5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★明治・大正・昭和初期の木造建築を再現したい

1 :書院造り愛好家:04/11/12 17:45:15 ID:6wWJ/bM2
レトロな木造建築を再現したいと思っています…
陽のあたる縁側で庭木を眺めながらお茶をすする日々…
そんな老後を夢見ています。
でも、現実問題を考えると、昔の木造建築を新規で再現するのは非常に難しいかと…
例えば…
1)材料となる檜などの確保。
2)建築してくれる大工さん始め、職人さんの確保。
3)耐震設計などの諸問題。
4)費用。
考えれば考えるほど沢山の難問が思いつきます。
小生の理想とする木造建築のイメージは、夏目漱石や幸田露伴、寺田寅彦など、
古きよき日本の原風景なのです。

誰か小生のお話に付き合ってください。

2 :名無し組:04/11/12 19:29:52 ID:???
>>1
おお、いいですね。
昨今、そういう建築が難しいのは、まず、つくれる腕を持った
職人さんが減ってきていることですよね。
耐震設計は、まあなんとかなりそうな気がしますが。

費用はかかりますね。
今、木製扉を製作しようとすると非常に値段がかかります。
コストから考えるとどうしても既製品になってしまう。
塩ビシート貼。何の趣もありません。

3 :書院:04/11/13 13:52:01 ID:eIqfaYNv
>>2
レスありがとうございます。
図書館で小樽の木造建築の本を読んだのですが、レトロなのに現代でも十分通用する
造りには驚きました。
小樽は厳寒で積雪もある。過酷な気象条件ですね…
それに耐えうる木造建築の見本だと思います。
ところで話は飛びますが、法隆寺などの古代の木造建築で現存するものって凄いですね。
当然ながらメンテなりリフォームなりしてるのでしょうけど、千年も数百年ももつなんて
本当に凄いと思います。
本で読んだのですが、昔の職人さんは木の経年劣化やその他を経験と勘で計算して造った
そうですね…。
古代ローマやギリシャの建築技術といい、昔の職人さんは本当にいい仕事してますね。
でも、昭和に造られたコンクリート建造物はたった数十年(ニ、三十年)でボロボロなんて
何なのでしょうね…。

4 :名無し組:04/11/13 14:19:14 ID:???
歴史を刻んだ建物は確かに良い物だと思う。同意だ。
だがそれが良いからとそれをまるまる再生するのには同意できない。
現在の材料、技術を用いてどれだけ良質な空間を作り上げるかが大事じゃないだろうか。

昔の日本は、建物の床も柱も住人が塗れ雑巾+乾拭きで磨き上げていたからいつまでも綺麗だったし
木やその他の材料のために住宅は風通しを重視していたし。

建物だけではなくて、生活スタイルまで当時に合わせないと理想には届かないだろう。



5 :書院:04/11/13 14:32:18 ID:eIqfaYNv
>>4
その通りだと思います!
基本的なものは大事にしたいと思います。
実際、古代と現代では気候も大気成分もそれなりに変化していると思います。
ですから昔ながらの物と現代の物を融和させてより良い物を造りたいと思うのですが…


6 :名無し組:04/11/13 16:16:27 ID:tHDtHkpS
4でもあるけど、つくりだけじゃないんですよね。
むしろ生活環境の変化のほうが大きいと思う。それこそ昔の日本人の
発想に高気密・高断熱を科学的に作り出すなんて発想はなかったから
いかに自然の力を利用して空間をつくるかがテーマだったと思うし、
恐らく基本中の基本にあったと思う。つまり、外界と断絶せずに
内と外との連続部分は非常にグレーな空間として存在していた。今は、完全に
断絶してるでしょ?でも、ボクはこのグレーゾーンこそが古民家等の
絶妙な魅力の一つになってると思うんですよね。

やっぱ結論は4さんと同じだな。懐古主義的に自分のイメージをパズル
していくのではなく、今身の回りにある社会と過去から脈々と受け継がれて
きている自然との融和こそが今の日本のスタイルとなりうるもんだと
思います。変に融和させようとするとシュールなものになってしまうし
とても難しいテーマですけどね。

7 :名無し組:04/11/13 16:26:31 ID:???
旅行で例えると、ステレオタイプな懐古主義は観光地巡りに終始するパックツアーみたいなもんだな。

今後はそうでなくて、旅先を自転車や徒歩で廻って、その土地の生活とか空気とかを生で体感するような
懐古主義がいいんじゃないかと。

今あるその姿だけを見るのではなくて、成り立ちから現在との比較まで、根幹部分を真剣に考える懐古主義。

例えば>>6が言う「グレーゾーン」の現代的な解釈とか。
またはグレーゾーンが現代にマッチするのかどうか、マッチさせる暮らし方はどういうものか。

これが設計ジムソの仕事なんだがな。

8 :名無し組:04/11/14 14:46:49 ID:???
最近、免疫系の病気が異常に多い。大病院の入院患者で癌など除けば結構な人数が入院
している。
なぜ、このスレでこんな事を言うかというと、>>6でも触れている通り「外界との遮断」
に免疫系の病気の原因の一つに上げられるのではないかと思うのだ。
例えば、子どものアトピーだが都市部より農村部の方が割合的に少数だと思う。
少なくとも、私の知る限り、古民家や書院造り的な家ではアトピーやら免疫系やらいなかった
と思う。
原因は様々だとは思う。化学物質が原因かも知れないし。
インフルエンザの流行も鉄筋校舎より木造校舎の方が少ないのも事実。
東京医科歯科大の寄生虫学教室の藤田教授曰く「サナダムシなど寄生虫の徹底的な駆除が、
免疫系の病因の一つかも知れない」といった発言を何かの雑誌で読んだような気がする。
藤田教授、間違ってたらゴメンなさい。
何れにせよ、強引に遮断し外界と隔離された空間、勿論熱効率その他はいいのだろうが、
と昔ながらの受け止めて流す空間的手法、どちらがいいかは人それぞれか?
酔って書き込んでるから論理不明を感じたらゴメンなさい。

9 :名無し組:04/11/14 14:57:08 ID:???


10 :名無し組:04/11/18 15:17:39 ID:BORWzH4A


11 :名無し組:04/12/23 21:40:55 ID:9FPLf+Yj
木材の調達なら、解体済みの古民家の古材がいいんじゃないの?
昔の家はけっこう質のいい木材が使われてるからね。

12 :名無し組:05/01/13 18:13:16 ID:???
明治村に行ってきて昔の建物とかに感動したけど、
それはあくまで切り取ったイメージであり、
テーマパークであり、パックツアーなんだろうな。
そのときその時代の、無形の文化の方がきっと重要なんだろうね。

13 :名無し組:05/02/16 01:43:38 ID:9L27Ot5E
このサイトは、参考になります

http://www.eonet.ne.jp/~takemark/

14 :名無し組:05/02/16 01:53:36 ID:???
>>1
檜?
杉でいいのでは?
天井の造作を凝るとか、欄間を凝るとかしないかぎり。
特に難しいとは思わない。

ガラスの面白いのが手に入りにくい。
特に銘木とか使わないと。いいんじゃないかと。。

15 :名無し組:05/02/19 02:35:41 ID:???
自分の話に「お」をつけてんじゃねーよ、>>1

16 : :05/02/21 19:41:47 ID:???
>>12
明治村・・・うちの近くにあるテーマパークではないか(笑)
確かにあのテーマパークって、その時代のイメージをまとめただけって感じだよね。

形だけを残しても、それを再現できる人材がなければ文化を伝承できないようだ。

17 :名無し組:2005/06/14(火) 22:00:30 ID:FOijZ7oV
埼玉県の深谷駅 東京駅のパクリとはいえ、ここまで凝って作ったのには感服。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)