5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★ダイオキシンについて★★

1 :あるケミストさん:04/12/13 13:54:49
2.3.7.8. テトラクロロジベンゾパラジオキシンについて
語りましょう。

2 :あるケミストさん:04/12/13 14:01:47
魚からダイオキシンって映画があったな

3 :あるケミストさん:04/12/13 14:05:35
ウクライナの事件だけど どうやって摂取したんだろうか
もともと危険物質で保管してるとこがあったとしても物凄い
厳重管理だろうし、そもそもダイオキシンの入ったアンプルを
普通に開封しただけでヤバすぎだし・・

なんとも不思議な事件ですね。

4 :あるケミストさん:04/12/13 14:09:39
つーかダイオキシンで毒殺できるのか?
毒盛るのならもっと確実なやつがあるだろうに

5 :あるケミストさん:04/12/13 14:13:04
激しく同意

なんでこんなに珍しい物質使ったのか理解できん。

6 :あるケミストさん:04/12/13 14:31:14
abcでは元FBIの医者が暗殺目的ではなく
ハンサムな顔を不細工にするのが目的ではないかと分析
ケネディも見た目良かったから良かったでしょと言ってた

7 :あるケミストさん:04/12/13 14:31:43
ウクライナのユシチェンコ候補毒殺未遂疑惑に関して
NHKのニュースでは日本とロシアの医療関係者の話として
ダイオキシンでは中毒症状が出るのがもっと遅いと報じていたが
実際はどうなんですか?

8 :あるケミストさん:04/12/13 14:45:17
そもそもダイオキシンなんて売ってるものなのだろうか・・・・?

9 :あるケミストさん:04/12/13 14:57:05
>>7
その通り、といいたいが、1000倍だからな。
そんなに大量に摂取した人間は
有史以来居ないわけで、
枯葉剤だて、口から食べたわけじゃないしな。

急性の反応がどんなだかは分からないのが
本当のはず。

たとえば、青酸カリでの人間死亡のグラム数は
動物実験からもとめ推算されていたけど、
実際はもっと量が多くてもしなないことが分かった。
731部隊のおかげだけど(w

10 :あるケミストさん:04/12/13 15:14:51
ユシチェンコ氏はこれからどんどん後遺症が出て、
最後は体中癌に冒されて死ぬんでしょうか・・・
すぐには死なないとしてもそう長くもないよね・・・
自演は有り得ないと思う。それならもっとわかりやすく銃でかすり傷とかにするでしょ。

11 :あるケミストさん:04/12/13 15:46:47
>>10
今度、奥さんが妊娠したら大変だよな。
ベトちゃんドクちゃんみたいな子どもに
なるんだろうし。

12 :あるケミストさん:04/12/13 15:52:47
>>11
今後絶対に子どもは作らないでしょうね・・・
50過ぎだし既に子どもはいるんでない??
奥さんも美人だよね・・・
ていうか家族も辛いだろうな。


13 :あるケミストさん:04/12/13 16:02:48
ハンサムな政治家だったのに・・・・
酷いな
ジサクジエンというのはないだろう
いくらなんでもこういうことは損するしやらないかと・・

14 :あるケミストさん:04/12/13 16:03:08
ダイオキシンって分解する微生物とかなかったかな?

15 :あるケミストさん:04/12/13 17:09:41
毎日遠赤外線サウナに入ったり、高野豆腐を食べたりしないとだねー。
ま、それも気休めにしかならないだろうけどさ・・・
ひどいことだよ。ほんと。
なんかダイオキシンというまだ未知の毒を使った所が恐怖を倍増させてるよね。
プーチンに逆らうとこうなるぞっていうみせしめというか。
あっさり殺すよりよっぽど恐ろしい。

16 :あるケミストさん:04/12/13 22:47:39
インドか何処かで大量摂取事故があった希ガス。

でも顕著な被害は出なかったとかなんとか。

17 :あるケミストさん:04/12/14 07:47:57
>>16
ダイオキシンって一緒くたに言ってるけど、
毒性も種類によってかなり違うということだけど。

18 :あるケミストさん:04/12/14 08:16:43
>>17
セベソ事件のことであろうが
このとき飛散したダイオキシン類はもっとも毒性の強いとされる
2,3,7,8-TCDDが3ppmほどの濃度で含まれていた。
子どもはまき散らされた灰で遊んだと言うが
この濃度でも直接各ダイオキシンの影響でなくなった人は4人
これが有史以来ダイオキシンでなくなった人の総数といわれる。
ノチの追跡調査ではガンの発生件数も奇形児の発生件数も他の
地域と比べて有意な差はでなかったという。


ttp://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=1543

19 :あるケミストさん:04/12/14 08:37:59
ダイオキシンを間違って摂取or混入ってどういうルートが考えられるんだろう??
薬品会社がジエチリンとグリセリンを取り違えて小児用シロップで
大量の被害者が出たって例があったな

20 :あるケミストさん:04/12/14 09:46:35
>ノチの追跡調査ではガンの発生件数も奇形児の発生件数も他の
>地域と比べて有意な差はでなかったという。

奇形児の発生件数に差がなかったのは、中絶したから。
ガンの発生件数などは、あと何十年かしないと統計でないはず。
直後のガンの発生件数を比べても意味がない。


21 :あるケミストさん:04/12/14 10:00:56
>>20
>奇形児の発生件数に差がなかったのは、中絶したから
こわひ・・・
ヴェトナムを習ってってことでしょうかね・・・

それにしてもダイオキシン無害を唱えてる人は一体・・・

22 :あるケミストさん:04/12/14 10:32:30
>>20
1976年の事件なんだが…

23 :あるケミストさん:04/12/14 10:37:28
実際のところどのくらいの効果があるんでしょう?
別板の話だとクロルアクネ(塩素挫瘡)が唯一の症状で、実は弱毒だなんて聞いているのですが。

24 :あるケミストさん:04/12/14 10:48:39
1976年の事件で、セベソ地区の自然流産率は他地区の2倍になっている。
発ガン率の増加がないって言ってる人は、何年発表の論文を見て言ってるんだか。
広島、長崎の原爆だって、発ガン率増加などが数値で出るまで、
40年くらいかかってるよ。



25 :あるケミストさん:04/12/14 10:50:05
>>23
クロルアクネが唯一の症状なわけないでしょう。
モルモットやマウスが死ぬんだから。
バカじゃないの。


26 :あるケミストさん:04/12/14 11:11:28
>>25
>モルモットやマウスが死ぬんだから

死因は?


27 :あるケミストさん:04/12/14 11:26:30
調査のために中絶した胎児調べても奇形の発症率はふつうと変わらなかった。

ttp://www1.accsnet.ne.jp/~kentaro/yuuki/chemical/dioxin.html


まあ、モルモットはダイオキシンに特別弱いから青酸カリの何万倍の毒性とか出てくるわけだが
イヌなんかはめっちゃつよくてモルモットの五千倍の濃度でようやく半数が死ぬという。

ダイオキシンの毒性発現にはAhレセプターと呼ばれる細胞にある受容器官が関わっているのだが
ダイオキシンと強く結合する Ahレセプターとダイオキシンあまり結合しないAhレセプターがある
モルモット等ダイオキシンに弱い動物はダイオキシンとよく結合するレセプターを、イヌやラットなど
ダイオキシンに強い動物は ダイオキシンとあまり結合しないAhレセプターを持っていることがわか
っている。

人間はあまり結合しない方のレセプターを持っているのでダイオキシンには抵抗性があるのではな
いかといわれている。

28 :あるケミストさん:04/12/14 12:32:50
>>27
ちゃんと一次文献にあたれよ。
治療のための流産後、調べた母親の末梢血
および胚や胎児の細胞に、染色体の損傷があることが示されている。
アメリカEPAの1978年の報告。

>調査のために中絶した胎児調べても奇形の発症率はふつうと変わらなかった。
中絶した胎児で、ダウン症の発症率だとか、脳の異常は分からんよ


29 :あるケミストさん:04/12/14 12:42:46
>>28
>中絶した胎児で、ダウン症の発症率だとか、脳の異常は分からんよ

そうなの?

30 :あるケミストさん:04/12/14 13:12:44
ダウン症はトリソミーが原因だからわかるだろ、多分。
脳は...解剖しただけなら数十年経過後に発症するような病気はわからんかも

31 :あるケミストさん:04/12/14 13:30:08
>>29
しつれいした。遺伝し調べればわかるね。
1978年の技術レベルでの話と思って


32 :あるケミストさん:04/12/14 13:37:09
tesy

33 :あるケミストさん:04/12/14 15:04:14
フーン…

>>31
納得しました ノシ

34 :あるケミストさん:04/12/14 16:08:56
一応一次文献が明記してあるので紹介

ttp://www.sopia.or.jp/kotoku/NO17chlo.htm

脳障害の原因により1978年レベルの検査で引っかかるかどうか変わるから何ともいえん
がダウン症だけは顕微鏡のぞけばわかるんで見落としはなかったと思うよ
ダウン症の原因が減数分裂異常だってわかったの1959年のことだから。

35 :あるケミストさん:04/12/15 21:24:54
俺が学生時代に使ってたPineの教科書に、「ダイオキシンの合成法を考えよ」いう問題が載ってたな。

36 :あるケミストさん:04/12/17 13:42:40
ダイオキシンって簡単に作れるの?

37 :あるケミストさん:04/12/19 15:59:30
毒なんて濃度に依存するじゃん。
多けりゃ毒、少なければ無害。

38 :あるケミストさん:04/12/20 10:50:32
↑だから?

39 :あるケミストさん:04/12/20 12:15:42
37は濃度と物質量の違いも知らないのか


40 :あるケミストさん:04/12/24 11:08:01
所沢のゴミ焼却場近くの野菜食った人達の
血中濃度って、どのくらいだったのかしらん
6000倍なんて言ってもヨーロッパ人の言う
通常値がベラボウに低そうだからppm以下かもね

41 :あるケミストさん:04/12/26 23:14:32
軍の幹部との会食後に体調激変が起こったそうだから、やっぱり普通に軍の
特殊な機関で合成したものじゃないかな。
この幹部はすでに更迭されているそうだが。
有機化合物は分解されると跡形もなくなるから、たとえば分解不能な砒素のように
証拠が残ったりしないと思ったのではないだろうか。
脂肪中には残るわけだが。

42 :あるケミストさん:04/12/27 15:47:28
当選おめ!
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/ukraine/
http://www.asahi.com/special/041215b/TKY200412270065.html
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20041227i203.htm


43 :あるケミストさん:05/01/04 20:57:06
>>41
裏にはプーチンが

44 :あるケミストさん:05/01/11 00:33:43
今日のニュースでダイオキシンを体内から排出できる薬品の研究の
ことやってましたが、見た方いますか?

45 :あるケミストさん:05/01/18 17:37:33
ダイオキシンは購入できますよ。

46 :あるケミストさん:05/01/18 21:23:15
どこ

47 :あるケミストさん:05/01/19 00:53:20
CILやWellingtonから発売中
純生2,3,7,8-TeCDDも売ってます

48 :あるケミストさん:2005/06/02(木) 13:02:17
PCDDとPCDFは、水素や塩素が置換する場所が1〜9で表記してありますが、PCBでは、片方のベンゼン環に1〜6、もう片方は1’〜6’と表記してあります。この違いは何なのでしょうか?

49 :あるケミストさん:2005/06/06(月) 21:42:55
左右対称

50 :あるケミストさん:2005/06/08(水) 20:49:27
PCDDとPCDFも対称だと思うのですが?

51 :あるケミストさん:2005/06/11(土) 23:05:56
PCBの骨格であるビフェニルは二つのベンゼン環が回転できる形。
構造上ひっくり返る可能性があるんで片方に1から5まで
番号をつけた。
もう片方にはそれと対称性のある形で1'〜5'まで
番号を振った。

かたやPCDDやPCDFは二つの結合でふたつのベンゼン環
の位置は一義的に決まるんで通し番号がついてる。
と、思う。多分。遠い知識によると。

52 :51:2005/06/11(土) 23:07:36
あ、すまん2からだな。


53 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:37:15
>>27
なるほど。ただ、成長期の段階で暴露した場合の影響などは
まだ研究段階のようですね。

>>41
まだ人間に対する毒性がはっきりしていないので、原因不明
となることを期待したということも考えられる気がする。

54 :あるケミストさん:2005/06/21(火) 18:19:01
ダイオキシンについてうまくまとめられているサイト(化学的に)はどこでしょうか?

55 :あるケミストさん:2005/06/22(水) 11:24:06
http://www1.accsnet.ne.jp/~kentaro/yuuki/chemical/dioxin.html
http://www.vec.gr.jp/safe/nannensei-13.htm
http://www.jsdi.or.jp/~y_ide/030801dai_shinwa.htm
http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/kumagai/eac/ea/dioxin.htm
http://members.jcom.home.ne.jp/3720652101/dioxin.htm

ま、内分泌撹乱作用についてはようわからん部分が多いんでこれからの調査を待ちましょう

ま、ダイオキシンで死んだ人は4人しかいないがダイオキシンで食ってる人は星の数ほどいる
って言う、ダイオキシン研究の第一人者の言が一番当を得てると思いますけど。
研究者から市民団体政治家、マスコミ等。

56 :あるケミストさん:2005/06/22(水) 19:23:49
セベソの事故に関しては、ふっとんだのが農薬工場だったから
全ての症状がダイオキシンのせいだとは言えなさそう。
そういうところも含めて、この問題は難しいと思う。

57 :あるケミストさん:2005/06/25(土) 17:20:28
ダイオキシンってなんかウニョウニョする微生物だと思ってた。

58 :あるケミストさん:2005/06/26(日) 13:17:27
で、やはり現時点では毒性も何も確定できない。でFAかな?
学者でも激しく分かれてるみたいだし。

59 :あるケミストさん:2005/07/14(木) 19:50:08
>>40
環境省の調査結果では1〜3pg-TEQ/kg/日だったはず
ちなみに現在の日本人の平均摂取量は1〜2pg/kg/日
一日耐容摂取量は4pg/kg、まぁ、確かこんな感じだったかな

60 :あるケミストさん:2005/07/22(金) 16:55:47
まったくの素人ですが、私の田舎では今でも裏庭や畑のまわりなどでゴミを焼却する人が見受けられます。
多分分類などしてないと思うので、中にはビニールやプラスチックも混ざっていると思います。
そういう場合、その場所はかなりダイオキシンに汚染されていると思うのですが、人体への影響はどうなんでしょうか?
漠然とした質問ですいません。

61 :あるケミストさん:2005/07/23(土) 20:28:22
>>60
最近の見解では、その程度では気にすることはないだろうという説が有力。

62 :60:2005/07/25(月) 11:18:12
お返事ありがとうございます。
そうなんですか!?
畑で燃やしてる場合、そのすぐ横に野菜を植えてたりするんですが、
やはり食べるのは抵抗あるんですが・・・。

63 :60:2005/07/25(月) 12:11:54
書き忘れです。
一、二度ではなく、もう何年も(何十年も?)なんです。

64 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 00:17:23
>60
ちょいとお聞きするが、あなたは、件の畑でとれた作物を3度3度、
365日食べ続けておいでなのだろうか。
おそらく、仮にそうであったとしても、野焼きによる発生量、及び
汚染土壌からの吸収量を考慮しても、影響がでる可能性があるとされる
量にはとうてい届かない。
問題がでる「可能性がある」のは、相当な汚染土壌(たとえば焼却炉の
フライアッシュを廃棄しているような土地)で、鶏や牛を人工飼料無し
で育成し、そればかり食べているとか、そんな場合。
ただ、それでも、おそらく量的には毎日365日食べ続けて寿命がくる頃に
許容量をやっと超える位と考えます。

65 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 06:39:22
ダイオキシンに閾値があるかどうかって問題は最近ちょっと疑問視されてるんだけどね

66 :60:2005/07/26(火) 09:52:36
>>64
いえ、ごくたまに食べる程度です。
ダイオキシンの知識がなく、妊婦もおるため、過剰に危険視していたようです。
大変参考になりました。ありがとうございます。

67 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 12:21:03
>>65
これじゃどっちのこと言ってるかわかんね
閾値があるってことが疑問視されてるの?それとも閾値がないってことが疑問視されてるの?
で、その根拠は?

68 :あるケミストさん:2005/07/28(木) 23:21:52
焼き芋を焼いただけでダイオキシンが発生するという話。
それを聞いて長年やり続けていた焼き芋大会(?)をやめたという小学校。
対応の迅速さは良いけど、過剰な反応もどうかと思う。
今までその焼き芋を食っていた人にどれほどの影響が?

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)