5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【危機】地球温暖化!!【CO2】

1 :1:02/01/22 15:38
いろいろ語ろう。


2 :名無しさん:02/01/22 15:38
神戸あたりが沈むという噂やね

3 :名無しさん:02/01/22 15:42
>>1
グレーゾーンだよね。
天文気象板や環境板もあることを一応知らせておくよ。
ここもみてね。(ハート
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/earth/1011600831/


4 :┌|∵|┘:02/01/22 17:54
>>1じゃないけど,テーマを変えて
「気候変動:百年・千年・万年後の自然と人類」
さぁ,お前ら騙れ!!

5 :名無しさん:02/01/22 17:59
>>1よ。環境的に考えてみても、地球温暖化がすなわちCO2ってことはないわよ。
どうせなら「地球環境科学を語るスレ」でも立ててみたら?
これならビミョーに板違いにはならない…かも?!

6 :必殺仕事人:02/01/22 19:42
地球温暖化はメタンも関係有るんでしょ?
後水蒸気とか。それ以前に人間が熱エネルギーを
放出しすぎてるんじゃないの?
昔に比べれば大気中の熱エネルギーは激増してるんじゃないかな?

7 : :02/01/22 20:00
http://caramel.2ch.net/test/read.cgi/future/989574840/l50

8 :名無しさん:02/01/22 21:38
地球上の生元素循環について


なんてタイトルにしてもレスがつかないだろ?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/22 23:15
俺が講義したるわ。1は何を持って地球温暖化といったんや?
太陽の黒点の周期って知ってるか?
素人だからこれ以上はわからんけどな。

10 :必殺仕事人:02/01/23 10:44
>9
確か11年。
違ったっけ?

11 :名無しさん:02/01/23 11:35
>>8 スレ立てた人間が適切な話題を提供すれば、続かないことはないかと…。

12 :名無しさん:02/01/24 03:15
kujira

13 :名無しさん:02/01/30 01:35
地球環境問題はCO2の増加ではなくエントロピーの増大速度で見るべきだと思うがどうよ

14 :名無しさん:02/01/31 02:58
つうかどんどん温暖化させて一年中夏にしよう。

15 :名無しさん:02/01/31 03:11
>>10
そう。ただしそれは短期の周期で、
もっとながい100年オーダーの長周期もある。

16 :名無しさん:02/01/31 05:25
その道の専門家と自称してた灯台のセンセが講演に来たんで聞いてたが、
地球温暖化やCO2の増加は問題ないって言ってたぞ。
↑の効果により植物(作物)の成長が早まり、人口増加に対する食糧危機がなくなるっていうのが
その根拠らしい。

まぁ、難局の氷が溶けて水位が上がるのは
最近流行の光触媒使って水素燃料にでもしちまえばいいし。
気温上昇による気候変化についてまでは知らんが。

17 :名無しさん:02/01/31 05:44
どの道の専門家?
IPCCで対決してきてほしいね。

18 :名無しさん:02/01/31 11:54
>16
>最近流行の光触媒使って水素燃料にでもしちまえばいいし
すげーな。どんだけエネルギー使わなきゃいけないんだ。
そんだけで温暖化しそうだ。
どこかに保存しておけばいいのだけど。


19 :16:02/01/31 15:07
>17
IPCCにゃもうガイシュツ。

>18
最近流行の光触媒に温暖化するようなエネルギーはイランちゅうねん。
コップの水と混ぜて庭先に置いとくだけで十分。まだ出力弱いが。
しかも系全体としては禿しく吸熱反応(でるたS大増加)なもんで、
海の水がヘタに反応すると地球は氷河期になると思われ。

ってゆーか、それより反応後の水素の保存先が問題。
現在もっとも効率のよい水素貯蔵法は水素吸蔵合金だが
世界中のLaNiTiFeを集めても海水面が1センチも下がればいいとこだろう。
計算すればはっきりするが、めんどい。酸素もあるし。

ってゆーか、もっとマターリした事書けよう。>>17,18よ。
いちいちマジレスしてる漏れも厨房みたくて鬱だが。

とりあえず逝く。
ついでに1はどこいった?

20 :わるいし層:02/01/31 18:42
>19
>18は水素燃料を使うとそのエネルギーだけで温暖化するといってるのではないかな??


21 :名無しさん:02/01/31 21:26
>20
どうだろね。燃焼させるだけが水素の使い方じゃないからね。
たとえばニッケル水素電池(Ni-MH)はそこまで熱を放出しない。
エネルギーの変換には、必ず熱を伴うってばかりじゃない。
うまぁく相転移させるだけで、有効利用させるテがあるもんだよ。

でもまぁ、どちらにしろ、暴論ではあるね。
思考実験としてはマターリとして面白いが。
でもCO2増加による問題提起として水位増加と天候変化を挙げるのは
自分でも正鵠を射てるとは思うけれども。
CO2からだいぶ離れすぎてるんで漏れは自発的にあぼーん。

22 :名無しさん:02/02/03 00:15
本当に申し訳無いんですが…
京都議定書について

2001年に成立したアメリカのブッシュ政権は、途上国の温室効果ガスの
削減目標が議定書に無いことを理由に、議定書への署名を拒否している。

って正しい記述でしょうか?
誰か教えて下さい。

23 :名無しさん:02/02/03 00:44
>22
電力環境板か、天文気象板で聞いた方が良いです。

24 :Mr.ダイオキシン ◆kmNaURZ6 :02/03/07 21:13
えっ、知らなかったの?
炭酸ガスをいくら出しても地球って温暖化しないんだよ。
むしろ、水蒸気のほうが温暖化係数が高いんだよ。
だから皆さん、水を使うのはやめましょう!
って冗談、冗談

25 :同定不能さん:02/03/07 22:03
存在量は多いが、係数は大きくならないだろう。

>水蒸気


26 :Mr.ダイオキシン ◆kmNaURZ6 :02/03/09 23:10
>25
しかし、スペクトルの吸収線は水蒸気のほうが、数が多くて強いのですが。

27 :同定不能さん:02/03/09 23:28
同じ話を循環させるなボケ。
しかも、ボケがクソつまんない。


28 :Mr.ダイオキシン ◆kmNaURZ6 :02/03/13 21:31
27サン、それじゃあ丸善出版の”逆説・化学物質”読んでよ、お願いだから。

29 :同定不能さん:02/03/13 22:57
何を主張したいのかワカランが、

水分子1モルあたりの吸収は、二酸化炭素1モルあたりの吸収より小さいのではないか。
>>28は、水蒸気ゼロ雰囲気下の赤外スペクトルを取ったことがあるのか?
と問いたい,問いつめたい。

30 :Mr.ダイオキシン ◆kmNaURZ6 :02/03/17 22:45
水蒸気ゼロ雰囲気下での赤外スペクトルは、個人では測定したことはありません。
しかし、手元資料(東京大学出版会 島崎達夫著 成層圏オゾン)によると
近赤外線領域での炭酸ガスの吸収線は、おもに2.77μ、4.26μ、15.0μに存在し、
水蒸気の吸収線は、おもに1.38μ、1.88μ、2.66μ、6.27μに存在します。
しかも、この資料の吸収線のグラフを見るかぎり、水蒸気の吸収線のほうが
幅が広いことがわかります。
また、大気中の存在度ですが、他の資料(逆説・化学物質)によると、
水蒸気 約2パ−セント(ただし変動する)
炭酸ガス340ppm
と、なっています。

31 :東大地球科学:02/03/29 01:09

これから氷河期が来るんだよ! 

おまえら もうアホかバカかと思う今日この頃

32 :同定不能さん:02/03/29 04:45
巨視的スケールで考えたら太陽の輻射熱は次第に大きくなるんだから,地球が金星化することは避けられないんでしょ?
地球の高等生物もあと数億年程度の寿命かな?

33 :群馬大学:02/03/30 02:31
>>32
金星が熱いのは上層大気だよ
地表面は地球と同じ温度
これ、カールせーガンが言ってたぜ
考えてみろよ 地球だって砂漠で曇ってたら寒いだろ?

34 :嗚呼熔岩:02/03/31 17:44
>>33
そうかなぁ・・・・
熱が逃げにくい環境なら、少しずつでも熱がたまっていくから熱くなると思うけど。

35 :Mr.ダイオキシン ◆kmNaURZ6 :02/03/31 18:09
>33
おいおい、何十年前の資料を読んだんだい?
上層大気はむしろ氷点下の低温で、地表ではマイクロ波が発せられるほど高温なんだよ。
たしか、金星表面では500℃はあったはず。


36 :同定不能さん:02/04/12 20:50
「現在は太陽の日射量が減っている最中だから、
地球温暖化などナンセンスな問題だ」という説を聞いたのですが、本当ですか? 
これを言っていた人は「温暖化など存在しない」とまで断言していましたが。

37 :べジータ:02/04/30 02:54
ハッキリ言ってやろうか これで地球は 終わりだ!

38 :らっこ:02/05/03 10:51
火力発電は石炭から石油を使うようになったのはどうしてですか?
石炭が石油よりもいい点ってなんですか

39 :同定不能さん:02/05/03 11:31
>>38

40 :同定不能さん:02/05/03 11:36
ぎゃ、誤送信した。
>>38
石油のほうが液体なのでパイプラインなどで輸送しやすい。
それから、液体なので比較的簡単に処理することで大気汚染の原因に
なる硫黄を含む化合物を除去できる。
ということで石油が充分に確保できるようになった時点で石油に移行した
のでは?

石炭の方が良い点は埋蔵量が圧倒的に多いことくらいかな?
石炭を石油のメリットを持たせられるように液化するという研究も
昔からされていますけど。


41 :らっこ:02/05/03 11:46
>>38
ありがとうございます

42 :らっこ:02/05/03 11:48
>>40
でした


43 :アインシュタイン10世:02/05/16 21:18
地球温暖化で南極の氷が溶けるが、氷が落ちるので津波が発生する。
海岸付近の原子力発電所は大破。核燃料が撒き散らしに。人類滅亡。

44 :RX7:02/06/20 12:03
地球は、後1000年しか生物がすめないらしい。

45 :同定不能さん:02/06/21 03:10
どうせ1000年も生きねーし。

46 :同定不能さん:02/06/21 04:05
なんかここってコテハン多いね。

47 :同定不能さん:02/06/21 05:36
温暖化仲間なのね。

48 : :02/06/21 07:06
餃子 :02/06/20 23:59
ネタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!
http://www.geocities.com/ikevxodn/aho1.txt
http://www.geocities.com/ikevxodn/aho2.txt

視聴者の声=全員一致で餃子を神とコメント

追伸=ノンフィックションですw

49 :同定不能さん:02/06/22 01:09
気候変動枠組条約

 大気中の温室効果ガス(二酸化炭素、メタン等)の増大が地球を温暖化
し自然の生態系等に悪影響を及ぼすおそれがあることを背景に、大気中
の温室効果ガスの濃度を安定化させることを目的として、1992年の地
球環境サミット(UNCED。於リオ・デジャネイロ)で署名のため開放さ
れた条約。1994年に発効。現在我が国を含む186カ国(含む1地域)が
締結(平成13年3月22日現在)。

50 :RX7:02/06/22 10:10
地球が、後1000年しか人が住めないというのは、NHKの火星シリーズでやっ
てました。この話を周りですると100パアしょうがないの発言になる。
地球人は自殺するという事です。地球人は火星人になる。この責任の4分の1はア
メリカにある。温暖化の原因は人口が増え過ぎた所為だ。世界で1人っ子政策をし
ないといけない。その時ネックとなるのが宗教界だ。宗教界が反対しそう。



















51 :同定不能さん:02/06/24 09:01
現在地球は氷河期ですが何か?

52 :同定不能さん:02/06/28 16:25
地球の温度を下げる方法=地上での核実験


塵が上空に舞いしばらく落ちてこないので太陽光をさえぎって涼しくなるらしい。


後は隕石落し、これも同じ原理。
シャアアズナブルがやろうとしてたが失敗。

53 :RX7:02/07/08 09:29
小惑星を、ぶつけるやつでしょう、それは私も考えた。それだと1000年以降も、
生物が住める。大部分の生物は、死滅する。火星に移してからぶつける手も有る。

54 :同定不能さん:02/07/08 12:44
1000年なら太陽系内の他の星への移住は可能かもしれないが、
太陽系外への移住は到底無理だろうなあ…


55 :同定不能さん:02/07/08 23:39
DNA情報を電波で発信しとけば、そのうちどっかの宇宙人が人間を作ってくれるよ。
そうしたら移住成功。

56 :RXー7:02/07/09 08:37
火星に、移る事は「ノアの箱舟」という事になる。宇宙船の名前が「ノア」に、
なるかも。プロジェクト名も「ノア計画」になったりして・・

57 :同定不能さん:02/07/09 14:49
プロレスネタはプロレス板へ

58 :著名な博士:02/07/17 22:31
私は地球温暖化を食い止める1大プロジェクトを発表します。
今度の学会で発表するんですがその前に皆さんにお知らせしようと思って
カキコみます。
ーーーーーーーーその1大プロジェクトとは次の物ですーーーーーーーーーーー




                人類皆殺し 

59 :著名な博士:02/07/18 23:46
ごめんねつまんないよね
 

60 :著名な博士:02/07/19 00:10
真面目に言うと火力発電所はいらないよネ

61 :著名な博士:02/07/19 21:42
原発最高
プルサーマル万歳

62 :同定不能さん:02/07/20 23:45
フロンの話が一言も出ないのは何故・・

63 :RXー7:02/07/21 08:41
しかし、例え地球に小惑星がぶつかって大部分の生物が死に絶えても、人間と恐竜
は、違う。人間は地下に潜り、食料を作り、生き延び、大気が温暖になると、
又、人口爆発が起き、同じ問題が起きる事になるでしょう。

64 :同定不能さん:02/08/13 04:26
エネルギー問題のために2chで総力上げるぞ
http://news.2ch.net/test/read.cgi/news/1029177024/
エネルギー問題のために2chで総力上げるぞ
http://news.2ch.net/test/read.cgi/news/1029177024/
エネルギー問題のために2chで総力上げるぞ
http://news.2ch.net/test/read.cgi/news/1029177024/
エネルギー問題のために2chで総力上げるぞ
http://news.2ch.net/test/read.cgi/news/1029177024/



65 :同定不能さん:02/08/13 06:01
http://profiles.yahoo.co.jp/tengaiten2002

66 :同定不能さん:02/08/15 06:53
生活版にも同じスレあるぞ

67 :同定不能さん:02/08/17 19:59
地球温暖化はね、心配要らないよ。
逆に寒くなるんだからね。

理由は、以下のようになるからよ。
1.温暖化進行
2.極域の氷山・凍土・氷河溶解
3.海水の塩濃度低下
4.海洋大循環の沈み込みの低下(塩濃度低下による比重差の低下)
5.海洋大循環停止
6.赤道域から極方向への熱移動停止
7.極域から順に氷河期到来
8.さむいさむい(藁)

この学説は、海洋学では結構一般的です。
実際に海洋大循環の沈み込みの低下は確認され始めています。

68 :同定不能さん:02/08/17 20:41
>>67
おお!現代版ヤンガー・ドライアスですな。

69 :カミユウ@リアル厨房:02/08/18 00:52
>>67さん
ってことは
どっちにしろやばいんじゃないですか?

70 :同定不能さん:02/08/18 02:52
そんなことより、明日を楽しく生きよう!
そんな、中途半端な知識で語れる問題じゃないよ。

地球(自然環境)の事なんか、解明されてない部分の方が多いよ。分かっていることなんてごく一部ですよ。
まぁこんなこと書くと、また中途半端な知識を持ち出して反論するんでしょうけど。
だから、そんな事より明日を楽しく生きよう! 君達は、この問題を語れる程、偉かない。


71 :同定不能さん:02/08/18 09:26
>70
67です。
まあ、どちらにしても人間が滅ぶんだから自然が戻るですね。
明日といわず今日を楽しみます(藁

72 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

73 :同定不能さん:02/08/26 00:54
内燃機関の時代は終わった。
永久磁石の反発によって回転し続ける装置が発明された。
その名は「磁力回転装置」である。
今後の自動車に大きな変化が起こることは確実。
産油国は滅ぶ。石油会社、電力会社も倒産する。
光科学スモッグも無くなる。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~cyako/sinenerug.htm

74 :RXー7:02/09/05 22:38
地球に人間が住めなくなると,火星に移住するしかないが。火星は人が住むには
温度が低過ぎるが,温暖化の原因になっている二酸化炭素をドライ・アイス化して
ロケットで火星に運ぶ。火星の温度を上げられるし一石二鳥である。

75 :ちんかすめん:02/09/05 22:45
でもさでもさ、ぼくらがひがいうけるまえにぼくらしんじゃうじゃん!

76 :同定不能さん:02/09/08 19:37
この板全般に言える事だが、みんな冷静だよね、他の板で同じようなタイトルだと
すぐ興奮する人多いんだよね。

77 :真実:03/01/02 17:34
              あるネット関連会社の社長は、「いずれにしても2ちゃんねるは
資金が底をつけば終わり。あまり知られていないことだが、
2ちゃんねる内部関係者によると今、大手通信会社系が調査費名目で資金提供している。
だが、それが止まれば続けてはいけないだろう」と証言する。
2ちゃんねるが判決によって力を失った場合、資金提供の打ち切りも予想される。
http://ascii24.com/news/reading/causebooks/2002/07/01/636911-000.html

 以下、別の記事のキャッシュ http://memo2ch.tripod.co.jp/article.html
 2ちゃんねるに近いあるインターネット関連会社の社長は、2ちゃんねるの幹部から得
た話として証言する。「2ちゃんねるは、運営者や幹部などがそれぞれ別々に会社を
作りカネの流れを見え難くしているが、実際の資金源は複数の大手通信会社系からの
調査費名目のカネ。月額で計約700万円と言い、年間にすれば1億円近く。額はともあ
れ、これは通信会社系的には、ぼう大なトラフィックを調査すると言う表向きの理由
が一応は立つ。自社系に都合の悪い書き込みがされた時に優先的に削除してもらうこ
とも期待している」と前置きし「通信会社系の削除の期待も含めて、2ちゃんねるは
総会屋と同じになっている」と言うのだ。
 その具体的な理由として社長は、こう話す。「2ちゃんねるはボランティアの削除人
が書き込みをチェックして、好ましくない書き込みを一所懸命削除している、という
ことになっているが、あれはウソ。削除人には給料が支払われ、その給料の原資と
なっているのが、まずいことを書き込まれた企業が削除要求とともに渡す裏金。これ
はまさに、総会屋の構図そのものだ。これまで裁判になっているのは金額で折り合え
なかったり、裏金を出さない強い態度の企業とだけだ」


78 :山崎渉:03/01/06 16:28
(^^) 

79 :同定不能さん:03/01/22 15:32
IPCCはどうやって地球の平均気温を計算しているのかがわからん。
誰か解説できるやついないか?

海水温と地表温の平均と言っているが、どこのサンプルを用いたのだ?
地上系での測定はもちろん全球をカバーすることはできないし、
衛星のデータなんて信頼できるのはここ10-15年の間だけだろ。

1800年後半から現在までのよく見る右上がりのIPCCの図って
どのようなモデルで描いたのかがいつも抜けてる。

誰でも入手できるNCEPの気象データを使って素人なりにエクセルで描いてみた。
別に右肩上がりなんてしなかったぞ。
で、今UKMOのデータ落としてるところ、
これで海水、地表ともに平坦なグラフだったら怒るぞ。

80 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

81 :同定不能さん:03/01/23 10:16
温暖化って言ってる割には何で世界のあちこちで大寒波が襲来してるんだ?
ロシアやヨーロッパでは年々冬の気温が低くなってるらしいじゃないか。

82 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

83 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

84 :蘭美威:03/01/24 15:30
地球温暖化によって地球の環境が変化することもヤヴァイが
海面上昇によりヨーロッパ地方の海辺の海抜零以下の国が水没
してしまい経済的にも多大な被害がでるもよう。

85 :同定不能さん:03/02/22 20:43
温暖化防止作戦 人口放射冷却。

砂漠地帯など土地としてどうにもならない地域にミラーを大量に敷いて、
吸収されるはずの光エネルギーを宇宙に戻す....ってのはどうよ?。

炭酸ガスは植物の量が増えれば吸収できるだろうから、そのためには
植物が生えることのできる面積を増やす必要があり、その為には砂漠化
を抑えなくてはいけない。砂漠化を抑えるためには地球の平均気温を
下げなくてはいけない。

86 :DoMin:03/02/23 09:55
遊星爆弾を地球に落として水を(大気圏外まで)ふきとばし、大気中の
水蒸気濃度を減らせば温暖化に歯止めがかけれるとおもわれ。

87 :同定不能さん:03/02/26 23:07
>>47

たしかにそうだが,海洋大循環は10^2〜3年スケールでの周期じゃなかったか?

そんな長いスケールで寒冷化されても,俺はうれしくない.
50〜100年後ぐらいに温暖化しているかが問題だ.
俺の孫くらいまで大丈夫であれば,後は良い.なんとかなるだろう.
ていうか,みんなそういう視点じゃないの?



88 :同定不能さん:03/03/02 09:31
CO2は海水に溶けるから、実は何の問題もないだろ。
温暖化なんて世紀の大嘘。間氷期が終わって地球が寒冷化
するのが心配だ。

89 :リタ:03/03/02 11:03
腐敗物が出すメタンガスは酸素を作り出す素。CO2が増えると
植物の成長は確かに早くなる。しかしある一定以上のCO2で
植物はまったく育たなくなる。アマゾンの伐採とCO2の排出により
このままだと手遅れになる。地球は滅びへと一気に向かうことになる。
問題大有りだから、地球温暖化が取上げられ、科学者もうったえてんのよ。

90 :同定不能さん:03/03/04 19:33
極地の降雨料が増えて氷河が成長し寒冷化するとか

91 :同定不能さん:03/03/04 21:14
>>89
>ある一定以上のCO2で植物はまったく育たなくなる。

植物がまったく育たなくなるCO2濃度って具体的にどれくらい?

92 :同定不能さん:03/03/05 02:03
>>88
>CO2は海水に溶けるから、実は何の問題もないだろ。
それなら、何故19世紀以降CO2濃度が上昇し続けているのか、ということになる。
>温暖化なんて世紀の大嘘。
実際にヨーロッパやヒマラヤの氷河は後退を続けている。




93 :同定不能さん:03/03/07 15:26
地球温暖化とは何ですか。及びその原因は何ですか?
改めて詳しく説明おながいします。

94 :同定不能さん:03/03/07 15:33
>>92
http://science.2ch.net/test/read.cgi/earth/1035600750/130
http://science.2ch.net/test/read.cgi/earth/1035600750/137


95 :91:03/03/07 19:29
>>89
さっさと答えてね。
それとも適当に不安煽ってるだけ?

96 :ゴールドシュミット:03/03/07 22:32
地球科学板なのに、なんでこんな低レベルな議論してるの???


97 :同定不能さん:03/03/07 22:43
微妙に板違いだから。

98 :ゴールドシュミット:03/03/08 00:36
わたしを異端視するとは ムキー!!! (バンバン

http://www.web-sanin.co.jp/p/kiseki/shinguu/book/c22.htm

99 :紀綱:03/03/11 14:39
人は自ら環境を創りだすことができますから
自然環境云々で死に絶えることなんてことは
人の英知が絶えぬ限りありえませんよ。

太陽が燃え尽きようと星が死に絶えようとも
人は存き延びます。

100 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

101 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

102 :山崎渉:03/03/13 12:48
(^^)

103 :山崎渉:03/04/17 09:15
(^^)

104 :山崎渉:03/05/21 22:00
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

105 :山崎渉:03/05/21 23:30
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

106 :山崎渉:03/05/21 23:34
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

107 :山崎渉:03/05/28 14:40
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

108 :同定不能さん:03/05/29 05:02
たびたび起こる戦争の言い訳に、
「歴史は繰り返す」って言葉を安易に使うが
実は別に繰り返していないと思われる。
これだけの環境破壊が今までにあったっけ?
多くの生物も絶滅している。
地球上の水の8割は南極の氷だぞ。それもとけかかっている。
別に繰り返しているのではなくて、確実に一本の道を
たどっている気がする。
アフォブッシュと消費国家アメリカは反省汁!!


109 :同定不能さん:03/05/29 16:45
ブッシュへ

おめーがドカドカミサイル飛ばすおかげで中東の観測
網がボロボロじゃんか。ええかげんにせい。

ま、ビル崩壊が地震波として観測できたからチャラにしてやるよ(w

110 :同定不能さん:03/06/03 03:33
CO2と最近の地球温暖化問題の関係を述べた論文ソースキボンヌ

111 :_:03/06/03 04:12
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/moe/jaz02.html

112 :同定不能さん:03/06/03 07:36
http://homepage3.nifty.com/coco-nut/
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
http://www.k-514.com/

113 :アダルトDVD:03/06/03 10:37
あれっ!昨日頼んだのにもう来てる本当に安かったのでびっくりしました


http://ime.nu/ime.nu/ime.nu/www.net-de-dvd.com/


114 :同定不能さん:03/06/03 12:20
いつでも激安

安心して24時間お買い物ができる!
セルビデオ店が近くにないお客様も気軽にお買い物を楽しめます。
http://www.net-de-dvd.com/


115 :直リン:03/06/03 12:21
http://homepage.mac.com/yuuka20/

116 :_:03/06/03 14:05
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/jaz04.html

117 :山田 r:03/06/09 23:47
暇だったんできました。なにぶん初めてなのでよろしくお願いします、この野郎


118 :同定不能さん:03/06/17 15:03
http://ha6.seikyou.ne.jp/home/ooyabu/kateinai.htm

 台所やお部屋は、NO2で汚染されています。

◎ガスコンロなどから大量のNO2が出ています。

台所のガスコンロ・瞬間湯沸かし器、お部屋の石油ファンヒーター・
ガスファンヒーターなどからは、NO2環境基準(0.04〜0.06ppm)の
1000倍以上の濃度のNOxが発生しています。
燃焼器具からは、通常NOx(NOとNO2を含む)が、少ないもので
50〜100ppm、多いもので、200ppm以上も出ています。
もちろん、換気扇や部屋の換気を行うことで悪影響が減ります。

しかし、台所で煙がこもったり、部屋の換気をしないと、部屋の中の
NO2濃度は、簡単に環境基準をはるかに超えることになります。

119 :777:03/06/17 15:32
http://my.vector.co.jp/servlet/System.FileDownload/download/ftp/0/287703/pack/win95/game/table/pachinko/majomika.lzh

http://my.vector.co.jp/servlet/System.FileDownload/download/ftp/0/281853/pack/win95/game/table/pachinko/SUTING.LZH

120 :同定不能さん:03/06/17 16:08
「2chからきました」ってコメントに書いたら値引きしちゃうよ(^_^)v
↓↓↓
 http://www.dvd-yuis.com/


121 :スマイルα:03/06/17 22:05
http://elife.fam.cx/a003/



122 :同定不能さん:03/06/23 23:52
大阪府 健康と住まいの情報 空気の話
http://www.pref.osaka.jp/kankyoeisei/sumai/kuuki-1/NO2.html

二酸化窒素

窒素酸化物の主なものは、一酸化窒素と二酸化窒素です。
ものが燃えるときに発生するので工場の煙突や、
自動車の排気ガスに多く含まれ大気汚染の原因となっていますが、
石油ストーブや各種ガス器具など室内でも多く発生し問題となっています。

 二酸化窒素は吸入すると、呼吸器を害します。
二酸化窒素は水に溶けにくいため肺の奥まで侵入します。
そのため肺に炎症を起こし肺水腫になることもあります。
慢性の暴露でも気管支炎、肺水腫を起こし、
肺ガンの原因もあり得るといわれています。

また低濃度でも、気管支の気流抵抗を高め、
気管支炎、喘息などの患者への影響が強い。

123 :同定不能さん:03/06/25 21:39
温暖化についてはまだ温暖化が進んでると判断するのは早くない??
たかが100年やそこらのデータで判断するのは間違いだろ。二酸化炭素が原因というのもはやとちりでしょ?
二酸化炭素の増加で逆に気温が低下する場合もあることを忘れてはいけないし。

124 :同定不能さん:03/06/26 05:24
おっぱいとまんこ
http://www.k-514.com/

125 :同定不能さん:03/06/28 02:27
age

126 :同定不能さん:03/06/28 08:14
●●●マスコミの「盗聴、盗撮」は許されるのか?その9●●●
http://natto.2ch.net/mass/kako/1016/10165/1016527634.html

711 名前: ○○○ 投稿日: 02/04/15 04:27 ID:rTJzgZfe
>>378
>複数のネタもとからのコピー&ペーストで出来ているという意味では、
>盗聴ネタを使ってもっと酷いことをしている同業者がたくさんいますよね。
>盗聴者間で広まっている被盗聴者についての様々な個人情報やそこから
>派生している風説から得たインスピレーションを、敢えて既存の作品の
>イメージの型枠にはめ込んでしまうことで、中身が盗聴ネタであることを
>ぼやかし偽装した制作が数多く行なわれている。
4月のドラマを幾つかチェックしているが、この通りの内容なんで、呆れるよ。主
役の見かけは刑事だったり金融マンだったりするが、人物像の正体は、実は、盗聴
ネタ。「盗聴者間で広まっている被盗聴者についての様々な個人情報やそこから派
生している風説から得たインスピレーション」で性格付けをやっている。ドラマで
動かされているのは、どこかの盗聴被害者のコピーだ。気概のない非創作性を支援
するために自分の個人情報が悪用され続けるのは、まったく不本意だ。

127 :同定不能さん:03/06/28 10:13
http://www.k-514.com/sample/sample.html
拾ったサンプルムービー集めたよ

128 :同定不能さん:03/06/28 20:32


129 :マルチお許しください:03/06/30 11:57
すみません、二酸化炭素固定のことについてなのですが、

「サンゴ礁は炭酸水素イオンを利用して炭酸固定を行なっているが、固定の過程で
二酸化炭素も放出するので、サンゴ礁の石灰化は結果的に二酸化炭素を大気中に
放出することになる」

ということに納得がいきません。とりあえずサンゴ礁に共生している藻類の光合成が
あるので、一概にそうは言えないらしいですが、石灰化だけを考えても、炭酸水素
イオンが大量に消費されると、海中でのイオン平衡が動いて、結果的に大気中から
海中に溶け込む二酸化炭素の量も増えるのではないかと思うのですが、このあたり
どう理解すればいいのでしょうか。
時間、空間スケールによって変わってくるかとも思いますが、どうでしょう?

そもそも板違いかなあ 少なくとも生物板ではこういう質問に答えられそうな人は
まずいないのですが。


130 :_:03/06/30 12:37
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz04.html

131 : :03/07/01 18:08
>>129
シロート考えで恐縮ですが…
例えば石灰岩を焼いて一見発生したかに見える炭酸ガスは、最終的には
焼成時に反対生成されたCa等の陽イオン(つーか、アルカリ酸化物)に吸収されて
プラマイゼロということに。
だから、海水中の陽イオンの絶対量が増加するとかでもしなければ、海水に
(固定した炭酸Ca含めて)含まれる炭酸の絶対量は変わらんかと。
(海水の温度が上がって放出される炭酸のことは知らないよ…)

132 : :03/07/01 18:15
仮にさ、海水の平衡が動いたとして
固定されていた炭酸Caによって補完されてしまうわね。

133 :  :03/07/01 18:31
諸条件一定ということで考えております。
空気中から炭酸ガスを減らせるのは(細かいこた除いて)光合成だけ。
それが海水の植物性プランクトンによるのか陸上の草木によるのかは問いません。
だから〜汚染とかで生物を殺しさえしなければ、
炭酸ガス増える→植物増える
炭酸ガス減る→植物減る
の平衡が行なわれるだけ。ウルトラ長期で考えれば(それが地球科学)。
で、光合成とそれ以降の作業で作られた石炭や石油を燃やせば炭酸ガスは
増えるけども、それをエサとする植物も結果として増えて元のサヤに戻ると。
ただし平衡に戻るまでの時間と濃度に人間が耐えられるかどうかは別の話だぁね。


134 : :03/07/01 18:37
しかしまあ、他に方法が無いわけではなく…例えばガラスを増やすというのはどうか。
つまり珪酸塩鉱物からニ酸化珪素(=ガラス)だけを抽出して、残った陽イオンに
炭酸イオンを吸収させりゃ、炭酸ガスはとりあえず減るわな。
もっとも、こんなおバカなことする香具師はおらんけどさ。

135 : :03/07/01 19:59
てなことを>>129様にうだうだ書いたわけだが
てきとーに突っ込んでおいて…

136 :129:03/07/01 21:22
お返事ありがとうございます。
ちょっと調べたりもしたのですが、サンゴなどの石灰化は、
2HCO3− + Ca2+ → CaCO3 + H2CO3 

という過程だそうで、これだと海中の無機炭素を減少させることにはなりますが、
結果的に水中が酸性方向に傾いて大気中から二酸化炭素を吸収することは
なく、逆に放出してしまうということでよろしいのでしょうか。
実際のところ、この反応の過程で生じた二酸化炭素の大部分はサンゴの光合成に
使われているので、二酸化炭素の濃度に対しての影響はかなり複雑だとは
思うのですが・・・




137 :同定不能さん:03/07/01 21:32
凹スケヴェイス凹
http://www.k-514.com/

138 :山崎 渉:03/07/12 11:27

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

139 :山崎 渉:03/07/15 11:41

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

140 :山崎 渉:03/08/02 01:07
(^^)

141 :山崎 渉:03/08/15 12:33
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

142 :同定不能さん:03/08/29 04:22
二酸化炭素地球温暖化説への反論と京都議定書発効阻止
http://www7.plala.or.jp/harehore/
CO2温暖化脅威説は世紀の暴論
http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss023/ss0231.htm
地球温暖化についての小泉首相への緊急提言
http://noyatetuwo.hp.infoseek.co.jp/politics/gw1.html
オソン層破壊物質
http://mentai.2ch.net/bake/kako/982/982209338.html
【寒】 地球温暖化?プ 考え過ぎ 【冷】
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/news2/1033993601/
はれほれワールド
http://web.archive.org/web/20020211224919/http://www7.plala.or.jp/harehore/index.html

CO2は大気に大量に存在するため,赤外線の吸収能がすでに飽和状態に近く,濃度が増加しても吸収力はあまり変わらない。
http://riss.narc.affrc.go.jp/envcons/161-164.html

これは増殖情報ベースというプロジェクトの一部。このプロジェクトには、農林水産省の研究者、
大学の農業情報研究者ばかりでなく、情報関連の民間研究者、大学の情報科学研究者も参画しています。

143 :同定不能さん:03/10/06 15:41


144 :同定不能さん:03/10/13 00:36
温暖化して北極の氷が溶け出すと欧州周辺の
海流の流れが速くなり暖流が長く留まらなくなったり
して極度に寒冷化する罠。凍りのパリ凱旋門も見物
だけどね。

145 :同定不能さん:03/10/13 22:18
温暖化していくと、世界的に異常気象の頻度が高くなるというのはかなり高い確率らしいが、
>>144のような現象が起こるとそれは既にカタストロフィだと思うが。
よく、温暖化しても寒冷化するから言いといってる奴がいるが、
それが従来の気候の枠を全く変えてしまうということをご一考されたい



146 :同定不能さん:03/10/14 05:25
温暖化の研究はもう金にならない。
別なことしよう。

147 :同定不能さん:03/10/14 22:04
じゃあ氷期の研究をやろう。
冷却のメカニズムと過程を大規模シミュレーションで

148 :同定不能さん:03/10/31 05:09
東海地震が一年以内に迫っていると言われています。(東大五十嵐助教授)
そして震源域である静岡県浜岡に原子力発電所があります。
しかし現在の浜岡原発[静岡]の現在の耐震設計は、予想される大地震には到底堪えられません。
(阪神大震災の揺れは、地表面で最大818ガルでしたが、浜岡原発の3・4号炉は450〜600ガル、
1・2号炉にいたっては300〜450ガルの耐震設計)
浜岡原発が、東海地震によってなんらかのダメージを受ければ、最悪のケース
では、数十万人もの人が即死し、数百万人が将来ガン死する可能性が指摘され
ています。先進国であり、また人口の密集した狭い国土の日本で、原発事故が
起これば、その被害はチェルノブイリ事故の比ではありません。放射能による
健康被害、経済被害は、世界規模で拡がっていくはずです。

【東海】浜岡原発を何とかスレPart5【地震】
http://aa2.2ch.net/test/read.cgi/eq/1065901133

【浜岡原発】停止派・意思表示スレ【東海地震】
http://aa2.2ch.net/test/read.cgi/eq/1064828218

ヨウ化カリウム剤を入手せよ
http://aa2.2ch.net/test/read.cgi/eq/1064660796

【うる】浜岡厨を叩く【さい】
http://aa2.2ch.net/test/read.cgi/eq/1065158551

149 :同定不能さん:03/11/10 04:04
【国際】「科学的でなかった」温暖化報告書を事実上撤回−米政府
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1068194770/

悲惨だな〜、地球温暖化防止活動関係者

150 :植物の種を保存する運動:03/11/19 17:14
http://www.sgi.org/wssd/quietrev.html
http://www.sokagakkai.or.jp/kankyou/Teigen05.html
●SGI創価学会は、環境保全のイベントや、
環境意識を啓発する運動を草の根レベルで推進しています。
●アマゾンを守るために
世界の熱帯雨林の3分の1を占め、地球上の生物種の3分の1が生息するといわれる“生命の宝庫”アマゾン。
この生態系保護を目的に、1992年、ブラジルSGIの「アマゾン自然環境研究センター」が開設されました。
以来、「熱帯雨林再生プロジェクト」を展開し、2万本の植林や種子の採取・保存などを推進しています。
http://www.soka.ed.jp/kyoiku/choken/seikyo/19940823.html
●環境と開発展
中南米各国SGIの主催による「アマゾン―環境と開発展」は1996年ボリビアで
米州機構(OAS)による「持続可能な開発のための首脳会議」(米州サミット)の公式行事として行われ、
以後2001年までに8カ国14都市で開催、延べ80万人が鑑賞しました。
●植樹運動
緑豊かな世界を次世代に継承するため、ブラジルSGI、フィリピンSGIは植樹・植林運動に取り組んでいます。
特に、フィリピンSGIは、1999年以来、政府環境資源庁の環境プロジェクトを支援するため、森林再生活動として植樹を行っています。
●環境教育展示会
SGIでは、世界とアジアの環境問題を取り上げた教育展示(英語、中国語、タイ語)を制作し、
シンガポール、タイの約10都市を巡回しました。
各地での展示会は環境団体等の後援を得て、市民に開かれた公共の場で開催され、子どもたちの環境教育の一助としても好評を博しています。
●リサイクル運動
2000年1月、マレーシアSGIでは、「リサイクルと環境問題に関する展示」及び「地球憲章フォーラム」を開催し、
約1000人が参加。同時に、リサイクル専門家によるNGO「TREES」と共同でリサイクルプロジェクトを立ち上げました。
●「エコ・エイド」(環境展)の開催
日本では、1991年から95年まで、「エコ・エイド」を開催。「環境破壊」「共生の模索」
などをテーマに酸性雨や地球温暖化といった地球的諸問題を紹介し、持続可能な開発への転換を訴えかけました。

151 :同定不能さん:03/11/20 02:18
地球温暖化の原因が二酸化炭素ではなく、
太陽光の自然増加によるものだとわかった現在、
省エネなど時代遅れ。
低コストで大量発電がこれからの流行。

152 :同定不能さん:03/11/23 21:03
恥丘温暖化ネタバレでハサーン
 http://science2.2ch.net/test/read.cgi/infosys/1032618667/l50


153 :同定不能さん:03/12/09 17:54
コイツヌッ頃せ
http://www2s.biglobe.ne.jp/~sebas/ko_8.htm

154 :同定不能さん:03/12/09 18:02
>>150
草の根レベルから根絶したい

155 :同定不能さん:03/12/09 18:49
>低コストで大量発電がこれからの流行。
そんな良いものがあるなら是非教えてくれ

156 :同定不能さん:04/01/25 13:28
深層海洋水を表面に浮かせることが出きれば、冷たい海水がCO2を
吸って大気中の濃度を下げるではないか?できるかどうかは不明だが、
栄養に富む深層水ならば漁業の活性化にも寄与できるのではないのか?

157 :同定不能さん:04/01/26 02:34
タイトル変更した方がいいんじゃねーか?

【危機】地球温暖化説!!【CO2】



158 :同定不能さん:04/01/26 18:22
http://sci-e-research.com/geophysics_ja.html

159 :同定不能さん:04/01/26 21:10
とりあえずageてみる

160 :同定不能さん:04/01/26 22:25
なんとなくsageてみる

161 :同定不能さん:04/01/26 22:41
http://sci-e-research.com/geophysics_ja.html
これってマジで有り得るの?

162 :地球温暖化についても書いてあります。:04/01/28 04:46
http://tekipaki.jp/%7Egon/park/A020928B.kiuti1.htm
世界唯一の「臨死体験者」の先「死亡体験者」  天文学者・彗星探索家 木内鶴彦さん

  (中略)  ・・で、ナ−スコ−ルのボタンをこう探したら、うちのお袋親切にも入れてくれたんです。
入れてくれたんだけど、押す力ないんです。
押す力なくって、その時に心臓と、心臓が最初止まったんですね。で、ドッキン、ドッキン、ドッキンと脈
打ってるんですが、それがドッキンで終わっちゃったんですよ。アレッと思った次の瞬間息ができないんで
すよ。呼吸ができないってどうなるか皆さん教えておきますけども、吐いたきり、吸えないんです。吸えな
いんです。で、苦しくないんです、それで。最初、それで苦しくないってことがどういうことなのかわから
ない。だけど、その状態でありながら意識はさっきからズ−ッと継続してるんです。わかります?その状態
になった時、こうなって、上を見てる状態で、アレ、息もしてないと思った時にうちのお袋がハッとここ近
付いたんですよ、ここに。
で、身体揺すぶるんですよ。そして、何て言ったかというと、あっ、死んじゃったと言うんですよね。僕は
一瞬びっくりしましてね、何を言ってるんだろう、お袋はと思って。  (中略)  ・・親父が固まって
るんですよね。何か深刻な顔しちゃって。俺は何かといったら、身体が何か楽になったような気がしたんで
すよ。さっき言った床擦れとかああいうような痛みがないことに気が付いていくんですね。段段薄れてくっ
て思ってたけど良く考えたら、その時点ではもうないんですね。だけど意識は繋がっているから僕は死んだ
って思ってない ・・・・(続く)

163 :同定不能さん:04/02/08 17:20
age

164 :同定不能さん:04/02/09 00:34
怪しい。日本の地図が怪しい。
当たり前のように新幹線が走ってるけどあれは騙されてる。
実は窓がスクリーンになっていて、景色が動いてるムービーが流されてる。
車体は動いてない。絶対そう。そうに決まっている。
実際問題お前ら自分自身で日本中歩き回って確かめたか?
衛星写真とかそんなのはアテにならない。情報操作されている。
本当は日本はもっと複雑な形で、小さい。大きさは今の6分の1くらい。
なんでそんなことを誤魔化してるのかって?
それは自分の国を大きく思わせることで愛国心を高め、俺たちを右翼寄りの思想に近づけてるんだ。
俺は28年前から、毎年日本の地図を買っているが、明らかに大きさが違う。
大きさはともかく、形も違う。一番ひどいのは沖縄だ。実際はもっと近い。
なんでこんなことを言っているのかっていうと、俺たちは危ないんだ。
年々日本地図の日本の面積のが大きくなっていて、今年の地図は格段に大きくなっている。
これは何を意味するかと言うと、戦争だ。
お前らにこのことを知らせる為に、俺の人生を棒に振っている。
もう追っ手がきている。インターホンと電話が鳴りっぱなしだ。
そのうち強行突破してくるだろう。もう時間が無いが、最後に言わせてくれ。
自分自身を信じろ。周りに左右さr

165 :同定不能さん:04/03/01 09:59
地球温暖化を防ぐ為に各家庭(個人)で注意すべき事は何でしょうか
マジレス頼みます!!

166 :同定不能さん:04/03/01 20:01
・電気を大切にする
・車のエンジンの空ぶかしをしない
・食べ物を大事にする(残飯を出さない)

167 :同定不能さん:04/03/02 03:37
練炭を使わずに無理心中

168 :同定不能さん:04/03/08 01:11
>>165
今のところ、太陽の光の強さが弱まるのを祈るぐらいしかないな。
>>166
そんなことをしても無意味。
お金の節約にはなりますが・・・

169 :同定不能さん:04/03/08 03:09
>そんなことをしても無意味。

理由を書かないと説得力ないよ。

170 :同定不能さん:04/03/08 23:09
>>169
この問題は一種の集団ヒステリーだし、アホには何言ってもわからんと思うが・・・
一応、解説してあるホームページ
http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss025/ss025.htm

結局、太陽そのものの活動が活発になってるってだけの話。
二酸化炭素は温度が上がると水に溶けにくくなるから、
海水中から吹き出て、濃度が増してるってわけだね。
それもほんの少しだけだけどね。
実際、0.01%以下しか濃度が増してない二酸化炭素の温室効果より、
地球気温に影響力あるのはアルベドだしな。

って、アルベドっつっても、貧弱な想像力では理解不能だったなw
わるいw

171 :168:04/03/08 23:35
さて、ここで問題。
地球が太陽から受けているエネルギーは、全人間が消費するエネルギーの何倍か?

172 :同定不能さん:04/03/09 23:20
>170
そのご高見はもっともと思えますが、
では、どうして集団ヒステリーが成り立ってるのでがすか?

173 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

174 :同定不能さん:04/03/10 01:03
>>172
そんなもの、勉強不足が原因に決まってるだろ。

175 :同定不能さん:04/03/10 01:30
>>172
ゆとり教育の成果ですねw

176 :同定不能さん:04/03/12 23:10
題はもっともらしくてカキコしてる人皆アホですね。よくもまぁ、、、

177 :韓国ファン:04/03/15 18:18
韓国の場合、2100年には朝鮮半島の1.2%が浸水し、北朝鮮の平安北道・新義州市などは水没します。
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/03/26/20030326000011.html

178 :同定不能さん:04/06/18 07:06
温暖化は起こらないと主張する方に質問です。

皆さんの主張のソースはどれくらい新しく、権威のあるものでしょうか?
僕が見たところ、最近のネイチャーやサイエンスなどの権威ある論文誌では
100年後に少なくとも2度から3度程度の温暖化が起ることは
議論の対象になっていません。

温暖化はおこらない(つまり100年後の地球の平均気温は
20世紀の平均から2度以上は増加しない)という主張をしている
最近の学術論文を教えてください。
逆ならいくらでも見つかってしまうので。

179 :同定不能さん:04/06/18 13:40
見てるものが違う。
「地球の」温暖化というからには、地球の歴史を時間軸に温度を見なければならない。
氷河期と間氷期を繰り返し、何十℃もの温度差を経験している地球にとって、
100年で2−3℃の温度上昇は「地球の温暖化」と言わない。
100年で探すから温暖化の論文しか見つからないんだよ。

そもそも「地球の平均気温」って何??

180 :同定不能さん:04/06/19 00:15
アルべドって何ですか?

ところで144が言ってたのは「ザ・ディ・アフター・トゥモロー」の予告?

181 :同定不能さん:04/06/19 02:13
太陽の光をどれだけ反射しやすいか(しにくいか)を現す指数。
反射能。

182 :同定不能さん:04/06/19 05:21
へえ〜
地球の大半は海なので、残りの大地の反射具合って事でOK?
極地は雪に覆われてるけど、これも大して関係無い?
残りの大地で地球の気温を左右するんなら、けっこう重要な要因になるんだね。

183 :同定不能さん:04/06/19 09:22
NG。
海も大地も極地の雪も反射している。
もちろん雲も太陽の光を反射している。
海は太陽の位置関係で反射の仕方が変わる。
海に太陽映ったらまぶしいだろう?
http://www7.plala.or.jp/harehore/hosyakyoseiryoku.html
http://www.nhk.or.jp/school/junior/yougo06.html

184 :同定不能さん:04/06/19 09:31
だけど、海や大地や森林より、雪のほうがずっとアルベドが大きい。
晴れた日にスキー場とか行くと雪はまぶしいからね。
だから寒冷化が進んで雪が広い範囲に積もると、
その分だけ反射量が余計に増えて太陽熱を吸収しなくなって、
さらに一段と寒冷化が進むわけだ。

185 :同定不能さん:04/06/19 09:36
逆に、今のように温暖化が進んで極地の雪や氷が減って、
海面の面積が増えたり氷床の面積が減って来ると、
その分太陽の光の吸収量が増えて、
より一段と地球が暖まるわけだ。

186 :同定不能さん:04/06/20 01:40
182だけど
書き方が変だったね。(勿論、頭も悪いんだけどさ)

極地と海の反射板の面積はよほどの事が無い限り大きな変化は無い。
そこで残りの大地の面積の増減で数値が変わってくるのでは?と思った。

冬場の庭。
昼も夜も隅っこの雪量は変わらない。池の水量も変わらない。
となると、その他の部分が庭の気温の変化をもたらす要因かと。
ん〜、幼稚っぽい考え?

187 :同定不能さん:04/06/20 01:46
えーと(続き)
2000年前と今(おっと産業革命前)では陸地面積がだいぶ違うけど
その間も気温の上下はかなりあったからねえ。
小氷期もあったしグリーンランドの雪が融ける時代もあった。
んで、あんまし比例もしてないかなと・・・
書いててもワケわかめ。


188 :同定不能さん:04/06/20 12:24
>そこで残りの大地の面積の増減で数値が変わってくるのでは?と思った。

なるほど。それなら分かる。
そういう可能性はあると思う。

189 :同定不能さん:04/06/20 17:46
で・・・
この先、温暖現象はどのように変化していくのでしょうか。
これ以上暑くなると辛いのですが・・・

それとも「ザ・ディ・アフター・トゥモロー」のようになるんですかね。

190 :同定不能さん:04/06/21 00:21
すげえ暑くなって乾燥してMAD MAX2みたいな世界になると思う

191 :178:04/06/22 02:01
>>179

>氷河期と間氷期を繰り返し、何十℃もの温度差を経験している地球にとって、

氷河期と間氷期で何十℃も温度差があるんですか?初耳です。

>「地球の平均気温」って何??

文字通りの平均気温ですよ。年平均かつ全地球の表面の平均です。
現在は約15℃で、100年後の気温は2から3℃上昇すると予想されています。
このように、温暖化の研究を一つの数字で表現するときによく使われます。
ちなみにあなた自身の「何十℃もの温度差」という発言も
地球の平均気温を念頭におかなければできなかったはずです。

>「地球の」温暖化というからには、地球の歴史を時間軸に温度を見なければならない。

僕の質問は、タイムスケールを数十年から数百年とした場合の気温の変動です。
このタイムスケールでの温暖化がおこらないと結論付けている最近の研究が
あるかどうか知りたいのです。端的には、ミランコビッチ周期を一定と仮定して
さしつかえない程度のタイムスケールでの研究についてです。

百年後の気候を予測することは数万年スケールの気候の研究と同じくらい重要ですし、
双方の研究に使われるメカニズムはかなりちがいます。

192 :同定不能さん:04/06/22 07:46
>>191
179じゃあないけど、100年後は今のままだと2〜3度Cくらいじゃ
すまないと思うよ。

193 :178:04/06/22 08:07
>>192

>100年後は今のままだと2〜3度Cくらいじゃ
>すまないと思うよ。

たしかにいろんな要素があるので予測の数値は一定ではないですね。

現在実用されている最新のモデルでは100年後の気温は
2から3℃上昇すると予想されています。
しかしさまざまなフィードバックが含まれていないので、
この数字は上にも下にも変わる可能性は高いのです。

たとえば気候変動による地表の変化のフィードバックは大きいですよ。
植生が変わってアルベドが変わったり、地中の有機物が分解されたり。
これらは正のフィードバックです。
負のフィードバックとしては、気候変動と二酸化炭素濃度の上昇により
植物の総生産量が増えることがあります。
これらはフィードバックのほんの一例です。
(ちなみに雪や氷のアルベドフィードバックはすでにモデルの中で
実用化されています。)

さらには未来の政治・経済の状況を正確に予想するのは困難です。
だから今考えられている二酸化炭素排出のシナリオと大幅に異なった
未来が到来するとしたら、モデルによる予測は外れるでしょう。

というわけであなたはどのような根拠から、
一般的なモデルよりも高い気温の上昇を主張していますか?


引き続き、「温暖化はおこらない」とする最新の研究の情報をお待ちしてます。

194 :同定不能さん:04/06/22 11:48
燃料投下
http://homepage2.nifty.com/shokuiku/subkankyou0311.htm

195 :同定不能さん:04/06/22 21:57
たけだ教授ってリサイクルとかのDQNな教授?
都合のいいデータだけを集めて、強引に結論づけるってうわさが。
まぁ、いいけど。週刊誌の記者に向いてそう。

化石燃料はどんどん使ってよい。短期的な温暖化は原因が不明
だが、対策すべきで、長期的には温暖化を推進しろってこと?

1万年後は漏れも1万歳かぁ。

196 :同定不能さん:04/06/22 23:12
>>189
億年のスケールで見たらまたスノーボールになるかもなぁ。

氷期は人間の文明が存在する間に訪れるんだろうか。

197 :178:04/06/23 00:48
>>194
燃料サンクス。武田先生、いきなり間違えてますね。
普通「Global warming」か「Climate change」と言い、「Climate warming」とはあまり言いません。
自然要因による気候変化と人的要因によるものの比較についての参考資料を出しときます。

http://www.grida.no/climate/ipcc_tar/wg1/figspm-4.htm

そして僕も燃料を。

http://www-j.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No72/TCD981222.html

中京圏にはあやしい教授が多いのでしょうか?



ところで武田先生の話は興味深かったんですが、最新の研究からの引用がなかったので残念です。
引き続き、「温暖化はおこらない」とする最新の研究の情報をお待ちしてます。

198 :同定不能さん:04/06/23 07:14
氷河期が来ようがどうなろうが
地球にとっては痛くも痒くもないんだろうな。
いいなあ。

199 :同定不能さん:04/06/26 14:01
人間や哺乳類が生活していくには少しばかり困難な環境になるだけだろ。
別に地球上の生物が一気に絶滅するわけでもあるまいし、
のんびり改善していけばいいよ。多少の危機感は持っていたほうが良いが
殊更慌てる必要はなかろ。

200 :同定不能さん:04/06/26 21:39
>>193
ちょっとそのモデルに興味があります。どこの研究所もしくは論文でしょう。

地表温度が増せば当然雲の量も変わりますよね
フィードバックには雲によるアルベドももちろん含まれていると思うのですが、

海の影響は?温度が変化すれば当然二酸化炭素吸収量も異なります

グリーンランドの氷床が溶けた時代もあったとおっしゃいますが、
淡水が大西洋北部に流れると海水の密度が変化します、
暖流の北大西洋海流がグリーンランド沖で沈み込むという点で、密度は重要なファクターです
この暖流が弱まれば当然欧州はカナダやシベリアのような気候になるものと。

なにかおもしろい論文ありませんか。


201 :同定不能さん:04/06/28 19:39
地球温暖化→暑いのでクーラーを使う→益々温暖化
悪循環です。ヨーロッパの熱波では多くの人が亡くなった。
そこで開発したのが、エコカプセルです。
皆がこれを使うとCO2削減が出来る。
宣伝になってしまうので、投稿は今回限りと致します。
http://www3.to/senzak


202 :同定不能さん:04/06/28 23:12
178=193じゃないけど、「最新のモデル」っていうんだから、200が言ってる
ような条件は当然入ってるでしょ。海洋大循環も入ってないはずないでしょ。
温暖化が進行して、海洋の循環が弱くなるんだよね。

2〜3度って言ってるから、IPCCのじゃないでしょ。IPCCのはもちっと幅が
あるから。

気象庁は最近、関東のを発表したけど、これでもなさそう。
http://www.jma.go.jp/JMA_HP/jma/press/0406/07a/kion.pdf

IPCCのどれかのシナリオを元にした、「最新」のモデルだろうね。

203 :178:04/06/29 08:53
>>200
>>202

IPCCを念頭において、「最新のモデルはたいてい百年後の
平均気温は2から3度上がると予測している」と書きました。
IPCCによるといろんなモデルの平均として
2.5度くらいだと言ってますよね?そして>>202さんの言うとおり
予測の不確実性の幅はたしか1.5度から4.5度までです。
それらには>>200さんの言うようなフィードバックは入っています。

IPCCのレポートはそれなりに受け入れられたモデルのまとめですが、
もっと野心的な最新のモデルとしてはこんなのがあります。
植物のフィードバックを入れたらえらいことになるそうです。

Cox, P. M., R. A. Betts, C. D. Jones, S. A. Spall, and I. J. Totterdell.
2000. Acceleration of global warming due to carbon-cycle feedbacks in a
coupled climate model. Nature 408:184-187.


204 :178:04/07/02 06:10
ここの板ではあまり温暖化の議論は盛んじゃないのでしょうか?
じゃあどこの板に行けばいいんだろう?
温暖化を否定する人たちの科学的根拠を伺いたかったのですが。

205 :同定不能さん:04/07/02 10:12
>>204
まず、地球の長期的な気温の変化を取り扱う学問である「地学」が、勉強している人や研究している人には大変申し訳ない表現ですが、やや地味なジャンルであることを理解してください。
それは、物理学や数学、工学に比べると議論に参加できる人数あるいは関心のある人の数が少ないことを意味します。
ですから、質問に対して他の板のようにネタも含めてどんどん質問が返ってくるという状況ではありません。(「地球科学」板は2ch有数の過疎板です)
さて、地球の長期的な気温変化ですが、100年後に平均気温が2度から3度上がっているという予想はほぼ間違えないものと思われます。
注意すべきは、何年を基準にという部分です。多くの学者はこの基準を1980年に置いています。
なぜ1980年なのかというと、それ以前には地球の平均気温は下降傾向にあったからです。ちょうど1980年くらいに上昇に転じました。
当時は、地球寒冷化や氷河期の到来による危機が叫ばれていました。
何人かの人が指摘していますが、現在の平均気温の上昇は、単なる気温の変動の範囲内ということもできます。
だから、現在の気温の上昇傾向が、人類の活動の結果の温暖化なのか単なる長期的な気温の変動なのかという議論はあっても100年後の気温が上がっていないとする研究はちょっとないのではないかと思います。
私としては、真に議論すべきは、気温の上昇そのものではなく、上昇の結果どういう影響が出るのかだと思います。これは、世間で言われているほど単純ではありません。

あと、ここは過疎板ですが、それだけに住民は本当に関心のある人やレベルの高い人の割合が多いといえます。
ですからあなたが本当に実のある議論をしたいとか知識を得たいと思っているなら、気長にこの板で活動することをお勧めします。
例えば、環境板などはここより書き込みは活発ですが、ほとんど宗教論争のノリになっていて、科学的な議論は不可能な状況にあります。


206 :同定不能さん:04/07/02 13:36
地学系がただでさえマイナーなのに、地学系で地球温暖化やっている人はさらに極少数だからね。
地震予知と同じ匂いがして、業績になりにくいから避けているというか・・・。
現象が見えないもの、見えにくいもの、見えるか見えないか議論されているものは地学では嫌われる傾向があるかも。
そういう意味ではやっぱり物理学や化学とはちがうんだなと思う。
とはいえ、地学系の人も教養として地球温暖化の話は頭にあるだろうけど、議論するほど興味がないんだろうな・・。

あと、ここが過疎化しているのは、ちょっとでも専門に触れると簡単に身分がバレるからですw

207 :学生I:04/07/02 20:47
 地球温暖化はイイことだとか。
地球はそろそろ、寒くなるんでしょ?
そしたら、人が南下して来るし、食料問題だって発生しそう・・・。
 温暖化とは関係ないけど、某クラブは、2020年が限界とか言ってますし。
地球人類の危機の予感!?


208 :同定不能さん:04/07/02 22:55
>>207
>地球はそろそろ、寒くなるんでしょ?

ええと、30年前くらいの啓蒙書でそういう話をみましたが、まさかそれ?

209 :同定不能さん:04/07/02 23:00
灯台もちっとがんばれー!!

210 :178:04/07/02 23:43
>>205

真摯なレス、ありがとうございます。

>だから、現在の気温の上昇傾向が、人類の活動の結果の温暖化なのか
>単なる長期的な気温の変動なのかという議論はあっても

ここなんですが、「20世紀の気候変動は人間の活動による影響を
考えなくても自然の変動だけで説明できる」という説を唱えている
研究者の中で、代表的な人と論文を教えてくださればうれしいです。

とにかく「二酸化炭素を排出しても温暖化はおこらない」的な
ことを言っている科学者の論文を読んでみたいのです。
その説が過激であるほど興味があります。
まことに勝手ですが、レフェリーのいる論文誌でお願いします。
ネット上や一般書での無責任な発言ならけっこう見たことがあるので。

211 :同定不能さん:04/07/02 23:45
>>210
とりあえず、名城大学商学部の槌田さんはどうかな。槌田って珍しい苗字だから、ググレば出てくるよ

212 :205:04/07/03 02:13
>>210
私の知る限りでいうと、現在の平均気温の上昇傾向は、地学の研究者にとってごくあたりまえのことです。
100年くらいのスパンで地球の平均気温が数度の範囲で上下する。1000年、一万年のスパンだとさらに大きな範囲で上下する。
この考え方は、地学の研究者にはまあ常識といっていいでしょう。多くの観測結果も裏付けています。
1980年以前は、下降傾向にあったから、その揺り返しで今は上昇傾向になっている。そして、その上昇の程度も特に異常ではない。
こういう状況にあって、あえて、「現在の気温上昇はごく自然なこと」という主張の研究発表をしようとする研究者は少ないと思います。
すでに広く受け入れられていて評価の定まっている学説を追認する研究なわけで、苦労して研究してもインパクトがありませんし、調査の予算も取りにくいでしょう。
現在、温暖化を主張している人は、地学とは違うジャンルの研究者がほとんどで、1980年以上の気温の上昇という現象のみを捉えています。
こういう状況ですので、最近の論文ということではなくて、地学や気象学のベーシックな教科書をあたられてはいかがでしょう。

213 :同定不能さん:04/07/03 06:48
122頁 炭酸ガス工業会は二酸化炭素を取り扱っている。日本における生産高は約
80万トンである。固体のドライアイスは約20万トンであるので、合計100万ト
ン生産されていることになる。液状の二酸化炭素は、アンモニアおよび石油精製用の
水素製造によるものが全体の4分の3を占め、製鉄およびエチレンオキシド製造副生
物としてそれぞれ約10%である。

水素自動車も燃料電池(燃料は水素)もダメじゃん

214 :同定不能さん:04/07/03 10:38
人間活動で炭酸ガスが『増えたから』温暖化しているのか。
地球が温暖化しているから海に溶けていた炭酸ガスが大気中に『放散している』のか。

それを見極めないで行なう温暖化論争なんてナンセンスだと思うが。

215 :オーバーテクナナシー:04/07/03 20:49
 意味わかんねーよ!
気温が上昇すると、海水の蒸発量が増えて雨が降る。
 大気中のCO2を溶かし込み(重炭酸イオン)また海へもどるんだよ!
珊瑚ちゃんはよろこぶし、炭酸カルシウムになってCO2は固定されるんだ!
 「暗い太陽のパラドックス」でぐぐれ。

216 :178:04/07/06 03:43
>>210
ありがとうございます。ですが、槌田さんはもう拝見しました。
あのような無責任な発言ではなく、レフェリーのいる論文誌での発表を探しています。

>>212

>あえて、「現在の気温上昇はごく自然なこと」という主張の研究発表をしようとする研究者は少ないと思います。

ということは、あえて研究や発表をしなくても、これくらいの気候変動ならぜんぜん自然現象の範囲、
というのが地学の人の共通認識である、というのがあなたの見解ですか?僕はそうは思いません。
近年の気候変動はミランコビッチサイクルや太陽活動や火山活動などと連動していないため自然現象だけでは説明できない、
というのが地球科学の共通認識であると思います(たとえばIPCCの2章と3章)。

そんななかであえて、「現在の気温上昇はごく自然なこと」という反主流の研究をしている人を探しています。
こういう研究なら石油産業などから資金を得やすいしインパクトも強いと思いますよ。

ちなみにあなたは地学(Geology)について語っているのでしょうか?僕は地球科学(Earth Science)について語っています。

217 :178:04/07/06 03:48
>>214
現在海は二酸化炭素を吸収しています。
ここ100年間での海の温度上昇は1%にも遠く及ばないため、出てくる二酸化炭素はごくわずか。
しかし大気中の二酸化炭素は産業革命以来36%も増えたため、入っていく二酸化炭素は多くなる。
理想気体の法則など、物理や化学の基礎を復習しましょう。

これはよくある間違いの一つですね。

218 :同定不能さん:04/07/06 05:04
>近年の気候変動はミランコビッチサイクルや太陽活動や火山活動などと連動していないため自然現象だけでは説明できない、
というのが地球科学の共通認識であると思います(たとえばIPCCの2章と3章)。

いや、そもそも自然現象なんて全く分かっていないというのが地球科学の共通認識であると思う。
我々にとって、分からないものを断定するのは怖くて恐ろしいことなんだよ。
地震予知のクッシーがこの板でどう扱われたかを見たら分かる。

219 :178:04/07/06 05:39
>>218

>いや、そもそも自然現象なんて全く分かっていないというのが地球科学の共通認識であると思う。

この「全く」という言葉には同意できませんね。
不完全にせよ自然現象と気温には相関関係があるわけで、
それを観測したり仮説を立てて説明したりするのが科学です。

たとえば地球の公転運動の変化によって氷河期と間氷期が来ることは地球科学の常識ではないですか?
あなたはこういうことも否定して、「全く」分かっていないというのですか?

220 :同定不能さん:04/07/06 11:40
ちょっと気になったのだが、二酸化炭素の経年変化のグラフはよく目にするけど、月単位のグラフはあまり見かけないね。
大気中の二酸化炭素量が人間活動か自然によるものかを考えると、
人間の影響の方が大きければ、森の吸収量の多い夏場に二酸化炭素量が低くなって、逆に冬は高くなり、
自然の影響の方が大きければ、海が温まって二酸化炭素が出ていく夏場が高くて、逆に冬場は低いと思うのだが。
実のところはどうなのだろうか?

221 :同定不能さん:04/07/06 13:08
>>220 こんなのとか
http://www.imasy.or.jp/~mistral/thesis/node2.html
データそのものは結構落ちてるよ。
長々と読むのが大丈夫なら↓でデータの自動プロットもあるし
http://gaw.kishou.go.jp/wdcgg_j.html

因みに海にも植物プランクトンがいるので夏場はCO2濃度は下がる。
(寧ろCO2に関しては海洋植物の方が支配的)

222 :同定不能さん:04/07/06 23:06
>219
>たとえば地球の公転運動の変化によって氷河期と間氷期が来ることは地球科学の常識ではないですか?
あなたはこういうことも否定して、「全く」分かっていないというのですか?

そんなもん何時否定されるか分からんよ。
かつての地向斜のように。

223 :178:04/07/07 00:37
>>220

>人間の影響の方が大きければ、森の吸収量の多い夏場に二酸化炭素量が低くなって、逆に冬は高くなり、

「森の吸収量の多い(北半球の)夏場に二酸化炭素量が低くなって、逆に冬は高くなり」のところはそのとおり(>>221)。
しかしその前の「人間の影響の方が大きければ」の意味が分かりません。

ちなみにここ数十年で、季節ごとの二酸化炭素濃度の振幅のはばが大きくなってきています。
温帯や冷帯の森林が現在二酸化炭素のシンクになっているからです。
詳しく知りたければ言ってください。

>>221

季節ごとの二酸化炭素濃度の変化は主に陸上の光合成によります。
海の光合成は温度よりも栄養にリミットされていますし、
生物間の炭素循環が早いので季節ごとの二酸化炭素のソース/シンクの変化は陸上より小さいです。

>>222
そういうことを言い出したら科学は成り立ちませんね。


みなさんの書き込みを見るとつい反応してしまうんですが、
「温暖化懐疑論者の論文を教えてください」というのが僕の主旨なんです。
誰か教えてください。

224 :221:04/07/07 07:34
>>223 うっ、書き方がまずかった。スマソ
()の中は、>>220の「海が温まって二酸化炭素が出ていく夏場が高くて…」を受けて
「温度変化による海洋のCO2吸収量の変化は、飽和濃度よりも
植物プランクトンによる影響の方が大きい。」という意味で書きました。

海洋光合成の律速が栄養(+Fe)である事や、(深層を除く)海洋の炭素循環が陸上より
速い事も一応理解しているつもりです。

論文についてですが、(学者で)槌田さん以外にそんなこと正面切って主張している
人っていないのでは…

225 :178:04/07/07 14:44
>>224
ご丁寧にどうもです。

>(学者で)槌田さん以外にそんなこと正面切って主張している
人っていないのでは…

やっぱそうなんですかねえ。そしたら、いまだに根強い温暖化懐疑派の論拠は
どこにあるんでしょう?昔の説を恥ずかしげもなく掲げているのは
よく見受けますが、最新の論文にバックアップされてないのでしょうか?

ちなみに槌田さんについてはただの部外者のたわごととして受け止めています。
地球科学や気象学の学術誌に論文を出せるくらいの専門性のある人で
「温暖化はおこらない」って言ってる人はいないのでしょうか?

226 :同定不能さん:04/07/08 10:07
はじめてこの板に書き込みします、
この、空気がまとわりつくような暑さは何なんでしょうね?

227 :同定不能さん:04/07/08 11:20
夏だからでしょ

228 :同定不能さん:04/07/08 13:22
地球温暖化とエネルギー枯渇の問題は水面下でつながっているよね。
枯渇する前に現存エネルギー使って新エネルギー開発・・
残された時間は30年あるかないか・・・
温暖化の次は氷河期到来・・
さて、どうやって人類は生き延びるのか・・・
とりあえず、個々にやれることからはじめましょう。
参考↓(ちいさなことからこつこつと・・みたいなHP)
http://www.cwo.zaq.ne.jp/rupisu/

229 :同定不能さん:04/07/08 21:54
>>226
暑いねえ。
アメダスの画面とか見てると、本当にヒートアイランドがあるんだなあと思えてくる。

230 :kazu:04/07/13 17:15
対策は???

231 :同定不能さん:04/07/14 23:23
ない

232 :同定不能さん:04/07/15 02:29
極点に溜まってるフロンと二酸化炭素を地球外に吹っとばす。

石化燃料の使用禁止。

233 :同定不能さん:04/07/15 23:20
コロニーを落とす

234 :同定不能さん:04/07/23 00:30
水蒸気と温暖化の関係について、お勧めの論文ってありますか?


235 :178:04/07/30 06:20
>>234
とりあえずIPCCでもどうぞ。

236 :同定不能さん:04/07/31 00:59
IPCCはリファレンスだらけだし、長いので読みたくない。
もっとサイエンスやletterくらいの長さで、水蒸気と温暖化について何か相関関係やら気候変動やら
シミュレーション結果とか発表した人とかっている?

あとIPCCによく出てくる、地球の平均気温って何?
地表面?対流圏まで?成層圏まで?熱圏まで?
たぶん読む量が多すぎて観測方法の部分飛ばしてるっぽいと思うんだが、
昔、ある地点観測だと聞いたことがある。本当のところどうなんでしょう?


237 :178:04/07/31 02:24
>>236
最新の論文読んでも、たぶん初心者には理解できないと思う。
水蒸気のフィードバックなんて何十年も研究され続けてるから、
教科書的な入門編の知識が欲しいならIPCCから始めれ。

>IPCCはリファレンスだらけだし、

だからいいのでは?興味を持ったRefを調べてみれ。

>あとIPCCによく出てくる、地球の平均気温って何?

地表。

238 :同定不能さん:04/07/31 08:07
もう終わってるね

http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/004.htm
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/007.htm











239 :('A`):04/07/31 14:22
うんこ

240 :同定不能さん:04/07/31 18:07
温暖化を防ぐためみみっちー生活を続け、やっと温度上昇を抑えたと思った頃

氷河期が到来したら・・・どうしてくれるんだ?

バンバン二酸化炭素やメタンを放出し

地球を温暖化させなかった過去の人類を恨んで生きるのか?

241 :同定不能さん:04/08/02 17:56
わたくしめの大予想では、「氷河期は1日にして来ず。」です。
氷河期がきて、エアコンが売れなくなってから対策すりゃ充分です。温室効果でなんとかなるかは秘密ですけど。
そんとき、二酸化炭素やメタンをバンバンだせて、暖房もできるように資源を節約したことが感謝される可能性も一時的にはあります。

ということで、日本の貿易差益で中東から油が買えるうちは、東シナ海など日本近海の資源は隠しとこってことにしました。


242 :同定不能さん:04/08/02 21:02
アメリカ大陸にも(中東並の)大量の石油が眠ってるらしいね。

100年後アメリカは超大富豪国家になってるね。

243 :同定不能さん:04/08/04 21:02
仮にこのままのペースで気温が上昇を続けた場合、海水温が2度上昇するのにどのくらいかかるだろうか?
その時になるとメタンハイドレートからメタンが放出されるらしい。
そうなりゃ三畳期のように・・

244 :同定不能さん:04/08/05 19:48
すいませんが
氷河期スレでも聞いたのですが
カーボナタイトって何ですか?
その性質は・・・何と反応して何と融けあうの?

245 :同定不能さん:04/08/05 22:29
>>244
まずはググれ
俺は岩石は詳しくないから答えられないってのもあるが。

>>243
ただなあ、日射量は減っているから
このままいけば寒冷化すると思うんだけど。
それに、メタンやCO2の温室効果なんて本当にあるのか?

246 :同定不能さん:04/08/05 23:35
日射量減ってるの?
毎日晴れの日が続くのでそんな気はしないけど。
雲が多いと地表の熱も逃げにくいだろうし一概に言えないと思うよ。

247 :同定不能さん:04/08/06 00:08
>>246
ミランコビッチサイクルに関連した日射量だよ。
晴れとか曇りとかじゃなくてさ。

後、雲が増えれば太陽光が雲にさえぎられて、
宇宙へ放射される熱が増えるだろうから気温が下がる原因になりそうだけど。
どうだろうか?

248 :同定不能さん:04/08/06 00:48
全地球の雲量は常に一定らしいね。
太陽からの日射量が減れば、雲量も減りそうだけどね。

249 :同定不能さん:04/08/06 01:15
雲の量は一定なのか。
氷期みたいに乾燥した時期でもそうだったのかな?
雲の絶対量は気温によって変わるのかな?

うーん…分からない事だらけだ。

250 :同定不能さん:04/08/06 01:39
参考になるかどうか分かりませんが、金星は分厚い雲に覆われて
いるのに地表の温度は400〜500度で、これはより太陽に近い水星
の平均温度よりも高いのです。
こんなに気温が高くなるのは90気圧に及ぶCO2による温室効果が大
きな要因になっているそうです。by Wikipedia

251 :同定不能さん:04/08/06 02:22
雲が増えるとアルベドがでかくなるから地表面温度は下がるじゃないの?


252 :同定不能さん:04/08/06 03:31
雲が全球平均気温にあたえる影響は難しい。

一般に、高層まで達する雲は、
アルベド効果より毛布効果(放射冷却の阻害)が効き、
気温上昇のセンスに、
低層の雲は、アルベド効果が効いて、
気温下降のセンスにはたらくと言われている。

しかし、雲の効果は、
その雲のある場所の緯度、昼か夜かなどにも左右されるため
定量的な評価は難しいうえに微妙。

253 :同定不能さん:04/08/07 03:43
>>250
まず、大気のない水星は、比較対照にはなりえない。
比べたいのなら月だ。

金星の96%の濃度の二酸化炭素と、地球の0.03%の濃度の二酸化炭素を比べると、
その濃度の差は、実に3200倍。温室効果は濃度によって相乗的に増える(三乗に比例)から、
金星の二酸化炭素による温室効果は、地球と比べて、単純に計算しても約327億倍ある。
それが90気圧になる量あるんだから、その差はもっとすさまじい。
そしてそこに、地球の二倍の量の太陽エネルギーが注がれている。
むしろ、それでやっと450度程度かという感じがしないか?

それに、金星の温室効果は濃硫酸からなる分厚い雲のせいもある。

やはり、二酸化炭素は言われているほど、大した影響はない。

254 :同定不能さん:04/08/07 04:48
>>253
よくわからないので質問。

1)温室効果は濃度の3乗に比例するというのは、なぜですか?
 温室効果をどのような単位の物理量で計測するのかというところも、
 教えてください。
 ぐぐったのですが、よい説明がみあたらないのです。
 勉強してみたいので、教科書も教えてもらえると嬉しいです。

2)「やっと450度という感じ」というのは、
 主観的で科学的な根拠に基づかない、ただの感想ですよね。
 そういう感想や、まだ良く解明されていない金星大気の情報が、
 「二酸化炭素は言われているほど、大した影響はない」という
 結論の根拠ですか?
 もっとほかに具体的な推論や定量的な分析はないのでしょうか。

255 :同定不能さん:04/08/07 22:04
>>254
二酸化炭素は大した影響は無いの?
やっぱメタン?
メタンは何に融け合うの?

256 :同定不能さん:04/08/07 22:06
あ、ごめん、253だった。

257 :同定不能さん:04/08/07 22:09
>>254
放射についてどこまで勉強されているのか、まず君のレベルを教えなさい。
学部なのか院なのか、まったくの素人なのか。

英語が読めるなら、solomonの「middle atmosphre」を全部読んでから
出直し

258 :同定不能さん:04/08/07 22:44
>>254
温室効果は、赤外線が二酸化炭素分子にぶち当たる確率を計算ればよい。
これは二酸化炭素分子の大きさにもよるな。
核反応の臨界量の計算に似ているはず。
熱力学とか、統計力学、素粒子論の教科書を読まないといけないかな。
俺はそこまでは詳しくない。ゴメン
ここでは、実際の気体は三次元だから、縦・横・奥行きでだいたい三乗とした。
とにかく、濃度が高くなると飛躍的に温室効果が高まるのは確か。
濃度が2倍になると、8倍ぐらいになると思う。
ちゃんとした、実験結果が欲しいもんだね。
ただ、温度が高くなると、逃げていく赤外線の量もまた飛躍的に増える。
その平衡点が、450度なんだろうね。

二酸化炭素の温室効果を金星のデータから計算するという
無謀なことにトライしてみるのも面白いかも。
とにかく変数が多いからなぁ。

まあ、詳しく計算せんでも、二酸化炭素濃度が0.03%から0.06%に変わるくらいじゃ
0.0・・・(たくさんのゼロ)・・・1℃ぐらいの違いしか生じないことはわかる。

259 :同定不能さん:04/08/07 22:55
>>255
確か、分子の形が非対称的なものが温室効果ガスになるんだったっけ。
地球では、もちろん水蒸気が一番影響ある。
量が多いから。

話が変わるが、メタンはオゾン層回復という良い働きもあるんだよね。

260 :同定不能さん:04/08/07 23:23
だいたい、温室効果ガスっていっても、
日光が差し込んでる昼間は、逆に吸熱の方向に働いて、
寒冷化ガスになってるんだぜ。
温室効果を発揮するのは、夜だけ。
トータルしたら、そんな変わんないんじゃないの?
その辺、えらい科学者の方たちは計算に入れてるのか?
一般市民の意見として、そんないい加減な検証で、
環境税とかとらるようじゃ、たまったもんじゃない。
ただでさえ、石油の値段が高くなってるのに。
不況になって自殺者が数千人出ているこのご時世で、
海面があと百年で、数十センチ上がる?だからなに?
普段から満潮で1メートル上がってるよ?ふざけんなだよ。
アメリカやロシヤは、すでに二酸化炭素による温暖化を否定してるし、
日本人はやっぱり基地害だって馬鹿にされてるんじゃないのか?

261 :同定不能さん:04/08/08 00:10
>>260

浅見級のアフォキタ━━━(ノ゚∀゚)ノ ┫:。・:*:・゚'★,。・:*:♪・゚'☆━━━!!!!

262 :254:04/08/08 02:15
>>257
教科書の提示ありがとうございます。
放射については学部で習った10年位前の知識しか持ち合わせていません。

ところで、文献の指示があいまいなのですが、ご指摘の教科書は、
Brasseur, G., and S. Solomon, Aeronomy of the Middle Atmosphere, Reidel Pub., Co., Dordrecht, 1984.
でよろしいですか?

「温室効果は濃度の3乗に比例する」仕組みの解説をお願いしたのですから、
その解説がこの教科書のどの章に書いてあるかくらいは教えていただけませんか?
図書館でコピーしてこようと思うので。

>>258
赤外線の平均自由行程を考えるなら、単に濃度に比例するだけではないのですか?
古典力学的な思考ではだめなのかな?

それから、「温室効果が高まる」と言うときの「温室効果」とは物理量で言うと何をさして言っているのですか?
単位体積あたりの赤外線吸収率ですか?放射強制力ですか?どういう次元の量はなんでしょう?

「詳しく計算せんでも、二酸化炭素濃度が0.03%から0.06%に変わるくらいじゃ
 0.0・・・(たくさんのゼロ)・・・1℃ぐらいの違いしか生じないことはわかる。」
という計算ですが、どんな計算をするとそうなるのか、
計算の概要を教えていただけませんか?

http://www.airies.or.jp/wise/j/pdf/J92B0310.pdf
などを見てみると、専門の研究者は、二酸化炭素の温暖化に対する寄与を研究するとき、
二酸化炭素以外の温室効果ガスについても考慮し、
分子ごとの吸収率の波長依存性や、大気の放射対流平衡過程も計算して
結果をだしているようなのですが、あなたの概算というのは、どの程度のものなのでしょう?

263 :同定不能さん:04/08/08 08:24
>>262
それであってるよ。

>「温室効果は濃度の3乗に比例する」仕組みを言ったの
これ言ったの俺じゃない。でも何を参照したものなのか興味あるな。

大気の放射吸収は超基本だから、基本的な本を挙げてみただけ。
力学だとHoltonが有名だよな。

>>259
その水蒸気なんだけど、観測では成層圏で年々増え続けてる。
その成層圏で冷却効果があるといわれてる。

たしかにオゾンは対流圏で増えてる。
でも、それが増えたものなのか、成層圏から沈降してきたものなのか未解決じゃなかったけ。

264 :257=263=264:04/08/08 08:46
>>262
ややこしいのでレス番つけました。

たぶん放射強制力のことでしょ。
http://www.grida.no/climate/ipcc_tar/wg1/fig6-6.htm

これもしばらく見ないうちに、ダストが加わってますね。

やっぱり興味があるのは、対流圏オゾンの増加かな。
加熱に効きます。まったく厄介な分子だ。



265 :254=262:04/08/08 10:20
>>263=264
ありがとうございます。私は力学屋に近い立場なので、
放射のほうはあまり勉強してませんでした。こんど目を通してみます。

>>「温室効果は濃度の3乗に比例する」仕組みを言ったの
>これ言ったの俺じゃない。でも何を参照したものなのか興味あるな。

そうなんですよ。3乗って、よくわかりません。私は。
あまりに断定的に書いてあるし、なにか典拠があるのかと思ったんです。
先に示した http://www.airies.or.jp/wise/j/pdf/J92B0310.pdf
によれば、CO2を2倍にすると、放射強制力は4.4522倍らしいので
>>258の「温室効果」は放射強制力を意味しているわけではなさそうなんですよね。
何を意味しているのだか、よくわからないのです。

対流圏オゾンに関しては、大気化学の教科書、
D.J.Jacob, Introduction to Atmospheric Chemistry, Princeton Univ. Press, 1999
に記述がありました。要約すれば、

1970年代初期には対流圏中のO3は成層圏からの輸送によるものと考えられていた。
しかし、成層圏からの供給量は10^13moles/yrと見積もられており、
これは対流圏のO3濃度を維持するのに全く不十分である。
対流圏のO3量は、対流圏内の光化学生成と消失によって大きく支配されており、
これにくらべれば成層圏からの輸送と乾性沈着の寄与は小さい。

ということだそうです。
同書の表11-4によれば、対流圏でのO3 source の内訳は次のとおりです。
 光化学的生成     3000〜4600 Tg O3/yr
 成層圏からの輸送   400〜1100 Tg O3/yr
近年の対流圏オゾンの増加も、その生成源となるNOxの増加などに
原因を求めているようです。

266 :同定不能さん:04/08/09 04:11
>>265
同じタイトルの本を読んだことがあるなと思ったら、著者が
P.V.Hobbs
でした。

D.J.Jacob
今度探して読んでみます。ありがとう。


267 :同定不能さん:04/08/09 09:00
>>266
一昨年、邦訳版がでてるよー
ISBN 4-13-062709-0

268 :同定不能さん:04/08/09 10:53
うわ、P.V.Hobbs。2000年にケンブリッジからか。
息が長いうえにたくさん本書くなーこの人。

269 :178:04/08/10 03:26
久しぶりに来てみたら盛況ですね。

>温室効果は濃度によって相乗的に増える(三乗に比例)

というのは全く間違いですね。Log2に比例します。つまり、温室効果ガスの
濃度が増えていくと単位濃度あたりの温室効果は減っていきます。
次第に飽和に向かうということですね。
これが、二酸化炭素1ppm増えるよりもCFCなど
もともと存在しなかったガスが1ppm増えるほうが温室効果が
大きい理由の一つでもあります(理由のすべてではありませんが)。

270 :178:04/08/10 03:29
訂正します。
温度の上昇は温室効果ガスの濃度のLog2に比例します。
失礼しました。

271 :同定不能さん:04/08/11 02:12
おお、log2に比例するんですか。
その解説をお願いできませんか?
それか、解説の載ってるウェブサイトか本か論文か、
そういうのの紹介をお願いします。

272 :178:04/08/11 11:12
>>271
どこに元ネタがあるのか知りませんが、
僕はKumpのEarth Scienceの教科書で読みました。
物理学的にちゃんとした計算をした結果の温度上昇は、
二酸化炭素濃度をLog2でTransformしたものにすごく近いらしいです。
ちなみに物理学的にちゃんとした計算っていうのはGCMを使わないと
出来ないので、ここで僕が説明できるものではありません。

273 :271:04/08/11 14:46
教科書の提示ありがとうございます。

Lee R. Kump, James F. Kasting, and Robert G. Crane,
The Earth system, 2nd edition. Prentice Hall, 2004

初版は1999ですか。
Snow Ball Earth を提唱する重鎮たちの書いた教科書みたいですね。
L.R.Kump自身は、古気候のGCMシミュレーションが本業の人なのかな?
Kastingは地質の人ですけど、Craneも気候シミュレートする人なので、
記述に信頼はおけそうです。

ただ、教科書なら、log2に近いとする記述の
出典が示されているはずだと思うんですけど、それは無いのかな。
GCMを使うというのは、パラメーターが多すぎるぶん、ある意味危険なので、
そういう基礎的な解析のときは、
http://www.airies.or.jp/wise/j/pdf/J92B0310.pdf のような
鉛直1次元の理想化モデルを使うんだと思ってたのですが…。
アメリカの研究者のやることは予想がつかないからなー。
ほんとにGCMでやったのかもしれん。
まあ、どちらにしろ、これ以上は自分でちゃんと調べないとならなさそうですね。

出典提示ありがとうございました。

274 :同定不能さん:04/08/12 14:12
>実際の気体は三次元だから、縦・横・奥行きでだいたい三乗とした。
ネタっぽい……

275 :ラッピン!!:04/08/12 18:20
地球温暖化防止のために、電気自動車世界一の都市TOKYOを目指す
不思議なクルマを発見しました。
ラッピン!!という、企業の「走る環境報告書」だそうです。
効果は疑問ですが、良いことには違いありません。
とにかく、クルマは不思議で可愛いですよ。
http://www.wrappin.jp で見れます。

276 :同定不能さん:04/08/15 22:40
TVKの地球温暖化防止のCMビビった

277 :同定不能さん:04/08/16 20:55
発展途上国にもCO2削減の規制をかけると どんなデメリットがでるんでしょうか?

278 :同定不能さん:04/08/16 23:57
>>276
あれはもう洗脳だよな。
あんなCMに誰かが莫大な資金を投じているとは・・・気味が悪い。
どうせ、2chにも工作員がはびこってるんだろ。

279 :同定不能さん:04/08/20 00:59
二酸化炭素排出って環境破壊じゃないと思うんだけど?

だって、元々昔の生物が変化した石油や石炭を燃やして出る
二酸化炭素でしょ。地球全体じゃ総量変わってないじゃん。
むしろ本来の地球環境に近づいているんじゃない。

280 :同定不能さん:04/08/20 15:02
>>279
本来の地球環境ってのは、生命がなかった場合の地球環境なのか

281 :同定不能さん:04/08/20 18:36
そんなもん人間のエゴにきまってるでしょうに
理解してくれないアナタが素敵

海水準が上がろうが気温が数度程度上がろうが、地球は困らん

282 :同定不能さん:04/08/20 23:41
そうそう地球環境っていうから誤解しやすいけど、
人間環境っていったほうがいいのかもね


283 :同定不能さん:04/08/21 14:21
てか正直そろそろヤバイよね、
キリバス沈んじゃう

284 :同定不能さん:04/08/22 07:04
8月22日の朝日の社説。
「打ち水効果」ね。
誰が誰に自説を吹聴してるのかね。
鉄は熱いほど失うエネルギーも多いけど。
あわてて水をかける話しかね。
エネルギー保存則を高校では教えていない?
乾湿温度計も教わらない?
高校野球返上したら?
朝日が教義した罪は深い。

285 :同定不能さん:04/08/22 07:52
>>284
朝日読まんから知らん
何が書いてあるの?

286 :同定不能さん:04/08/22 11:19
http://www.asahi.com/paper/editorial.html
朝日のHPから社説で8月22日版を見てくれ。直接のリンクの貼り方は知らん。
漏れは284じゃないが、環境省も競技してたと思うが。


287 :同定不能さん:04/08/22 22:47
打ち水の効果も風が吹けば潜熱をどっかに運んでくれるから地熱は下がるんじゃない?


288 :同定不能さん:04/08/23 00:05
環境破壊の元凶。神奈川県庁の実態について。
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0407/040716-2.html
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0312/031204-4.html



289 :同定不能さん:04/08/24 13:26
CO2 排出
大企業が大半占める
気候ネット調査 200事業所で47%
---------------------------------------------------------------------
気候ネットワーク(代表=浅岡美恵弁護士)が、全国大企業の
事業所(工場)ごとの二酸化炭素(CO2)排出実態を調べた結果、
情報開示に応じた大規模な百事業所で日本全体の排出量の
四分の一以上を占めていることが21日、わかりました。
同ネットワークは「地球温暖化対策として、100〜200程度の
大規模事業所への対策がきわめて重要で、そこに重点が置かれる
必要がある」と指摘。東京・渋谷区で同日開かれた
「これからの地球温暖化対策」シンポジウムで政府の温暖化対策を
見直す実効ある国内対策を提案しました。
気候ネットワークによると、情報公開法を通じてデータ開示した
3317事業所の二酸化炭素排出量は4億600万トンで、
2000年度の日本の総排出量の三分の一を占めていました。
このうち上位100事業所で26%を占め、
排出源はごく一部企業にかたよっていることが裏付けられました。
高炉をもつ製鉄業、石油精製業、セメント製造業の百事業所が
エネルギー消費量のデータを非開示にしたため、この100事業所の
排出量を経済産業省の石油消費構造統計で推定した結果、
日本全体の21%を排出していることがわかりました。開示した
上位100事業所と合わせて二百事業所だけで日本全体の排出量の
47%を占める実態が浮かびあがりました。
産業界や政府が節約をよびかける家庭部門は、日本全体の13%でした。
報告した平田仁子・気候ネットワーク運営委員は、
「政府の地球温暖化対策推進大綱に問題点がある」と批判しました。

290 :同定不能さん:04/08/24 20:03
CO2 排出
家庭における増加が大半占める
>>290 調査 1990年比増加量の50%が家庭と自家用車 
---------------------------------------------------------------------
290が、2002年度の二酸化炭素排出実態結果を精査した結果、
1990年比の二酸化炭素排出量増加は1.25億トンでした。
家庭部門の増加は0.37億トン、運輸部門のうち自家用車の増加は
0.26億トンと合わせて50%であることが24日、わかりました。
290は、「地球温暖化対策として、製造業の工場を海外移転するだけではなく、
自宅でネットばかりしている290に職を与えることが重要」と提案しました。
気候ネットワークによる200事業所の排出量は、製鉄業における排出量が高炉ガス
と石炭で二重カウントなど整合がとられていないかもしれないような気がされています。
政府の公表している2002年度の排出量は、産業部門35%であり、家庭部門が
15%、運輸部門の自家用車が13%となっていました。
200事業所排出量には運輸部門の貨物や業務その他部門の一部も計上されている可能性が
あるかもしれませんが、それにしても高い数値となっています。
気候ネットワークが対策を重要とする大規模事業所の多くは、ドイツなどと比較しても
省エネが進んでおり、増税などによる省エネ圧力が高まると、国際競争上、
京都議定書を批准していない海外への工場移転を検討する状況でした。
報告した290は、
「気候ネットワークの排出量算定に問題点がある かな?」としました。

291 :同定不能さん:04/08/26 05:16
そりゃ欧州は涼しいからな~
日本とか冷房ないと無理だろ。


292 :同定不能さん:04/08/26 08:41
温暖化がある程度まで進むと

こんどは地球全体が寒くなってくるって知ってた ?


293 :同定不能さん:04/08/26 08:42
東京湾が凍結し、歩いて渉れるようになります。


294 :同定不能さん:04/08/27 07:56
よく、温暖化否定派が使う例として出てくる
最近の火山噴火(二酸化炭素噴出)と気温の変化の無関係なんだけど
火山噴火による二酸化炭素の噴出量のデータってあるんですかね?
噴火の場合は二酸化炭素による温暖化作用とエアロゾルの日傘効果とを
比べなきゃいけないような気がするけど。

295 :同定不能さん:04/08/27 17:13
温暖加速度は100年で3度くらいの上昇
寒冷化に転じると、10年で5〜15度の低下(注意:氷河期とは別物)

296 :同定不能さん:04/08/27 19:27
みんなゴメン
俺、MDIExplorer (ttp://cres.s28.xrea.com/)に乗り換えるわ

297 :同定不能さん:04/09/10 19:59:56
今年の猛暑は偏西風の蛇行によってチベット高気圧が日本上空まで
張り出してきたためだってTVでやってた。


298 :同定不能さん:04/09/10 23:13:13
結局、2000年ほどの歳月をかけて地球上を回り
アイスランド付近で海底に沈みこむという
流れが弱まると寒冷化するというのはただのデマか?

299 :同定不能さん:04/09/12 08:45:05
グリーンランドの氷が溶けて海水の比重が軽くなって
沈み込まなくなるから大環流が止まる。という説だっけ。

地球が自転している以上コリオリフォースが働くので
比重が軽いだけでは潮流は止まらないと思うが、、。
この場合、
グリーンランド沖からは寒流になってイギリス〜スペイン〜アフリカ沖を通る。
大西洋の北半球に時計回りの潮の流れが出来上がるかもね。


300 :同定不能さん:04/09/14 02:28:12
>>299
表層の海流は止まらないが、何千年も掛けて一周する深層の海流が弱まるって話じゃなかったっけ?




301 :同定不能さん:04/09/16 22:00:40
二酸化炭素が増えると酸素や窒素より重いので
下に下がってきて息ができなくなると聞いたのですが
どうなんでしょう

302 :同定不能さん:04/09/17 01:04:49
2050年の日本、真夏日100日

 温暖化の影響で、50年後の日本では、最高気温が30度以上の真夏日が
1年のうち100日を超えるとの予測を16日、
国立環境研究所と東京大学気候システム研究センターなどがまとめた。

 記録的な猛暑となった今夏の暑さでも「冷夏」に感じるほど温暖化が進み、
日本は、現在よりもはるかに高温多湿の東南アジア的な気候になるという。

 スーパーコンピューター「地球シミュレータ」を初めて駆使することで、
従来よりも大幅にきめ細かく、100キロ・メートル四方ごとの大気の状態と、
20キロ・メートル四方ごとの海水温、海流の変化を分析した。
沖縄を除く日本国内で真夏日が観測される日数は、20世紀中は50日程度だったが、
2050年ごろには100日を上回るようになり、今世紀末には140日前後まで
増加すると予測した。
(読売新聞) - 9月16日23時32分更新

303 :同定不能さん:04/09/17 01:12:44
>301
そんなこと言ったら既に窒息してる。
大気の厚さ10kとして0.02%が下に淀むとすれば、
地上200mはCO2ってことになるだろ。
地上の成分比で0.02−3%なんだからありえない。

304 :同定不能さん:04/09/17 06:49:31
>303
そうですよね
ありがとうございました

305 :同定不能さん:04/09/17 23:40:10
>302
東京はそうなると人は今まで以上に外に出ないで活動できる構造が求められる。

例えば、地下鉄駅と繋がった歩道は地下を縦横にめぐり各ビルの地下玄関から出入りするようになる。
地下歩道のあり方を革新。新規ビル建て替えでの地下には
隣接敷地との自由な行き来が可能でなければならない。歩道の機能を義務化する。
建て替えのかなりの期間を経て膨大な地下歩道網が出来上がる。
採光は大部分天井有機EL照明になる。
実際の地上は厨房のような暑さになり、
コージェネが発達して人間活動の廃熱で河川は45°のお湯(温泉?)になる。
東京湾のアサリは全滅。どのみち生態系は変わらざるを得ないだろうな。


306 :同定不能さん:04/09/18 21:35:26
今のところ好きな環境の本↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4535048215/qid=1095510821/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-6692115-4796247
参考になるよ。

307 :同定不能さん:04/09/19 10:43:24
>300
正解。
既にここ数年の沈みこみは弱まってる。

>298
深層海流が弱まって地球が氷河期に突入したことがあったから<5万年くらい前だっけ?
このまま弱まれば「また氷河期になるのでは?」といわれてるけど
実際に寒くなるのか、はたまた暑くなるのかは分からないのが真実。

308 : ◆Z62ETnTQww :04/09/19 15:35:22
わい

309 :同定不能さん:04/09/20 00:16:38
俺にはまったく知識がないのだが・・・
地球に今あるエネルギーっつうのはほぼすべてが太陽のエネルギーなわけでしょ?
石油とかは昔太陽が地球に与えたエネルギー?
そういうのを今使ったら必然的に地球の温度は上がるんじゃない?
と素人は思うのですが・・・

310 :同定不能さん:04/09/20 12:05:57
太陽からもらうエネルギーと地球から逃げていくエネルギーが均衡しているところに、
化学反応の熱が大幅に加わったので温暖化する。
温暖化で氷が溶ければ太陽の輻射熱が反射せずさらに温暖化する。
逆に、
南極・グリーンランドの氷面積が増えれば輻射が反射して地球は冷える=氷河期。
たぶん太陽活動の減衰期が氷河期なんじゃないかと思う。

人間が地球を強制的に冷やすには、サハラ砂漠をアルミ箔で被うとかかな。

地球から火星にレーザーを放射すると火星に熱が移動するだろうか・・・。
すると暖まって火星に住めるようになる(w


311 :同定不能さん:04/09/20 13:38:24
>>309
化石燃料をただ燃やして熱に変えても、
輻射熱として宇宙に帰っていくだけなので地球温暖化にならない。
燃やした周りは暖かくなるだろうが。
輻射熱を地球に蓄える温室効果ガス=CO2の増加が問題になってる。

312 :同定不能さん:04/09/21 14:21:53
熱帯雨林はCO2の固定化にはほとんど役に立っていない。
らしいですが、本当ですか?


313 :同定不能さん:04/09/21 20:30:46
>>312
熱帯雨林は長期的に炭素を固定していないから、表土が薄いよ。
木が成長するときは、CO2を固定してるけど、成長したのと同じだけ腐って、
CO2を排出してるので、プラスマイナス0だよ。

つーか、熱帯雨林は開発によって、CO2を排出する方が多くなっているはず。


314 :同定不能さん:04/09/23 12:02:39
破産よりつらい
2008年ごろに太陽が爆発、地球は消滅 その前に人間、動植物は全滅!!!
−ESAのオランダ人天文物理学者が発表
Izvestia,ru Nov.5-13 2003
ДО ВЗРЫВА СОЛНЦА ОСТАЛОСЬ ШЕСТЬ ЛЕТ

03年11月5-13日の10日間近く、ロシア政府機関紙「イズベスチャ」電子版は
重大情報を報道した。1年前に欧州宇宙機構(ESA)のエキスパートでオランダ人
天文物理学者ピルス・ヴァン・デル・メーエル博士が発表した当時の情報によれば、
「最近数年間に太陽内部の温度は華氏で2700万度から4900万度へ上昇した
[約81%の上昇]。最近11年間のその温度上昇過程は、1604年の超新星の爆発が
示したような、超新星の爆発前に起こる変化と大変似ている。
これを証明しているのは、米国NASAのSOHO[太陽観測衛星]による太陽の巨大な
フレアの写真である。太陽の内部温度がこれまでと同じテンポで上昇すれば、この過程
は間もなく不可逆的になって、太陽は約6年後に爆発する」。
まともな政治家はP.Meer氏に続いて真相究明のため努力して、社会に、世界に警告
する義務がある。
欧州宇宙機構(ESA)の天文物理学者P.Meer氏のこの発表記事は、1年前にロシアのWeb
 Site ”Grani.ru”(Грани.ру) が発表> していたが、ロシア政府機関紙 
”Izvestia”の編集当局が1年間その記事を転載することを握り潰していたことが、
このほど明るみに出た。
ロシアでは多数のメディアのWeb siteが互いに目立ったニュース、センセーショナルな
記事を転載し合うことが慣例になっている。だがあの記事の握り潰しは、政府機関紙と
して発表すると、余りにもことが重大でパニックの発生など影響する結果が測り難いと
いう、よくある理由からだったと考えられる。現に日米ではいまだにマスメディアの編集
当局が握り潰している。
元の記事はここ
http://www.atheism.ru/science/science.phtml?id=661





315 :同定不能さん:04/09/24 19:50:14
めっきり涼しくなりました
秋ですなぁー

316 :同定不能さん:04/09/24 23:59:26
最近、世界的に異変が多すぎる。何もなければいいんだけど。

317 :同定不能さん:04/09/25 00:45:28
産業革命で増えたCO2の量なんてしれてるぜ。
正確な数字は忘れたし、今さら調べるのもだるいけど、
空気中の濃度考えたら、たいした量じゃない。(2%位?)
誰か調べて。
>>312
>>313
熱帯雨林がどうとか言うより、CO2の平衡は海があるから計算しづらい。
個人的には、火山が結構効いてると思う。
人が増やした量なんかより、アレは結構無視できないと思うよ。

318 :同定不能さん:04/09/26 15:38:28
ここ数年の加速度的増加の理由はなにが原因でしょうか?

319 :おにりん:04/09/26 15:55:24
CO2の問題はたいしたことじゃあないらしい。
温暖化ガスとして一番重要なのは、なんと「水蒸気」
水蒸気が増えると、一気に温暖化が加速する。
で、水蒸気は水だから、海からどんだけ蒸発するか、
が問題。で、それは、気温による飽和水蒸気圧できまる
ので、他の影響で多少の温暖化が進むと、飽和水蒸気圧
が上昇し、多少の上昇で、とてつもない温暖化が進むと。
で、海流が変わって、氷河期に突入なんだそうな。

320 :同定不能さん:04/09/27 18:19:44
人為的なものだと限定すれば、
中国の爆発的なモータリゼーション化とか、
イラン戦争で使った膨大な爆弾の化学反応とかかな。
でも、317さんの言うように火山の爆発一発より全然小さい問題な気がする。

321 :同定不能さん:04/09/27 19:50:01
蒸しあちい。
台風は向かってくるは・・・・

322 :178:04/09/28 10:48:23
久しぶりに来てみました。

いまだに正当な科学的根拠を持って「温暖化はおこらない」と
主張する人や論文に出会えていません。
「温暖化はおこらない」と主張する人のホームページも拝見しましたが、
基礎的なところで破綻しているので議論になっていませんでした。
やっぱり「温暖化はおこらない」といまだに言ってる人たちは
単に無知なだけなのでしょうか?

323 :同定不能さん:04/09/28 20:46:19
>322
二酸化炭素自体は、むちゃくちゃなスピードで増えています。
だから、その効果がなんらかの形で出てくることは間違いない
のです。また、最近数千年は非常に気候が安定していた時期な
のですが、これもかなりきわどいバランスの上にある可能性が
高く、したがって、二酸化炭素の急激な上昇は、そのバランス
を変える可能性が高いです。
で、氷河時代になると。

324 :同定不能さん:04/09/28 23:28:43
毎年1億人増加している人間が影響ありそう。


325 :同定不能さん:04/09/29 00:52:29
>>324
いつだったか、今世紀中に、全人類の体重の合計が、地球の質量
と一致するらしいが、だとしたら、地球の芯から人間ピラミッドか?

326 :178:04/09/29 08:14:14
>>323
で、何が言いたいのでしょう?

327 :同定不能さん:04/09/30 08:59:24
台風の数を減らし、なおかつ中国の砂漠化が進行する方法ってないもんかな?

328 :同定不能さん:04/09/30 20:10:43
はじまったよ。

NHK 9月30日(木) 19:30 クローズアップ現代

原油高騰 
何が起きているか
http://www.nhk.or.jp/gendai/


329 :同定不能さん:04/10/01 21:54:20
それで氷河期は何故起こったのでしょう?

330 :同定不能さん:04/10/01 22:22:05
>>329
氷河時代もいっぱいあるんだから、それぞれが違う理由で起こる。
仮説1 植物が光合成がんばりすぎで、二酸化炭素が減って、温暖化
    ガスが減ったため、氷河時代になったこともある。
仮説2 地球の公転軌道などの複雑なからみで、太陽光線の地球への
    当たり方、強さが変わる。
仮説3 太陽は実は、変光星で、ときどき明るさや大きさが変わるので
    それで、氷河時代になった。
仮説4 気候はそもそも安定などしてなくて、カオス的だ。
    大気の循環、海洋循環などとのからみで、カオス的に寒冷化
    することがある。

などなどで、いろいろな考え方があり、これらが複合しておこった
のだろう。いや、これから起こる。

331 :同定不能さん:04/10/02 00:42:46
氷河期と氷河時代が違う用語なのを知らない330さらしsage

332 :同定不能さん:04/10/03 23:28:11
327
台風操作は危険だ。
http://www.freebbs.biz/yy2ch/yy2ch.cgi?id=reikou#2
http://jbbs.livedoor.jp/study/5165/
このあたりの投稿を読むといい。

333 :同定不能さん:04/10/04 11:10:54
あと100年して自分が生まれ変わってたら生きていけるだろうか?

334 :同定不能さん:04/10/04 19:32:52
政治板にも同じ話題。
ttp://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1082243022/l50

335 :178:04/10/04 23:06:21
330はかなりいけてると思うけど。
問題は、各ファクターの相対的貢献度を出すことですね。

336 :同定不能さん:04/10/06 13:31:53
隕石落下や火山噴火で微少粒子が大気に広がって日射減少で
寒冷化ってのもあるよね。他にファクターも、よろしくれす。


337 :同定不能さん:04/10/06 20:21:03
>>328
原油高騰が株価にどのような影響を及ぼすかが、
これからの地球科学のメインテーマになるだろうね。

338 :同定不能さん:04/10/07 09:17:53
>337
やっぱオール電化だね。

339 :同定不能さん:04/10/09 08:17:45
きつねうどん

340 :同定不能さん:04/10/11 00:30:11
アルカリイオンは何と溶け合う・・・っていうか
反応して別のモノになるの?

341 :同定不能さん:04/10/12 15:16:34
世界中の氷が溶けたらどおなるの?

342 :同定不能さん:04/10/12 15:33:49
>>341
まず当然ながら水かさが何メートルだか増し地域によっては水没、
で、真水と塩水とのバランスが狂い海流が変わる。
その影響で地球寒冷化。
つまり氷河期が来るらすぃ。というような事をよく見かける。
その手の専門家じゃないから受け売りだけどね。
映画のデイ・アフター・トゥモロー見ると分かりやすいかも。
まぁ、、内容はイマイチだけどCGは良いよ。

343 :同定不能さん:04/10/12 16:00:50
>>341
海面が上昇するのは確かで、
その後どう気候や地形が変化するのかは色んな説がある。

とりあえず、想像もつかんって事はたしか。

344 :同定不能さん:04/10/12 17:50:40
>>341
ある試算では、
南極とグリーンランドの氷が全て溶けたら海面が70m上昇するとか。
日本の場合、残る大きな都市は京都だけになる。
関東では宇都宮が港町になる。

345 :同定不能さん:04/10/12 20:16:15
俺達が仮に生まれ変わってもあと二回ぐらいしか人生やり直せないな!”!

346 :同定不能さん:04/10/12 20:57:33
南極大陸って住めるようになる?
砂漠に雨降る?

347 :同定不能さん:04/10/12 23:50:41
>>344
さすが宇都宮だな!

348 :同定不能さん:04/10/13 07:12:33
氷河の下にある土地って氷が無くなれば隆起してくるんでしょ?
旧ソビエト連邦の方が住みやすくなるのかな?


349 :コピペ推奨:04/10/13 09:35:58
兵器、麻薬の密輸および在日朝鮮人の北への送金停止をブッシュJr政権が検討しているとの
今年2/17付のNYタイムズ(オンライン版)での報道では、
'to cut off remittances to North Korea from Korean-owned gambling parlors in Japan'
と、「在日朝鮮人経営のパチンコ店からの送金停止」と明確にパチ屋をターゲットにしていることが伝えられた。

http://news17.2ch.net/test/read.cgi/news2/1060864392/l50


350 :同定不能さん:04/10/13 19:38:28
>>348
旧ソビエトって氷河というよりツンドラドラドラドラスティックって感じだし〜
隆起っつても一気に隆起なんてしないっしーーー


351 :同定不能さん:04/10/14 03:15:38
永久凍土が完全に溶けるのに時間かかるからシベリアは泥沼で住めなくなるよ

352 :同定不能さん:04/10/14 20:40:44
カムチャツカの北東のベーリング海の辺りって何があるの?

353 :同定不能さん:04/10/15 01:00:11
未知の生物


354 :同定不能さん:04/10/15 19:07:04
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0410/15/news034.html

355 :同定不能さん:04/10/16 18:08:37
見てた人もいると思うけど、NHKスペシャル「地球大進化」とその関連本で、
過去の気候変動の事を色々説明してる。番組だけを見てもいいけど、関連本はもっと詳しい。
その番組で扱った気候変動と言えば、6億年前の全球凍結(スノーボール・アース)
仮説とか、2億5000万年前、P/T境界の大量絶滅を引き起こした温暖化、
5500万年前の温暖化、3300万年前の寒冷化などが出てきた。
ちなみに番組内の説明では、6億年前の全球凍結はまだ理由不明(仮説として、
メタン菌が出すメタンの減少を紹介)、2億5000万年前ではシベリアの大噴火による
二酸化炭素放出が引き起こしたメタンハイドレート層崩壊とメタンの大量放出、
5500万年前は大陸分裂で上昇してきたマグマによるメタンハイドレート層の崩壊と
メタン大量放出、3300万年前は南極大陸の孤立による周極流の成立を理由に挙げてた。

356 :同定不能さん:04/10/22 07:45:47
南極の氷とかはどうなってるんだ。

357 :同定不能さん:04/10/24 17:50:44
http://www.asahi-net.or.jp/~xa8m-adc/asahi2002.08.09.6sjis.html

地球温暖化による海面上昇で「水没」の危機にある南太平洋の島国ツバル
が、温暖化に関係する大企業を訴える準備を進めている。隣国キリバスや
インド洋のモルティブと共同で提訴し、損害賠償と対策を求める予定だ。

ツバルのコロア・タラケ首相に、訴訟への決意などを聞いた。

「ツバル国民は、いずれヤシの木の上で生活するしかない。島は沈み、地球
初の環礁難民が出る。そうなる前にと、オーストラリアとニュージーランド
政府に移住を申し入れたが、オーストラリアは拒否した。ニュージーランド
は労働移民として年75人を受け入れるが、くじで当たった幸運な者以外は
島と沈む」

358 :同定不能さん:04/10/24 23:03:55
いっそメガフロートに移住して海の遊牧民になるとか。
無動力で帆に風を受けてヨットみたいに自由に移動できる国になる。
海洋資源を採取し各国に寄港して販売収入を得ることで国家財政を賄う。


359 :同定不能さん:04/10/24 23:03:56
深層海流が原因と考えるなら北大西洋に塩を大量投入して
様子を見るというのはどうだろう?

360 :同定不能さん:04/10/24 23:13:28
移動できるとものすごく便利で有利かも。
移動することで降雨量を調整できるから干ばつも長雨も嵐も無い。
農作物は毎年確実に豊作だ。魚だって釣れる場所に行けば良い。


361 :同定不能さん:04/10/26 23:07:25
CO2は、化石燃料だけでなく、石灰石からも大量に放出される
と思うのですが、石灰石は、さんご礁がながーい年月かけて
大気中のCO2をCaCO3に固定化したのに、セメント1トン作るのに
400kg程度CO2を放出しますよね!

日本の年間セメント製造量は9000万トン程度だから、
セメント作るだけで3600万トン、まぁ混合セメント分を
差し引くと3千万トンのCO2を排出していることになると
思うのですが、

京都議定書の日本のCO2の削減量は2億6千万トンだから
結構な量ですね!!!

なんで、マスコミ等で取り上げられないのかな?
現在世界のセメントの半分を中国が使っているからかなぁ???

362 :同定不能さん:04/10/28 21:14:37
CO2より水蒸気とN2Oが問題だべな

363 :同定不能さん:04/10/28 21:15:31
米国国防省、温暖化で国際紛争多発の可能性高いと報告(とくに中国・欧州)http://www.ecology.or.jp/w-topics/wtp11-0403.html 

・・・・報告書は、各国の利害対立による欧州連合の崩壊や、食糧難をきっかけにした中国での内戦の可能性にも言及。これまでにないペースで地球の気温が上昇しており、
気温変化が一定のレベルを超えると大災害が多発することは「十分考えられる」と結論づけた。・・・・・・・

 温暖化はアメリカの陰謀か

364 :同定不能さん:04/10/28 22:49:05
温室ガス増加による地球温暖化は21世紀におけるもっとも重大な環境問題である。
CO2の300 倍の温室効果を持つ N2O の大気中濃度も急速に増加している。
海洋、農耕地、排水処理場などが N2O の主な発生源である。
排水処理場では窒素除去過程でN2O が発生し、その改善は緊急の課題である。
生研機構プロジェクトの成果としてこの研究室が開発した好気的脱窒システムを、
N2O 抑止型水処理技術に実用化するための共同研究を希望する。


365 :同定不能さん:04/10/30 19:03:00
広東など50年ぶりの干ばつ、368万人が水不足http://news.searchina.ne.jp/2004/1029/national_1029_004.shtml 

この一帯は、昨年の高温と少雨もあって、河やダムの貯水量が慢性的に不足していた・・・・・・・・・


366 :同定不能さん:04/10/30 19:42:30
ロシアの京都議定書批准を歓迎=中国http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041028-00000817-jij-bus_all 

なんと、人類史上最悪の環境破壊を続ける一方、外国の努力はちゃっかりと歓迎。http://www.jckc.com/nweek/view.php?no=15
このあつかましさにはあきれるばかりだ。だがそんな態度で、地球温暖化問題を乗り切れると思ったら大間違いだ。日欧露がいくらがんばっても、支那と米国ががんばらないとね。
それとも次は、米国に圧力をかけるのかな♪


367 :同定不能さん:04/10/30 20:49:23
中国は電気にかける税金が安いみたいで住宅では日本よりも使ってるらしいが、
金利上げるよりエネルギー税上げたらどうかと思う。
それと原発を何百基か作って石油石炭燃やすのやめなきゃね。
放射性廃棄物はゴビ砂漠に埋めればよいからいくら出ても困らないね。


368 :同定不能さん:04/10/31 00:39:42
地球温暖化:米国西部の干ばつ、さらに長期化?http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20041014307.html

米国内陸部の乾燥化が進むらしい。世界的な食糧危機が迫りつつあるのだろうか?

369 :同定不能さん:04/11/02 00:53:26
だからCO2なんて削減する意味がないんだってば。
N2O削減なら意味あるかもしれんが。

370 :同定不能さん:04/11/02 08:15:52
今迄が寒かったのであって, 周期的な気候変動で止められない, と思うんだけど.

371 :同定不能さん:04/11/03 14:15:17
2070年に北極の氷消滅http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041102-00000247-kyodo-soci

温室効果ガスの影響は予想以上?http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20041101305.html 

372 :同定不能さん:04/11/03 16:05:10
何の根拠もなく, 犯人は二酸化炭素に違いない, と言っているだけの記事だった.

373 :同定不能さん:04/11/05 09:12:00
槌田敦教授の説は、最近どう扱われてるの?

374 :コピペ推奨:04/11/06 13:09:10
「麻薬の問題に就いて」HPの「麻薬とブッシュ元大統領」の項とか、
http://freeweb.kakiko.com/syouhou/mayaku1.html

「利権屋ブッシュを慕うCIA」とか
http://village.infoweb.ne.jp/~fwgj5057/sub19.htm

「麻薬売買の闇の世界を解明する」
http://www01.netweb.ne.jp/~kimura/room/00007.html

上記以外にもたくさんあるよ。

「JFK暗殺当時のブッシュの消された記録」も面白い。
http://village.infoweb.ne.jp/~fwgj5057/sub18.htm


375 :同定不能さん:04/11/10 12:43:55
文明の利器が発するガスだけで層ができて温室効果で地球温暖化??

随分おめでたい話だな
太陽の熱があってこそ温度上昇が成り立つのに、太陽に関するネタは出ないのけ?

376 :同定不能さん:04/11/12 15:29:12
申し訳ないが、中国には今まで通りチャリンコに乗ってもらいたい。
俺は車にのってるが・・・
昭和30年代から現在まで、たかが40年弱でここまで環境が変わった
冬にはバケツに氷が張らなくなったし、夏には台風の嵐
馬鹿でもマズイ状態だとわかる。

377 :同定不能さん:04/12/07 03:13:43
ずいぶんさびれましたね。
>>375
おそレスで申し訳ないが、IPCCの公式ページより。
http://www.grida.no/climate/ipcc_tar/wg1/figspm-4.htm
図(a)のように、最近の気候は太陽活動の変化や火山活動などの
自然に由来するものだけでは説明がつかない。図(b)のように
人間活動だけでも説明できない。図(c)のように両方入れないといけない。

378 :同定不能さん:04/12/27 15:50:30
age

379 :同定不能さん:04/12/28 14:25:58

スマトラ沖地震も地球温暖化のせいだね(w



380 :同定不能さん:05/01/02 11:01:39
温暖化はCO2よりむしろフロンガスのほうが原因
ttp://science3.2ch.net/test/read.cgi/earth/1102580909/

381 :同定不能さん:05/01/11 01:36:47
温暖化の表現変えるべきではないか?

地球危機高温化の方がいいのでは?
熱帯雨林消滅説があるが、本当になくなったら、そら二酸化炭素など
増えるわな、

本来の地球に戻ったのかもしれないぞ、ここ1万年が異常気象なのだと
する科学者もいるからな。
平均気温15度が異常なのだろ、
きっと、ものすごい寒冷期がやってくるよ。
愛地球博いきますか?
すこしは、わかるかもよ

深層海流とか

382 :同定不能さん:05/01/11 22:09:52
今日も寒いね。

383 :同定不能さん:05/01/12 02:15:18
どんだけ寒いねん
さっさと温暖化しろや

384 :同定不能さん:05/01/12 23:27:33
酸素が減ってるんだとさ

385 :同定不能さん:05/01/12 23:52:37
まったくの素人です。素朴な疑問。
地球が温暖化すると海水の蒸発量が増えて、雨が多くなり、
例えばサハラ砂漠が緑地化するとかしそうな気がするのですが、
実際言われていることは逆ですよね。CO2による温暖化と海水の
蒸発量は関係がないのですか。

386 :同定不能さん:05/01/13 00:06:58
まったくの素人です。素朴な疑問。
地球が温暖化すると海水の蒸発量が増えて、雨が多くなり、
例えばサハラ砂漠が緑地化するとかしそうな気がするのですが、
実際言われていることは逆ですよね。CO2による温暖化と海水の
蒸発量は関係がないのですか。


387 :同定不能さん:05/01/13 00:09:46
>386 まちがってまた推してしまったらしい。
削除できるものならしてください。

388 :同定不能さん:05/01/13 00:13:23
その湿り気が何処で雨になり落ちるかだよ
雨の降るところはもっと降って降らないところはさらに降らないとか


389 :同定不能さん:05/01/13 00:34:17
>>388
簡単な話だが、気温が上がると、なぜ、海水の蒸発量が増えるのか、
といえば、それは、空気中の飽和水蒸気圧が増えるからだ。
ようするに、空気がためこめる水の量が増える。ってことは、
海水が蒸発したとしても、必ずしもそれがどこぞに落ちなければ
ならないことはない。
で、水蒸気は、なんといっても、CO2をしのぐ温室効果ガスなので、
よりいっそう空気は暖まる。ということで、ものすごいいきおいで
温暖化が進むわけだね。
あと、海水の温度が上がると、海水中にとけるCO2の飽和量もすくなく
なる。よって、海水からもとけていたCO2が出てくることになる。
これで、いっそう温暖化効果がすすむ。
温暖化は、いったんおこると、かなりの時間正のフィードバックが
かかり、どんどん加速する仕組みになっている。さらにいえば、
メタンハイドレートも、温暖化でどんどん出てくる。海水温が、
2度とか3度とかあがったら、大変なことだ。

390 :同定不能さん:05/01/21 02:19:07
地球は石油という形で二酸化炭素を封じ込めた。
人間はその石油が優れた燃料であることを知ったが
同時にそれまで長期間かけて溜め込んだ二酸化炭素を
一気に放出させることになってしまった。

また最初に戻るって事かな。


391 :おいdsfjd:05/02/02 14:25:15
みんな馬鹿


392 :同定不能さん:05/02/04 00:11:51
ttp://noyatetuwo.hp.infoseek.co.jp/politics/gw1.html
ここのデータでは「スベンスマーク効果」とか言うヤツで温暖化を説明してます。
概略として
宇宙線が減る

雲が減る

温暖化
って具合。
あと,同じような事を主張してるらしい
Anti Global Warming Petition Projectとかいうグループのサイト
ttp://www.sitewave.net/PPROJECT/pproject.htm
俺は英語読めないからよく分からないんで,読める人お願い。

地球科学とは別の切り口かもしれないけど,結構説得力あったんで,否定論とかあったら教えてください。

393 :同定不能さん:05/02/04 02:01:42
このスレは板違い
地球温暖化関連は【オカルト板】へ

394 :392:05/02/04 11:34:57
確かに,「スベンスマーク効果」でググるとUFOのサイトにたどり着いたりしますねw
お湯を捨てる前にごちソースを入れた気分ですw
>>393
205でも言ってますが,環境板はもう科学的討論の場ではないです。
逆にここでは地球科学的な話題があるようなので板違いでもないかと。
>地球科学とは別の切り口かもしれないけど,結構説得力あったんで,否定論とかあったら教えてください。
早速ですがこの発言は撤回します。
前者リンク先の図6では放射性炭素量の年代変化のグラフがあり,
ちょっと考えたら年代測定にも使われるので,地球科学の分野も入るかと思ったためです。
地球科学的にも放射性炭素量と宇宙線の因果関係はあるようですし。


395 :a:05/02/09 11:16:21
aa

396 :へたれ犬:05/02/11 04:03:11
一旦大漁の水を宇宙にもってって凍らせてから地球に戻すとかはどうふぁろうか?

397 :同定不能さん:05/02/27 09:09:19
世界中の人が同時にジャンプするだけで温暖化止まる!?
「World Jump Day」計画詳細
http://blog.livedoor.jp/stardom/archives/15142967.html

398 :同定不能さん:05/02/27 15:10:04
これ以上CO2増やしたって関係ないでしょ。もう既に飽和してるんだから。

399 :同定不能さん:05/03/03 22:53:55
>>396
その大量の水を宇宙へ運ぶのにどれだけの燃料を燃やし
化石燃料を消費し、温室効果ガスを排出しなければならないか考えましょう!!

400 :お疲れ学生:05/03/08 18:45:06
省エネについて、ちょいと知りたいので知ってる事があったら、
教えて下さい!
電気と関係してると有難いのですが・・・
お願いしまっす!!

401 :同定不能さん:05/03/09 00:13:17
>>400
今すぐ回線を切ってパソコンの電源を落として、念のためコンセントからプラグを引き抜いて、
そのまま横になって寝ればかなりの省エネですよ。

402 :同定不能さん:05/03/13 12:24:44
東京ディズニーランドは何時頃沈む予定ですか?

403 :同定不能さん:05/03/20 17:06:24
うーん、少なくとも閉園後に沈めたいのですが…

404 :同定不能さん:2005/03/29(火) 01:06:26
おじいちゃんが若い頃は、もっと雪が降って
夏なんて暑くても33℃ぐらいだったと聞いたんですが(去年最高38℃の地域)
これって温暖化の影響なんですか?

405 :同定不能さん:2005/03/29(火) 04:09:27
単なるヒートアイランド現象です
おじいちゃんが若い頃とは比べ物にならない位、クルマもビルも舗装路も増えました。
しかも、おじいちゃんが若い頃には存在しなかったエアコンまで普及しているのです。

406 :同定不能さん:2005/03/29(火) 04:25:38
そうとも言えない。
一応雪国に該当する県のヒートアイランド現象とは無縁な田舎に住んでるが、
ここ数年屋根の雪下ろしをしたことがない。
以前は一冬に何度か雪下ろしをしないと建物がつぶれる恐れがあったが。

407 :同定不能さん:2005/03/29(火) 14:17:44
>>406
その話よく聞くね。
新潟の郊外に住む友人はガキの頃雪下ろししたのに今はやらなくなったと言ってたし、
山形市のタクシーの運ちゃんもずっと昔は電柱のてっぺん近くまで雪があったのに、
今じゃその半分もないようなこと言ってた。

408 :同定不能さん:2005/03/29(火) 17:54:49
雪の量は人里に近いところでは減ったけど、人の住んでない山岳地帯では
あまり変化はないみたいだよ。
つまりヒートアイランド現象なんだよ。

409 :同定不能さん:2005/03/29(火) 18:24:10
どっちかというと過疎化が進んでいるんだが。
住宅の放熱量はむしろ減少していると思う。
アスファルト、コンクリートの占める割合は増加しただろうけれど
これは降雪量の減少には結びつかないだろ。

410 :同定不能さん:2005/03/29(火) 23:32:39
>>404
たまたま。
そのころはちょっと寒冷化気味だった。
今は温暖化気味。それだけ。

411 :同定不能さん:2005/03/30(水) 09:48:33
日本で言う江戸時代の頃に小氷河期があったみたいだけど、
そこから今までずっと緩やかに温度が上がっているのでしょうか?
それともここ十数年で急激に上がったのでしょうか?

>>404>>406-407の言う事に説得力を感じないんだよなぁ。
降雪地帯にある観光道路の除雪が始まったってこの時期になると毎年ニュースで
やるけど、その場所の積雪が減っているようにも見えないし、「雪が少ないから
除雪が早く終わった」なんて話も聞いた事がない。
東北なんかの峠道で「冬季通行止め」の期間が短くなったとかなくなったって話
も聞いた事がない。つまり>>408の言うとおりのような。

412 :同定不能さん:2005/03/30(水) 19:50:26
406 409 だが、
単に身の回りの現象(積雪量の減少)を書いただけ。
それが地球温暖化の証になるなどとは言っていない。
だからといってヒートアイランド現象での説明にも無理がある。
田舎だから緑地面積の減少はわずかだし、
緑地面積の減少で夏季の温度上昇は起こり得ても、冬期の積雪量の減少は無理だろ。


413 :同定不能さん:2005/03/30(水) 23:39:27
だよなぁ、岩手の花巻の田園地帯の雪も少なくなったし。
見渡す限り田んぼと林ばかりのここがヒートアイランドだとはとても思えない。

5月になっても奥羽山脈の方の山に雪が残っていたけど、最近は見ないし。

414 :同定不能さん:2005/03/31(木) 18:15:23
(首相官邸ホームページ)
「京都議定書目標達成計画(案)」に関する意見募集について
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/ondanka/pc/050330keikaku.html
2. 意見募集期限
 平成17年4月13日(水)17時

(環境省ホームページ)
◇地球温暖化 タウンミーティングを開催します。
http://www.env.go.jp/guide/town_m/ondanka_m.html


415 :405:地球暦45億5000万2005/04/01(金) 08:35:28
漏れも雪国出身だから、子供の頃に比べて雪少ない気はする。
だけど毎年暖冬なわけでも雪が少ないわけでもなく
今、世間を賑わせている地球温暖化というペテン?に結びつけるのは
短絡的な気がするだけ。

416 :同定不能さん:地球暦45億5000万2005/04/01(金) 13:22:44
環境・電力板に逝くっぺ

417 :同定不能さん:地球暦45億5000万2005/04/02(土) 11:24:30
>>411
スキー場の開場期間が短くなってるのを聞いた事がないって?

418 :同定不能さん:地球暦45億5000万2005年,2005/04/04(月) 21:52:14
>>417
スキー離れで儲からないから4月から閉めるところは良く聞くが、
温暖化と関係あるのか?

419 :同定不能さん:地球暦45億5000万2005年,2005/04/05(火) 02:05:55
5年や10年の単位で観測するとそうなる

420 :同定不能さん:2005/04/06(水) 01:37:12
>>418
雪が足りないって騒いでいるのを聞いたことないの?

421 :同定不能さん:2005/04/06(水) 16:31:03
>>417=420
スキー場は人里にあるんだから、>>411が言う事には当てはまらないんじゃ?
>>411が言うような「冬季通行止め」の道路があるところは、冬になれば人間活動が
完全に停止するところだよ。
冬こそ人間活動が活発になるスキー場と比較するのはナンセンス。

422 :同定不能さん:2005/04/06(水) 20:09:13
イギリスの産業革命から地球の平均気温が上がってるんだよね。
NHKでヤテターヨ。

423 :同定不能さん:2005/04/06(水) 20:19:18
まぁ妄想かもしれんが、
「1999年に恐怖の大王が空から降ってくる、
だけど誰も気づかない」っていってたノストラおやじの
いうことがあたってたのかもな。
滅亡するのは別に1999年じゃなくてもいいわけだもんね。

きっと1999年の時点で、降り注ぐ太陽の熱で もはや
地球は後戻りできない状態になったってことだよ。
このスレ見ても、見事に誰も「気づいて」ないし。
つーか気づきたくない、逃げたい感じだし。

ノストラおやじ
「3500年ころ、(人類が)遠い地にまた国をつくる」ようなことも
いってたような気がするが、火星のことかもなぁと思ったり。


424 :同定不能さん:2005/04/07(木) 00:35:03
>>423
ノストラダムスの親父のいうことは、2000年以降は、そこそこ
よくなる、って話だったと思うのだが。
よーするに、グランドクロスと1999年の日食だろ。実際に見に
いったわけだが、日食のときだけ晴れて、太陽のあるところだけが、
雲がなかったのでラッキーだった(場所は、カールスルーエ)。
その後、土砂降りで、傘がないので、ずぶぬれ。まさにノストラダムス
の予言通り、大変だった。ドイツの日食観測の拠点はシュツッツガルト
だったが、こっちは、日食の間も、ずっと土砂降り。テレビのスタッフ
もかわいそうに。やっぱり呪われていたな。

425 :同定不能さん:2005/04/07(木) 01:53:36
>>421
まぁ、現実には、スキー場のない山の雪も少なくなっているんだけどね。
あと、冬の間通行止めだった道路が、春になって除雪して開通した時、
雪の壁の高さが低くなってきているというニュースは聞いた事があるよ。

426 :同定不能さん:2005/04/20(水) 11:50:21
>>424
×ノストラダムス
〇ノストラダムス研究家

427 :同定不能さん:2005/05/05(木) 17:02:16
そうゆう事は自分でね!

428 :同定不能さん:2005/05/05(木) 21:47:44
汚泥コンポストで優秀なのってどういうのでしょう?

429 :同定不能さん:2005/05/07(土) 01:12:51
昨年末から、今年の天気変。5月なのに2月のような大風吹いてる。
4月なのに30度超える日が有ったり、もう壊れかけてるねこの地球は。

430 :同定不能さん:2005/05/07(土) 03:02:13
たまたまだよ。たまたま。
たまたまたまちゃん(死

431 :同定不能さん:2005/05/07(土) 18:27:19
私は今、せっせとガ−デニングに励んでます。少しでも酸素を増やすぞ!

432 :同定不能さん:2005/05/08(日) 00:59:16
>>431
偉いゾ!

433 :同定不能さん:2005/05/09(月) 10:30:14

植物からハイオクガソリン 経産省が新手法検討へ
http://www.sankei.co.jp/news/050509/sha017.htm


434 :同定不能さん:2005/05/19(木) 03:51:53
ちょっとお聞きしたいんだけど
ttp://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/ipcc_tar/spm/fig3.htm
にIPCCの評価報告書(サマリー)の要約があるのですが
図の放射強制力について、正負にわかれてます。
これらがなぜ正なのか、負なのかがわかりません。
一部については分かるんですが、どなたか正しい知識を教えていただけませんでしょうか?

435 :名古屋OCM(オー・シー・エム)会:2005/05/19(木) 23:50:11
当スレッドの皆さん! CO(゚∀゚)2 と正しく書きましょう。

436 :同定不能さん:2005/06/02(木) 20:51:02
不幸のレス】
   このレスを見た人間は七日以内に死にます

437 :同定不能さん:2005/07/02(土) 04:11:34
面白いこと考えた。聞いてくれ。
必要不可欠なのが、葉緑体の大量培養とその細胞の細断化。
その塵を空に放つ!!
みるみる内にCO2が酸素に!!
しかし、甘〜い雨が降り、生物の肺にはコケが生えるという諸刃の刃。



438 :うまい棒 でっぱ味:2005/07/07(木) 09:50:22
僕は

439 :学生:2005/07/08(金) 10:54:30
私たちは今の生活レベルをさげるべきだと思いますか?

440 :同定不能さん:2005/07/13(水) 18:35:32
      ,、                             ________ノ\       __ _  
    / \   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!          ヽ__ ___ ____  ___ノ      /  /│ !
    ヽ、  〉  ! ┌───‐┐ |    | ̄ ̄ ̄|   く \ く \  /  〉       /  / .|  |     /\
     _\/  |    ̄ ̄ ̄ ̄~ .│   │.┌┐ |   _ゝノ__ゝノ,_/ ∠、     ./  /   |  |_,__,/  /
    / \   |  .iニニニニニi │    |  | ││ {___  ____丿     /   |  │      ,/
    ヽ、  〉  !_______!    !  !__! .! ┌―┘ └────┐  /   │  | ┌─ー'"
      \/ .┌─‐─‐‐‐─‐‐‐'┐   |  _ │└‐‐┐ ┌────┘ ./  ,イ .!   |  |
           |  _   _  _.  |    |  | │.│    /   ̄ ̄ ̄ヽ    /  /│ |   |  |
      /\,  |  | |  | |  | |  |    |  ! !  !   /  ハ   ▽  /   \,/  |  |   |  |
     /  /   | │ !  ! !  ! !  !    ! .└┘ !  ./ ,/ ヽ    <          │ !   !  !.     ┌‐┐
    /  ./┌‐┘.└┘.└┘.└┘.└┐ └─‐ー┘ノ  / ,/  ,.、 `'''ー- 、    |  |   | └──‐┘  !
  /   / .|__________i         く  /t''"  /  ゙'-、   /    │ !   ヽ_____ノ

441 :同定不能さん:2005/08/04(木) 18:09:49
歩道くらい土で良いと思うのだが。
まあ良い舗装技術もありそうではあるけど。
暑くて初めてこの板キタよ。

442 :同定不能さん:2005/08/05(金) 17:16:52
少子高齢化が進むんで増税増税、
国に無理矢理生活レベルを下げさせられるから無問題

443 :同定不能さん:2005/08/06(土) 13:49:42
なまらあっついべや

444 :同定不能さん:2005/08/08(月) 00:16:05
>>441
保水性舗装というのがあって、散水車で打ち水をすると日射で70℃くらい
になった路面温度が15℃くらいに下がるそうだ。
だいたい1日は持つそうだ。

445 :同定不能さん:2005/08/08(月) 15:18:55
公害問題を直すにはどうしたら良いのでしょう?

446 :441:2005/08/10(水) 15:38:27
>>444
すごいですね。クールビズとか言ってる政治家がアホに見えてきました。

130 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)