
天才は生まれつき備わる能力ですから
後天的には絶対に身につかないのです
後天的は秀才にかわります

661 :オーバーテクナナシー:2005/06/26(日) 11:49:24 ID:VQyRrlTT
縦割り社会の弊害・・・

662 :平凡ちゃん:2005/07/24(日) 17:28:36 ID:55PNcauf
天才でなくても幸せな人生は送れるのではないでしょうか??
いくら天才だからって絶対幸せときまってるわけでもないし。。。
まぁ、その人の生き方で人生が決まるんでしょうけど。
わたしは生まれつきの天才でなくて苦労を積み重ねた人の方が立派だと思います。


663 :オーバーテクナナシー:2005/07/24(日) 18:55:14 ID:UIhDsSOr
東大生の脳は皆アイシュタインでしょうか。
一般人と相違した特殊な脳内構造してるのか。

664 :オーバーテクナナシー:2005/08/20(土) 00:37:54 ID:+/Gt3FTw
阿言宗に入って、虚空蔵菩薩求問持聡明法を習得する。
高岡英夫の弟子になってDSトレーニングを受ける。
等かベスト。真偽は保証出来ませんが

665 :オーバーテクナナシー:2005/08/20(土) 15:03:25 ID:0Ph+PLk2
Q 
どうすれば天才になれるのですか?


A 
健常者なら、訓練すれば誰でもなれます。

666 :オーバーテクナナシー:2005/08/20(土) 18:01:44 ID:1ViaFFy3
いいことを教えてやろう。

>>1よお前はユダヤ教に改宗するんだ。
ユダヤではミサはヘブライ語で行わなければならない
よって自国語とヘブライ語の2つの言葉を使いわけると
脳が通常より発達する。

■それと、モーツァルト音楽を聴け、特にオペラだ。
モーツァルト音楽は脳が発達しやすくなるのは知ってるな
更にこれにオペラのドンジョバンニ(イタリア語)と魔笛(ドイツ語)
のオペラ全曲版CDを聴くんだ。
DVDの映像版はだめだ。音声だけで理解するんだ。
そうすれば>>1は自然にイタリア語とドイツ語が身に付く

■とりあえずアメリカに移住して自然に英語を身につけろ。

こんだけすれば、>>1の脳は確実に発達する。

667 :オーバーテクナナシー:2005/08/21(日) 08:36:02 ID:M7Teei/+
天才ってのはこういうやつだ。
一度読んだ本の内容は忘れないし、何ページに何が書いてあったかまで
詳細に覚えている。小学生の頃、微分方程式を解いたりしながら
過ごしていたら、いつのまにか東大理Vに入学しており、気づけば
十数言語を操れていた。おもいあたるふしがないやつは凡人確定。

668 :オーバーテクナナシー:2005/08/21(日) 13:04:58 ID:f7XaGAX9
>>1
毎週金曜日に「ドラゴン桜」を見ろ

669 :オーバーテクナナシー:2005/08/21(日) 13:28:41 ID:P8liHFp1
Q どうすりゃ天才になれるんですか?






A苦労しないで天才になりたかったら、DNA研究を期待するしかない。

670 :オーバーテクナナシー:2005/08/21(日) 23:30:28 ID:Axilliec ?##
>>636

671 :オーバーテクナナシー:2005/08/21(日) 23:32:02 ID:Iwh153tB
>>636
ニュー速からきました
記念カキコ

672 :オーバーテクナナシー:2005/08/21(日) 23:35:52 ID:3Y4X9k+8
>>636
今の心境は?

673 :オーバーテクナナシー:2005/08/21(日) 23:39:52 ID:VpXHez6m
ウヒョー@ν速からきますた

674 :オーバーテクナナシー:2005/08/21(日) 23:41:54 ID:N42pKayn ?###
記念カキコ

675 :オーバーテクナナシー:2005/08/21(日) 23:43:44 ID:h5BI+oxX
>>636
記念火気子

676 :オーバーテクナナシー:2005/08/22(月) 00:38:02 ID:6sY5OsL8
>>636
大好きな犯罪やった感想はどうですか?

677 :オーバーテクナナシー:2005/08/22(月) 01:28:34 ID:Xnj/oUSV
>>636
記念夏期子

678 :スーパーグレードヒッキー ◆iGQELORqHQ :2005/08/22(月) 05:02:42 ID:xHjaQS7M
アインシュタインやエジプトなど俺からすれば凡人に過ぎない訳だが。

679 :オーバーテクナナシー:2005/08/22(月) 05:44:24 ID:ovB/3ZvE
↑エジプト?

680 :オーバーテクナナシー:2005/08/22(月) 08:22:28 ID:ts8sEfer
百マス式をえんえん解く。

681 :オーバーテクナナシー:2005/08/22(月) 18:31:36 ID:Y+0T2Gyv
>>636
記念カキコ

682 :オーバーテクナナシー:2005/08/22(月) 18:53:16 ID:3TPNe+G9
「天才になるには天才のふりをしていればよい」どこかの偉い画家の名言

683 :オーバーテクナナシー:2005/08/22(月) 19:35:31 ID:jgIO7mNN
来世に期待ですな


684 :オーバーテクナナシー:2005/08/22(月) 19:57:20 ID:RKiUsyMk
世の中、あるいは異次元、すべて、
または、ある分野において、すべて共通する何かがある。
それが、電気的にか、記号的にか、公式的、物理的にか
どんな形で共通しているのかは、わからんが、
それをわかる人。

母親の知り合いから聞いた話で、
生まれながら、知恵遅れの男性は読み書きができないから、
学校もほとんど行っていない。
ある日、近所の人がTVが壊れてしまったんで、処分を考えていると、
その男性は、TVをこじ開け、基盤を取り出し、なにやら細かい部品を
いじっている。
しばらくすると、TVが直っていたという。
TVの持ち主はどうやったの?と訊いても首を傾げる知恵遅れの男性。
この男性は電気工などおろか、普通の学校にもロクに行っていないのに。

そんな話を聞いた

685 :オーバーテクナナシー:2005/08/22(月) 21:33:51 ID:N40cdclE
>>636
記念パピコ

686 :オーバーテクナナシー:2005/08/23(火) 00:19:23 ID:9xavi3Re
>>636
記念塑日大助

687 :オーバーテクナナシー:2005/08/23(火) 01:50:58 ID:6iVgYr2f
>>636
記念いわゆるメモリアル書込み

688 :オーバーテクナナシー:2005/08/23(火) 02:13:50 ID:Hz6h1TnH
IQが高きゃ何らかの能力は優れてるんだろうが、地域によって
IQの平均が異なるなど根本的な知能を計っているとは考えられない。

天才と言われる人はしつこいほど未知への挑戦を繰り返すな。そんな事
調べても何にもならないと言われても念入りに調べる。かといって
分からない事は「まだ分からない」と考える。結論を急がない。

天才になるには、その情熱を持つことだ。

689 :オーバーテクナナシー:2005/08/23(火) 02:29:14 ID:NplubqIy
>>636
死ね!クズ!

690 :オーバーテクナナシー:2005/08/23(火) 11:54:24 ID:+JFp9VNA ?#
記念かキコ

691 :オーバーテクナナシー:2005/08/23(火) 18:29:47 ID:JmSm40BE
努力ができません。どうしたらいいでしょうか。

692 :オーバーテクナナシー:2005/08/23(火) 19:47:54 ID:nLmxyb8y
バカと天才は紙一重。

693 :オーバーテクナナシー:2005/08/23(火) 21:42:54 ID:Hu/cjbTF
何か特定の物事に対して偏執的な興味関心をもち、侵食を忘れて没頭できる人
のなかの、トップ層はその分野での天才と呼ばれるだろう。

694 :オーバーテクナナシー:2005/08/23(火) 22:11:22 ID:nLmxyb8y
あまりIQが高いと日常生活に支障をきたすと聞いたことがある。普通の考え方ができないからかな?

695 :オーバーテクナナシー:2005/08/23(火) 22:40:08 ID:LcPSRA+p
バカになれ

696 :オーバーテクナナシー:2005/08/23(火) 23:18:01 ID:jIAGJMkc
天才=先天的に人より優れている
凡人がどうあがいたって秀才が限度です

697 :オーバーテクナナシー:2005/08/23(火) 23:20:19 ID:/QudaNYW
IQの低い国にいく。

698 :オーバーテクナナシー:2005/08/24(水) 10:11:39 ID:HJtXh/O/
記念カキコ!

699 :オーバーテクナナシー:2005/08/24(水) 21:40:44 ID:v5QJioAO
東大に逝け

700 :オーバーテクナナシー:2005/08/25(木) 00:44:55 ID:nSwbTYsA
朝鮮に逝け

701 :オーバーテクナナシー:2005/08/25(木) 09:37:59 ID:La9GhR/8
天才はキティガイと紙一重です
精神的リスクのある人生がいいか
そうでないほうがいいかってこと

702 :オーバーテクナナシー:2005/08/25(木) 17:47:13 ID:wheiT1wb
ペンローズやビレンキンも科学者らしからぬ事を言ってたし
アインシュタインの変人ぶりは有名だ。ゴッホは金の使い方
さえ知らなかったと言う。
でもベートーベンやカールセーガンは社会的にも天才だった。

703 :オーバーテクナナシー:2005/08/26(金) 17:55:55 ID:BNOqOApk
天才になるには人一倍、世の中に興味を持てばいい。何事にもだ。
鳥を見たら、どういう理屈で鳥は飛べるのだろうとか、
人を見たら、なぜ人間はここまで進化することが出来たのだろうとか、
文字を見たら、文字はどうして発生したのだろうとか、
絵を見たら、人間が色の配色の仕方によって様々な事を感じ取れるのはどうしてだろうとか。

世の中の「当たり前」は、一歩踏み出せば全て難解なパズルだ。
例えばパソコンでさえも、何故に電気を筒に通すだけでこのように動作するのかさえも不思議でならない。
美学と真理の追究者こそが、世に天才と称えられ、世に馬鹿と罵られる存在なのだ。

と、当たり前の事を書いた。

704 :オーバーテクナナシー:2005/08/27(土) 01:27:49 ID:EzxmVJad
問題なのは、
その天才を目指して、天才にたどり着く間に、
「どうやって食っていくか」だ。

705 :オーバーテクナナシー:2005/08/27(土) 04:31:20 ID:GFM1dHT5
天才になる事と、生きていく事がなんで直結してるんだ。

706 :オーバーテクナナシー:2005/08/27(土) 06:15:39 ID:sVixLnem
色々、調べ物しながら仕事する事が不思議だってんだろう。

>>703 の言葉を借りれば働きながらでも当たり前を当たり前で片付けないで
知りたい事は調べて、そして考える。これで良いがな。

707 :オーバーテクナナシー:2005/08/27(土) 15:03:44 ID:cOH3lkTu
諦めろ

708 :Kひげ:2005/08/27(土) 17:36:19 ID:sAds+ES7
そういえば、IQ 240 の少年はどうなったのかな〜〜〜
あのまんま行けば天才になるんじゃ〜〜〜〜ないの。
10 で天才 15で博士 20すぎればただの人。

709 :Kひげ:2005/08/27(土) 17:50:50 ID:sAds+ES7
ところで、IQ240の少年は親に脅かされて必死で勉強したそうです
悪い点を取ったときは、本気で殺されると思っていたそうです。
さてこの少年を50歳まで脅しつづけたら、大天才になったのでは。

710 :オーバーテクナナシー:2005/08/27(土) 20:09:09 ID:wtg+wC1G
天才って
臨死体験すれば
なれんじゃ
ないの?

711 :オーバーテクナナシー:2005/08/30(火) 01:02:05 ID:29sDINjy
天才なんてその場その場だからねぇ。
尋常ならざるサバイバルの知識を持っていたって日常では異常者だし、
株取引の芸術家だって熱帯ジャングルに裸一貫で放置されれば人並み以下。

彼らは何かが出来たから天才と呼ばれたのではなく、その場その場の空気を読めたから天才だったのだよ。きっと。

712 :オーバーテクナナシー:2005/08/30(火) 03:50:29 ID:YVj6EeEi
>>711
天才的な絵心の持ち主なのに親が理解がなくて結局凡人以下の
人生を強いられた人を知ってるよ。

190 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)