5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

HFってそんなにヤバイの? part 2

1 :あるケミストさん:04/11/23 23:02:10
フッ化水素(化学式:HF)について語るスレです。

少量でも皮膚に付くと骨まで浸透してカルシウムと結合するので激痛に苛まれます。
カルシウム不足に陥り死亡する場合もあります。弱酸とはいえ油断する事なかれ。

フッ素・フッ化ナトリウム・フッ化水素の違いとかは>>2-3

前スレ:HFってそんなにヤバいの?
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/bake/996484387/l50


2 :あるケミストさん:04/11/23 23:02:41
フッ化水素(HF)
フッ素(F2)の水溶液です。フッ酸とか呼ばれます。薄くても危険,蒸発しても危険という代物です。
死亡する可能性もあります。扱うのは十分な知識・技術を持つ人だけにしてください。

フッ素(F2)
気体の危険な化合物です。発見当初は死亡者・失明者などが相次ぎました。
ガラスも貴金属も腐食してしまうという性質を持ちます。
世間でフッ素添加・フッ素加工とかよく言われますが,この化合物とは無関係です。

フッ化ナトリウム(NaF)
無毒。歯科治療などに使われます。フッ素と呼ばれることもあり。
どっかの国で水道添加というのもこれ。飲んだら胃酸と反応してフッ化水素ができます。
昔NaFとHFを混同した歯科医により死亡事故も起こっています。要注意。

フッ素樹脂・フッ素コート樹脂
撥水性を持つ。フライパンとかによく使われてます。無毒です。

3 :あるケミストさん:04/11/23 23:03:45
リンクとか

ttp://www.jichi.ac.jp/usr/gakuyu/kyudobu/er/card/card4-20.html
ttp://www1.accsnet.ne.jp/~kentaro/yuuki/fluoro/fluoro.html
ttp://members.jcom.home.ne.jp/tomura/murakami/index.htm
ttp://members.jcom.home.ne.jp/tomura/murakami/page3.8.htm
ttp://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0283c.html

4 :あるケミストさん:04/11/23 23:20:33
>>1
どーせ大したスレ立てじゃ無いんだろ(プ

5 :あるケミストさん:04/11/23 23:23:59
>>4
Ω

>>1乙です

6 :あるケミストさん:04/11/23 23:29:02
>>1


>フッ化水素(HF):フッ素(F2)の水溶液です。
ちょっと違う。フッ素が水と反応して出来る。
フッ化水素水を濃縮してもF2にはならない
フッ化水素そのものも液体(三分子以上が会合している)
金属やガラスを腐食します(ポリエチレンなどの容器で保存する)
角膜も溶かすので、失明します

7 : ◆wVKCN708Pg :04/11/23 23:31:42
ヤバイ。HFヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
HFヤバイ。
まず痛い。もう痛いなんてもんじゃない。超痛い。
痛いとかっても
「20ハナゲくらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろ指切除。スゲェ!なんか治療法とか無いの。AIDSとかSARSとかを超越してる。一応液体だし超痛い。
しかも腐食していくらしい。ヤバイよ、腐食だよ。
だって普通は皮膚とか腐食しないじゃん。だって自分のチソコの皮膚がだんだん伸びてったら困るじゃん。酢酸とかカビ生えたら困るっしょ。
アルコール度が増えて、買って1年目はアルコール度数10プルーフだったのに、3年目には101プルーフとか泣くっしょ。
だから酢酸とか腐食しない。話のわかるヤツだ。
けどHFはヤバイ。そんなの気にしない。腐食しまくり。しまっておく容器すら腐食して薄くなるくらい溶ける。ヤバすぎ。
皮膚って言ったけど、もしかしたら骨もかもしんない。でも骨もって事になると
「じゃあ、実際痛いのはドコよ?」
って事になるし、それは医者もわからない。ヤバイ。医者にも分からないなんて凄すぎる。
あと超水素結合。3分子以上で凝集。式量20のくせして沸点20℃。ヤバイ。結合しすぎ。歯に塗ると虫歯になりにくい。怖い。
それに超弱酸。超吸湿性。それに超レンズ向き。ホタル石とか平気で出てくる。ホタル石て。カメラヲタでも言わねぇよ、最近。
なんつってもHFは馬力が凄い。グラベルとか平気だし。
うちらなんて無限とかたかだかアンダーステア出てきただけで上手く扱えないからSTiにしたり、エボにしてみたり、クアトロ使ったりするのに、
HFは全然平気。ジアッラをストラダーレのまま扱ってる。凄い。ヤバイ。
とにかく貴様ら、HFのヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイHFを使ってる半導体産業とか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。

8 :あるケミストさん:04/11/24 00:57:20
>>6
ごめんなさいです。

9 :あるケミストさん:04/11/24 01:11:10
>>1


10 :あるケミストさん:04/11/24 02:33:00
映画などの影響から、薬品の危険性というのは滑稽なほど誇張されているように思います。
ここはオカルト板ではなく化学板なのですから、聞きかじりの情報だけで無闇に騒ぐのは避けたいです。

11 :あるケミストさん:04/11/24 08:12:10
>>10
HFは化学屋から見ても怖いのよ
だからこそpart2まで立ったわけだが

12 :あるケミストさん:04/11/24 12:28:55
>>2
>飲んだら胃酸と反応してフッ化水素ができます。

これ正しいのか?
NaCl + HF → NaF + HCl
てなら分かるが、その逆の平衡は、
相当量のNaFを食さないと駄目なんじゃない?

あとNaFは完全には無毒ではない。
過剰に摂取すると2 NaF + Ca^2+ → CaF2 + 2 Na^+で、
カルシウム不足に陥る。
NaF水溶液はガラス表面を解かす。


13 :あるケミストさん:04/11/24 12:34:44
>>2
>フッ化水素(HF)
>フッ素(F2)の水溶液です。

HFは常温で沸騰する液体(気体)。
またフッ素を水に解かすと反応式は
3 F2 + 3 H2O → 6 HF + O3
実際はオゾンと酸素の混合物が複製するらしいけど。


14 :あるケミストさん:04/11/24 12:54:09
失礼
×複製
○副生
ね。

マイナス40度で氷と反応させると
F2 + H2O → HF + HFO
この次亜フッ化水素酸HFOは室温では熱分解する。
2 HFO → 2 HF + O2
この経路だと酸素しか出ないな。

穏やかに反応させれば
2 F2 + 2 H2O → 4 HF + O2
てなところか。


15 :あるケミストさん:04/11/24 13:19:39
>>12
相当量のHClがあれば十分反応しますよ

16 :あるケミストさん:04/11/24 13:20:34
>>12
つーか弱酸だからHFからHClはでねーよぉ!

17 :あるケミストさん:04/11/24 13:23:53
マイナス40度と言えば、摂氏でも華氏でも同じ温度。

18 :あるケミストさん:04/11/24 15:56:43
>>11
ハゲド
こわいよね。むやみやたらに恐いといってる訳じゃなくて
まじで危ないんだよねぇ。

19 :あるケミストさん:04/11/24 23:09:13
>>11, 18
HFにやられると骨まで達します・・・とか、濃硫酸を肌に付けると肌が炭になります・・・とか、
オカルトネタとしては面白いと思うけどね。ちょっとハッタリが過ぎるかな、って感じたよ。
素人はHFを扱うべきでないという点では同意。HFは確かに危険度が高いと思う。

20 :あるケミストさん:04/11/25 00:25:16
>>19
ttp://www.tama-chem.co.jp/pdf/msds/TAMAPURE-AA_HF.pdf
3頁の中段 『有害性情報(人についての症例、疫学的情報含む)』
濃硫酸についてはシラネ


21 :あるケミストさん:04/11/25 00:40:34
>>19
HFにやられると骨に達するのは有名な事実
場合によっては指や手を切除したほうがいいというのも事実

http://science3.2ch.net/test/read.cgi/bake/996484387/511

濃硫酸を肌に付けると肌が炭になりますってのはハッタリが過ぎる

22 :あるケミストさん:04/11/25 00:59:10
>>12
どんな物でもぉ、食べ過ぎたら毒だよ、ぉーん
例え食塩でも取りすぎりゃ危険な状態に陥る

23 :あるケミストさん:04/11/25 01:14:17
ハーローゲェン!

24 :あるケミストさん:04/11/25 01:19:29
http://web1.nazca.co.jp/hp/whoisthis/flash/okishido.html
酸素がパァ-!!

25 :あるケミストさん:04/11/25 01:19:35
>>2
NaF飲んだらHFが出来るんなら、無毒と言ったらまずい気が。

26 :あるケミストさん:04/11/25 01:29:36
http://www.ne.jp/asahi/sizen/nomimizu/f_doku_1.htm
フッ素と書いてますが、フッ化ナトリウム

>見込み中毒量;5mg/kg
実はカナリヤ灰 ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

27 :あるケミストさん:04/11/25 06:35:10
テンプレ書いたの誰だよ。工房程度の知識もないのかよ。

28 :あるケミストさん:04/11/25 09:27:12
テンプレがグダグダなのでスレの立て直しをキボン。

俺っちは無理だけど。

29 :あるケミストさん:04/11/25 12:04:39
>>22
普通に食卓塩として数グラムのNaFを食べると死ぬよ。
実際そういう事故がアメリカであったらしい。

ただ、アメリカとかで行われている水道水添加NaFは、
1 ppm前後なんで問題ないとされている。
まあNaClOだってグラムオーダーで食えばやばいけど。




30 :あるケミストさん:04/11/25 20:29:32
>>24
良いね、これ。

31 :あるケミストさん:04/11/25 20:33:34
>>20, 21
レス、ありがとう。
ただ、各種文献にもHFが骨に達すると紹介されているのは知っている。
問題は、俺もこの業界に散々いるが、HFで骨までやられたって人に会ったことが無いこと。

32 :あるケミストさん:04/11/25 20:52:08
>>31
見たものしか信じられないなら
自分で試しt(ry

33 :あるケミストさん:04/11/25 23:43:11
>>23
破裏拳?

34 :あるケミストさん:04/11/26 10:26:12
>>33
重合体?

35 :あるケミストさん:04/11/26 12:46:07
ポリマンコ?

36 :SUNSTAR Doクリア:04/11/26 18:48:04
歯磨きに含まれているNaFは大丈夫かい?
たくさん歯ブラシに付けて磨いているけど・・・

37 :あるケミストさん:04/11/26 19:36:44
>>36
誤って飲み込む可能性がある物は、大抵は思いっ切り安全側に倒してあるもんだ。

38 :あるケミストさん:04/11/26 19:56:25
NaFのLD50は、0.18 g/kg (rat)だから、
50 kgの人間なら約9 gで半数死ぬ(ラットとヒトでは厳密には同じじゃないけど)。
日本製の歯磨き粉のNaF含有量は0.1 %ぐらいらしい(海外の物だともっと高い)から、
自殺しようと思うのなら200 gのチューブ 45本分(9 kg)の数倍は食べないといけない。
そこまで食うと、NaF以外の効果で死ぬかも。

まあ、幼稚園児がチューブ1本分の歯磨き粉を残さず食えば危険だな。


39 :あるケミストさん:04/11/26 23:45:08
>>38
多分、致死量よりはるか以前に吐くよ。

40 :あるケミストさん:04/11/27 01:41:30
しかし、歯磨き粉を精製してNaFを得ることも不可能じゃないな

41 :あるケミストさん:04/11/27 07:06:13
>>39
気合いで喰え!
男は死して名を残す・・・

42 :あるケミストさん:04/11/27 14:52:36
>>41
歯磨き粉で自殺、なんて名前を残したくない・・・


43 :あるケミストさん:04/11/27 15:16:29
虎は死して皮残す。
人間は死して骨残す。ってその骨が溶けるのか・・・・

44 :あるケミストさん:04/11/27 17:56:21
骨は溶けても蛍石になります。

45 :あるケミストさん:04/11/27 18:36:27
そして硫酸で煮込むと…
あら不思議、フッ化水素が

46 :あるケミストさん:04/11/27 20:33:59
どくいり きけん
http://www.stella-chemifa.co.jp/product/f2.html

47 :あるケミストさん:04/11/27 22:47:13
HFのpKaは+3.2で、確かに弱酸の部類に入る。
但しpKaはそもそも希薄溶液で定義されるものであり、
HFの濃度をどんどん濃くしていくと、pKaには従わなくなる。
ハメットの酸度関数H0(1 mol%以下の水溶液であれば、
ほぼH0 = pHが成立する)で比較すると、

10 mol%溶液でH0 = +0.1
20 mol%溶液でH0 = -0.7
50 mol%溶液でH0 = -4.3
無水HFで、H0 = -11.0となり、濃硫酸H0 = -12.0なみの強酸と化す。

HFのH0の変化率を濃度に対してプロットしてみると、HCl溶液(pKa = -3.7)や
HNO3(pKa = -1.8)とは異なり、HFは波のあるグラフを描く。
低濃度のHF溶液ではHFは水分子に囲まれて水素結合により安定化し、
本来持っている強酸性が鳴りを潜めてしまうが、
高濃度では、HFを安定化する水分子の数が足りなくなり、
逆に解離するという現象が起きる。


48 :あるケミストさん:04/11/27 23:48:56
>>47
HNO3のH0は-6.3ではないですか 結構危険ですよ

49 :あるケミストさん:04/11/29 00:51:50
>>46
ひええええ
街中でばらまいたら大変なことになるな


50 :あるケミストさん:04/11/29 04:30:26
>>49
 それなりに大変な事になりそうだけど、空気よりも軽いから
比較的被害は少ないかも。
 第一次世界大戦では、シアン化水素は空気よりも軽いので
シアン化塩素が毒ガスとして使われていたりする。

51 :あるケミストさん:04/11/29 07:55:01
酸素より重いんだけどね

52 :50:04/11/29 10:20:24
>51
あぁぁぁぁ、何ぼけてるんだ?俺。
フッ素は原子番号9で窒素や酸素の後じゃねーか。
逝ってくる。
;y=ー( ゚д゚)・∵ ターン

53 :あるケミストさん:04/11/29 13:02:05
>>52
い`

54 :あるケミストさん:04/11/29 13:04:20
まあF2だと空気とそんなに密度が違わないんで、
あっという間に拡散してしまうから、兵器として使えなかったんだろうな。


55 :あるケミストさん:04/11/29 14:36:02
安全で安価に貯蔵できるかっていう問題もある。

56 :あるケミストさん:04/11/29 17:28:55
地下鉄サリン事件でサリンの代わりにF2だったらどうだったのかなぁ。

57 :あるケミストさん:04/11/29 18:51:03
>>56
作ってる途中でサティアンが全滅

58 :あるケミストさん:04/11/29 20:45:33
>>56
すぐに大気へ拡散してしまうため、多分蒔いた人もアボーン


59 :あるケミストさん:04/11/29 23:09:02
満員電車みたいな密閉空間なら空気より比重が軽かろうと
あまり関係無いだろうが、サリンやF2みたいな面倒な物使わなくても
Cl2、COやH2S程度でもかなりの殺傷力を期待できそう。

60 :あるケミストさん:04/11/29 23:19:20
そこでぴぺらj(ry

61 :あるケミストさん:04/11/29 23:34:58
F2なんて水とさえ反応するような超凶暴な気体
恐ろしくごついタンクがいるわな
市販品は確か希ガスと混ぜてあるんだっけ

62 :あるケミストさん:04/11/29 23:58:33
>>61
混ぜ物なしの奴が>>46で売られてるっぽいです。

63 :あるケミストさん:04/11/30 00:13:49
銅はフッ素と不動態を作るから、銅製の容器に保存すると思った。

64 :あるケミストさん:04/12/04 17:20:17
>>46のボンベってなにで出来てるんだ?

65 :あるケミストさん:04/12/08 18:51:39
エイリアンの血液はpHいくつぐらいですかね?

66 :あるケミストさん:04/12/08 20:52:26
鉄が、まるでガソリンをかけられた発泡スチロールみたいに
しゅわしゅわと溶けてくもんな。

67 :あるケミストさん:04/12/09 02:22:59
マイケル・ビーンの着てた金属の胸当てみたいな服も一瞬で溶けたね。

68 :あるケミストさん:04/12/09 10:32:33
生物学的に、あんな体液で代謝とか問題ないんかねぇ。

69 :あるケミストさん:04/12/10 00:43:00
>>68
生物学的にというより化学的にどういうからだしてんだか・・・

70 :あるケミストさん:04/12/10 03:43:46
>>67
今更なんだけど、エイリアンにマイケル・ビーンが出てるのを知らなかった。
『ターミネーター』初代の、未来から来る戦士だよね。

71 :あるケミストさん:04/12/10 10:10:06
>>70
エイリアンのマイケル・ビーンは別に未来からきませんよ

72 :あるケミストさん:04/12/18 13:40:10
結晶(蛍石)が出来て激痛がするって事は、痛風と同じ類の痛みって事かな?

73 :あるケミストさん:04/12/18 17:15:32
>>72
もっとじゃない?痛風も痛いけどな

74 :あるケミストさん:04/12/18 20:58:07
>>73
通風の経験者ですか?

75 :あるケミストさん:04/12/20 00:15:16
ν速からきました

76 :あるケミストさん:04/12/20 11:49:56
>>75
電車の事件関連からきたの?

まかれてた液体がHFだったらどうなってたのだろう((((((゜Д゜))))))))ガクガクブルブル

77 :あるケミストさん:04/12/23 19:04:51
そこで森田化学ですよ!

78 :あるケミストさん:04/12/23 21:49:51
森高学ってのは、森高千里に関する学問かな。

79 :あるケミストさん:04/12/23 22:29:28
>76
骨盤をやられるのか。

80 :あるケミストさん:04/12/24 01:12:51
サニメント手袋にHFがついて大騒ぎした俺。


81 :あるケミストさん:04/12/24 01:42:41
ラテックス手袋使ったら溶けてった

82 :あるケミストさん:04/12/24 01:44:10
んなわけねーだろ

83 :あるケミストさん:04/12/30 23:03:53
Ag

84 :あるケミストさん:05/01/01 01:43:52
あけおめ

85 :84:05/01/07 23:21:11
ageたのに返事無しかよ!

86 :あるケミストさん:05/01/08 01:36:40
>>1-83
コトヨロ

87 :あるケミストさん:05/01/08 04:15:27
>>1-83>>86
ことよろです^^

88 :あるケミストさん:05/01/08 09:42:35
恩着せがましいのは嫌いじゃ

>>1-83
>>86-87

ことよろ ノシ

89 :あるケミストさん:05/01/08 09:50:50
お前等馴れ合い杉だヴォケ

>>1-83
>>86-88
ことよろ
|ノ

90 :あるケミストさん:05/01/15 22:51:04
20パーセントくらいのに手ぇ突っ込んじゃった事ある。
爪周辺が痛いのなんの。

91 :あるケミストさん:05/01/17 00:28:30
ヤバキチだね

92 :あるケミストさん:05/01/26 17:09:43
定期age

93 :あるケミストさん:05/02/06 03:06:11
age

94 :フェラリマクリスティー:05/02/06 03:20:49
HFの本当の怖さは腐食性とは別のところにある。
(もちろん腐食性も超危険だが)
HFが皮膚に付着すると、体内に浸透して体内のカルシウムイオンと反応する。
結果、HFに被爆した人は急激に体内のカルシウムイオンが失われることによりショック死する場合がある。
皮膚への付着で直接、命に関わる液体で、しかも、比較的頻繁に多量に使う機会が多いから、HFを扱うときは
注意が必要。

ちなみに危険な薬品ならほかにいくらでもあるけど、やっぱ使用頻度と危険度を
同時に考えると、HFはほんとに怖いよ


95 :フェラリマクリスティー:05/02/06 03:27:47
すれ違いだが、知り合いの生物系の院生に、DIPFとか扱う人がいて、
扱うときは脂汗が止まらないらしい。
俺はまだそこまで危険な薬品扱ったことはないがな。
ClO4-の塩とか、Ni(CO)4とか扱う人の背中はカッコいい。

96 :あるケミストさん:05/02/12 15:03:03
F2ってどうよ


97 :あるケミストさん:05/02/12 21:13:29
>>96
ヤバイ

98 :あるケミストさん:05/02/12 21:26:43
Hfってどうよ

99 :あるケミストさん:05/02/12 23:19:39
酸素を酸化できるのはフッ素だけ!('-^)b

100 :あるケミストさん:05/02/14 08:19:48
史上最強の酸化物だから、
HFよりも怖いよ。
ちなみに、人体に対しての有害性は、基準で0.1ppm/1m³
とシアン化水素と同じ。もし、直接人肌に触れれば黒焦げ状態と
なり、水分と反応してHFを作るから厄介この上ない。


101 :あるケミストさん:05/02/14 09:17:59
NF3をC3H8で燃焼除害すると、HFがでる。化学式教えてください。

102 :あるケミストさん:05/02/15 04:08:49
フリーザとどっちが強い?

103 :あるケミストさん:05/02/15 13:12:09
>>98
ハフニウム?

104 :あるケミストさん:05/02/15 14:49:55
ハイファッションはある意味やばい

105 :あるケミストさん:05/02/15 16:04:02
王水ってなかったっけ?
塩酸と、硝酸混ぜるんだっけ??

106 :あるケミストさん:05/02/15 19:09:16
>>105 あるけど… 厄介なのはHFなんじゃないの

107 :あるケミストさん:05/02/15 21:19:26
王水=Cl2+NOCl

108 :あるケミストさん:05/02/15 21:36:46
>>107
こんな過疎スレで釣るなw

王水は一升三円(硝酸:塩酸=1:3)の比率

109 :あるケミストさん:05/02/15 22:40:12
いや、正解っちゃ正解かな。
HNO3 + 3HCl → NOCl + Cl2 + 2H2O

110 :あるケミストさん:05/02/16 00:08:55
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ 
    l:::::::::.                  | 
    |::::::::::   (●)     (●)   | 
   |:::::::::::::::::   \___/     |  
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ
フッ化水素:(化学式:HF)フッ素(F2)の水溶液。
フッ酸とか呼ばれる。薄くても危険,蒸発しても危険という代物。
死亡する可能性もある。扱うのは十分な知識・技術を持つ人に限る。

111 :あるケミストさん:05/02/16 00:29:30
>>110
>>6

112 :あるケミストさん:05/02/16 02:06:40
>>111
そこをハマファンで返せよ

113 :あるケミストさん:05/02/17 21:45:39
デニーは一日一回HF飲む

114 :あるケミストさん:05/02/18 02:05:07
今度実験でKHF2っての使うんだけど
これHFと比べてどのぐらいやばいの?

115 :あるケミストさん:05/02/18 02:35:57
>>114

ttp://www.st.rim.or.jp/~shw/MSDS/16369159.pdf

HFと比べたら安全らしいけど注意してね。

116 :あるケミストさん:05/02/22 01:47:12
それガラス侵すのかな>KHF2

117 :通りすがりの人:05/02/22 21:01:58
大半のフッ化物は、ガラス面に張り付いたり、侵すんじゃないの?
知らないけど。

118 :あるケミストさん:05/02/22 21:21:17
酸素を酸化できるのはフッ素だけ('-^)b

119 :あるケミストさん:05/02/22 22:35:28
酸素分子から電子を奪うことは可能。
よって、化学反応で酸素を酸化できるのはフッ素だけが正解。

120 :あるケミストさん:05/02/23 18:31:25
化学反応で酸素を酸化できるのはフッ素だけ('-^)b

121 :あるケミストさん:05/02/23 23:28:03
フッ素恐るべし...

でも、テフロンとかフロンみたいな化合物なら怖くない♪

122 :あるケミストさん:05/02/25 21:21:39
藤原ヒロシ

123 :あるケミストさん:05/03/04 13:25:53
【中国】貴州全省の人口の半分がフッ素中毒 画像あり [03/04]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1109905442/

●中国・貴州省、総人口の半分にフッ素中毒症状
ttp://finance.sina.com.cn/xiaofei/shenghuo/20050302/11211396546.shtml

 中国西部に位置する貴州省で、同省総人口の約半分に当たる1900万
人にフッ素中毒やヒ素中毒などの症状が出ている。中国紙『南方都市
報』が2日、報じた。
 貴州省疾病管理センターの安冬・副主任によると、典型的な症状は、
 ■歯が黄色または黒色に変色する。
 ■足がO脚やX脚に彎曲する(杖なしでは歩けない)。
 ■腰が曲がったり、背骨が彎曲してラクダのようになる。
 ■下半身マヒ。
 ■腕が曲がったまま、真直ぐに伸ばせなくなる。
 などとなっている。中毒症状は1970年代から同省西部地区において
みられるようになり、特に同省北西部に位置する織金県荷花村が最も深
刻な状況にある。同村では上記の症状が一般的にみられるほか、村民の
身長が175cmを越えるケースはなく、70歳まで生きる人もごく稀にし
かいないという。
 当初は奇病とされていたが、その後、ヒ素やフッ素を多量に含んだ質
の悪い石炭を日常生活で使用していることが原因と判明。石炭を燃やす
他目的コンロも不完全燃焼の起きやすいものが使われており、また住居
の風通しが悪く、煙が室内にこもり易いというのも一因とされている。
 貴州省は中国でも有数の貧困地区。経済成長の立ち後れが廉価な有毒
炭の使用や省当局による中毒対策の遅れにつながっているとみられる。


124 :あるケミストさん:05/03/04 19:47:59
石炭が原因とは...

他の燃料を使って、石炭は精製して素材ごとに売った方が
高く売れそうな気も。


125 :あるケミストさん:05/03/13 00:04:23
フッ素ってそんなに怖いのかよ・・・
俺ヤバイ・・・研究室フッ酸使ってる。
俺そんな怖いの触りたくないよ・・・
っていうかみんなはフッ酸とかどうやって安全に使ってるんだ・・・?

後関係ないけど酸よりも塩基のほうが怖いとか言うけど延期のほうが怖いのってなんで?

後ほかに身近に使う物質で怖いのって?

126 :あるケミストさん:05/03/14 10:27:23
>>125
目に入れた時のヤバさが 強塩基>強酸 てことでは?

強酸→蛋白質が凝縮→表面がやられるだけで済む
強塩基→蛋白質が分解→目の奥までやられる

単なる塩基の水溶液なら、多少手についても、
手がどろどろするだけだよ(つまり皮膚表面を溶かしている)。


127 :あるケミストさん:05/03/19 08:06:55
エアガンで遊んでいたら、フロン134aをぶちまけてしまった。
まあ、普通ならたいしたことじゃないけど、運悪く石油ファンヒータが近くに...

ファンヒータから出てくる匂いが、これがまた、仕事で使っているHFのかほり
マジでむせました

危険を感じ緊急避難し、窓を全開 寒さに耐え事なきを終えました

いやー フロン134aは、熱分解するとHFガスが出てくるんだっけ?


128 :あるケミストさん:05/03/19 18:50:37
>>127
 フロンを火炎に晒すとホスゲンができるそうな。
 ぐぐってみたところ、HFもできるらしいね。
http://www.agc.co.jp/products/chemical/asahi22_3_1.html

 俺も昔(消防時代)似たようなことがあったよ。
 ガスガンをストーブの燃焼筒の空気取り入れ口に向けて
空撃ちすると炎の色が変わるので遊んでいたら、目が痛くなってきて、
これはヤバイと思ってすぐにやめて窓を全開にして部屋を換気した。

129 :あるケミストさん:2005/03/24(木) 03:13:00
mage

130 :あるケミストさん:2005/03/28(月) 09:31:47
>>129 不覚にもmageワラタ

131 :あるケミストさん:2005/04/02(土) 21:27:24
おもろいおもろい

132 :あるケミストさん:2005/04/06(水) 18:22:14
HOF age

JOC 2131(2005)にF2,H2O,CH3CN→HOF,CH3CNなる酸化剤が登場
(HFどこかに飛んでいってますwwwww)

重酸素水(^18OH2)を使ってN-オキシド化
効率が良くないとこんな同位体使えないっすね〜

133 :あるケミストさん:2005/04/07(木) 13:05:40
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%83%E5%8C%96%E6%B0%B4%E7%B4%A0
これ見れば大体わかる・・・

134 :あるケミストさん:2005/04/07(木) 19:33:38
アアア・・フッ酸入れた白金坩堝をホットプレートの上で
倒しちゃった・・・_| ̄|○

135 :あるケミストさん:2005/04/07(木) 21:13:08
これぞ恐怖の坩堝

136 :あるケミストさん:2005/04/10(日) 01:55:24
うちの留学生はHFを素手で扱いやがる。それもガラス容器で…
今まで大丈夫だったのが奇跡だ…

137 :あるケミストさん:2005/04/10(日) 02:55:04
Fを焼却したらHFが降って来た

138 :あるケミストさん:2005/04/11(月) 12:43:48
AFした後にFを強要された。

139 :あるケミストさん:2005/04/11(月) 16:45:50
BL(・∀・)イイ!! AFもそろそろ新作発売だなぁ...

140 :あるケミストさん:2005/04/12(火) 22:31:41
名無し :2005/04/04(月) 15:05:23 ID:EZ90WIJx0
俺の友達はいつも違法駐輪をしていた
他のヤツもしていたが、さすがに土地の持ち主が文句を言ったら
普通の人なら他へ置いたりするだろうが、俺の友達は言っちゃ悪いが性格が悪く
しかし、ガタイが非常にイイという、見るからにチンピラやくざの見た目を良い事に
土地の持ち主が文句を言っても知らん振りどころかわざわざ玄関の前に置くという
ヤラシー真似をしていた
そんなヤツがある日、いつも通り堂々とあからさまに邪魔をするように置いてあった自転車に乗ると
「変だ」という、なにかしめっぽいと「嫌がらせに水でもかけられたかなー」と馬鹿にしながら
しばらくすると、異様に股間をはばかりなく押さえ苦しみだした「痛い、救急車!頼む」
場所が場所だけに自分もあせって救急車を呼び病院へ
原因はフッ酸、どうやら自転車に付けられていたよう手当てが早くて助かったと言うか
あそこは骨が入っている訳ではないのでよかったもののケツの骨のダメージはでかかった
これからあいつはどうするつもりだろう、とにかくまだ入院しているのでここで終わり

141 :あるケミストさん:2005/04/13(水) 18:33:21
>>140
どこの板?


142 :あるケミストさん:2005/04/13(水) 19:12:52
HFコワイヨー

143 :あるケミストさん:2005/04/14(木) 14:24:26
>>141
生活板で昨日辺りこの書き込みが紹介されて、ここ来てみたらやっぱり貼られていた。

144 :あるケミストさん:2005/04/28(木) 20:25:28
>140
押さえた手もキケンヌ

145 :化学屋さん:2005/05/02(月) 09:20:07
初めて書き込みします〜質問です。
酸素を酸化すると何になりますか?

146 :あるケミストさん:2005/05/02(月) 15:18:20
スレ違い

147 :あるケミストさん:2005/05/02(月) 16:04:02
>>145

二フッ化酸素 OF2

酸素の形式酸化数は+2



148 :化学屋さん:2005/05/02(月) 18:27:52
ありがとうございます〜
HFって濃度20%以下なら発症遅いんですよね?

149 :あるケミストさん:2005/05/02(月) 19:59:00
>>148
50%のフッ化水素酸水溶液で生死が問題になるくらいだから、
20%でも十分濃いんでない?

具体的にどの濃度から神経質にならなくていいのかは、ガラス細工とか、
半導体の洗浄とか、その筋の人が良く知ってはいるだろうけど...
ちなみに国の定める基準値は3ppm (=0.0003%)らしいから、0.1%程度のHF水溶液が
手に着いたくらいでは、多分速やかに洗浄すれば問題無いとは思う。

てか「発症遅い」というよりも、「発症しない」よう心がけるべきでは?

今スレを読み返したら>>90のような例があるので、
20%水溶液の場合、すみやかに手を洗えば命に別状はないものの、
それなりの苦痛はあるということだな。
露出時間が長いほど症状も酷くなると。


150 :あるケミストさん:2005/05/05(木) 00:45:01
HFって一瞬、ハートリーフォックかとおもたw

151 :化学屋さん:2005/05/09(月) 11:14:55
ハロゲン化水素の中で、一番やばいのはやっぱ、HFなんでしょうね〜
アルシンやセレン化水素も許容濃度が0.05ppmというから危険なんでしょうか?

152 :あるケミストさん:2005/05/10(火) 00:19:20
AsH3もH2Seもかなりの毒だよ。


153 :化学屋さん:2005/05/11(水) 18:54:06
HFのメーカーって硝子屋さんだっけ?
旭電化だったようなきもする・・・・・・

154 :あるケミストさん:2005/05/11(水) 19:55:15
ホモファックはマジヤバイ

155 :化学屋さん:2005/05/20(金) 18:46:06
危険度の基準って、やっぱTLV値なんでしょうねー

156 :あるケミストさん:2005/05/23(月) 09:41:30
>>779
HFってそんなにヤバイの? part 2
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/bake/1101218530/

157 :あるケミストさん:2005/05/23(月) 21:14:36
TLV値だけではないでしょうね

158 :化学屋さん:2005/05/24(火) 21:26:41
例えば、モノシランやジシランなどの爆発範囲が広いモノのほうが、危険と判断するべきですかねー?

159 :あるケミストさん:2005/05/24(火) 21:50:36
そうしたら水素かねぇ。
でもニッケルカルボニルとかの方が怖いね。漏れたら。
HFも取り扱いたくないけど。

160 :化学屋さん:2005/05/25(水) 10:03:05
たしかにニコヨンは臭いかくひまもないうちにやられちゃうらしいですね。
水素の爆発範囲は4〜75% ジシランは0.5〜100%だから、シラン系ガスの方が危険度は高いのでは?
こないだ、お祭りにいったら、未だに、風船に水素使ってる店がありました(T_T)ちょー危険なんだけど・・・
確かにヘリウムより安価なのはわかるけど、人が大勢集まる所での赤い水素ボンベは、???ですね。。


161 :あるケミストさん:2005/05/25(水) 23:08:33
>>160
ジシランの爆発範囲はそんなに広いのですか。

162 :化学屋さん:2005/05/26(木) 09:27:58
ジシランは強可燃性ですねー


163 :あるケミストさん:2005/05/26(木) 14:54:51
そんなことシ、、、

164 :化学屋さん:2005/05/26(木) 17:58:07
言いたくなりますよねー笑

165 :あるケミストさん:2005/05/27(金) 01:08:02
阪大のシランガスの事故(1992年10月2日) 学生2名死亡。
ttp://shippai.jst.go.jp/fkd/Detail?fn=0&id=CA0000614&kw=%A5%B7%A5%E9%A5%F3


166 :あるケミストさん:2005/05/27(金) 01:15:55
これも
http://www.bousaihaku.com/bousaihaku2/images/exam/pdf/c020.pdf

167 :化学屋さん:2005/05/27(金) 18:32:50
シラン系の爆発事故は、企業では結構あるみたいです。
漏洩を確認した場合、何とかしようなんて思わないで、まず逃げることですね。
燃焼除外させるのがベスト。

168 :あるケミストさん:2005/05/30(月) 09:11:17
シラン系ガスが流出したら、シラン顔をして逃げましょう。空気より重いし、
気がついた時は倒れてそのまま肺水腫などで死亡か。

169 :化学屋さん:2005/05/30(月) 18:55:42
危険なのは少量の漏れですねー
じわりじわりと室内を充満し、あるときドカンといきますねー

170 :あるケミストさん:2005/06/01(水) 19:39:11
    /              :\
   ./            ,,,,;;::''''' ヽ
  /    ,,,,;;:::::::::::::::       __  ヽ
  |   .  __       '<'●,   |
  |.   '"-ゞ,●> .::            |
  |           ::: :⌒ 、      |
  ヽ.      ;ゝ( ,-、 ,:‐、)      |   知らんがな
   l..            |  |      |
   |        __,-'ニ|  |ヽ_     |
    ヽ:        ヾニ|  |ン"    /__
    .ヽ:        |  l, へ      ::::ヽ,
     l.:`.         / /  , \  /ヽ  ::\
     `、:::::       |    ̄ ̄\/ ノ    :::ヽ
      |::::::      |      ー‐/ /      ::::\

171 :化学屋さん:2005/06/08(水) 18:11:38
モノシラン火災の代表的なものは、昭和57年10月の宮崎沖電気→負傷者5名
平成元年12月日立製作所武蔵工場→死者2名 
と、上記阪大ですにー

172 :あるケミストさん:2005/06/10(金) 01:45:22
ヘキサフルオロケイ酸

173 :あるケミストさん:2005/06/11(土) 15:07:51
F5よりきけん?

174 :名無しSUN:2005/06/11(土) 23:02:30
>>12
フッ素樹脂・テフロンもある状況では怖い事に・・・
何百度の高温の環境や火で燃やそうとすると
フッ化水素が生成する事がある。
事実、自動車の内装部品にテフロンが使用されているが、オーバーヒーター
で加熱されたり、フロンが使用されている冷蔵庫や室外機をガスバーナーで
解体する時にものすごい鼻をつく刺激臭がするのだが、フッ化水素が生成
したものでしょう。
風通しの良い所で、風上側で作業しないと吸い込んで大変危険!

http://www.daikin.co.jp/chm/pro/caution.html



175 :とりあえず父祖:2005/06/12(日) 00:35:42
ところで、どなたか希ガス元素のフッ化物を扱ったことのある方いませんか。物理的、化学的特徴や毒性について教えてください。これらの化合物って水に出会うとHFを出すんでしょうか?

176 :あるケミストさん:2005/06/12(日) 00:48:11
>>175
扱ったことはないが、文献はいくらでもあるんだから調べてみたら?

177 :あるケミストさん:2005/06/12(日) 10:42:52
>>3が紹介している、上から3番目と4番目のHP、目次だけで「ヤバい」と感じるんだけど・・・


178 :とりあえず父祖:2005/06/12(日) 21:56:10
上から3番目と4番目のHPを見てみました。
探し方が悪かったのか、お目当ての情報は見つかりませんでしたけど、
斑状歯の話が出ていました。
20年ぐらい前、大学で水道水にフッ素を添加するのは虫歯予防になるので
良いことで、ヨーロッパでは添加しているところが多いとはきいていました。
日本では消費者団体の反対が強くて添加できないのだともきいています。
斑状歯は見た目には汚いけれど、健康上は何も問題なくて、虫歯になりにくい
歯なので、むしろ歓迎すべきみたいに言われていたのを覚えています。
でも、本当はヤバイみたいですね。
フッ素単体がとてもヤバイというのはその化学的性質の激しさから想像はつきますが、
化学的には安定と思われるF−イオンもそんなにやばいものとは知りませんでした。
体中のCa2+イオンとくっっついて沈殿するって、確かにありえそうですね。
でも、それで、カルシウムイオンが欠乏状態になって死ぬことがあるとは驚きました。
フッ素は過激だけど、ハロゲンの一種だから、陰イオンになってしまえば別に怖くないと
思っていた私はかなり浅はかだったみたいですね。

179 :あるケミストさん:2005/06/12(日) 23:07:10
KF・HFって粉末はなんぞ?

180 :あるケミストさん:2005/06/12(日) 23:24:14
フッ化水素カリウム

181 :177:2005/06/12(日) 23:29:42
>178
dクス

182 :あるケミストさん:2005/06/13(月) 04:24:08
>>178
ヨーロッパよりもむしろアメリカの方が添加していたような気がする


183 :あるケミストさん:2005/06/13(月) 14:54:52
だから、アメリカじゃ歯医者が少ないとも聞いてる。

184 :とりあえず父祖:2005/06/13(月) 23:15:13
日本は結局、どうするんだろう。

185 :あるケミストさん:2005/06/13(月) 23:20:33
虫歯が減ったら、一番困るのは誰だろう?

186 :あるケミストさん:2005/06/13(月) 23:28:24
敗者じゃなくて技師とその学校

187 :あるケミストさん:2005/06/14(火) 00:09:55
長靴の中にHFを入れられてて、気づかずに履いた人が
痛みを感じ、足を見てみると骨まで見えていたという…。
そんな事件があったそうな・・・。伝聞・・・。

188 :あるケミストさん:2005/06/14(火) 02:16:48
昨日の「世界丸見え」見た人いる?
アメリカの歯医者に行く時は、日本以上に注意しないといけないと思ったよ。(行くことは多分ないと思うけどw)
アメリカの病院事情は日本よりも厳しいと聞いてるけど、フッ化水素といった劇薬関連はどう管理してるんだろ?

189 :あるケミストさん:2005/06/14(火) 07:50:27
フッ素化合物が入ってない歯磨き粉ほしい
そんなのあるのかな
薬局で丁寧に見てるけど、「フッ素」「フッ化」「フルオロ」とかつく成分が必ず書いてあって怖い。

190 :あるケミストさん:2005/06/14(火) 08:53:34
>>189 みたいな過剰反応示すアフォって必ずいるね・・

191 :あるケミストさん:2005/06/14(火) 09:16:29
もちろん>>189のフライパンは鉄onlyだよな?

192 :あるケミストさん:2005/06/14(火) 15:21:39
HF氏ね

193 :あるケミストさん:2005/06/14(火) 17:58:27
>>188
数年前までアメリカに住んでた者です

(;´Д`)もうアメリカの歯医者なんて怖くていけない

194 :あるケミストさん:2005/06/14(火) 18:14:00
アメリカの歯医者の詳細ヨロ

195 :あるケミストさん:2005/06/15(水) 00:04:42
>>189
携帯の電波でガンになるぞ。電源は必要ないときは切っとけ。


196 :あるケミストさん:2005/06/15(水) 00:46:20
>189
テレビやパソコンの前に近づくなよ。
人体に有害な高周波が出まくりだから。

197 :あるケミストさん:2005/06/15(水) 05:44:58
>>189
電車も車も乗るなよ〜。

電車はモーターから電磁波バリバリだし、
車も点火プラグがスパークするたびに大変
なことになってるからさ。

198 :あるケミストさん:2005/06/15(水) 10:19:24
>>189
DHMOはとても危険だし飲んだりするなよ。全世界に蔓延してる。超危険らしいよ。

199 :あるケミストさん:2005/06/15(水) 15:30:45
>>189
家にいたら危険だよ
地震があって家がつぶれるかもしれないし

200 :あるケミストさん:2005/06/15(水) 15:43:16
何この流れ

201 :あるケミストさん:2005/06/15(水) 19:27:24
>>189
大事なこと言い忘れてた。空気中の酸素で体が酸化されて危険。
一刻も早く、布団圧縮袋に入るべし。

202 :楽天の手先:2005/06/15(水) 20:34:34
ここらでこの流れ、お開きにしよう。
何事も成せば成る。
病は気から。
ダメな人はダメ、大丈夫な人は大丈夫。
人がどう思おうとお天道様は照ってらっしゃる。
スズメだってオケラだって、アメンボだって、そんなこと考えずに、
毎日たくましく生きている。

203 :あるケミストさん:2005/06/16(木) 13:02:23
http://web1.nazca.co.jp/hp/whoisthis/flash/swf/okishido.swf

204 :あるケミストさん:2005/06/16(木) 13:42:33 ?
DHMOってCAS No.あったっけ?

205 :あるケミストさん:2005/06/16(木) 21:35:11
>204
7732-18-5

206 :あるケミストさん:2005/06/17(金) 00:52:01
HClの工業的に主な供給源は食塩だ。
ではHFは?

207 :あるケミストさん:2005/06/17(金) 02:01:40
>>206
腐食塩

208 :超腐食:2005/06/18(土) 11:18:46
はじめまして。書初めです。
いきなりなんですが,HF取り扱いや,ボンベ貯蔵など,
詳しく教えて頂けませんか。



209 :あるケミストさん:2005/06/18(土) 15:03:18
>208
>>3で紹介しているHP当ってみたら?

210 :あるケミストさん:2005/06/18(土) 17:16:41
>>208
1にあるようにシャレにならんもんですよ。
手袋、防護メガネは当たり前の完全武装で望んでください。

211 :あるケミストさん:2005/06/18(土) 19:57:21
金正日はFやHFのこと知ってるんだろうか。

212 :あるケミストさん:2005/06/18(土) 19:59:48
化学兵器としてか?量としてや取り扱いの点でサリンやVXなんかの神経ガスの方が有利だろ

213 :春巻:2005/06/18(土) 21:55:40
爆破よりキャンプファイヤーみたいにして楽しめば


214 :とりあえず父祖:2005/06/20(月) 01:47:17
HClは酸素雰囲気中では炎を上げて燃えるそうだ。
水蒸気はフッ素雰囲気中では炎を上げて燃えるのだろうか。
水が燃える!!!? すごい? こわい!

215 :あるケミストさん:2005/06/20(月) 19:00:09
以前、弗酸をものすごく扱う会社にいました。
私は分析屋でしたが、製造の現場の方々は、素手で瓶を持ったり、ちゃんと閉まらない瓶でこちらに持ってきたりと、かなり恐ろしかったです。
グルコン酸カルシウムは手放せません。

216 :あるケミストさん:2005/06/20(月) 23:14:35
>215 ぐる近さんカルシウムってそんなにいいの。

217 :あるケミストさん:2005/06/20(月) 23:19:41
HFをガラスビンに保存しようとして失敗した教諭

218 :あるケミストさん:2005/06/20(月) 23:29:12
>>217 HFは テフロンに入れてね。
>>216 グルコン酸カルシウムは もしHFがついたときに
肌と骨への腐食を止めるために塗るんです。

219 :めっき屋:2005/06/21(火) 00:03:12
>>218
> >>217 HFは テフロンに入れてね。

別にテフロンでなくともPE,PP,PVCあたりでも十分で内科医?


220 :あるケミストさん:2005/06/21(火) 00:11:20
よいこのみんなはHFをしまう時には
蛍石とか氷晶石で出来た容器に入れてね♥

221 :あるケミストさん:2005/06/21(火) 02:42:05
高校の授業じゃHFが皮膚に付くと骨まで溶かすなんていってなかったな
エイリアンの血もそんな感じだった希ガス

222 :あるケミストさん:2005/06/21(火) 08:43:23
「溶かす」というと、チト違う。

223 :あるケミストさん:2005/06/21(火) 09:37:51
ところで、HFって安いのか? Fはどうだ。 

ちなみにHIはハロゲン化Hで一番高価らしい。

224 :あるケミストさん:2005/06/21(火) 10:46:42
すまん「腐食」

225 :あるケミストさん:2005/06/21(火) 16:01:11
>>223
いや、多分アスタチン化水素(HAt)が一番高い!なんて屁理屈いってみる。
多分どこでも売ってないと思うけど。

226 :あるケミストさん:2005/06/21(火) 16:18:39
>>223
そんな高価なものでもないぞ
工業用の55%ならKg当たり100円台で購入できる。
無水物はもっと高価になるけどな
フッ素ガス(F2)は無水フッ化水素の電解で製造するから
当然もっと高価

227 :あるケミストさん:2005/06/21(火) 22:11:41
226>>
情報ありがとう。
225>>
オレの記憶が正しければ、Atの同位体はすべて放射性。
一番長寿命のヤツでも半減期8.3時間。
まぁ、売ってないわな。

228 :あるケミストさん:2005/06/21(火) 22:37:23
アスタチンコ

229 :あるケミストさん:2005/06/21(火) 23:14:19
歯のエナメル質にはもともとフッ化カルシウムが含まれている。
これが人体でもっとも硬い部位を歯が占めている理由らしい。

ところで、我々はこの歯の原料、F- をどんな食材から得ているのだろうか。
歯にはどうやってたどり着くのだろう。

230 :あるケミストさん:2005/06/21(火) 23:20:03
他の人体の微量元素とかもどこから来るのだろうね。

231 :あるケミストさん:2005/06/22(水) 01:23:30
そばふりかけとかいうヤツの成分表示で銅6.5mgとか書いてあってびびったのを思い出した

232 :あるケミストさん:2005/06/22(水) 08:23:00
そばふりかけ
有効成分
銅      6.5mg     ウラン235    0.1μg
セシウム  0.5mg     ヨウ素(単体)  2.5mg
ニッケル  1.3mg     イッテルビウム 0.5mg
亜ヒ酸   0.7mg      臭化テルル  0.1mg

※添加物として少量のフッ化水素酸塩、ヘキサフルオロ珪酸亜鉛を含む。

233 :あるケミストさん:2005/06/22(水) 13:51:04
ヨウ素単体ってなんかひどいにおいがしそうなふりかけだね。

234 :231:2005/06/22(水) 16:40:29
そんな毒々しいもんはなかったしテルルなんて高級品も入ってなかった!

235 :あるケミストさん:2005/06/22(水) 20:24:07
>>232
何に有効なのかと小一時間(ry

236 :あるケミストさん:2005/06/23(木) 00:05:09
232>>どこかのマスミ容疑者の自宅で客人に出されていたのですね。

237 :あるケミストさん:2005/06/23(木) 02:09:19
コカコーラにはコカインがはいってるらしいよ!

238 :あるケミストさん:2005/06/23(木) 02:37:06
今は入ってません。ちなみにコーラはアメリカの薬局で売られてて、その頃はコカイン入ってました。

239 :あるケミストさん:2005/06/23(木) 22:02:55
風味付けのために入れていたコカの葉のエキス(コカイン抜き)もすでに入ってないそうな


240 :あるケミストさん:2005/06/23(木) 23:47:04
どうりで、最近のコーラの味が物足りないと思った

241 :あるケミストさん:2005/06/23(木) 23:50:28
↑コカイン入りのコーラ飲んだことってあるの?

242 :あるケミストさん:2005/06/23(木) 23:51:44
何で、コカ・コーラ社は新たな味のコーラを開発してるんだろ?
従来のでも十分満足なのに、何でわざわざ不味いのを作るんだろ?

243 :あるケミストさん:2005/06/24(金) 02:02:46
メリケンの味覚じゃ、あれでもまだ不満なんじゃないかな。
個人的にはコカじゃなくペプシ派だ。

244 :あるケミストさん:2005/06/24(金) 05:46:16
コカコーラじゃないけど、ペプシブルーってなんなんだろうな
あれは化学物質っぽくていまだに呑めないんだが

245 :あるケミストさん:2005/06/24(金) 09:01:21
レチェール カソーンの沈黙の春読むとあらゆる添加物とかスプレーとかを避けたくなる
コンビニ弁当が恐くて食えません

246 :あるケミストさん:2005/06/24(金) 10:41:41
↑心配しすぎだ、我々の先輩が実験結果だと思えばいい。

247 :あるケミストさん:2005/06/24(金) 10:44:35
>>246 ここの掲示板以外に慣れすぎますた(;´д)

248 :あるケミストさん:2005/06/25(土) 03:00:48
232>>
あなたはそのふりかけを食べることになります。(栗田真澄)

249 :243:2005/06/25(土) 05:49:28
>>244
昔、『マリンクラブ』っていう毒々しいまでの原色(RGBの3色あった)の
清涼飲料水があった。
ペプシブルーが健康的に見える位。

250 :あるケミストさん:2005/06/25(土) 10:35:18
>>246
僕も心配しすぎ説に賛成。
ただ、警戒は必要だと思う。
我々の先輩の実験結果のひとつに、最近の若い男性の精子の数が
どんどん減っているという事実がある。
いわゆる環境ホルモンのせいらしい。

251 :あるケミストさん:2005/06/25(土) 10:38:12
全然減ってないという説もある

252 :あるケミストさん :2005/06/25(土) 19:46:53
トリアムシノロンはステロイド骨格にFを一個導入した合成副腎皮質ホルモンだよね。
ハロペリドールもフッ素入ってた。
こいつら、体内でどう代謝されるんだろう。
有機Clの入った医薬品は大体肝臓障害起こすよね。
有機Fだとどうなんだろう。
そういえば、最近、長期にわたって薬で強制的にコレステロール下げた人に
ガンが多発してるよね。
コレステロールって多すぎれば動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞になるのは
常識みたいに知られてるけど、少なすぎるとガンや感染症になりやすく
なるっていうのが最近の医学界の常識になってきてるみたい。
でも、薬の化学構造にも原因ありそうな記するけど。
コレステロール下げるやつにはCl入ってるの多いけど代わりにF入れたら
どうなるんだろう。

253 :あるケミストさん:2005/06/25(土) 21:21:05
>>250-251
サンプルってどうやって採ってるの?

254 :あるケミストさん:2005/06/26(日) 01:50:20
結局何がやばいのかなんて、その手の専門家になって、自分の手で確かめなきゃわからないんだ。

255 :252:2005/06/26(日) 08:57:06
>>253 
ごめん。正確なサンプル採取法は知らない。
ただ、マスコミで何度も取り上げられている。

>>254
厳密には専門家でないとわからないし、その専門家ですら
未発見のことがいっぱいある。
ただ、素人目に見ても明らかにやばそうなことや専門家の間で、
どうもやばいらしいという説が強まっている物質や飲食物、食器、薬、化粧品
などを避けることで、かなり防衛できるのではないか。
それと、同じ飲食物、特に同じ銘柄のものばかりとらないほうがいい。
もし、そいつに未知の有害なものが混入していたら、もろに影響を受ける。
いろんな種類のものをバランスよく食べるという発想は危険分散という点でも
意味があると思う。

256 :あるケミストさん:2005/06/27(月) 00:39:16
HFを扱わなければならないと思うと鬱になって研究室に行くのに気が重くなる…

257 :あるケミストさん:2005/06/27(月) 01:12:27
>>256
実際扱った経験はないんだろ。

258 :あるケミストさん:2005/06/27(月) 08:14:05
>>256が研究室の窓ガラスにHFで好きな女の子の名前を彫っているのを見ました
笑いものになっていました

259 :あるケミストさん:2005/06/27(月) 21:18:06
>>256
実際に誰か知り合いが被害にあったの?
どんなだったの?

260 :あるケミストさん:2005/06/28(火) 20:51:09
HFを乳首に垂らしたらどんな感じだろう。

261 :あるケミストさん:2005/06/28(火) 21:30:56
乳首からヘキサフルオロケイ酸がでてくるよ

262 :あるケミストさん:2005/06/28(火) 21:32:11
>>261
それって快感?

263 :あるケミストさん:2005/06/28(火) 23:12:34
>>257
まだない。

>>258
ぉぃ。

>>259
先輩が手につけていろいろあったらしい。指は何とか無事だったようだが…

264 :あるケミストさん:2005/06/29(水) 19:20:27
まあまあ落ち着けよ

265 :あるケミストさん:2005/06/29(水) 22:12:56
HFって臭いのか?

266 :あるケミストさん:2005/06/29(水) 22:24:09
ツンデレです。

鼻にツンツン来ます。
しばらくしたらデレデレになります。

267 :あるケミストさん:2005/06/30(木) 02:53:33
(HF)n
ってなってるらしいぞ
空気より重いみたい

268 :あるケミストさん:2005/06/30(木) 03:04:02
>267
HFは強い極性持った分子だから、水素結合で会合して(HF)nになる。

269 :あるケミストさん:2005/06/30(木) 12:17:39
HFはガラスをとかすぞい

270 :あるケミストさん:2005/06/30(木) 19:19:52
高校の時にHFは弱酸と聞いてたので、甘く見ていますた
扱う機会がなくて良かった(((((゚Д゚;)))))

271 :あるケミストさん:2005/06/30(木) 21:54:50
なぁ 工房のときの化学の問題集に、フッ化水素は100%硫酸の約1億倍の強さを示す と書いてあるのだがこれまじ?

272 :あるケミストさん:2005/07/01(金) 06:15:46
なんの強さか知らないが
酸強度なら硫酸の方が一億倍より遥かに強い。

273 :あるケミストさん:2005/07/01(金) 11:38:44
酸度関数で比較すると:
HF: H0 = -10.98
H2SO4: H0 = -11.94
となり、HFは約10倍弱い

水溶液中でのpKaで比較すると、
HF: pKa = +3.19
H2SO4: pKa = +1.96 (二つ目のプロトンの解離)
〜 -7 (一つ目のプロトンの解離、正確には測定不能)
となり、こっちも濃硫酸の圧勝(1億倍以上)

pHで比較すると、どっちも100%濃度では[H3O]^+が解離していないので同じ。

結論:単に酸として比較するのなら、硫酸の方が強い。
ただし、HFは弱酸といえども、人体に対してはタチが悪い。

あと、「ガラスを溶かす」と言うと怖そうに聞こえるが、
NaOHなどの塩基だってガラスを溶かす。

274 :あるケミストさん:2005/07/01(金) 19:32:57
HFが弱酸なのは水素結合のせいだって習った。
だから弱酸って言い方はあるいみ誤解を生みますねと先生が言っていた。

275 :あるケミストさん:2005/07/01(金) 20:01:36
水素結合のせいっていうのは間違ってんなぁ
Fの電気陰性度が強すぎるんでプロトン化できない
の方の気がする

276 :あるケミストさん:2005/07/01(金) 20:47:55
高校生だから先生に騙されてんのかなぁ

277 :あるケミストさん:2005/07/01(金) 21:30:34
高校の先生なんて学問の知識は要りませんよ

278 :あるケミストさん:2005/07/01(金) 22:18:30
>>271
フッ化水素とルイス酸の混合物と勘違いしているでしょ?
例えばHF+SbF5であれば、最大で100%硫酸の1兆倍くらいの酸強度が得られたと思う。

279 :あるサディストさん:2005/07/02(土) 23:08:44
産の強弱と腐食力の強弱は全く別もんみたいだな。

280 :あるケミストさん:2005/07/03(日) 00:02:36
>>279
全く別もんではない。
ただし速度論の問題だとか、表面的には弱酸に見えるけどとか、
浸透の問題とか、そういうのが複雑に絡むだけ。

281 :あるケミストさん:2005/07/03(日) 12:30:39
>>279 では、なぜ他のハロゲン化Hではそんなに言われないのに
HFだけすごく腐食しやすくて怖いといわれているのだろう。

282 :あるケミストさん:2005/07/03(日) 13:03:57
酸性でない、フッ素イオンが含まれる溶液でも
腐食性があるといったら信じるかな?

283 :あるケミストさん:2005/07/03(日) 17:50:23
にわかには信じられない。なぜ、そう言えるのか。

284 :あるケミストさん:2005/07/03(日) 18:24:09
食塩にも腐食性はあるからなぁ。
食塩自体がではなくて、水と空気の存在下、促進する。

フッ化物イオンは、骨なんかとはくっついてしまうから
そういう意味での腐食性はあるけれど。

285 :あるケミストさん:2005/07/04(月) 14:18:25
>>281
おいおい、HClもHBrも普通に腐食性があるぞ?
「ガラスを腐食する」ハロゲン化水素酸に
限定してしまうと、HFに限られるけど。

でもガラスを溶かす化合物なんて結構たくさんある。
普通に工業的にNaOHやNaFがガラスの可塑剤として使われる。

NaF自体は水溶性だが、Caイオンと結ばれると沈殿する。
だから人体に過剰のフッ素化合物が混入すると、カルシウム欠乏症になる。
CaCl2を主体とする化合物は全般的に結晶性が良く、
細胞を突き破って結晶が成長する。そのため、大量のHFをあびると、
激痛を感じながら死ぬことになる。

歯磨きに入っている程度のNaFなら問題はないが、
NaClの替わりにNaFを摂取して死んだという事故がアメリカで実際にあった。

つまりHFばかり腐食性が問題にされるのは、人体に対する影響で、
端的には沈殿性のCaF2を形成すること。水溶性のCaCl2ではこのような
問題は起きない。


286 :285:2005/07/04(月) 15:19:32
一時間以上前に投稿した文に間違いを発見した....

>CaCl2を主体とする化合物は全般的に結晶性が良く、
>細胞を突き破って結晶が成長する。そのため、大量のHFをあびると、

CaF2の書き間違いです....

orz


287 :あるケミストさん:2005/07/04(月) 16:23:54
>>285 >>286
なるほど。
ERのレポートにHFを浴びた人の症例が出ていた。
本人は痛みを訴えていたようだ。
血中カルシウム濃度の低下が著しいので、カルシウム剤を
少しずつ投与したけど、症状は改善されず、12時間後になくなったとか。
カルシウムは与えすぎても逆にショック死するし、コントロールが難しい。
どうやら、大量のHFやF-を浴びたら、この世とも永遠にお別れということを
覚悟すべきということか。

288 :あるケミストさん:2005/07/04(月) 21:19:24
>285
>NaF自体は水溶性だが、Caイオンと結ばれると沈殿する。
>だから人体に過剰のフッ素化合物が混入すると、カルシウム欠乏症になる。
>NaClの替わりにNaFを摂取して死んだという事故がアメリカで実際にあった。

NaFでも死ぬことがあるのか・・・
それを聞くと、水道水にフッ素を添加しても良いのかと思ってしまう。

289 :あるケミストさん:2005/07/04(月) 22:05:00
>>288

>>38に出ているが、NaFのLD50は0.18 g/kg (rat)

歯磨き粉のチューブ200g入りを50本食べるとやばいらしい。


290 :あるケミストさん:2005/07/04(月) 23:41:44
10kgはさすがにきついな。よっぽどの食いしん坊だな


はははこやつめ

291 :あるケミストさん:2005/07/05(火) 00:12:08
>289
歯磨き粉のチューブ50本って、何年分なんだよwww

292 :あるケミストさん:2005/07/05(火) 00:23:04
体内に取り込まれたフッ化物イオンは
どういう代謝経路を辿って排出されるの?

CaF2の結晶になって体内に蓄積され続けたらイヤだなぁ。

293 :あるケミストさん:2005/07/07(木) 23:18:38
むかし、エホバの証人とかいう宗教団体に入ってるおっさんの娘が、
事故か病気か忘れたけど、大量に輸血しなきゃいけなくなったことがあった。
でも、その教団では他人から血をもらうことは禁止されていたので、
おっさんは娘さんへの輸血を拒否してた。
でも、人工血液ならOKだとか言ってた。
人工血液ってのはヘモグロビンの代わりにフルオロカーボンってヤツが
酸素を運んでくれるとか言うシロモノらしい。
フルオロカーボンもFとCが強固に結合していてそれはそれは安定だそうだ。
で、体内にそんなもん入れちまって、あとどうなんだろ。分解されないし。

294 :あるケミストさん:2005/07/07(木) 23:31:43
フルオロカーボンがヘモグロビンの代わりになるはずが無いだろ。
もし本当になるなら文献なりを示してくれ。

295 :あるケミストさん:2005/07/07(木) 23:42:57
フルオロカーボンって逆に酸欠になるのでは?

296 :あるケミストさん:2005/07/08(金) 00:14:15
>>295 キチガイ宗教信者の末路には最適だろw

297 :あるケミストさん:2005/07/08(金) 00:26:09
そもそも異物扱いされないか?
血液型の違うのを輸血するようなもんだと思うが

298 :あるケミストさん:2005/07/08(金) 00:44:22
>296
ユダヤ教の信者はどうなんだ?

299 :あるケミストさん:2005/07/08(金) 00:47:03
医学に関しては素人判断だけど、フルオロカーボンにそんな効果があるなら、とっくに実用化されてると思うけどなあ。
海外で、救急患者に危ない臨床テストとかする必要ないと思うし。

300 :あるケミストさん:2005/07/08(金) 01:42:07
宗教はキチガイでFA

301 :あるケミストさん:2005/07/08(金) 02:10:47
通信用語の基礎知識にはHFaqは超酸と書いてあるんだが・・・。

302 :あるケミストさん:2005/07/08(金) 02:49:31
クロロフルオロカーボンを推薦するね!

303 :あるケミストさん:2005/07/08(金) 03:05:46
>300
マルクスが聞いたら、「宗教はHFだからな」と言って喜びそうだ


304 :あるケミストさん:2005/07/08(金) 12:19:37
>302
フロンはいかんです

305 :あるケミストさん:2005/07/08(金) 13:42:25
>>299
マウスかなんかの動物実験では数時間生き続けることが出来るらしいよ
要するに効果があるのでなく、あまりに反応性がないので拒否反応も起こらないと
このスレの話題的には真逆だけど、実際はフロンにしたって人体に対しての
毒性はほぼ皆無だし、たまたま紫外線に当たると上空のオゾン層を分解してしまう
性質があったってだけだ。

306 :あるケミストさん:2005/07/08(金) 13:44:40
生食でも流しといた方がよさそうなもんだが・・・

307 :あるケミストさん:2005/07/08(金) 13:49:47
>306
生食じゃ大した量、交換出来んだろ

308 :あるケミストさん:2005/07/08(金) 14:02:30
フルオロカーボンには酸素が良く溶ける

309 :あるケミストさん:2005/07/08(金) 14:59:06
最近HFを扱ってるんですが,SUS316LVIM-VAR管を使用して
ヒーター保温を施し,温調盤にて50℃に保ち保温材を巻いたところ
パーティクル及び腐食は今のところ見られません。
腐食したのはフィルターのみです。
自分的にかなり信じがたいのですが....腐食してません。
(?_?)なぜ

310 :あるケミストさん:2005/07/08(金) 15:22:32
>>309
ホントに腐食してないの?
フッ化水素酸はステンレスの鏡面研磨後の
酸洗浄に使用するくらいステンレス表面を
ピカピカにします

311 :あるケミストさん:2005/07/08(金) 18:40:13
294様へ
H. V. Anderson, et al. Am. Herts J., 110, 720 (1985).
に心臓手術時の虚血保護剤としての使用が記述されているそうです。

312 :あるケミストさん:2005/07/08(金) 19:09:58
>311
うへー。
すげぇな

313 :あるケミストさん:2005/07/08(金) 19:30:18
合成血液は
実際にはそのままパーフルオロカーボンを血中に入れるんじゃなくて、
生理食塩水に近い液体にパーフルオロカーボンとN(CnF2n+1)3を
微粒子として分散させたものだったはず。



314 :あるケミストさん:2005/07/08(金) 20:29:34
つい昨日まで、「生物系はHFに関与しないで済む」と思っていたけど、タンパク質のN末端のアミノ酸を同定する時に生成されるみたいだ。

315 :294:2005/07/08(金) 23:02:17
うぉっ、まじですか。
情報ありがとうございます。

316 :あるケミストさん :2005/07/08(金) 23:39:38
フルオロカーボンには酸素だけでなく二酸化炭素もよく溶ける。

317 :あるケミストさん:2005/07/09(土) 13:20:30
そうか、みんな'80〜'90年代に一世を風靡した白い代用血液を知らんかったのか。

318 :あるケミストさん:2005/07/09(土) 14:19:43
SFに出てくるのはよく知ってるが。

319 :あるケミストさん:2005/07/09(土) 23:59:40
そうだ! SFにHFを登場させよう。

320 :あるケミストさん:2005/07/10(日) 07:23:16
酸素が溶けてネズミが生きていられる話。
ttp://www1.accsnet.ne.jp/~kentaro/yuuki/fluoro/fluoro2.html
海洋サスペンス物で、そういうシーンのある映画があったっけ。
『アビス』か『デプス』か『リバイアサン』のどれか。

321 :地獄の皇太子@奈良 ◆to3trI0TcI :2005/07/10(日) 07:50:37
>320
映画自体は見たことないけど、以前見た科学番組では『アビス』だと言ってたよ。
その番組で言ってたけど、酸素を大量に含んだ水って1リットル数十万はするらしいよ。

322 :あるケミストさん:2005/07/11(月) 02:29:06
なんだか関係なさそうな出だしから始まる挙句に長いんだがな

おととい自宅でボヤ出しちゃったのよ。
卓上旋盤でマグネシゥム合金の切り屑溜まってる所に電池落としちゃってさ。
「うぉ」 って思ったときには閃光発して燃え出した。
ホームセンタなんかにある簡易消火器てあるやん? アレ手元に設置してたので
期待しないで噴射したら、「バチバチッ!」とか言って燃え広がるの。 まぁ、こんなもんね。

延焼しつつある壁とカーテンは、それなりに効果あったのでありったけ噴射してから
屋外に市が設置してるABC消火器をふんだくってきて消火できた。
流石に本物は違う。 華麗に消火。 凄まじく汚損。

消防と警察の聴取を終えてご近所へ頭下げて回って。
この程度で済んで、本当に良かった。 色々反省している。

と、それは置いといて。 荒れ果てた部屋を見回すとなにやら変なんですよ。
炙られた旋盤のチャックが赤錆びてるのは、まぁ分かるとしても
火元から離れてた金属まで錆ちょる。

最初はABC消火器の粉体が熱反応すると腐食性を示すのかと思っていた。
片付けやらで夜中の3時も回ったので寝た。 花火の燃えカス臭い。

で、起きて改めて見渡してSUS 303.430まで真っ赤に錆びているので流石におかしいと思った。
キュピーンとひらめいて部屋の端に転がってる例の簡易消火器を見る。
消化剤:HFC-227ea
フッ化水素か? フッ化水素なんだな?_| ̄|○
信じらんネ。
何も考えずに 「ぉ。安いじゃん」 とか言って考え無しに買った自分が信じらんネ。

と言うわけでこのスレに流れ着きました。
なんだか胸が痛いよ。
つか、死の灰と化した煤が現在進行形で色々もりもり蝕んでるよ・・・(つД`)

323 :あるケミストさん:2005/07/11(月) 15:16:37
>お
>卓
>う
>ホ
だけ読んで釣りだと思った。

消化剤:HFC-227ea
これは不燃剤を吹き付けて消火するタイプ
フッ化水素(HF)とは全く関係ない。安定物質。腐食性もない。

>期待しないで噴射したら、「バチバチッ!」とか言って燃え広がるの。 まぁ、こんなもんね。
バカですね。粉末が燃えてるんだからいくら不燃性ガスとはいえエアー吹きかけたら
粉末飛び散って燃え広がるだけ、粉塵爆発にならなくて良かったね無知なことは罪だ。

324 :322:2005/07/11(月) 20:08:46
>>323
お卓うホ・・・
スマン、前半は余計だったな。

HFC-227ea: 消防庁でフッ化水素の発生を確認してると国民生活センターがのたまぅているんだが。
ttp://www.kokusen.go.jp/cgi-bin/byteserver.pl/pdf/n-20041006_2g.pdf

>粉末飛び散って燃え広がるだけ、粉塵爆発にならなくて良かったね無知なことは罪だ。
旋盤の切子は粉塵とは違うぞ。
つか、いくら俺がスカポンタンでも火元に直噴なんかしねー。

325 :あるケミストさん:2005/07/11(月) 20:11:10
モロに上げてもた_| ̄|○

323の言うとおりフッ素ガスじゃなかったら枕高くして寝れるんだがなぁ。

326 :774ワット発電中さん:2005/07/11(月) 20:34:34
HFC-227ea=商品名FM200、(七フッ化プロパン)=代替ハロンの代表格。
火炎にあっては微量のフッ化水素を発生する。有害なれど、フッ化水素
この消火剤の分解程度ではすぐさま人命に危険を与える事にはならん。
そもそも、ハロン1301並みの安全性が確認できたので、普及し始めた。
普及し始めた途端、地球温暖化ガスとして有名にも・・・。
まあ、安定である以上、分解され辛い訳だが。

ちなみに、ハロンやフロン、どれも暫く吸うと溶剤の様な気持ち悪さ
が残る。「ハロタン」ってフロン系麻酔薬もある位だから。

ハロン、代替ハロン、二酸化炭素、水、どれも燃えているマグネシウム
と反応してしまうので、消火には適さない。
乾燥砂や金属火災用消火具を準備すべし。

327 :774ワット発電中さん:2005/07/11(月) 20:44:03
序に言っておくが、ABC粉末(リン酸二水素アンモニウム)消火器も
金属火災の適応は無い。
そのお陰?で旧式な重曹粉末もまだあるにはあるが、消えるかと言え
ば別問題。「余計な反応を起こさない」程度。
消すには前掲の如く乾燥砂か金属火災用消火具しかない。

切子は常に片付け、不燃性の蓋のある容器に移す事。

つかさ、その程度の見識でマグネシウムには手を出すな。近所迷惑。
いっその事、切子溜めの小火にバケツで水を掛けてあぼーんして下さい。

328 :774ワット発電中さん:2005/07/11(月) 20:50:59
おう、常駐板がバレちまったぞ。では、これにて。

329 :あるケミストさん:2005/07/11(月) 22:15:45
「774ワット発電中さん」って名前の人たちのスレ行ったことあるよ。
電気のスレだったけ?
オレも色んなスレに首突っ込んでる。
回転寿司板、楽器板、英語資格板なんかすごい人が多くて面白いけど、
まともさと活気があるという点では化学板が一番だな。


330 :あるケミストさん:2005/07/11(月) 23:15:11
>>324
>旋盤の切子
火がついてたんだろ?
パラ炭に火が付いた奴と一緒で、吹くと余計に燃え上がる

331 :あるケミストさん:2005/07/12(火) 00:07:20
危険物スレはここですか?

332 :あるケミストさん:2005/07/19(火) 01:10:21
http://www1.accsnet.ne.jp/~kentaro/yuuki/fluoro/fluoro2.html

333 :あるケミストさん:2005/07/19(火) 12:17:16
酸素を酸化すると、二フッ化酸素になるんだよー
OF2ね

334 :あるケミストさん:2005/07/19(火) 16:20:02
へーそりゃすごいな
何もないところからいきなりフッ素原子が、それも酸素1molあたり2molも出てくるのか。
ラボアジェもなめられたものですね

335 :あるケミストさん:2005/07/20(水) 15:18:31
ギガワロスwwwwwwwwww

336 :あるケミストさん:2005/07/21(木) 00:43:12
>>333 「酸素を酸化」って単なる書き間違いだろ。
ところで、OとFって直接反応しないはずだろ。
普通、OF2をどうやって作るんだろ?

337 :あるケミストさん:2005/07/21(木) 13:23:49
酸化する事に意義があるのさ。

338 :あるケミストさん:2005/07/21(木) 14:44:58
花地を出しました。
花地がでるというのは、すでにかなりやばい状態なのでしょうか?
ガンになるのでしょうか?肺水腫になるのでしょうか?あるいは、なっているのでしょうか?

339 :あるケミストさん:2005/07/21(木) 15:04:30
遅ればせながら、
ttp://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0283c.html
をよく読むと、肺水腫は大丈夫なようですが・・・。
やっぱり血が出るのは怖いです。
フッ硝酸を使っていますが、他の影響でしょうか・・・?

340 :あるケミストさん:2005/07/21(木) 15:57:09
>>336
塩基性の水溶液にF2ガスを通すと得られる。

H2O + 2 F2 → 2 HF + OF2

341 :あるケミストさん:2005/07/21(木) 17:20:50
>>340
H2O + F2 → HF + HOF
これは進行する。

HOF + F2 → HF + OF2
???

342 :あるケミストさん:2005/07/21(木) 23:04:35
>>340
「塩基性」という条件はどのように影響するのか?
O単体とF単体の方が内部エネルギー的にはOF2よりずっと低いのではないか?
>>341
HOFは常温ではきわめて不安定で、−30℃(あるいはもっと低温)
でのみ存在しえると無機化学の教科書に出ていたのを覚えている。


343 :あるケミストさん:2005/07/22(金) 01:56:43
化学辞典・理化学辞典によると、OF2は、
2%のNaOH水溶液中にF2を通じ、生成物を分留すると得られる。
しかしながら、強塩基と反応するとO2とF-とに分解するらしい。
(2%も十分濃いように思えるけど)

これらを総合すると、2塩基性条件下では、

2 OH- + 2 F2 → OF2 + 2 F- + H2O

更に強い塩基性条件下だと、

2 OH- + OF2 → O2↑ + F- +H2O

のように反応が進行していると思われる。


344 :†JOKER†:2005/07/22(金) 04:52:39
HFはCaF2(ホタル石)に硫酸を加えると発生(CaF2 + H2SO4 → 2HF + CaSO4)する。水と反応しフッ化水素酸、酸素を生成する。この酸は弱酸性なので濃硫酸や濃硝酸に比べるとあまり危険ではない…と思います。でも、単体のフッ素は反応性がとても強く、危険です!

345 :あるケミストさん:2005/07/22(金) 05:18:47
お前スレ最初から全部読んで来い
酸化による危険性だけじゃないんだよ

346 :†JOKER†:2005/07/22(金) 05:51:34
すんません。カキコした後に読みました。詳しいことは分からないけど、オレの電子辞書には反応性が強いってのってました!だから、皮膚や骨とも反応して侵される可能性も…。ハロゲンは基本的に危険ですね…┐('〜`;)┌。

347 :あるケミストさん:2005/07/22(金) 07:27:05
終いには電子辞書のせいですか

348 :あるケミストさん:2005/07/22(金) 08:39:53
別に電子辞書のせいだとかいってねぇだろうが。分からないから調べたんだよ。悪いか?

349 :あるケミストさん:2005/07/22(金) 09:54:33
>ハロゲンは基本的に危険ですね

いや、ハロゲンの中にも危険な順序があって…

350 :あるケミストさん:2005/07/22(金) 10:41:39
読んだあとに書け

351 :あるケミストさん:2005/07/22(金) 13:38:15
まぁちゃんと調べて確信を持ってから主張したほうがいいのは変わりないな

352 :あるケミストさん:2005/07/22(金) 20:49:16
ハロゲンのスレってあるんだろうか。

353 :あるケミストさん:2005/07/22(金) 21:07:41
>>352
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/bake/1100438476/

354 :あるケミストさん:2005/07/22(金) 22:02:36
>>353
行ってみると、まともな人のいない、荒涼とした2ちゃんねるの果てだったよ。

ところで、ハロゲンってどういう意味か知ってるかい?

355 :あるケミストさん:2005/07/22(金) 22:11:22
>>352
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/bake/1074308255/

356 :あるケミストさん:2005/07/22(金) 22:14:58
halo = ギリシャ語で「塩」
-gen = キリシャ語で「〜を生み出すもの」「〜の素」

つまりhalogenを語源から直訳すると、なぜか「塩素」


357 :あるケミストさん:2005/07/22(金) 22:29:55
世界大百科事典では「塩を作るもの」とか書いてあった。
アルゴンは怠け者、ヘリウムは太陽、コバルトは地の底に眠る悪魔
とか。
化学物質の語源はけっこう面白いね。

358 :あるケミストさん:2005/07/22(金) 22:37:52
「フッ素」 fluorine ← 「ほたる石」 fluorite ← ラテン語で「流れる」 fluere (英語のflowに相当)

ほたる石は、もともと鉄を溶かす原料として使われていたため、
「流れるもの」fluor-iteと命名された。

359 :あるケミストさん:2005/07/23(土) 13:42:11
このスレ、タメになるなぁ

360 :あるケミストさん:2005/07/25(月) 22:25:46
有機合成のスレで面白いものを紹介していました。
http://ime.st/www.daikin.co.jp/chm/pro/kasei/fusso/pdf/fluorination_j.pdf

361 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 00:18:25
すいません、有機合成専用 質問スレッド3の987です。
向こうのスレで、このスレで質問したほうが良いと薦められて来ました。

結果としてマルチになってしまうのですが、
ダイキンのフッ素化剤(MEC-81,MEC-82)を使ったことのある人がいましたら
使用時に気をつける事と処理方法(ワークアップ・廃液処理)などについて教えていただけないでしょうか?

ちなみに水酸基のフッ素化に使用したいと考えてます。


362 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 00:43:26
ダイキンに直接訊けば手っ取り早いのに…

363 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 01:14:52
ダイキンからMSDS取り寄せろ
話しはそれからだ

364 :あるケミストさん:2005/07/30(土) 10:53:55
MSDSって何?

365 :あるケミストさん:2005/07/30(土) 12:00:32
>>187
それって、Naのまちがいでは?

366 :あるケミストさん:2005/07/30(土) 16:02:56
>>365
NaFはそこまで怖くはない。
そんなこと言ったら歯磨き粉も全部危険。

ただ、NaClと同じノリで食べれば死ぬ。


367 :あるケミストさん:2005/07/30(土) 16:04:51
NaFを海苔に混ぜる   ( ゚Д゚)マズー

368 :あるケミストさん:2005/07/31(日) 01:48:18
>>365
0価の金属Naのことを指してるのでは?と言ってみる。

369 :あるケミストさん:2005/08/03(水) 02:06:11
((;゚Д゚)ガクガクブルブル
Naメタルならあり得るな…

Naメタルをメタノールに放り込んだら…
コワカッターヨ。・゚・(つ∀`)・゚・。

370 :あるケミストさん:2005/08/04(木) 00:26:04
Ω モルp(ry

371 :あるケミストさん:2005/08/07(日) 22:39:17
まだ入ったばかりでHF?なにそれ?みたいな頃
ろくに説明もされずに、ビーカーにHF入れて加熱してたのね
そしたらポンッ!ってHFが飛び散って軍手してるてにかかったのね
んで水で冷やしてもう大丈夫〜っとか思ってたらさ、しばらくたったら






いってーーーー!!いてーよ!
なんかね指のなか!おくーのほうからズッキンズッキン
神経を触られてる感じ?
加熱してたから蒸気でもやられてたらしく、右手全部がズッキンズッキン・・・
数日後、肉の奥のほうからボロボロになっていってひどい事に


それから扱う薬品の性状は絶対調べるようになりましたよ



372 :あるケミストさん:2005/08/07(日) 23:41:56
>>371
>>肉の奥の方からボロボロになって…
具体的にはどうなったのですか。

373 :あるケミストさん:2005/08/07(日) 23:46:12
肉の奥の方がぼろぼろになったんだと思う

374 :あるケミストさん:2005/08/08(月) 07:14:12
>>371
つーかその前に低カルシウム血症の症状が出そうだが…
とりあえずカルシウムサプリでものんだほうがいいよ

375 :あるケミストさん:2005/08/10(水) 09:47:38
ハロゲン化リチウムはLiFだけ水に不溶で、Li+イオンとF-イオンは互いに
遮蔽剤として使用されるほどだ。理由は両イオンとも半径が小さいので、
静電気的引力が強く働き、水和したぐらいでは解離しないということらしい。
他のハロゲンはイオン半径がもっと大きいので、溶けやすいのだろう。
では、ハロゲン化銀はなぜ、AgFだけが水に溶けやすく、他は難溶性なのだろうか。

376 :363:2005/08/13(土) 01:27:47
亀レス失礼
>>364
>MSDS
商品安全データーシート(Material Safety Data Sheet)
商品(薬品)についての使用上の注意
漏洩したとき、火災時、その他もろもろ対処方法的規制とかが書かれてます
出来ればMSDSは必ずもらうようにしてください
出さなきゃいけない物ですから

377 :ハゲロンランプ:2005/08/13(土) 17:57:13
>>375
Ag-Fの電気陰性度の差は大きいからイオン結合性が高く、可溶
Ag-Cl,Ag-Br,Ag-Iの電気陰性度の差は小さく、
イオン結合性が低い代わりに、共有結合性が高くなるから、難溶だと考えられる。

と[化学]IB・IIの新研究という本に書いてありました。
高校の参考書だけど、役に立ちます。

378 :あるケミストさん:2005/08/13(土) 18:17:30
HFもヤバいけどHGもヤバいよ!フォーーーーー!!

379 :あるケミストさん:2005/08/16(火) 00:31:09
>>377レスありがとうございます。

では、ハロゲン化Caではなぜ、CaFだけが水に溶けないのでしょうか。

380 :あるケミストさん:2005/08/16(火) 00:34:13
訂正します。

>>377レスありがとうございます。

では、ハロゲン化Caではなぜ、CaF2だけが水に溶けないのでしょうか。
電気陰性度の差によるイオン性だけ考えれば、CaF2gが一番水溶性が高そうですけど?


381 :あるケミストさん:2005/08/16(火) 07:39:58
>>379
>>375で似たような事を言っている

382 :あるケミストさん:2005/08/16(火) 07:59:02
良スレ発見x
化学っておくが深いですx

383 :あるケミストさん:2005/08/16(火) 09:32:50
そのxってなんなんですかx

384 :あるケミストさん:2005/08/16(火) 10:31:15
もちろんsexのxです

385 :あるケミストさん:2005/08/16(火) 17:51:16
∋ 勹 ゎ ヵゝ ω ナょ ぃ ヶ ├" 『x』 レ£ 『。』 σ ヵゝ ゎ L| τ" レ£ ?

386 :あるケミストさん:2005/08/16(火) 17:59:45
よくわかんないけど「x」は「。」のかわりでは?


って書いてあるのか?
うわーどうしよう読めちゃったもうだめだorz

387 :あるケミストさん:2005/08/17(水) 20:10:17
戦時の暗号にでもなりそうだ

388 :あるケミストさん:2005/08/17(水) 22:14:45
                  _,,.. -──‐- .、..
             ,. ‐''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::i``'‐.
            ,.‐´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::`‐.、
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:  '  ヽ:::::::::::::ヽ.
         ,i´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,: '      ヽ:::::::::::i
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,: '          ヽ:::::::::i
      ,i:::::::::::::::::::::::::::::::::::,: '   ──────  ヽ:::::i
      .i::::::::::::::::::::::::::::::,: '     ──────   ヽ:i
     .i::::::::::::::::::::::i,: '    ノ二二二l     l二二ヽ  ii
     i:::::::::::::::::::::::i                      i
     i::::::::::::::::::::::i       --──      ──-  i
      i::::::::::::::::::::::i        ̄ ̄       |  ̄   ゚ ヽ
     i::::::::::::::::::::::::i '               `ヽ      `
    i::::::::::::::::::::::::::i            ,'     , i,     l
    i:::::::::::::::::::::::::i           ノ`ー'`ー-' '     ,
    i:::::::::::::::::::::::::i          , -─'::: ̄::`ー、    ,::i
    i:::::::::::::::::::::::::i        , ':::,: -─'  ̄ `ー::::i   , ':::i
    i:::::::::::::::::::::::::i`丶、_   , ':::, '  -───- i:::i  ,'::::::::i
    i::::::::::::::::::::::::i::::::::::::`ー ':::::::/    ̄二二 ̄  i:::i ,'::::::::::i
    i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`-、__ , '`i、_, ':::: '`::::::::::::i
   i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i

389 :あるケミストさん:2005/08/18(木) 22:28:44
そういえば友達が硝酸とフッ酸の混酸を目に飛ばしてたな。
涙が止まらなくなって2、3日眼が炎症してたとか言ってた。
エッチングをするときもクラス4のレーザーを使うときもゴーグルをしない。
それが物理屋クォリティー。

390 :あるケミストさん:2005/08/18(木) 22:48:18
KrFってやばい?

391 :あるケミストさん:2005/08/18(木) 22:57:26
分解した後が怖そう

392 :あるケミストさん:2005/08/20(土) 03:35:16
>>389
エッチする時は一糸纏わぬ姿になる。だろ?

393 :あるケミストさん:2005/08/20(土) 09:35:37
>>392

         ∧_∧
        ⊂(´・ω・`)つ-、
      ///   /_/:::::/
      |:::|/⊂ヽノ|:::| /」 はいはいわろすわろす
    / ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄/|
  /______/ | |
  | |-----------|


394 :774ワット発電中さん:2005/08/21(日) 18:52:55
SF6は変電設備の小型化に役立っている。
絶縁耐圧が空気の3倍もあるので、高圧がかかってる
部品や電線の間隔を1/3に詰められる。
でも、ひとたび絶縁破壊が起これば、分解物などで、
耐圧は一気に下がり、有毒なフッ素化合物も発生するそうだ。
ガス絶縁変電所で使われている。

395 :あるケミストさん:2005/08/31(水) 06:58:18
あgえ

83 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)