5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

初心者質問スレ part5

1 :住人:05/02/25 04:25:49
ちょっとした質問・疑問はまずこちらで。
単発質問はこちらに誘導をお願いします。
さがっていたら定期ageよろしく。

過去ログ
初心者質問スレ
http://science.2ch.net/earth/kako/1011/10113/1011331194.html
初心者質問スレ part2
http://science.2ch.net/test/read.cgi/earth/1035600750/
(http://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/24/1035600750.html)
初心者質問スレ part3
http://science2.2ch.net/test/read.cgi/earth/1058796922/
初心者質問スレ part4
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/earth/1085811316/

【お約束】
・宇宙、天文、気象(天候)などの質問はhttp://science3.2ch.net/sky/
・時間、空間など物理の質問はhttp://science3.2ch.net/sci/
【参考】
・検索するなら
  http://www.google.co.jp/webhp?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8
・net上の百科事典wikipedia 
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

2 :土也王求:05/02/25 04:29:06
>>1
スレたて乙です。

3 :同定不能さん:05/02/25 15:33:01
>>2 昨日質問させてもらった者です
今日試験がって昨日の問題とほとんど同じ形で出題されました。
お礼をと思いまして・・・ありがとうございました

4 :同定不能さん:05/02/26 10:50:45
パソコンでしばらく操作してないと勝手に電源きれてしますのですが、
切れないようにするにはどうすればいいですか?

5 :同定不能さん:05/02/26 13:53:47
常に操作し続ける

6 :同定不能さん:05/02/26 15:17:26
【オフ会】皇族は全て裁判にかけ八つ裂き刑に【決定】
ttp://ex7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1109377623/l50

精神異常朝鮮人工作員の反乱
タイ*・゜゚・*:.。.:*・゜||Φ(|´|・|ω|・|`|)Φ||゚・*:.。..*・゜゚・*ホ!!!!!

7 :浅見真規 ◆Xy1SDuGQ6I :05/02/26 17:01:08
>>4

地球科学に関係ない質問だけど回答しときましょう。

Windows XPパソコンの場合、デスクトップで、
マウス右クリック→スクリーンセーバータブ選択→モニタ電源で変更

また、BIOSで設定されてる場合にはBIOS設定をパソコンの取り扱い
説明書を見て変更。

8 :同定不能さん:05/02/26 20:43:34
テンプレに追加

浅見真規 ◆Xy1SDuGQ6I は荒らしのため、徹底的スルー推奨,と。


9 :同定不能さん:05/02/26 20:50:54
右クリックだけでスクリーン セーバータブは出ませんが何か?

正解は、
デスクトップ上の「何も無い場所で」右クリックして「ポップアップメニューから
プロパティ(R)を選択」、画面のプロパティの「スクリーン セーバー」タブにある
モニタ電源の項目の「電源(O)」を押して電源オプションのプロパティを出す。
「電源設定」タブの中の「[ハイ・システム・パフォーマンス]の電源設定」項目で、
電源に接続時の時間設定(2列ある場合は左の列)をすべて「なし」にして、
右下の「適用(A)」を押してからOKを押す。「画面のプロパティ」に戻ったら
同様に「適用」(グレーになっている場合もある)→「OK」。

これでダメならWindows板で機種指定して訊いてくれ。

10 :同定不能さん:05/02/27 13:31:19
http://www.undernavi.com
http://www.angel-bbs.com/kagawa/
せきたんそうに二酸化炭素すわせて大丈夫なんでしょうか
石炭がいるときにいしょにでてきませんか

11 :同定不能さん:05/02/28 16:44:20
質問させてください。
地震学のいわゆる「河角理論」や石橋博士の予測では、1992年から
前後13年に関東地方で大地震が起こるとしているようですが、
これが正しいとすると今年中に関東で大地震が起きることになりますか?
また、現在は河角理論の評価がどうされているかを教えてください。

12 :同定不能さん:05/02/28 23:46:44
なんたら理論については知らんが、「1992±13年に地震が起こる」というのは
ふつう「1992±13年に95%の確率で地震が起こる」という意味だ。


13 :同定不能さん:05/03/03 02:35:35
即死防止

14 :同定不能さん:05/03/03 16:22:58
地層が90度で立ってますが右が新しいのか左があたらしいのか
わからないのですが。

15 :同定不能さん:05/03/03 17:35:28
>>14 堆積構造,二次構造,年代などから上下をきめなされぃ。

16 :同定不能さん:05/03/03 18:03:28
>>14
90度だろうが何度だろうが毎回上下判定しなさい.
水平でも逆転してるかもしれないからね.

17 :同定不能さん:05/03/04 02:20:29
近くに鉄製の建造物があるような場所に
地震計を設置するとき、正確に磁北に合わせるには
どうしたらよいでしょうか。遠地で測量して
引っ張ってくるしかないんでしょうか。

18 :同定不能さん:05/03/04 21:00:38
>>17
何を以って「正確」と言ってるのか。
建物のせいだろうとなんだろうと、磁石のNが向く方角が
その地点の磁北だ。

19 :同定不能さん:05/03/05 01:52:39
>>18
すみません。
磁北→方位磁石で北
の間違いです。

20 :同定不能さん:05/03/06 03:21:17
局地的な磁気異常を無視したければ
国土地理院の地図を使えば?

21 :同定不能さん:05/03/06 14:09:23
富士山が噴火を続けてあの秀麗な形を保ったまま
4000m級の火山に成長する可能性はあるのでしょうか?

22 :同定不能さん:05/03/06 20:43:30
スマトラ島沖大地震により日本は赤道から何m離れましたか?

マジ、優秀な大学生とか偉い人とか。マジ教えてくれ。

23 :同定不能さん:05/03/07 22:24:03
>>21
分からない。あと224mで4000mなんだから可能性はゼロじゃない。
だけど前回の1707年噴火は山頂からの噴火でなく、爆発的な激しいものだった。
火山が高くなるためには、山のてっぺんから繰り返し火山灰を出し溶岩を流す必要がある。
(富士山は奈良平安時代までそうやって高くなって秀麗に成長した)
仮に、そう言うてっぺんからの比較的穏やかな噴火が起こりにくい段階に富士山が移行したなら、
これ以上高くなる可能性は低い。
むしろ侵食されたり崩れたりして、秀麗でなくなる可能性のほうが大きくなる。

24 :同定不能さん:05/03/08 04:54:33
インド洋沿岸のひとには
どうして津波の概念がなかったんですか?
何度も経験してるのに

25 :同定不能さん:05/03/08 06:10:47
文明、つまり記録する習慣がなかったことと、
今回の津波が桁違いに大きかったことが考えられる。
文字が無くて記録しなければ後世に伝えられないし、
大津波が何百年に一回だったら言い伝えでも残らないかもしれない。
ただうろ覚えだが、TV報道によるとインドネシアの一部では、
言い伝えに従って逃げた人が居たらしい。
インド・スリランカ人は津波(現地語知らんが)のツの字も知らなかっただろう。

例えば日本でも、日本海中部地震までは「日本海側に津波は来ない」と多くの人が信じていた。
地層を調べてみて、何回も津波が来ていたことが初めて分かった。
これは多分、日本海側は人口密度が小さく記録する人が少なく、
また太平洋側に比べて再来間隔が長いこと(滅多に来ない)が理由として考えられる。

26 :同定不能さん:05/03/08 06:20:58
>>22
全く動いていないんじゃないの?

27 :同定不能さん:05/03/08 15:27:12
お前は学校で疑問文には疑問文で返せと習ったのか?

28 :同定不能さん:05/03/08 15:56:30
おっと会話の成り立たないアホが一人登場〜〜
疑問文に疑問文で返すとテスト0点なの知ってたか?マヌケ

29 :同定不能さん:05/03/08 17:50:15
>>26-28
ネタでつか?

30 :同定不能さん:05/03/09 10:36:52
お願いします。
地球内部 マントルと外核の間は何ですか?
D”層って意見とグーテンベルグ不連続面って意見に分かれてるんです。


31 :同定不能さん:05/03/10 16:44:45
同じもんだろ。
境界と見ればグーテンベルグ不連続面。
遷移層と見ればD″。

32 :21:05/03/10 23:17:58
>>23
ありがとうございます。
富士山は今時点でも単体の成層火山としては世界一ということですが、
ということは4000mを超える成層火山は他にはないわけで富士山も
無理なのかな〜?と思って質問しました。

そして、もう一つ質問なのですが、
>そう言うてっぺんからの比較的穏やかな噴火が起こりにくい段階に富士山が移行したなら、
について。
てっぺんからの比較的穏やかな噴火が起きている火山は若い火山なのでしょうか?



33 :同定不能さん:05/03/11 04:42:56
>てっぺんからの比較的穏やかな噴火が起きている火山は若い火山
必ずしもそうじゃないと思う。
例えば三宅島はマグマの性質から見て若いけど、
麓からの噴火を何度も繰り返している。
富士山も、てっぺんだけでなく麓からの噴火が沢山起きている。

てっぺんからの比較的穏やかな噴火が起こりにくい段階と言うのは、
原因が分からないけど、もう既に過去2千年、てっぺんから溶岩を
流す噴火が起きていないので(http://www2s.biglobe.ne.jp/~aaihara/haza%20map.htm)、
そのことを指して言ったつもり。万葉の頃山頂から煙が上がってたのに、
もうそれも見られなくなって千年経つ。
マグマの性質が爆発的な噴火を起こしやすいものに変わったからか、
山頂に抜ける通り道が硬い岩で詰まってしまったか、背が高くなって
てっぺんから溶岩を出すより、麓から出す方が出やすくなってしまったとか、
そういう理由も考えられる。

34 :同定不能さん:05/03/11 11:19:43
毎年山頂噴火をしている桜島の標高がちっとも変わらないのは何故ですか?

35 :同定不能さん:05/03/11 16:09:51
前回測定したっきりだから。

36 :同定不能さん:05/03/13 16:51:48
タイムウェーブゼロって何ですか?
しってる方よろしくお願いします。。

37 :学生さんは名前がない:05/03/13 18:46:53
>>34
別にマグマを噴き上げてるわけじゃないしな.
火山灰ばかりでしょうから.

38 :同定不能さん:05/03/13 18:56:56
化石燃料と言われているものが
実はその成因が不明だそうですね

最新の有力説を
どなたか解説してもらえませんか?

39 :同定不能さん:05/03/13 21:55:39
大学で考古学専攻できるのは何年生からなんでしょうか?

40 :同定不能さん:05/03/14 17:19:13
>>39
板違いです。考古学は考古学板へ。
考古学は基本的に文学部所属です。地球科学は理学部所属です。
一般の人には良く勘違いされますが。まあ、オーバーラップする分野も
あると言えばあるが。
普通大学で専門に進むのは3年からか?大学によって多少違うようだけど。

41 :同定不能さん:05/03/14 21:48:04
リア工の俺が春休み中に地球のために出来ることってある?

42 :同定不能さん:05/03/15 06:21:11
>38
石油はバクテリア
>41
勉強と親孝行とゴミはゴミ箱に

43 :同定不能さん:05/03/15 06:38:11
地球の核の一部が液体である理由って何ですか?

44 :同定不能さん:05/03/15 11:36:22
熱いから。

45 :同定不能さん:05/03/15 12:17:11
>>44
では、もっと熱い中心核が固体なのはなぜですか?

46 :同定不能さん:05/03/15 12:42:09
>>45
圧力が高いから。

47 :同定不能さん:05/03/15 14:11:15
44高校の地学の問題で現在も液体である理由を100字で書けとあって、答えを無くしてわからないのですが
どのように答えたらよいですか?
すいませんが、よろしくお願いします

48 :同定不能さん:05/03/15 16:25:26
追試か?
まあがんばれ。

49 :同定不能さん:05/03/16 14:27:20
>>47
万能神たるマタヨシ氏がそこにおわしまして、「そこが液相であれ」と仰ったからに他ならない。

これで完璧。

50 :同定不能さん:05/03/16 20:40:24
http://planetmeteos.com/screenshots/index.html
どうやったらこんな形の星ができるの?

51 :同定不能さん:05/03/17 06:26:24
ど素人なんですが、柿岡地磁気観測所って移転はできないんですか?
そんなに重要な施設なの?

52 :同定不能さん:05/03/17 11:21:42
BSで「アインシュタインシリーズ」を放送しているんだけど、
ひも理論がわからん。
何なのこれ?

53 :同定不能さん:05/03/17 12:47:02
シュミットネット(?)について質問させていただきます。

震源のメカニズム解って、上半球投影でしたっけ?
確か古地磁気などとは逆だったような気がするのですが・・・

論文を読んでるとちゃんと明記されていない場合があったりして、混乱しています。
一般的には上or下半球のどちらが使われるのかお教えいただけるとうれしいです。
また、研究分野によって違いなどがあればお教えください。

よろしくお願いします。

54 :同定不能さん:05/03/17 12:58:03
アニメとかゲームではよく砂漠に「流砂」というものが
ありますがあれは本当にあるんですか?

55 :同定不能さん:05/03/17 13:26:20
重い物と軽い物。
空気抵抗は考えない物として、同じ高さから同時に落下させると地面への到達時間は同じ?
地球の自転の遠心力によって軽い方が速く着きそうなんだけど…

どうでしょ?

56 :同定不能さん:05/03/17 15:42:46
遠心力も重力と同じ。

57 :同定不能さん:05/03/17 18:55:44
>>54
俺が知る限りで、無い。
スウェン・ヘディンのタクラマカン砂漠探検の本には、流砂の記述が出てくるらしいが、読んだことはない。

沼地や海の砂浜なら、クイックサンドという流砂現象(いわゆる底なし沼)がある。
http://www.geocities.com/mtsbr14/pic/quicksand.jpg
http://www.mountainsbeyond.net/events/Muntahak%20Track/muntahak%20pics/06%20%20Quicksand.jpg
http://www.summ.org/travels/meyersinoz/images8/quicksand.jpg
http://www.inspirationline.com/Brainteaser/quicksand.htm

58 :同定不能さん:05/03/17 19:09:19
A10神経ってなに?

59 :同定不能さん:05/03/17 20:30:23
>>57

やっぱし無かったんですか。ありがとうございました

60 :同定不能さん:05/03/17 20:37:59
>>53
下半球


61 :同定不能さん:05/03/18 00:10:28
>>51
データの連続性が失われる

62 :同定不能さん:05/03/18 23:32:38
上でクイックサンドの話がありますが
クイックサンドって顔まで沈んで窒息死することとかも
あるんですか?

63 :同定不能さん:05/03/18 23:49:30
和田維四郎氏の「日本鉱物誌」を見ていましたら、
トパズのワイズ式(?)面指数のところで、“⌒”を上下ひっくり返したような
記号がついております。
これは何を意味しているんでしょうか。教えてください。

64 :同定不能さん:05/03/19 06:21:12
>>62
もちろん死ぬ。
イギリスのどっかの海岸で結構死者が出ているらしい。
ぞっとしない氏に方だね。
http://www.mucknmire.com/mangrove/articles/news3.htm
(翻訳)
彼が胸まで埋められるまで少年が沈み続けた、と16歳の相手は言いました。
16歳は、学生が泥から彼らの友達を救出しようとしたと言いました。
しかし、ティーンエイジャーは沈み続けました。

65 :同定不能さん:05/03/19 19:31:35
質問なのですが、
海水のミネラル成分って、何から溶け出したものなんでしょうか?
上流から流れる過程で岩などから溶け出したもの?
それとも、貝殻や海草などから溶け出したもの?



66 :同定不能さん:05/03/19 21:12:57
>>64

こわいっすね・・ありがとうございました

67 :同定不能さん:05/03/20 02:06:56
>>65
岩のミネラルが⇒海水へ
海水のミネラルが⇒貝殻や魚や海草へ

68 :同定不能さん:05/03/20 10:14:19
>>65について
元からそこにあって、循環しているだけと…

69 :同定不能さん:05/03/20 11:13:39
ホモ理論じゃなくて、ヒモ理論をわかりやすく説明してもらえませんか?
目に見える事象だけが全てではないってことは理解できるけど、
だからってヒモ理論ってのは理解できん。

70 :同定不能さん:05/03/20 11:15:52
死んだらエメラルドの化石になりたいのですがどうすればいいですか。

71 :同定不能さん:05/03/20 15:06:16
>>69
>>1
【お約束】
・宇宙、天文、気象(天候)などの質問はhttp://science3.2ch.net/sky/
・時間、空間など物理の質問はhttp://science3.2ch.net/sci/


72 :同定不能さん:05/03/20 15:37:41
>>

73 :同定不能さん:05/03/20 16:31:13
>>71

74 :同定不能さん:05/03/20 16:32:26
>>71

75 :同定不能さん:05/03/20 16:41:59
>>71    どっちに聞けば良いの?

76 :同定不能さん:05/03/20 18:09:39
適当にまずhttp://science3.2ch.net/sky/

77 :同定不能さん:05/03/20 22:38:55
マントルってどうやって形成されたの?核と地殻は分かるけど、マントルだけ分からないす

78 :同定不能さん:05/03/20 23:18:36
核ができた残りカス

79 :同定不能さん:2005/03/21(月) 11:07:50
日本で大地震(M6以上で余震は除く)が2日連続でおきたことは?

80 :同定不能さん:2005/03/21(月) 11:40:42
>>65です。
質問に答えてくださってありがとうございます。
海のミネラルの質問の続きなのですが、
太古の海の中に、、たくさんミネラルが含まれていたということですね。
水は山から流れて海へという感覚でしたので、山の岩からミネラルがにじみ出ているのかと思っていました。
逆に海の水が出発点だとすれば、
降って来る雨の中に、既に70種類ほどのミネラル成分が含まれているということでしょうか?



81 :同定不能さん:2005/03/21(月) 12:24:13
朝日新聞報道部員脇本慎司(44)を強制わいせつ容疑で現行犯逮捕。自転車で女性を追っかけ胸を触った疑い。
朝日新聞記者山田遣人を道路交通法違犯で逮捕。警察官を「記事にするぞ」と脅し、出頭命令にも応じなかった。
バス車内で下半身を露出するなどしたとして、朝日新聞西部本社編集センター次長、兼清徹容疑者(43)を逮捕。
朝日新聞記者吉岡英児(50)が大学生を「謝り方が悪い」などといって暴行し、逮捕。
朝日新聞名古屋本社整理部記者、鍋谷督成容疑者(39)を大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕。
朝日新聞学芸部記者、内藤好之容疑者(57)を乗用車のドアに、石で約1.5メートルの傷をつけた疑いで逮捕。
朝日新聞記者、古屋聡一容疑者(30)がタクシー料金の支払いを拒否し、運転手に傷害を負わせ逮捕。
朝日新聞東京本社の外報部記者、永島学容疑者(31)を、女子大学院生(26)のスカートをまくり、体を触った疑いで逮捕
朝日記者山川幸生容疑者(30)が女子中学生(14)を自宅に誘い、いかがわしい行為をして、その場面を無理やりビデオ撮影した疑いで逮捕。
朝日新聞記者、戸田不二夫容疑者(55)が飲酒運転をし、主婦の軽トラックに追突し逮捕。
朝日新聞配達員、齋木巖容疑者(45)を車内放送用テープを盗んだとして逮捕。
朝日新聞配達員小林哲雄容疑者(52)を住居侵入と強盗殺人未遂の疑いで逮捕。
朝日新聞販売所従業員相沢泰文(24)と松永智和(34)を二十数件の空き巣をしたとして逮捕。
朝日新聞販売店従業員浜下晃司容疑者(26)が高校1年生の女子生徒(16)を強姦し、逮捕。
朝日新聞販売所販売員、日下部幸範容疑者(25)を強制わいせつと強盗の疑いで逮捕。

マスコミなんてこんな程度 !!!!!


82 :同定不能さん:2005/03/22(火) 00:04:36
>>79
理科年表より
安政東海地震(M8.4)1854.12.23
安政南海地震(M8.4)1854.12.24(東海の32時間後)
伊予西部・豊後(M7.3~7.5)1854.12.26

83 :同定不能さん:2005/03/22(火) 13:54:49
>>80
ミネラルは蒸発しないぞ。

84 :同定不能さん:2005/03/22(火) 23:30:29
虹を作るプリズムってハンズで売ってますか


85 :同定不能さん:2005/03/23(水) 17:51:22
電話ぐらいしろ。

86 :同定不能さん:2005/03/28(月) 00:00:25
「学問」とはちょっと違う質問かもしれませんが、教えてください。
家の近くにゴルフ場などがあると何か土壌汚染、農薬汚染などの
影響で近くの住民の環境、つまり空気や水などに影響があったりするのでしょうか?
あるとすればゴルフ場から最低どのくらい離れていれば安全なのでしょうか?

87 :同定不能さん:2005/03/28(月) 00:02:07
海水を飲み水レベルにろ過するのにいくらくらいかかるの?・

88 :同定不能さん:2005/03/28(月) 01:59:14
ここで質問していいのかわかりませんが、他に無かったのでお願いします。
人間が一人生きる為に必要な草花の量ってどのくらいですか?。
自分の分くらいは持ちたいと思い、田舎の森林でも買いたいと思いまして。


89 :同定不能さん:2005/03/28(月) 07:27:50
どれも理系全般http://science3.2ch.net/rikei/向きの質問だと思うけど、rikeiでダメだったら
>>86
農薬だからここで聞くより農学板http://science3.2ch.net/nougaku/で聞く方がいい
あるいはこっちでhttp://society3.2ch.net/atom/
>>87
ろ過装置の話はhttp://science3.2ch.net/bake/とかhttp://science3.2ch.net/kikai/
>>88
農学http://science3.2ch.net/nougaku/か生物http://science3.2ch.net/life/辺りで聞いて


90 :出来れば無視しないで下さい(;;):2005/03/28(月) 13:17:45
雑貨屋さんでパワーストーンを買ったんですけど、
それでインターネットで浄化ってあったので、石をお香の煙にくぐらせてみたら、
ものすごい色が明るくなったんですけど、
煙で石の色が変わることはあるんですか?
化学反応とかで。
何か怖いので教えてください。


91 :同定不能さん:2005/03/28(月) 19:24:33
>>90
知らん。
しかし例えば合成的に着色した鉱物や宝石(つまり、まがい物の黄鉄鉱とかラピスラズリ)
の場合、日光や磨耗で色が落ちたり変色すると言うことは結構あるらしい。

92 :同定不能さん:2005/03/28(月) 22:18:48
1反で取れる米は、1年分の人間一人が食べる米の量。
1年で、1石の米を食べると計算している。

消費する、食物については、野菜を主体にするのか、肉類を主体にするのか、魚を主体にするのかによって変わる。

消費する酸素ならば、山は一山単位で売買されることが多い。
気にせず一山買うのが良い。
ちなみに、場所さえ選べば、思った以上に安く山は買えます。

93 :同定不能さん:2005/03/30(水) 14:31:17
>>90
浄化って?
パワーって?
何が怖いのか教えて下さい.

94 :同定不能さん:2005/04/05(火) 19:26:59
質問です。

地軸の傾きが移動するという説に関しては、どの程度の信憑性があるのでしょうか。
ぐぐったけど眉唾なサイトが多かったのです。

95 :同定不能さん:2005/04/06(水) 10:16:56
>>94
事実。
ふだんは14ヶ月周期で半径10mくらいの概円運動。
スマトラ地震では、円運動の中心が2.5mmズレた。

96 :同定不能さん:2005/04/06(水) 11:14:04
>>95
ありがとうございます。

97 :同定不能さん:2005/04/13(水) 19:35:58
なんだか質問です。

世界一の高さを誇るエベレストの頂上らへんに、石灰岩のしまがあります。
そしてそこからアンモナイトの化石が発見されました。

なぜ、しま模様ができたのか、教えてください。おながいします。

98 :同定不能さん:2005/04/13(水) 19:57:59
おながいします。

99 :同定不能さん:2005/04/13(水) 20:15:35
>>97
総理と同じなんじゃないの。

100 :同定不能さん:2005/04/13(水) 20:16:42
東シナ海のガス田のデータを教えてください。

101 :同定不能さん:2005/04/13(水) 20:44:35
★信じられないが、本当だPart33
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1113144593/

236 名前:名無し三等兵 投稿日:2005/04/13(水) 02:25:45 ID:???
スマトラ呪われてるよ。もはや信じられん水準。

速報:インドネシア・スマトラ島で火山噴火、2万5千人が避難
ttp://www.asahi.com/international/update/0412/013.html

284 名前:名無し三等兵 投稿日:2005/04/13(水) 20:02:19 ID:???
>>236
あの辺は氷河期の頃から苦難の塊のような地域だから。
数万年前にはスンダランドという大陸が存在し、
マレー=ポリネシア語族の祖先が多数存在。
ttp://homepage2.nifty.com/amanokuni/sake-tori-kai.htm
その後気温上昇、海面上昇によって大陸の大半が水没。
難民となった人々は大航海を強いられ、
東はイースター島から西はマダガスカルまで大移動をしましたとさ。
・・・よく生き延びたもんだとマジで感心します。

軍板でこういうレスを見かけたんですが、リンク先のような大陸が
過去に実在して、ポリネシア人がカヌーではなく、大陸だったから
イースター島からマダカスカル島までわたれたって本当ですが?

トンデモの匂いがするのですが、あまり知識ないので教えてください。

102 :同定不能さん:2005/04/13(水) 21:09:35
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/seikei/1109216425/

医療ミスに訴訟をおこした患者が、このスレに書き込みをしたら、
関係者が自演で対抗して患者をキチガイ、在日呼ばわりして、スレは荒れまくりだよ。

患者は控訴して、高等裁判所で審理だってさ。
強い電波を感じる関係者がいる。


103 :同定不能さん:2005/04/14(木) 12:30:02
>>101
リンク先が言ってるのは、温暖化難民が船でオセアニア各地に広がったってこと。
マダガスカルやポリネシアまで歩いて渡ったなんて言ってない。

さらに、リンク先も間違い。(おまえほどの間違いではないが)
スンダ大陸の水没は10000年前だが、スンダ人の海外移民は7000〜6000年前。
スンダ人は台湾に移民し、その台湾移民の子孫が数千年かけて全オセアニアと
フィリピン、インドネシア、マダガスカルなど広がった。
大陸水没と移民に直接の関係は無い。

104 :同定不能さん:2005/04/16(土) 13:38:01
手元にある問題集のなかに「次の記述で正しいものはどれか」という5択があり、

4、「ブラジルにはテラロッサという肥沃な土壌が分布し、サバナ気候下の
大規模農場ではコーヒーのプランテーションが行われている」

というのが正解という問題があります。
これについて疑問なんですが、土にはテラロッサとテラローシャ(テラロッシャ)って
あって別物ですよね?
で、あるサイトには
テラロッサ

石灰岩が風化した赤橙色の土壌。地中海沿岸に多く分布。
テラローシャ
ブラジル高原南部に分布する。玄武岩が風化した赤紫色の土壌。肥沃でコーヒー栽培に適する。

と書いてあるんですが、この解説からするとブラジルにある肥沃な土壌ってのは
テラロッサではなくテラローシャのほうのような気がするんですが、これはこの問題集が
間違ってるんでしょうか?
それともブラジルにはテラロッサ、テラローシャ両方あるってことだったりするんでしょうか?

105 :同定不能さん:2005/04/16(土) 22:01:23
>>104
地学事典1981年改訂版第1刷(ちょっと古いが)では、
”『テラロッサ』(英仏 terra rossa)
おもにFe・Alの水酸化物からなる石灰岩に特有の土壌。”とある。
つまり石灰岩起源でない土はテラロッサの定義に合わない。

一方、104の言うテラローシャは、例えば
http://www.photius.com/countries/brazil/geography/brazil_geography_soils_and_vegetation.html
によると【terra roxa】の音を移した物と考えられる。
104はもう見たかもしれないが、ウィキペディアによる【terra roxa】の解説
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%A9%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3
一方【テラロッサ】は
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%A9%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B5
【土壌】についての解説は
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E5%A3%8C
だからテラロッサとテラローシャは別物で、問題集は間違っている事になる。
出版社に問い合わせてみたら良いかもしれない。

106 :同定不能さん:2005/04/16(土) 22:07:49
テラローシャ ポルトガル語で赤い土の意味
テラロッサ イタリア語で赤い土の意味

テストならば厳密に分けないといけないのかもしれないが、どちらも言ってることは同じなんだよな。

107 :同定不能さん:2005/04/17(日) 23:43:15
そりゃそうだけど。
日本の【赤土】だって赤い土の意味だし。

108 :104:2005/04/18(月) 13:48:23
レス遅くなりましたが、>>105さんありがとうございました。
やっぱりブラジルならテラローシャですよね。
間違いのないように覚えておきたいと思います。

109 :同定不能さん:2005/04/19(火) 20:10:48
「光のリレー」は本日開催です。未だ間に合います。是非参加を!

地球上の人間が、順繰りに身近な灯りをつけたり消したりして、光のサインをリレーのように世界一周させよう、というイベントです。

国際物理年にあたる今年は、物理学に関するイベントがいろいろ行われていて、本企画もそのひとつです。
地域ごとに消灯時間が割り当てられていて、そこから2分間、消灯するだけでOKです。

地域ごとの消灯時間は、HPに登録するとわかります。

http://www.ils.uec.ac.jp/WP2005/wplight.htm

110 :同定不能さん:2005/04/19(火) 20:16:49
光のリレー
2005年4月19日午後8時〜9時(日本)

   消灯開始時間(2分後に点灯)
東京 20:17
札幌 20:21
新潟 20:23
名古屋 20:28
大阪 20:33
高知 20:40
広島 20:45
福岡 20:52
沖縄那覇 20:55
八重山 20:59


111 :同定不能さん:2005/04/19(火) 20:19:30
「活断層に伴う地震」「地震」についてのレポートを1.5枚かいて来いっていわれたんですけど
参考文献として使えるホームページ知りませんか?

112 :同定不能さん:2005/04/19(火) 20:24:55
「光のリレーって今日だったのか。
>>111
どんなんでも良いなら
http://www.jishin.go.jp/main/

113 :同定不能さん:2005/04/19(火) 22:38:35
津波について質問があります。ググッてみたら
「津波の速度は、その地点の水深の平方根に比例する」
とありましたが、なぜ水深が深くなると
津波の速度が上がるのかがわかりませんでした。
どなたか分かる方、ご解答をよろしくお願いします。

114 :111:2005/04/20(水) 11:58:57
>>112
使えるサイトを紹介していただきありがとうございます
おかげさまえレポートは無事仕上がりました

115 :同定不能さん:2005/04/21(木) 09:39:29
ちょっと質問
国土地理院の 数値地図2500(空間データ基盤)
って、英語でなんていうか教えて下さい

116 :同定不能さん:2005/04/21(木) 15:23:54
>>113
俺もわからん。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1249258
長周期波の波動方程式について、物理板http://science3.2ch.net/sci/で聞いてみては。

117 :同定不能さん:2005/04/21(木) 19:29:26
>>115
Geographical Survey Institute Numerical map 2500 (space data base)

by @nifty翻訳


118 :115:2005/04/22(金) 00:15:51
>>117
サンクス
参考にさせてもらう

119 :同定不能さん:2005/04/23(土) 01:09:15
超初心者で悪いんですが、
何故日本は資源に乏しいのか教えてくださいな

120 :同定不能さん:2005/04/23(土) 09:32:59
1. 狭いから。
2. 地質が新しいから。
3. 掘り尽くしたから。
4. 資源大国と比べるから。

121 :同定不能さん:2005/04/23(土) 09:36:39
>>119
種類なら豊富だよ。

122 :同定不能さん:2005/04/23(土) 09:37:29
>>119
中国に採られたから。

123 :同定不能さん :2005/04/23(土) 11:21:37
放射性炭素年代測定について質問。
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/2001Hazama/01/img/14f11.jpg
http://www.rada.or.jp/database/home4/normal/ht-docs/member/fig/020161c.gif
によると、1960年代までの大気圏核実験で大気中の14C濃度は2倍近くまで増えたが、
もうほとんど元に戻っている。
半減期5730年じゃないの?

124 :同定不能さん:2005/04/23(土) 19:48:24
>>123
半減期がなんの半減期か調べてから出直せ。

125 :同定不能さん :2005/04/24(日) 01:57:26
>>124
ふつうにわけわからん。
14Cの話しかしてないが。

126 :同定不能さん:2005/04/24(日) 02:59:54
>>125
炭素は循環してるから、大気中の14Cが一時的に増えても
植物や海に吸収される過程で元の濃度に戻る。
14Cが放射性壊変で減ったわけではない。

127 :同定不能さん:2005/04/24(日) 12:35:36
>>125
半減期も放射半減期だけじゃなく色々あるってこった。
滞留半減期・消失半減期・実効半減期・生物学的半減期…

128 :同定不能さん:2005/04/30(土) 03:46:43
雲の分類について質問です。
色々ググって調べてみたところ、大きく分けて上層雲、中層雲、下層雲と3種に分けられ、
さらにそこから10種に分けられるというのが一般的な考え方だというのはわかったんですが、
サイトによってそのわけ方が違っていてよくわかりません。

http://www.pref.ehime.jp/noukei/gijutu/taisaku/jyouhou/jyou-yougo15-11.htm や
http://www.okinawa-jma.go.jp/ishigaki/cloud/cloudhome.htm このサイトなどでは
上層雲→巻雲、巻積雲、巻層雲
中層雲→高積雲、高層雲、乱層雲
下層雲→層積雲、層雲、積雲、積乱雲
という風にわかれてて、
http://cumulus.web.infoseek.co.jp/kumo/tenbun.htm と
http://cumulus.web.infoseek.co.jp/kumo/kumotoha.htm では
下層雲は層積雲と層雲で、積雲と積乱雲は対流雲となっています。
ここまでなら下層雲はさらに下層雲と対流雲にも分けられるということで問題なく
わかるんですが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%B2 や
http://rika.shinshu-u.ac.jp/ischool/tenki99/kumo/k_bunrui.html では
乱層雲は下層雲に分類されています。

これははっきりと定義が決まってないってことでしょうか?
どういう分類で覚えていいのか迷います。

129 :同定不能さん:2005/04/30(土) 05:36:18
>>127
ここには気象の専門家はいないので、
気象(天候)などの質問はhttp://science3.2ch.net/sky/

130 :同定不能さん :2005/04/30(土) 17:32:24
恐竜の化石とかマンモスの発掘がしたいんですが大学は何学部にいけばいいんでしょうか?


131 :同定不能さん:2005/04/30(土) 18:06:35
自然科学の方法の特徴ってどういうことですかね?

132 :同定不能さん:2005/04/30(土) 22:09:58
>>130
理学部
>>131
分析と総合

133 :同定不能さん:2005/04/30(土) 23:22:32
>>132
自然科学の限界は?
ずずしくてすいません。

134 :同定不能さん:2005/05/01(日) 06:20:10
限界って何だ?観測出来ないものは扱えないとかか。

135 :同定不能さん:2005/05/01(日) 15:17:10
初めまして。
空気は、地面(地上?)から何メートルの高さまでが地球と一緒に自転しているのかを
知りたいです。
しかし、自分で思い付くキーワードを入れて検索をしてみたのですが、
そのキーワードがトンチンカンなものだったらしく、ヒットしませんでした。
どのようなキーワードで検索をすれば、この件について分かりますか?
教えてください。宜しくお願いします。

136 :同定不能さん:2005/05/01(日) 20:10:02
>>134
「確からしさ」と「絶対的事実」だそうで
薬品の効き目とか天気の予測、地震、火山の噴火など例が挙げられてるだけで説明がないのでよくわからないのです。


137 :同定不能さん:2005/05/02(月) 01:31:24
5億年前の岩石などに含まれる「カーボネイト」の成分は何でしょうか?
主たる成分が炭素だとはわかるのですが・・・

138 :同定不能さん:2005/05/02(月) 07:56:41
>>137
炭酸


139 :同定不能さん:2005/05/02(月) 13:25:31
>>137
主組成は炭酸カルシウム。

>>138
炭酸は含まれてないだろw


140 :同定不能さん:2005/05/02(月) 17:44:30
最初の生命は海で発生したの?それとも宇宙からきたの?

141 :137:2005/05/02(月) 18:51:59
レスありがとうございます。
含まれているであろうと考えられる成分、全て教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

142 :同定不能さん:2005/05/02(月) 18:52:07
進化論に疑問があるのですが人と猿の中間のアウストラロピテクスとかそんな奴はなんで世界にいないのでしょうか猿から人になるまでの途中な生命は?

143 :同定不能さん:2005/05/02(月) 21:26:48
>>137 >>141
カーボネイト(carbonate)は炭酸塩って意味でそのまんま。
炭酸塩なら何でもありだし

>>142 絶滅したから。
もし進化の連続性に関する質問なら
「断続」「グールド」でググってからまた来られよ。

144 :同定不能さん:2005/05/02(月) 22:35:16
地球温暖化での海面上昇についても疑問があります。大気に触れている氷が溶けでれば勿論海面は上昇すると思いますがそれは氷山の一角で、同時に海水の温度も上昇したとすれば海面下の氷も溶けるとしたら水と氷の体積比率を考えたら海面上昇は一時的なものだと思うのですが

145 :同定不能さん:2005/05/02(月) 22:55:11
>>144
地球上の淡水のほとんどは、南極氷床。陸上にあるので、これが溶けた分は
すべて海面上昇につながる。

146 :同定不能さん:2005/05/04(水) 01:29:57
高校でやった地学を活かせる資格って気象予報士と教職ぐらいしかないんでしょうか?

147 :同定不能さん:2005/05/04(水) 08:08:56
鉱山会社に就職・・・・できたらいいなw

148 :同定不能さん:2005/05/04(水) 09:47:12
物性物理系。

149 :同定不能さん:2005/05/04(水) 15:48:32



150 :同定不能さん:2005/05/04(水) 18:11:40
天災といのは例えば地震にしても大災害でもマグニチュード9とかですよね
マグニチュード一万とか千というのはプレートとかの関係上起きないのでしょうか、天災はいつも人への警告や戒めとしてであるような気がしてなりません。私達が自分の家庭のことを考えるように地球は全ての生命のことを考えていると思えてしかたないのです

151 :同定不能さん:2005/05/04(水) 18:11:47



152 :同定不能さん:2005/05/04(水) 18:23:21



153 :同定不能さん:2005/05/04(水) 18:52:51



154 :同定不能さん:2005/05/04(水) 19:19:03
>>150 なにやら宗教的な子といってるおまいにマジレスしてやる。
マグニチュードは1増えるごとにエネルギーは32倍だ。
つまりマグニチュード1000の地震はマグニチュード9の
32の991乗倍の威力だ。

155 :同定不能さん:2005/05/04(水) 20:34:47


156 :同定不能さん:2005/05/04(水) 20:39:04
大山脈と弧状列島は、それぞれどのように
出来たと考えられているのですか?
できれば詳しいほうがいいのですが・・・

どうぞ御願い致します。


157 :同定不能さん:2005/05/04(水) 21:44:58
>>119
今、役に立つものが少ないのと、人件費のせいで安いものは採算がとれないから。
江戸時代までなら世界有数の金算出国だし、石炭だったら結構残ってるだろ。
>>150
そんなエネルギーはたまらない。地球で核融合でもやらないかぎり。
>>135
一緒に自転してるのかな。自転のせいで渦巻いちゃってるし。

158 :同定不能さん:2005/05/05(木) 00:18:43
>>156
プレートが衝突したり、一方が潜り込んだりして、その圧力で押されて出来た。
この辺でも読んで。
http://ja.wikibooks.org/wiki/%E7%90%86%E7%A7%91%E7%B7%8F%E5%90%88B_%E5%9C%B0%E5%AD%A6%E5%88%86%E9%87%8E
http://www1.tecnet.or.jp/lecture/chapter3/3_11_2.html

159 :156:2005/05/05(木) 08:41:15
>>158
非常に参考になりますた。
ありがとうございます。

160 :同定不能さん:2005/05/06(金) 16:21:35
チョコレートの匂いがする石が中国で見つかった
というのを聞いたことがあり、詳しいことを知りたいと思って
情報を探しているのですが見つかりません。
詳しい情報が載っているページを知っておられる方は居られないでしょうか?

スレ違いだとしたらすみません。

161 :同定不能さん:2005/05/06(金) 23:59:56
コネも何も無く趣味で岩石薄片を作る予定なのですが、
研磨剤って何処で手に入るものなのでしょうか

162 :同定不能さん:2005/05/08(日) 17:37:50

117:名無しさん@生活サロン板できました [] 投稿日:04/09/24(金) 16:46:46 ID:8d8zL5fx
そして、50年後はこうなる。

子供「おじいちゃん、ママ薬買えないから死んじゃった。どうして僕達貧乏なの?」
老人「それはワシ等が祖国を持たないからなんじゃ。後ろ盾のない民族の末路はこん
なもんじゃよ」
子供「そこく?」
老人「ワシがまだ若い頃には太平洋に日本という島国があったんじゃ。そこがワシ等の
祖国じゃ。四季の有る美しい国じゃった。・・・今はもう無いがのう」
子供「どうしてなくなちゃったの?」
老人「みんな何も言わないからじゃよ。何をされても黙って笑っているのが美徳だと勘
違いしていたんじゃ。そこにつけこんだ泥棒や売国奴が、どんどん日本を切り売
りしていったんじゃ。本当は海底資源を取られた時に気づくべきじゃった。じゃが
資源を取られても日本という国は泥棒のご機嫌取りばかりしていたんじゃ。
   そのうちに、九州・四国・北海道までが次々と取られていった。気づいたときにはも
う遅かった。日本という国は世界地図から消えておったんじゃよ」
子供「うーん、よくわかんないや」
老人「すまんのう。ワシ等がもっとしっかりしておれば。すまんのう、おまえの未来まで潰
    してしまって・・・」


163 :同定不能さん:2005/05/09(月) 14:58:06
>>160
知らない。聞いたことない。ここで聞いてみたら?
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1100166184/l50
>>161
自分が学生の時は確か輸入品使ってたような気がする。ここに問い合わせてみて。
http://www.nichika-kyoto.com/
http://www.nichika-kyoto.com/ichiran/8kenkyou/2122abrasives.htm


164 :同定不能さん:2005/05/09(月) 17:13:07
>>160
「まさかのミステリー」で取り上げてましたね。
公式サイトにも情報無いしググっても何も出てこないけど、番組を見た人のが2件引っかかりました。
ttp://blogs.yahoo.co.jp/hidehap20056/1560589.html
ttp://www2.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=173842&log=20050416

165 :160:2005/05/09(月) 21:52:43
>>164
情報ありがとうございます。
おかげさまで
中国語のサイトで一つ書いてある場所が見つかりました。
一応乗せておきます。
ttp://www.csc-sccia.org/dl/ShowArticle.asp?ArticleID=644

166 :同定不能さん:2005/05/09(月) 23:42:19
>>165
そこのサイトに書いてある「香石」がキーワードみたいですね。
で、写真入り発見。
ttp://www.jhnews.com.cn/gb/content/2004-12/28/content_363464.htm

167 :同定不能さん:2005/05/10(火) 20:40:00
なぜ地球には希ガスが少ないのですか?

168 :同定不能さん:2005/05/10(火) 22:13:10
多量に存在したら「希」ガスじゃなくなるから

169 :同定不能さん:2005/05/10(火) 22:38:53
どなたか
ジオイドとブーゲー異常の
分かりやすい説明おねがいします

170 :同定不能さん:2005/05/10(火) 23:29:31

【韓国】韓電機工、日本原子炉整備市場に進出[05/09]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1115638329/l50


(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

171 :同定不能さん:2005/05/11(水) 00:09:45
>167
あー、俺も同じこと思ったことあるよ。
ちょっと、丁度いいグラフが見つからなくてリンクを貼れないけど、
希ガスは、宇宙全体における存在比は他の元素と大差ないのに、地球上での存在比を宇宙における存在比で割った値が妙に小さいんだ。
言ってることがわかりづらいかもしれないけど、誰かいい説明してくれ。

172 :同定不能さん:2005/05/11(水) 15:17:16
花崗岩の密度と地球の平均密度が大きく違うのはなぜですか?

173 :同定不能さん:2005/05/11(水) 16:19:18
鉄でできた核があるから

174 :同定不能さん :2005/05/11(水) 17:31:34
>>167
地球の揮発元素は、かつては化合物や親和物として岩石中にあったものだ。
希ガスは化合物にも親和物にもなれない。

175 :同定不能さん:2005/05/11(水) 21:49:57
>>174
そうすると、外周部の惑星に多くの希ガスがあるのでしょうか?

176 :同定不能さん:2005/05/12(木) 22:43:46
>>175
Yes。
たとえば木星大気は、ヘリウム20%(地球は0.0005%)、ネオン0.012%(地球は0.002%)を含む。
ただしアルゴン以下は、地球では金属元素の崩壊で供給されてるので、地球のほうが多いと思う。

177 :質問です。:2005/05/14(土) 16:09:55
単位のことについてなんですが、
ラメ定数の単位
地震モーメント
の単位を教えてください。
それらをある条件の下で求める課題がだされたのですが、求める際にでてくる長さの単位や密度の単位で
mでいくのかkmでいくのかなど迷っています。よろしくおねがいします

178 :同定不能さん:2005/05/21(土) 08:13:39
質問です。
Co2による温暖化は光合成とかで元に戻ると思うのですが、
メタンハイドレード層が採掘や地震で分解されてCo2の40倍の温室効果のメタンガスが大量に放出したら元に戻せるのですか?

179 :同定不能さん :2005/05/21(土) 14:56:15
>>178
過剰なメタンは、メタン酸化細菌により糖質や二酸化炭素などに変換され、
通常の炭素サイクルに取りこまれると思われ。

なお、光合成はCO2をほとんど減らさない。光合成でできる炭水化物は、
最終的には植物を食べた動物や植物自身により燃焼される。
過剰なCO2を吸収するのは、短期的には海水、長期的にはサンゴ礁が主体。

180 :同定不能さん:2005/05/21(土) 15:50:52
オホーツク海の潮の流れについて調べているのですが
日本海から流れてきた対馬海流が宗谷を越えてオホーツク海に入ると
宗谷暖流になると知りました

この宗谷暖流は一年中流れているんですか??
それとこの宗谷暖流の流れが速くなる時期は何月ごろですか??
よろしくおねがいします。


181 :同定不能さん:2005/05/21(土) 16:33:36
a

182 :180:2005/05/22(日) 12:04:25
誰かおしえて〜

183 :同定不能さん:2005/05/22(日) 13:36:04
>>180
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN1/soudan/kairyu.html

184 :178:2005/05/22(日) 14:53:40
>>179
非常に参考になりました。
Co2に対する勘違いまで教えていただきありがとうございます。

185 :同定不能さん:2005/05/23(月) 00:45:20
どーでもいいが、化学式ぐらい正しく書けよな・・・

186 :同定不能さん:2005/05/23(月) 20:19:58
プロピライトって何ですか?

187 :同定不能さん:2005/05/23(月) 21:59:39
>>186
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%94%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88&start=0&start=0&hl=ja&lr=lang_ja&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja-JP:official

188 :同定不能さん:2005/05/23(月) 22:01:06
失礼、こっちだな
     ↓
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=%83v%83%8D%83s%83%89%83C%83g&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5&lr=lang_ja

189 :同定不能さん:2005/05/23(月) 23:35:47
どうして地球を導体球とみなすことができるのでしょうか?
電磁気学の課題なのですが、
自分で考えても「水や鉱物が存在するから」といった
当たり前のことしか思いつきません。
どなたかご教授願います。

190 :同定不能さん:2005/05/24(火) 03:40:11
中心に鉄とニッケルがあるからでないの?

191 :同定不能さん:2005/05/24(火) 22:23:23
どのレベルの回答を求めているのかわからんが、
方位磁石でN極が必ず北をさすということは、地球に
磁北が存在する。つまり固体地球は帯磁している。
帯磁するのは導体だけである。よって地球は導体球。
ってのはダメ?

192 :189:2005/05/24(火) 23:01:37
回答ありがとうございます。
教科書をよく読んでみたら
「地球は水分をたっぷり含んでいるので、
導体と見なすことができる〜」
って、ばっちり書いてありましたorz

>>191
大変参考になりました。
これから磁気に関しても調べてみて、
また別のアプローチも考えてみます。

193 :同定不能さん:2005/05/26(木) 22:05:31
地球に磁気が存在するのは液体核が対流しているためと考えられている。

194 :同定不能さん:2005/05/28(土) 23:24:19
摩擦が無くて、熱の影響を受けないとするなら、地球の中心を中心とした単振動
(穴の両端を行き来する)をするだけだろ。

初心者質問スレ part5
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/earth/1109273149/
に質問しなさい。単発スレ立てるほどのこともない。

195 :同定不能さん:2005/05/28(土) 23:25:25
>>194
すまない、誤爆した。

196 :同定不能さん:2005/05/31(火) 03:07:54
冥王星が惑星ではなく小惑星であろうという話を聞いたのですが、そもそも惑星と小惑星とはどのようにして分けているのですか?

197 :同定不能さん:2005/05/31(火) 11:53:49
>>196
純粋に科学的な意味では、惑星と小惑星の区別なんてない。

最大の違いは、歴史的経緯。
もし冥王星が今発見されたら、議論の余地なく、小惑星として登録されると思われ。

実際的な区別としては、IAUに小惑星として登録された天体が小惑星。
この意味では、冥王星は小惑星ではない。(ちなみにセドナは小惑星)
しかし、小惑星に「する」ことが検討されたことはある。

198 :同定不能さん:2005/06/05(日) 18:22:47
質問!
地球の重力は中心に行くほど大きくなるんですよね?
なのに何故火山は噴火するんですか?
マグマを中心に引っ張る以上の力が、何処から生まれるのか不思議です。
馬鹿なので分かりやすくお願いします。

199 :同定不能さん:2005/06/05(日) 20:09:45
>地球の重力は中心に行くほど大きくなるんですよね?
この前提が間違ってる

200 :同定不能さん:2005/06/05(日) 23:48:11
>>198
地球の中心では重力はゼロだ。
マグマには浮力が働いて上昇する。

201 :同定不能さん:2005/06/06(月) 21:48:04
>>196
IAUのプレスリリース01/99を要約すると、
・冥王星を第9惑星の座から引きずりおろそうどとはIAUは言っていない
・冥王星がTNO(外海王星天体)の一員かどうかと、惑星かどうかは関係ない
・IAUは冥王星には小惑星番号をつけない
・IAUの決定に法的強制力はないが、実務上は認められている

しかし、最新のFAQではこうも書いている。
・現在、惑星の大きさの下限を決めるワークグループが開かれている
・その結論が出るまでは、40AU以遠の天体は海王星外天体の一員とみなす

質問への直接の答えだが、大きさで分けられる「予定」となりそう。

202 :同定不能さん:2005/06/06(月) 23:16:56
皆さん,折った地形図はどのように収納していますか?
折り方etcで方法が変わってくるとは思いますが,お教えください.

特に,箱・ケースetcで良いのがあればお教えください.

203 :同定不能さん:2005/06/07(火) 12:13:19
>>202
地理院の1/2.5~5万なら、上下左右の余白を折って1/8に畳むと、
cardboxというボール紙製のカード入れにちょうど入る大きさになるよ。

204 :同定不能さん:2005/06/07(火) 21:21:24
環境系の学部に進むメリットってなんですか?最近出来たばかりの学問で浅いし、有望な関連した資格もとれないし、虫触ることあるし…環境関連の仕事に就けても将来的にも地味な仕事ばかり…

205 :同定不能さん:2005/06/08(水) 00:17:08
私、環境系の学部にしようかと思っているのですが受験科目が生物じゃ、あとあと困りますか?もう生物でたくないや 気がめいるよ あれじゃ(-ι、-)正直なところ、でなくても困んなさそうだけどさ 受験に使う以上建前ってもんもあるしぃ

206 :同定不能さん:2005/06/08(水) 04:11:05
嫌なら止めるだけだろう

207 :同定不能さん:2005/06/08(水) 16:24:08
水資源が少ない国ってなぜだかわからないけど穀物は輸入するのに水は輸入しませんよね。
これってなんでですか?・・・単に水だとかさばるからでしょうか?

208 :同定不能さん:2005/06/08(水) 16:35:47
シンガポールはマレーシアから水を輸入してるよ。
アフリカ・アラブ諸国は大河があったり、
或いは輸入しようにも近隣諸国も水が無いんじゃないのかな。

209 :同定不能さん:2005/06/08(水) 17:49:59
>>207
穀物1トンの生産に必要な水は約1000トン。
穀物になったのを輸入するほうが楽。

210 :同定不能さん:2005/06/09(木) 08:59:28
地震、火山に関するドシロートでも分かりやすいレポート(簡単なものでよし)、もしくは解説HPを紹介してください。お願いします。

211 :同定不能さん:2005/06/09(木) 13:24:53
地球は何回回ったかわかりますか?
教えてエロいシト!!

212 :同定不能さん:2005/06/09(木) 19:02:08
横軸に全国各地の火山、縦軸に年代での火山の噴火の年表ありませんか?
短い期間で日本列島全国に火山の噴火が相次いだ時代があったら面白いと思いまして。

213 :同定不能さん:2005/06/09(木) 19:40:07
海の水って何故塩辛いのでしょうか?
どこから大量の塩分が着たのか教えてください。

214 :同定不能さん:2005/06/09(木) 20:02:11
>>213
40億年分の川の水。
出るのは蒸発だけだから、どんどん煮詰まって濃くなる。

215 :同定不能さん:2005/06/09(木) 21:10:40
>>210
http://kids.gakken.co.jp/kagaku/nandemo/0410.html
http://kids.gakken.co.jp/kagaku/nandemo/0310.html
http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/vm/past_special/2003/earthquake/seismic_wave/variety.html
http://www.kishou.go.jp/know/whitep/2-1.html

>>211
46億年÷20時間 回転ぐらい。

>>212
綺麗な図表ではないが
http://sk01.ed.shizuoka.ac.jp/koyama/public_html/Rfunka/email5.html
http://www.edu.gunma-u.ac.jp/~hayakawa/catalog/2000J

>>213
元は岩やマグマに含まれていた塩素とナトリウムが水に溶け出して、海に集まって、それで海が塩辛くなった。

216 :160:2005/06/10(金) 11:55:49
>>166
返信一ヶ月以上遅れましたがありがとうございます!
書き込みがあるのに気がつかなくて済みませんでした^^;
画像は見つけることができていませんでしたので非常にうれしいです。
ありがとうございました。



217 :同定不能さん:2005/06/10(金) 15:35:55
クリノメーターの使い方を教えてください


218 :同定不能さん:2005/06/10(金) 19:13:09
>>217 走向と傾斜を測る!

219 :同定不能さん:2005/06/10(金) 22:39:07
>>217
http://www.s-yamaga.jp/nanimono/chikyu/chishitsuchosa.htm#c−2 クリノメーターの使い方

220 :同定不能さん:2005/06/20(月) 16:23:05
共立全書の岩石学Tという書籍の中の問題なのですが、(P.54)

石英の光軸に垂直な方向から30°はずれた薄片をNaのD線の光で証明して直行ポーラーで観察したときに、ステージを回しても
その薄片が常に暗黒であるためには、厚さをいくらにしたらよいか.

という問いなのですが、分かりません。
どなたかご教授願います。


221 :同定不能さん:2005/06/20(月) 23:32:53
パナマにあるような閘門式の水路の門をすべて
開けてしまうと、どうなってしまうのですか?
一方方向に流れる川になるのか、
一点から二手に分かれる川になるのか、
でも海で繋がってるし。
川の下流が海につながって、また川の上流になる
昔見た騙し絵みたいな感じになるのかな。
よくわからんのです。おしえてください。おねがいします。


222 :同定不能さん:2005/06/21(火) 01:33:54
>>221
わけわからん
とりあえず、これでも見れ
http://209.15.138.224/inmopanama/mapa_canal.htm

223 :同定不能さん:2005/06/21(火) 02:46:35
>>221
パナマ運河は中央の標高が海水準より高いので、川?が二つに分断されるだけ。
中央は水が無くなる。

224 :同定不能さん:2005/06/21(火) 05:13:51
>>220
丸投げじゃ無いことを期待してヒントだけ。
石英は一軸性(+)の鉱物なので
レターデーションのn1は通常光、n2は異常光の事です。
NaのD線の波長は589.3nmです。(※)
p.20やp.110も参考に

※:Na D線の波長は589.0nmと589.6nmとがありますが、
問題の主旨から考えて波長は一つだけだとした方がよいでしょう。

225 :同定不能さん:2005/06/21(火) 07:36:44
>>222
説明が下手でスミマセンでした。。。

>>223
長年の疑問が解決しました。ありがとうございました。

226 :同定不能さん:2005/06/21(火) 21:07:31
ホーキンスって人は天才なんですか?

227 :同定不能さん:2005/06/21(火) 23:45:40
ご教示お願いいたします。

大気の温室効果がないと仮定すれば、地球の放射平衡温度Tは、πr^2(1−α)S=4πr^2σT^4である。

1.この式の意味を答えろ。
2.現在の反射率をα=0,3である。このからTを求めよ。

特に1がチンプンカンプンです。

228 :同定不能さん:2005/06/23(木) 00:58:03
>>226
ホーキングの事?http://science3.2ch.net/sci/で聞いてみたら?
>>227
左辺は入射エネルギーで右辺は輻射エネルギーで、左右等しく釣り合う温度が平衡温度って事。
2は自分でやれ

229 :同定不能さん:2005/06/23(木) 04:48:40
地震の震度とマグニチュード。          Mが0、1大きくなるとエネルギーは約何倍になるのですか?1大きくなると32倍だそうです2大きくなると1000倍。わけわからん

230 :同定不能さん:2005/06/23(木) 06:50:07
>>229
対数って分かりますか

231 :229:2005/06/23(木) 15:27:53
対数とは?

232 :同定不能さん:2005/06/23(木) 15:58:32
過去ログなら 読める・・・

233 :同定不能さん:2005/06/23(木) 16:05:33
 ㏕ それとも ㏑

234 :同定不能さん:2005/06/23(木) 19:55:22
大阪・奈良付近で砂金が採れる川ってありますか?

235 :227:2005/06/23(木) 21:02:37
>>228
返信ありがとうございます。
できたら、もう少し詳しく説明していただけませんでしょうか?

236 :同定不能さん:2005/06/24(金) 00:13:14
>>235
平衡とは釣り合うと言うこと。
ここでは、地球が太陽から受け取るエネルギーと、地球から宇宙空間に逃げるエネルギーの釣り合いを指す。

左辺は、地球が受け取る太陽エネルギーの合計。だから太陽に照らされる地球断面積のπr^2の項がある。
(1−α)とは、太陽エネルギーのうち雲に跳ね返されて、地球表面に届かない割合αを差し引く項。
雲に跳ね返されずに地面に届いた太陽光が、地球を暖める。

右辺は、地球が宇宙に逃がす熱エネルギーの合計。だから地球全体の表面積4πr^2が掛かる。
地球が宇宙に逃がす熱エネルギーは輻射エネルギーで、表面温度の4乗に比例して大きくなる。だからT^4の項がある。
熱ければ熱いほど、輻射エネルギーとして放射されて逃げる熱エネルギーも大きくなる。

237 :同定不能さん:2005/06/24(金) 14:53:16
>>229
そういう決まりごとになってるからとしか言いようが無い。
マグニチュードが1大きくなる毎に、エネルギーは約32倍になる決まりごと。
対数とは、このマグニチュードに関して言えば、簡単に例えれば
地震エネルギーE = a×32^M(32のM乗)
結果的にこうなるような仕組みの計算(指数関数と言う)になっているということ。
Mがマグニチュード。

マグニチュードがM=1だったら、地震エネルギーは a×32
マグニチュードが1増えてM=2になると、地震エネルギーは a×32×32
なので、M=1のときの32倍になる。
マグニチュードがさらに1増えてM=3になると、地震エネルギーは a×32×32×32
で、M=1のときの32×32=1024倍になる。
さらにM=4になると、M=1のときの32×32×32=32768倍になる。

こうやって指数関数でエネルギーを表わすと、ごく小規模な地震から、
ものすごく大きい地震まで、一桁の小さな数字で表示できると言うメリットがある。
http://www.kishou.go.jp/know/faq/faq7.html
http://wwwsoc.nii.ac.jp/ssj/naifuru/vol12/v12p6.html
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DE%A5%B0%A5%CB%A5%C1%A5%E5%A1%BC%A5%C9
対数とか指数関数についてはhttp://science3.2ch.net/math/で聞いて。

238 :同定不能さん:2005/06/24(金) 15:58:15
>>237
>32×32=1024倍になる

ちょっと違うぞ。
マグニチュード差1は、エネルギー比10^1.5だ。
32ってのは丸めた値。
マグニチュード差2は、きっかり1000倍。

239 :同定不能さん:2005/06/24(金) 18:29:17
>>238
>簡単に例えれば
って言ってるだろ?

240 :同定不能さん:2005/06/24(金) 21:19:52
>>239
2違えば1000倍のほうが簡単だと思うんだがなぁ

241 :同定不能さん:2005/06/24(金) 23:06:10
>>240
ここは議論スレじゃないけど、対数も指数も分からない相手に、
>マグニチュード差1は、エネルギー比10^1.5だ。
って説明するの?

確かに正確じゃないが、指数関数の意味を伝えるためには、
相手を混乱させるような細かい説明は省いた方がいいと判断しただけだよ。
一応フォローのリンクも付けた。

初心者向けに、俺のよりもっと良い易しい説明の仕方があると思ったなら、
遠慮せずに答えてやってくれ。

242 :同定不能さん:2005/06/25(土) 12:14:22
>>241
だから「2で1000倍」って言ってんじゃん。
32なんてマジックナンバーを持ち出さずに済む。

243 :同定不能さん:2005/06/26(日) 15:26:56
地球の年齢を決めるのに主に使われてる方法は地球で見つかった隕石の放射性同位体測定である、と習った。
そのほかの材料で地球の年齢を見積もることはできないのか。

個人的に調べて見つけたのが
1 月の石
2 岩石に残された地球の磁場
3 海水の塩分濃度

などであるが、どれも初期地球としてある程度形成が進んでからできるものであり、信頼性に乏しい。

244 :同定不能さん:2005/06/26(日) 18:49:28
>>243
たとえば、重元素の割合から、宇宙の年齢に対する比率がわかる。


>初期地球としてある程度形成が進んでからできるもの
地球の年齢といったときは、ふつうは現在の地球ができてからの
年齢をいうと思われ。
地球の元となった微惑星の1つの年齢をいうのではない。



245 :同定不能さん:2005/06/26(日) 20:34:17
>>236
もぅ本当にありがとうございます。助かりました。

246 :同定不能さん:2005/06/26(日) 21:06:09
すいません、川から石を拾ってきて熱帯魚の水槽に入れているのですが
石灰岩などはphをアルカリ性に傾けるので良くないそうなのです。
ネットでいろいろ調べたのですがいまいちよくわかりません。
この3つの石の種類を教えていただけませんか?
ttp://up-n.mydns.jp/src/up0309.jpg

247 :同定不能さん:2005/06/26(日) 21:19:08
>>246
石灰岩ではなさそうだね。
左二つは火成岩〜火砕岩、右は堆積岩?

248 :同定不能さん:2005/06/26(日) 21:48:49
>>247
レスありがとうございます!
白いのは石灰岩ぽかったので心配でした。
火成岩と、堆積岩ですね、少し石について勉強してみます。
ありがとうございました!!

249 :同定不能さん:2005/06/26(日) 21:56:35
>>248
ちなみに火成岩・火砕岩・堆積岩は、いわゆる総称で、正確な岩の名前ではありません。
簡単に言うと、
火成岩は、マグマが冷えて固まって出来た岩石、
火砕岩は、火山灰がたまって固まった岩石、
堆積岩は、礫・砂・泥等がたまって固まった岩石
のことです。
石灰岩も堆積岩に分類されますが、この写真でみるかぎりは入っていないようです。

250 :同定不能さん:2005/06/26(日) 22:12:20
>>249
詳しい解説ありがとうございます!
火成岩や火砕岩、そして堆積岩と言う名前は
中学の理科以来(高校の地理でもあったかも)なのでぼんやりとした知識しかなくて。
少し関連サイト見てみましたけど、結構面白いですね。
石灰岩ではないということなので安心して魚が飼えそうです。
今日はありがとうございました!

251 :同定不能さん:2005/06/27(月) 16:01:35
地球内部の熱エネルギーについての質問です。
その熱エネルギーを人間達は様々な形で利用してますが、何に利用してるんですか?
2つ教えて下さい。お願いします。

252 :同定不能さん:2005/06/27(月) 23:12:31
>>251 おんせ〜ん。ちねつはちゅで〜ん。

253 :同定不能さん:2005/06/28(火) 05:18:32
あの、原油価格高騰ですよね?
そこで考えたのですが。
ガソリンを車に入れて爆発させて排気ガスになってでてくるわけだ
その工程とまったく逆のことが車の中でできたら
またガソリンが再生できるのでは?
それを爆発させて、また再生して・・・エンドレス。
プリウスもびっくりのエコロジー自動車のできあがり。
将来的にはできますかね?

禿げかけたおっさんが小学生のような発想して申し訳ないが
誰か教えてください。


254 :同定不能さん:2005/06/28(火) 07:48:58
もしそれができるとしたら、今この場で大気中からガソリンが作れると思う。

255 :同定不能さん:2005/06/28(火) 18:21:44
252
ありがとうございます。

256 :同定不能さん:2005/06/28(火) 18:40:30
>>253
燃やすときに取り出したエネルギー+α(効率100%でないので)を
再生のときに投入しなければならない罠。

257 :同定不能さん:2005/06/30(木) 09:16:29
人類が進化したら脳の発達に伴い頭とアゴが長くなるという説を
本で読んだのですが誰かこのような説を聞いたことがありますか?

258 :同定不能さん:2005/07/01(金) 14:51:28
地球誕生から現在までの大気中のCO2とO2の増減について述べよ

というテストの問題が出ました。
どなたか素晴らしい回答をお願いします。

259 :同定不能さん:2005/07/01(金) 15:03:10
テストの課題だったら、自分でしなければ意味がないだろう。
それだけではまあ、冷たいので、
・光合成可能な生物(藍藻)の出現
・縞状鉄鉱床の形成
・石灰殻をもつ生物の出現
・石炭紀における大森林の形成
・人類による化石燃料の急速な消費
あたりをキーワードにして考えてみたら?

260 :同定不能さん:2005/07/01(金) 15:22:33
自分は経済学部生なので、理系教科は本当に苦手なんです。
もう少し噛み砕いたアドバイスをおねがいできませんか?

261 :同定不能さん:2005/07/01(金) 18:11:28
http://maps.google.com/maps?ll=71.041718,105.121307&spn=0.144487,0.233202&t=k&hl=ja
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1119519545/

Google衛星写真でツングースカ大爆発の隕石クレーターを発見したという話のようなんですが、
どうなんでしょうか?

http://en.wikipedia.org/wiki/Tunguska_event

262 :同定不能さん:2005/07/01(金) 20:03:04
>>257
あごが小さくなる説は聞いたことがある。
>>260
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B0%97
http://www.env.go.jp/earth/cop3/kanren/kaisetu/11-4.html
http://structure.cande.iwate-u.ac.jp/miyamoto/ground/yagico2.htm
http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/rika-b/htmls/faint_young_sun/
http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/rika-b/images/faint_young_sun/co2_partial_pressure_l.png


263 :同定不能さん:2005/07/01(金) 20:43:35
>>261
場所は北シベリアのタイミル半島の付け根か?
だったら中央シベリアのツングースとは場所が違わないか。
http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~tajima/Erth/mfukuda/map.html
核実験場でもないようなので、隕石のクレーターってのは言えそうだけど

264 :同定不能さん:2005/07/02(土) 01:29:57
■■■■■■■■■■■■  緊  急  ■■■■■■■  緊  急  ■■■■■■■■■■■■
最後の大決戦が迫っております!

週明けにも人権擁護法案が法務部会を黙殺して総務会を通過、可決される見通しであることがいくつかの情報筋によって明らかになりました。

幹部の議員は政局を見て、とりあえず推進派に向いてしまっている模様。
法案そのものについての危険性には理解していないようです。
ここを理解させることができれば、反対派へ造反する可能性も残っています。

その方法としては、我々一般国民がFAX凸、電凸によってこの法案がいかに危険であるかを理解させることが何よりの武器です。
それが可能な期限は7月2日(土)、7月3日(日)しか残っておりません。
どうかこの2日間、凸に労力を分けてください。
最優先凸先としては

・自民党三役の先生方(議員会館)
・総務会の先生方(議員会館)

です。尚、ニックネームや無記名は無効となるそうで、感情的な凸は効力が低いとのことです。
とにかく法案の危険性と、国民が非常に不安を感じているということを伝えねばなりません。
普段はROMの方、凸経験のない方も今回ばかりはどうかご協力をお願いします。

凸先参照
http://dentotsu.jp.land.to/archives/A-jimin_soumu.html
7月1日発売の月刊現代にもあるように、人権団体や各市町村長や公安関係、省庁からも、
不安と疑問の声が上がり始めているようです。追い風は日増しに強まっております。
落胆せずに、この吹き始めた追い風に乗るように、凸をお願いします。

■■■■■■■■■■■■  緊  急  ■■■■■■■  緊  急  ■■■■■■■■■■■■


265 :同定不能さん:2005/07/02(土) 23:32:36
お願いします。

地殻が上に凸になっている地域では下にも凸になっていて、上位にある岩石層程密度が小さい

地殻が↑のようなこう蔵をしているのはなぜなのでしょうか?

266 :同定不能さん:2005/07/03(日) 01:59:11
物を燃やすと人体に影響を及ぼす期待が発生するじゃないですか!よく使うカタカナの!思い出せない!オキシダントじゃなくて、あれ、あれだよあれ…!くあぁ!

267 :同定不能さん:2005/07/03(日) 04:02:50
>>265
浮力が働いているから。
水に浮かんだ木切れは上にも下にも凸でしょ

268 :同定不能さん:2005/07/03(日) 04:16:27
>>266
ダイオキシン?

269 :同定不能さん:2005/07/03(日) 20:26:18
地球を支えてるとされてた亀の名前って、なんだっけ?
象にも名前ってあるの?

270 :同定不能さん:2005/07/04(月) 02:49:01
わからん。ここじゃなく哲学http://academy3.2ch.net/philo/
神話学http://academy3.2ch.net/min/で聞くべし

271 :香代(2代目):2005/07/04(月) 16:54:15
地震の質問ってここでいいんですか?

地震波の伝わる部分が均質な構造であるとし、観測点と震源との距離をDkm、初期微動継続時間をt秒、比例定数をkとすると、どのような関係式が成り立つか、その式を記せ。
また、P波、S波の速度kがそれぞれ5km/s、3km/sで、PS時が6秒であったとすると、震源距離はいくらか計算せよ

全く地学が苦手なのに問題を出されてしまいました。
できれば解き方を教えていただけないでしょうか?
また、ここではないところに書くべきだった場合、その場所を教えていただけませんか?

272 :同定不能さん:2005/07/04(月) 16:54:54
>>271
すみません、コテが入ってしまいました
そこはスルーしてください・・・

273 :同定不能さん:2005/07/04(月) 17:22:05
比例定数がなにものかよく分からないけど、P波の速度をVp、S波の速度をVsとするならば、

D/Vs-D/Vp=t

となる。
したがって、

D/3-D/5=6
を解いて
D=45km

となる。

言葉を換えると、
時速60kmの車(P波速度)と時速30kmの原付(S波速度)が、Dkmはなれた街に同時に出発した。
車が到着してから原付が到着するまで1時間の時間差(PS時)があった。
その場合の街までの距離D(震源距離)を求めよ、と言っていることは同じ。

274 :同定不能さん:2005/07/04(月) 22:04:06
ありがとうございます!!
そういう考え方で正しかったのか〜と納得です

275 :同定不能さん:2005/07/04(月) 22:47:28
>>271
大森公式でググってみ。

276 :同定不能さん:2005/07/08(金) 17:28:46
学校の課題でわからなかったので質問です。
1:太陽定数は約1370 W/m2であるが、なぜ 342 W/m2になっているのですか?
2:GREEN HOUSE GASESのことを日本語でなんと言うのでしょうか、また代表的なガスを3種類述べよってどんなガスなのでしょう。
教えてほしいです。

277 :同定不能さん:2005/07/08(金) 17:49:44
>>276
ネタだと言ってくれ・・・

278 :同定不能さん:2005/07/09(土) 16:40:19
1 : たぶん342cal/m2・sなんだろうな。342W/m2じゃなくて。
 1cal=4Jで計算すると、そうなる。
 まずはW(ワット)とJ(ジュール)とcal(カロリー)の3つ
 の関係を確認してみること。
2 : GREEN HOUSEとは何かというコトだな。直訳すると緑家だが
 この場合のGREENは植物を指す。中で植物を育てる建造物とい
 うと、ナンだと思う?温… まあ英和辞典にも載ってるだろ。

279 :同定不能さん:2005/07/09(土) 22:53:40
>GREEN HOUSE GASES
普通にぐぐったら一杯出てきたが
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=SNYA,SNYA:2004-11,SNYA:ja&q=GREEN+HOUSE+GASES

280 :同定不能さん:2005/07/09(土) 23:02:25
「出てきたが」の「が…」のあとはナンなのだ?
「が、わからん」なのか?ひょっとして。

281 :同定不能さん:2005/07/10(日) 03:54:06
P波とは何ですか?S波とは別名を教えてください!!

282 :279:2005/07/10(日) 08:04:05
ハニャーソ

283 :同定不能さん:2005/07/11(月) 00:54:35
>276,278
>たぶん342cal/m2・sなんだろうな。342W/m2じゃなくて。

いや、342W/m2で合ってると思うよ。
1370を4で割るとほぼ342になる。
これが大きなヒントだ。
というわけで276よ、あとは自力でガンガレ。

太陽定数じゃなくて、直達日射量のことではないのか?

284 :同定不能さん:2005/07/11(月) 12:29:44
ワットをカロリー/秒に換算するモンダイでしょ。これは。

285 :同定不能さん:2005/07/11(月) 13:08:06
>>278 >>284
342*4=1368
342*4.184=1430.928
342*4.1868=1431.8856

>>283 に一票

286 :279:2005/07/11(月) 22:38:47
>>281
P波とは地震におけるPrimary waveの略称で、圧縮と膨張の繰り返しが伝わる波。粗密波とも言う。
S波Secondary waveよりも波の伝わる速度が早く、最初に地震計に記録されるため、
Primary wave=最初の波の名が付いた。

287 :同定不能さん:2005/07/12(火) 17:36:09
講義で堆積地質学というものをやってるのですが
いくつかわからないことがあります。
・石灰岩はどこでどうやってできるか?
・付加帯堆積物 海洋底拡大って?
・CCD(Carbonate Compensation Depth)を説明するための柱状図
・粒度分布の説明


こういう範囲を統括しているわかりやすい本がみつからなかったので・・・
どなたか教えてくれませんか?

288 :同定不能さん:2005/07/12(火) 23:19:54
私も、付加体について知りたいのですが。
どんな本読めばよろしいですか?
地質について、最近興味を持ったばかりの社会人です。
大学卒業して、20年以上たってますから、
まったくの初心者向けの本を具体的に教えていただけたらと思います。

289 :同定不能さん:2005/07/13(水) 02:34:20
>>288
最近の本はよく分からないけど、日本の付加体研究の第一人者といってもいい、
平朝彦が書いた「日本列島の誕生(岩波新書)平 朝彦著,1992」あたりが初心者
向けかな?


290 :同定不能さん:2005/07/13(水) 05:30:15
大学で地球科学科系に行くには
高校で地学を習ってなきゃダメ?

291 :290(理科では物理と化学を選択):2005/07/13(水) 05:36:43
追加
一応地理は習ってるけどもね。
地学やってなかったらキツイかな?

292 :同定不能さん:2005/07/13(水) 09:13:52
>>291
ほとんど問題なし。地学系に来る人でも高校地学を選択している人の方が
少ない(とりあえず私の大学では)。私も物理・化学。
それよりも地学−地球科学は総合科学なので、物理・化学・生物の知識を
もっていると、役に立つことが多い。

293 :同定不能さん:2005/07/13(水) 16:35:38
家の大学では地学選択者1割きってたな
学科に入るの2年からってのも影響してるかも

294 :同定不能さん:2005/07/13(水) 17:56:14
>>288>>289
おれも読んだよ.つーか読まされた.
入門にはいいかもね.

295 :同定不能さん:2005/07/13(水) 17:57:20
>>292
生物があまり役立たないのですが・・・古生物なのに・・・

296 :290(理科では物理と化学を選択):2005/07/13(水) 18:04:52
>>292
>>293
>>295
ありがd

297 :同定不能さん:2005/07/13(水) 20:54:00
板違いかスレ違いだったらスマンが、みんな宇宙飛行士になりたいと思ったことある?
非現実的だけど憧れるくらいはあるよね?

298 :288:2005/07/13(水) 22:37:24
289さんありがとうございます。
早速注文してみます。

299 :同定不能さん:2005/07/14(木) 05:03:25
>>297
俺は4歳の頃ロケットになりたかった。宇宙飛行士じゃなくて

300 :同定不能さん:2005/07/14(木) 10:37:31
この間のたいふうの名前はいたんというらしいのだが
海棠という立派な名前があるのに野生のりんごと
翻訳するのはおかしいのではないか。
植物の名前を知らないやつが気象庁には、いるのか。

301 :同定不能さん:2005/07/14(木) 13:19:48
>>300
http://science3.2ch.net/sky/で言ってみて。

302 :バリ:2005/07/14(木) 22:29:53
フォトンベルトの詳細と、NP完全問題の詳細を知りたいのですが、教えて下さいまし

303 :同定不能さん:2005/07/14(木) 22:36:06
砂漠の緑化技術が完全に実用化されたとして。
鳥取砂丘を除く地球上の全ての砂漠を緑化したらどうなりますか?

304 :同定不能さん:2005/07/15(金) 01:33:43
砂丘と砂漠の違いもわからないのか?
砂丘海岸もすべて緑化する気か?
猛省しなさい!

305 :同定不能さん:2005/07/15(金) 11:25:12
砂浜辺りは残しておいても良いかな。
ゴビ砂漠やエジブトなどの自然に砂漠化した場所を、
片っ端から緑化させた場合の環境変化の結果が知りたいのです。

306 :同定不能さん:2005/07/15(金) 13:37:24
片っ端から緑化させたら、地球は暑くなるかも知れない。
アルベドが小さくなるから

307 :同定不能さん:2005/07/16(土) 12:15:35
質問
地球は「宇宙に浮かんでいる」と言う表現でいいんですか?

308 :同定不能さん:2005/07/16(土) 12:54:03
「沈む」「落ちる」に対する「浮かぶ」というコトであれば
正しくないけど、日常語としては許容範囲じゃないか?

309 :同定不能さん:2005/07/16(土) 17:48:58
>>308 ありがとうございます
では 専門的に表現するなら どうなりますか?

310 :同定不能さん:2005/07/16(土) 18:14:35
イタリアにNational Institute of Geophysicsという機関があります。
略称がINGで、たぶんイタリア語の語順だと思います。
イタリア語での正式名称はわかりませんか?

311 :尋ね人:2005/07/17(日) 05:26:30
おそらく40歳くらいで、小学生みたいな負けず嫌いの人を探しています。
名前は 浅見真規といいます。
精神的に問題があり、周囲の方々にご迷惑をかけるのではないかと
心配しております。
何か情報をお持ちの方書き込みお願いします。

312 :山瀬まみ:2005/07/17(日) 10:25:09
検索したら一発で出てきたぞ
Istituto Nazionale di Geofisica (ING) [National Institute of Geophysics]
http://www.ingrm.it/

313 :社学生:2005/07/17(日) 18:41:19
はじめまして。
都内の大学に通う文系の学生です。
テストが近ついて来ており、来週には自然環境論という科目の試験を受けるんですが・・・
持ち込み可とはいえその内容が難しいらしく、ノートテイクと配布されたプリントだけでは不十分との事らしいんです。
試験時間は60分と限られているため、持参するのはできるだけ少量の文献で済ませたいのですが、

何か良い本あったら教えていただけないでしょうか。


314 :社学生:2005/07/17(日) 18:46:07
ちなみに、出題範囲は
・気候システム
・気候変化の歴史と原因
・気候変化と海面の変化
・気候変化がもたらす平野および氷河の形成
・気候変化がもたらす生物分布への影響
・気候温暖化問題
・大気環境問題
です。過去問は手に入れられず、友達はみなお手上げ状態になっちゃってます。
よろしくお願いします。

315 :同定不能さん:2005/07/17(日) 22:16:35
sole mark
tool markってなんのことですか?

316 :同定不能さん:2005/07/18(月) 09:09:05
地球が誕生してから40数億年経つそうですが、その間ずっと1年は365日
前後(誤差1%以内で)ですか。素人考えですが、仮に、いん石が毎年1トン地球に
降ってきているとすると、地球の質量は何十億トンも増えたことになります。
そのことによって、地球の公転周期は相当変わるような気がするんですが。


317 :同定不能さん:2005/07/18(月) 09:24:00
>>316
とりあえず海水や地球内部の潮汐力による摩擦によって、自転速度は低下している。
石炭紀〜デボン紀頃は、一年が400日程度あったらしい。その分1日が24時間より短い
が。具体的な証拠として、単体サンゴの成長線が挙げられているけど、眉唾、という
話もあったりなかったり。物理計算結果とは、ほぼ一致するらしいが。

ただし公転周期の実時間が一定かどうかは、私は知らないので、他の人フォローお願い。

>>315
tool markは聞いたこと無いけど、sole mark(底痕)はぐぐれば解説がでてくるぞ。
ttp://www.dino.or.jp/shiba/survey/sur_202.html
とか。

318 :同定不能さん:2005/07/18(月) 10:25:03
>>316
地球の質量で割ってみろ。この40億年、地球の質量はほとんど増えていない。
また、隕石も公転している。隕石は、地球とほぼ同じ軌道速度を持ち、
側面から低速で衝突することが多い。
地球と軌道が似ているほど、地球と長く併走し、衝突の確率が高くなるからだ。
(磯部・吉川効果)
そのため、かつて月を生んだ大衝突でさえ、数%以上の軌道変化はなかったという
考えが強い。

なお、実際には、1年は毎年0.5303秒短くなっている。
これは、隕石とかではなく、他の惑星の引力が原因。
計算上、16万年で1日短くなるが、実は10万年ていどの周期変動なので、
どんどん短くなっているわけではない。

もっと長期的には、周期的でない変動があるかもと思うかもしれない。
しかし計算上、過去46億年、未来数千億年にわたり、惑星の軌道はほとんど
変化しないことがわかっている。

もちろん、可能性としては、過去に不安定な軌道を持つ惑星が存在し、
他の惑星に衝突したり太陽系外に放り出されたりしたかもしれない。
だとすれば、それ以前の計算はすべてご破算になり、地球の軌道は違っていた
ことになる。
しかし、そうだとすれば、「数十億年しか続かなかった軌道が、大変動の結果、
数千億年続く軌道になった」ということになり、確率的にあまりありそうなことではない。

319 :同定不能さん:2005/07/18(月) 11:17:06
>>317,318 さん
316です。ありがとう。長年疑問に思っていたことわかったような気になりました。

320 :同定不能さん:2005/07/18(月) 17:36:52
異なる鉱脈って密集できるもの?
例えば、銅の鉱山の3キロ先に銀の鉱山があって4キロ先に金があって、鉛が、石炭が、ウランが。
できれば鉱物資源に一番恵まれた例も教えてもらいたいです。

お願いします。

321 :同定不能さん:2005/07/19(火) 04:11:10
エネルギー平衡モデル
ってなんでしょうか?
ググっても1件しかヒットしない上に、
「0次元エネルギー平衡モデルにおける確率共鳴(stochastic resonance)」
たったこれだけ・・・。

ついでに、greenhouse gas concentrationとは、温室効果ガスの濃度でよろしいのでしょうか?

322 :同定不能さん:2005/07/19(火) 04:20:18
関連して質問させて下さい。よろしくお願いします。
次の注意書きは、一体、何を示しているのでしょうか?

注意:状態ではなく状態量を記入すること

記入すべきものは、単語のハズなのですが・・・、具体的な量(xxカロリーとか、xxキログラム)とかなのでしょうか?
ttp://syllabus-pub.yz.yamagata-u.ac.jp/amenity/Knowledge/KnowledgeWeb.aspx?DSN=Electrochem&nKnowledgeID=1065
このサイトでは、「熱力学で取り扱う物質の性質」と書いてありました。
となると、性質・・・を書くのですよね・・・。

greenhouse gas concentrationの状態量(熱力学で取り扱う物質の性質)となると、
温室効果ガス濃度で、いいのでしょうか?
ちなみに、状態というのが、二酸化炭素(CO2)、メタン、フロンということでしょうか?



323 :同定不能さん:2005/07/19(火) 14:10:04


地球史、生命史を分かりやすく解説してるサイトありませんか?


324 :同定不能さん:2005/07/19(火) 22:32:29
質問があります。
なぜ氷食されるとU字谷になるのに、河川による侵食はV字谷なのでしょう?
この違いはどうやって生まれるのですか?

325 :同定不能さん:2005/07/20(水) 11:00:08
花崗岩構成物を教えてください。
できれば図解してあるサイトが見たいです。

326 :同定不能さん:2005/07/20(水) 11:01:36
カリウム アルゴン法についてかなりわかりやすく(簡単に)解説してください

327 :同定不能さん:2005/07/20(水) 12:42:18
>>326
日本語おかしい

328 :同定不能さん:2005/07/20(水) 14:17:59
>>326
ttp://www.bioportal.jp/columns/02/02yogo.html

329 :同定不能さん:2005/07/20(水) 14:25:12
>>320
濃縮プロセスが似てるものなら。
わかりやすい例では、石油と天然ガス。
4kmかどうか知らんが、アフリカ南部には各種の金属鉱山が密集している
地域が多数ある。


330 :同定不能さん:2005/07/21(木) 14:36:25
>>323
http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/dem/tec/history/
http://www.manabi.pref.gunma.jp/sizen/html/gunma5/139.html
>>324
川の水は横方向の川岸(側方侵食)よりも川底を浸食する力が大きい。
それで川底がどんどん深くなってV字谷が形成される。
氷河の場合は、氷の側面の摩擦が働いて側方侵食も活発に起きるので、
谷の底も谷の側面も(水に比較すれば)まんべんなく侵食されてU字谷になる。
>>325
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E5%B4%97%E5%B2%A9
http://www.jisuberi-kyokai.or.jp/ganseki/fujita/fujita.html

331 :同定不能さん:2005/07/21(木) 14:47:47
>>321-322
>greenhouse gas concentration
温室効果ガスの濃度の上昇とか、集中とかの意味では?
>状態量
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E7%8A%B6%E6%85%8B%E9%87%8F
物理・化学板で聞いたら?

332 :同定不能さん:2005/07/21(木) 17:21:44
http://vsop.mtk.nao.ac.jp/〜inoue/KogiNote/TD_Ky9.files/Slide0004.gif
これ分かる人いたら解いていただきたいんですが。。。。

333 :同定不能さん:2005/07/21(木) 17:25:38
332です。
すいません。http://vsop.mtk.nao.ac.jp/〜inoue/KogiNote/TD_Ky9.htm
これの問題1です。

334 :同定不能さん:2005/07/21(木) 17:34:07
>>332-333
板違い。
天文・気象板へ。

335 :同定不能さん:2005/07/21(木) 23:21:12
地震の時に震源で起きている現象について教えてください。

336 :同定不能さん:2005/07/21(木) 23:25:23
断層がズルズルとかベキベキとかミシミシとか

337 :同定不能さん:2005/07/22(金) 00:17:57
モホロビチッチの国籍はどこですか?

338 :同定不能さん:2005/07/22(金) 00:26:49
ユーゴスラビア
こんなのググればすぐ出るぞ。

339 :同定不能さん:2005/07/22(金) 00:42:34
そうだったのか、名前からして勝手にロシアだと思ってた…

340 :同定不能さん:2005/07/22(金) 01:30:42
>>338
ところで今のどこの国所属だろうか?
ユーゴスラビアは、セルビア・モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、
スロベニア、マケドニアに分裂したし。
まあ、当時はユーゴしかなかったから、どうでもいいんだけど。

341 :同定不能さん:2005/07/22(金) 11:15:19
板違いだったらすいません。
温室効果ガスについて調べていて、
窒素分子も酸素分子も同じ原子からできていて、電子分布に偏りがない
→電磁波を吸収したり放出したりしない→温室効果ガスでない ということは分かったのですが、
窒素分子と酸素分子が同じ原子で出来ているというのがどういうことか分かりません。
よろしければ教えてください。

342 :同定不能さん:2005/07/22(金) 11:24:48
N2 O2

343 :同定不能さん:2005/07/22(金) 11:40:52
N2●●  O2○○
CO2○◎○

344 :324:2005/07/22(金) 14:49:09
>>330

なるほど、解りやすい御説明、ありがとうございました。

345 :同定不能さん:2005/07/22(金) 15:26:17
>>340
クロアチア

346 :同定不能さん:2005/07/22(金) 18:11:38
>>345
ありがとうございます。

347 :341:2005/07/22(金) 20:09:49
>>342-343
ありがとうございました。
そういう意味だったんですね、なんか勘違いして変に考えていました。


348 :同定不能さん:2005/07/22(金) 23:47:25
ここのスレには、福〇大学生のものと思われる書き込みが多数…
明らかに明日ある、地球圏科学入門のテスト問題についての質問ばっかり。
花崗岩の図解、年代測定法、クリノメーターの使い方、天文単位などなど…orz

349 :同定不能さん:2005/07/23(土) 01:52:00
以下は正負いずれかのフィードバックプロセスか、それぞれ答えよ

<ケース1>
=大気二酸化炭素濃度が増える=
     ↓
=光合成量が増える(CO2肥沃化効果)=
     ↓
=大気二酸化炭素濃度が減る=


<ケース2>
=日射量が減る=
   ↓
=気温が下がる=
   ↓
=地面が氷で覆われる(氷被覆率が上がる)=
   ↓
=地表面反射量が増え、地面(陸面+海面)の貯熱量が減る=
   ↓
=気温が下がる= 

350 :同定不能さん:2005/07/23(土) 03:53:02
>>349
ここは出題スレではありません。


351 :同定不能さん:2005/07/23(土) 07:42:06
>>348
福州大学
http://www.fzu.edu.cn/

352 :同定不能さん:2005/07/23(土) 13:08:05
>>350
わからないのは素直にわからないって言った方がかっこいいよ

353 :同定不能さん:2005/07/23(土) 14:38:24
>>348

クリなんか実際に巡検かなんかでテストすりゃいいのにな

354 :同定不能さん:2005/07/23(土) 14:38:40
〈1〉負 〈2〉正
なんだけど、>>349>>352か?
これマジで、ヒトに聞かんとワカランのか?


355 :同定不能さん:2005/07/23(土) 15:48:42
北半球と南半球で季節が逆転していることを専門用語でなんと言うんですか?

356 :同定不能さん:2005/07/23(土) 22:43:39
>>351
日本の大学だよっ!!

357 :同定不能さん:2005/07/23(土) 23:43:23
現在、地震についてを調べているものです。

関東周辺で起こったマグニチュード7レベルの地震の歴史についてを調べたいのですが、
いいホームページがあったら教えてください。

358 :357:2005/07/23(土) 23:44:07
マグニチュード7以上の地震です。1800年代からのデータはあるのですが。。。

359 :代筆:2005/07/24(日) 08:10:08

>>357
地震調査研究推進本部
http://www.jishin.go.jp/main/
http://www.hp1039.jishin.go.jp/eqchr/eqchrfrm.htm
http://www.hp1039.jishin.go.jp/eqchr/5.htm




360 :同定不能さん:2005/07/24(日) 08:10:20
>>357
地震調査研究推進本部
http://www.jishin.go.jp/main/
http://www.hp1039.jishin.go.jp/eqchr/eqchrfrm.htm
http://www.hp1039.jishin.go.jp/eqchr/5.htm

361 :357:2005/07/24(日) 16:44:55
dクス

362 :同定不能さん:2005/07/26(火) 12:20:49
フィードバックプロセスってなに?調べて意味を理解しようとしても具体例がわかんない


363 :同定不能さん:2005/07/27(水) 19:27:08
地震データでparameterというところにこんな表示があるんですが、
Nph=135, Dmin=537.4 km, Rmss=0.79 sec, Gp= 43°
NphとかDminとかどういう意味なんですか?

364 :◆ulcmOHd8H6 :2005/07/27(水) 20:01:27
     

365 :1 ◆hUxhOHbIWk :2005/07/27(水) 20:02:13


366 :高校生:2005/07/28(木) 13:17:02
地球内部でウランとトリウムが崩壊する時、熱とニュ―トリノが発生する.
分かり易く説明してくださいっ !


367 :同定不能さん:2005/07/28(木) 15:14:14
その前に日本語を勉強してください

368 :同定不能さん:2005/07/28(木) 18:20:01
固溶体ではない鉱物を教えて下さい。
お願いします。

369 :同定不能さん:2005/07/28(木) 21:27:42
>>368

石英(Quartz) SiO2

だな、センターレベルでよく聞かれるのは。

最も他にもいっぱいあるが・・・。

370 :高校生再び:2005/07/28(木) 21:46:24
マジレスなんですってば !


371 :同定不能さん:2005/07/28(木) 21:58:44
痴丘って何ですか?

372 :高校生また再び:2005/07/28(木) 22:07:30
物理板前へ行きます. (`―´)=3

373 :高校生また再び:2005/07/28(木) 22:08:30
物理板へ行きます
(`―´)=3

374 :高校生またまた再び:2005/07/28(木) 22:09:26
......。

375 :同定不能さん:2005/07/28(木) 23:13:58
>>374
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E5%88%86%E8%A3%82%E5%8F%8D%E5%BF%9C

376 :同定不能さん:2005/07/28(木) 23:17:52
>>374
α崩壊
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E5%B4%A9%E5%A3%8A
β崩壊
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%BF%E5%B4%A9%E5%A3%8A

377 :高校生:2005/07/29(金) 00:27:16
ありがとうございますっ !

378 :同定不能さん:2005/07/29(金) 09:24:14
369
ありがとうございました。

379 :同定不能さん:2005/07/29(金) 19:09:38
地球温暖化とヒートアイランド現象とフェーン現象が重なったら
気温は最高で何度まで上がりますか?

人間が死ぬ気温は何度以上ですか?


380 :同定不能さん:2005/07/29(金) 19:55:45
>>379
金星を見てみなさい、アレもある意味温暖化の影響ですよ

381 :同定不能さん:2005/07/29(金) 20:41:01
原子力を使いすぎると、クーラーの使いすぎなんて問題じゃないくらいの
ヒートアイランド現象が起こるな。

382 :同定不能さん:2005/07/29(金) 20:53:01
>>381
どういうことなんだァー!!
原子炉の冷却ってそんな熱排出するものなの?
火力発電と比べてどうなんよ

383 :同定不能さん:2005/07/29(金) 20:56:51
地球内部の温度分布について見識を持っておられる方がいましたら
ちょびっとご教授ください。。

384 :同定不能さん:2005/07/30(土) 01:10:55
>>383

このページの「地球内部の温度分布」の所にグラフがあるぜ。

http://www.s-yamaga.jp/nanimono/chikyu/chikyunokozo-02.htm#e−付録

385 :同定不能さん:2005/07/30(土) 13:55:21
シンセティック断層ってなんですか?

386 :同定不能さん:2005/07/30(土) 13:56:47
鉱物の結晶構造についてお聞きします

SiO4正四面体が連なる構造について、
http://www.origins.rpi.edu/image2.jpg
http://www.geology.ohio-state.edu/~vonfrese/gs100/lect07/xfig07_05.jpg
これらの図では平面の表側に全ての四面体が並んでいますが
http://wapi.isu.edu/geo_pgt/Mod03_PlanetaryEvo/images/DblChnSil.GIF
こちらでは平面の表裏に交互に四面体がありますよね

下の図のサイトでは
http://wapi.isu.edu/geo_pgt/Mod03_PlanetaryEvo/mod3_pt1.htm
"every other tetrahedron in the chain is reversed ("upside down")."
と書かれているのですが、どちらが正しいのでしょうか
あるいは種類によって形が異なるのでしょうか

よろしくお願いします

387 :383:2005/07/30(土) 18:08:54
>>384
ありがとー感謝です

388 :同定不能さん:2005/07/31(日) 04:41:11
質問お願いします。

氷は電気を通しますか?

お願いします。

389 :同定不能さん:2005/07/31(日) 11:13:04
太陽になりそこなった木星が太陽だったとしたら
海王星は地球と似た生物が存在してる可能性はあったのでしょうか?

390 :同定不能さん:2005/07/31(日) 12:44:04
T^4={S(1-A)}/(4σ)
という放射平衡についてなのですが
Sは太陽定数1.37kw/m^2
Aはアルベド0.30
まではわかったのですが、σとはなんでしょう・・・?

変な質問とは思いますが、よろしくお願いします。


391 :同定不能さん:2005/07/31(日) 14:35:01
>>385
http://www.glossary.oilfield.slb.com/Display.cfm?Term=synthetic%20fault

こんな事が書いてある

392 :同定不能さん:2005/07/31(日) 16:33:05
SUBWAY OVERUN AT CENTER-MINAMI STATION.
http://orange.ap.teacup.com/center-minami/
 携帯中継局の影響
http://www.whale.to/b/tetra.html
 送電線鉄塔の影響
http://www.whale.to/a/electrical_h.html
  携帯中継局地図:英国(Sitefinder)
http://www.sitefinder.radio.gov.uk/
 Coghill Research Laboratories
http://www.cogreslab.co.uk/
 powerwatch
http://www.powerwatch.org.uk/
電磁波の健康への影響
http://www.powerwatch.org.uk/docs/emhealth.asp

393 :同定不能さん:2005/07/31(日) 23:23:00
地質年代を決定するための、
基本的に異なる二つの方法とは何でしょうか?
また、それぞれどのような方法で測定するのですか?
簡単で結構なので、教えて下さいませ。

394 :同定不能さん:2005/07/31(日) 23:39:13
絶対年代と相対年代かな?

絶対年代は、主に放射性同位体の性質(半減期が一定)を利用して、年代を決定する方法。
理論上は500万±10万年前というように、数字で表せる。

相対年代は、化石や古地磁気、地質構造などによって、地層の新旧を判別していく方法。何年前
と具体的に年数を示すことが出来ない。白亜紀とかの地質年代は、基本的にはこの方法で決定さ
れている。

この両者をうまく組み合わせることで、過去のイベントの年代を決定している。

395 :同定不能さん:2005/07/31(日) 23:56:42
>>394
なるほど。
ありがとうございます。
その助言を糸口に詳しく見ていきたいと思います。

396 :同定不能さん:2005/08/01(月) 00:26:21
どうやら、地質年代測定と、放射線年代測定であったようです。

397 :同定不能さん:2005/08/01(月) 04:37:32
>>388
http://science3.2ch.net/rikei/http://science3.2ch.net/sci/へ。
>>389
太陽になったとしても木星は小さすぎるし海王星まで遠いし無理じゃないかな。

398 :同定不能さん:2005/08/01(月) 15:16:57
>>386
輝石,角閃石,雲母 は 高圧cis型 の連結型になるから
ttp://wapi.isu.edu/geo_pgt/Mod03_PlanetaryEvo/mod3_pt1.htm
のほうが間違っている。

cis型 になる理由や、その他の連結型については
ttp://www.asahi-net.or.jp/~up5s-andu/SUISHO/03_kouzou.htm

399 :同定不能さん:2005/08/01(月) 16:44:24
フィールドが遠方の貧乏学生です.

みなさんはどうやって宿泊地を決めてますか?
安い研修施設がない.
キャンプ場も高い.

その日の調査をまとめたりマップを書いたりするので,できれば建築物に泊まりたいのです.しかも一ヶ月間だし・・・

我慢してテント泊にするか,旅館に下宿を頼み込むかなんですが,
丸秘技(教員用宿舎とか)とかないですか?

400 :同定不能さん:2005/08/01(月) 17:26:53
400?

401 :同定不能さん:2005/08/01(月) 19:12:08
>>399
該当地域の市町村の、教育関係部署に相談してみては?
あとはアパートを期間限定で貸してくれるところを探すとか。
田舎だったら、農家の離れを貸してくれる人もいる。
トンネル・ダムなどの大型土木工事が付近にあるの場合、
宿舎があるので、借りる交渉をしてみるとか。
あとは近くの地域で調査した先輩がいたら、相談してみる。
旅館も、長期の場合、割り引いてくれることもある(土木工事
業者がよく利用している)。


いくら夏とはいえ、テントで一ヶ月はさすがに無謀かと。



402 :同定不能さん:2005/08/01(月) 19:40:34
泊まるだけなら、テントはくでも1ヶ月大丈夫だが、資料のまとめをするのでしょ。
場所がわからないとなんともいえないが、たとえば廃校になった校舎とか、いろいろつかえそうな施設はある。
公民館を利用できる場合もあるので、まずは市町村に連絡を。
ここで相談するにしても、場所を具体的に出してもらわないと、なんともいえない。
(旅行好きなもの)

403 :同定不能さん:2005/08/03(水) 14:23:19
>>401>>402

ありがと.参考にします.
場所は・・・ちょっと言えません.特定されそうなところなんで.

404 :同定不能さん:2005/08/09(火) 00:37:44
どうして金って石英脈の中に存在するのですか?

405 :同定不能さん:2005/08/09(火) 09:31:56
フズリナとかが化石になるときにどうして密集するの?

406 :同定不能さん:2005/08/10(水) 00:47:02
>>404
石英はマグマが固まるとき、一番最後(低温)にできる鉱物。
そして金はマグマが固まるとき、液相に残りやすい元素。
だからマグマの絞りかすであるところの石英脈に、金が濃集しやすい。

詳しくはインコンパティブル元素・コンパティブル元素を調べてくれ。

>>405
選択的に密集した訳ではなく、もともとフズリナがその環境に多産して
いただけだと思う。古生代の礁の環境解析した例を探してみては?

407 :同定不能さん:2005/08/10(水) 09:24:35
蛇紋で、発がん性として問題があるのは、クリソタイルだけです?

408 :同定不能さん:2005/08/10(水) 15:29:20
>>398
返事遅れてすみません、やはり間違っていましたか…
本などを調べてみたらそんな気がしてきていたところでした
紹介していただいたサイトも、大変参考になりました
どうもありがとうございました

409 :同定不能さん:2005/08/10(水) 16:40:11
>>407
私もそう聞いたけど。
針状結晶が原因だとか何とか。

410 :同定不能さん:2005/08/13(土) 15:37:30
大気中の二酸化炭素濃度が上がってるのは知ってるんですが、酸素濃度は下がってるんですか?またこのまま二酸化炭素濃度が上がると、どうなるのでしょうか?

411 :同定不能さん:2005/08/13(土) 17:13:27
>>410
追加質問です、酸素濃度が下がってるとして、人間に影響が出てくるのはあとどれくらいですか?

412 :同定不能さん:2005/08/14(日) 10:27:09
>>410
計算上は、0.00何%か下がってることになるな。
実際に測った人がいるかどうか知らないが。

>>411
10〜12%まで下がれば、影響が出る。ちなみに通常は21%。
ただしこれは安静時。
長距離走や巣潜りなら、1%でも下がれば影響出るだろう。
アスリートが訓練に使う低酸素室は、0.1%刻みで調節できるようだから、
0.1%の差で違ってくるのかもしれん。

413 :同定不能さん:2005/08/14(日) 11:13:14
>>412
なるほど、勉強になりました、ありがとうございます

414 :同定不能さん:2005/08/14(日) 11:26:29
じゃあ酸素が無くなって息が出来なくなって人類滅亡なんてことは、まだまだないんですか?

415 :同定不能さん:2005/08/15(月) 03:35:10
>>414
酸素が無くなっても植物人間が生き残るから大丈夫。

416 :同定不能さん:2005/08/15(月) 03:45:43
質問してなんですが、真面目な回答お願いします

417 :同定不能さん:2005/08/15(月) 04:19:34
>>414
酸素濃度は上述されている通り21%
二酸化炭素濃度は増えているとはいえ370ppm=0.037%
500倍以上の差があるので、当面問題はない。
分解されずに埋没する光合成生物を全て抹殺する暴挙
に人類がでなければ。

418 ::2005/08/15(月) 08:26:29
てすこ

419 ::2005/08/15(月) 08:27:24
tesuko

420 :同定不能さん:2005/08/15(月) 09:30:28
>>414-415
っていうか、酸素がなくなることを心配するよりは、二酸化炭素中毒
になるほが、先だと思うね。二酸化炭素中毒はかなりはげしく、死に
至ることもある。たしか、数%までいくと、やばいはず。
沼地の近所で、二酸化炭素のたまりやすいところにいくと、ふらっと
したりする。昔から、日本では、「ひだる」とかの妖怪の仕業とか
いわれていたが、二酸化炭素中毒だ。最終的には昏睡状態になって
死ぬ。

421 :同定不能さん:2005/08/15(月) 11:09:06
わかりました、答えてくれたみなさん、ありがとうございます

422 :同定不能さん:2005/08/15(月) 12:44:57
スレと関係ないかもしれんが、何故沼地?

423 :同定不能さん:2005/08/15(月) 13:58:31
>>422 420ではないが

富栄養化した沼地から土中微生物の呼吸によってCO2発生。
CO2は空気より重いので沼の近場に窪地などがあればそこに溜る。

似たような環境として潟なんかでもCO2は発生するが、
その先に海やデカい河があるのでCO2は溜らない。

結論として仄暗い山間の沼傍の窪地なんかが危険
(同じ理由でどぶ川のそばも危なかったり…)

424 :同定不能さん:2005/08/15(月) 19:55:18
>>421
自殺するときは二酸化炭素中毒をオススメする

425 :同定不能さん:2005/08/16(火) 22:04:53
一酸化炭素と二酸化炭素の混同がチラホラ。

426 :同定不能さん:2005/08/17(水) 01:14:03
知ったかぶり(425)がチラホラ。

427 :ナルト:2005/08/17(水) 03:18:56
南極と北極の違いを教えて下さい

428 :同定不能さん:2005/08/17(水) 04:31:00
どうして海水には塩分が多いのですか?
地球の歴史と関係するのですか?

429 :同定不能さん:2005/08/17(水) 10:24:00
よくわかんないけどからんでみる(426)がチラホラ。

430 :同定不能さん:2005/08/17(水) 10:56:20
>>427
北と南の違いでしょ。
とわざとからまれそうなことをチラホラ

431 :同定不能さん:2005/08/17(水) 14:06:32
この板こそグーグルアースを活用すべきだが、なぜスレがないのか

432 :同定不能さん:2005/08/17(水) 17:25:11
こないだ朝の薬丸のテレビで地球上のCGの衛生写真が見れるみたいなのをやってたんですけど、
なんのサイトかわかりません
わかる方いらっしゃいますか?

433 :同定不能さん:2005/08/17(水) 17:37:43
>>432
そのテレビは見ていないが、Google Mapのことか?
ttp://maps.google.com/

434 :432:2005/08/17(水) 17:44:54
>>433
いろいろ探してみたんですが…
最初は地球そのものの画面から、どこにでも任意で拡大できるみたいな奴なんです


435 :同定不能さん:2005/08/17(水) 17:47:14
>>432
CGの衛星写真か

そげーでかいCGだな

436 :同定不能さん:2005/08/17(水) 18:05:58
>>434
Google Mapも衛星写真を任意に拡大できるけど。
たとえば東京中心部。
ttp://www.imgup.org/file/iup70800.jpg.html

437 :同定不能さん:2005/08/17(水) 19:59:43
P波のとは何の略なんでしょうか?
自分はプライマリー波と習ったんですが、PreWAVEの略だという方が居たので。。

438 :同定不能さん:2005/08/17(水) 20:42:18
>>437
S波が何か考えれば、答えはおのずとわかる。

439 :同定不能さん:2005/08/17(水) 21:05:01
>>438さん
プライマリー波とセカンダリー波でいいんですかね?

440 :同定不能さん:2005/08/17(水) 21:51:20
>>439
そ。

441 :同定不能さん:2005/08/17(水) 22:15:08
P波のPががPreWAVEだとしたら
S波のSはなんなんだろうな……

442 :同定不能さん:2005/08/17(水) 22:36:47
Pana Waveじゃなかったのか。

443 :同定不能さん:2005/08/18(木) 05:02:29
地球と宇宙の時間の流れって違うっていうけど、例えば、10年間地球にいる人間と10年間宇宙にいる人間は宇宙にいた人のほうが若くなるんですか?

444 :同定不能さん:2005/08/18(木) 05:34:38
http://science3.2ch.net/sci/
http://science3.2ch.net/rikei/
で聞いて。>>443

445 :同定不能さん:2005/08/18(木) 07:14:01
 
 ★★★ また韓国、意図的な、でっち上げ反日報道 ★★★

 韓国の大手テレビ局が8月15日夜のニュース番組で報道した“旧日本軍による生体実験”と称する映像が、実は中国映画の盗用でっち上げだった。

 韓国のマスコミは、反日キャンペーンのために、この種のでっち上げ“歴史歪曲(わいきょく)”をよく行うが、今回の事件で「日本糾弾ならウソも平気」といった体質が、あらためて確認された。

 報道は戦前、旧日本軍の細菌戦研究七三一部隊が「自ら撮影した」生体実験の様子だとして、生きた人間から臓器を取り出す“残酷場面”などを「白黒の記録フィルム風に」紹介した。

 しかしニュースを見た視聴者から「映画の場面と同じだ」との指摘や非難、抗議の声が上がり、MBCは調査の結果、悪質なでっち上げが判明した。

 この中国映画はカラー作品だが、テレビでは本物に見せかけるために「白黒に」変えられており、意図的なでっち上げであることが明白になっている。

 日本の民主党(岡田党首)は、日本国内に数十万人いる反日的な在日韓国・朝鮮人に、日本の選挙権を与えようとしている。
 

446 :同定不能さん:2005/08/18(木) 07:42:46
>>443
両方10年間なら同じだよ。

447 :同定不能さん:2005/08/18(木) 12:33:44
>>443
相対性理論による光速度一定の法則によって惑わされているかと思うけど、地球上での10年、
宇宙船での10年は、中にいる人にとってはともに10年です。ただし、その10年の長さが同じか
どうか、というのは別の話。

448 :同定不能さん:2005/08/18(木) 21:50:07
遅くなりましたが
>>438439さんありがとうございました。

449 :??:2005/08/18(木) 22:05:39

http://www.indies-av.co.jp/actress/senzoku/hoshi-ryo/
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/avideo/1117171819/l50

この娘どう?


450 :同定不能さん:2005/08/19(金) 13:58:55
447さん。納得しました  ありがと

451 :同定不能さん:2005/08/19(金) 14:05:04
地球と隕石との衝突で地球のマントルごと抉られて、できたものが月ってほとうですか?

452 :同定不能さん:2005/08/19(金) 14:54:55
>>451
今のところジャイアントインパクト説はかなり受け入れられている。
その状況証拠としては、酸素同位体組成の一致、地球に対する月の異常なデカさ、
月の密度、元素組成なんかがある。数値計算でもできるらしいことが分かって
いるので今のところ皆信じてはいる。こんなとこでいかがでしょう

453 :同定不能さん:2005/08/19(金) 22:53:43
もう一つ、その考えの根拠

アポロが月に放置してきた「月震計(地球でいう地震計)」のデータによると、月には金属の核がない。
核らしきものはあるようだか、その組成は岩石質で地球のマントルに近いらしい。
で、おそらく金属の核が分離したあとの地球に隕石が衝突し、マントルごと抉られて飛んでったものが月になったと・・・。

つっこまれないうちに補足しておくが、
月では地球と同じメカニズムでの「月震」はおこらない。
月の「月震」はほとんど隕石等の衝突によって起こされる震動である。


454 :同定不能さん:2005/08/19(金) 23:57:31
452ー453さんありがとう 今日は満月ですね    ちなみにアポロの月面着陸に疑惑がありますが、一体どっちを信じたらよいのでしょうか?

455 :同定不能さん:2005/08/20(土) 07:32:22
>>454
マジレスするれば、アポロ疑惑は、
「カプリコーン」というSF映画がモトネタ。

456 :同定不能さん:2005/08/20(土) 09:32:51
「カプリコン1」

457 :同定不能さん:2005/08/20(土) 13:55:15
なるほど、映画が原因だったんですね アポロの疑惑が本当か嘘か以前に月は存在するんですよね

458 :同定不能さん:2005/08/20(土) 16:36:21
>>457
月が存在するかどうかはまだ照明されていない。

459 :同定不能さん:2005/08/20(土) 17:27:24
>>458
距離を測るため、毎日レーザーで照明してるよ。

460 :同定不能さん:2005/08/20(土) 18:55:48
じゃあ夜にみえる月と呼ばれる光る星は一体、何になるのですか?

461 :同定不能さん:2005/08/20(土) 19:18:21
天井の穴

462 :同定不能さん:2005/08/20(土) 23:22:20
天井の穴かぁ〜     そう考えると神秘的だな〜            すごい初歩的で前に質問あったかもしれないけど、地球に重力があるのは太陽の周りを回っている遠心力からきてる?

463 :同定不能さん:2005/08/21(日) 01:28:52
そうすると、地球の裏側にいる人は、空に飛んでいってしまう。

464 :同定不能さん:2005/08/21(日) 04:19:38
では、なぜ地球には重力があるのでしょうか?   おしえてください。

465 :同定不能さん:2005/08/21(日) 08:17:00
地球に重力なぞ無い。貴様の幻想だ。

466 :同定不能さん:2005/08/21(日) 11:07:38
リンゴが重力を生むのだ。

467 :同定不能さん:2005/08/21(日) 11:30:44
今ゆれたー

468 :同定不能さん:2005/08/21(日) 11:55:31
>>464
質量があるから

469 :同定不能さん:2005/08/21(日) 13:01:05
468さん ありがとうございます もう少し勉強してみます

470 :同定不能さん:2005/08/22(月) 00:28:09
おおざっぱにいうと、

重力=引力

地球表面上の質量mの物体に引力は次の式できまるのさ。

引力=G(Mm/R^2)

Mは地球の質量、Rは地球の半径ね。
Gは万有引力定数でタダの数字。
だから、地球の引力をきめているのはM(質量)って答になるわけよ。

OK

だから


471 :同定不能さん:2005/08/22(月) 02:50:01
なるほど、質量が重力と関係してるのがわかりやしただから地球と月の重力は違うんだね  ありがとさん

472 :同定不能さん:2005/08/22(月) 03:47:29
質問です。

重力は人為的に発生させることができるんでしょうか?

巨大な質量を持った物体を宇宙に放置したら重力が起きてその物体の
表面を宇宙服を着た人間が歩くような・・・

ああ眠れない

473 :同定不能さん:2005/08/22(月) 04:11:20
>>472
現代の科学ではできません。
グラビトンの実在の検証は出来てない上に、理論物理でも他の力(電磁力・強い力・弱い力)との統一−大統一理論
も四苦八苦。最も制御しずらい力なのではないでしょうか。

474 :同定不能さん:2005/08/22(月) 06:34:29
地球や他の天体はどうして自転しているのですか?

475 :同定不能さん:2005/08/22(月) 08:08:05
>>473
そういうレベルの質問ではない気がする……

>>472
人為的だろうと何だろうと、質量があればそれに応じた重力が発生する。

476 :同定不能さん:2005/08/22(月) 09:39:47
>>474
摩擦がないから。

477 :同定不能さん:2005/08/22(月) 10:57:06
>>474
バレリーナが回ってる時に伸ばしていた手を縮めると回転が速くなるのと同じように
惑星が出来る前にあったちょっとした動きが増大されて自転公転になる

478 :477:2005/08/22(月) 10:57:38
下げ忘れスマン

479 :同定不能さん:2005/08/22(月) 13:31:06
本当に初心者な質問なんですが…地球科学という学問は大まかに言ってどんな事を勉強するんでしょうか?

480 :同定不能さん:2005/08/22(月) 16:14:28
>>472
できるよ。質量のある物体を用意すればok。

481 :同定不能さん:2005/08/22(月) 19:51:16
>>476-477
なるほどー。ありがとうございました。
ちなみに回ってない星ってあるのでしょうか?

482 :同定不能さん:2005/08/22(月) 22:03:18
月は?

483 :同定不能さん:2005/08/22(月) 23:06:31
>>482
月は自転しているからこそ、地球に同じ面を向けて続けている…

484 :同定不能さん:2005/08/23(火) 02:39:47
なんで最近、日本にやたら台風が多いんですか?  それと台風ってどうやってできるんですか?

485 :同定不能さん:2005/08/23(火) 04:58:18
>>479
地球がどんな物質でできているとか、どうやって海や大陸が出来たのかとか、生物の進化とか、
地球の中の方がどんな構造になっているのかとか、地震はどうして起きるのかとか、
雨が降ったりオーロラが出るのはなぜなのかとか、そういう地球の諸々のナゾについて勉強する。

486 :同定不能さん:2005/08/23(火) 05:05:15
>>484
天文気象板http://science3.2ch.net/sky/で聞いて。

487 :同定不能さん:2005/08/23(火) 05:28:40
>>479
http://www.google.co.jp/search?q=%E5%9C%B0%E7%90%83%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%A8%E3%81%AF

488 :同定不能さん:2005/08/23(火) 09:35:52
地球上に水は何リットルくらいあるの?

489 :同定不能さん:2005/08/23(火) 10:56:05
>>488
http://www.kaiho.mlit.go.jp/11kanku/02tyraumi/chura/03room/33kai.htm

490 :同定不能さん:2005/08/23(火) 22:49:36
>>485>>487
そうなんですか!ありがとう御座いました

491 :赤灰忍者:2005/08/24(水) 01:17:47
初心者の質問なんですが、お願いします
洗面器に水を溜め、栓を抜くと渦を巻きますよね、台風も..
これって地球が自転しているからですよね、宇宙に在る
銀河も多くが渦を巻いているみたいだけど、これって
宇宙も回っているのかな?ビックバンって放射状に広がって
いるのではなく、回転しながら遠心力も働いて広がっているんですか?
>>477 さんの
>>惑星が出来る前にあったちょっとした動きが増大されて

「増大される」の部分で、なんとなくそう思ったんですが..


492 :同定不能さん:2005/08/24(水) 03:09:25
>>491
天文気象板http://science3.2ch.net/sky/で聞いて。

493 :同定不能さん:2005/08/24(水) 10:08:16
洗面器の栓か。

494 :同定不能さん:2005/08/25(木) 09:53:24
放射性物質って半減期とかあってどんどん崩壊していくじゃないですか。
ということは大昔は今の何百倍もの放射性物質があったっていうことですか?


495 :同定不能さん:2005/08/26(金) 00:48:19
>>494
新たに作られないものに関しては、そのとおり。
ただし、ラジウム226(半減期1600年)など、他のもっと安定な放射性核種が
崩壊して作られているものもある。
炭素14(半減期5730年)などは、太陽紫外線によって作られている。
これらを、2^(46億÷1600)とか計算しないようにw
もちろん、人工放射性核種も例外。

496 :同定不能さん:2005/08/26(金) 01:22:34
>>495
紫外線ではエネルギー的に核反応を起こせない。
炭素14を作るのは、宇宙線ではないか?

497 :495:2005/08/26(金) 21:20:47
>>496
そのとおり、スマソ。

498 :同定不能さん:2005/08/27(土) 22:51:36
# 板違いでしたら御指摘ヨロ
地軸と地磁気の極についての疑問です。

堀田 進著 「地球の歴史24講」を読んでいます。

P69に
「マグマが冷えて火成岩になると、キューリー点になった時点における
地球の磁場が岩石に固定され、現在まで残される。それを残留磁気という。
地質時代の残留磁気を調べることによって、地質時代ごとの磁極の
位置の変化が調べられている。その結果、デボン紀の北極と南極は、
それぞれ現在の太平洋とアフリカの南西部に位置し、赤道は北アメリカの
北西部、グリーンランドの中部、ヨーロッパの北部から東部の安定陸塊を通っている」

とあります。これは地軸が現在とは、ずれていたと解釈して良いのでしょうか?
それとも、地軸はずれないで、北磁極、南磁極がずれただけなのでしょうか?

499 :同定不能さん:2005/08/27(土) 23:14:46
>>498
地軸や磁極が移動したと考えるよりも、大陸がその位置に移動したと考えた方がいいのでは?

500 :同定不能さん:2005/08/28(日) 01:24:43
>>499
レスありがとうございます。

磁極がずれまくっているのは知っています。
(ttp://swdcwww.kugi.kyoto-u.ac.jp/wdc/Sec2-j.html)

過去においても磁極の位置が変化すると仮定して、
さらにプレートテクトニクスにより、大陸も移動すると
赤道の位置が決められないのではと考えました。

ですから、教科書中で「赤道〜を通っている」という
結論に納得がいかなかった訳です。

501 :同定不能さん:2005/08/28(日) 02:24:41
>>500
確かに磁極は移動します。しかしODP、DSDP等で数多く実施された深海掘削計画で、
ジュラ紀以降(この時代より古い海洋堆積物はない)のほぼ連続堆積物の残留磁気
を測定した結果では、赤道上とかに磁極がくることはなく、ほぼ北極・南極圏に収まって
いるようです(しばしば逆転しますが)。

502 :同定不能さん:2005/08/28(日) 03:44:35
>>501
あくまで「ほぼ」だから、正確には赤道を定められないって事ジャマイカ

503 :同定不能さん:2005/08/28(日) 14:14:37
>>501
レスありがとうございます。

磁極は北極・南極圏に常に収まっているのですね。
これまで磁極の反転があったそうですが、
磁極が赤道付近まで移動した結果かと思っていました。

調べてみると、だんだん地磁気が弱まって、磁極が反転して
再び強くなるそうです。

これで、大陸の移動だけを考えれば良いので、
教科書の説明で納得がいきました。

504 :同定不能さん:2005/08/28(日) 14:35:39
>>503
蛇足
地磁気の逆転の発見には、日本人の松山基範も関わっている。
最近の4つの正・逆磁極期だけに人名がつけられているが(それ以前はアルファベットと数字)、
松山基範の名を記念して、松山逆磁極期と名付けられている。
ちなみにその4人は、ブリュンヌ、松山、ガウス、ギルバート。


505 :同定不能さん:2005/08/28(日) 16:22:33
日本人が関係したとかどうでもいいよ

506 :実験大好物:2005/08/29(月) 21:23:33
新聞紙について質問したいんですけど・・・
新聞紙ってテレビで見てたけど保温効果スゴイらしいっすね。
漏れもやってみたんだけど、スゴイぜ。歴然。
新聞紙での保温って新聞紙の何が関与してるか分かるヤシ
いますか?
できればレスよろ...。

507 :同定不能さん:2005/08/30(火) 01:28:34
よくこの板で見るんですが、2008年に太陽が爆発するって本当なんですか?

508 :同定不能さん:2005/08/30(火) 01:53:40
本当です。太陽は今この瞬間も爆発しています。

509 :同定不能さん:2005/08/30(火) 02:06:12
すいません、単体によって分子の量がきまっておりますが、その
分子量で質量を比べることができるということはどの物質の分子も
一個あたりの質量は同じなのですか?

510 :同定不能さん:2005/08/30(火) 02:07:12
普段爆発してるのは知ってます、2008年に大爆発が起きるって本当か聞きたかったんです

511 :509:2005/08/30(火) 02:14:50
例えばジエチルエーテルの分子量は74で、空気の分子量は29ですよね。
→ジエチルの蒸気比重は74/29=2.6で、ジエチルは空気の2.6倍の
質量ということになりますよね。 もし分子量が29の物質があったら
蒸気比重が1で空気と同じ質量ということになります。
結局どの物質でも分子1個当たりの質量は同じと解釈していいのですよね

512 :同定不能さん:2005/08/30(火) 02:17:33
>>509
違う。例えば酸素分子O2で考えると、酸素原子には主にO16とO18の同位体があるため、
O16同士、O16とO18、O18同士が結合した酸素分子は質量が異なる。
これらは化学的な性質は等しいが、物理的な性質は質量が違うため、異なる。

513 :同定不能さん:2005/08/30(火) 09:34:35
>>506
新聞紙の保温効果は、何枚も重ねた新聞紙の間の空気の層による断熱効果によるものだ。
詳しくはこの板でなくhttp://science3.2ch.net/rikei/とかhttp://travel2.2ch.net/out/
とかhttp://society3.2ch.net/atom/で聞いて。

514 :495:2005/08/30(火) 20:29:31
>>510
次に大爆発が多く起こるのは2011年ごろだ。

515 :同定不能さん:2005/08/30(火) 20:35:57
514の名欄は無視してくれ。

>>511
何を言ってるのかイマイチわからんが、とりあえず、分子量というのは
分子の質量のことだってのはわかってるか?

516 :511:2005/08/30(火) 23:23:14
なるほど、分子量=分子の質量か〜、納得しますた。

517 :同定不能さん:2005/08/31(水) 12:28:09
■■■■■■■■■■■■■■■■
■                     ■  違う板にコピペすると、四角の枠の中に
■                     ■  メッセージとURLが現れる不思議な絵。
■                     ■
■                     ■  (その仕組みがリンク先に書いてある)
■                     ■
■                     ■  この原理を応用すると、まったく新しい
■                     ■  コピペが作れる予感。
■■■■■■■■■■■■■■■■


518 :同定不能さん:2005/08/31(水) 17:38:13
>>510
・・・まさか信じてるとは言わないよな。

もし、そんなことがあったのなら今頃地球は飲み込まれてるか
地球の温度は45度こしてますね。

519 :同定不能さん:2005/08/31(水) 18:13:19
>>518
信じてはいないですよ、少し気になっただけです、

128 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)