5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

常温核融合ってどうよ?

1 :アンティオ:01/10/22 18:18
今どうなってンの?

2 :オーバーテクナナシー:01/10/22 18:50
多分、この板でも下のスレより詳しい事は出ないと思われ。

低温核融合って可能なの?
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/sci/1003673549/l50

3 :ばか:01/10/22 19:35
その前に、無意味。

4 :オーバーテクナナシー:01/10/22 20:55
「どうよ?」っていうタイトル
いい加減やめよう。

5 :オーバーテクナナシー:01/10/25 00:39
 パラジウム価格の推移を見てッと、なんかありそうな気もする……。

 安上がりな研究なので、研究者手を出さないと見た。……研究者もカネがほしい

6 :オーバーテクナナシー:01/10/25 23:12
パラジウム水爆
クリーンな兵器です

7 :オーバーテクナナシー:01/10/25 23:49
世界中の科学者が色めきだって追試を試みましたが、さっぱり再現できず
結局のところトンデモだったというオチが付いたんじゃなかった?

8 :オーバーテクナナシー:01/10/26 02:55
アメリカはトンデモだと言っている陰でしっかり研究を続けている。
風評に流されて研究を止めた日本は僅かだが巨大な可能性を捨てている。

9 :オーバーテクナナシー:01/10/26 03:14

日本語版Newsweekに阪大のセンセーのが載ってましたな。

仮に『 何らか 』の反応が有っても、
入力自体が少ないから、
出力が微々たるものでも仕方無い気も...

トカマク炉だって、あれだけ金使って
まだまだ “臨界を何秒達成”とかいうレベルなのだから、
単純に批判は出来んよな...

それに、“ トンデモ ”という評判が定着して
文部科学省の補助も無くなって、
やる事のない退官前のセンセー達が実験してるだけだっていうし...
( それでも、同僚からは『 やめろやめろ 』と言われるらしい )

10 :オーバーテクナナシー:01/10/27 05:27
NTTで、パラジウムだかプラチナだか、で、水素を挟み込んで、ハンペンみたいに、
なんか金めっきでころもを着けて、電子レンジで、チンした人、
 とうぜん、水素が消えて新しい元素ができたといっていたが……。

 何ができたか、分析しなかったのだろうか?

11 :オーバーテクナナシー:01/10/27 07:39
>10 なんか美味そうに見えるなあ(笑)

12 :オーバーテクナナシー:01/10/29 04:22


8 :オーバーテクナナシー :01/10/26 02:55
アメリカはトンデモだと言っている陰でしっかり研究を続けている。
風評に流されて研究を止めた日本は僅かだが巨大な可能性を捨てている。

 禿銅! どんなところで続けているのっかな? > 常温核融合の研究

13 :オーバーテクナナシー:01/11/19 01:26
 アメリカの常温核融合研究につて教えほしいソ

14 :オーバーテクナナシー:02/01/24 21:14
その後、変化はあったのか?

15 :オーバーテクナナシー:02/01/24 23:07
ほんとに常温で核融合したら、怖くて扱えないと思う。

16 :おいそんなことよりよ:02/01/25 00:28
この前仕事してたら
ものすごい勢いで永久機関かんがえついたんだけどよ、、、
メジャーやオペックに狙われると困るんで
誰も見ないこのスレに相談しにきたんだ、、、
まずどうするべきだ??漏れ??

17 :オーバーテクナナシー:02/01/25 02:02
>16
氏ね。

18 :オーバーテクナナシー:02/07/17 22:45 ID:Y6el9mW1
その後の情報キボン

19 :オーバーテクナナシー:02/07/18 15:00 ID:PXp83AOD
>>2のスレで出てた、キャビテーションでの核融合の話、どっかで発表されたのを
見た気がする。

超音波だかで気泡を作って、その気泡が潰れる時の衝撃波で核融合を起こす、
らしい・・・

20 :オーバーテクナナシー:02/12/07 09:03 ID:ik43SNmT
今日の読売新聞に阪大でパラジウム核融合に成功と
いう記事があったぞ。
追試が成功すれば、いよいよ夢のエネルギー新時代の到来だ。

21 :オーバーテクナナシー:02/12/08 15:46 ID:1NyDPzsx
パラジウムの微粒子内に重水素を高密度に閉じ込める方式で核融合に成功した、
と荒田吉明・大阪大名誉教授(文化功労者)らのグループが六日、発表した。
「全く新しい方式で、安全でクリーンなエネルギー源にできる可能性がある」
としているが、常温核融合の可能性には否定的な見方が物理学者の間では強く、
他の研究者が実験で再現できるか、検証が注目される。
 核融合は太陽で起きている反応。水素や重水素(普通の水素に中性子が加わっ
たもの)が結合してヘリウムに変わり、大量のエネルギーを出す。高密度、高温
が条件とされるが、一九八九年に米国の電気化学者二人が常温での核融合反応を
見つけたと発表、一時は世界的にブームを呼んだ。
 荒田名誉教授によると、直径五ナノ・メートル(ナノは十億分の一)のパラジ
ウム結晶微粒子の粉末を真空のステンレス製容器に入れ、重水素や少量のヘリウ
ムのガスを封入しながらレーザー光や超音波を照射。その結果、大気中の十万倍
の濃度のヘリウムが検出され、容器内の温度が四十分間に最高300度まで上昇、
一時間あたり七キロ・ワットのエネルギーが生じたという。
 核融合が起きた際に放出される三重水素や中性子は検出されていないが、
「パラジウム微粒子は重水素を大量に吸収する。これらも結晶内に凝結されたと
考えられる」としている。
 荒田名誉教授は一九五八年、国内初のプラズマ核融合実験に成功。レーザー溶
接技術の開発でも知られ、九五年に文化功労者。(12月7日)

引用元「読売オンライン大阪」
http://osaka.yomiuri.co.jp/newmain/news3.htm

22 :オーバーテクナナシー:02/12/08 15:47 ID:1NyDPzsx
NTT研究者の研究(再現性あり)

ttp://homepage2.nifty.com/forcedx/kagaku/mel17.htm
ttp://www.21ppi.org/staff/ey/japanese/research/index.html


23 :オーバーテクナナシー:02/12/08 15:50 ID:1NyDPzsx
核融合:重水素化アセトンを使って成功と発表 米研究グループ
2002年03月05日
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive/200203/05/20020305k0000e040031000c.html
 重水素を含むアセトン溶液中の気泡を破壊して核融合反応を起こすことに成功した
と、米国立オークリッジ研究所などの研究グループが4日発表した。同グループは中
性子とトリチウム(三重水素)の発生を検出し、重水素同士の核融合が起きたと判断
したという。
 同研究所のタリヤーカン博士らは、アセトンの水素原子を重水素に置き換えた液体
をガラス容器に入れ、超音波を当てた。液体内にできた気泡が振動して壊れる際に超
高温になる「超音波キャビテーション」現象が起こり、同時に重水素同士の核融合反
応に伴い発生する特定のエネルギーを持つ中性子とトリチウムの発生が確認された。
同博士らは泡が壊れる際に100万〜1000万度の高温になり、核融合が起こった
と推定している。核融合発電に使えるかどうかは分からないという。装置はコーヒー
カップを3個積み重ねたほどの大きさで、手軽に製作できる。

24 :オーバーテクナナシー:02/12/08 15:52 ID:1NyDPzsx
固体内核反応研究 No.1
高橋 亮人・沼田 博雄・山田 弘・岩村 康弘・大森 唯義・水野 忠彦・秋本 正 共著
1999年12月20日発売  
 常温核融合が米国ユタ大学の学者たちによって発表されてから10年たった。
当初はこの“画期的”な発見に、世界中の学者が追試を試み、マスコミの報道
も加熱気味だった。ところが、多くの追試にもかかわらず、いっこうにその
現象は確認されなかった。学者の多くは研究から手を引き、マスコミも常温
核融合研究を擬似科学扱いしだした。
 このような劣悪な環境にもかかわらず、研究を続けた研究者たちがいた。
そして、ついに、常温核融合がミクロの世界の新現象であることをつきとめ
た。つまり、この現象は単純な水素の核融合などではなく、金属固体がミクロ
の核反応装置となって、核融合や核分裂などの核変換を行っていたのだ。
この現象は、比較的少ない外部エネルギーで起き、多様な元素で同位体を生じ
るとともに、大量の熱量を発生する。また、現象を起こす金属も、ニッケル、
チタン、タングステン、パラジウム、白金、金、など多様であることが分かっ
てきた。この事実は、現象が、当初言われたような機構で発生するものではな
いにせよ、非常に多くの応用を期待させるものである。
http://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/4-87593-229-4

25 :popo:02/12/10 13:36 ID:GoCXziUv
常温核融合か・・・う〜〜〜む、本当に信じていいのかどうか・・・
素人考えだけど、要するに狭いオリに重水素を閉じ込めてレーザーなり
超音波なり当ててやれば核融合が起こるって事なのかな???
それならひょっとしてパラジウムの代わりにカーボンフラーレン
の中に重水素を大量に詰め込んでレーザーとか超音波当てたら核融合が
起こらないかな・・・???


26 :オーバーテクナナシー:02/12/12 00:41 ID:2h7ejR31
>>25
ミューオンを打ち込んだらもっと良いかも。

27 :オーバーテクナナシー:02/12/12 00:52 ID:e4AbDP8j
つーか、高温だろ。レーザーは。

28 :popo:02/12/12 11:29 ID:8kw2AP0U
こないだ、シリコンでもフラーレンが作れる可能性があると言ってたから
シリコン製だったらもっと良いかも、あ、それとレーザー当てるより
フラーレンの中に重水素だけじゃなくて、鉄の微粒子もいっしょに入れて、
強力な磁石を近づけたり離したりしたらフラーレンの中で鉄の微粒子が
振動するから、重水素もいっしょに振動して核融合が起こらないかな?


29 :オーバーテクナナシー:02/12/12 13:11 ID:FN2Spzvh
気泡で核融合かあ。
ヂャイアントロボのシズマドライブ、泡がぼこぼこ立っているけど、
ひょっとしてあれが常温核融合エネルギー?
ただの梅干し入りラムネじゃあなかったんだ。




30 :オーバーテクナナシー:02/12/14 12:28 ID:ugQM3AZV
>>29
小説版では、電力と同時に可燃性ガスを発生する装置となってたな。
常温核融合のエネルギーを直接電力として取り出すってのが謎


31 :オーバーテクナナシー:02/12/14 14:27 ID:2T4trNOQ
熱交換が必要ナノネ

32 :オーバーテクナナシー:02/12/14 16:33 ID:6AowswzB
 いや、熱の問題は比較的どうでもいいんだな。水蒸気を発生させてタービンを
回すのには100℃で良いわけだから。やっぱ問題は中性子による被(略



33 :オーバーテクナナシー:02/12/21 22:56 ID:t05GWrEu
なんか趣味の核融合ってカンジになってきたナぁ。

泡とか蒸してとか X融合!


34 :山崎渉:03/01/06 16:45 ID:AEHUQQ/N
(^^) 

35 :オーバーテクナナシー:03/03/10 01:53 ID:NS+i4rOG
 かくゆう豪が起きたら なにか証拠が残ろう物を……それが示せないのは。

 無資源国の、夢のガス抜きか……ガスダマリカ。夢か島国無資源ニッポン



36 :オーバーテクナナシー:03/03/10 14:09 ID:qOTWSud6
100℃じゃタービン回んねーよ。

蒸気出る→タービン負荷かける→圧高まる→沸点上がる
発電所のタービン回す蒸気は500℃弱くらいじゃねーの?

37 : :03/03/11 21:28 ID:J7V9GHi9
チェーン・リアクションを夢見るデンパが集うスレはここだな。

38 :山崎渉:03/03/13 12:55 ID:ANSWyiFf
(^^)

39 :マッドサイエンス:03/04/02 15:21 ID:tpNejLpC
小島英夫『常温核融合の発見』は面白かった。
「中性子が結晶格子に捕獲された安定状態がありうる」
という作業仮説を持ち込むことで、
常温核融合に関連した広い範囲の実験データを
整合的に説明できることについては納得させられた。
むろん、そういう形で中性子を安定化させられる
という根本的仮説自体が未証明なので、
これはあくまでも仮説に過ぎないわけだが、
意味不明な現象群に筋が通って見えるようになるという
認識の快感は味わうことができたので、良しとしよう。
科学書としての評価は別にして、SFとして読めば涙物の名著だと思う。
なお、この本の中で、Patterson Power Cell という
常温核融合キットが紹介されているが、これは再現性が高いらしい。
燃料不要で長期間発熱する装置が3700$で手に入るなら、
理学の見地からは原理的が説明不能のインチキ扱いされるにしても、
工学の見地からは実用的に使える場面があるんじゃないかと思う。

40 :山崎渉:03/04/17 09:06 ID:ocoQiHwK
(^^)

41 :山崎渉:03/04/20 04:52 ID:DZigay1/
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

42 :あゆ夢:03/05/20 22:04 ID:SAuauqMQ
常温っつうからには高圧条件が必須に。
ピコテクが可能になれば常温常圧もイケるか。


43 :山崎渉:03/05/21 22:58 ID:ThdJUyDT
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

44 :山崎渉:03/05/28 15:17 ID:AXfMwHph
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

45 :山崎 渉:03/07/15 12:53 ID:wDlFqq9j

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

46 :オーバーテクナナシー:03/07/16 01:51 ID:ka0px5EB
普通の核融合炉でもガンダム世界並み(大電力の代わりに制御が逝くと炉心が即爆発)
の強烈な代物ができれば世界にエネルギー革命をもたらせるのに

47 :山崎 渉:03/08/15 19:01 ID:K8BsyPay
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

48 :オーバーテクナナシー:03/10/08 02:48 ID:OdxamOE4
質問です。
低誘導放射化フェライト鋼F82Hがありますよね?
この「F82H」の由来(意味)を知っている方、
教えていただけませんか?

マジレス希望です。

49 :オーバーテクナナシー:04/02/09 01:24 ID:zfAg+oIy
age

50 :オーバーテクナナシー:04/02/12 09:41 ID:ojGV/dMc
数百万ヴォルトの加速静電圧で、重水素イオンを加速し、
重水素化リチウムに照射してやれば、核融合が起きるのではないか?
後は、マグネトロン管のような物を作り、フィラメントから電子を
出すのじゃなくて、陽子イオンを飛び出させて、加速衝突させる
というのはどう?

51 :オーバーテクナナシー:04/02/12 13:20 ID:ek42azAd
>>50
ほ〜ぉ・・・そりゃイイ考えだね。うん、まぁ頑張れや・・・

52 :オーバーテクナナシー:04/02/12 15:47 ID:54Cpp1S5
加速器のエネルギー効率調べろ>>50

53 :オーバーテクナナシー:04/02/13 07:32 ID:y95PvOrG
太陽を創ろう。新しい太陽を創ろう。

54 :オーバーテクナナシー:04/02/19 04:34 ID:+XeBqCFt
並行板に静電圧をかけてイオンを加速する場合のエネルギ-効率は100%
だよ。電荷が静電ポテンシャル中でまっすぐ加速される場合には、
電場から得たエネルギ-がすべて運動エネルギ-になる。
対向電極をリチウムとして、重水素を吸着させておけば良いんだよ。

55 :オーバーテクナナシー:04/02/19 04:50 ID:JAiYVec/
http://ex3.2ch.net/test/read.cgi/campus/1077031824/l50
おいおまいら、このスレの>>1が義理の妹の写真晒して祭りになってるぞ

56 :オーバーテクナナシー:04/02/19 07:06 ID:LpRUiPDC
>>54
正電荷ではクーロン斥力には勝てないな。

57 :オーバーテクナナシー:04/02/20 00:06 ID:Jd210TQC
 研究予算が10000分の一くらい安いのが、キズ。研究者にカネが回らない。

 そんな研究ダレもやらねぇ……ってコトか???


58 :オーバーテクナナシー:04/02/20 03:48 ID:4KnV3Of4
>54
静電エネルギ-のバリアはたぶん数MEVの筈。
重陽子あるいは三重水素核を6MEV程度のつまり
600万ボルトの電位差で加速して、重水素化リチウムに
ぶつければ、加速に必要なエネルギ-を上回るエネルギ-が
得られないのかな?

59 :オーバーテクナナシー:04/02/20 11:51 ID:mYJ7tQ9d
>>58
> 600万ボルトの電位差で加速して、

無理。
数万ボルト程度の電位差で放電が起きちゃうので多重加速が必要です。
陽子を静電荷多重加速で6Mev相当の速度エネルギー与えられるのは・・・
シンクロトロンでつね。
加速効率は・・・言わぬが華


60 :オーバーテクナナシー:04/02/20 20:37 ID:dXM1M8Gc
加速するって・・ どこが「常温」なんだ

61 :オーバーテクナナシー:04/02/21 00:14 ID:fnu0jCo6
>>58
それって、普通の核融合の原理だよw。
重水素・三重水素を加速する←加熱する←プラズマ化する


その他の椰子のカキコに適当にレスしてみる。

平行平板間に数万ボルトかける←絶縁破壊が起こって放電←やっぱりプラズマ化

加速効率が100%になるのは平板の間が高真空じゃなきゃ。
間に他の気体分子が存在したら、それに衝突して運動エネルギ失います。
平均自由行程という言葉を知らないんだろうなぁ…w。

62 :オーバーテクナナシー:04/02/21 02:40 ID:gXsmiSpf
ホントに実現しそうになったら石油国あたりからテロきそう…

63 :オーバーテクナナシー:04/02/21 10:04 ID:WwBagpgV
大丈夫。商用レベルに達する事は永遠に無いから。

64 :オーバーテクナナシー:04/05/23 13:14 ID:/HvpVSc3
即死回避ほっしゅ

65 :オーバーテクナナシー:04/05/25 13:53 ID:yALVHMJX
最々深部から急上昇。

66 :オーバーテクナナシー:04/05/25 15:20 ID:B4VpmXmH
全レス読んでみたが実に興味深い。
熱が取り出せるだけでももの凄く意味がありそうな気がするね。

現在核融合につぎ込んでる金の 1%でも回せばどんな形であれ
エネルギーを取り出して発電に使えるかどうか目処をつけること位
可能かもしれない。

67 :オーバーテクナナシー:04/05/25 23:17 ID:E+5rl2km
オグロがお手本になったようにこれが核融合の手本になるのかなあ?
核融合も地球上に必ず手本があると、どこからとも無く聞いたような?気分

68 :オーバーテクナナシー:04/05/26 05:42 ID:l5xt5dC4
>>67
元々地下の熱はどこから?を研究していたのが低温核融合の走りだし。

69 :オーバーテクナナシー:04/06/16 22:53 ID:jb6q9uz3
常温核融合に、電子陽電子対の対消滅は関係ないのか。
新しい物理を創造するくらいのパウァーが必要だな。

70 :オーバーテクナナシー:04/06/16 23:27 ID:Q6eAOtHk
お前ちゃんとスレ読んだか?
書き込みが70も無いスレを。

71 :オーバーテクナナシー:04/06/30 23:56 ID:oxySCBjs
ホントか嘘かは知らんが、学会をやると時々石が飛んでくるとか。

72 :オーバーテクナナシー:04/07/28 04:00 ID:32a12kzq
>>70
俺に言ってるのか?
で、おまいは、俺が読んだと思うのか、読んでないと思うのか?
で、おまいは、何がいいたい?
もうすこし、わかるように書いてくれよ。電波じゃねーんだからさ

73 :オーバーテクナナシー:04/07/30 07:06 ID:Z6GY81Kd
検索エンジンを回してもなかなか情報が出てこないね。

未知の発熱現象が存在しそれが核融合らしいと言うこと、実験でも再現性が
あると言うことは事実っぽい所まで来てるのに情報が余りないのが残念。

74 :オーバーテクナナシー:04/07/30 21:47 ID:lWLWr0We
>>73
研究者が爺だから、ネット使えないんでは

75 : ◆wjKya2GJ.A :04/07/31 16:12 ID:rE+S6Mop
>>73
なんの情報が欲しいのよ?
成果か?研究者か?世間の評価か?

15年間の成果は次の通り
1 過剰熱と相関してHe4が発生する
2 中性子の発生は全くないか殆どない
3 重水素吸蔵金属中でDD核融合反応率が異常に増大する
4 軽水系であっても電解後、様々な核変換物質が生成する
5 クラスター核融合が起こる(3Dや4D)

3/25のNew York Timesでアメリカのエネルギー省が
見直し、再評価に動くと報じられている
結論は9月末にはまとまる予定
ただ、アメリカ人の方針には賛同できんが

コンピューター1つあれば、情報はいくらでも集まる
調べ方が悪いだけ

76 :オーバーテクナナシー:04/08/05 10:04 ID:XOjbKyOQ
>>75
これからの展望と応用について語ってくれ。

77 : ◆wjKya2GJ.A :04/08/06 13:42 ID:XT3kWPBo
>>76
応用を考えているのはアメリカぐらい
特許を確保して、規格もすべて自分達で制定してしまおうという魂胆丸見え
日本の研究者は地道な基礎研究を続けている

あえて挙げるとすれば・・・

SCSモデルは、ウランの励起エネルギーを下げることで
放射性廃棄物をほとんど出さずに核分裂させえることを示唆している

LEPFモデルは放射線をほとんど出さずに核分裂させて
エネルギーを取り出すことができる可能性を示唆している

従って、クリーンな核分裂炉が実現されえる

三菱重工は極めて低コストで放射性廃棄物を
非放射性元素に変換できる手法に発展が可能だと言及している

実際、原研はカナーリ色めきたったらすぃ


マジレス スマソ

78 :オーバーテクナナシー:04/08/07 09:18 ID:cAL3KLpy
>>77
もっとそのマジレスを頼む。
当方電子関係のエンジニアだが核物理には詳しくないので非常に面白かった。

実は常温核融合に関して最初はかなり懐疑的だったのだが、ここ数年例の
スキャンダルどうのこうのってのが終わった後、どうも常温核融合は本当らしい
との実験結果が得られたので非常に興味を持っている。

79 : ◆wjKya2GJ.A :04/08/07 23:24 ID:zWi2bqGP
>>78
現在は、もっと広い視点で
凝集体内での低エネルギー核反応の異常現象の可能性を追求している。
凝集系核科学(Condensed Matter Nuclear Science)と言う方が的を得ていよう。

近年、極めて有意な実験結果が得られ始めている。
世界的にも見直しの機運が高まっており、
事態は少しずつではあるが、しかし確実に動き始めている。

3月に凝集系核科学国際学会が発足し、
第一回目の学会賞(Preparata賞)が本分野への貢献度が高い研究者に授与された。
4人中2人が日本人であることからわかるように日本の本分野に対する貢献は
世界で群を抜いており、今後も主導的な立場が期待されている。
なお、会長は選挙により日本人が選ばれている。

イタリアでは国家プロジェクトが始動し、シエナに研究所が設立されている。
アメリカでは、エネルギー省が再評価に着手した。
ヨーロッパ・アジアはアメリカとは方針が違い、
アメリカを除いた国々で国際共同プロジェクトを立ち上げようとしている。
また、国際会議は、これまで10回行われており、
次回は10月31日よりフランス、マルセイユで行われる。

日本では原子力学会に「サブkeVエネルギー領域での凝集系核現象」
専門委員会が設置され、04年春の年会で企画セッションを行い好評を得た。
また、固体内核反応研究会(JCF)が設立されており、
次回は、来年春に東京工業大学で行われる予定である。

一般書としては、学研の「日本発次世代エネルギー 多湖恭彦」が最も新しい。
9/3に熱・電気エネルギー財団主催の一般向けシンポジウムが開催される予定。
ttp://www.teet.or.jp/11.html

質問があれば、わかる範囲でできるだけ答えます。

80 :オーバーテクナナシー:04/08/07 23:42 ID:i4t/9+9N
地道に研究が続いていたというのは知っていたんですがここのところ急展開というところですか。

国内での各学会のこの研究に対する見方は変化してきたのでしょうか?
以前は黙殺状態だったように記憶していますが。


81 :オーバーテクナナシー:04/08/08 15:04 ID:TzqKdHK1
>>79
> SCSモデルは、ウランの励起エネルギーを下げることで
> 放射性廃棄物をほとんど出さずに核分裂させえることを示唆している
>
> LEPFモデルは放射線をほとんど出さずに核分裂させて
> エネルギーを取り出すことができる可能性を示唆している
>
> 従って、クリーンな核分裂炉が実現されえる
>
> 三菱重工は極めて低コストで放射性廃棄物を
> 非放射性元素に変換できる手法に発展が可能だと言及している

これってなにげに凄そうなのだが、解りやすく説明してもらえないだろうか?
でも素人の漏れには理解出来ない気がするけど。

82 : ◆wjKya2GJ.A :04/08/09 13:25 ID:f5Gk6TyN
>>80
面白半分で参入してくる人達の陰で
不断の努力を続けてきた人達がいるのを忘れてはいけません。

しかし、今もって世界の大半は否定的、懐疑的です。
極一部に、理解者が現れてきたのは喜ばしいことでしょう。

若い人の方が理解を示してくれやすい傾向があるようです。
長老は(ry

83 : ◆wjKya2GJ.A :04/08/09 13:55 ID:f5Gk6TyN
>>81
ウランがどの元素に核分裂するかは確率的に決まります。
従って、一定の確率で放射性廃棄物が生成されます。
この時、ウランに入射する中性子のエネルギーによって、
得られる核分裂生成物の分布が異なることが知られています。
Selective Channel Scissionモデルは核分裂後の生成物が
どのような分布になるかを予測する理論です。

核分裂の要因は原子核を励起させることです。
中性子の入射は励起のための一つの手段にすぎません。
理論上は陽子、X線、γ線であっても励起すれば核分裂します。
Low-Energy Photofissionモデルは、弱いエネルギーの
光子(X線、γ線)を小刻みに分けて打ち込み
核分裂の臨界エネルギーに到達させる方法です。
光子のエネルギーは弱く、放射線は外部に漏れません。

SCSモデルは、励起エネルギーを下げることで、
放射性廃棄物を極度に減らせることを予言しています。
ところが、現在の原発以上に励起エネルギーを減らすためには
中性子による核分裂では不可能です。
従って、LEPFモデルによる放射線が体系外に漏れにくい
機構を用いて核分裂させれば、
放射線も放射性廃棄物もほとんど出さない
クリーンな核分裂炉が実現し得るであろう。

さらに、三菱重工は通常なら極めて高いエネルギーが必要な
核変換反応を重水素ガスを透過させるだけという
極めて低いエネルギーで実現した。
実用化できれば、放射性廃棄物処分に応用でき、
コストを劇的に改善できると考えられる。
ttp://www.mhi.co.jp/atrc/products/genso.html

84 :オーバーテクナナシー:04/08/09 21:53 ID:gruGRuid
完全には理解出来ないまでも、非常に画期的且つ未来に期待出来そうな
技術らしいことは何となくでもわかった。
正攻法の核融合より先に応用技術が開発されてしまう可能性もある?

85 : ◆wjKya2GJ.A :04/08/18 11:07 ID:Lj8BhStf
>>84
核分裂に対しては、大きな可能性が期待できる。
即ち、核燃料サイクルなどが問題になっている中
濃縮なしの天然ウランのままで、核分裂させることが可能で
資源の有効利用につながる。
その上、放射性廃棄物も放射線もほとんど出さない
クリーンな核分裂炉の実現を目指したプロジェクトが
やがて動き出すと思われ。

しかしながら、核融合に対しては
一般の人が期待する意味での大規模発電は難しい。
やはり、プラズマ核融合の実現が待たれる。

ガスの透過による核変換反応を用いた
放射性廃棄物処分やプラズマ電解に伴う
通電量以上の水素発生は
今後、大いに発展が期待されるところであろう。

日本においても、極最近、国家プロジェクトが
始動する動きがあり、通産省扱いになるかもしれないらスィ。
現象解明の日は近い! と言ってみるテスト

86 :オーバーテクナナシー:04/08/18 12:37 ID:0Wo2JrC0
なんかさ今から三四十年前にあった輝く未来をもう一度期待して良いのかも知れないと
思わせる新展開ですね。

低核廃棄物のエネルギー利用は、核融合が本格的に利用出来るようになるまでの
つなぎになるかも知れない有望な技術と言ったところだろうか。

これで気軽に船や航空機に核エネルギーを利用出来るようになったら素敵。

87 : ◆wjKya2GJ.A :04/08/26 18:38 ID:7xyhr9mv
>>86
研究成果自体は10年以上の積み重ねで
新展開というべきかどうかは難しい。
なぜならば、現在でも研究を続けている人々は
はじめこそ、重水の電気分解をしていたものの
すぐに違う手法によりアプローチして有意な結果を得ていた。

一般の人々には、重水の電気分解が根強く信奉されていて
その誤解が、解け始めてきた、と言う方が妥当であろうか・・・

Josephson効果で知られるBrian Josephsonが
ノーベル賞受賞者会議で本分野に関連して
公演したことが話題になりましたが
欧州では、少しずつ進展が見られています。

近い内に、日本も追従せざるをえない状況になると考えています。
最も、核反応以外にも
プラズマ電解での通電量以上の水素発生など
興味深い実験事実が示されてきており
プロジェクトを始動させるには十分な理由ですが

88 :オーバーテクナナシー:04/08/26 21:55 ID:fDfLvyDj
>>87
毎回興味深いお話しが聞けて非常に有意義です。
具体的に何かに応用され始めるのは何時くらいからだと予測しますか?

89 : ◆wjKya2GJ.A :04/08/30 11:55 ID:r63LDyaQ
>>88
応用については、あまり考えたことがないので
答えにくいのですが・・・今、考えれば・・・

最初に、応用が期待できるのは
プラズマ電解に伴う通電量以上の水素発生ではないでしょうか。
現在の異常な水素ブームを考えれば、
近く、多くの人が研究をはじめて実用化まで漕ぎ着けられると思います。

時期的には、燃料電池車の実用化と同時期か
あるいは、水素ステーションの建設と同時期ぐらいだと考えます。
場合によっては、高温ガス炉に対抗する
大規模水素生成システムが計画されるかもしれません。
現在、計画中のプロジェクトが動き出せば
予想より遥かに早く、実用化されるかもしれません。

上で書いたクリーンな核分裂炉は、
もんじゅの凍結に伴い遅延している高速炉計画に代わって
台頭してくるポテンシャルは十分にあると考えます。
個人的にはGenerationW扱い(第4世代型原子力システム)
で研究を進めて欲しいと考えていますが
現実的には、難しいと思います。
従って、最速でもGen.Wの実用と同時期か
それ以降になるでしょう。

その他、反応機構の殆ど全てが未解明であるために
応用については言及できない状況にあります。
しかし、ある本の中で私の好きな箇所を引用すれば

21世紀のエネルギー源は、固体内核反応によって
水素と電子から取り出されることになるであろう。

90 :オーバーテクナナシー:04/08/31 00:39 ID:2O7yDOxH
常温核融合関連の良い書籍は無いでしょうか?

91 : ◆wjKya2GJ.A :04/09/01 15:52 ID:0UiJ8gbf
>>90
数多くの本が出版されていますが
殆どが古いために、最新の研究成果が載っていません。
現在の動向を知りたければ、新しい本を勧めます。

否定的なもので有名なのは
 ・常温核融合スキャンダル:ガリー・トーブク:朝日新聞社
ノンフィクションながらドラマ風に書き上げている。

肯定的なものは、50音順に
 ・核変換:水野忠彦:工学社
 ・試験管の中の太陽:山口栄一:講談社
 ・常温核融合の発見:小島英夫:大竹出版
等がよく読まれているようです。
いずれも本分野に携わる研究者が自ら書いたものです。

最も新しいものは
 ・日本発次世代エネルギー:多湖恭彦:学研出版
の最終章だと思われます。ジャーナリストが何人かの研究者に
直接会ってインタビューしており、本分野の概観をつかめます。
一般の人には、これが一番いいでしょう。

物理の知識があって、本格的に勉強したい人には
世界で唯一の教科書
 ・固体内核反応研究NO.1:高橋 他:工学社
があり、新規に参入する研究者向けに、
発刊時までの研究成果がまとめられています。
一般の人には難しすぎると思われます。

また、近く、ある研究者が15年間の研究を振り返って
まとめた本が出版されると聞いています。

92 :オーバーテクナナシー:04/09/01 21:55 ID:HxXU9aBT
ありがとう、書店で探してみます。
日本で船舶、航空機等の核エンジンが開発される事を願う。(w

93 : ◆wjKya2GJ.A :04/09/11 13:23:09 ID:DIJ9NM2V
9月3日に東京国際フォーラムで開催された
第10回 熱・電気エネルギー技術シンポジウム
「凝集系核科学と未来の革新的な熱・電気エネルギー技術」
には、一般の人を含め、産官学から多くの方が参加していたようです。
長老の先生方もおられ、活発な議論が交わされ
新たな方向性を模索することができました。

新規のプロジェクトは近く発足する方向で
計画されていることが、改めて確認できましたが
残念ながら、日本における本分野の現状は
大変に厳しいという事実を再認識せざるをえません。

多くの研究者が、自費で研究費を捻出している中
日本では例外的に豊富な資金で研究してきたと
考えられていた三菱重工のチームも
三菱自動車の問題により、
研究予算の確保は、極めて厳しいようです。

IEEE関係の情報からも
アメリカのDOEによる見直しは行われそうな見込みで、
9月中に報告がまとまりそうです。

一方、日本の財政は火の車で、プロジェクト化されたとしても
アメリカ並みの資金の確保は難しいと考えています。
同様に、研究の盛んなイタリア、ロシアも
財政は先進国中最下位を争っているのが現状です。
アメリカの一人勝ちになりそうな気配ですが
なんとか、日本の優位を保つためには
研究者の定年退官ピークを考慮して
最長で5年以内の短期決戦しかない、と私は思います。


94 : ◆wjKya2GJ.A :04/09/30 10:00:19 ID:eZMxOqTl
9月の最終日を迎えましたが、
DOEによる再評価の結果は、未だ報告されていません。

DOEの担当者は
何人かの評議員の仕事が遅れているためと述べています。
当初の計画では、9月末日に結果を示すことになっていたが
10月中にずれ込むとのことです。

アメリカでは、一般のマスメディアもこの事態を
ニュースとして取り上げ始めたようです。



95 :オーバーテクナナシー:04/09/30 14:24:26 ID:K9yCMeMC
他のスレに出ていた卓上核融合(Tabletop Nuclear Fusion)

http://www.sciencedaily.com/releases/2004/03/040303080222.htm

は、どうでしょうか?


96 :オーバーテクナナシー:04/09/30 16:10:13 ID:xTvXPuto
既に水面下ではつばぜり合いなんですね。 

97 :オーバーテクナナシー:04/09/30 16:32:39 ID:K9yCMeMC
これはDARPAの金で進めている研究。
DARPAは米国防総省の研究・開発部門で、
インターネットの原形となったARPAnetを開発した。



98 :オーバーテクナナシー:04/10/01 23:42:43 ID:s4gWLVeO
まじですか。
てっきりもう間違いだったと結論がでてるかと思ってたら。


99 :オーバーテクナナシー:04/10/02 00:48:24 ID:lhu2RnOd
結論を出し惜しみして様子見では?

100 :オーバーテクナナシー:04/10/08 10:16:17 ID:pVTFUTvr
ノーベル賞どころか、国家・人類の未来を左右する研究なんだが・・・
何か在るのは間違い無い。
もう少し予算を付けて先に進めてみたいな。
何か近況があったらしりたいなっ!

101 :オーバーテクナナシー:04/10/08 17:47:47 ID:GBmueuNQ
たとえ可能性が低くてもチャレンジするのは立派。
これに金をつけるDARPAもまた凄い。
日本の研究者は、保身のためにゲテモノに近寄るのを嫌い、
establishしかかると一斉に飛びつく。


102 :オーバーテクナナシー :04/10/08 18:31:58 ID:pvjeohEO
>>101
全くだ。
リスクは他人に負わせてリターンだけを得ようなんて、せこい役人じゃないか。
どうせ研究者の大部分は、大した成果も挙げられずに終わって行くんだから、
でかいことにチャレンジしろと言いたい。


103 :オーバーテクナナシー:04/10/09 08:29:34 ID:iifdxbrv
この分野は何故か日本の研究者がしつこく研究を続け成果を出してる事実は無視と言うことですか。

無知は罪だね。

104 :オーバーテクナナシー:04/10/14 08:19:00 ID:EyHXLdD2
今21歳。
俺が生きてるうちの実用化は無理かな。

105 :オーバーテクナナシー:04/10/17 18:53:49 ID:YwXGKTXm
>>102 さんせい!!まったくそのとうりだ。
>>104 あと10年後ぐらいには可能かも?と無責任にも思ってる俺33才。

106 :オーバーテクナナシー:04/10/18 12:59:06 ID:IOrVhc4m
意外なブレークスルーがあるかもしれんので期待して待ってみよう。

107 :オーバーテクナナシー:04/10/19 19:28:51 ID:wPnrXTsq
もうしてるじゃん。(w

108 :ごくう:04/10/23 23:08:19 ID:8tmn3How
アメリカでは常温核融合が実現したら高温核融合の研究者の立場がなくなるので様々な妨害工作(例えば予算がつかないように議会へのロビー活動など)がおこなわれているらしい。

109 :オーバーテクナナシー:04/10/25 00:15:51 ID:BwaWI3Rd
あんまり簡単に実現されたんじゃ、大金動かねーしなw

110 :オーバーテクナナシー:04/10/27 08:47:47 ID:B6XHE4K+
常温で核融合がおきるほど世の中甘くないよ w

111 :オーバーテクナナシー:04/10/27 11:20:20 ID:LCCfdZX6
素粒子は自我で動いてるんじゃない!エーテル(空間)が動かしてるんだ!
それに気づかない愚民どもがどれだけ研究しても核融合は成功しない。
エーテルはないと言い切ったアインシュタインは大嘘つきだ!
彼を信じている奴も。
そうエーテルは存在する。どこにかって?それは お前の heart だろが!

112 :オーバーテクナナシー:04/10/27 19:59:59 ID:8WpPjzsx
>>110
無知を宣伝する事もあるまい

お前が馬鹿なのは解ったからもう寝ろ

113 :オーバーテクナナシー:04/10/27 23:36:39 ID:TjrRJFKJ
てか
どーゆーメカニズムで核融合が起こるっていってるの?

ユタ大学のいいだしっぺの二人って
物理の人から
んなん中性子が出るやろ中性子っていわれて
中性子??????って


114 :オーバーテクナナシー:04/10/27 23:45:57 ID:TjrRJFKJ
あれじゃん?
核融合とかいってるダケで実態は現代の錬金術じゃん?
なーんか化学の実験室でごにょごにょやってると大量のエネルギーが取り出せるとゆう

115 :オーバーテクナナシー:04/10/29 08:44:00 ID:awmn/SGi
常温で核融合は起こりません 


- 以上 -

116 :オーバーテクナナシー:04/10/29 15:20:28 ID:itu9VYIl
>>115
発言は常温を定義してからにして下さい。

117 :オーバーテクナナシー :04/10/29 19:42:34 ID:si3JLSyA
>>116
理屈じゃないんだよ。

118 :オーバーテクナナシー:04/10/29 21:43:15 ID:l7NVeI1j
理屈かきこもうよ。でないと、わかんない。

葉緑素って常温核融合っていわれてるけど、
あれのメカニズムの解明が進めば、レアメタルの増産なんかが
実現する気がする。



119 :オーバーテクナナシー:04/10/29 22:08:03 ID:D2i67i/j
>>118
葉緑素って光合成のこと?
それなら単なる化学変化で
その働きも化学的にほぼ解明されてますが。
ttp://133.100.212.50/~bc1/Biochem/Photosyn.htm

120 :オーバーテクナナシー:04/10/30 00:47:21 ID:Gn6WQfDg
>>119
それで?

光合成のシステムを使った、人工的なデンプン合成に
成功したっていう話も聞きませんが。

121 :オーバーテクナナシー:04/10/30 04:55:42 ID:z3ZBD9PX
一寸静かになったらもう馬鹿に占領されてるよ。
救いようがない板だな。

122 :オーバーテクナナシー:04/10/30 06:04:36 ID:qMZi+s1c
>>120
は?
人工的に光合成が可能かどうかと
常温核融合かどうかに、どんな関係が?

>>121
>>118>>120が筆頭だね。w

123 : ◆wjKya2GJ.A :04/10/30 12:16:47 ID:5CSKUb11
一部自作自演で盛り上がってますね

明日、10月31日よりフランス マルセイユにて
第11回目の国際会議が開催されます。

初日に、本分野の基礎と現状を解説する
特別クラスが設けられ、受付、レセプションと続きます。
二日目以降、各発表が行われ
国際学会の総会にて、理事の選挙が行われます。
プロヴァンス観光、ガーラ晩餐会も計画されています。
最終日には、Brian Josephsonの基調講演も予定されており
ヨーロッパでは産官学連携で現象解明を目指しているようです。
今後、日本も追従せざるをえなくなると思われます。

日本では未だ冷やかな声が多く
始動しつつあるプロジェクトも他分野からの
圧力により、萎縮してしまう可能性もありそうです。

一方、アメリカでは
DOEの再評価がさらに遅れるという情報があります。
公式な報告があったわけではありませんが
年内の結論を期待するのはモウダメポ

次回、第12回国際学会は来年の冬に
日本の東京近辺で開催される予定です。

124 :オーバーテクナナシー:04/11/02 16:49:08 ID:ZRx1+5lZ
常温で核融合は起こりません 


- 以上 -


125 :オーバーテクナナシー:04/11/02 20:14:09 ID:FlLJLI5V
常温核融合という名称自体、最早不適切と思われ

126 :オーバーテクナナシー:04/11/02 20:44:48 ID:ZnhXOud4
ID:ZRx1+5lZ はNGアボンヌ推奨でつ。

127 :オーバーテクナナシー:04/11/02 22:16:21 ID:MF7jyQ2e
間抜けを無視する能力が気持ちよく2chで遊ぶ能力だよ。

128 :オーバーテクナナシー:04/11/02 22:17:45 ID:MF7jyQ2e
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1003742320/124
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1091569316/181

ちなみに同じIDの馬鹿はこんな書き込みもしてるね。
程度が知れる。

129 :オーバーテクナナシー:04/11/03 12:07:20 ID:IBHegXC2
常温核融合なんて実際だれも成功してないわけだが w

130 :オーバーテクナナシー:04/11/03 14:03:25 ID:bTFSLzb8
>>129
開き盲

131 :オーバーテクナナシー:04/11/03 14:21:46 ID:tKidWNQk
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1003742320/129
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1091569316/184
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1098460717/25
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1093237877/96
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1037287176/196
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1097575981/23
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1085392092/808

ちなみに同じIDの馬鹿はこんな書き込みもしてるね。
程度が知れる。

132 :オーバーテクナナシー:04/11/03 22:34:00 ID:IBHegXC2
常温核融合できてないじゃん


どうせ理論もないまま実験したら核融合らしき現象が見受けられたってだけでしょ

どーせ電気分解で水素が沸いただけだろ w

133 :オーバーテクナナシー:04/11/03 22:34:45 ID:IBHegXC2
不可能なことを不可能であると突き止めるのも科学や学問ですよ


134 :オーバーテクナナシー:04/11/03 22:50:49 ID:bTFSLzb8
>>132
開き盲

135 :オーバーテクナナシー:04/11/04 00:10:04 ID:MJXz+SKS
>>131
あんたもIBHegXC2も暇人だねぇ・・・(笑

>>129>>132
常温核融合は投入した電気以上のエネルギーの発生を観察したらしいです。
何かが起ってることは間違いないようですが、まだ解明されていませんね。
でも、>>133には激しく同意します。不可能という結果が出るのも成果です。

http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1091569316/184
水爆の仕組みで発電できないのは、まさにそうですね。無理矢理熱源とする話がその後スレには出てましたがさすがに実用的には(汗
核反応のコントロールもこのスレの文脈と文意からして核融合反応のことと限定すればまだ人類の手にありませんからね。

http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1098460717/25
これは・・・わざとボケてみた?つっこまれたくて?

http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1093237877/96
正攻法でやればそうなるでしょうね。テロとか卑怯なまねをすればわからないですけど・・・。別にこのレス自体は正論だと思います。

http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1037287176/196
そうね。核実験の後、爆心地に行軍させたり、わざと風下で観測させたりしてますから、核兵器使用後の汚染された土地で
活動することをやつらは視野にいれてますね。当然ながら、そうした人体実験を通して何らかの研究もしているでしょうね。

http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1097575981/23
できるかもしれないし、できないかもしれませんね。
あたかもそこにいるのと同じような感覚インタフェースができれば、意識が移動したのとほぼ等価かもしれませんし。

http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1085392092/808
わたしもそう思います。

136 :オーバーテクナナシー:04/11/05 08:08:58 ID:ebaukF7e
『ID:xxxxxxxxxx はNGアボンヌ推奨でつ。』

とか書く奴が居る限り日本は駄目だな( ´_ゝ`)

137 :オーバーテクナナシー:04/11/05 09:28:14 ID:wtPU+VNj
ebaukF7eもNGアボーン決定

138 :オーバーテクナナシー:04/11/06 00:40:08 ID:jYcfGDQJ
いぃーねぇー地味な研究。
理論が良く分かってないなら大規模な装置はいらんみたいだし
不景気な中小企業の社長達に片っ端からサンプル組成や方法割り当てて
実験を鬼のようにやってもらうのはどうだ。

139 :オーバーテクナナシー:04/11/06 00:42:30 ID:RebRQYDY
つーか、無知は罪だと良く解るスレッドだ。

140 :オーバーテクナナシー:04/11/07 00:47:04 ID:4Pg7R6ki
常温核融合って無理っぽいね
触媒やら物質に蓄積されたエネルギーを放出させるだけじゃないの ?
超音波で核が融合するもんかな

141 :オーバーテクナナシー:04/11/07 04:03:37 ID:vYUAlDfR
苦し紛れでも、核融合できてます、って言わないと研究費出ないだろうが w

142 :オーバーテクナナシー :04/11/07 10:32:05 ID:2jF1eBJy
>>140
じゃあ聞くが、高温核融合はいつになったら実用化されるのかい?

143 :オーバーテクナナシー:04/11/07 12:20:38 ID:vevEY3TW
>>142
140の話と何の関係があるんですか?

144 :オーバーテクナナシー:04/11/07 23:28:52 ID:oMKxTuHL
>>140
このスレを1000回くらい読み直したら?
そもそもその書き込みが出来るって事は相当な馬鹿だと思うが。

145 :オーバーテクナナシー:04/11/09 05:06:01 ID:AQkRjCh4
まあ、お前が発見したわけでもないんだがな

146 :オーバーテクナナシー:04/11/10 00:04:48 ID:WkQ8nCNO
133悪魔の証明とかいうやつでしょ

存在する証拠は一つだけど
存在しない証拠は無数にある

反証するには存在証拠を否定するしかない

だけど、まったく違う方法なのに
現象が起こるという人がたくさんいるんですよね。
要するにキリがない。

反応が存在すると言わないと研究費がもらえないのも問題だと思いますよ。

嘘つきますから

そんなの相手にしてらんない

147 :オーバーテクナナシー:04/11/10 09:06:11 ID:aVY0jlqE
>>142>>144
何を怒っているのかさっぱり分からんがな

148 :オーバーテクナナシー:04/11/11 03:24:33 ID:ASlJx3n2
誇大妄想です

149 :オーバーテクナナシー:04/11/11 04:50:03 ID:16AaSt2i
マイトレーヤって奴が次世代のエネルギーとして
常温核融合と太陽エネルギーとかいう奴を唱えてたぞ。

150 :オーバーテクナナシー:04/11/11 11:03:20 ID:ASlJx3n2
太陽電池量産すればいいやん

バカじゃないの ? 

151 :オーバーテクナナシー:04/11/11 11:10:26 ID:mNs8PaCa
>>138
ちょい昔、超伝導セラミックで似たようなことしてたよな。

152 :オーバーテクナナシー:04/11/14 18:35:51 ID:dlUh7gZO
注目して読ませて頂いています。
懐疑的に見ても、何か未知の反応が起きてるんですね。
ミユーオン低温核融合というのもあります。 一発逆転で発見を期待したい。

153 :オーバーテクナナシー:04/11/15 23:24:42 ID:LzZ9ofOv
期待してるだけじゃなくて自分で研究してみたら ?
安全で安価な常温核融合で実用的な大エネルギーが取り出せるようになったら

ノーベル賞ものですよ

154 :オーバーテクナナシー:04/11/17 22:04:25 ID:s1Fpgckv
エネルギーの取りだしではなくって、原子変換が目玉なんじゃ?
常温核融合。
レアメタルが量産できたりとか、そんな感じの。

155 :オーバーテクナナシー:04/11/18 03:09:24 ID:KA4/89eu
>>153
成功してみたら、全然安全じゃなかったりしないかね・・・
爆発したり。

156 :オーバーテクナナシー:04/11/18 08:48:36 ID:GFNbagyU
それは連鎖する自壊…。
もう誰も常温核融合を止めることはできない…。
塩化ナトリウムの柱に変わっていく人間たち…。
旧約聖書の神の裁きの真実…。

157 :オーバーテクナナシー:04/11/18 10:31:45 ID:AgZpWVUM
モルパワー!

158 :オーバーテクナナシー:04/11/18 13:28:33 ID:Pj3bXk5d
常温核融合ができたら、家庭で金が作れるってことだぞ
いいのか?そんなことして

159 :オーバーテクナナシー:04/11/18 14:56:18 ID:aYpJWBuF
>>158
金を家庭で生産するのは無茶だろう。

例え反応そのものが幾ら容易に起こせるようになっても、
それ相応のエネルギーの放出、もしくは投入が必要になるという図式は変わらないわけで、

何から作るにしても、グラム単位で金を作る時に動くエネルギー量はご家庭で容易に扱える量を超えると思う。

160 :オーバーテクナナシー:04/11/18 15:18:06 ID:rZuqTvHz
物質変換・・・工業規模でそれが出きるのは22世紀以降か・・・

161 :オーバーテクナナシー:04/11/18 19:35:46 ID:Gi579vuO
水道水を核融合していくとやがて金ができる

夏休みの宿題に良さげだな

162 :オーバーテクナナシー:04/11/18 19:36:13 ID:Gi579vuO
学研あたりから実験キットが発売されそうな予感

163 :オーバーテクナナシー:04/11/18 19:37:38 ID:Gi579vuO
常温核融合実験キット スタータパック付き \3,200


164 :オーバーテクナナシー:04/11/18 20:08:23 ID:xMjM9ehR
ずいぶん安いなw

165 :オーバーテクナナシー:04/11/18 21:36:44 ID:Gi579vuO
子供の実験用ですから〜 !
その時代には貴金属も値打ちなくなってるし


166 :オーバーテクナナシー:04/11/19 03:10:13 ID:uqd7pO4n
>>157
どーせ大したことないんだろ(プ

167 :オーバーテクナナシー:04/11/19 09:28:29 ID:KGMvR2dF
>166
                γ ⌒ ⌒ ⌒`ヘ
              ゞ(. "; "; ;::;:;:;/: ;.ノ .ノ
                ゞ (;;:;::;; "; ;::;:;/:
                    |  |
                    |  |
................................................ ._....,,. .-ー;''""";;;〜−ヽ_.........................................................................
............................................... γ ,〜ー'''"""'''ーヾ  ヾ........................................................................
                ""'''ー-l ! |'r--〜''""  
          :'            |   |
                   ノ 从 ゝ
    .,; :   _       .,; :   _从  从    .,; :   _       .,; :   

168 :オーバーテクナナシー:04/11/19 16:19:07 ID:EtaqqSGU
嫁さんと常温核融合。

169 :オーバーテクナナシー:04/11/19 23:48:15 ID:uqd7pO4n
>>167
( ´∀`)<流石はモルパワーですね

170 :オーバーテクナナシー:04/11/21 01:36:09 ID:lk/mj98n
>>169
どうせたいしたことないんだろう。Ω

171 : ◆wjKya2GJ.A :04/11/21 19:06:31 ID:w9sUb11+
随分スレが伸びてますね

第11回凝集系核科学国際会議はマルセイユのホテルにて開催されました。
久しぶりにヨーロッパで開催されたとあって、かなり盛況でした。
基調講演にBrian Josephsonを向かえた上に
懸念されていた若い研究者の参入も見られ、成功裏に終了したと言えるでしょう。
しかし、爺さん共はReviewばっかだな もうダメポorz

個人的な印象ですが・・・
三菱重工のチームから待望の6D反応のデータが示され、理論・実験共に
コヒーレントなクラスター核融合モデルに収斂しつつあるように思えます。
生成物のサマリウムはメスバウアー核種であることから
現象解明の糸口になることが期待されます。
定量的な一致が良い理論が示されてきており
現象解明の日は近いのではないでしょうか。

次回は当初の予定通り、日本で開催されることに決まりました。
会議の中では、日本がリーディング・カンパニーであると断言する人も多く
改めて、本分野における日本のレベルの高さを認識させられました。
名古屋、洞爺に続いて3回目の日本開催ですが
日本の貢献度の高さを考えると少な過ぎる気がします。
おそらく、2005年の末に開催されると思われます。
今年中には正式なアナウンスがあるのではないでしょうか。

つか、誰だよ、熱海なんて言い出したのは・・・orz
まともな場所でやった記憶がねぇな
誰かなんとかしる!

172 :オーバーテクナナシー:04/11/21 19:14:16 ID:TDVq1+fJ
常温核融合の解明とマイクロブラックホール生成に成功したら、
漏れ的にはびっくりするほどユートピアですな。(゚∀゚)

173 :オーバーテクナナシー:04/11/22 01:27:46 ID:X67kxJS/
>>167>>169>>170
こういう事か。

   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`)< 流石はモルパワーですね
  (    )  \__________
  | | |
  (__)_)      Ω ポム!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


174 :オーバーテクナナシー:04/11/23 02:30:33 ID:YTXe+lAM
>>171
むー、素人にはさっぱりわからん…
もし良かったら、素人にも意味がわかるようにかみ砕いては貰えないだろうか?

さまりうむ・めすばうあー核種。
なんのこっちゃ、さっぱりわからん。

175 :オーバーテクナナシー:04/11/23 23:41:09 ID:iWKhur3l
おれは興味があるが、まだ未知の部分が多すぎるのか素人向けの記事が無い。 2CHで読んでるw

176 :オーバーテクナナシー:04/11/24 01:10:18 ID:ZjR5c+DL
常温核融合ってのは重水素の電気分解の実験をしていたら
偶然放射能が検出されたので核融合が起こってる証拠だという報告がはじまり
別の科学者が同じことをやって検証するとすべて失敗
その後も何件か同様の報告があるけどどれも追試には失敗する
重水素は水から精製できるのでフリーエネルギー的な要素が強い
今では常温核融合できると思ってるのは、オカルト系の人だけ
核変換が起こってるって記事を最近読んだけど
変換では結局プラスマイナス0でエネルギーは取り出せないけど
原理がわかれば、物質開発なんかに使えるかもね


177 :174:04/11/24 02:35:52 ID:3Xj1+muf
>>176
>今では常温核融合できると思ってるのは、オカルト系の人だけ

おいらもそう思ってたんだけど、>>171氏の書き込みを見る限り、内容がさっぱりわからないけど学術的な会議が開かれているらしい。
エネルギー源として使えるもの凄いモノになり得るのか、学術的な興味の対象にとどまるのか、はたまた単なるデンパなのか。
単なる素人だから>>171氏の書いているものがどんなものなのか、わからん。
はてさて

178 :174:04/11/24 02:52:57 ID:3Xj1+muf
たださ、「凝集系核科学国際会議」でググルと、引っかかるの怪しそうなトコばっかりなのね。
取りあえず、一番上に出てきたところをみるとさ…
http://www1.odn.ne.jp/shishakamo/bin's/bin04-03-03.htm
このページの中に

「関する資料をスナップ写真に添えて送ってきたので紹介しておきたい。園田富子さん((有)富東宮 代表取締役)に
 この写真を見立ててもらったところ、「宝船」がイメージされるという。」
とかいう、オカルトちっくな奴らが初手から出てきてゲンナリ。

2番目の奴はどうなんだろうねーという、恐ろしく微妙なトコ
http://www.geocities.jp/hjrfq930/News/CFRLJpnNews/CFRLNs57.htm
人員もトな感じはまったく感じられないといえばウソになるんだよなー。

179 :オーバーテクナナシー:04/11/26 05:07:11 ID:V4C1rsy+
この手は、フリーエネルギーと勘違いする輩が多く電波が大量に混じっているのは
仕方ないが、一応学術的にきちんと研究がなされている物とは分けて考えるべきは
当然だろう。

如何にも怪しい物を無視するのは素人でも可能だからせめてあからさまな電波は
取り上げないようにしてもらいたいものだ。

しかしながら現状三菱、NTTの研究成果を理解出来る者は少なく無知な人間は
十把一絡げに電波扱いしてしまうのも仕方ないともおもう。

180 :オーバーテクナナシー:04/11/26 05:10:56 ID:V4C1rsy+
>>176
常温核融合を100%捏造のスキャンダルと言い切れるだけの証拠は
今のところ無い。
またその後各方面で追試が行われ、その中で研究が進んだ物が
現在、固体内核反応と呼ばれている物。
これを捏造と言い切るには相当の知識が必要だが論破出来るか?

181 : ◆wjKya2GJ.A :04/11/26 23:09:21 ID:YF9sAqe4
>>174
三菱重工の実験はガスの透過によって選択的核変換を誘起させるものです。

板状パラジウム(Pd)上に酸化カルシウム(CaO)と再びパラジウム箔(Pd)を多層上(Pd/CaO/Pd)に重ねます。
厚さは、おおよそ0.1mm/1000Å/400Åです。
核変換反応は、表面近傍で期待されるため、薄く層を重ねています。

板状パラジウム側を真空にして、パラジウム箔側に重水素を充満させると
重水素が試料の中を真空側に透過していきます。
この時、重水素側の最表面に、つまりパラジウム箔上にセシウム(Cs)を添加しておくと、
重水素の透過に従って、セシウムが徐々に減少していき、代わりにプラセオジム(Pr)が生成してきます。
反応は、容器内に差し込まれた元素分析装置によって、容器外に取り出すことなく分析されています。

セシウムの代わりにストロンチウム(Sr)を添加するとプラセオジムの代わりに、モリブデン(Mo)が生成してきます。
結果的にどちらも、原子番号が4、質量数が8増加する反応です。
重水素の代わりに、軽水素を用いた場合では、現象は再現しません。
酸化カルシウムの層がない場合は、重水素であっても再現しません。
三菱重工以外にも、複数の研究チームが同様の現象を再現しています。
イタリアの核物理研では、電気分解によっても再現したと報告しています。

近年、反応が表面の極近傍で起こっていること、核変換の第一の要因は透過流量であることがわかってきました。
選択的な核変換を実証したことが最大の注目点です。
反応を客観的、多角的に評価している点は大変高く評価されています。
最新の研究では、酸化カルシウムの代わりに酸化マグネシウム(MgO)を用いた場合は再現しないこと。
表面にバリウム(Ba)を添加した場合は、サマリウム(Sm)が生成することが判明しました。
Ba→Smの反応は原子番号が6、質量数が12増加する反応で上述の反応とは少し異なっています。

サマリウムは、メスバウアー効果を利用した特殊な測定が適用できます。
つまり、生成した元素だけでなく。どの部分で生成したか、どういう構造になっているかなどの
材料面での分析が可能になると考えられます。


182 : ◆wjKya2GJ.A :04/11/26 23:28:50 ID:YF9sAqe4
メスバウアー分光だけでなく、本現象については多くの測定方法を適用することによって
現象の解明が求められています。
最近はSPring-8とも分析面で協力しているようです。
一般向けには、HPが公開されています。
ttp://www.mhi.co.jp/atrc/products/pd_tamakuso/pd_tamakuso_1.html

三菱重工の実験は世界的にも最も注目を集めているものですが
他にも、複数のグループが本質的に同じ結果を導いているため
凝集系内に於いて、なんらかの未知の核反応が起こった可能性は極めて高いと考えられます。

しかし、これらの結果は現象が常温核融合として起こったと仮定すると全く説明できないものです。
従って、新たな凝集系内核反応の理論の構築が求められています。
それ故、現在では、凝集系核科学と呼ばれるに至ったわけです。


ところで、凝集系核科学国際会議とは私の訳で正式なものではありません。
通常、我々はICCFという略称を用います。
今回の会議のみを指す場合は、ICCF11と略記します。
古くからの研究者の中には、未だに常温核融合国際会議等と訳す人もいますが
近年の動きに従って、凝集系核科学国際会議と訳しました。
現在は氾濫している用語も、いずれは淘汰されて整理されると思います。


オカルト系が多いのも事実orz
どうにかならんもんかね

183 :オーバーテクナナシー:04/11/27 02:43:49 ID:TyVHRHP9
ほー、何か有りそうな気はするが
なんだか錬金術のようなイメージしか和姦。

もちっと分かりやすく、って言うか資料が
集まりゃなナンとも胃炎な

184 :オーバーテクナナシー:04/11/27 17:45:20 ID:llu4ROGu
在る無しにかかわらず、面白そうなテーマだな。
ある程度筋道が見えてきたら、
ちゃんとした検証が増えて電波は淘汰されてくだろうし。

185 :オーバーテクナナシー:04/11/27 23:29:10 ID:l5s5P6sW
鋼の錬金術師というアニメがはやっているが、常温核融合のみなさん方は、いい意味で、現代の錬金術師かもしれませんねw) 変なカルトもあるのだろうが、光明が見えて来たような気がする。

186 :オーバーテクナナシー:04/11/28 00:34:16 ID:+YKeqzIU
そういった変換が成り立つなら実際、金も精製できるかもね
金の原料がありふれたものとは限らないが

187 :174:04/11/28 01:28:24 ID:CA2uWiEr
>>178,179

>またその後各方面で追試が行われ、その中で研究が進んだ物が
>現在、固体内核反応と呼ばれている物。
>これを捏造と言い切るには相当の知識が必要だが論破出来るか?

だからさ、そういう事を定性的に主張したところで意味はないでしょ?
なんかしらんけど、その固体内核反応とやらを擁護したいのなら、三菱やらNTTやらの成果がまっとうなモンだよ
と君が説明してみりゃいいわけさね。


188 :174:04/11/28 01:35:13 ID:CA2uWiEr
>>182
解説ありがとう。
三菱のとこをちょっと読んでみると、「理屈はともかくなんか元素が変換されてるみたいだよー」
と主張しているのはわかった。
ま、素人としては、あくまで元素変換とかそういう話みたいだから、学術的興味を除けばどうでもよさそー。

もっとも、>>182での
>しかし、これらの結果は現象が常温核融合として起こったと仮定すると全く説明できないものです。
というのが、なんでなのか常温核融合が起こると考えられる仕組みをしらんから、いったいなんでなのかさっぱりわかんないけどね。


189 :オーバーテクナナシー:04/11/28 01:56:55 ID:+YKeqzIU
常温核変換が成り立つとすると
宇宙のいろんな説が覆されることにもなるんじゃないの?
太陽の数倍もあるような恒星なんかなくても宇宙の質量の増大がおこることになると


190 :174:04/11/28 03:38:53 ID:CA2uWiEr
>>189
いろんな説が覆されることになるかも、というのはまぁ別の話としてOKとしても。

宇宙の質量の増大なんて、どっから沸きだしたデンパを汲み取ってきたの?


191 :オーバーテクナナシー:04/11/28 10:25:50 ID:auQH7Z+h
>>190 真空のエネルギーw)!

192 :オーバーテクナナシー:04/11/28 10:35:26 ID:tGwaHPqM
>>189
現状で、そこまで話を拡げちゃうのもどうかと。
実際そこまで大規模なものだったら、とっくに発見さけてると思うな。

193 :192:04/11/28 10:37:31 ID:tGwaHPqM
>>192
でも、可能性については楽しみではありまする。

194 :kひげ:04/11/28 22:00:10 ID:p3QtSbRh
常温核融合が起こると近くにいる人間は
被爆するんだよね〜。
対策を打ってからやらないと、できたけど
みんな死んでいたなんてことにならない。

195 :オーバーテクナナシー:04/11/29 22:42:39 ID:5DzxeKqC
核融合で放射線を吸収することにより

放射性廃棄物の処理が可能になると僕は考えています

196 :オーバーテクナナシー:04/11/29 23:19:37 ID:eNaIGXpf
>>195
 中性子線なら、中性子吸収剤に混ぜることで少なくできるだろうけど、
ガンマ線の類だと難しいんじゃないかなぁ。

197 :オーバーテクナナシー:04/11/30 01:46:36 ID:HnwMeFrM
>195
なるほど、半減期の短いものに核変換すれば。

ん、?放射線の吸収ですか。

198 :オーバーテクナナシー:04/11/30 13:20:27 ID:K186Oj7/
>>196
それは辛そうですね。
ガンマ線の貫通力ってどの程度なのかな?
良いサイトがあったら教えてください。

199 :オーバーテクナナシー:04/11/30 21:46:12 ID:1k/BajPs
ガンマ線は有効利用できませんか ?
 
あれって痛いし

200 :オーバーテクナナシー:04/11/30 22:06:19 ID:hG7za4Bg
核融合はともかく、核変換はもう確定ぽい感触があるんですが、どうなんでしょうね
特に高レベル放射性廃棄物を無害化できる可能性に心惹かれます。


201 :というかまあ・・・:04/12/01 01:48:03 ID:YDTYtSuX
あれほど詐欺扱いした世間が今度どの面して「あなたがたは立派でした」
とかぬかすんだろ。w

大体、真実というのはたとえ数例であっても別々の実験結果が再現したなら
それが真実をさすに決まっている。NTTの山口、北大の水野、どこだかの
真空方式のパリティ誌の追試記事が出た時点でもう真実確定だったんですが。w

「100も200も追試成功しないと信じない」なんてなのはただの「アホ」
でしかありませんね、そもそもが。物事の認識というものをもっと突き詰めて
論理的に思考してくだされや、と今でも否定派組のアホ物理学者どもに言うしか
ないです。

202 :というかまあ・・・:04/12/01 01:56:02 ID:YDTYtSuX
仮に「中性子があんまり出てこない」から「たとえ質量分析器で異種核が生成
していたとしても」”核反応は起きているはずがない”と思考したのなら、
そいつは論理学をもっぺん最初からやり直す必要があっただけさ。

「質量分析器で異種核物質が複数検出された」実験が、離散した研究者間で
複数成功したのなら、それはイコール、

 「核反応はその金属表面で起きている」

が、

 「その反応においては、通常知られてきた反応とは異なり、多数の
  中性子線が外に飛びすのが検出されないで起きている」

ということが結論されるだけだろがよw こんな簡単なこともわからない
のが給料大枚もらっとる学者とやらだってんだからどうしょうもないわけよ。

203 :というかまあ・・・:04/12/01 02:10:36 ID:YDTYtSuX
この常温核融合が騒がれる前に、これと同じ「核変換現象」が、
 「普通の軽水中で大電流を流すだけで必ず起きること」
として、すでに知られていたことも付記しておけばここの連中も驚くか、
あるいは知っていた人もいるかもしれん。

これは「マルチアーク」として日本の「萬融工業」てな(字がチガッ
トッタらすまんが)中小企業が、あのフライシュマンとポンズの発表以前に
やっとってだな、しかもちゃーんと質量分析器で分析してたら「元もとは
含まれてなかったはずの希少金属物質が電極表面にたくさんできておった」
ことも実はテレビ放送までされて知られておったのだ。大笑いだろが!

これを疑うのなら、1988年までにこの「マルチアーク」関連で放送された
民法のテレビ番組を検索してみれ>民法局さんよ。ちゃんと証拠が出てくる
だろうよ。(確か日本テレビあたりだったかと)だがこの話は当時はとんでも
の部類だとかであんまり大騒ぎになることはなかったんだが、そのころに
日本の学者もこういう面白い現象をまともに相手していれば今ごろは世界に
先駆けて「試験管核変換」でノーベル賞確定だっただろうなーと。な、既製の
理論で凝り固まってると宝の山を逃しちまうんだよ。わかる?>学者さんよ

204 :オーバーテクナナシー:04/12/01 09:16:12 ID:ixZY6XCO
常温核融合騒ぎのずっと前に
「とある植物内で元素変換が起きている!」とかいう
いかにもオカルトっぽい説をどっかで読んだんだが
あながち嘘とも言えなかったわけだ。

205 :オーバーテクナナシー:04/12/01 18:29:58 ID:hTRq3nBF
まああれだ、貴金属は”売り”だな。
貴金属が暴落したら、何が投資対象になるのか。
株式、不動産、古美術などか。

206 :オーバーテクナナシー:04/12/01 21:42:25 ID:ZAOsiv3h
じゃあ真空エネルギーもありありでいいかな?

207 :オーバーテクナナシー:04/12/02 03:13:12 ID:5awOr9CI
>>203
マルチアークってプラズマになるんでしたっけ?

>>204
C・L・ケルヴランですね。
地質学と物理学での業績はあるのに生体内元素変換説のせいでノーベル賞を逃しちゃった人。
おかげにイグノーベル物理学賞なんて不名誉なものまでもらってます。
なんでも石灰質の少ない土地でニワトリを飼ってもちゃんと卵を産むのでその説を確信したとか・・・
まぁアインシュタインも宇宙は神が創った世界だから膨張しないとか言ってましたけど。

>>205
レアメタルが高騰してるのでニッケルやクロムの鉱山あたりが狙い目。

208 :オーバーテクナナシー:04/12/02 18:15:52 ID:PELdfZqz
オカルト

209 :オーバーテクナナシー:04/12/02 22:31:55 ID:DFwSwbf2
そんな事いったら、真空エネルギー、量子摂動もオカルトになっちまう。

210 :オーバーテクナナシー:04/12/02 23:05:44 ID:kbMyHoic
いつの時代も新しい発見はオカルトが始まりなんだよ
ちょっとでも理論からそれてるとオカルト扱いして
追試すらまともに行わずに、ほうむりさる今の風潮は最悪だな
どっちみに多大な資金を浪費してできた成果は実用性のない
ものばかりなんだから、オカルト的なことやっててもいっしょでしょ
1998年までは宇宙は減速膨張してるとか言ってたんだから
今から思えばどっちがオカルトだよって感じだしな



211 :オーバーテクナナシー:04/12/03 01:18:02 ID:R0TkepGk
バブル核融合はいかが

212 :オーバーテクナナシー:04/12/03 05:34:53 ID:WH66kQbs
客観的事実を積み上げると、どうやら何かありそうだと言えるところまで来てはいる。
具体的にどう役立てるか、理論付けはどうだと言った問題はこれから徐々に明らかに
なるってことだね。
現在その程度しか解っていないのも事実だが割と期待して良いんじゃないの?夢もあるし。

213 :オーバーテクナナシー:04/12/03 09:58:03 ID:QeOov4My
熱核融合は理論体系が明確だが、技術がついてこない。
常温核融合は理論がまだだが、既存の技術でなんとかなりそうって事かな。

214 :オーバーテクナナシー:04/12/03 19:19:12 ID:ew4DCRb5
非熱核融合は量子レベルで見れば起こってる可能性はあるが
エネルギーとして利用するには継続的、非可逆的に起こり続けなければならないのでダメポ。

215 :174:04/12/04 00:29:52 ID:oNMcFTGc
原子核が、互いの電気的な反発に打ち勝って一緒にくっつくには、猛烈なスピードでぶつけ合うしか
今のところ考えられなかったのが、どうやらそれ以外のくっつき方が世の中にはあるらしいって事な
のかな?

ま、それはそれとして「というかまあ・・・」氏は、なんか物理学者に恨みでもあるのかね?
なんかよくわかんないね。
「こんな簡単なこともわからないのが、給料大枚もらっとる学者」云々っていう発言が、なんか、ね。

簡単なことなら、専門家は当然分かるんじゃないの?
それをしないってのは、なんか理由があるんじゃないのかね?

216 :オーバーテクナナシー:04/12/04 02:04:12 ID:Lb2C2/i0
なぁ、放射性炭素年代測定法の基礎的な根拠になってる
「生き物の体には特定の炭素が一定量で含まれてる」
ってのもなんだか関連しそうに思うが考えすぎかな・・・
だって一定量に保つには何らかの分別能力と、調節機構が
要る筈。で、同位体は化学的には同一だから・・・
名前忘れたけど、生物の体を形作るには、拡散と浸透圧
さえあればイイ、って言ってる学者がいたはず・・・

>>215
自分の収入を守るために、自分の理論を守らねばならず
それに反する証拠が見つかっても、もみ消そうとする。
大金のかかってる核融合炉開発なんかだと、もう必死だろうね。

217 :オーバーテクナナシー:04/12/04 03:15:27 ID:kC/F0tHG
パラジウムってのは分子構造が格子状になってるらしくて
熱を加えると体積の数百倍の水素分子を取り込む
で中では高速に水素分子が移動してるらしい
そこまでギュウギュウ詰めにされてると一定の確率で
加速器なみの衝突が起こるんじゃないかな?
ナノテクでもっと効率のいい格子構造の素材を作れば
常温で核融合させてエネルギーを取り出すのも夢じゃないのかも

218 :オーバーテクナナシー:04/12/04 05:33:29 ID:j9nm18Ts
>>216
放射性炭素年代測定法は空気中の二酸化炭素を元に行われる。
二酸化炭素は光合成で取り込まれて植物由来の炭水化物となる。
それを摂取した動物が新陳代謝を止めた時期が100年単位くらい推測できる。
なので数百年貯蔵した食料ばかり食べた動物を測定すると数百年前の物と診断されてしまう。
また0.1〜0.2%程の地域差もあり外国から持ち込まれた物だった場合にはずれが起こる。
半減期は2個原子があれば1個が放射線を出す時期であり、残るのはもう出した原子とまだ出してない原子。
なので手垢がつくと、まだ放射線を出してない炭素と出した炭素の割合が変わって測定精度が失われる。



ところでミューオン触媒核融合はいまどうなってんだろう。

219 :174:04/12/04 08:10:50 ID:oNMcFTGc
>>216
>自分の収入を守るために、自分の理論を守らねばならず
>それに反する証拠が見つかっても、もみ消そうとする。
>大金のかかってる核融合炉開発なんかだと、もう必死だろうね。

ま、普通は陰謀論って言われちまうよね。

いま猛烈な大金を動かしている企業なら、もみ消しってのもあり得ると思うけど
一研究者にとってはもみ消し意欲なんかないんじゃないの?

220 :オーバーテクナナシー:04/12/04 15:10:25 ID:V/P59ba9
>>218
今も昔もエネルギー収支は赤字にしかならないから実用化はしないはず>ミュオーン


221 :オーバーテクナナシー:04/12/04 15:14:35 ID:V/P59ba9
この手の低エネエルギーでの核変換は量子論的には「トンネル現象」で説明されるんだろうな。
なんせ宇宙の誕生すら説明しちまうからな。

222 :オーバーテクナナシー:04/12/04 15:59:55 ID:WFPb7Srt
 別に低エネルギーじゃなくとも核反応はトンネル現象だとも言えるが。

223 :オーバーテクナナシー:04/12/04 20:36:11 ID:kC/F0tHG
高温核融合も収支ないしな、オカルトだよなあれ

224 :オーバーテクナナシー:04/12/04 23:39:40 ID:W37h3Ysd
念力〜〜!

225 :174:04/12/05 00:47:42 ID:D/I58waj
>>223
なまじ、恒星なんてモンが近くにあるぶんだけ、おいら達一般大衆は「いつかは…」と思うんだわな。
足かけ50年くらいになるのかな?。核融合炉実用化研究の歴史って。
壮大な詐欺と言えなくもないわな。


226 :オーバーテクナナシー:04/12/05 01:23:30 ID:+XXB2BvQ
>>217
起こりません。

227 :オーバーテクナナシー:04/12/05 03:53:13 ID:u/iMssZB
>>218
いやだから、
>動物が新陳代謝を止めた時期
が分かるって事は、生物の新陳代謝が何らかの核物理学的判別能力がないと
ダメなんでは?ってことで・・・そうじゃなきゃ、生き物も自然界も放射性炭素の
割合は同じになりそうな気がするが・・・

それ以外で放射性炭素が生物の体に一定割合で含まれる理由って何?

228 :オーバーテクナナシー:04/12/05 05:20:57 ID:DxQ0Ao4p
いまの大気を袋につめて5700年後に測る→放射性炭素の割合が半減
いま死んだ動物の遺骸を5700年後に測る→放射性炭素の割合が半減
閉鎖空間を作ってそこに5700年生き続ける生物→放射性炭素の割合が半減
自然環境で5700年間生き続けるがエサは閉鎖環境の炭素から合成→放射性炭素の割合が半減
自然環境で5700年間生き続ける生物→放射性炭素の割合変わらず
閉鎖空間に生き続ける生物に5700年後に数年間自然環境のエサを与える→放射性炭素の割合変わらず


炭素の半減期は約5700年だから分かりやすく設定してみた。
5700年前に宇宙線を浴びた炭素と数十年以内に浴びた炭素が入れ替わるどうかって話。
新陳代謝は食べて吸収して出して入れ替わるだけで核物理学的判別能力なんぞどこにもない。

229 : ◆wjKya2GJ.A :04/12/05 16:17:19 ID:5gEEtdCC
かねてより話題になっていたアメリカ エネルギー省(U.S.DOE)の再評価ですが
遅れに遅れて、年内の公表は間に合わないのではないかと思われていましたが
ようやくまとまったようです。

アメリカの研究者5人の連名による嘆願書に基づき
DOEは独自に9人の専門家に再評価を依頼したようです。
核物理、固体物理(材料物性)、電気化学に於ける理論、実験の一流研究者です。

再評価は、嘆願書に添付してまとめられた報告書を評価するのと同時に
凝集系核科学に従事する6グループが行った口頭プレゼンテーション
と併せて、両面から評価が下されています。

再評価の観点は次の3点です。
1 (数eV以下での)凝集体内低エネルギー核反応生起の実験的証拠を調査、評価する
2 それらの証拠は核反応が生起すると結論づけるのに十分なものであるか
3 本分野に継続して研究する余地があるか
   あるならば、最もふさわしい方向性を見極める

以下に、結論を引用します。

 1989年の評価以降、熱量測定の高精度化に伴って一段の進展が見られたものの
 今回の再評価により導き出された結論は、1989年当初の物と酷似している。

 再評価委員は論争に終止符を打つべく、多くの基礎研究を検証した。
 現象の解明にあたっては、現在の技術を用いた重水素吸蔵金属の材料学的見解と
 最先端の装置と手法による重水素吸蔵箔からの放射粒子の研究が有効であろう。
 再評価委員は、研究助成の申込みや論文投稿等の審査課程が
 本研究分野のためになると確信している。


230 : ◆wjKya2GJ.A :04/12/05 17:06:47 ID:5gEEtdCC
個人的な感想ですが・・・
マスコミが煽っていたほどの大きな変化はなさそうです。
一部、研究者が冷静に分析していた通り、DOEは積極的には動かないと思われます。

DOEを動かせなかった原因は明らかで
嘆願書の中には重水系での過剰熱とHe4の発生のみに焦点が絞られ、
軽水系やガス系、ビーム系、理論、そして何より核変換が一切取り上げられていないからでしょう。
これは、彼等の戦略とのことですが、私は
自分達の名誉や利権に走り、他の研究者達の業績を示さなかったのだと考えています。
特許を占有して、アメリカの業績にしてしまおうという方針が、どうにも好きになれません。
そのため、アジア・ヨーロッパの研究者との間に溝ができてしまっているような気がします。
アメリカの資金獲得の性質上、研究が過剰熱に偏るのは仕方がないのかもしれませんが
現象の本質的な解明には、核反応を突き詰めていくのが有効であるように思います。

今回の再評価が凝集系核科学再興の動きにブレーキをかけることにならなければ良いのですが。
日本においても、政府が早い時期にプロジェクトを立ち上げれば
今後、数十年に渡って、日本の優位性が保てるでしょう。
今回の再評価の結果、事態が動くというわけではありませんが
近年の一連の動きは、ブレークスルーを予感させる物です。

今後も地道にデータを収集して、いずれ機を見て攻勢に出ることになるでしょう。
今はまだ、その時ではないようです。
やがて来るであろう、その時のために多くの人々の理解と協力が不可欠です。
然るべき予算と若い研究者の参入を期待しましょう。


ところで、常温核融合スキャンダルは1989年3月25日の記者会見から始まりました。
87年となっている、この報告書は、もしや偽物なのだろうか?
釣られた可能性を残しつつも、DOEはもうダメポorz

231 :オーバーテクナナシー:04/12/06 00:26:26 ID:FL4jljqB
でもさ固体内核融合で発電って可能かな?
中性子線でないんでしょ?大規模な核種変換が可能ならいい感じなんだろうけど・・・

232 :オーバーテクナナシー:04/12/06 00:33:40 ID:vVXzsLKh
ヘリウムがあるってことは中性子も出てるでしょ
大量にだせたらちょっとした発電規模になるけどね
大量にだせたら・・・

233 :オーバーテクナナシー:04/12/06 00:41:15 ID:tnr4Ttm1
炭素云々に関して。

自然界に一定の割合で生成され続けているから、炭素が含まれる物質には一定の割合でC-14存在する。
ただそれだけのこと。

ガイシュツ?

だったらスマソ。

234 :オーバーテクナナシー:04/12/06 03:42:03 ID:0IkwHtI8
生きる限りは割合が一定になるとか見当違いなこと考えてたんでそ

235 :オーバーテクナナシー:04/12/06 17:08:05 ID:3y7J9IHq
>>233
なるほど。
てゆうか、放射性炭素年代測定法を使える対象は「自然界に無かったモノ」って事か?
「地中等に有ったため、宇宙線をほとんど浴びていない事が期待できるモノは放射性炭素が半減している」
で、いいんだよな?

>>228の例で行くと
「自然環境」では宇宙線を受けると想定してる以上
>いまの大気を袋につめて5700年後に測る→放射性炭素の割合が半減
>閉鎖空間を作ってそこに5700年生き続ける生物→放射性炭素の割合が半減
の二つしか確実には言えないって事だよな?食物だけでなく生物自体も宇宙線浴びるし。

236 :オーバーテクナナシー:04/12/06 17:52:23 ID:3y7J9IHq
つうか、もっと色々な条件でテストして、どういった条件なら反応が起るか調べないとイカンのでないの?
比較的狭い限定的な範囲の情報で、理論化しようってのに無理が有る気が。
重水素以外の同位体、金属以外の膜、複数の添加元素、気圧差(真空)以外の透過・・・

237 :オーバーテクナナシー:04/12/06 18:35:18 ID:tnr4Ttm1
C-14ってどうやってできるか知らないだろw

238 :オーバーテクナナシー:04/12/06 21:09:31 ID:tNwqw5D8
おばあちゃんが真心込めて作ってます

239 :オーバーテクナナシー:04/12/06 21:31:32 ID:qmiZDa99
中性子が発生しても、すぐに捕獲されてしまって変換してしまうから、外に出てこないんだろ。

240 :オーバーテクナナシー:04/12/06 21:48:54 ID:FL4jljqB
捕獲にも限度があるしな、そのC60は崩壊しないの?


241 :オーバーテクナナシー:04/12/06 22:07:20 ID:IbI7NsD5
崩壊しない分子などない

242 :オーバーテクナナシー:04/12/07 00:46:27 ID:rYYVf/il
ぶっちゃけ、分子とか原子とか真空とか電子とか要するに完璧に解明されてないわけです
すべて推論と実験が合致したから「そのとおり」と思い込んでいるだけであって

根本的なところから物理学はやり直す必要がある

243 :オーバーテクナナシー:04/12/07 00:47:21 ID:rYYVf/il
誰も見た事なんてないし見る事もできないのにわかったような顔をしている学者が痛いのです

244 :オーバーテクナナシー:04/12/07 00:52:12 ID:rYYVf/il
加熱すると電子の運動が高まるよね
電子の運動が高まるとそのエネルギーに応じた波が空間に打ち出される
その波の波長が可視光線や電波であります
鉄を熱していくとやがて赤くなり光を発するということです
ただしいろんな波長が混じっています
物質はもっと複雑なんじゃないのかと思います


245 :オーバーテクナナシー:04/12/07 00:58:28 ID:rYYVf/il
だいたい「熱」ってなんなんだよ なんで伝わるんだよ
電気は熱いのか ? 電子は ? プラスとマイナスってなんだ ? 何が伝わるんだ ? 電圧 ? 電流 ? 熱 ?

ぜんぜんわかんねーじゃないか

246 :オーバーテクナナシー:04/12/07 01:01:18 ID:rYYVf/il
空間がプラスマイナスゼロの静止エネルギーで満たされていて、
その状態をマイナスやプラスに遷移させる原子の状態を電気が流れているって言うんだと思った
うまく言えないが俺の発見はは正しいとおもう 光も実は電気なんだ  

247 :オーバーテクナナシー:04/12/07 01:17:15 ID:7OrDhKt4
ハィハィハィと。

オコチャマはもう寝る時間ですよ。

248 :オーバーテクナナシー:04/12/07 01:44:35 ID:NO1+Xly8
>>235
なんでオゾン層破壊があんなに危惧されてるのかと小1時間(ry

249 :オーバーテクナナシー:04/12/07 09:46:49 ID:eUIfPXrU
電気は一側面だろ
質量があるってのは重力って言う未知のエネルギーに
作用する電荷をもってるってことだろ
電荷ってのも実際なんなのかようわからんが
とにかくすべての根本になるエネルギーがあるんだろ
性質の違いはただのおかれた状況の違い
でなきゃエネルギー変換なんてありえない

電子顕微鏡だってそうだな
原子まで見れても、表面がどういう状態か見えてるわけじゃないんだよ
ありゃ単純になにかの力によって電子がはじかれてその点を表示してるだけだから
その力が実際どういうものかを表示してるわけじゃないからな

250 :オーバーテクナナシー:04/12/07 11:44:04 ID:9X07DHZl
何が未知で何が既知なのか調べてから書け。

251 :174:04/12/08 00:42:30 ID:k4wtFJou
>>250
まぁ、そういう指摘は正しいんだけど。
基礎的な知識がなくてかつ、誤認もしているけれど、まぁ、それほど筋は悪くなさそうな気もする。

前後を無視すれば、この書き込みそのものは、悪くない(はず)。

>とにかくすべての根本になるエネルギーがあるんだろ
>性質の違いはただのおかれた状況の違い

はず、と言ったのはM理論でも超ひも理論でもまー呼び方はどうでも良いけど、概ねそういうことをいってる(はず)だから。
あらゆるモノは究極的には単一の起源に帰着し、状況に応じて振る舞いが違ってみえるだけである。
とはいえ、その理論の欠片でもおいらが理解しているとはとても言えないから、「はず」としか言えない。

252 :オーバーテクナナシー:04/12/08 00:59:24 ID:HdnkPYRh
まぁ物理板じゃないんだし、そういうスタンスでいいかもね。

253 :オーバーテクナナシー:04/12/08 02:47:01 ID:oFFzdLwe
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&c2coff=1&q=%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E4%B8%80%E7%90%86%E8%AB%96&lr=

254 :オーバーテクナナシー:04/12/08 03:42:09 ID:LIuT69pv
>>237
大変よくご存知のようなので、ご教授頂けまいか?

>>248
まったく宇宙線の影響は無いとでも?

255 :オーバーテクナナシー:04/12/08 04:31:23 ID:u840+EEI
>>251
エネルギーとか相互作用とか、言葉の区別ついてないだろおまえ

256 :オーバーテクナナシー:04/12/08 05:30:23 ID:oFFzdLwe
大気圏上空で宇宙線により飛び交う中性子とぶつかったN-14(陽子7 中性子7)はC-14(陽子6 中性子8)になる。
C-14は5730年に半分の割合でβ壊変を起こし安定なN-14に戻っていく。
地上においてN-14が安定核種でいられない環境になったら地上はおしまいかも。

257 :オーバーテクナナシー:04/12/08 08:19:42 ID:t6r7MA3X
>>255
禁句だよ。
登場から痛い奴で通ってるんだし。

258 :オーバーテクナナシー:04/12/08 10:06:22 ID:R7FLAGlR
言葉が存在しないものを表現するのに、現存の言葉を適用することに問題はない
現存の言葉の意味を曲げるのがだめだというなら
量子テレポーテーションとか量子スピンとかやめれ

259 :オーバーテクナナシー:04/12/08 20:16:23 ID:N5t4pCSI
地球の中心部で核融合が起こってるって知ってるか ? おい。


260 :オーバーテクナナシー:04/12/08 20:35:56 ID:Z3NIixu3
>>259

SiH4

261 :オーバーテクナナシー:04/12/08 23:19:35 ID:ZS0u8DRY
えぇー中坊にはわかりませんょ。
でもカナ〜リ面白い!
寝るつもりで軽く見てたら1時間タチャッタじゃないか!
どうしてくれる!
こんなによくわかんないけど面白いスレ作ったやつ!出て来い。
睡眠時間返せー(笑

262 :174:04/12/09 00:36:37 ID:0Mlml1BL
>>255
エネルギーとか相互作用とか、一言も書いちゃいないんだがな。
ま、雑学本レベル以上の知識はないから、あたりだけどね。

で、エネルギーとか相互作用とか、言葉の区別をつけたいんで、説明してくれるかい?


>>257
必死だなぁ、おまえ。
記憶にないが、どこかで俺に、グゥの音も出ないほど論破され、罵倒された負け犬なんだろう。可哀想に。

263 :オーバーテクナナシー:04/12/09 00:49:12 ID:npAETGmp
>259
核分裂でなくて?

264 :オーバーテクナナシー:04/12/09 01:34:07 ID:+R8Z9jrL
地球は何故熱いままなのか
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/earth/1012137313/

1 :名無しさん :02/01/27 22:15
100年来の論争に今こそ終止符を打ちましょう。

265 :オーバーテクナナシー:04/12/09 02:39:32 ID:uR8esj1t
常温って室温程度の温度のことなのかな

核融合したら熱が発生するから常温じゃなくなるだろ バカ

核融合が起こったときにそばに居たら死ぬぞ マジで


266 :オーバーテクナナシー:04/12/09 02:58:33 ID:I/8YcE0j
Β崩壊ってなんでおこるんだ?
意図的におこさせれば、カナーリ ウマーなことになる

267 :オーバーテクナナシー:04/12/09 03:07:40 ID:zeRGU1Rk
>>265
加圧雰囲気で、なおかつ冷却水を高速で流せ。
260℃くらいまでなら耐えるぞ。

268 :オーバーテクナナシー:04/12/09 19:47:33 ID:+R8Z9jrL
常温=非熱核ということだ。
熱核だと低くても1000万℃とか、普通の圧力なら数億℃とか無茶な熱が必要。

常温核融合は数千℃のプラズマ放電で核融合が起こったと主張してるわけ。
1atm 25℃ とかいう話ではない。

269 :オーバーテクナナシー:04/12/09 21:36:50 ID:WwnuiKvr
核融合ってなに?できるとなんかいいことあるの?スパイダーマン2見ておもた。

270 :オーバーテクナナシー:04/12/09 22:22:48 ID:zFIx9xy9
>>261 さん楽しんでいますか?
この興味をさらに延ばして、私達を飛び越えて行って下さい。

271 :オーバーテクナナシー:04/12/09 23:29:57 ID:QpTBgsWE
まだまだ逝くよ〜!

272 :オーバーテクナナシー:04/12/10 10:36:53 ID:+Q/kjwr0
なぜか、この核融合・核変換では中性子がほとんど検出されない。 外に出て来ない。

273 :オーバーテクナナシー:04/12/10 13:24:44 ID:M7T9s9fZ
熱は出るんですかね。お湯がぼこぼこ沸くくらいの。

274 :オーバーテクナナシー:04/12/10 14:17:03 ID:c1jW2M+g
常温核融合もとい固体内核変換、ほんとに面白いね。
素人でも参加できるところがまたいい。
研究には金がからないようだから、未知の反応があるならとことん研究するべきだと思う。
日本はがんばっているようだから応援したいよ。

ところで前の書き込みにあったが、現象が量子力学のトンネル効果で説明できるなら、
再現性の問題は多世界解釈でどうだろう?どこかに再現性100%の世界があり、
たまたまこの世は再現性?%の世界だったということでどうよ?


275 :オーバーテクナナシー:04/12/10 14:45:49 ID:ZiN3dncb
なにか起こってる事は確かだけど近い将来エネルギー革命が
起きるようなハイペースで研究が進むとも思えないわけでその辺りが
一寸残念かな。

276 :オーバーテクナナシー:04/12/10 15:12:42 ID:ff8bXotW
素人がどうやって研究すんの?

277 :オーバーテクナナシー:04/12/10 17:49:26 ID:lF/Jk5vE
重水素と分析機器が素人には手が出なさそうだが。

278 :オーバーテクナナシー:04/12/10 18:11:24 ID:c1jW2M+g
>素人がどうやって研究すんの

書き方がまずかった。
厳密な研究でという意味ではないよ。
前の書き込みに、普通の軽水でも大量の電流を流せば・・・
というのがあったから、こりゃわしにも出来るわいと思っただけ。
よしなに。




279 :オーバーテクナナシー:04/12/10 20:02:53 ID:ff8bXotW
>>203は万鎔工業(株)のマルチアークなんだけど

マルチアークの仕様
駆動電流:200A以上
電圧:50ボルト(3相交流)
アーク炎温度:4000度以上、中心部では12000度以上

 日本のコンセント
電流:15A
電圧:100V

あとマルチアークは溶接棒が気化が電力削減に関与してたと思うんだけど
マンガン中毒の危険性があるから注意。

280 :オーバーテクナナシー:04/12/11 00:40:32 ID:fWQcNEYD
マルチアークはフリーエネルギーの業界でもたびたび取り上げられるから
うさん臭がられて当然だわ。

281 :174:04/12/12 02:16:08 ID:tGlKQyZZ
>>280
常温核融合って、上の方でまともな学術としても存在してそうだと書いている人がいる
んだけど、ググルとゲンナリするようなページのヒットばかりなんだよね。

本物ならば、まだ芽の段階だと思うんだけど、どうしてここまでゲンナリするような連中が
沢山住んでる業界なのかなーとか思うと、胡散臭い業界であることもまた言えるわけで。

今後に期待しつつ、生暖かい目で見守るってのが、素人にできる最大限好意的な立場と思うな。


282 :オーバーテクナナシー:04/12/12 02:37:50 ID:cD2pPPT/
>>281
てか、今まで見過ごされていた現象やフリーエネルギーの連中が理論付けもせずに
喜んで持ち上げていた現象に理論付けがされ始めた段階だから胡散臭い連中の中に
埋もれてしまうのは仕方ない部分もあるわな。

真面目にやってる人には悪いけど今は、嘘くさいてか詐欺と真面目な学術研究との割合は
99:1以下じゃないか?

283 :オーバーテクナナシー:04/12/12 05:40:27 ID:4UctJeb6
>>282
トンデモ信者だろうと金を出してくれるならマトモな研究者でも大歓迎だろ。
研究者の7割近くが60過ぎた老人で年々減っていってる状況だし。

微量の中性子を出す低確率の核融合なら起こっているとする説は認められてるんだが
これは量子レベルの微弱な反応でエネルギー源に使えそうにないらしい。

284 :オーバーテクナナシー:04/12/12 05:53:03 ID:cD2pPPT/
ぐぐる先生だけを頼りにげんなりするのも早計ってな。
どうでも良いけど。

285 :174:04/12/12 23:10:48 ID:Nx33ofdc
>>282
ま、本物なら、詐欺のような連中とトな連中はそのうち淘汰されるでしょ。

商売にでもしようってんじゃないのなら、先物買いする必要もなし。
本物が出てきてからでも、素人が興味を持つのは決して遅くないわけで、
そういう意味も含めて今は「なま暖かい目」で見守るのが精一杯の好意では?と。


286 :オーバーテクナナシー:04/12/13 06:01:15 ID:xpJlQTCD
>>285
正論だと思うわ。
企業も一発逆転ねらいか真面目に研究してるところがあるようだからアシモみたいに
突然面白い物が出来るかもしれない。

287 :オーバーテクナナシー:04/12/13 11:30:56 ID:/oCu7TPo
三菱重工の膜で核変換する奴、重水素ガスの代わりに三重水素とかヘリウム3とか使うとどうなるんだろうな?


288 :オーバーテクナナシー:04/12/14 11:14:38 ID:Lq88Un34
>>282バカが真面目にやっても
うさんくさい奴にも勝てない

289 :オーバーテクナナシー:04/12/18 18:30:15 ID:gzgbTq9U
age

290 :オーバーテクナナシー:04/12/18 21:14:49 ID:c1WhiBSP
常温核融合って、数年前に朝のニュースで見たけど、
あれって捏造って聞いたよ。
他の研究所とかで再現出来なければ意味ないし。

291 :174:04/12/18 22:02:51 ID:i62DJBTT
>>290
それが、ちと微妙…らしい。
素人にはちょっと判断つきかねるが、スレを探ると学術的に成果が出ていそうな雰囲気はある。
もちろん、胡散臭い連中もたんまりいる。
今のところそんな感じ。

292 :オーバーテクナナシー:04/12/19 00:35:44 ID:EMDxCWlb
>>290

スレを読まずにレス 

の1行が抜けてるぞ。

293 :オーバーテクナナシー:04/12/19 12:11:07 ID:BpJDOldb
もしノルマル状態で確率的に水素が核融合するものであったとして
それがもし半減期のように数億年で半分がHe-4になるというような確率であったなら
空気組成とか太陽の成分の割合とかに、それと相反してしまうというような否定的データは存在する?

294 :えx:04/12/19 12:43:46 ID:2Tv5eB60
面白い着目点ですな

でも水素はビックバン直後の元素だから数億年レベルだと
宇宙の水素は枯渇してしまいそうな悪寒

数十億年だったら有り得るかも

295 :オーバーテクナナシー:04/12/20 18:08:06 ID:zV+dIuqa
そもそも崩壊するということは、電子を存在させるために
原子のエネルギーを放出してるってことだろ
これを一気に加速させる方法があったら
原子から直接電気に変換することができる

>>293
ちなみに1分に1個程度の崩壊が観測されたとか言ってたな
太陽系組成が同時期に作成されて水素で成り立ってる以上
そんなことはありえないだろう

296 :オーバーテクナナシー:04/12/20 21:42:20 ID:Rl2VhDJd
1分に1個程度の崩壊ということは半減期は1〜2万年くらいか。

297 :オーバーテクナナシー:04/12/21 16:34:12 ID:PLLuLfjN
>>293
半減期5億年で水素の半分がヘリウムになるとすると、
10億年では水素はもとの1/4に、15億年では1/8に、20億年では1/16に、25億年では1/32、30億年では1/64に・・・

今宇宙できてから何億年よ?

298 :オーバーテクナナシー:04/12/21 21:04:24 ID:KgaplHBe
恒星内部で新たに形成されるから大丈夫

299 :オーバーテクナナシー:04/12/21 23:19:38 ID:UstqyXCb
それは初耳

300 :オーバーテクナナシー:04/12/22 03:34:54 ID:MKVaWsGX
>>297
ウラン238の半減期は45億年。
これよりもっと長くなるんじゃないかな。

301 :オーバーテクナナシー:04/12/26 20:09:21 ID:ZrPG3zYM
「学会で検索しても変なページしかヒットしない」
というのがあるけど、学会って言うのは普通参加費を払えば誰でも、
あるいは「二人以上の紹介があれば」等の条件で参加できる。
うっかり変な奴が二人入っちゃえば、後はトンデモが入るのも自由自在。
俺が行ってた学会でもそうだった。
そういう連中は初日の午前中とか、人気の無い発表時間を割り当てられて
誰も居ない学会で自慢げに発表し、うれしそうにWebにアップしたりするから、
NETでは目立つ。
NETで目立つ奴が主流ってわけじゃないよ。


302 :オーバーテクナナシー:04/12/26 20:14:19 ID:ZrPG3zYM
>>◆wjKya2GJ.Aさん
核種変換ができるなら、水素からLiとか作ってエネルギー取り出しも可能
なんですかね?
元が取れるかどうかは別として。
何か181あたりに例示されている元素は鉄以上のような気がしますが、
エネルギー開放方向は結果出てないんですかねぇ。

303 :オーバーテクナナシー:04/12/28 01:22:01 ID:BZo5MRih
>>300
いったいどんな根拠でw

304 : ◆wjKya2GJ.A :04/12/29 17:28:05 ID:BVv/fTDi
さて、2004年も終わりな訳ですが…
色んな話題で盛り上がっていたようですね

>>301
国内・国際学会共に自由な参加を原則にしています。
誰が悪いとは言いたくありませんが、汗水垂らして努力している人がいる一方で、
冷やかし半分で現れた人のせいで、全体が第三者の批判対象になるのは忍びないですね。
逆に、批判する側も、何が正しくて、何が間違っているかを見抜けずに
一方的に全てを踏みつけるのは、考え方を誤っている気がします。
日本の組織は、大勢順応型で、いずれ誰か超偉い先生が
肯定的な意見を述べてくれるまで、状況は好転しないかもしれないですね。

国際学会
ttp://www.iscmns.org/
次回は2005年12月に日本開催予定

国内研究会
ttp://wwwcf.elc.iwate-u.ac.jp/jcf/
2005年4月に東京工業大学にて開催されます。
参加資格問いません。一般の参加は歓迎してもらえるはずです。

この他、日本原子力学会に研究専門委員会が設置されており
委員以外の一般会員の参加は随時受け付けています。

また、次のページには本人の了承を得て、
多くの研究者の論文が掲載されていて、自由に閲覧できます。
ttp://www.lenr-canr.org/

能力があって、やる気がある人には
JCF5とICCF10のプロシーディングから読み進めることを勧めます。


305 : ◆wjKya2GJ.A :04/12/29 20:25:39 ID:BVv/fTDi
>>302
難しい質問ですね。
画一的な変換は達成されましたが、自由に変換元素を選べるわけではありません。
従って、実用化はまだまだ先の話でしょうね

現在までに多体核融合理論が構築されており
重水素を用いた実験では、最大でBe8が形成される可能性(4D, 8D)が論じられ
三菱重工により実証されています。(上述)

エネルギー開放方向の意味がよくわからないんですが…

Q値が正という意味ならば、電解系に於ける核分裂反応を筆頭に
多くの反応が実証されていると私は思います。
この反応については、軽元素についてはまだ確かめられていません。
現在、最も注目されているテーマの一つです。

核子当りの結合エネルギーの坂(グラフ)を右方向に登っていく反応
という意味では、ビーム系に於いて重水素吸蔵金属中での
核融合反応率が理論値を大幅に超えて増加することが確かめられており
DD反応に限れば、PdOが驚くべき反応率の上昇をもたらすようです。
また、多体核融合反応もこれに準じます。

三菱重工の実験は、鉄以上の元素に現象が限られています。
また、日経新聞社の選ぶ”2004年の科学技術の最重要テーマ”
の第三位に選ばれています。
上位20位中、原子工学に関するテーマはこれだけで
低エネルギー核反応を実証した革新的技術として高く評価されています。

15年経つ今なお研究に従事している人達は
反応に興味があるから続けているのであって
実用化や金儲けが目前に迫っているためではありません。
元が取れるのはいつの日なんでしょうか…

306 :オーバーテクナナシー:04/12/30 22:20:21 ID:fExzibZw
来年が人類にとっていい年でありますように。  名も無き研究者に栄光あれ!!

307 :オーバーテクナナシー:04/12/31 23:40:52 ID:XLE42XUs
栄光なき天才達へ・・・・
今年は君達の年だ!!!

308 :オーバーテクナナシー:05/01/05 16:24:34 ID:OAgP0qjD
> 元が取れるのはいつの日なんでしょうか…

あと2〜3年のうちにウラン238をベースにプルトニウムとか作れるようになれば、きっと某国の将軍様が装置を買ってくれるよ。


309 :オーバーテクナナシー:05/01/06 13:58:30 ID:CnSzUVr3
元素変換は将来(1000年内)には必要だし、人類文明の通過するべき道だろ。 石器→青銅→鉄→石油→核→元素変換 と思う。

310 :オーバーテクナナシー:05/01/06 18:37:06 ID:SQy1jB10
「必要」とか「べき」とか勝手に決めつけるなヴォケ


311 :オーバーテクナナシー:05/01/06 19:52:29 ID:3gwC1xKn
つーか買うとか言わずに、もう将軍様がプルトニウムつくるために実験してそうだ。


312 :オーバーテクナナシー:05/01/07 06:42:30 ID:0PdAi79Y
>>303
可逆、若しくは極々低確率でなければ存在比に影響するからでは?

313 :オーバーテクナナシー:05/01/07 13:52:25 ID:EG0x7p82
>>310
お前は馬鹿。
これだけは確実。

314 : ◆wjKya2GJ.A :05/01/21 20:52:15 ID:DYxec7xh
ブレークスルーの予感と共に謹賀新年
今年こそ、表舞台に躍り出たいと思いつつ、来てみれば
以前ほど、スレが伸びてないですね。
ブームは去ってしまったかな?

青色LEDが和解しましたね。
優秀な頭脳が海外流出していくことが問題視されていますが
日経産業新聞では、三菱重工の実験を同時に取り上げ
機を逸しないようにと喚起しています。
今後、国家の後ろ盾を得られることはあるのか
将来は、やはり、不安になりますね。

ところで、日経産業新聞の記者さんは
知ってか知らずか、青色LEDの話を取り上げていますが
この話を聞くたびに、
失意のうちに第一線を退いていった人達のことが思い起こされます。
時々、青色LED関連の記事で名前を見かけることがありますが
記事中、暗に過去の自分と中村さんを対比させているような節があり、
なんとも複雑な思いですね。

あの時、彼等を引き留める人がいれば
現象解明がこれほど遅れることはなかったかもしれませんね。
さらに、今後5年程で日本の研究者は大半が定年を迎えます。

暗い話は尽きませんが
事態はわずかながらに好転しています。
新年に当たって、将来の不安をぬぐい去るようなブレークスルーを期待しますか。

315 :オーバーテクナナシー:05/01/22 09:35:05 ID:LJkIquxD
中村某はちと胡散臭い物を感じるし今では立派な売国奴。
正直もう日本には要らない。

あの愚痴会見の見苦しさはなんだ?文句あるなら和解するな。

316 :オーバーテクナナシー:05/01/23 19:48:55 ID:D5f5vt8u
まあ、かれも組織にいろんな不満があったんだろ。 核エネルギーは100年の計だ、焦らず、あきらめず、地道に潰していく事だね。

317 :オーバーテクナナシー:05/01/23 21:45:29 ID:sSnDPRMM
>>314

日亜化学のほうは、白色LED、レーザーLED、紫外線LED・・・と言った
新技術、新製品を次々に発表している。
しかし、中村某のほうは、どんな研究結果を発表したのか?

結局、日本の企業のほうが、アメリカの企業よりも、「人材の価値」について
シビアだっただけ。

318 :オーバーテクナナシー:05/01/23 22:03:51 ID:92BPSuy5
白色LEDも原理からだと青色がなければできなかったようだし
青色ができれば昔から実現可能といわれてたっけか。
http://www.mew.co.jp/Ebox/everleds/led/principle/

他の製品に関してもどうなんだろう。応用なのかな?

それに中村氏がいなかったら今でも蛍光材料のメーカーのままじゃないの?



319 :オーバーテクナナシー:05/01/24 11:51:28 ID:sr7+fczj
>>318
居なかったという仮定は無意味。

320 : ◆wjKya2GJ.A :05/01/29 23:09:45 ID:IIFvaViZ
近年、プラズマ電解については一般にも良く知れ渡ってきたようですが
未だによく分かっていない部分があり、現象解明は今後の課題です。
プラズマ電解へと移行する条件は、必ずしも明らかにされているわけではありませんが
電極温度が溶液の沸点を超えることが条件の一つになっています。

ところが、電解開始5秒後(溶液温度20℃)に
電極が激しく白色発光し、急激なガスの発生と恐らくは爆鳴反応によって
爆発し、パイレックス製のセルが砕け散るという事件が発生しました。

世界中で協議されていますが、原因は現在のところ不明です。
10年程前にスタンフォードで閉鎖系のセルが爆発し、死者が出ていますが
水素は大した量ではなく、何故大爆発が起きたのかは謎のままです。

今回は準閉鎖系で、水素量はわずか3ccに過ぎません。
発光色も通常のプラズマ電解とは異なる上に、プラズマ電解は生起し得ない条件です。
電気化学系の人ならば、誰でもやっているふつうの電解実験です。
あり得ない爆発だと考えます。

気になる点はアノードとカソードを隔膜で仕切っていないことでしょうか。
F&Pの体系も仕切っていないので、なにか特殊な機構が存在するのかもしれません。
結局、15年経っても何も分からないままで、出発点に引き戻された気分です。

実は、論文発表されていない過剰熱はかなり多く、
一度発生すれば、凄まじい熱量のため手におえないと言われています。
危機回避のために実験を中断してしまうのでデータが取れず、結局発表できないようです。
しかし、再現性は極めて低く、毎日実験している研究者でも5年に1度程度しか生起しないようです。

はたして、常温核融合は存在するのか。
それ以外の特殊な反応機構が存在するのか。
その再現条件は何か。
我々には及びもつかない未知の現象があるようです。

321 :オーバーテクナナシー:05/01/29 23:46:09 ID:GMYYYqIE
600℃以上の物質が20〜60℃の溶液中にあるとたまに蒸気爆発起こすよ。

322 :オーバーテクナナシー:05/01/30 01:28:13 ID:MGv3Qq4i
>>317
シビアというか、アメリカ社会は最も個人優先の英雄志向だからな。
日本もそういう方向になりつつあるのだろ。良くも悪くも。
今時、”地上の星”で満足できる人間なんてそういないだろ?
それが世の中の流れだし、人間の質がそうなれば
成功を個人に帰するアメリカのやり方のが適切だ。
人が変われば世の仕組みも変わるというだけのこと。

323 :オーバーテクナナシー:05/01/31 14:59:03 ID:2TOvBCx9
行きすぎた個人主義は利己主義と変わらず弊害の方が大きい。
で、いつまで続けるんだい?板違いの議論を。

324 :オーバーテクナナシー:05/01/31 21:52:16 ID:yZl+kqO9
日本の個人主義は行かなさ過ぎ。

325 :オーバーテクナナシー:05/02/01 02:02:52 ID:vgEvTsfX
>>324
まぁそう入っても世界の中でそこそこ成功しているわけで、
そんなにダメでもあるまいよ。

>>320
たまにチェックしてます。
見捨てずにご報告お願いします。

326 :オーバーテクナナシー:05/02/02 00:35:05 ID:Dk4f1qxQ
板違いの話題はそろそろ終わりにしておけよ。

327 :オーバーテクナナシー:05/02/02 01:03:20 ID:JfUxOc//
高度成長期のメカニズムが未だに通用すると思ってるスレはここですか?

>325
×そこそこ成功
○ゆるゆる衰退

328 : ◆wjKya2GJ.A :05/02/05 14:33:36 ID:F/Fq/2x5
随分前に、書籍の紹介をしましたが
最近になって、また新しい本が出版され始めています。
英語ですけど・・・

前回、こういった関係の本が出たのは95年頃だったと思うので
第二期ピークとしては、時期的には良いと思ってます。

近々、日本語の本が発売されるという噂を耳にしました。
つまり、日本人研究者が自らペンをとって纏めたものです。
内容は不明ですが、時間経過と共に
起こった出来事を私見を交えてまとめてあると思います。

さらに、別な日本人研究者がアメリカの出版社から
本を出版すると聞いています。
こちらは英語の本です。
これは、15年間の研究成果を纏めたものです。
一般向けではありませんが、電解系の核変換に興味がある人には
お勧めできる内容になっているのではないでしょうか。

どちらも出版され次第、上の英語の本と合わせて紹介します。
個人的には、日本人科学ジャーナリストの意見を
聞いてみたいと思ってます。
誰か、書いてくれないもんですかね。

上で述べた爆発の原因は、謎のままです。
実は、他にも爆発していた人が結構いたらしいと聞きました。
私には見当もつきません。

329 :オーバーテクナナシー:05/02/05 18:49:52 ID:p4jRpD6A
人間爆発装置

330 :オーバーテクナナシー:05/02/05 21:21:59 ID:f46nn9HO
>>328
水素燃焼爆発でないなら水蒸気爆発か凝縮相の爆発だろ。
事故なんだからちゃんと専門家に調査してもらえ。

331 :オーバーテクナナシー:05/02/06 15:41:46 ID:AY8yU/nD
まあ、実験する人は爆発することを前提にCCDカメラ
越しに、対爆の部屋でやりなさいってこった。

332 :オーバーテクナナシー:05/02/11 20:03:37 ID:hYe4Fdyd
電解とか言ってるけど、
核融合にたどり着くためには物理だけでなく化学も必要なのか…


大学でこうゆう関係学びたい時は
どっちとりゃぁいいんだい???

333 :オーバーテクナナシー:05/02/12 13:54:06 ID:39U1qN7Z
>>332
化学だと強い核力についてはあまりやらないんじゃ?

334 :オーバーテクナナシー:05/02/14 21:55:27 ID:PxZ6JSch
>>332
物理→化学と学ぶ方が楽だと言われてるから、物理方面に進むべきだと思う。
といっても、逆からやった話は実はあんまり聞いたことない。

335 :オーバーテクナナシー:05/02/15 01:37:15 ID:qljCmLVs
物理だと電磁気
化学だと立体

336 :オーバーテクナナシー:05/02/16 21:07:22 ID:Li+lIAhJ
>>332

とりあえず、担任の教官に相談汁。

337 :オーバーテクナナシー:05/02/16 21:22:11 ID:rOCsnaeX
応用化学or応用物理だったきがする!?

338 : ◆wjKya2GJ.A :05/03/04 10:10:58 ID:B3QsoLYT
廃れてきましたね。

アメリカ エネルギー省の公式見解がまとまり、
大した結果がでなかった事は、以前述べましたが
Natureが、この再評価について紙面で取り上げました。
Natureが常温核融合に関する記事を取り上げるのは実に15年ぶりのことです。

1989年にJonesらの論文を取り上げた後
数編の否定的見解の論文を掲載して以降は
常温核融合とわずかでも関連する論文は全て門前払いにされてきています。
今回の記事は、客観的に現状を述べるだけで
今後、論文を掲載するような意向は微塵もないようです。
しかし、一般の人にも少しずつ事態が動き始めている現状を知ってもらえたのは幸いでしょう。

ところで、文面の対象となっているエネルギー省の公式再評価ですが…
やり直すという怪しい噂があります。

前回は、各分野の専門家が評価したとのことですが
現在までに、本当に専門家なのか、評価する能力のある人物なのか
それが誰であるのか等は一切わかっていません。
評価の対象も極一部の実験に限られており、分野全体を評価しているわけではありません。

どういう経緯かは、ちょっとわかりませんが
常温核融合研究に対して、再再評価を試みるようです。
アメリカの研究者が粘ってるんでしょうか。

最も、エネルギー省が動いたところで、本質的な現象解明になるわけではなく、
実際はお金の問題だと思います。
裏金が動いていそうで、公式発表を鵜呑みにしない方が良さそうな気もします。

339 :オーバーテクナナシー:05/03/08 19:01:10 ID:GNEN6/Bj
お湯がぼこぼこ沸いてタービンがギンギン回れば、山盛りで予算が取れるぞ。
みんながんばれちょーがんばれ!

340 :オーバーテクナナシー:05/03/10 11:59:05 ID:VNjz9bw7
>>339
マルチするなボケ

341 :オーバーテクナナシー:05/03/11 04:51:49 ID:JDvriaRV
>340
すまそ

342 :sage:05/03/18 14:40:46 ID:VE8z1Jqy
・・・残念

343 : ◆wjKya2GJ.A :2005/03/22(火) 16:45:15 ID:nKaNYlT2
あと1週間程で本年度も終わるわけですが
来年度以降の明るい見通しは、それほどなく
今年度もブレークスルーは訪れなかったのが残念です。

しかしながら、DOEの再評価を始めとして
一般にも少しずつ再認知され始めてきたのは幸いでしょうか。

4月27、28日に東京工業大学にて
固体内核反応研究会が開催されます。
参加費用は5000円です。
電解系に限らず、ガス、ビーム、理論など最新の成果発表があるはずです。
一般の人の参加は歓迎してもらえるはずです。
お金に余裕のある人は懇親会も参加してみてはどうでしょう。
ttp://wwwcf.elc.iwate-u.ac.jp/jcf/mlist/attach00171_1.doc
若干ですが、興味を持っている企業関係者も来ると思われます。

さらに、本年は11月27日〜12月2日まで
凝集系核科学国際会議が熱海のホテルで開催される予定で
日本がリーディングカンパニーとなって盛り上がっていくはずですので
新年度早々に、新しい発見を期待したいところです。
面白い結果が出てこればいいのですが。
実験結果だけでなく、予算やプロジェクトの計画に関する情報も示されるかもしれません。

344 :オーバーテクナナシー:2005/03/25(金) 10:47:50 ID:P5WnO3ij
どうなってんだアゲ

345 :オーバーテクナナシー:2005/03/26(土) 01:39:52 ID:BV7z1G5Z
うーん、なんかこの文書も、学会員向けの案内って感じだし、一般人が参加してもいいものなのか悩みますよね。
もっとも、平日なのでいずれにしても私は行けませんけどね。

346 :オーバーテクナナシー:2005/03/26(土) 17:40:36 ID:lTMP5D0N
私は一般人ですが、仕事休んで参加します。
楽しみです。

対象としている領域が広いので、違う分野の人にもわかりやすく説明してくれそうです。
我々、庶民にも理解できるのでは?



347 :オーバーテクナナシー:2005/03/26(土) 20:33:46 ID:bSMjJ2zl
再現性が極めて低いってことは、考えにくい他の条件が関与してるってこと?
電磁波、宇宙線とかニュートリノその他、etc.

348 :オーバーテクナナシー:2005/03/26(土) 21:46:42 ID:QSS0Mrbu
異端ではあってもとにかく科学者
(つまり要するに、電波オカルト系じゃない人)が、
固体内核反応に関してウェブで公表してる
日本語ないし英語の文章を紹介してください。
グーグル検索ではデンパと非主流科学を区別できないので。

349 :オーバーテクナナシー:2005/03/28(月) 09:47:26 ID:zZ7d4gYR
                    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
            ,,--―'''""`ヽ'         ̄`ヽ、
           /        ヾ  /       ~`ヽ
         /           ヽ;:  /"""ヾ   ヽ
        /        ;:;;:::''''   l /;:;;:::'''  \   i
      /        /;:;;:::'''           ヽ  ヽ
      |         |               ヽ  |
      /        ;/                ヽ ヽ
     /        ;:;:ヽ            ,,,,;;::'''''ヽ  |
     i          /  ,,,,;;:::::::::::::::       __ ヽ ヽ
     |          |  "   __ ::::  '"ゞ'-' |  |
     |          |.    - '"-ゞ'-' ::::::..      |. |
     |         ;:|           :::::::       | :|
      |         ヽ.         ( ,-、 ,:‐、   | |
      |       /ヾ..                  | |
      |          |         __,-'ニニニヽ .  |  |
..       |        `、ヽ        ヾニ二ン"  /  |
        |         ヽ\             /  |
        |          l  `ー-::、_       ,,..'|ヽ./
        ヽ.        :人      `ー――'''''  / ヽ
        /;:;:;:;;:;:;: _/  `ー-、          ,.-'"   \ー-、
           ,.-'"  \:      \      .,.-''"     |
         /.     \        ~>、,.-''"      |
    ,,..-‐'''""        ヾ    ,.-''"|    /――――、/

          デムパはデムパであると見抜ける人でないと
           (常温核融合を理解するのは)難しい

350 :オーバーテクナナシー:2005/03/30(水) 15:05:20 ID:9Ff1oT20
やつらは全部大嘘つきです。
修了した学生より

351 :オーバーテクナナシー:2005/03/31(木) 01:49:38 ID:XgrWXF/C
かく言う烏合

352 :オーバーテクナナシー:2005/04/02(土) 23:29:55 ID:GBl8gjl4
>>347
三菱重工では100%再現する実験方法を示していましたから、再現性は100%
にできる、ということなんでしょう。ということは、それはすでにテクノロジー
になっているということで、そろそろ応用も可能になる、ということではない
でしょうか。

いずれ、いわゆる錬金術としても確立してしまうのでしょう。つまり世の中の
希少元素もすべて工業的に生産可能になる可能性があるのではないでしょうか。
あらゆる物質が生み出せるようになれば、希少資源を争って領土紛争を起こす
こともなくなり、資源はどこでも入手できるようになるかもしれない。

それが単に電気分解で可能になるのだとしたら。もしかしたら古代エジプトの
電解メッキの技術とは本当は金の生成方法だったのかもしれない、ぞとね。



353 :オーバーテクナナシー:2005/04/03(日) 20:48:20 ID:PLo/Rf5b
>>352
で、誰か追試したんですか?

354 :オーバーテクナナシー:2005/04/03(日) 22:46:45 ID:AIBbSZSy
>>353
http://www.mhi.co.jp/atrc/products/genso.html
この三菱重工自身の研究では、ということでした。追試自体が行なわれた
かどうかは定かではありません。実験装置を公開してくれれば費用の問題
だけで追試可能なんでしょう。


355 :オーバーテクナナシー:2005/04/05(火) 03:21:13 ID:1ccyXFMT
パラジウム触媒と重水素(陽子 1電子1 中性子1)で

Cs(セシウム133、陽子55 電子55 中性子78) → Pr(プラセオジム141、陽子59 電子59 中性子82)
Sr(ストロンチウム88、陽子38 電子38 中性子50) → Mo(モリブデン96、陽子42 電子42 中性子54)

4個の重水素がひっつくのになんの疑問があるのかと思って調べたら
質量欠損とか出てきてなんのことやらさっぱり。

356 :オーバーテクナナシー:2005/04/05(火) 10:48:05 ID:kZyrbGfu
そうなると核融合電池とかスーパーで買える日も遠くないな。

357 :オーバーテクナナシー:2005/04/05(火) 18:10:32 ID:+IK/tSCD
>355
その質量欠損がエネルギーになるのさ。E=mc^2てアインシュタイン
の公式習わなかった?

358 :オーバーテクナナシー:2005/04/05(火) 23:19:33 ID:1ccyXFMT
>>357
重水素の結合エネルギーが質量から賄われて陽子+電子+中性子の和より軽いというのはなんとなく分かるんですが
質量欠損が鉄の原子核で最大になりエントロピーの方向は[重水素 → 鉄 ←プルトニウム] とか書いてあるんですよ。

359 :わかるかな:2005/04/06(水) 08:17:01 ID:fFyb1WA+
一人暮らしには余計なコストがかかる。
家財道具も一人づつ一そろい持ってないといけない。
そこで誰かと同居すると効率が良くなり、収支が黒字になる。
これが、核融合で余剰エネルギーが出て来る理屈。

ところが、同居人数が多くなるとそれはそれで効率が悪くなる。
共同の家事をさぼる奴が居たり、中で喧嘩したりするので、
調整するために余計なコストがかかるようになるわけだ。
何十人も一緒に生活してると無駄な調整コストも大きい。
それで、「いっそ二つか三つに別れようぜ」という話になるし、
実際別れてみると、調整コストが安くなって黒字が捻出される。
これが、核分裂で余剰エネルギーが出て来る理屈。

核子の共同生活で一番無駄が少ない数は28人で、
これは、鉄の原子核に相当する。
28人に近づく方向に変化すると、コスト削減で黒字になるが、
28人から離れる方向に変化するにはコストがかかるので、
どっかからそのコストを供給されない限り、
そういう方向には変化できない。

360 :おっとっと:2005/04/06(水) 12:42:29 ID:fFyb1WA+
あ、書き間違いに気づいた。
一番安定な鉄原子核は、核子が28個じゃなくて
56個(陽子26個・中性子30個)です。


361 : ◆wjKya2GJ.A :2005/04/07(木) 19:39:40 ID:koLqne3A
>>348

英語でも良いのならば、以前紹介しましたが
http://www.lenr-canr.org/
が一番良いと思います。

研究者別に論文が示されているので、非常に便利です。

掲載されている人物が、信用に足る人物かどうかは
自分で判断すべきです。

362 : ◆wjKya2GJ.A :2005/04/07(木) 19:47:11 ID:koLqne3A
>>354

それは、古いページです。
現在はより新しくなっており、若干ですがわかりやすくなっています。

ttp://www.mhi.co.jp/atrc/products/pd_tamakuso/pd_tamakuso_1.html

追試実験については
大阪大学では3回の実験でいずれもPrを検出しています。(論文は恐らく未発表)
イタリア核物理研究所(INFN)は電解系に於いて、同様の現象を確認しています。

最新の研究では4Dだけでなく6D(Ba→Sm)についても結果が示されています。
東北大やSPring-8等との共同研究で現象解明に挑んでいるはずです。




363 : ◆wjKya2GJ.A :2005/04/07(木) 20:18:06 ID:koLqne3A
JCF6の締切りが迫ってきました。
連休直前の微妙な時期に開催されますが、興味のある方は覗いてみてはどうでしょうか?
事前申込みがなくても、当日参加も可能なはずです。
一般の方ならば、参加料もとられないのでは?

凝集系核科学に従事する研究者は年々少なくなっていきます。
もともと、年配の研究者が多かったのですが、
その方達が定年退官すると研究は途絶えてしまいます。

後継者がいる場合等皆無に近く、
本人を引き留めようにも、それぞれの生活があるので
力ずくというわけにはいきません。

若い研究者の参入が望まれるところです。
東工大の学生さんは参加するんですかね?

364 :オーバーテクナナシー:2005/04/07(木) 21:10:41 ID:JFelaXcI
日経サイエンス最新号によると、米政府の見解では、
常温核融合の真偽は結局よく分からんってことになってるな。
ただ、判定する委員の2/3は否定的意見。

まあ、重水を電気分解すると核融合が起こるってのは確かにウソっぽいけど、
ちゃんと反応が起こる未知の方法が見つかるといいね。

365 :オーバーテクナナシー:2005/04/10(日) 11:55:27 ID:dG1yzueP
>>355
核融合するためには原子核同士がものすごく近づかなければいけないが
原子核はすべて正の電荷を持っているので近づくとすごい反発力が生じる。
だから核融合できない。
だからすごい速度で衝突させてその勢いで核融合する、
というのが太陽や核融合炉。

常温核融合、というのはそういった仕組みをまったく説明してない。
核融合がおきた、という実験も、じゃあそのときでてくるはずの中性子は?
というと背景のノイズ以上のものは検出されてなかったりと、いいかげん。
できたらいいなあ、という希望だけで行われているもの。
また、なんらかの現象が起きた場合でも核融合とは限らないのだが、
そいうった別の可能性は追求しているのか?といった疑問点も。

366 :オーバーテクナナシー:2005/04/10(日) 15:03:42 ID:oHe1CAp5
>>365
>できたらいいなあ、という希望だけで行われているもの

てか、実験事実が「核種の変換」だから「核融合現象が起きている」と
普通に呼んでいるわけですよ。

だから

>また、なんらかの現象が起きた場合でも核融合とは限らないのだが、
>そいうった別の可能性は追求しているのか?といった疑問点も

それが「核融合」以外だということ自体『無理』でしょうね。

だから物理理論は必然的に、「固体内で核融合が起きる条件が緩和される機構
(メカニズム)があるのではないか、それを研究しようということになるわけ。

たとえその「核融合反応における反応式」が同じであってもね。

367 :オーバーテクナナシー:2005/04/10(日) 15:10:05 ID:oHe1CAp5
現実に起きている現象の特徴としては、アイソトープの存在比率が自然界の
それと異なっている点からすると、おそらく反応はこれまでの熱核融合で考え
られている標準的な反応形態ではないのでしょうね。それが固体での核融合反応
の特徴であり、つまりは反応のメカニズムに違いがあるからなんでしょう。

368 :オーバーテクナナシー:2005/04/11(月) 16:33:59 ID:PLGZLAXT
自然の中でも雷が落ちたときなんかに、
核融合が起きている可能性がありますね。

369 :オーバーテクナナシー:2005/04/11(月) 18:24:58 ID:pa686DxJ
>>362
結局、素人目には核融合(核変換?)が起きているように思えるのですが、
世界ではまだ疑似科学扱いなんですか?
だとすればなぜなんでしょう?


370 :オーバーテクナナシー:2005/04/11(月) 21:51:49 ID:Qshc4HQA
石油利権関係の組織が意図的に研究を妨害している。また、既存の
核融合プラズマ研究機関や関係企業が既得権益の損失を恐れている。

あくまで想像ですが。

371 :オーバーテクナナシー:2005/04/12(火) 11:14:32 ID:ZCsuD2lj
陰謀説か…


プゲラ

372 :オーバーテクナナシー:2005/04/13(水) 00:50:27 ID:VOgxK9Oi
陰謀説はおいといても、原子変換が起こったことはもはや動かしがたい事実じゃないの?
これを核融合と言うか言わないかを延々グタグタ言うなんて揚げ足以下の行為かと。

373 :オーバーテクナナシー:2005/04/13(水) 01:43:32 ID:jx0xqenJ
なんだかさ、既に核融合をしている太陽のエネルギーを
利用する太陽光発電の効率を上げることが、結局は
一番効率がいい核融合エネルギーだったなんて事に
なる希ガス

374 :オーバーテクナナシー:2005/04/13(水) 13:05:25 ID:FBZrbHl/
で、元の物質にどの程度含まれていた物質が、
「核変換」(なんでわざわざ別の言葉を使う?)のあとでどの程度に増えたの?
そして、それにともなう中性子等の検出は?

375 :オーバーテクナナシー:2005/04/13(水) 15:33:50 ID:k/R5+978
>>373がいいこと言った!
太陽光発電にしろ風力発電にしろ、効率が悪い。
性能はAthlon64と同じ程度なのに消費電力バカ高いPentium4みたいなもんだ。
生み出すエネルギーそのものを高くするより、変換効率を上げるほうがはるかに有益と思うよ。
そうすりゃ、水力、風力、潮汐力、太陽光だけでもまかなえる時代がくるやもしれん。

376 :オーバーテクナナシー:2005/04/13(水) 15:55:31 ID:HxeOt4/3
>>374
120時間で半分くらいが変わったみたいですが1〜2週間かけるという話もあります。
原子量+4質量+8になるのは不安定なベリリウム8という過程を経ているのではという仮説があるようです。

ところでこの変換はエネルギー収支で言うと貯蓄方向?放出方向?

377 :オーバーテクナナシー:2005/04/13(水) 17:47:50 ID:Jf3IePKV
変換のプロセスを定式化するには、あらゆる条件で実験して、
どういう条件で反応が起るかをリストアップする必要が有るように
思うが、何でやらないんだ?そんなにコストのかかる実験でもないだろうに。

その点が、ア ヤ シ イ。

378 :オーバーテクナナシー:2005/04/13(水) 20:47:18 ID:FBZrbHl/
>>376
http://www.mhi.co.jp/atrc/products/pd_tamakuso/pd_tamakuso_1.html
を見たけど
同位体比を比較すべきなのは実験に使われている材料のものであるべきで
(製造の過程で、もとから同位体比が自然のものと異なっている可能性がある)、
実験材料に混入していた不純物(周囲の不純物より真っ先に検証すべきだ)の
存在量を同定した上でバックグラウンドとして除かなければならないはずだし、
Srを添加したときのPr、Csを添加したときのMoの検出量はどうなっているのか?
とかチェックしてるんだろうか?

あと、同位体比を気にするならなんで添加するSrやCsの同位体比をいろいろ変えて
実験してみないんだろう。そこで直接の相関を調べたほうが話ははるかに早かろうに。

379 :オーバーテクナナシー:2005/04/15(金) 14:08:39 ID:qgN76zKz
率直に伺います
ずいぶん前に話題になった常温核融合ですが、現在でもまじめに研
究しているまともな研究者、研究所はあるんでしょうか。

また、実際に核融合であるか否かはともかくとして、それを連想させる
ような何らかの説明不能な現象が実際に起きることは確認されている
んでしょうか?

380 :オーバーテクナナシー:2005/04/15(金) 15:10:49 ID:O6T3ycr2
って言うかね。できるってんなら完成させて実用化させてみなさいと言いたい。
発電所レベルじゃなくたって電池レベルでも発生していれば誰もぐぅの音も出まい。

それなのに金がないから出資を募るだなんて、先に金を要求する詐欺の常套手段と
言われても仕方がない。個人レベルでどうこうなる金額じゃないだろうけど、研究者の
責任で借金をしてでも完成させるぐらいのことが出来ないうちは、リスクを背負うだけの
確実性がないと自ら証明しているような物。


と頭でっかち似非研究者もどきの出来そこないを煽ってみるテスツw

381 :オーバーテクナナシー:2005/04/15(金) 20:50:02 ID:+BkkhPww
常温超伝導とどっちが早いか?

382 :オーバーテクナナシー:2005/04/15(金) 22:53:45 ID:AVgW9Amv
超伝導は徐々に温度が上がってきていて、高温超伝導なんてやってるが、
核融合は徐々に温度を下げて、低音核融合なんてことはやってないの?
常温で研究するより前に、こっちが先だろ。
まぁ、重水の電気分解が先にあったからそういう流れになっちゃったのかな?

383 :オーバーテクナナシー:2005/04/18(月) 09:46:38 ID:23LCcqZD
ここ息が長いね。

ITER なんて直ぐ巻き上げたのに。

それだけ夢幻的な面があるというか。

384 :オーバーテクナナシー:2005/04/18(月) 10:30:33 ID:jZQ3IMli
核融合は温度と密度と時間の3つが絡んでいる
密度を上げるか閉じこめ時間を長くすれば温度は低くて良い
しかしどこまで下げられるか?
1邑久度が1銭満度になった程度では焼け石に水だろうし

385 :オーバーテクナナシー:2005/04/18(月) 18:20:00 ID:bcoYUxYr
火薬と不活性ガスを使ってMHD発電を瞬間的に行う機構があるらしいけど
俺には読んでも原理がさっぱりワカラン、教えて賢い人

386 : ◆wjKya2GJ.A :2005/04/21(木) 21:59:33 ID:FRCZrID8
JCF6まで1週間です。
アブストを見る限り参加者数は前回よりわずかに少ない程度でしょうか。
ただ、毎回参加していた研究者でも、来なくなっている人がいるのは残念なことです。
多くの人同様、気力も絶えてきたのでしょうか。
ただ、なつかしい人も帰ってくるようですので、リバイバルブーム到来といったところでしょうか。

しばらく来ない間に、随分レスが伸びていますが
凝集系核科学とは固体の表面、及び内部で起こる何らかの核反応を指しています。
パラジウム内部でDD核融合が起こることだけを指しているわけではありません。

研究の始まりとなった
DD核融合が固体内で以上に促進される可能性は、
金属の伝導電子によるスクリーニングの効果により説明されてきました。

一般に知られる核融合に必要な距離というのは真空中の値です。
一方、金属中では電子があるので、重水素原子核同士のプラスの反発力を弱めることになります。
これを、遮蔽もしくはスクリーニングというわけです。
実際、気体中ではドイツのグループが理論値に近い値を実験により確認しています。

スクリーニングの程度を示す遮蔽ポテンシャルは
低エネルギーの重水素ビームを重水素吸蔵金属に入射することにより求められます。
ここで、パラジウムの遮蔽ポテンシャルはスクリーニングの理論値を大きく超えて異常に大きく
結果として、核融合反応率は理論値を上回ります。
従って、金属にはスクリーニングの効果だけでは説明がつかない
さらなる反応率上昇機構があるのではないかと考えられます。

それが、いわゆる多体核融合反応(クラスター核融合)に相当します。
また、電解系の実験はさらに複雑な反応が組み合わさっていると考えられます。

387 : ◆wjKya2GJ.A :2005/04/21(木) 22:21:15 ID:FRCZrID8
これまで、様々な体系で多くの核反応の証拠が示されてきました。
詳しくは過去ログ参照

しかし、現在ではそれは受け入れられていないのが現状です。
一度、自信満々であり得ないと言い切った人達が、意見を翻すことは出来ないでしょう。
特に大学教授などのプライドの超高い人達は無理でしょうね。
研究予算や人の目を気にして、他の人の後に付いていく大勢順応型が日本の主流です。
極一部、そうでない人達は独創的な研究を成し遂げ、評価されるわけです。

以前、ノーベル賞受賞者のBrian Josephsonが国際会議で
凝集系核科学に対する肯定的な講演を行いましたが
実は、日本人のノーベル賞受賞者の中にも本分野に興味をもっている人がいて
どうやら、研究を開始しているようです。
しかし、周りの目を気にしてか、そのことを公言してはいないようです。
今年の日本開催の国際会議で基調講演をして頂けるのではないでしょうか。

年々、研究者が少なくなってきました。
日本だけでなく、アメリカも研究者退職の波が押し寄せているようです。
ヨーロッパは若い人が出てきているみたいですが、どうなりますやら。
JCF6に興味をもつ企業関係者などが見に来ていればいいのですが。



388 :オーバーテクナナシー:2005/04/22(金) 07:32:47 ID:S/n5Y3Gb
>一方、金属中では電子があるので、重水素原子核同士のプラスの反発力を弱めることになります。

なりません。スケールが違います。

389 :オーバーテクナナシー:2005/04/22(金) 07:37:57 ID:S/n5Y3Gb
ミューオン触媒核融合というのがありますが、
それはミューオンが電子に比べて200倍重いことから、
より原子核に近づけることが遮蔽効果を高めてくれるからです。
単純に、電子をミューオンに置換した原子を考えれば
ミューオンは電子の1/200の距離まで軌道半径が縮まると考えられます。

物質状態が金属だろうとなんだろうと、電子の軌道半径は大して変わりません。
もし固体内で、常温で核融合が異常に促進されているというのなら
それ以外の理由で説明されなければならないことは明白です。

390 :オーバーテクナナシー:2005/04/22(金) 08:39:01 ID:S/n5Y3Gb
んで、↑が違う、って言う場合はそこらへんの物理を教えてほしい。面白そうなので。

391 :オーバーテクナナシー:2005/04/22(金) 13:45:24 ID:G+NWqJlU
>>386
乙です

> パラジウムの遮蔽ポテンシャルが理論値を大きく超えて
> 結果として、核融合反応率は理論値を上回っている。
> だから、金属にはスクリーニングの効果だけでは説明がつかない
> 反応率上昇機構があるのではないかと考えられます。

非常に明快な説明で、別な機構があると言ってるのに
388の挑発的な態度はナンダ?
否定派の急先鋒?


392 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/04/23(土) 02:06:50 ID:CflPFoGr
三菱重工さんが特許とって第二のヘンリー・フォードになるのか。
う〜ん、うらやましいー。


393 :オーバーテクナナシー:2005/04/23(土) 02:18:51 ID:mGGE3y4W
抵抗勢力?

394 :オーバーテクナナシー:2005/04/23(土) 14:03:03 ID:ruVzA+G6
理屈はいいから(以下>>380

395 :オーバーテクナナシー:2005/04/23(土) 21:07:11 ID:ITIS0fey
君たち、そんな恐ろしい話をしないでくれ。

396 :オーバーテクナナシー:2005/04/24(日) 02:23:13 ID:NOdYHvkx
>>387
>これまで、様々な体系で多くの核反応の証拠が示されてきました。
ざっとでいいんでまとめてみてよ。

397 :オーバーテクナナシー:2005/04/24(日) 12:46:52 ID:z0nWZ6y4
そんなスレストになるようなレスは俺が許さないぞ!

398 :オーバーテクナナシー:2005/04/24(日) 13:12:45 ID:lqD2TBH3
野次馬としても、つぎの進展を見てみたいな・・・
いやほんと(´・ω・`)ショボーンでもいいからさ。

399 :オーバーテクナナシー:2005/04/24(日) 13:34:57 ID:pBKM0OqK
とにかく、再現性100%になったわけですから(三菱重工の方法)、その
方法をカミオカンデでやってみてはどうでしょうか。

環境中性子トリガー仮説(小島氏説)はそこで検証されるのではないで
しょうか。それとも環境中性子トリガー仮説はいまは必要なくなることが
判明しているのでしょうか。これについてはいかがですか?

400 :オーバーテクナナシー:2005/04/24(日) 13:45:14 ID:pBKM0OqK
素人の質問ですが、導電帯の運動電子が、陽子核または重陽子核に直接捕捉
されるというのは有り得ないのでしょうか。確かに水素や重水素は電子を
オービタルに捉えるというのはわかりますが、外から飛び込んでくる電子が
核に衝突するということは有り得ないのでしょうか?

核の中心軸に飛んでこないと当たらないでしょうが、確率はゼロではない
のではないでしょうか。金属中の導電電子は連続レベルのバンドにたくさん
詰まっていて金属中で波動関数が定在波を形成していますが、そのうちの
一つでも核に衝突することはないのでしょうか。

もし衝突すると p+e→n や d+e→n+n で中性子ができ、それがトリガー
になるということはないのでしょうか。

401 :オーバーテクナナシー:2005/04/24(日) 14:13:44 ID:Y/q2J30B
>>399
カミオカンデというよりも、変換されてできあがった原子の量とかをスプリング8で分析しないとですね。

402 :オーバーテクナナシー:2005/04/24(日) 14:30:34 ID:pBKM0OqK
>>401
小島氏の著書によると、フライシュマン、ポンズの発見の頃にすぐに追試
でカミオカンデでやった実験があり、そのときはバックグラウンドの中性子
のカウントが全く増加しなかった、という報告があり、これは環境中性子の
量が元々少ない場所では固体中のCF現象が起こりにくいことを意味している
と考えられたとあり、トリガーが環境中性子であろうという予想をした理由
だと書かれていました。>>399は、この関係で考えたことでした。

403 :オーバーテクナナシー:2005/04/24(日) 15:46:41 ID:LeeLv5Wo
>>396
> >>387
> >これまで、様々な体系で多くの核反応の証拠が示されてきました。
> ざっとでいいんでまとめてみてよ。
ざっとでいいんで過去ログみてよ。

404 :オーバーテクナナシー:2005/04/24(日) 18:23:09 ID:rQ5FB7PE
>のカウントが全く増加しなかった、という報告があり、これは環境中性子の
>量が元々少ない場所では固体中のCF現象が起こりにくいことを意味している

これはさすがに苦しすぎる

405 :オーバーテクナナシー:2005/04/24(日) 21:02:56 ID:FK834xfh
つか自然界でも起こりそうだなこれ
観測してる人とかいないんかねぇ

406 :オーバーテクナナシー:2005/04/25(月) 09:30:59 ID:QLbUaAqu
擬似量子レベルではしょっちゅう起きてるんじゃないの?
と無意味なチャチャ入れてみる。

407 :オーバーテクナナシー:2005/04/27(水) 16:37:09 ID:P3NGDYK1
>>400
あるよ。軌道電子捕獲って奴
http://mext-atm.jst.go.jp/atomica/dic_0945_01.html
ただ、Hやdでは凄い吸熱反応に成るのでトリガーとしては???

408 :オーバーテクナナシー:2005/04/28(木) 03:12:15 ID:jstetX/E
まぁ教授とかは今まで何年もやってきた積み重ねがあるわけで、
それを捨てて新しい道に入るのはねぇ・・・
若手も任期制とかで結果がどう出るか分からんものは挑戦しにくいしのぅ…

409 :オーバーテクナナシー:2005/04/28(木) 08:51:54 ID:jhEcmRIO
日本の先生方ってとっても優遇されてんだな。。。チョトスレチガイダガ。

410 :オーバーテクナナシー:2005/04/28(木) 13:51:35 ID:jns8xXqt
☆本日午後1時30分、テレビ東京で、なんと!『チャイナ・シンドローム』放送!

411 :オーバーテクナナシー:2005/04/28(木) 20:49:14 ID:Xv64ucMC
ttp://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20050428302.html

よく読んでないが、こんなんあった。

412 :オーバーテクナナシー:2005/04/28(木) 21:01:33 ID:Xv64ucMC
追試はこれからなんだろうが、本当なら快挙だな。
だけど、どうも入力エネルギーの方が大きそうってのが残念なとこか。

413 :オーバーテクナナシー:2005/04/28(木) 21:11:56 ID:4rL4+2Do
UCLAで常温核融合成功、ただし発生エネルギーは少量

 UCLAの実験では、科学者たちは、熱を与えると強力な電場を作り出すことができる小さな水晶を、
プラズマ核融合研究で従来使われてきた重水素のガスで満たされた真空の部屋に置いた。

 その結果生じた電場によって、帯電した重水素の原子がビームとなって近くにある標的にぶつかる。
この標的には重水素がさらに詰め込まれていて、ビームの重水素原子が
標的の重水素と衝突し、融合が起こるという仕組みだ。

 この反応によって、核融合が起きたことを示す、中性子として知られる
亜原子粒子とヘリウムの同位元素が発生した。
しかし、この実験では、核融合を起こさせるために要したエネルギー量以上の
エネルギーを生み出すことはできなかった。が、核融合の成功自体、画期的な出来事ではある。
が、核融合の成功自体、画期的な出来事ではある。

414 :オーバーテクナナシー:2005/04/28(木) 21:16:06 ID:GICFC/oE
おい!!
今日の祭りだぞ!
専門家頼むから解説してくれい!

415 :オーバーテクナナシー:2005/04/28(木) 22:22:53 ID:Fe2wBXt7
これで研究者達は徹夜だな。 GWも無しだ。 がんがれ!! 差し入れできんが、がんがれ!

416 :オーバーテクナナシー:2005/04/29(金) 03:30:12 ID:9YzOg6LA
 なんっど、だまされれば気が済むんだッ!!

 でも、原油か価格急落。50ドル割れ。……だましか??


417 :オーバーテクナナシー:2005/04/29(金) 09:59:48 ID:R1Q3nyTt
値戻しで50ドル越えじゃないか・・・・
多少値下がりしても需要は増える一方だから
もう前みたいな安いレベルには戻りそうにないな。
需給バランスの破綻は何時来ることか。


418 :オカルティスト:2005/04/29(金) 11:23:58 ID:6SS9ZW8x
そういえば超古代から伝承の御伽噺(インドだったかアトランティス)に
“水晶”を使ってエネルギーを取り出すってのがあったなぁ。

マサカとは思うが。

419 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/04/29(金) 14:13:27 ID:9RNN2QRg
>>407
電子の運動エネルギーと質量の一部が欠損して発熱になるかと思ってましたが、
なるほど吸熱反応でしたか。その軌道電子捕獲の説明ページでは発熱反応のように
書かれていますが、pやdでは吸熱反応になるのだとするとpやd自体の運動エネルギー
が高く保たれて熱振動が激しくなる?

pやdが電気的に中性になると電荷がないためクーロン障壁がなくなり、比較的
核融合反応が起こりやすいと考えるのはどうでしょう。

電荷がなくなるとイオンではなくなるので、金属のイオン格子の隙間格子点に居る
のがもどかしくなり(位置がふらふらして)その間にまだイオンである重陽子dが
どんどん詰め込まれてくるとそこでその中性子との反応が起こるというモデルに
なりますが。

重陽子dの詰め込み率が90%ぐらいになっていると電子捕獲の確率が高くなる
なるとということだといいのですが・・・

420 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/04/29(金) 14:20:07 ID:9RNN2QRg
あ、そうか、n+d→tの反応は少ないのでしたか?もっかい調べようっと。

421 :オーバーテクナナシー:2005/04/29(金) 14:31:03 ID:xVx54wex
ネイチャーの発表まち?

422 :オーバーテクナナシー:2005/04/29(金) 17:34:26 ID:Fdm4909H
>>413
熱が少ししか取れなかったら
単にDの密度を高くしてもダメナノカ?
この装置でD-T反応はムリナノカ?

質問厨でスマソ…

423 :オーバーテクナナシー:2005/04/29(金) 18:33:00 ID:Y0mhKqok
>>422
>核融合を起こさせるために要したエネルギー量以上の
>エネルギーを生み出すことはできなかった

424 :オーバーテクナナシー:2005/04/29(金) 23:50:47 ID:9YzOg6LA
 効率はともかく、核融合が簡単にできるなら、連続して核融合させる
研究に進むわけ?

 そんなに簡単に原子核を壊したり、つなげたリ、できるなら。
 トカマクなんざぁいらないわけですが……

 水の酸素と水素を融合させたら、モノすげぇエネルギーが放出される。
 水の分子を電子エネルギーの万力で挟んで、ぎりぎり締めていけば。
 水分子の核融合が起きるはずだ……

>423 :オーバーテクナナシー:2005/04/29(金) 18:33:00 ID:Y0mhKqok
>>422
>核融合を起こさせるために要したエネルギー量以上の
>エネルギーを生み出すことはできなかった


425 :オーバーテクナナシー:2005/04/30(土) 00:05:31 ID:OauMUbcT
じゃあ効率を100年かかってでも上げてくれい!

426 :オーバーテクナナシー:2005/04/30(土) 00:36:09 ID:q25LL77K
100年経ったら、あと200年とかいいます。

427 :オーバーテクナナシー:2005/04/30(土) 01:02:23 ID:gxGu7M2J
>>418
ハルキリオン

428 :オーバーテクナナシー:2005/04/30(土) 01:34:30 ID:hfl2Jc1n
出来る、って確定しただけでも凄いよね…

429 :オーバーテクナナシー:2005/04/30(土) 02:13:42 ID:0hvZY+fA
デスクトップ核融合装置の開発に成功

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の物理学者、Seth Putterman博士の研究チームが、
常温で「核融合」反応を作り出すトースターサイズの装置の開発に成功したそうです。
今回の実験で鍵になったのは、「lithium tantalate(タンタル酸リチウム)」の焦電気性結晶
というものだそうです。この結晶が冷凍状態から室温状態に加熱されると強い電場を作り出し、
重水素イオンのビームを光速のおよそ1%まで加速出来るそうです。
この加速されたビームを重水素核を含んだ標的にぶつける事によって核融合反応が生じ、
「ヘリウム-3」が作り出されています。反応によって生じた中性子数は1秒当たり1000個ほど
だったそうです。"
"この装置は、反応を起こすために投入されたエネルギー以下の量しかエネルギーを
生み出しませんので、発電用途には向きませんが、現在の、大量にエネルギーを必要と
する巨大で高価な粒子加速器を使った中性子発生源を置き換える事になるかもしれない、
と研究者は語っています。
また、この装置はエックス線も生み出すため、将来的にはより小型化した装置を身体内部
に送り込み、腫瘍部分にだけ放射線を当てることに使えるかもしれないそうです。
宇宙探査の分野でも、先頃月に到達した欧州宇宙機関(ESA)の「SMART-1」などの様な
イオン駆動装置を使った宇宙船にこの装置を応用することによって、その推力を増加させ
スピードアップさせることが可能かもしれない、とコメントされています。"
http://slashdot.jp/science/05/04/29/0547258.shtml?topic=62
「UCLAで常温核融合成功、ただし発生エネルギーは少量」
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20050428302.html

430 :オーバーテクナナシー:2005/04/30(土) 04:21:21 ID:/l3dQxnU
>>429
>冷凍状態から室温状態に加熱されると強い電場を作り出し、
>重水素イオンのビームを光速のおよそ1%まで加速出来るそうです。

ビームの発射装置が熱くないだけ?

431 :シリアス ラフター:2005/04/30(土) 07:37:59 ID:MMmCyozz
>>427

“ハルキリオン” ←  そうだったかな。
            
 この不思議な暗合はひょっとして???
 
 しかし叉古文献にはそのエネルギーの取り出しが制御不能に陥り
 結局アトランティスの大崩壊を招いたとも。

432 :オーバーテクナナシー:2005/04/30(土) 09:36:22 ID:m+Q0uJq3
光速の1パーセントで核融合できるんか。秒速300
0kmって速いんだか遅いんだか。亜光速の宇宙船
は航行不可能か。

結晶の発生する電場って普通の昇圧器を使って作
れるものとは桁が違うのかしら。

433 :オーバーテクナナシー:2005/04/30(土) 20:13:24 ID:3zrKWjVb
常温核融合はひとことで言えば、現代の錬金術

無理なんです。どうあがいても、不可能だし、できない

不可能であるということを証明できないだけのdでも科学

434 : ◆wjKya2GJ.A :2005/04/30(土) 20:32:27 ID:m8VfZ4DJ
JCF6が東京工業大学で開催されました。
今回は、特に新しい報告もなく、本分野の厳しい現状が浮き彫りになった格好ですが
ICCF12が熱海で開催されるためか、何人かの研究者は参加を見送ったようです。

一般企業からも参加者が見られたようで、肯定派、否定派に関わらず
少しずつでも評価の対象にしてくれる人が現れてきたのではないでしょうか。
否定されているのは、無視されていない証拠ということで、良いことなんでしょうか。
このスレも、なかなか盛り上がっているようで・・・

様々な思惑を乗せ、次回開催地は鹿児島に決まりました。
来年のGW直前に開催の予定とのことです。


UCLAの実験はバブル核融合と同じく、機構的には熱核融合に属するものです。
バブル核融合は、日本でも若干研究された経緯があり
十分な高温高圧状態が泡の中で達成できれば、原理的には核融合が生起します。
最大の課題は泡を圧縮することができるかどうかだけです。

むしろ、常温核融合が同時に取り上げられる方が気になります。
現在においても、大多数の人々が偏見を抱いているように思えます。

この他、特徴的な核融合としては
磁気モノポールの存在に伴う核融合等が挙げられます。
これに関しても、日本で研究されています。
磁気モノポールが存在するかどうかは、大変興味深いところです。


435 :オーバーテクナナシー:2005/04/30(土) 21:06:16 ID:eSEZyTIk
核融合ジェットなんてものをどこかの天才さんが開発してくれないかね

436 :オーバーテクナナシー:2005/05/01(日) 10:35:32 ID:VERCLsOb
つーかもはや科学的にも疑いようがないと言うところまで来て未だ必死に叩こうとする
馬鹿って一体何?

437 :オーバーテクナナシー:2005/05/01(日) 10:38:33 ID:ZEpRC5UL
 まだそこまでは行ってないんじゃ? かなり微量な分析になるから
工夫と追試を繰り返して信頼性をあげている段階でしょ。

438 :オーバーテクナナシー:2005/05/01(日) 10:54:23 ID:+b2aqLdO
まあオレの様にその他大勢にとっては結果が総て。
どっちが最後に笑うのか? フフフフフ
逃げないでね。どちらも。

ITELの方は7月中に結論が出そうだし。(?)

439 :オーバーテクナナシー:2005/05/01(日) 10:58:56 ID:+b2aqLdO
↑ ITER だった。

440 :オーバーテクナナシー:2005/05/01(日) 21:26:29 ID:Wf3tM0+C
まあ根気良く追試を繰り返して結果を確認し、更に詳細な原理を解明、
技術的な可能性を模索と長い目で行く事だな。
現在の人類が手にする最も強力な人工エネルギーである原子力だって
キュリー夫妻が耳かき反匙も無い程度のウランを抽出する事に成功する
までその物質の正体すら長い間謎だったし、2人が発見した時点でもそれが
使い方次第で都市を丸ごとふっとばす爆弾を作れる事すら可能な代物だと
夢にも思っていなかった筈だし。
それを考えたらUCLAの卓上核融合もこの先どう転ぶか判らないぞ。

441 :オーバーテクナナシー:2005/05/01(日) 22:20:58 ID:ClrV+bXe
核分裂は一度起きると連鎖反応で勝手に分裂が次々に起きるが、
核融合って、その反応を維持させ続けるのが、かなり大変なんだろ。
少なくともミサイルや爆弾には不向きなんじゃない?

442 :オーバーテクナナシー:2005/05/01(日) 22:28:17 ID:ZEpRC5UL
>>441
 この一世紀月にでもいたんですか?

443 :オーバーテクナナシー:2005/05/01(日) 22:41:37 ID:uBYWZHVk
>>441
むむむ・・・
水爆って、核融合してますのよ。

核分裂は勝手に起こる量を集めてますからね。
分裂で飛び出した中性子が核物質の外に飛び出す前に、他の原子核に当たって原子核を割るから連鎖するの。

444 :オーバーテクナナシー:2005/05/01(日) 23:07:44 ID:tB1DH5xD
>>442
>>443

そっとしておいてやれよ・・・。

445 :441:2005/05/02(月) 00:14:28 ID:onD5qdl/
な〜るほどな〜。
最近はえらくハイテクになったもんだ。
いやあ、科学の進歩ってのはおそろしいな。

446 :オーバーテクナナシー:2005/05/02(月) 00:26:14 ID:YFEmyv5Z
反応の密度が、今の所余りにも小さ過ぎる・・・

布に付いた染みの縁のほうが濃くなってるけど、その部分だけで
局所的に反応が起こっていてもエネルギー取り出せん
しかもそのシミだかアワだかの出来る位置がランダムだし、出来てる時間も小さ過ぎるし

地球の深部の金も白金も、高温高圧下では分裂して鉄とニッケルに化けちゃうのか

447 :オーバーテクナナシー:2005/05/02(月) 00:34:20 ID:KfblSi18
最初に吹かしすぎたから
やっと現実的なレベルに話を落としてきたところだろうが

448 :オーバーテクナナシー:2005/05/02(月) 00:43:53 ID:shJwfknh
 太陽の中みたいな、高音高圧の状態で、核融合が起きているハズ。
 
 それが、室温、一気圧で、「核融合」なら、トンでもない発見だ!!
 ノーベル賞間違いなし。


449 :オーバーテクナナシー:2005/05/02(月) 10:45:36 ID:shJwfknh
 植物の葉緑素が、光子を取り入れて、核融合起こしてるとか、書いてあったような。

 でんぷんたんぱく質合成。実験機器では、できていないんでしょう? マダ???


450 :オーバーテクナナシー:2005/05/02(月) 16:08:41 ID:KHbyJQhH
>>449
 それはトンデモの類だと思うが。光合成と核融合はまったく関係ない。そもそも
エネルギーレベルが何桁も違う。

 聞いた話では、でんぷんや糖の合成はまだまだだが、光触媒を使って
水を水素と酸素に分解することは出来るそうだ。これも工業的にはまだだけど。

451 :オーバーテクナナシー:2005/05/02(月) 21:45:26 ID:RRac2iEi
こういうのと混同されがちってのがなんていうか…。
がんがれ!もっとがんがれ!

452 :オーバーテクナナシー:2005/05/02(月) 22:04:08 ID:0TjF2pCj
>>449
化学反応と核反応はちがいます。
化学反応は市町村合併で日常的だが
核反応は国家が併合するくらいすごいイメージ
(どっちかというと逆だ)

453 :オーバーテクナナシー:2005/05/03(火) 00:25:46 ID:Zxckk/T7
人間の合体は難しいが、市町村合併は簡単。

454 :オーバーテクナナシー:2005/05/03(火) 00:35:31 ID:M6xpHZHa
>>453
童貞乙

455 :オーバーテクナナシー:2005/05/03(火) 03:13:52 ID:fI84TLIz
>>429のやつは全然常温核融合じゃないので誤解なきよう。

456 :オーバーテクナナシー:2005/05/03(火) 08:38:00 ID:gEr875O/
だから錬金術みたいに不可能なんだってば

この研究費泥棒めが

457 :オーバーテクナナシー:2005/05/03(火) 09:27:14 ID:k+zMftrE
核融合はみんなそうだな確かに。

458 :オーバーテクナナシー:2005/05/03(火) 10:41:47 ID:s91C9/w+
ノーベル賞もらったあの大御所もITERの誘致厳しく批判してたね。

459 :オーバーテクナナシー:2005/05/03(火) 10:55:34 ID:RPi1x1A7
核融合を起こせるエネルギーを持った重水素のビームが
重水素と衝突してるだけか。

460 :オーバーテクナナシー:2005/05/03(火) 11:46:40 ID:z/8Ag1UJ
ま、常温核融合程度の開発費なら続けてもいいさ。基礎研究として必要最小
限度のレベルなら止める理由はないし、基礎研究ってのは一見もっと無意味な
事もやられてるしね。ただ利権体質が絡んだ大規模な方は本当に金食い虫。
しかも何十年か先にはやらなきゃよかったと言われる可能性があるし。

461 :オーバーテクナナシー:2005/05/03(火) 13:17:26 ID:AXPL1qDg
>455 :オーバーテクナナシー:2005/05/03(火) 03:13:52 ID:fI84TLIz
>>429のやつは全然常温核融合じゃないので誤解なきよう。

 重水素から > ヘリウム3 が、発生してる。と、書いてあるんですが?

 核融合じゃないの? 水素から、ヘリウムになるのは!!!



462 :オーバーテクナナシー:2005/05/03(火) 13:43:57 ID:f+3Y2UJY
いや、核融合には違いないんだが、『常温』核融合ではないってこと。

このスレでずっと話題になっている常温核融合は、
良く分からない現象が発見されて、それがどうも核融合らしいというので地道にその正体を調べているところ。

UCLAのは既存の核融合の理論の上で構築されたもので、それはそれで凄いが、別に常温核融合のような正体不明の現象ではない。

463 :オーバーテクナナシー:2005/05/03(火) 13:51:05 ID:s91C9/w+
どこかの見だしミタク「卓上」でも「常温」じゃ無いってことスカ。

464 :オーバーテクナナシー:2005/05/03(火) 14:21:45 ID:zdnt02q/
http://www.mhi.co.jp/atrc/products/pd_tamakuso/pd_tamakuso_3.html
ねえ、これなんで質量数がいきなり+8もされるの?
Deuteronと核融合してるって想定なんだよね?
だったら段階的に核融合してるわけだよね?
多体衝突なんて二体衝突よりさらにありえないわけだし。
でも中間核種の検出は軽くスルーされてまったく触れられてないよね?

なぜ?

465 :オーバーテクナナシー:2005/05/04(水) 18:14:33 ID:QtkFuQe/
>>464
それは俺も疑問に思った。

466 :オーバーテクナナシー:2005/05/04(水) 22:24:09 ID:e/+Q3lqR
>>464
「固体内核反応研究No.1」p.47-に多体核反応仮説が出ていて、「コヒーレント
多体共鳴核融合」という有力な仮説として説明されていました(反応断面積が
大きくなるので可能性がある云々など)。

467 :オーバーテクナナシー:2005/05/05(木) 00:57:51 ID:QTN1S4WU
どう有力なのかよくわからん。

468 :オーバーテクナナシー:2005/05/05(木) 01:34:55 ID:ya5ewMIg
このスレでネイチャー英語版読んだ人とか、カキコしてくれないのかな・・・?

469 :オーバーテクナナシー:2005/05/05(木) 02:33:08 ID:TUxwUOnT
>>468 名前:オーバーテクナナシー :2005/05/05(木) 01:34:55 ID:ya5ewMIg
> このスレでネイチャー英語版読んだ人とか、カキコしてくれないのかな・・・?

 ちょっと無理。いま、ネイチャーウエッブ版を読んで、真偽について
 意見をいえば、金が絡むだろう。
 まあ、できることと、頼まれることの、違いだ!
   誰も一般市民にネイチャー記事の解説は依頼しない

しかし、
 ただで、読めるように開かれる情報を集め検証してる、
一般市民の判断力。相当頼もしい。!!

 まあ、真実は一つだ!  そのうちハッキリ見えてくる!! 

 核融合おこっていればノーベル賞 !!


470 :オーバーテクナナシー:2005/05/05(木) 09:43:34 ID:dW7yXVHr
ノーベル賞どころか副賞1っ兆円のノーブル賞上げる。(すくなくともその
授与に賛同する。)

471 :オーバーテクナナシー:2005/05/05(木) 16:13:08 ID:QTN1S4WU
>>468
何の記事の?

472 :オーバーテクナナシー:2005/05/06(金) 01:13:39 ID:BbNKhHBP

日本版グリットコンピュータ。NTTデータのセルコンピューティングといいます。UDよりも、
いろいろなプロジェクトがあり、メンバ登録で参加できます。

http://www.cellcomputing.net/simple/index.php

473 :オーバーテクナナシー:2005/05/06(金) 02:27:41 ID:4rtuz6lA
板違いが解らない程の馬鹿はネットに繋ぐな。

そして速やかに自殺せよ。

474 :オーバーテクナナシー:2005/05/06(金) 05:55:43 ID:VkLwLXit
同じレーザーで一億度を達成するにしても
圧力を300気圧位に高めた方が遥かに楽に
一億度を達成するってことは無いの?
気圧高い方が高い温度になるだろ。

475 :オーバーテクナナシー:2005/05/06(金) 11:00:27 ID:LbheVOGw
ねーっすよ

476 :オーバーテクナナシー:2005/05/06(金) 11:23:57 ID:RIJWjOX3
>>474
すでに考慮されてます
レーザー核融合は2段階照射してる
まず全方向(12方向とか)からレーザー照射し、燃料ペレットを圧縮、圧力を高める
300気圧なんて生やさしい低気圧ではない

その直後、単独の強力レーザーを照射して一気に核融合させる

477 :オーバーテクナナシー:2005/05/07(土) 00:46:18 ID:4uFNF1cK
>>476
高速点火ですのね。

478 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 00:58:40 ID:fGQtGAuv
>>474-477
 高速点火にしても、なまやさしい手順ではない。それくらい核融合の
敷居は高いはず。
 それが、トースターサイズの中性子発生装置??
 ああ、真偽はいつわかる??
 簡単に核融合、起こるなら、エネルギー革命の日は近いデス!!



479 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 01:14:06 ID:3UiPJ8Jm
もし、あれが核融合でその条件での元なら簡単に起こせるものだと
科学的に証明されても、実用化までは最低100年かかります

480 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 01:53:18 ID:fGQtGAuv
>>479
 それ、きめつっけぇーーー >最低100年かかります。
 何年かかるかなんてわかりャしないよぉ
 しかも、意味不明な否定だなぁ
 核融合かどうか、ああ、それが問題だ、それこそ問題だぁ!


481 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 03:07:16 ID:3UiPJ8Jm
決め付けも、意味不明もなにも、一種の皮肉にそないな事言ってもな。

482 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 11:24:33 ID:1dLpQc44
原理・理論さえ明確になれば装置なんて破格の安さなんだろうな。

483 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 21:38:10 ID:yCEoQVyN
>>482
原理・理論から予測されるワ−プ理論の必要エネルギーは。
宇宙全てのエネルギーでも足りない、神も悪魔も死滅する値段ですが、何か?

484 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 22:55:03 ID:wiJcB/VP
>>478
このスレの怪しい話と一緒にするなよ
これは、強力な電場を卓上サイズの機械で発生させたという話
日本の大学でも構造は違うが似たような中性子発生装置作ってるところはある

485 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 23:26:36 ID:jJtIWa6a
ITERの方は設置場所は仏に決まりのようだが、万一(といったらここでは語弊
があるかも)常温の方の手がかりが掴めたら金・設備・人・公権力よりアイデ
アの勝利って事になるね。というか一番のメリットは環境問題か。しかし道は
遠い。

486 :オーバーテクナナシー:2005/05/08(日) 23:50:38 ID:KGs1QCdL
このスレに怪しくない話など一つもない。
何十年も前から、いつまでもあと何十年かかりますというシロモノの
どこが怪しくないと言うのだろうか。

487 :ギャラリー:2005/05/08(日) 23:56:44 ID:jJtIWa6a
何事も結果論。最後に笑う者が一番良く笑う。

488 :オーバーテクナナシー:2005/05/09(月) 01:49:43 ID:cASMLcUZ
>>486
お前話がごちゃごちゃに混じってるなあ。
よくわからないから適当に全部貶してるだけだろ?
本来このスレとは関係ない話題が記事の煽り文句のせいでここに貼られちゃっただけだろ

489 :オーバーテクナナシー:2005/05/09(月) 02:15:00 ID:jRQjVftA
べつにそうでもないよ

490 :オーバーテクナナシー:2005/05/09(月) 09:29:10 ID:4E8PTfkf
>>488
もう1つの方の 高温核融合スレ むけのような希ガス。

491 :オーバーテクナナシー:2005/05/09(月) 09:56:46 ID:Nz5+9nQQ
核融合研究関連全体に対しての話だろう

492 :オーバーテクナナシー:2005/05/09(月) 21:45:23 ID:jOoNZylF
そんな事言い出したら、深宇宙開発・惑星探査なんて不毛だぞ。

493 :オーバーテクナナシー:2005/05/09(月) 22:25:50 ID:v9HWPhK/
普通に研究と結果が発表されたと此処に貼られたりするのをあーだこーだ
言ってるスレなわけだが、嘘か真かを現時点で判断できる方は相当の見識が
ある専門職かただの馬鹿かどちらかですな。

漏れにはただの馬鹿にしか見えないが。

494 :多田野場可夫:2005/05/09(月) 22:40:46 ID:4QwvIkEc
>>493
確かに。すこしでも頭の良い人は単に他人にけちをつける以外何の意味も無い
発言はしないもんね。

495 :オーバーテクナナシー:2005/05/11(水) 11:39:47 ID:ujZ3LCJ+
 続報ナシは、成功ナシか?? 

496 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 09:32:13 ID:bxM4fRkr
↑ それはネエチャン次第だろう。

497 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 10:28:30 ID:2mGx44Fi
エネルギー収支がマイナスでもw
核融合できるんだったら、それはそれで面白いな。

498 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 14:17:09 ID:bxM4fRkr
エネルギー収支といってもエントロピーは必ず増大するわけで。

499 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 14:23:21 ID:oaIh09NN
>>497
制御不能でよいなら水爆がすでにあるし、コストを気にしないならミューオン触媒核融合があるよ。

500 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 17:19:37 ID:2mGx44Fi
>>499
どっちも小遣い程度の金額で、部屋の中でするには無理があるからな〜

501 :オーバーテクナナシー:2005/05/12(木) 21:35:22 ID:bxM4fRkr
↑ 軍事用コンピュータ第一号みたく最初は馬鹿高くてもいいじゃない。

502 :オーバーテクナナシー:2005/05/13(金) 10:47:47 ID:H0b1Ym+D
戦後すぐのSFにも登場していたミューオン触媒核融合
けっきょく駄目だったのか?

503 :オーバーテクナナシー:2005/05/13(金) 11:21:14 ID:L2RL0FD6
>>499-502
>>497
> 制御不能でよいなら水爆がすでにあるし、< 制御は必要だよ爆弾じゃないんだから

>コストを気にしないならミューオン触媒核融合があるよ。

 コストを気にしない場合、どうやって? 核融合起こすのか?
 基本の理論を示せ!!
 いつでも、再現できるのか?  < うそだろう?

504 :オーバーテクナナシー:2005/05/13(金) 15:40:04 ID:UC49UvTv
パラジウムリアクター

505 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 11:17:35 ID:QO83Pii6
>>504
> パラジウムリアクター
 リアクターとは?
 再現性があるの???
 再現性確実な、パラジウムでの、核融合はまだ、まだ、未確認でしょ???
 UFO じゃなくて、UFO アンふゅーじょんテイクアウト


506 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 11:39:50 ID:GYm0BRW7
>>505 おまえ無知をさらしてるな。

507 :オーバーテクナナシー:2005/05/14(土) 17:31:10 ID:7p7I+5RL
ミューオン一個作るのに最低でも100MeVも必要で
実際にはそれよりはるかに多いエネルギーが必要になるから
核融合の触媒に使ってもエネルギー取り出すのにはまったく向いてないよ

508 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 02:31:31 ID:Po04AKI0
>ミューオン一個作るのに最低でも100MeVも必要で

 ミューオンをつくると、2個の水素原子を融合して、ヘリウムができるの?

 ホントなのか???


509 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 08:17:25 ID:uxsiOW2z
まずはググれや。
んでその内容に疑問があったらまた来いよ。

ミューオン 触媒 核有効

510 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 11:02:20 ID:4h35GBP4
融合じゃ。。

511 :オーバーテクナナシー:2005/05/15(日) 18:09:22 ID:rHnB/jXZ
釣り師参上!!!

512 :オーバーテクナナシー:2005/05/16(月) 16:15:48 ID:fRAzdwtv
>エネルギー収支がマイナスでも
核融合できるんだったら、それはそれで凄すぎ
エントロピーは必ず増大するわけでマイナスではなくプラスです。


513 :オーバーテクナナシー:2005/05/16(月) 22:06:15 ID:db1iwivu
エントロピーはいいからエンタルピーをおくれ

514 :オーバーテクナナシー:2005/05/16(月) 22:14:42 ID:8KFmEHsp
太陽星人の私にとっては、超低温核融合です。

515 :オーバーテクナナシー:2005/05/17(火) 21:56:41 ID:1Yw5QtpS
>>509 :さん
 ぐぐってみたけれ……、ミューオンの作り方など、全然なかたよ。


516 :オーバーテクナナシー:2005/05/19(木) 11:06:32 ID:PKhwknFE
正直ミューオン触媒核融合はトンデモ系だと思っていたのだが
マジメな研究が進行中だったのか

それにしても遅々として進んでいるがいつになったらゴールなのか
全く見えないのが核融合だな
高温も常温も

517 :オーバーテクナナシー:2005/05/19(木) 11:51:44 ID:9+S/hXlm
そんなことを言ったらワープエンジンだってちゃんとした肩書きを持った本職が
集まって、しかるべき予算を取って真面目に研究されていると言うことになる。

逆に認知度や継続年数の違いがあるだけで、核融合そのものだってdでも系と
呼んでも過言ではなかろう。

518 :オーバーテクナナシー:2005/05/19(木) 13:07:13 ID:pLJAlVtA
核融合自体は水爆っていう現物があるからなあ。

発電のための制御技術にしても、既存の理論からはみ出ているという話も聞かないし。

519 :オーバーテクナナシー:2005/05/19(木) 15:09:45 ID:eljlZv8L
時間も予算も膨大だが、得られるものも大きい。 人類の将来がかかってる。

520 : ◆wjKya2GJ.A :2005/05/19(木) 23:39:42 ID:ZOoGutiI
以前に少し紹介しましたが、凝集系核科学に従事する研究者が
自ら筆をとって、書き留めた本がようやく出版される運びとなったようです。
一般向けの理工書のコーナーにおいてあると思います。

常温核融合−研究者たちの苦闘と成果
 水野忠彦 著  工学社
ttp://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/4-7775-1129-4

表紙は電解後のパラジウム表面をEDXで分析した結果になっており
種種の核反応生成物の存在を示唆しています。
15年間の研究成果と経緯を広い視点で記述していますが
直接、自分で見聞きしてきたことだけに説得力があります。

本分野における研究の進展に比較して、
これに関する書物の出版頻度は低いように思います。
日々、多くの新しいデータが示されてきており、
近年の動向を掴むには、新しい本が最も参考になります。
興味のある人は、現在最も新しい本を買ってみると良いかもしれません。

なお、本分野に於いて大変功績のある別な方も
近いうちに、本を出版すると聞いています。
英語の本でアメリカの出版社から出されるようです。
自分が実験して得られた結果のみをまとめた、
言わば、学術書の形にまとめられています。


521 :オーバーテクナナシー:2005/05/20(金) 10:52:58 ID:TrkZv7Cy
本よりも実物をまず作りなさい。

万人を納得させるのに、これ以上説得力のある方法はない。

と何度も書かれていても出て来ないってことは、できないんだろうね。

522 :オーバーテクナナシー:2005/05/20(金) 12:26:35 ID:8EuwBTl5
中間生成物の謎を解いてくれなきゃまともに見る気にならん

523 :オーバーテクナナシー:2005/05/20(金) 23:02:34 ID:532s1iGI
>>520
過去にこの分野をdでも認定してしまった奴等がそれを撤回したくないが故に
無視すると言うことは良くあること。

者になると解ったら急に元気になる馬鹿が沢山出るだろうから今から業界を
見ておくと面白いだろう。

524 :オーバーテクナナシー:2005/05/20(金) 23:06:13 ID:Fzm3oDjU
万が一本物だったら、過去に過剰にトンデモ扱いした人は面子丸潰れだからな。
最悪自分の方が無能なトンデモ科学者扱いされかねんし。

525 :オーバーテクナナシー:2005/05/20(金) 23:38:56 ID:lG2mtw7n
水野はこの分野で有名だな(いろんな意味で)。
何年か前の現代用語の基礎知識にも出てたし。
俺が水野を知ったのは工学社のサイバーXって雑誌。
これは、かなり怪しい系の雑誌だった。
ただ、いまだに助手というのも気になるが・・・。

526 :オーバーテクナナシー:2005/05/21(土) 01:38:31 ID:UsqkYrmh
ニュートン以前の科学者が万有引力を知らなかったからといって、
彼らにトンデモと汚名を着せられる言われはないよね。


俺っちも中間生成物に興味ありあり。

527 :オーバーテクナナシー:2005/05/21(土) 02:09:45 ID:TWOi/ez1
過剰に、ですからねえ。
カコワルイことになるのは、そうかも。

528 :オーバーテクナナシー:2005/05/21(土) 08:48:22 ID:/V+9HCKC
>>523
言ってる内容はどんどん小さくなってんじゃん。
中身も最初のとは全然違ってる。
なんでそれで恥かくことになるのかわからん。

529 :支離滅裂でスマン:2005/05/21(土) 11:06:15 ID:YfdU0kcQ
空気より重いものは理論上絶対飛ばん! (ミツバチは君の脳内妄想)
論より証拠
百聞は一見に如かず
コロンブスの卵
吉報は寝て待て  ←  あ、コレはオレか?

530 :オーバーテクナナシー:2005/05/21(土) 11:41:55 ID:98NFZNSY
>>529
支離滅裂すぎて、何が言いたいのか分からん。

531 :オーバーテクナナシー:2005/05/21(土) 14:55:44 ID:rudu6wmK
果報

532 :オーバーテクナナシー:2005/05/21(土) 15:14:51 ID:YfdU0kcQ
>>531 確かに“果報”だが「ネーチャの発表」待ちという意味ですタイ。

533 :オーバーテクナナシー:2005/05/21(土) 19:27:31 ID:DOtKO55r
>>528
まあ、批判するにしても出てきた理論や実験結果の批判にとどめ、
罵倒したり馬鹿にしたりしないことだな。
批判の域から踏み出してしまうと、再評価されたとき恥かいてたたかれる。
そうでないなら君子豹変で堂々と新しい知見を評価すればよい。

534 :オーバーテクナナシー:2005/05/22(日) 01:24:10 ID:iGGRAQHS

 ……んで、ミューオンは、どうやって作るのよ??

>>516 :オーバーテクナナシー:2005/05/19(木) 11:06:32 ID:PKhwknFE
> 正直ミューオン触媒核融合はトンデモ系だと思っていたのだが
> マジメな研究が進行中だったのか

 どこで、??? 


535 :オーバーテクナナシー:2005/05/22(日) 01:56:23 ID:5EAUNARg
 ぐぐったら一番に出てきたが。
http://mext-atm.jst.go.jp/atomica/07050404_1.html


536 :ありがと^v^−:2005/05/23(月) 01:09:30 ID:uVWAkYlx
 サンキュー! >>535
 トカマクとか、加速器で銅版を打つと、発生させることが出来るんだぁ。

 バイオン > ミューオン >核融合   なんだね!

>2000年代に入っても加速器の新設計画が進むなど、基礎的な段階ではあるが
>活発に研究が続けられている。

 バイオンを打ち出した、銅板やベリリウムが、なにになるのかなぁ??
 

537 :オーバーテクナナシー:2005/05/23(月) 22:32:17 ID:4LfYJo1B
学校生活で、3年間に一人はこういうトークしてる知恵遅れの子、いたね。

538 :オーバーテクナナシー:2005/05/24(火) 08:15:30 ID:JrtfKefb
↑   いたなあ遠足でも一人だけ浮いてるヤツ。

539 :オーバーテクナナシー:2005/05/24(火) 13:47:01 ID:JrtfKefb
537=killjoy

540 :オーバーテクナナシー:2005/05/24(火) 19:07:07 ID:b14lxO87
>>432
亀レスだが、手軽に噴射速度3000km/sが得られるなら惑星間航行向けだな。
おおざっぱに計算して、質量比0.5(船の重量の半分が推進剤)の宇宙船で最大150km/sが出せる。
木星まで46日で行けるスピードだ(距離6億km・加速減速の時間は無視)

541 :オーバーテクナナシー:2005/05/24(火) 20:20:27 ID:JhJMrUZz
>>540
2061年だな。

542 :オーバーテクナナシー:2005/05/26(木) 23:25:25 ID:qeR8JMES
AAASプロジェクト2061ってのもあったか。クラークとは違うが。

543 :オーバーテクナナシー:2005/05/27(金) 00:27:33 ID:vObP0DzS
>>493を再度貼っておこう。
当たり前のことだが、馬鹿を増やさないために。

544 :オーバーテクナナシー:2005/05/27(金) 00:41:59 ID:kKVBQ86z
↑  君のその使命感は誰に与えられたの?
  
   放っといてくれ。2chはオレのような有象無象でも楽しめる
   所だろうが。

545 :オーバーテクナナシー:2005/05/27(金) 01:05:11 ID:4GxnUVhd
>>540
加減速の時間を無視するのはあまりにも無茶だろ
どうせ推力は小さいんだから

546 :オーバーテクナナシー:2005/05/27(金) 10:45:39 ID:HmeGk7it
>>544
そのとおり。今はただの馬鹿な真性リア厨でも将来どう化けるかわからん。
そいつが核融合を実現させてしまうかもしれない。そうなったら今の現実に
しか目が向かない連中は挙ってそいつに平伏すんだろうな。

とにかく入り口は広くしておけってことで。

547 :オーバーテクナナシー:2005/05/27(金) 17:13:11 ID:fmxuV7jd
>>545

構造がシンプルっぽいから、目一杯小型化したのを沢山束ねればそれなりの加速度を稼げそうな気もするが。

548 :オーバーテクナナシー:2005/05/28(土) 22:08:32 ID:/So2K7LB
>>544
>>546

この手の馬鹿が居る限り2chは所詮馬鹿の集まりと言われるのね。(ゲラ

549 :オーバーテクナナシー:2005/05/28(土) 22:57:03 ID:s7pX6dqi
↑理系専門版で袋叩きにあった馬鹿が、こんな素人板で愚痴ってるのは惨めだなw
やるんなら物理版あたりで喧嘩売って来い。

550 :オーバーテクナナシー:2005/05/28(土) 23:21:45 ID:iWwmEAQX
>>548
君が自分で言う程の専門分野があるんなら、
ここにズーーっとこんなに未練がましく粘着しないで
そこで一人でやってたら?

人生楽しまなきぁ損じゃない。文明が続く限り何時かは
卓上型の装置は出来るでしょう。100年後かもっと前
かは分からんが。オレラは何匹”狼が来ても”それをネ
タにするのが面白いんだから。話題も広がるし。

551 :オーバーテクナナシー:2005/05/29(日) 13:32:56 ID:wITMZjj8
はあ〜 いい香りがするスレだ。

552 :オーバーテクナナシー:2005/05/30(月) 12:24:34 ID:nLzu1tx8
結局、物理板には恐くて戻れないらしい( ´,_ゝ`)プッ

553 :オーバーテクナナシー:2005/06/03(金) 20:12:49 ID:CBlsWPWR
今週のビックコミックに常温核融合のマンガがある。 夕日が丘?かな。 正にその通り、キチガイ扱いが認められるのは先なんだ・・;

554 :オーバーテクナナシー:2005/06/03(金) 20:52:30 ID:o0K9i1qw
再現性のある実験方と実験データがあれば原理は後から考えればいいって感じかな。

現段階ではあるとも無いとも言えないくらい情報が少ない。
そんな状況では何の判断も出来ない。
結論を出せるのは裏情報でも持ってる専門家かただの馬鹿。

555 :オーバーテクナナシー:2005/06/03(金) 21:21:31 ID:zhDp56Ak
地動説はだいぶ根拠となりそうな観測が世間的に知られていて
教会も科学的証拠をちゃんとまとめたら説を認めると言ったのに
ガリレイは科学的根拠を示せなかったので、証明できるまで
説の主張を控えなさいと教会から言われた。

それなのに自説は正しくて教会は馬鹿なんて本を出版しちゃったから
2度目の宗教裁判にかけられたんだって。

556 :オーバーテクナナシー:2005/06/04(土) 14:23:39 ID:E55dxR0l
>>551
くんかくんか・・・
はい、いい香りがいたしますね。

557 :オーバーテクナナシー:2005/06/09(木) 20:38:30 ID:77BgioLO
>>555
教会の検閲官によって祝福されている書物しか出版できなかったような気が
「天文対話」がコペルニクス説の科学的根拠を示したから
異端審問に引き出されたような気が
うる覚えだから間違ってたら・・・

558 :オーバーテクナナシー:2005/06/10(金) 00:16:12 ID:LHrW1IJS
1616年の1回目の裁判はドミニコ修道会士ロリーニとガリレオが地動説について論争して異端として訴えられた。
裁判官をつとめた教会博士ベラルミーノ枢機卿は、
「地球の可動性を立証できるとは思うけど、地球の運動についての立証は無理だよね」と言った。
ケプラー程度の理論やガリレオの実測データじゃぁ教会は納得しかねるということだ。
ちゃんと運動について数学的に証明したニュートンはまだ生まれてすらいないころのお話。
とりあえず判決は「教会の領分に地動説を持ち込まなければよい」として無罪。
ベラルミーノとは一緒に木星観察をしたこともある友人であり、他人を刺激しないようにと忠告をされた。
しかしベラルミーノは1621年に死亡。

ガリレオは、ある友人2人の名前を使って、間抜けという名前の学者と3人の対談形式による「天文対話」を1630年に出版。
ローマ教皇庁の出版許可も受けて、言われたとおり一部修正したりもしている。
教皇もガリレオの友人であったが、教皇が地動説を唱えてるとか、間抜けのモデルが教皇だとか噂がたって
1633年ガリレオは裁判にかけられる。2回目の裁判では1回目の裁判は有罪だったことにするという力技の捏造で有罪に。
ガリレオは地動説を憎み捨てるという宣誓をさせられた。
「天文対話」は禁書になるが、1632年にオランダで「新天文対話」を出したり、減刑されてから
1636年に「新科学対話」をオランダで出したりしている。
1642年1月8日ガリレオ・ガリレイ死亡。
ユリウス暦1642年12月25日(グレゴリオ暦1643年1月4日)のニュートン誕生のほぼ1年前のことであった。

559 :オーバーテクナナシー:2005/06/10(金) 00:20:13 ID:6Bi6QLQB
>>557

×:うる覚え
○:うろ覚え

何百年も前の書物の出版状況やら宗教事情に通じるよりも、日本語を勉強した方が良いと思われるがいかが?。

560 :オーバーテクナナシー:2005/06/10(金) 07:51:06 ID:SB5TBzdI
【原子力】卓上での核融合の実験に成功と発表 - 米UCLAの研究チーム
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1114681758/

今更だが貼ってみる

561 :オーバーテクナナシー:2005/06/10(金) 09:17:21 ID:eIs4prUg
>>559
ふいんき(なぜか変換できない)読め

562 :オーバーテクナナシー:2005/06/10(金) 13:21:36 ID:INOa4Z/z
>>560
だから全然違うっつーの
貼るくらいならログ読め

563 :オーバーテクナナシー:2005/06/10(金) 23:43:25 ID:aedrk3Zv
>>561

ふいんき(なぜか変換できない) くらいは読めた上で言っているわけさね。

このバカ、2ch用語だとでも言いたいのかね? 「うる憶え」が。


564 :オーバーテクナナシー:2005/06/11(土) 00:02:57 ID:DG1VhtIv
>>563
DQNは退場
馬鹿はお前

565 :オーバーテクナナシー:2005/06/12(日) 00:23:34 ID:AE+t+5Uh
>>564
せめて、まともな反論ができるようになってからおいで。

ばかってゆーやつがばかなんだー (うわーん)

としか言えない自分ってのは、バカなんじゃないのかなぁ?という感覚を持てたらまずは第一歩だ。

ま、なんにせよ、愚劣な輩ってのは救いようがないな。

566 :オーバーテクナナシー:2005/06/12(日) 00:37:43 ID:SsZRffnh
>>565
もしかして、更衣室コムか?

567 :オーバーテクナナシー:2005/06/12(日) 00:38:34 ID:gfjpvav+
そろそろ板違いの話は止めろ。

568 :オーバーテクナナシー:2005/06/13(月) 11:58:49 ID:mz7F57hP
馬鹿が常温で核融合中なのでスレ違いでも板違いでもありません。あしからず。

569 :オーバーテクナナシー:2005/06/13(月) 15:07:23 ID:PSbhkXUK
十年ほど前に極簡単に、それこそ高校の理科室程度のレベルの設備で常温核融合が成功したと、世界中が騒いだことがあったが
アレは結局、すぐに立ち消えになったな。
いまフランスと日本が常温核融合研究施設の誘致に動いているし
世界中が、純粋水爆の研究と共に常温核融合の研究に力を注いでいるようだけどね

570 :オーバーテクナナシー:2005/06/13(月) 18:02:23 ID:5XfimFtK
日本って大阪大学にしか核融合の研究所ないんだっけ?

571 :オーバーテクナナシー:2005/06/14(火) 01:02:10 ID:r1mZABa4
>>570

ソースソースw

572 :オーバーテクナナシー:2005/06/14(火) 09:51:44 ID:ADJ3XU0c
電波度が高まって来たな。

573 :オーバーテクナナシー:2005/06/14(火) 20:32:28 ID:DglcHI/N
>>570
>>571
大阪は確か、「激光シリーズ」という名の、すげえ常温核融合の研究の結果をたたき出したことがある。
これで、アメリカが本気になったそうな。
一方、東京大では、これに対抗するトカマク型。

ただし、プラズマで言えば、早稲田の大槻教授の水中プラズマの研究あたりが
一番有望、かもしれない。

574 :オーバーテクナナシー:2005/06/14(火) 21:22:47 ID:eLVcEY6n
>>573
 具具って見たけど、大阪大学の「激光」ってレーザ核融合じゃん。
 これも常温核融合っていうの?

575 :オーバーテクナナシー:2005/06/14(火) 21:30:03 ID:DglcHI/N
>>574
あー、核融合のくくりでしか考えてなかった。

576 :オーバーテクナナシー:2005/06/15(水) 00:20:07 ID:0KyKT4CU
バーカ

577 :オーバーテクナナシー:2005/06/15(水) 01:31:17 ID:mzhAGhcb
アメリカとロシアの両大国が現在、必死こいて純粋水爆の開発を進めている
現状の水爆は単純に言えば重水素と一緒に核分裂爆弾を爆発させて、核爆発による膨大な熱量で核融合反応を起こすものだが
純粋水爆の方は核分裂を伴わない純粋な核融合エネルギーによる爆発を起こそうってものだ
つまり核融合そのものってこと
しかし日本はそういった研究がなされていないな
明らかに軍需を軽んじすぎた結果だが、核融合の開発に出遅れていると思っていいだろう

578 :オーバーテクナナシー:2005/06/15(水) 16:04:46 ID:lCoRNMIg
起爆に使い捨てのX線レーザーで核融合させて、その熱で核融合爆発させる純粋水素爆弾、中性子爆弾の事か?

579 :オーバーテクナナシー:2005/06/15(水) 23:30:48 ID:Ma35U9ds
常温核融合は、無の証明の問題だと思います。

この世のどこにドラえモンがいないことを証明できる人間がいるのか?

この研究に携わったものとして言える事は、

       「馬鹿は相手にしない」

ということだけです。さよなら。

580 :オーバーテクナナシー:2005/06/16(木) 00:57:47 ID:TYDivaow
ワケが分からんけど

さようなら ノシ

581 :オーバーテクナナシー:2005/06/16(木) 15:32:58 ID:Wa9qnack
>>579 名無しでいいからたまには近況・最新情報教えてね。啓蒙活動も必要だよん。

582 :オーバーテクナナシー:2005/06/16(木) 17:59:57 ID:hQ2lSYMC
>>577-578
スレ違い

583 :オーバーテクナナシー:2005/06/16(木) 21:38:21 ID:lp+x4Pqh
まあ、強引な解釈だが固体内核融合を突き詰めれ
ば兵器転用も逝けるのかも知らん。

584 :踊るガニメデ星人 ◆VZh84upjtQ :2005/06/17(金) 03:33:57 ID:R+00P62T
前に書いたアイデアなんだけど、なんか気になるんでもう一度念のため
書いてみます、もしも重水素を絶対零度近くまで冷却して液体状にしてから
それに何十万気圧という超高圧をかけたとしたら、一体どれくらいの温度で
その重水素は核融合反応が発生するのでしょうか?というのは、もし万一
超高圧状態の重水素が物質が溶けないくらいの温度で核融合反応を起こす
としたら、常温核融合になるからです、素人考えではありますが、なんか
気になるので、この疑問に答えられる人がいたらよろしくお願いします。

585 :オーバーテクナナシー:2005/06/17(金) 04:33:31 ID:kSJrXa/3
文章が支離滅裂です
もっと整理して書きましょう

586 :踊るガニメデ星人 ◆VZh84upjtQ :2005/06/17(金) 07:26:27 ID:R+00P62T
>>585
核融合反応に必要な条件は高温と高圧ですが、何千万度という高温に
耐えられる容器が無いために、トカマクだのヘリカルだのといった
物が必要となるわけで、もし物質が耐えられるくらいの温度で
核融合反応を起こせればトカマクだのヘリカルだのといった物は
必要なくなるわけです、それで、高圧の方は通常の物質でもかなり
耐えられますから圧力の方を最大限強くかければその分低い温度で
核融合反応を起こせるかもしれないと思ったわけなのです。もし
圧力を最大限強くかける事で低温で核融合を起こせれば通常の物質
の容器で核融合ができるわけですから、トカマクだのヘリカルだの
といった物は不要になります。まあ、素人考えだからそれほど期待
してないけどなんとなく気になるので答えられる人がいたらお願い
します。

587 :オーバーテクナナシー:2005/06/17(金) 08:44:32 ID:rvS0aizE
知ってるけど教えたげない。

ノシ

588 :オーバーテクナナシー:2005/06/17(金) 09:19:00 ID:OwxmOyzL
耐圧はたしか4000MPa程度。
圧力はたしか(温度x密度)で、出力はたしか圧力の2乗

589 : ◆wjKya2GJ.A :2005/06/19(日) 19:56:24 ID:35Yp1Q+U
幾度と無く紹介しましたが、三菱重工の実験はCs→Pr、Sr→Mo
の選択的な核変換を誘起させるものです。
将来的には、レアメタルの生成と放射性物質の無害化等への応用が期待できます。
ここで、質量数137のCsと90のSrは代表的な放射性同位体で有名です。
則ち、これらを上記実験により非放射性化することが実証されれば
今後の研究の大きな指針となることから、イタリア−日本国際協力による
”IJ-Project”が計画されました。

イタリアは今なお多くの研究者が積極的に凝集系核科学の研究に従事しており
日本、アメリカ、ロシア以上に、最も研究が盛んな国と言えるでしょう。
イタリア政府出資によるIJ-Projectの予算化の波は超えそうで
ローマに研究所を設立後、放射性元素を用いた上記実験を試みることになります。
数年の基礎研究の後に、工業化を目指してスケールアップが計画されているようです。

当然、日本の政府は見向きもしませんが、
イタリアのマスメディアでは、それなりの注目度をもって取り上げられているようです。

国際協調体制による研究遂行は、数少ないグッドニュースです。
本年の国際会議はおよそ10年ぶりに日本で開催されることになっており
IJ-Projectの詳細についても、ここで紹介されると思われます。

世界的に見れば、特にヨーロッパでは、少しずつ動き始めています。
一方、日本が動き始めるのはいつになるんでしょうか・・・


590 : ◆wjKya2GJ.A :2005/06/19(日) 20:14:43 ID:35Yp1Q+U
さて、第12回凝集系核科学国際会議が11月27日から12月2日まで
新横浜プリンスホテルにて開催されることになりました。

当初は熱海で開催する手筈でしたが、
現地委員の謀先生の失態で開催場所変更となったようです。
面目丸つぶれといったところです。

料金は参加費用だけで〜90,000円と極めて高額です。
その他に、交通費、宿泊費、懇親会等の負担が必要で
一般、初学者向けのセミナーが予定されており、別料金が必要です。
諸外国で開催されるよりも高額な理由はスポンサーの欠如にあります。

前回、日本開催の際にはIAEによるNHEプロジェクトが推進中であり
予算に関しての心配は必要ありませんでしたが
現在の日本の厳しい状況を鑑みるに必要経費は全て
参加料金でまかなわなければなりません。

開催場所は熱海から横浜に変更され、交通の便が良くなったものの
料金が高額なために、参加者の減少が危惧されます。
世界的に見ても、潤沢な予算で研究できるのは極少数に過ぎず
学会の参加費用は自己負担せざるを得ません。
日本国内での統制が取れていれば、
このような事態にはならなかったのではないでしょうか。
参加者数が激減すれば、何の意味もありません。

とはいっても、やはり失望感よりも日本開催であることの期待は大きく
IJ-Projectの推進と併せてブレークスルーが待たれます。
費用は高額ですが、多くの企業関係者や興味をもった人々が参加して
現象の見直し再評価へと繋がれば良いのですが・・・



591 :オーバーテクナナシー:2005/06/20(月) 08:37:10 ID:5H8rEm2L
>幾度と無く紹介しましたが、三菱重工の実験はCs→Pr、Sr→Mo
>の選択的な核変換を誘起させるものです。

幾度となく質問されてるけど、反応の過程で
出てくるはずの核種はなんで検出してないの?

592 :オーバーテクナナシー:2005/06/20(月) 10:28:35 ID:Temd+TFB
実用レベルに達した物が出てくればどんな僻地でやろうが参加費が高かろうが問題外。

要するに詐欺まがいセミナーっぽいって思われている証拠だな。

593 : ◆wjKya2GJ.A :2005/06/22(水) 12:11:44 ID:6RB82+Tw
>>591

幾度となく説明しましたが、多体核融合反応が想定されるからです。

例えば、重水素分子2個が直交結合し、重陽子と電子が交互に立方体の頂点を占めると
各粒子が3次元的に束縛された中性の準安定状態となりえます。
この動的Bose凝縮状態は、重水素分子4個の場合にも形成されうる。

正四面体4電子結合については、ミューオンに近いdd間クーロン遮蔽の効果をもつことが
指摘されています。
則ち、4電子結合、8電子結合はクーロン力をスーパースクリーニングし、
反応異常増加第一の要因であると考えられます。(388-390に対する答えでもあります)
同時に、多体核融合のS値は、二体反応のS値よりも数桁以上大きいと考えられ、
多体核融合反応率が二対核融合反応率を超えて増大する第二の要因であると考えられます。

通常の気体中で上記の準安定状態が形成される可能性は逆天文学的に小さいが
金属中、もしくは表面であれば、その形成確率が増大すると考えられます。

結局、以下の8D反応が進行し、47.6MevのBeがCs、Srと反応する二次過程によって、
原子番号4、質量数8増加する反応が生起すると考えられます。
8D -> O-16* -> Be-8* + Be-8* +95.2MeV

それ故、荷電粒子などの核種は生成されないと考えられます。
ただし、三体核融合の場合は4.75MeVの三重水素が生成されると理論的に予測され
ビームインプラント実験によっても確かめられています。

これら多体核融合反応(特に4D, 8D)の生成物は主にHe-4であるために
クリーンな核融合であると推定されています。
同時に、多くの実験事実を説明できるものです。


594 :オーバーテクナナシー:2005/06/22(水) 14:01:10 ID:XP1UPNcv
> 例えば、重水素分子2個が直交結合し、重陽子と電子が交互に立方体の頂点を占めると
> 各粒子が3次元的に束縛された中性の準安定状態となりえます。
> この動的Bose凝縮状態は、重水素分子4個の場合にも形成されうる。

ソースプリ

595 :オーバーテクナナシー:2005/06/22(水) 14:02:50 ID:n0UGjJ4i
兆発に釣られちゃ駄目だよ。
また〜り行こう。


596 :オーバーテクナナシー:2005/06/22(水) 16:30:33 ID:VncoYdwi
多体が遮蔽に絡むところとそれが一気に核融合されるところのつながりがさっぱりわからんのですけど

597 :オーバーテクナナシー:2005/06/23(木) 01:18:27 ID:6QjW1cOj
核融合って発生熱エネルギーをほぼ上限なく上げれるから魅力なんだけど
それが一番の弊害でもあるんですね、元々燃料タイプの実用化には向いていないと。。
どっか遠いとこに人工太陽とかを作って生物の移住先を作ったりテラフォーミングとかする場合とか。。
スケールでかいっすw

598 :オーバーテクナナシー:2005/06/23(木) 01:18:41 ID:6QjW1cOj
核融合って発生熱エネルギーをほぼ上限なく上げれるから魅力なんだけど
それが一番の弊害でもあるんですね、元々燃料タイプの実用化には向いていないと。。
どっか遠いとこに人工太陽とかを作って生物の移住先を作ったりテラフォーミングとかする場合とか。。
スケールでかいっすw

599 :オーバーテクナナシー:2005/06/23(木) 07:06:56 ID:edR46/9B
> 核融合って発生熱エネルギーをほぼ上限なく上げれるから魅力なんだけど

ソースソースw

600 :オーバーテクナナシー:2005/06/24(金) 01:14:20 ID:NMM3uW1K
水爆とかで理論的には何メガトンだろうと可能、って事からじゃねえの

601 :オーバーテクナナシー:2005/06/28(火) 18:48:34 ID:VhVFaHSO
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050628STXKC056428062005.html

炉の建設先が決まったそうです
南アフリカに。。

文部科学省が未来技術誘致には弱腰とはなんとも情けない
相変わらず国債の使い道間違ってますな

602 :オーバーテクナナシー:2005/06/28(火) 21:34:35 ID:Ao7Ftkja
>>601

炉の誘致を断念する代わりに、関連施設の建設+日本企業の優先的参加+
研究員の増員、というのは、取引としては悪くない。

核融合実験炉は、実験が終わる頃には、強力な中性子線によって、巨大な核廃棄物
に変わるわけだが、当然それは、フランス国内で処分するわけだよねw

603 :オーバーテクナナシー:2005/06/28(火) 22:17:40 ID:QZrFAxjZ
日本で作ったって、アメリカや韓国が金を出すわけじゃないからね。日本に誘致が決まったら
一番の貧乏くじは日本が引いていただろう。

604 :オーバーテクナナシー:2005/06/28(火) 22:41:06 ID:6v6CZ+P5
俺もそう思うよ。ぶっちゃけこれは勝ち組だな

605 :オーバーテクナナシー:2005/06/29(水) 01:49:41 ID:rjyu0CZQ
>>602
ヒント:低放射化材料

606 :オーバーテクナナシー:2005/06/29(水) 10:52:47 ID:neQdHb4i
日本に出来て喜ぶのは、該当地に利権を持つ政治家や地主と
ここの住人みたいな脳内関係者(被害妄想ヲタ)ぐらいなモンだな。w

607 :オーバーテクナナシー:2005/06/29(水) 22:55:29 ID:unk/XvOG
 つーか実利優先とは日本も随分上手になったな。

608 :オーバーテクナナシー:2005/06/30(木) 11:03:03 ID:hmzp4Co6
>>598
水爆実験したら海水中の水素が全部連鎖的に核融合起こして
地球が超新星状態

なんて杞憂したやつが当時いたそうだ

609 :オーバーテクナナシー:2005/06/30(木) 23:25:01 ID:8E0YcNor
>607
うむ、結果的にかもしれんがまったく良い感じだと思う。
しかも一応最後まで自分のところに、と言ってたおり、譲歩した形になって
るので、ある意味最高かも知れぬ。こんなリスクの高い博打は
どう転んでも、そう悪くない位置にいられる形がベスト。

610 :オーバーテクナナシー:2005/06/30(木) 23:41:12 ID:vFir+84t
>>608
原爆のときには、窒素と酸素の反応を心配した人が居たと聞いた。

611 :オーバーテクナナシー:2005/07/01(金) 00:10:32 ID:+T4rczdP
今でも、数十あるいは百メガトンを超える水爆を爆発させたら、そういった
とんでもないことがおきる可能性がある、と言う話はきいたことあり。

612 : ◆wjKya2GJ.A :2005/07/02(土) 14:12:03 ID:oglsLPkw
>>594

少し古いが、核データニュースに載った次の記事が一般向け
(といっても、民間人向けではなくて、凝集系核科学の知識がないだけで
ある程度の理工系知識を持った一般研究者向けですが)
には最も良いのではないでしょうか。

ttp://wwwndc.tokai.jaeri.go.jp/JNDC/ND-news/pdf75/No75-06.pdf

ここでは、ビームインプラントによる固体内での核融合反応率異常増加
に関連する実験結果を多く取り上げています。


これ以上の適当なソースはないポ
詳しく知りたければ、論文を読むしかない。

我々、庶民向けの解説記事はマターリ待ちませう。


613 :オーバーテクナナシー:2005/07/06(水) 15:24:29 ID:soVFQzJd
http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/050704_iter1/

識者の方の解説をお願いします

614 :オーバーテクナナシー:2005/07/06(水) 19:22:03 ID:x9Sa2iP8
ITERってアイターって読めるよね。

慣性核融合に先を越されて「アイタ〜」なんていうドリームキャストの
CMみたいな結末になるんじゃないの?

615 :オーバーテクナナシー:2005/07/06(水) 21:30:42 ID:cMrchxXk
第26回 アメリカの最新核融合拠点 国立点火施設「NIF」の全容(2005.07.05)
http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/050705_nif/

616 :オーバーテクナナシー:2005/07/06(水) 22:50:18 ID:z06IQIzD
>>614

      r ⌒ヽ
     (´ ⌒`) ポッポー!
         l l
 カタカタ ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (・∀・#)< んだとー!
   _| ̄ ̄||_)_\___________
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/

      ↑磁場核融合研究者


617 :オーバーテクナナシー:2005/07/06(水) 22:55:58 ID:YG7MY7gj
>>613>>615
なんでこのスレに書くの?

618 :オーバーテクナナシー:2005/07/06(水) 23:06:20 ID:z06IQIzD
>>617
あちこちに書いて>>616を現実のものにしたいんじゃないの?w

619 :オーバーテクナナシー:2005/07/08(金) 02:29:55 ID:0qIbfYkH
素粒子融合

620 :オーバーテクナナシー:2005/07/09(土) 12:53:21 ID:6kq78806
スプリング8 ブっ飛んだけど、まさか?・・・・ネ・・・

621 : ◆wjKya2GJ.A :2005/07/24(日) 22:58:49 ID:4dm4iHyu
第12回凝集系核科学国際会議が11月27日から12月2日まで
新横浜プリンスホテルにて開催されます。

既に申込みが始まり、現在、世界中から参加者を募集していますが
ロンドンのテロの影響で外国勢が参加してくれるかどうかは
難しいところでしょう。

一方、受け入れ側の日本も現地委員会の中に
常温核融合が公式に受け入れられない原因を作った
旧国家プロジェクトの責任者が名前を連ねていることが気になります。

プロジェクトが失敗した時は、失敗の責任を他人になすりつけ
成功すれば自分の業績だと態度を変えるのは日本人の悪い癖ですが
その上、いつ本分野に対する評価が覆ってもいいように
名前だけ連ねているのを見るとさすがに憤りを覚えます。

対照的に、研究者で残っている人は、純粋に現象に興味がある人だけで
お金はなくとも、真摯な態度で研究しているように思えます。
強い連帯感が感じられます。

そういった人達の中で一部、研究所を設立しようという動きがあり
近い内に、具体的な話が出てくるかもしれません。

上記国際会議の結果によって、その後の動きは大きく変わってくるでしょうから
これまで、静観を決め込んでいた多くの研究者の方にも参加して、
客観的な目で再評価してもらいたいところです。

622 :オーバーテクナナシー:2005/07/25(月) 18:38:34 ID:W3Sx2ley
>>621
努力が報われることをお祈りします

623 : ◆wjKya2GJ.A :2005/07/25(月) 22:03:46 ID:BT1MfR0u
凝集系核科学を取り上げた次の本が発売されています。

水素プラズマ エネルギー革命  山本 寛 著  工学社

著者は以前に

さようなら原発 水素エネルギーこんにちは―燃料電池・常温核融合の新世界
  東洋経済新報社

でも、常温核融合について紹介しています。
有名企業を定年退官後も、水素エネルギーについて調査を続け
原子力エネルギーには将来がないと断言し、
何度か新聞記事に批評記事を執筆しています。

当然、原子力推進派からは非難されているわけですが
現在は、技術ジャーナリストの肩書きのもと
燃料電池と常温核融合を中心に精力的に活動されています。

特に、量子力学を拡張・補完したブラックライトプロセスを支持しており
一見、凝集系核科学とはかけ離れた事象をもブラックライトプロセスで
統一的に説明しようとしています。

ブラックライトプロセスの信憑性に関してはともかく
原子力に将来がないのは同意見です。
あまりに高額なコストがいずれは表沙汰になると思っています。
特に、もんじゅに代表される日本の上層部が強引に推し進める
ウラン・プルトニウムサイクルについては非常に疑問です。

上でも問題になっていますが、私は今のところ、
熱核融合はレーザーかD-He3、
核分裂はMSBRによるトリウムサイクルを支持しています。

624 :オーバーテクナナシー:2005/07/27(水) 01:54:48 ID:oGr3bbcN
>>623
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1120495185/

625 : ◆wjKya2GJ.A :2005/08/05(金) 17:05:20 ID:PlhZWC7j
唐突ですが…

8月6日(土)13:00〜
津商工会議所において常温核融合普及講演会が開催されるそうです。
講演題目は「ベンチャー挑戦 水素核エネルギー産業」

津商工会議所の後援を得て、高等学術研究所の主催によるものです。
高等学術研究所は、本分野を取り巻く現状に憂慮し
まず、地域振興事業の一つとして、最先端科学研究の核を作っていくことで
日本の冠たる科学技術の礎を築くことを目指しているようです。

実際、イタリアでは日伊国際共同プロジェクトが計画されており
日本における、これからの方向性を考える上で意義のあるものとなりそうです。

上記講演会では世界的に評価の高い理論・実験方法を確立している研究者が
直接、一般の方向けにわかりやすく講演するようです。

凝集系核科学に関しては、これまで様々なデータが蓄積されてきましたが
殆ど何もわかっていないのが、現状です。
従って、実用化・応用化のためには多額の投資が必要で
ベンチャー企業として資金を調達できるかどうかが最大の問題だと思われます。
一方で、資金の豊富な大企業にあっては
このような大きな賭けをすることが無いように思われます。

さて、今回の講演会には企業やマスコミの関係者やお役人等が出席すると聞いています。
講演会の成否が注目されます。


また、今月中旬には、常温核融合の名を題した新刊が工学社から発売されると聞いています。

626 :オーバーテクナナシー:2005/08/06(土) 02:06:31 ID:2tDe8BBK
>>625
> また、今月中旬には、常温核融合の名を題した新刊が工学社から発売されると聞いています。

これかな?
http://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/4-7775-1137-5

できれば工学社以外からも出て欲しい。w

627 :サンコウチョウ:2005/08/06(土) 08:41:05 ID:mombIOVf
やっぱりミューオン触媒の常温核融合 (レーザー冷却は必要かも?)。でしょう。

628 :サンコウチョウ:2005/08/06(土) 20:52:56 ID:mombIOVf
ちなみに初歩 物理学最前線 19.ミューオン触媒核融合 共立出版株式会社
                 素粒子の化学   ぐらいは読んでほしい。

629 :サンコウチョウ:2005/08/13(土) 15:53:17 ID:X91lQLBR
熱核融合の限界は熱の浪費にある。電気では熱は損失である。

630 :オーバーテクナナシー:2005/08/15(月) 14:34:26 ID:38wvDRRY
>>625 げっ!学校のそばじゃん!

631 :オーバーテクナナシー:2005/08/15(月) 21:23:40 ID:M+ZQc3Gn
そんな嫌がらないでよ・・・。
遮蔽きちんとするから、中性子漏れないですよ。

632 : ◆wjKya2GJ.A :2005/08/22(月) 13:30:27 ID:UzqWVlHO
>>626
ttp://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/4-7775-1153-7

「常温核融合」を科学する 現象の実像と機構の解明
  小島 英夫 著  工学社

理論物性物理学を専門としてきた著者が科学的な視点で
常温核融合現象とそれを取り巻く社会を評価しています。

新しい事実を理論的に導くには2つの手法があると考えられます。
一つは、既存の理論の延長線上に演繹的に事実を見出すこと。
もう一方は、既存の枠組みの上に新たな仮定を設けて現象を記述し
全ての事象を統一的に評価できるとの結論を得た上で、帰納的に仮定が正しいとする手法です。

かつて、ニュートン力学や量子力学の初歩でそうであったように
幾つかの仮定によって実験結果を説明し得る時、この理論が正しいと帰結されることになります。

著者はこの手法により常温核融合現象を統一的に説明することを試みています。
背景中性子の存在によって再現性が変化することに注目して、新規に提案した
捕獲中性子触媒核融合機構(Trapped Neutron Catalyzed Fusion model : TNCFモデル)は、
数少ない仮定を設定することで、多くの実験結果を定性的に説明し得るものです。

本書では、核変換を中心にしてTNCFモデルの説明をコンパクトにまとめ
著者が見出した法則性から、複雑系の科学の対象であることを指摘しています。

残念ながらTNCFモデルでの定量的な評価は未だ成されておらず
モデルの成り立ちからして、仮定が正しかったと断言する上で、今後の課題です。

さらに、常温核融合を評価する周囲の人々に対する所感が述べられており
現在の科学界における様々な問題点が浮き彫りにされています。

633 :オーバーテクナナシー:2005/08/22(月) 14:51:25 ID:UzCAzsHb
>>632
新しい本が出るのは喜ばしいことだが、未だに工学社以外の出版社で常温核融合
の本は出せないのかと思うと複雑な気分。

200 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)